チアダン(ドラマ)と映画ネタバレ感想!最終回まで随時更新【土屋太鳳主演ドラマ】

2018年7月期の金曜22時枠ドラマは、土屋太鳳主演の『チア☆ダン』です。

本作は、広瀬すず主演で2017年3月に公開し大ヒットした映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』の9年後の姿が描かれています。

チアダンスで全米制覇という〝ありえない夢〟を追いかけつかもうとする少女たちの青春ストーリーは、全ての人たちに熱い感動を与えてくれること間違いないでしょう。

こちらの記事では『チアダン』のネタバレ感想とあらすじを初回(第1話)から最終回まで更新していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトでドラマ「チアダン」を初回(第1話)から最終話を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、ドラマ『チアダン』の初回(第1話)から最終話がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスのお試し期間を利用してくださいね。

 

 

「チアダン」原作について

 

ドラマ『チアダン』は、昨年3月に公開された映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」の数年後を舞台に、“もう一つの奇跡の物語”を描く続編ドラマですので、映画とはまったく違うオリジナルストーリーとなっています。

ドラマには原作はありませんので、映画『チアダン』のあらすじとネタバレを見ていきましょう。

 

原作「チアダン」のあらすじ

友永ひかり(広瀬すず)は、県立福井中央高校に入学する。中学からの同級生である山下孝介(真剣佑)を応援したいと思った彼女は、チアダンス部に入る。だが彼女を待ち構えていたのは、アメリカの大会制覇に燃える顧問の女教師・早乙女薫の厳しい指導と練習だった。先輩たちが次々と辞めていく中、同級生のチームメート玉置彩乃(中条あやみ)と切磋(せっさ)琢磨しながらチアダンスに打ち込むひかり。チームは一丸となってトップを目指していくが……。

 

あらすじを読んだだけで、十分に"熱さ"が伝わってきますね。主人公・ひかりは、ボーイフレンドの応援という、軽い(?)気持ちで入ったチアダンス部が、まさか鬼教官が率いる軽さとは全く縁のない世界だとは夢にも思っていなかったでしょう。それが、最後にはチアダンスの大会で全米制覇まで上り詰めるのですから、相当な努力と苦労があったはずです。スポ根とも、青春とも言える、思わず観てしまうようなストーリーと言えます。

ここまでが、映画版『チアダン』のあらすじですが、ドラマ『チアダン』では、「JETS」の全米制覇から9年、映画『チアダン』主人公・ひかりが、自身の育った「JETS」のコーチとして登場します。「打倒JETS!全米制覇!」という志しを持つ、福井西高等学校に入学した、土屋太鳳演じる主人公・わかばが、チアダンス部を起こすところからはじまり、映画とはまた違った形で"奇跡"を起こしていくというのが、ドラマ版『チアダン』の内容になります。

では、映画『チアダン』のネタバレを見てみましょう。

 

原作「チアダン」のネタバレ

福井中央高校に入学した友永ひかり(広瀬すず)は、サッカー部の同級生・孝介(真剣佑)を応援したいという動機からチアダンス部に入部。軽い気持ちで入部したひかりは、顧問の女教師・早乙女(天海祐希)が目指す「全米大会制覇!」という無謀な目標に驚く。

部員のほとんどがダンス未経験者だったが、全米制覇をめざす早乙女の厳しい指導は容赦なく、あまりのスパルタに辞めていく部員が続出する。自分も辞めようと思っていたひかりだが、チームメイトの彩乃(中条あやみ)のサポートで、なんとかチアダンス部に残る。

そして、初めて挑んだ福井大会。ミスを連発し、最悪な結果となる。

大会後の反省会で、部員の不満が爆発。部員たちの気持ちはバラバラになり、翌日から練習にも来なくなってしまう。

校長室では、チアダンス部廃止の話し合いがされていたが、バラバラになった部員たちを部長の彩乃が説得して回り、そろって校長室に直行。チアダンス部の存続を直談判。熱意が通じ、チアダンス部は再スタートを切る。

