ブラックペアン最終回ネタバレ感想!初回(第1話)から随時更新

2018年4月春にドラマ『ブラックペアン』が『日曜劇場』枠で放送開始されます。

『ブラックペアン』は主演が嵐の二宮和也、原作が『チーム・バチスタの栄光』等を手掛けた海堂尊と、大変楽しみなドラマになっています。

こちらの記事では2018年4月から放映されるドラマ『ブラックペアン』のネタバレ感想とあらすじを第1話から最終回まで随時更新していきます!

スポンサーリンク

ドラマ「ブラックペアン」原作について

 

「ブラックペアン」原作のあらすじとネタバレ

 

「ブラックペアン」原作のあらすじ

原作となる、海堂尊さんの人気シリーズ小説「新装版ブラックペアン1988」のあらすじを紹介します。

医師国家試験受験後、合否判定を待ちつつ東城大学医学部付属病院の研修医となった世良雅志。佐伯清剛教授を頂点とする総合外科学教室(通称・佐伯外科)に入局した世良は、入局から3日目、帝華大学からやってきた新任の講師・高階権太と遭遇する。高階は食道自動吻合器「スナイプAZ1988」を引っ提げ、手術の在り方、若手の育成に一石を投じて波紋を呼び、総合外科学教室の秩序を乱す言動と相まって周囲からの反感を買っていた。また「佐伯外科」には「オペ室の悪魔」と呼ばれる万年ヒラ医局員の渡海征司郎がおり、世良は高階や渡海との関わりの中で医師として成長していく。

世良が入局してから半年後、佐伯が病院長選挙のパフォーマンスのために北海道での学会に出席中、手薄となった病院では渡海と佐伯の過去の因縁が明らかになる事件が起こる。

 

食道自動吻合器を武器にして、総合外科学教室の秩序を乱す言動をする新任の講師・高階権太と、「オペ室の悪魔」と呼ばれる万年ヒラ医局員の渡海征司郎という、個性の強すぎるメンバーの中でもまれながら成長していく研修医・世良雅志を描いた本作は、熱烈なファンが多く、シリーズ累計115万部(※2月1日現在)を突破しているそうです。

ドラマでは、主人公が渡海となっており、視点は変わりますが、非常に興味を惹かれる内容であることには変わりありません。

では、気になる原作のネタバレを紹介します。

 

「ブラックペアン」原作のネタバレ

海堂作品の原点となる『新装版ブラックペアン1988』は、『チーム・バチスタの栄光』の20年前が舞台となっています。

小説の主人公世良は、東城大医学部の佐伯外科教室に新人外科医として入局、そこへ東城大のライバルである帝華大から、若き天才医師・高階も入局します。そこで世良は、佐伯外科教室の一匹狼、渡海と共に、大学病院内の派閥争いや出世争いなどに巻き込まれていきます。

医局制度の矛盾点も描かれ、手術シーンや医療用語も多く、本格的な医療ミステリーとなっています。

大学病院内での権力争い、患者へのがん告知、医師として患者の命を助けるという強い意志など、医療ドラマならではの心揺さぶる内容がつまっている作品です。

バチスタ・シリーズでは腹黒い狸として描かれている老獪な高階院長が、大学に赴任したばかりの新米講師時代に組織に波紋を起こす跳ねっ返りとして登場します。そして、佐伯教授にやりこめられそうになる青さも見せます。

主人公の研修医・世良が、外科手術の外回り、助手など経験を経て成長を見せる作品ですが、ドラマでは、二宮和也演じる渡海 征司郎が主人公となっており、「患者を生かし、医者を殺す」と評され、通称“オペ室の悪魔”と呼ばれるその人柄と、手術成功率100%という人並み外れた技の数々、そして、そんな渡海が様々な不正や隠された過去を暴いていく、痛快な医療エンターテインメントドラマになっているようです。

見どころ満載のドラマ「ブラックペアン」放送が楽しみですね。

 

ドラマ「ブラックペアン」のあらすじや展開と期待の声

 

ドラマ「ブラックペアン」のあらすじ

二宮が演じるのは、天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海 征司郎とかい せいしろう。大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、万年ヒラの医局員だ。手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医である一方、その傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を常に生んでいる。同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」と評される、通称“オペ室の悪魔”。そんな渡海がメスを握る東城大学医学部付属病院に、他大学出身の新任の医師によって「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具が持ち込まれ、新しい手術の形が導入されようとする。技量に左右されず誰でも扱えるという心臓手術用の医療機器に、外科医として手術の工程の一部を本当に任せることが出来るのか? この技術導入に裏はないのか…? と疑い、反対する渡海の闘いが始まる。
そしてこの闘いは技術導入だけの問題にとどまらず、病院・研究室と製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題にまで発展していく。外科医としてのプライドを守ろうとする渡海が嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく、痛快な医療エンターテインメントドラマ。

