チアダン第4話(3話)ネタバレ感想やあらすじの紹介【土屋太鳳主演ドラマ(チア☆ダン)】

2018年7月期の金曜22時枠ドラマは、土屋太鳳さん主演の『チア☆ダン』です。

ドラマ『チアダン』は、広瀬すず主演で2017年3月に公開し大ヒットした映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』の9年後の姿が描かれています。

〝ありえない夢〟を追いかけつかもうとする少女たちの青春ストーリーは、全ての人たちに熱い感動を与えてくれること間違いないでしょう。

こちらの記事ではドラマ『チアダン』の第3話と次回の第4話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトでドラマ「チアダン」を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、ドラマ『チアダン』初回(第1話)から最新回がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して無料視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスの無料期間を利用してくださいね。

 

ドラマ「チアダン」第3話あらすじや感想とネタバレ

 

第3話あらすじ

 終業式で踊りきったわかば(土屋太鳳)汐里(石井杏奈)渚(朝比奈彩)妙子(大友花恋)穂香(箭内夢菜)琴(志田彩良)の6人。あと2人揃わないと活動禁止という絶対絶命の状況の中、麻子(佐久間由衣)茉希(山本舞香)が名乗り出て無事に部員が8人集まり、正式に部活として認められた西高チアダンス部ROCKETS(ロケッツ)。  顧問の太郎(オダギリジョー)のおかげで部室も見つかり、9月1日のチアダンス福井大会に向けて練習開始だ!と思いきや、わかばは夏休みの補習に追われ、麻子は塾、渚は陸上部、妙子はお店の手伝いで、なかなか8人揃わない。そんな状況に汐里は不満爆発!そんな中、太郎は「JETS」の指導方針をまねて自身の目標を書く“夢ノート”を部員分用意するが、いざとなったら渡せず8人の気持ちがバラバラのまま、チアダンス福井大会当日を迎えた。目標とするライバルの中央高校チアダンス部「JETS」の凄すぎるダンスを目の当たりにして緊張するROCKETS。
 初舞台に上がる彼女たちは、現実の厳しさを知ることになる…。

 

第3話の感想とネタバレ

 

第3話の感想

ネットには「チアダン 」第3話への感想の声がたくさんあがっていました。一部をみてみましょう。

第4話のはじまりで、太郎先生のトラウマの原因がはっきりしました。太郎先生は悪くない!でも、辛かっただろうな・・・。

 

部室がもらえたわかばたち。ものすごく汚いお部屋でしたが。そこで、チアダンスの福井大会出場がまず第一の目標になりました。

 

わかばの頰についたペンキを取ってくれている春馬 。こういうの、いいですよね。キュン!でも、この場面のあとは、またまた青春的でした。次の画像をご覧ください。

 

わかばと春馬の仲の良い様子を見た汐里は、春馬に向かって、めっちゃ積極的なアピールをしました。こんな可愛い子にこんなこと言われたら、すぐに落ちゃう!

 

麻子委員長の特別講義なら、立候補者多数になること間違いなし。

 

チアダンス部揃いの衣装ができた場面。かわいい衣装に、熱いやる気が込められていました。

 

ついキツイ口調になってしまう汐里と、それについていけない部員たちの間で、喧嘩勃発。その時のわかばの一言が、「お腹すいた」でした。なかなか言えないですよね。

 

妙子の自宅の中華料理屋でお腹を満たしたわかばたち。ここで、わかばが部長になると決まります。チアダンス部のメンバーは、決意新たに気持ちをひとつに。

 

 

 

 

大会での大失敗に落ち込み、やる気をなくした部員たちに、心のこもった言葉をかけた太郎。感動しました!