2年生になったひかりたち。入部希望の1年生を前にした彼女らは確実に成長していた。チアダンス部は県大会で優勝、全国大会へと駒を進める。しかし、結果は4位。

自分たちのダンスに何が足りないかに気づいてもらうため、早乙女は夢ノートを書くことを提案。本気でアメリカに行きたいと考えた彩乃は「みんなの敵になる」と夢ノートに書き、次の日からビシビシとダメ出しをはじめる。これまで足りなかった本気度がチアダンス部に生まれてくる。

ひかりたちは高校3年生に。ある時ひかりは練習中に全治2カ月の重傷を負ってしまう。部員たちが全国大会に向けて練習する中、参加できない悔しさを味わうひかり。

大会直前には完治したものの、2カ月のブランクは大きく、全国大会にはひかりを除いた部員たちで出場。その結果、福井中央高校は全国優勝、念願の全米大会への切符を手にする。

全米大会出場のため渡米したチアダンス部。全米大会予選の結果は8校中7位。ギリギリで決勝には出場できたものの、このままでは優勝できないと判断した早乙女は、センターを彩乃からひかりに変えると決断。

早乙女の決断に納得がいかないひかりは、彩乃をセンターに戻すよう早乙女に直訴するが、決定は覆らず。ひかりをセンターに部員たちは決勝の舞台へ。

テレビ中継で福井の家族や全校生徒らも応援する中、いままでで最高のパフォーマンスを披露することができたチアダンス部の部員たち。

演技を終えたひかりは、早乙女に感謝の思いを伝えるため、ステージ裏へ。そこへ「優勝は福井中央高校!」との場内アナウンスがはいる。他の部員たちも早乙女に駆け寄り、全員で泣きながら喜びを分かち合った。

それから数年後、彩乃は夢だったキャビンアテンダントに。ひかりは、母校でチアダンス部のコーチに就任。早乙女の目指した夢は、確実にひかりに受け継がれたのだった。

おわり

 

以上が、映画『チアダン』のネタバレとなります。映画では、時折コメディタッチの場面があるのですが、ひかりをはじめとするチアダンス部員や、早乙女先生の心情の描写が丁寧に描かれており、面白いだけでは終わらない、感動も呼び起こす展開だったと思います。このストーリーの続編が、ドラマ『チアダン』というのですから、期待が高まるのは必然と言えるでしょう。

 

ドラマ「チアダン」のあらすじや展開と期待の声

 

ドラマ「チアダン」のあらすじ

幼い頃に強豪チアダンス部「JETS」が初の全米優勝を果たした演技を見て憧れを持った主人公の藤谷わかば(土屋)が、将来は同部に入って全米優勝したいという夢を抱くが、JETSのある高校の受験に失敗。いつしかチアダンスさえ「自分には無理、できっこない」と考えるようになり、勉強も運動も中途ハンパな高校に入学し、弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの高校生活を過ごしていた。そんなある日、東京から来た強引な転校生・汐里(石井杏奈)に「私とチアダンスをやろう!」という思いがけない言葉をかけられる。その言葉がわかばのくすぶっていた思いに火を点け、かけがえのない仲間や挫折したダメ中年教師の漆戸太郎(オダギリジョー)ら大人たちの支えと共に泣き笑い、成長し、「全米制覇!」という“できっこない夢”をひたむきに追いかける奇跡のような物語。

 

挫折からはじまり、夢を現実にすることでおわるというのが、ドラマ『チアダン』の背骨のように感じますね。主人公・わかばはJETSのある高校受験に失敗して、入学した高校でチアダンス部を作るところからはじめることになりますし、ダンス経験のない、挫折したダメ教師がチアダンス部顧問になり苦労するしますが、あらすじに「共に成長」とあり、挫折を乗り越えて顧問として頑張る姿が見られそうですので。

夢を現実にしていく過程をみるだけでも、胸が熱くなりそうですが、それ以外にも、わかばのチアダンスにかける熱い想いは、心にしみ入りそうですし、チアダンスの頂点を目指す部員同士のいざこざや、技を習得することの難しさなど、ハラハラドキドキの場面がたくさんありそうですよね。これはもう、放送毎に感動すること間違いなし!

