あなたには帰る家がある第6話(5話)ネタバレ感想とあらすじの紹介

2018年4月期のTBS金曜ドラマは、中谷美紀さん主演のドラマ『あなたには帰る家がある』です。

直木賞作家の山本文緒さんの長編小説が、豪華なキャストを迎え、ドラマ化します。幸せの形、結婚の意味、恋、愛・・・様々な角度から楽しめる作品です!

こちらの記事では2018年4月13日から放映されるドラマ『あなたには帰る家がある』の第5話と次回の第6話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ「あなたには帰る家がある」第5話あらすじや感想とネタバレ

 

第5話あらすじ

茄子田家に乗り込み、綾子(木村多江)に対して「二度とうちの家族に近づかないで」と宣言した真弓(中谷美紀)は、憤りが収まらないまま自宅に戻り、秀明(玉木宏)に「あの女はヤバイ」と訴える。  秀明はこれまでの控えめで悲しげな綾子の姿から、にわかには真弓の話が信じられない様子。「茄子田家とはもう関わらないし、何かあったら真弓を守る」と言う秀明だったが、真弓は素直に受け止めることができない。一方、太郎(ユースケ・サンタマリア)は、これまでの出来事を思い返し、綾子と秀明の関係に気付き始めていた…  麗奈(桜田ひより)は、そんな真弓と秀明のギクシャクした様子に、不審を隠せない。自分たちのせいで麗奈を不安にさせまいと、秀明の提案で佐藤家は家族旅行に出かけることになった。  旅行をするうちに、真弓と秀明の気持ちは少しずつ歩み寄るように…  しかしその矢先に、偶然を装った茄子田一家が現れてしまう…!!

 

 

第5話の感想とネタバレ

 

第5話の感想

 

 

パパ!あの女はヤバイよ!!いや、本当に当たるんですよね。女の勘は。綾子はマジでヤバイ女

 

 

家でまで教師かよ!!そりゃ浮気されるよ太郎

 

 

 

こうなってみると茄子田先生も可哀想

 

不倫相手と一緒に風呂入るなんて耐えられない

 

挑もうとする秀明。真弓は背中がイライラするって。

 

綾子が息子にグイグイ聞く感じもなんだか怖いわ。それを察知してる息子も闇を抱えてる感じ。

 

茄子田って本当に何するかわからない怖さがあるわ・・・

 

茄子田が現れたかと思ったら、まさかの綾子登場でかなり怖かった。

 

不器用すぎて茄子田も上手く生きれてない感じが切々と伝わってくる。家族の為に頑張ってるのに。

 

 

奥さんの入ってる風呂に、しれっと入れるその神経がわからん。

 

第5話のネタバレ

太郎は家に帰り、「美味かったよ」とお弁当を渡す。だが太郎はお弁当には手を付けてなかった。

「事件よ!事件」と言って帰ってきた真弓。真弓の会社に大量のミンチカツを綾子が持って来た事で怒りが爆発した真弓は綾子の家に乗り込んだ事も秀明に言う。そして「あの女は相当ヤバいよ」とも言う。真弓が言う綾子像がイマイチわからず半信半疑の秀明。

太郎は、布団の中で秀明の浮気相手のことを考えていた。真弓が「浮気される方にも原因がある」と何度も言ってたのを思い出しながら寝ている綾子の顔を覗き込む。

朝になり、佐藤家では、その日も秀明が料理も洗濯もしていて麗奈はそれを不思議に思って2人に聞くが2人は動揺し、さらに「なんでパパ最近ソファで寝てるの?」と聞かれ、明らかに動揺する真弓と秀明。

茄子田家では太郎が、綾子が秀明との大事な思い出のランチボックスのお皿をわざと割ってしまう。

真弓は会社に行くと由紀に秀明の浮気相手があのミンチカツを差し入れた綾子だと言うと「何それ!その女ヤバっ!」と、その矢先、太郎が真弓の会社に現れる。秀明が綾子に呼び出されて会社に戻って来たら真弓と茄子田が居た。太郎は、秀明が担当を降りたことを自分の責任だと言い、謝りに来たと言う。

