相棒17視聴率速報や一覧と推移!初回(1話)から最終回まで随時更新【水谷豊・反町隆史主演ドラマ】

2018年10月期のテレビ朝日の水曜21時枠は、水谷豊さん主演の『相棒シーズン17』が帰ってきます!!

水谷さんの相棒を務めるのは異例の4年目突入となる反町隆史さんです。また、このシーズンから3人目の男が加わり、相棒はさらなる進化を遂げます!

そこで、本記事では、『相棒シーズン17』の全話視聴率速報や一覧などを、最終回まで随時更新していきます。

スポンサーリンク

「相棒シーズン17」全話視聴率一覧表

 

話数 日時 視聴率
第1話 2018年10月17日 17.1%
第2話 2018年10月24日 17.9%
第3話 2018年10月31日 15.6%
第4話 2018年11月7日 15.2%
第5話 2018年11月14日 13.6%
第6話 2018年11月21日
第7話 2018年11月28日
第8話 2018年11月5日
第9話 2018年12月12日
第10話 2018年12月19日

 

「相棒シーズン17」初回(第1話)あらすじや感想と視聴率速報

 

初回(第1話)あらすじ

国家公安委員を務める大学教授・三上冨貴江(とよた真帆)の自宅で殺人事件が発生した。殺害されたのは、鬼束学園の理事長・鬼束鐵太郎(中田博久)。副理事長を務める鬼束鋼太郎(利重剛)が、妻である冨貴江のために父を殺したというのだ。というのも、冨貴江の不貞の証拠を掴んだ鐵太郎が、冨貴江を鬼束家から追い出す算段を進めていたので、それを阻止するためだったという。冨貴江は、自身の社会的立場を守るため、鋼太郎に促されるまま事件の隠蔽を手伝うことに。数日後、殺害の裏事情を知る鐵太郎の若い後妻・祥(谷村美月)によって失踪届が出されるが、写真誌「週刊フォトス」の記者・風間楓子(芦名星)が、鐵太郎の失踪と祥の放蕩を面白おかしく書き立てたことで世間が注目。記事を読んだ右京(水谷豊)と亘(反町隆史)、そして特命係に“左遷”された青木(浅利陽介)は、失踪に端を発する一連の経緯に興味を持ち、独自に調べ始める。国家公安委員長の鑓鞍兵衛(柄本明)にまで事情聴取の網を広げた右京は、鐵太郎がすでに殺害されていると確信し、自身のクビを懸けて鬼束家を捜索するが…!?

隠蔽に走る知謀の公安委員vs特命係の3人 事件解決の鍵になるのは消えた遺体の発見!? 右京が自身のクビを担保に危険な賭けに出る!

 

初回(第1話)感想

 

ここで素直にカイト君を思い浮かべるとは思いませんでした!回想で出してくれて嬉しいですね!

 

4年目になると、勝手に首をかけられても、あ・うんの呼吸で合わせられるんですね!コンビ仲が深まっててジーンとしました。

 

最後に右京さんが遺体を見つけられなくて、色んなことわざで例えてるところが楽しいシーンなのにウルっときました。

 

2時間ドラマか映画のワンシーンみたいな豪華な並びですね!新シーズンは今まで以上の気合を感じる!

 

ホントまさかですよね!しかも乗っかってるよ、右京さん!らしくない展開にドキドキの連続です!

 

さすが青木って思いませんか?入ってきた理由もあって、机並べて仕事できないですもんね。

 

新体制で始まった新シーズン。青木は特命に来た理由も含めてもう少しおとなしくしているんでしょうか?国家公安委員の三上冨貴江もなかなかのやり手そうですね。右京さんが首までかけましたが、遺体は見つからず大ピンチ。そもそも冠城さんの駆け引きからこんなことになったんですね。安請け合いしない右京さんだけに、何か考えがあるのか、1話目から波乱含みでドキドキしました。絶対来週を見たくなるそんな満足できるお話です。

 

初回(第1話)の視聴率速報

視聴率は17.1%

「相棒シーズン17」第2話あらすじや感想と視聴率速報

 

第2話あらすじ

右京(水谷豊)が進退を懸けて臨んだ鬼束家の離れ家の捜索が空振りに終わり、退職はもはや既定路線になっていた。しかし、右京は“残務処理”という名目のもと、亘(反町隆史)と共に捜査を続行。鋼太郎(利重剛)がいまだ手放せないでいる鐵太郎(中田博久)の携帯電話を足掛かりに、隠蔽に荷担している祥(谷村美月)ら鬼束家の面々に心理的な圧力を掛けていく。ところが、「週刊フォトス」の楓子(芦名星)が、警察の横暴な捜査で家一軒が破壊されたというセンセーショナルな記事を掲載したことで風向きが変化。「それでも国家公安委員として警察への信頼は揺るがない」という冨貴江(とよた真帆)のしたたかなコメントにより、警察は動きを封じられる。それと共に、右京は正式に辞表の提出を求められ、絶体絶命の窮地に。いっぽう、国家公安委員長である鑓鞍(柄本明)は、委員の一人である冨貴江の動向を静観していたが…!?