渡海が医療の歴史が変わる渦の中に飛び込み闘う一方で、「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアン(止血用鉗子)に隠された真実をめぐる駆け引きと、渡海自身が抱えるある因縁も明らかになっていく。そして、大きな権力や、医学の限界に立ち向かっていく男の生き様を描かれていく。

 

ドラマ「ブラックペアン」の展開と期待の声

「ブラックペアン」に対する期待の声をTwitterから集めてみました。皆さん「ブラックペアン」に大きな期待を寄せているようです。

 

二宮和也さんが主演というだけでも楽しみですが、やはり共演者は気になりますね。

 

 

前期ドラマの「99.9-刑事専門弁護士-」の主演が松本潤で、本作に二宮和也が起用ですので、嵐ファンには日曜21時はたまらない時間になっていそうです。白衣のニノさんに会えるのが楽しみという声もたくさんありました。

医療系ドラマは人気が出ることが多いので、今回も期待できると思います。放送開始が楽しみです。

 

スポンサーリンク

ドラマ「ブラックペアン」初回(第1話)あらすじや感想とネタバレ

 

初回(第1話)あらすじ

東海地方にある東城大学医学部付属病院では、“神の手”を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授(内野聖陽)によって、難しい心臓手術が行われようとしていた。三ヵ月後に日本外科学会理事長選を控え、佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎教授(市川猿之助)もこの手術を見学、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)や医療ジャーナル誌編集長・池永も注目する手術だ。そんな重要な手術の最中、佐伯が受け持つ別の患者の容態が急変。医師たちが対応にあたるが状態は悪化、研修医の世良雅志(竹内涼真)や新人看護師の花房美和(葵わかな)らはなす術がない。そんなとき、手術室に一人の男が現れる。同僚医師らから“オペ室の悪魔”と呼ばれる外科医・渡海征司郎(二宮和也)は、鮮やかなオペをしてみせるが…。

一方、東城大にやってきた新任講師・高階権太(小泉孝太郎)は、最新医療用機器「スナイプ」の使用を推進しようとする。彼は西崎教授から東城大に差し向けられた刺客だった─。

 

初回(第1話)の感想とネタバレ

 

初回(第1話)の感想

ネットにあがっているユーザーの感想をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

研修医、世良の役で出演している竹内涼真。渡海先生役の二宮和也ではなく、世良のアップから始まりました。大学病院のすべてを世良の視点から描いていくのかもしれなですね。

 

帝華大学の西崎教授と組んでいる様子の講師、高階(小泉孝太郎)が、オペ最中に起きたとんでもない事実を見てしまいます。開始20分で、すでに心臓鷲づかみの展開でした。

 

出ました!オペ室の悪魔、外科医・渡海怔司郎。患者がもう亡くなってしまうというギリギリのタイミングで登場しました。

 

今にも逝ってしまいそうな患者を前に、手も足も出ない担当医に、一千万でもみ消してやる、退職金で払えと言い放つ渡海先生。さすが、オペ室の悪魔の異名を持つだけあります。

 

今回のドラマの起爆剤とも言える、『スナイプ』の登場です。今までのオペ技術を必要としない、新たなオペ器具として高階が持込みます。はじめてのスナイプ手術で、とんでもない事がおきます。ほんと、ドキドキしました。

 

医療系のドラマは人気が出やすいですが、その分、数々の作品が世に出ています。『ブラックペアン』は原作小説でも高い人気を誇っており、内容は面白いだろうと予想していましたが、心臓外科医のトップ、佐伯教授を演ずる内野聖陽や、敵対する病院の西崎教授役の市川猿之助、講師・高階役の小泉孝太郎、研修医・世良役の竹内涼真、そして、渡海征詞郎役で主演の二宮和也が、素晴らしい演技でドラマに釘付けにさせてくれました。ゲスト出演で手術患者役の山村紅葉の演技にも引き込まれ、初回は拡大バージョンで25分延長でしたが、あっという間に終わったように感じました。

そして、驚いたのは、ドラマタイトルである『ブラックペアン』についてです。ペアンというのはオペ器具なので、『ブラックペアン』を使うのは渡海先生と思っていたのですが、佐伯教授だった!さすが初回です、謎が多すぎます。

それ以外にも、悪魔・渡海の本来の人間性や、大学病院内の様々なブラック部分、渡海・父と佐伯教授のつながりなども気になります。

次回、はじめてのスナイプ手術の失敗で身動きが取れない高階が、ある患者にスナイプ手術を勧めてきます。その時、佐伯教授がどんな対応をするのか、渡海はまた神業手術をすることになるのか、また見逃せない回になりそうです。