秀明に最後まで担当してもらいたいとお願いし真弓と秀明を蕎麦屋に誘った。テレビでは不倫をした俳優が謝っていて太郎は「自業自得だろ。人の嫁盗んどいて、なに泣いてんだか。」と冷たく呟く。太郎は、盗んだ罪の重さについて語りだす。盗んだ物の価値で金額が決まると。「じゃあ人の嫁はいくらだろうな、そういえば娘さん純粋で可愛いよなー」とも言い真弓と秀明はかなりビビる。真弓は、「パパ、殺されるかもね・・・。パパが殺されるのは別にいいけど、麗奈にまで何かされたら。」と秀明に言う。

その夜ソファーで寝ようとする秀明に真弓はもうベッドで寝たら?と声をかけるとすんなりベッドに入って来た秀明。だが真弓は背中がイライラするのを感じて「まだ早かった」と後悔する。

茄子田家の契約の日、契約の書類に捺印を押そうとしていた太郎は手を止め、いきなり綾子に「4月13日何してた?」と突然聞く。綾子は「思い出したら、お伝えしますね。」と返した。秀明と桃が庭先で太郎の母親に挨拶すると、母親は「あの女は、この庭も、キッチンも乗っ取った。あの女は、相当なもんだよ」と言い家に入って行くと、桃は「わかるなーああいう女の人って1番手を出しちゃダメなタイプ」と言う。

秀明が提案した旅行の日、動物園へ行き悪縁切りの神社へ行く、そこへ偶然にも?太郎、綾子、慎吾が現れた。真弓は秀明を疑うが、秀明は違うと否定する。

旅館に行くと茄子田家も同じ旅館で麗奈は、はしゃぐが秀明も真弓も微妙な顔をする。真弓が温泉に浸かっていると綾子が入ってきて「このホクロに秀明さんキスしてくれて、何度も名前で呼んでくれた。何度も言ってくれたの。愛してるって・・・。」真弓「無駄ですよ。何言ったって」と涙ぐみながら風呂を出た。

真弓は朝起きてジョギングをし、帰ろうと階段の方へ行くと太郎が座っていた。太郎は「なんでわざわざ来たのかって思ってんだろ。ぶっ壊してやりに来たんだよ。娘の前で佐藤に聞いてやろうと思って。お前、俺の妻と寝たのか?って、真弓ちゃんの気持ちが分かるんだ。裏切られた方が、疑って、悩んで、夜も眠れずに心痛めて。裏切った方はそんな痛み考えもしない。まるで重さが違う」太郎は、涙目で真弓に詰め寄った。涙が溢れる真弓を見て、それが答えだと確信した太郎は「嘘だろ・・」と言い足早に旅館に戻る、追いかける真弓。そこへ綾子と偶然会った秀明がいた。太郎は秀明を睨みつけ、次に綾子を睨みつけタクシーに乗ってどこかへ行ってしまった。

綾子と慎吾が家に帰るが太郎はまだ帰ってなかった。真弓たちも家に戻るが真弓は秀明を見ても何も言わず立ち去る。次の日学校が終わり、家に帰っている麗奈の前に綾子が現れニコニコしながらお茶に誘われる。

スポンサーリンク

ドラマ「あなたには帰る家がある」第6話あらすじや感想とネタバレ

 

第6話あらすじ

ついに秀明(玉木宏)に、「別れよう」と伝えた真弓(中谷美紀)。  傷ついた自分の気持ちと向き合い、離婚に前向きな真弓に対して、秀明はなかなか踏ん切りをつけることができない。真弓が離婚までにするべきことを着々と進めていく一方、秀明は真弓の決意が覆らないか画策し、職場の後輩・桃(高橋メアリージュン)にも気づかれてしまう…  一方、茄子田家でも、綾子(木村多江)が太郎(ユースケ・サンタマリア)に離婚届へのサインと押印を迫っていた。 太郎は当然、すんなりと受け入れることができず、挙句に綾子が逃げ出さないように監視し始める始末。翌朝、いつも通り台所で働く綾子。太郎が目を離した隙に、ぬか漬けを用意していたはずの綾子の姿が消え失せていた…。離婚へ向けて、真弓と麗奈(桜田ひより)にマンションを渡し、狭いアパートでひとり暮らしをすることとなった秀明。そこへ現れたのは、茄子田家を飛び出した綾子だった…!果たして秀明は真弓の気持ちを覆せるのか…!?

