忘却のサチコ第5話(4話)ネタバレ感想やあらすじの紹介【11月10日・高畑充希主演ドラマ】

高畑充希が主演を務め、阿部潤氏の人気グルメ漫画をスペシャルドラマ化した『忘却のサチコ』(1月2日放送)が、テレビ東京の「ドラマ24」枠で連続ドラマ化することが決定しました!

こちらの記事ではドラマ『忘却のサチコ』の第4話と次回の第5話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

忘却のサチコ動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【高畑充希主演ドラマ】

2018.10.19

ドラマ「忘却のサチコ」第4話あらすじや感想とネタバレ

 

第4話あらすじ

月刊「さらら」編集部に新人編集部員・小林心一(葉山奨之)が配属されるが、ズバズバと空気の読めない発言を連発するモンスター新人で教育係の大野(重岡獏)ら編集部員たちは手を焼いていた。ついには“妖怪悪気ナシ”という異名が…。編集長(吹越満)はそんな小林の教育係に幸子(高畑充希)を指名する。小林の屁理屈にも冷静に返す幸子だったが「佐々木さんって恋愛下手そう」と痛いところを突かれ…イライラが止まらない!そんな幸子は街であるワゴンを見つけ、イライラを忘却しようと試みる。そんな中、幸子は小林と共に大物作家・有村忠雄(大和田伸也)に新作の執筆依頼へ。ひょんな事から恋愛の話になり、またしても俊吾(早乙女太一)を思い出してしまい…!?波乱を巻き起こす新人・小林へのイライラと俊吾へのモヤモヤを吹き飛ばす、激辛グルメとは!?

 

第4話の感想やネタバレ

 

第4話の感想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4話のネタバレ

作家渡部の愛妻の葬式の帰り、三崎町の港を歩く幸子と編集長。渡部は選り好みをして編集担当を決めていたが、妻に似た女性編集者を好む傾向にあった為、最初に好きになった人の面影を探してしまうのかもしれないなと編集長が呟く。その言葉に、心当たりがある幸子だった。

三崎町で有名なマグロが食べられる店を探している時、遠くの方で、俊吾に似た人が魚を抱えて歩いていた。「俊吾さん!」と咄嗟に追いかけた幸子だったが、幻覚を見たのだと考え、落ち着く為にマグロ饅、マグロコロッケを食べる。マグロの串焼きを食べようとした時、編集長が追いつき、マグロ丼を食べに行こうと誘う。幸子の荷物を持った編集長は、渡部の小説を取り出し、記憶喪失になった主人公についての話をする。その話から俊吾の記憶喪失を疑う幸子だった。その時、カップルから写真を頼まれた幸子は、望遠レンズ越しに俊吾を見つける。急いで走り出した幸子だが、停船場で「立ち入り禁止だ」と呼び止められる。振り返ると、俊吾にそっくりの漁師が立っていた。しかし漁師は「石井」と名乗った為、記憶喪失しているのではないかと幸子は問い詰めたが、石井は完全に否定した。ふらつきながら立ち去ろうとする幸子だったが、つまづいて海に落ちそうになった所を、石井が手を引いて助けたのだった。

愛する人を亡くして自殺しようとしているのだと勘違いした石井は、幸子をマグロ料理店「くろば亭」へ連れていく。美味しい物を食べれば気が変わるだろうと大将の石井茂男(泉しげる)に頼み、帰ろうとした石井に、幸子は自分の名を名乗り、何か思い出せないか尋ねる。「幸子」の名を懐かしいと感じた石井を、やはり俊吾ではないかと疑う幸子だった。そこへ、石井の妻愛美(木下あゆ美)がやって来て、石井が結婚している事を知り、幸子はショックを受けた。愛美の婿養子の石井が三崎町に来た時期と、俊吾が消えた時期が同じだった事から、幸子は記憶喪失になった俊吾がこの町に迷い込んだのではないかと考えた。また、石井は元々東京にいた事から、俊吾だと確信した。帰ろうとする愛美に、石井を愛してるか尋ねた幸子は、愛していなければ結婚しないと言われ、石井が幸せな暮らしをしているの事を悟る。幸子は、俊吾が今幸せなら、記憶を取り戻させるべきではないのかと葛藤した。