 

ドラマ「チアダン」への反応と期待の声

映画の『チアダン』が大人気だったこともあり、ドラマ『チアダン』へもたくさんの期待の声があがっていました。

そんなSNSの一部をご紹介します!

 

 

 

ドラマ『チアダン』が映画『チアダン』の続編ということで、映画を見直すとの声も聞こえています。よりドラマを楽しめそうですよね。

主演の土屋太鳳さんをはじめ、たくさん出演している人気若手俳優や大人キャストにも注目が集まっています。内容も充実していますが、豪華な出演陣にも期待大ですね。

 

スポンサーリンク

ドラマ「チアダン」初回(第1話)あらすじや感想とネタバレ

 

初回(第1話)あらすじ

幼い頃に強豪チアリーダー部「JETS」が初の全米優勝を果たした演技を見て憧れを持った藤谷わかば(土屋太鳳)は、将来は同部に入って全米優勝したいという夢を抱くが、JETS のある高校の受験に失敗。いつしか「自分には無理、できっこない」と考えるようになり、勉強も運動も中途ハンパな福井西高校に入学。弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの高校生活を過ごしていた。そんなある日、東京から来た強引な転校生・汐里(石井杏奈)に「私とチアダンスをやろう!」という思いがけない言葉をかけられる。自身のくすぶっていた思いに火を点けられたわかば。「打倒JETS! 全米制覇!」というありえない夢を目標に掲げ、汐里とともにチアダンス部設立に向けて動き出す!

 

初回(第1話)の感想やネタバレ

 

初回(第1話)の感想

土屋太鳳さんが主演で話題のドラマ「チアダン 」。ネットにはたくさんの第1話への感想の声があがっていました。

ユーザーの声はーーー。

主演の土屋太鳳さんが子供の頃に「JETS」の演技を観て憧れる場面からはじまりました。本物の映画版『チアダン 』が放映され、広瀬すずさんも写っていましたよ。

 

石井杏奈さんはチアダンスに熱い転校生役。この後チアダンス部まで作ろうとします。かっこいい!

 

青春って言葉しか出てこないです。若いって素晴らしい!

 

東京に出て行く姉・あおいの見送りの時に気持ちを込めてチアダンスを披露した妹・わかば。このシーン、感動しますよ。

 

ドラマ『チアダン 』は、映画版『チアダン 』の9年後が描かれ、映画版に負けないくらいの熱さで、できっこない夢をかなえていく、女子高生の青春ストーリー。主演の土屋太鳳さんはじめ、出演者の女子はもう、とにかくキラキラ!チアダンスをやる気がある時も、まだやる気に火がついていない時もです。若いっていいなぁとしみじみ思ってしまいました。

第1話の最後にわかばが言った「できっこないをやってみるでの」は、このドラマのすべてですね。ツイッターには、この王道の青春ドラマに、期待の声が続々とあがっていました。私も、わかば達の今後が楽しみです!

 

初回(第1話)のネタバレ

幼い頃に強豪チアリーダー部「JETS」が初の全米優勝を果たした演技を見て憧れを持った藤谷わかば(土屋太鳳)は、将来は同部に入って全米優勝したいという夢を抱くが、JETS のある高校の受験に失敗。いつしか「自分には無理、できっこない」と考えるようになり、勉強も運動も中途ハンパな福井西高校に入学。弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの高校生活を過ごしていた。

そんなある日、東京から来た強引な転校生・汐里(石井杏奈)に「私とチアダンスをやろう!」という思いがけない言葉をかけられる。自身のくすぶっていた思いに火を点けられたわかば。

しかし、チアダンス部設立には、部員8名に顧問、部活の活動場所など問題が山積み。汐里とわかばは、部員を集めようと必死になるが、汐里のやる気が空回りして、部員たちと仲違いしてしまう。

そんな中、わかばの姉でJETSで全米制覇を果たした経験を持つあおい(新木優子)が、チアダンスの先生として東京へ行くことになる。姉の旅立つ日に応援として、一生懸命に練習したチアダンスを披露する汐里とわかば。その姿を見た部員たちは、もう一度、皆でチアダンスをやる決意をする。