 

第6話の反応や期待の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

怖いけど見たくてたまんないや。

 

綾子が家まで来ちゃうの!!本当秀明も真弓も逃げてーー

 

秀明にとったら娘にバレてしまうのが一番嫌だろうけど仕方ないわな。

 

怖いけどたまにコメディタッチなのが笑ってしまって又見ようと思ってしまう。

 

あんな高さから落ちたら死んじゃうと思うんだけど、秀明生きてるよね??

 

第6話の展開予想

すっかり不倫にハマってしまった綾子はもう太郎とは無理と思って益々秀明に執着するんでしょうね。麗奈をお茶に誘ったり、家に突然来て入ってきたり、凄く怖い女の人になっていくのね。真弓は綾子云々よりもう夫婦に戻ることが出来そうにないと思って離婚を突き付けるんでしょうが、秀明はどういう反応をするのか?!綾子が家に来たと思いきや太郎まで来ちゃうし。一体どんな展開になるのか。

 

第6話の感想とネタバレ

 

第6話の感想

 

朝っぱらから家来て、娘にママになるとか言って頭がおかしい。

 

いつも気が強い真弓が泣くなんて、相当ショックだったんだな。可哀想

 

 

 

 

綾子の目がいっちゃってるよー怖い怖い

 

確かに死んじゃうよ。こんな高さから落ちたら。

 

 

 

 

 

綾子もいっちゃってる感じが凄いけど、麗奈の演技も凄い!!

 

 

 

ストーカーっぷりが凄くて怖い意外の言葉が出てこなかった

 

第6話のネタバレ

旅行から帰って来た真弓と秀明。寝る前に、麗奈には絶対に知られたくなかった真弓は、秀明に、自分が「茄子田さんに連絡を取り私がなんとかする」と言う。

カレーショップで真弓は由紀に、太郎と直接話をすると言うと由紀は「結局真弓が尻ぬぐいだね」と、圭介とこはるも何かあれば駆けつけると言う。真弓は「いいの!もう、何にも期待してないから。男なんて結局頼りになんないし。あんなおかしな夫婦に、家庭を壊されてたまるか!」と意気込む。

秀明は、何を考えてるか分からない太郎に近づくのは危ないと思い、自分が何とかすると言いかけたところで麗奈が帰って来た。パンケーキを食べてきたからお腹いっぱいと言い真弓にパンケーキの写真を見せると、そこには綾子が一緒に写っており真弓の顔は引きつる。どういう事か麗奈に聞くと「学校の前で偶然あって、一緒にお茶しようって誘われたからお礼言っといて」と言う。真弓と秀明は顔を見合わせ、真弓は、「マヨネーズ買ってくる」と外に出た。

真弓は茄子田家を訪ねたが慎吾が出て来て「父も母もいません。」と言う。慎吾に茄子田の居場所を教えてもらい真弓は駆けつける。太郎は海を見ながら「答えがでないんだよ。佐藤を殺せばいいのか、綾子を殺せばいいのか、俺が死ねばいいのか。」真弓は、太郎に、自分の父親が女の人を作って家を出て行ったこと。大人になるまでそのことを友達に話せなかったこと。自分の娘にそんな思いさせたくない事を伝えた。そして「娘にとって、あの家だけは安心して帰れる家でありたいんです。」と言う。

一方、秀明は、綾子に連絡をし、初めて会ったモデルルームに行っていた。懐かしむ綾子に対し秀明は綾子が家族にしてきた行動を問い詰めた。綾子は「秀明さんが私を強くしてくれたの。私何だって捨てられるよ」と言う。秀明は土下座し「遊びだったんです。償いもします。だから、僕の家族には近づかないでください。あなたを愛してません。」と言う。

