ブラックペアン第7話動画を無料で見逃し配信視聴する方法の紹介

2018年4月春にドラマ『ブラックペアン』が『日曜劇場』枠で放送開始されます。

『ブラックペアン』は主演が嵐の二宮和也、原作が『チーム・バチスタの栄光』等を手掛けた海堂尊と、大変楽しみなドラマになっています。

そんなドラマ『ブラックペアン』ですが、「忙しくて見逃した!」とか「録画予約を忘れてた!」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ドラマ『ブラックペアン』第7話の動画を見逃し配信で無料視聴する方法について調べてみました。

スポンサーリンク

動画共有サイトで「ブラックペアン」第7話を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、『ブラックペアン』の第7話がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスのお試し期間を利用してくださいね。

 

「ブラックペアン」第6話あらすじや感想

 

第6話あらすじ

ある日、東城大に渡海(二宮和也)の母・春江(倍賞美津子)が搬送される。黒崎(橋本さとし)の緊急手術で腫瘍は取り除かれ危機を脱するが、術後の検査で一部見落としがあり腫瘍がまだ残っていたことが発覚する。渡海はそのことを医療過誤と責め立て、佐伯教授(内野聖陽)が再度執刀するという案をはねつける。そればかりか、渡海は東城大に和解金を要求し・・・。
一方、スナイプから最先端の手術支援ロボット・ダーウィンに戦いの場を移した日本外科学会理事長選。アメリカで開発されたダーウィンは、アームを操作することで超精密な作業が可能なうえ、小さな穴を開けるだけで手術が行えるため患者の負担も少ない。そして、厚生労働省主導のもと日本で開発した手術支援ロボットがカエサル、“国産ダーウィン”だ。このカエサルを治験扱いで東城大に導入することが決定、佐伯教授の命で高階(小泉孝太郎)が責任者となる。治験第一号となる患者を探しあぐねていた高階は、春江に目を付け・・・。

 

第6話に対する期待の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

 

第6話は、渡海の母・春江が搬送されてくるところからはじまります。そして、新兵器「国産ダーウィン」の第1人目の患者として高階が目をつけることに。機械での手術を認めていなさそうな渡海が黙っているわけはありませんよね。どんな悪魔な対応をするのか、楽しみです。

もうひとつ気になるのは、第5話の最後で、渡海が送ったと思われる、ペアンの写ったレントゲン写真の画像を佐伯教授が見つめていたところです。渡海の父親と佐伯の過去が明らかになるかもしれません。ブラックペアンの意味も見えてくるのでしょうか。

第6話の展開が楽しみで、待ちきれませんね!

 

第6話の感想

ネットにあがっているユーザーの感想をひろってみました。

本日の新兵器、国産ダーウィンの「カエサル」です。責任者は高階先生。スナイプの時同様にトラブルの予感が・・・。

 

渡海の母・春江は手術後に肺動脈内に腫瘍の見落としが見つかります。それを知った渡海が、東城大に医療過誤として和解金2000万を要求します。しかも、佐伯教授が再手術の執刀を申し出たのを断ってしまいます。手に汗にぎる場面でした。

 

東城大の近くで崩落事故が発生し、27人の負傷者が運ばれてきます。すごい手際の良さでどんどん処置をしていく渡海が、世良に言った一言は、かっこよすぎでした。第6話のメインが春江なら、サブメインは、この場面ですね。

 

負傷者の処置を手伝う世良の動きを見ながら、周りの研修医たちがその成長に驚きの声をあげていました。世良くんは、指導医の渡海にしごかれてますものね。

 

春江がカエサル手術に同意したと聞いた渡海は、ロボットでの手術を信じていないとはっきり宣言した上で、高階に向かってこの台詞を吐きました。大切な家族が信用できない手術をされてしまうとしたら、誰でもこう言いたくなるかもしれません。

 

渡海がいつも食べている卵かけご飯は、おふくろの味だったんですね。春江が卵かけご飯を差し出しながら、人はひとりでは何もできない、周りの助けがあってこそだと渡海に話しかけています。一匹狼の渡海ですが、春江の言葉を思い出している表情は、思うところがあるように見えました。

 

春江が苦しみ出したところを偶然見つけた渡海。その時渡海は、本気で心配していると一目でわかる表情を浮かべました。オペ室の悪魔・渡海がはじめて見せた、人間の表情。

 

やっぱり、カエサル手術でトラブルがおきましたね。救世主はもちろん渡海先生です。そして、決め台詞「邪魔!」も出ました。

 

春江がRHマイナスという特殊な血液型で、しかも27人の負傷者に輸血を使ってしまい、輸血残がほとんどない状況で手術がはじまります。そして、出血部位が見つからないという危険な状態に。そこで高階が自分はRHマイナスで春江の血液と適合していると言うのですが、渡海はその事をすでに知っていました。もう、驚きの連続です。

 

とうとう渡海ははっきりと宣言しました。佐伯が渡海の父親を裏切ったから、信用していないということを。

 

第6話もやはり渡海の手腕は素晴らしかったですが、それよりもステキに思えたのは、苦しむ春江を見つけて「母ちゃん!」と駆け寄る渡海の真剣な表情と、渡海のアシストをする世良の動きのよさですね。

渡海が春江だけには頭があがらないのはすでにわかっていましたし、大切に思っているだろうことも想像に難くなかったのですが、苦しむ春江に駆け寄った時の真剣な顔を見ただけで、今までの想像が真実だったことがわかり、渡海の中の人間らしい一面を見たことで、もう悪魔とは言えないという気持ちになってしまいました。

そして、渡海に散々しごかれていた世良の動きのいいこと!我が子の成長を見るかのように嬉しくなりました。

そんな第6話ですが、最後に渡海が高階に語るシーンで、佐伯が渡海の父親を裏切ったということがはっきりしましたね。次回は、その内容が明らかになってくるかもしれません。手術ロボットの今後も気になります。第7話、とても楽しみですね!