その時、マグロ丼定食が運ばれて来る。わさびを溶かしたタレを、マグロの上にかけ、つやつやのマグロに感動する幸子。脂の乗ったマグロと、それに合う甘めの自家製ダレに大将の技を感じる。あら汁は、何種もの魚の旨味が凝縮され、体中に染み渡る。満足する幸子の前に、漁師町の家庭料理マグロの兜煮が出される。大将のお袋の味の兜煮は、皮の食感はぷるぷる、味はしっかり染みており箸が進む。余すところなく旨いマグロとあら汁の魚達に、感謝して妄想が膨らむ幸子だった。完食した幸子は、会計を申し出るが、休憩中だから受け取らないと大将が気を利かせる。旨かったかと聞かれた幸子は、世界がはっきり見えるようになったと答えた。大将は、あら汁は毎日入れている物が違う為、二度と同じ味は作れない事を説明し、今日だけの味だから昨日の事は考えるな、消えた男の事をいつまでも気にするなと喝を入れた。

大将の言葉にお辞儀をして店を出た幸子は、編集長を置き去りにしていた事を思い出すが、編集長を待たずに石井の元へ走り出す。俊吾にきちんとさようならの挨拶と謝罪が出来ていなかった事から、石井に謝ろうと声をかけた。しかし、振り向いた石井の顔は別人になっており、幻だった事に気付き、放心する幸子だった。追いついた編集長が駆け出す幸子を引き留めると、幸子は「あら汁になりたい」と訴えた。幸子は、今日という日を大切にしたい事、早く戻って仕事に取り掛かりたい事を言い残し、走り出したのだった。

スポンサーリンク

忘却のサチコ動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【高畑充希主演ドラマ】

2018.10.19

ドラマ「忘却のサチコ」第5話あらすじや感想とネタバレ

 

第5話あらすじ

姿を消した婚約者・俊吾(早乙女太一)を忘れられない幸子(高畑充希)を見かねた後輩・橋本(逢沢りな)は「過去の恋愛を忘却するには新たな恋!」と合コンに誘われる。幸子は橋本の熱心な誘いに、俊吾を忘れるために合コンに初参戦することに!
橋本が合コンでの「モテる技術」を伝授するも空回りしてしまう幸子。そして、ついには大暴走してしまい…!?そんな中、合コンで幼馴染・梶(清原 翔)と再会することに!梶から「佐々木は俺の初恋の人や」と打ち明けられた幸子。偶然の再会と告白に戸惑いながらも、新たな恋に踏み出すべく、梶とのデートに挑む幸子だったが…
幼馴染の登場と共に“なつかしさ”を呼び起こす給食の定番が登場!さらに、誰もが知るなつかしの昭和グルメ・ナポリタン!
一味違う「大人ナポリタン」とは!?

 

第5話の反応と期待の声

 

 

次はナポリタンテロですね。

 

あばずれグルメ!?

 

第5話の展開予想

幸子が合コンて似合わんなあ!!しかも、隙なしの幸子が泥酔だなんて、何か起こる気しかしない!そこに、昔幸子の事が好きだった幼馴染が登場だなんて、、、!!俊吾さん以外の男性の影に、動揺しちゃうわ!俊吾さんを忘れて先に進んでほしいけど、そしたらこのドラマどうなるのよ~とか考えて複雑(笑)そして、ロリっぽい洋服でナポリタン食べてたから、デートに行った帰りに昭和ナポリタン行くのかも!?

 

第5話の感想やネタバレ

 

第5話の感想

 

 

アントニオ猪木の顔真似が最高(笑)

 

 

 

 

 

 

今回はこのお店でした~!梶くんありがとう~!

 

元婚約者を忘れる為のデートとか言われたら泣く

 

 

 

 

 

第5話のネタバレ

恋は上書きだと主張する橋本から、合コンに誘われる幸子。慣れていない幸子は、橋本に振る舞い方の指導を頼んだ。]

合コン当日、自己紹介の内容を覚えておく事という橋本の指導を、議事録を取るなど過度に行い、周囲から浮いていた。また、同調行動で好感を得るという教えから、全ての注文に同調し、飲み過ぎてしまう。幸子がベロベロに酔っぱらった頃、小学校の同級生・梶 幸聖(清原 翔)が遅れて参加する。

眠って俊吾の夢を見た幸子が起きると、梶以外は二次会に行っていた。梶は自分の事を覚えていないかと尋ねるが、全く見当が付かない幸子。梶は無理に思い出させようとはせず、何か食べに行こうと幸子を誘う。