お互いに太郎と綾子と話してきたことを報告しあった。綾子に会ったことを怒った真弓だったが、秀明は、太郎にも頭を下げに行くから、真弓と麗奈は家にいてほしいと伝え、真弓は納得した。

久しぶりに家に帰った太郎は綾子の寝顔を見つめてからお風呂に入る。朝起きると、テーブルの上には「もう自分を抑えることが出来ない。秀明さんが好き」という内容の手紙が置かれていた。太郎は急いで探しに家を出た。

朝、佐藤家では仲良く支度をしていてる時にチャイムが鳴り麗奈が出ると綾子が。綾子からケーキをもらった。と綾子を家の中にあげて素直に喜び真弓たちに報告する麗奈。洗濯物を干していた秀明を見て、「かわいそう、秀明さんを自由にしてあげて。」と言う綾子を不審に思った麗奈。麗奈の異変を真弓が察知し麗奈に部屋に行くように言うが体が動かない。綾子は麗奈の腕を掴み「パパと私ね、とっても愛し合ってるの。だから、これからはね、私のこと、ママって呼んでね。」真弓は綾子を必死で止め、麗奈に早く部屋へ行くよう促す。綾子は「これからは、ママと、パパと、麗奈ちゃんと慎吾と4人で幸せに暮らしましょうね!」と笑顔で言うが麗奈は「どういうこと?どういうこと??」と涙を流しパニックになりながら言う。真弓は、麗奈を優しく包み込むように部屋へ連れて行く。真弓は綾子に「何言ってんの?娘に何言ってんの?分かってる?ここ人ん家だよ。」綾子は「秀明さん、私達愛しあってるのよね」と言うと真弓は綾子の両頬を両手で押さえ「外でやれ。そういうことは外でやれ!!目覚ませって!あんたね、40過ぎたおばさんが、人の家乗り込んで、何夢みたいなこと言ってんの!!この人と、麗奈と、私の家。あんたが足を踏み入れていいところじゃない!!」秀明は出て行けと外に出そうとしたらそこには太郎が立っていた。太郎ともみ合いになり部屋の中はぐちゃぐちゃになり逃げ出す秀明、追いかける太郎と綾子。またもみ合いになり階段から落ちた秀明。酷い怪我はしたもののだいじには至らなかった秀明。

太郎の父親が真弓に「この度はうちのバカ息子と嫁が大変ご迷惑をおかけしました。」と謝罪し真弓は今回 の事は表沙汰にするつもりはないと伝える。

茄子田家では太郎と綾子が話合っていて太郎は真弓に「反省して償え、これまで以上に家族に尽くせ」と言うが真弓は「私が尽くしたいのは秀明さん、あなたの事は愛してない最初から一度も。別れて下さい。」と言う。

その頃真弓たちも話をしていた。真弓「13年も経ったらお互い空気だし、でもショックだった。悔しいけど、私って、自分で思ってたより、パパのこと好きだったんだなって。だからパパ、私傷ついたよ。すっごい傷ついた・・・。」秀明は真弓を抱きしめるが真弓は「もう遅いよ。もう無理、家族のためとか麗奈のためとかじゃなく私が無理。だから別れよう」そう言いスッキリした顔でご飯を食べ始める真弓を呆然と見る秀明。

 

ドラマ「あなたには帰る家がある」第6話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

ドラマ「あなたには帰る家がある」第6話(5話)ネタバレ感想とあらすじまとめ

 

人気作家・山本文緒さんの作品を、中谷美紀さんを始めとする豪華なキャストで彩ります!

個人個人が想う幸せの形や、結婚の意味について鋭い視点で描かれています。

本記事では、ドラマ『あなたには帰る家がある』のネタバレと感想を各話数ごとに詳細に最終回まで追いかけていきますので、ぜひ、ご期待ください。

スポンサーリンク