 

「ブラックペアン」第7話あらすじや感想

 

第7話あらすじ

帝華大に引き抜かれ、東城大を去った渡海(二宮和也)西崎教授(市川猿之助)の狙いはなんなのか?高階(小泉孝太郎)も訝る。一方、国産ダーウィン=カエサルを推進する厚労省の富沢(福澤朗)は、東城大に一人の患者の治験を持ちかける。カエサルの治験にぴったりの症例だというその患者・山本祥子(相武紗季)の情報をどうして富沢が知ったのか?東城大の患者のリストを誰かが持ち出したのだ・・・佐伯教授(内野聖陽)は、富沢の後ろに西崎教授の影を感じる。東城大は祥子を治験者にするため、担当医を黒崎(橋本さとし)にし、木下香織(加藤綾子)から祥子に治験についての説明をすることに。ところが・・・。

 

第7話に対する期待の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

第7話は、ブラック、ブラック、ブラックという印象が否めません。帝華大へ渡海が引き抜かれていくことも、国産ダーウィン「カエサル」を厚労省の役人が推していることも、カエサルの治験対象者をその役人が東城大の患者リストを元に探し出したらしいことも、何もかもが真っ黒な感じです。

予告で、真っ赤に充血した目の渡海が、誰かに向かって、「言えよ!」と叫んでいましたが、何がどうなるのでしょうか。ブラックペアン第7話、早く観たいですね。

 

第7話の感想

ネットには第7話への感想の声がたくさんあがっていました。

ユーザーの声はーーー。

母・春江の手術の執刀をしたことで、東城大を去ることになる渡海ですが、まさか帝華大の西崎教授から引き抜きの話がきていたとは。いきなりの展開に驚きでした。それにしても、帝華大への出勤第1日目で、すでに昼寝していた渡海先生、さすがです。

 

帝華大でもやはり手術中のトラブルを見つけてしまう渡海。そして、相変わらずの暴言と凄腕で、見事手術を成功させました。渡海の暴言に病みつきです。

 

 

帝華大で手術をする渡海ですが、あまりのスピードにまわりのスタッフがついていけません。そう思うと、東城大で渡海の手伝いをしていた猫田と世良は、渡海についていけるのですから、すごいですよね。

 

帝華大の渡海が猫田に意味深な電話をしていました。ニノから「ひとつおつかい」なんて、言われたい!というツイートがたくさんあがっていました。

 

東城大の患者リストを西崎教授へ流していた黒幕は、まさかの人物でした。しらを切る黒幕に渡海が放ったこの一言は、すごい迫力で、こちらまでビビってしまいました。

 

 

目で合図を送る渡海に寄り添うように動く猫田。たしかにお似合いな雰囲気をだしていますが、ふたりの関係は一体・・・。

 

 

第7話は、東城大と帝華大、どちらにも共通しているトップの黒さがますますクローズアップされていましたね。渡海が帝華大に引き抜かれるところから始まったのも驚きでした。

そして、加藤綾子さん演じる、治験コーディネーター・木下の過去が明かされ、過去の同僚が東城大でカエサル手術を受けることになるという、今までにない部分にスポットが当たっていたのが面白かったです。

木下は大病院で医師のミスを背負わされて退職に追い込まれたのですが、今回東城大でも同じようなことがおこります。「人の敵は人」この言葉の重みを感じさせられた展開でしたが、「人の味方も人」という、ステキな終わり方で、なんとか気持ちを落ち着かせることができました。

もうひとつすごかったのは、渡海がどこにいても気持ちいいほど渡海のままだったところですね。帝華大でも「邪魔」だの「一千万円で助けてやる」だのと言い放ち、東城大の患者リストを帝華大に流していた人物が見つかることで、怒りを露わにした渡海の態度に、恐れおののく気持ちになる反面、安心感を覚えたりもして、様々に気持ちを揺さぶられた展開でした。

とにかく、たくさんのエッセンスが凝縮された第7話でしたが、第8話も負けずに濃い内容のようです。とても楽しみですね。

 

スポンサーリンク

「ブラックペアン」第7話を無料視聴する方法

 

『ブラックペアン』第7話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、『ブラックペアン』の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • GYAOの見逃し配信で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信や無料動画GYAO!

 

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

TBSオンデマンド 動画はコチラ
GyaO! 動画はコチラ

 

まずは、『ブラックペアン』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、『ブラックペアン』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

『ブラックペアン』第7話を公式で無料視聴できるのは、2018年6月10日20:59までとなっています。

無料動画配信で有名な、無料動画GYAO!でも『ブラックペアン』の見逃し配信が行われています。

無料動画GYAO!での『ブラックペアン』の見逃し配信は、コチラから。

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

『ブラックペアン』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、第7話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

「ブラックペアン」第7話の動画を無料視聴する方法まとめ

 

『ブラックペアン』第7話の動画を配信しているサービスは、複数あります。

次回放映までにキャッチアップするためなら、公式や無料動画GYAO!でご覧になるのがおススメです。

公式や無料動画GYAO!での最新話配信が終わった後に視聴したい場合は、動画配信サービスの無料お試し期間の利用をおススメします。

安心して無料視聴できるサービスを利用して、『ブラックペアン』を楽しんでくださいね。

 

スポンサーリンク