梶は、屋台の揚げパンをご馳走しようとするが、奢りはだめだとお金を払う幸子に、「変わらんな~」と呟いた。幸子は、ふわふわでもちもちのパン生地にきな粉の甘味が溶け込む優しい味を懐かしむ。昔を思い出した幸子は、隣にいるのは、小学生時代牛乳で周りを笑わせていた梶だと気付く。幸子は、16年も経つのに梶がすぐに自分だと気付いた事に驚く。梶は、幸子が昔と変わらない事、初恋の人だった事を告白し、幸子をデートに誘った。

次の日、幸子は橋本にデートの事を相談し、心得の伝授をお願いした。

まずは服装からと教わった幸子は、デート当日、白いロリータ系の洋服で臨んだ。幸子の服装を見て、イメージと違うが可愛いと言った梶に、先を越されたと感じる幸子。何故なら、心得①『とにかく褒めまくる』を、梶にやられたと思ったのだ。幸子は、咄嗟に「可愛いのは梶君です。」と不自然に褒め、心得①を達成したと勘違いする。心得②『ボディータッチ』、さりげなく触るよう心がけた幸子は、毛繕いする猿と同じように、そっと梶の背中に触れる。しかし、気付かれない程さりげなく、効力は無かった。梶が、昔は猿に似ていたが、今は背が伸びすぎたと自虐した事に対し、心得③『相手の言う事を全て肯定する事』の通りに、そのまま肯定してしまう。そして、心得④『上目遣い』を実行するが、顔が強張って不気味になってしまう。その後、ヤマアラシを見た梶が、幸子に似ていると言う。幸子は、昔俊吾に、亀に似ていると言われた事、亀のキーホルダーをプレゼントされた事を思い出す。そのキーホルダーを眺めながら歩いていると、落としてしまう。幸子が拾おうとした時、取ろうとした梶と手が触れる。動揺した幸子は、梶に今日は様子がおかしいと言われ、結婚式当日に逃げられた事、その人を忘れる為に梶とデートした事を話してしまう。それを聞いて落ち込んだ梶は、今日はもう帰ろうと言って歩き出す。しかし、「もうちょっとだけええか」と幸子を喫茶店『泥人形』へ誘った。

しばらくするとナポリタンが運ばれてくる。そのナポリタンは、ケチャップだけでなく、トマトを入れたソースでコクと旨味が増していた。懐かしい味ながら、大人の口に合う味、『大人ナポリタン』と称した。ベーコンとソーセージ、椎茸やイカ、どんな具材でも合うナポリタンに感動する幸子。タバスコのピリ辛が絶妙にトマト味に合い、タバスコを日本に持ち込んだアントニオ猪木に感謝した。そして、日本人のDNAに組み込まれているであろうナポリタンの味に、まるで三丁目の夕日のようだと、「おかあさああん」と叫んだ。母の作るナポリタンを思い出し笑顔になる幸子を見た梶は、去り際に、俊吾を忘れるまで待っていると言い残し、店を出た。

後日、デートの結果を知った橋本は、梶の格好良さに、今すぐ梶に連絡しようと言う。しかし、幸子は、まだ整理がつかないと引き止めた。デートの話を盗み聞きした小林は、逃げられた幸子も前に進めるのかとしょんぼり言う。小林もデートするのかと聞いた幸子に、小林は「気になる人がいるんで」と意味深に否定した。しかし、小林の言葉の意味に気付かず、仕事に戻る幸子だった。

 

ドラマ「忘却のサチコ」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

忘却のサチコ動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【高畑充希主演ドラマ】

2018.10.19

 

ドラマ「忘却のサチコ」第4話と第5話のネタバレ感想やあらすじの紹介まとめ

 

高畑充希が主演を務め、阿部潤氏の人気グルメ漫画をスペシャルドラマ化した『忘却のサチコ』(1月2日放送)が、テレビ東京の「ドラマ24」枠で連続ドラマ化することが決定しました!お馴染みのキャスト陣の続投も決まり、また新キャストも加わり、盛り上がっています!

この記事では、ドラマ『忘却のサチコ』を各話ごとに詳細にネタバレとあらすじや感想を更新していきますので、ぜひご覧ください!

忘却のサチコ動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【高畑充希主演ドラマ】

2018.10.19

忘却のサチコ視聴率速報や一覧と推移!初回(1話)から最終回まで随時更新【高畑充希主演ドラマ】

2018.10.16

忘却のサチコ原作ドラマネタバレ感想!初回(第1話)から最終回まで随時更新

2018.10.06

忘却のサチコキャストやロケ地!相関図や主題歌の紹介

2018.10.04

スポンサーリンク