第2話、楽しみに待ちましょう。

 

初回(第1話)のネタバレ

東城大学医学部付属病院で、“神の手”を持つ心臓外科医・佐伯清剛教授(内野聖陽)が、難しい心臓手術を行っていた。日本外科学会理事長選で、佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎教授(市川猿之助)と講師の高階権太(小泉孝太郎)もこの手術を見学。

手術の最中に佐伯が受け持つ別の患者が急変し、緊急手術となり、佐伯の弟子医師が担当し、佐伯の指示で手術を進めるが大出血を起こしてしまう。そこへ現れた外科医・渡海征司郎(二宮和也)が、執刀医と一千万で助けるという契約を結び、手術を引き継ぐ。患者は命を取り留めた。

ある日、東城大に新任講師としてやってきた高階は佐伯の手法のかわりとなる最新医療用機器「スナイプ」を推進。渡海が指導医となった研修医・世良の受け持つ患者の手術でスナイプを使用することになる。

治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)に依頼してスナイプの事故例を調べあげた渡海は、手術中にスナイプ手術から、佐伯式手術へ変更するよう言うが、佐伯の一言でスナイプのまま続行。

手術は無事に終わったかに見えたが、術後すぐに患者の容態が悪化。再手術を高階が執刀するが、出血が多すぎて手が出せない。渡海と世良が変わることになり、助けることができた。

高階が患者の身体を把握していなかったのが原因だったが、佐伯はすべてわかった上で高階にスナイプ手術をさせていた。渡海はそのことに気づいた。

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「ブラックペアン」第2話あらすじや感想とネタバレ

 

第2話あらすじ

渡海(二宮和也)は緊急搬送された小山(島田洋七)の手術に臨む。その終盤、渡海から最終処置を突然任された世良(竹内涼真)は、緊張で練習の成果を発揮できない。別室で手術を見た高階(小泉孝太郎)は渡海のやり方を糾弾する。一方、小山がすぐに退院したいと言い出す。小山には僧帽弁手術が必要だが、佐伯(内野聖陽)の執刀予定は埋まっていた。そこで、医療機器「スナイプ」での手術で前回問題を起こした高階が手を挙げる。

 

第2話の感想やネタバレ

 

第2話の感想

 

 

第2話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「ブラックペアン」第3話あらすじや感想とネタバレ

 

第3話あらすじ

あらすじ

 

第3話の感想やネタバレ

 

第3話の感想

 

 

第3話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「ブラックペアン」第4話あらすじや感想とネタバレ

 

第4話あらすじ

あらすじ

 

第4話の感想やネタバレ

 

第4話の感想

 

 

第4話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「ブラックペアン」第5話あらすじや感想とネタバレ

 

第5話あらすじ

あらすじ

 

第5話の感想やネタバレ

 

第5話の感想

 

 

第5話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「ブラックペアン」第6話あらすじや感想とネタバレ

 

第6話あらすじ

あらすじ

 

第6話の感想やネタバレ

 

第6話の感想

 

 

第6話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「ブラックペアン」第7話あらすじや感想とネタバレ

 

第7話あらすじ

あらすじ

 

第7話の感想やネタバレ

 

第7話の感想

 

 

第7話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「ブラックペアン」第8話あらすじや感想とネタバレ

 

第8話あらすじ

あらすじ

 

第8話の感想やネタバレ

 

第8話の感想

 

 

第8話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「ブラックペアン」第9話あらすじや感想とネタバレ

 

第9話あらすじ

あらすじ

 

第9話の感想やネタバレ

 

第9話の感想

 

 

第9話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「ブラックペアン」最終回(第10話)あらすじや感想とネタバレ

 

最終回(第10話)あらすじ

あらすじ

 

最終回(第10話)の感想やネタバレ

 

最終回(第10話)の感想

 

 

最終回(第10話)のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「ブラックペアン」のネタバレ!感想とあらすじも最終回まで更新

 

2018年4月、日曜9時『ブラックペアン』がはじまります。主演は日曜劇場初主演で連続ドラマは10年ぶりとなる二宮和也です。

原作は海堂尊の「新装版 ブラックペアン1988」。「チームバチスタの栄光」でも高い人気を博した作者の小説が使われ、二宮和也が主演となれば、自然と期待が高まりますね。

“オペ室の悪魔”と呼ばれる主人公が、様々な不正や隠された過去を暴いていく医療エンターテインメントドラマとなっています。

本記事では、ドラマ「ブラックペアン」のネタバレや感想、あらすじを最終回まで追いかけていきますので、ぜひ、ご期待ください。

スポンサーリンク