週刊誌の記事を受け右京の辞職が確定的に…
国家公安委員による完全犯罪がついに成立!?
策謀渦巻く難事件が驚きの結末に向けて加速する!

 

第2話感想

 

 

第2話の視聴率速報

視聴率は17.9%

「相棒シーズン17」第3話あらすじや感想と視聴率速報

 

第3話あらすじ

『千言万辞』という辞書を担当する編集者の男性が、メッタ刺しの遺体で発見された。個性的な語釈から、読み物として『千言万辞』を愛読している右京(水谷豊)は、事件に興味を持ち、亘(反町隆史)と共に独自の捜査を開始。版元の出版社で聞き込みをすると、辞書の原稿は元大学教授の大鷹(森本レオ)という人物が一人で手掛けているのだが、殺された編集者と折り合いが悪く、大鷹をサポートしている国島(森田順平)という大学教授に主幹を切り替える話が持ち上がっていたという。さらに、周辺の人物に事情を聞くと、取り憑かれたように言葉の収集に没頭する大鷹の偏屈ぶりが浮かび上がってくる。そんな中、編集者の遺体が見つかった公園に、事件当夜、国島が姿を見せていたことが判明して…!?

残忍な刺殺事件の背景には複雑な人間関係が…
辞書の第一人者に秘められた殺意が明らかに!?特命係が読み解いた事件の意外な真相とは?

 

第3話感想

 

 

第3話の視聴率速報

視聴率は15.6%

「相棒シーズン17」第4話あらすじや感想と視聴率速報

 

第4話あらすじ

組織犯罪対策四課の賭博担当、通称バクハンの課長・源馬(中野英雄)の指揮の下、過去最大規模の裏カジノ一斉摘発が行われ、広域指定暴力団・武輝会の資金源に大ダメージを与えた。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)も摘発に駆り出されたのだが、右京はその際、摘発を逃れた店があったことに気づき、源馬が裏で手引きしているのではないかと疑う。組対五課の角田(山西惇)は、戦友のような源馬をかばい、手を引くよう釘を刺すが、右京は捜査を続ける。そんな中、賭博業者との癒着で源馬をマークしているという生活安全部の刑事・百田(長谷川公彦)と久我(崎本大海)が、特命係に協力を要請してくる。右京は、二人への協力を約束するが、亘は「角田課長を裏切れない」と言って、源馬の内定捜査から降りる。さらに、裏では特命係の廃止を目論む副総監の衣笠(杉本哲太)も暗躍していて…!? 亘や角田とも不協和音が生じ孤立を深める右京 それでも信念に従い賭博をめぐる不正の真相を追究 信頼できる仲間を失った右京が行き着く先は…!?

 

第4話感想

 

 

第4話の視聴率速報

視聴率は15.2%

「相棒シーズン17」第5話あらすじや感想と視聴率速報

 

第5話あらすじ

証拠品の捜索のため夜の神社にやってきた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、不審な行動をしている男(木村了)と遭遇する。慌ててその場を立ち去った男の状況から、右京は、彼が完全犯罪で誰かを殺害しようと動いている可能性に気付く。調べると、男は星野という優秀な天文物理学者で、イギリスの研究チームにスカウトされていて、プライベートでも結婚を控えていることが判明。幸せの絶頂にいるはずの彼がなぜ、誰を殺そうとしているのか…。さらに捜査を進めると、星野は物理研究部に所属していた高校時代、同級生の少女が亡くなった爆発事故に関与していたという証言がもたらされ…。完全犯罪を目論む天才的な天文学者と右京が知恵比べ 16年前に起きた悲劇的な爆発事故との関係は…!? 特命係が時を超えて絡み合った哀しい真実をひも解く!

 

第5話感想

 

 

第5話の視聴率速報

視聴率は13.6%

「相棒シーズン17」第6話あらすじや感想と視聴率速報

 

第6話あらすじ

あらすじ

 

第6話感想

 

第6話の視聴率速報

視聴率は%

「相棒シーズン17」第7話あらすじや感想と視聴率速報

 

第7話あらすじ

あらすじ

 

第7話感想

 

 

第7話の視聴率速報

視聴率は%

「相棒シーズン17」第8話あらすじや感想と視聴率速報

 

第8話あらすじ

あらすじ

 

第8話感想

 

 

第8話の視聴率速報

視聴率は%

「相棒シーズン17」第9話あらすじや感想と視聴率速報

 

第9話あらすじ

あらすじ

 

第9話感想

 

第9話の視聴率速報

視聴率は%

「相棒シーズン17」第10話あらすじや感想と視聴率速報

 

第10話あらすじ

あらすじ

 

第10話感想

 

第10話の視聴率速報

視聴率は%

スポンサーリンク

「相棒」season1および直近4seasonの歴代視聴率は?