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「チアダン」第2話あらすじや感想とネタバレ

 

第2話あらすじ

東京へ行くわかば(土屋太鳳)の姉・あおい(新木優子)を福井駅前で激励するため、サンボマスターの「できっこないを やらなくちゃ」に合わせてチアダンスを踊ったわかばたち6人。
警察に注意されたところを、偶然にもその場に居合わせた教師の太郎(オダギリジョー)が「チアダンス部顧問です!」と言って場をおさめるが、それを聞いた6人は大盛り上がり!
 早速、太郎を引き連れて校長(阿川佐和子)と教頭(木下ほうか)に報告しに行くが、練習場所やら、人数がまだ8人いないなどの理由から正式な部活動としては認められないと言われてしまう。汐里は「今学期中にあと2人集めます!」と断言する。なんとしてでもあと2人集めたい6人は、ビラ配りにも熱が入る!
わかばの教室でワイワイ話をしているところを見た麻子(佐久間由衣)は「楽しそうでいいのう」と嫌味を言う。それを聞いた汐里が「そっちは何にも楽しい事なさそ」と冷たく返す。
 その言葉にカッとなった麻子は「わたしにだって好きなことぐらい――」と言いかける。気になったわかばは、屋上のベンチで麻子を見つけ声をかけてみることに。
その一方で、汐里は再び茉希(山本舞香)に会いに行き、終業式で踊るから見に来てほしいと伝える。
果たして、終業式までにあと2人メンバーを集める事が出来るのか―。そして、生徒と向き合う事が怖くなった太郎のトラウマがついに明らかに――。

 

第2話の感想やネタバレ

 

第2話の感想

 

 

 

 

第2話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「チアダン」第3話あらすじや感想とネタバレ

 

第3話あらすじ

 

 

第3話の感想やネタバレ

 

第3話の感想

 

第3話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「チアダン」第4話あらすじや感想とネタバレ

 

第4話あらすじ

 

 

第4話の感想やネタバレ

 

第4話の感想

 

 

 

 

 

第4話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「チアダン」第5話あらすじや感想とネタバレ

 

第5話あらすじ

 

 

第5話の感想やネタバレ

 

第5話の感想

 

 

 

第5話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「チアダン」第6話あらすじや感想とネタバレ

 

第6話あらすじ

 

 

第6話の感想やネタバレ

 

第6話の感想

 

 

 

 

 

 

 

第6話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「チアダン」第7話あらすじや感想とネタバレ

 

第7話あらすじ

 

 

第7話の感想やネタバレ

 

第7話の感想

 

 

 

 

 

第7話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「チアダン」第8話あらすじや感想とネタバレ

 

第8話あらすじ

 

 

第8話の感想やネタバレ

 

第8話の感想

 

 

 

第8話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「チアダン」第9話あらすじや感想とネタバレ

 

第9話あらすじ

 

 

第9話の感想やネタバレ

 

第9話の感想

 

 

 

 

 

第9話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「チアダン」第10話あらすじや感想とネタバレ

 

第10話あらすじ

 

 

第10話の感想やネタバレ

 

第10話の感想

 

第10話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「チアダン」最終回(第11話)あらすじや感想とネタバレ

 

最終回(第11話)あらすじ

あらすじ

 

最終回(第11話)の感想やネタバレ

 

最終回(第11話)の感想

 

最終回(第11話)のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「チアダン」全話ネタバレ感想とあらすじも最終回まで更新まとめ

 

2018年7月の金曜ドラマ『チアダン』。どこにでもいる平凡な女子高生が「打倒JETS!全米制覇」という、できるわけないような夢に向かって、教師に支えられながら、共に成長していくという、すべての人たちへ本気のエールを送る内容となっています。

主演の土屋太鳳をはじめ、若手注目女優もたくさん出演している『チアダン』は、この夏最も熱いドラマと言えるでしょう。

本記事では、ドラマ「チアダン」のネタバレや感想、あらすじを最終回まで追いかけていきますので、ぜひ、ご期待ください。

スポンサーリンク