 

まずは、2002年のseason1と直近4seasonの視聴率について、振り返ってみましょう。

 

【2002年10月9日-12月25日】「相棒」season1の視聴率

  • 初回(第1話)視聴率:16.3%
  • 最終回(第12話)視聴率:13.0%
  • 全話平均視聴率:13,1%

初回16.3%とまずまずの視聴率を記録するものの、以後は12%~13%台を推移し、平均視聴率も13.1%と低くはないが、特に高くもない堅実な視聴率となっています。

プレシーズンとなる単発ドラマより、やや低い視聴率でした。

 

【2014年10月15日-2015年3月18日】「相棒」season13の視聴率

  • 初回(第1話)視聴率:19.8%
  • 最終回(第19話)視聴率:20.3%
  • 全話平均視聴率:17.4%

全体として、17%~19%台をキープし、成宮寛貴演じる甲斐亨が登場する最後の回となった最終回で20%越えを記録しました。

 

【2015年10月14日-2016年3月16日】「相棒」season14の視聴率

  • 初回(第1話)視聴率:18.4%
  • 最終回(第19話)視聴率:15.8%
  • 全話平均視聴率:15.3%

新たな相棒として、反町隆史演じる冠城亘が登場したためか、第1話18%台、第2話17%台と高視聴率で始まりますが、以後、15%前後に落ち着きます。

 

【2016年10月12日-2017年3月22日】「相棒」season15の視聴率

  • 初回(第1話)視聴率:15.5%
  • 最終回(第18話)視聴率:16.2%
  • 全話平均視聴率:15.2%

全話を通して、14~15%台が続き、安定した視聴率を出しています。

 

【2016年10月12日-2017年3月22日】「相棒」season15の視聴率

  • 初回(第1話)視聴率:15.5%
  • 最終回(第18話)視聴率:16.2%
  • 全話平均視聴率:15.2%

全話を通して、14~15%台が続き、安定した視聴率を出しています。

 

【2017年10月18日-2018年3月14日】「相棒」season16の視聴率

  • 初回(第1話)視聴率:15.9%
  • 最終回(第18話)視聴率:16.6%
  • 全話平均視聴率:15.2%

全話を通して、14~15%台が続き、安定した視聴率を出しています。

 

「相棒」season1および直近4seasonの視聴率一覧表

Season 初回視聴率 最終回視聴率 全話平均視聴率
Season1 16.3% 13.0% 13.1%
Season13 19.8% 20.3% 17.4%
Season14 18.4% 15.8% 15.3%
Season15 15.5% 16.2% 15.2%
Season16 15.9% 16.6% 15.2%

 

平均視聴率13.1%と、堅実な視聴率で始まった「相棒」は、初期のseasonでは平均視聴率が13%~14%台とやや伸び悩みましたが、中盤以降、平均視聴率16%~18%台と高視聴率となりました。

しかし、直近のseasonでは、平均視聴率が15%台とやや低下しています。

とはいえ、全seasonを通して堅調な視聴率を誇る人気シリーズとなっており、「相棒」season17も、15%台以上の視聴率が期待されます。

 

「相棒シーズン17」ユーザーの反応と期待の声

 

 

 

 

 

 

新展開を迎えるという宣言にみなさんワクワクが止まりませんね!歴代の名キャストの出演はあるのか??そのあたりも注目しながら、楽しみに待ちましょう!!

 

「相棒シーズン17」全話視聴率速報と一覧随時更新まとめ

 

このシーズンから新しい第三の男が杉下右京と冠城亘の特命係に加わるようですね!この男の出現で、ドラマはどのような展開を見せるのか、注目です!

異例の4年目に突入した冠城亘(反町隆史さん)は、ドラマと共に新境地へと足を踏み入れると宣言されています!こちらも併せて、楽しみにしたいと思います!

そんな『相棒シーズン17』の、気になる各話視聴率の速報や、各話あらすじ、感想について、最終回まで随時更新していきますので、チェックをしてみてくださいね。

相棒シーズン17動画を見逃し配信視聴!PandoraとDailymotionも【水谷豊・反町隆史主演ドラマ】

2018.10.17

相棒17ネタバレ感想!あらすじも最終回まで随時更新

2018.09.25

相棒17のキャストとロケ地まとめ!相関図や主題歌情報も紹介

2018.09.24

スポンサーリンク