 

太郎先生の用意した「夢ノート」。すぐにできそうな小さな夢から、大きな夢まで書いていくという、ステキなノートです。チアダンス部が一丸となったこの時に始動しました。

 

『チアダン 』第3話も、もう、「青春」の一言しか出てきません!わかばたちチアダンス部員が、泣いたり笑ったり、喧嘩したり、試合で大失敗したりと、そのめまぐるしい展開にハラハラドキドキワクワクしっぱなしでした。

その中で、なんと言っても素敵だったのは、試合での失敗に落ち込み、解散してしまいそうな部員たち一人一人にかけた、顧問・太郎の言葉です。自分に言われたかのように心に響き、これからも頑張ろうなんて思ってしまうほどでした。きっと、太郎先生のファンが倍増したと思います。

第4話では、チアダンス部に新たな問題がおこり、またハラハラさせられそうです。でも、だからこそ早く観たい!

 

第3話のネタバレ

藤谷わかば(土屋太鳳)は朝目を覚ますとそのまま学校へ走った。教室に誰もいないことで、今日から夏休みという事を思い出す。

階段で漆戸太郎(オダギリジョー)と会った。部室は無いか尋ねたわかばに、太郎は、あると言えばあるけど・・・と言いかけた。わかばはすかさず、汐里(石井杏奈)に、部室が見つかったと電話をかけた。

その後、元はマーチング部が使っていたというその部屋を訪れたチアダンス部メンバー8人は、あまりの汚さに驚いた。ずっと使われていない学校の道具や楽器が散らかり、ほこりやクモの巣だらけ。

「ここで練習は無理」などと言うメンバー達に、「じゃ掃除しよう」と促したわかば。メンバー達は、部室の掃除にとりかかり、3日かかってやっと、部室兼練習場所が確保できた。

一方、太郎は、前の学校でテニス部の生徒の夢をかなえるために厳しく接していた。しかし、それが原因で生徒はケガをし、その責任を負わされた。そして、パワハラ教師のレッテルを張られたのだった。

そのトラウマを持つ太郎は、今回チアダンス部のメンバーを同じ目に合わせないか自信がないと校長・蒲生駒子(阿川佐和子)に言った。校長は、「彼女たちを信じる事が出来ないのね?」言うのだった。

一方綺麗に片付いた部室でメンバーがご飯を食べていると、汐里がポスターとペンキを持ってやって来た。

それは、チアダンスの福井県大会のポスターだった。
9月1日にある大会にRocketsで出場すると言った。部員たちは、「え?大会?」「まだ基礎練しかしてないのに・・・」「福井県大会って言うと、JETSも出るんでしょ?」と不安を口にする。しかし、汐里は「全米制覇が目標だから、福井で勝てなかったら全米にも行けない」と言う。やるだけやってみようというわかばの言葉にメンバーも賛同した。

その後、持ってきたペンキで、部室の壁に、  「打倒JETS!」と汐里が書き、その後、部室の壁中にメンバーが想い想いの言葉を書いた。

その日の帰り、野球部を眺めている椿山春馬(清水尋也)を見かけたわかば。投手の春馬はデットボールを与えてから、ボールを投げるのが怖くなっていた。わかばは、少し休めばまた投げれるようになると声をかける。

その時、わかばの頰に着いたペンキに気づいた春馬が拭いとっていると、汐里が駆けつけて、二人にむかって、本当に幼馴染なだけかと確認。ふたりがうなずきのをみて、「春馬君の隣予約した。私、春馬君と付き合うから」と言って、去って行った。春馬は、「おもしろい子だな」と、まんざらでもない様子。

その日の夜、太郎が帰宅すると、リビングでテレビを見ながら、チアダンスをしている、妻・今日子(松本若菜)と息子の 大和(高村佳偉人)の姿があった。太郎が顧問をするという事で、二人で勉強していたのだった。

そして、JETSの監督(天海祐希)が書いた本を太郎に見せた。JETSのメンバーは夢ノートを書いていたというページを見せる今日子。一番大きい目標を書き、その為に一年後、一か月後、一週間後、毎日と、達成できる目標を日々書いていくというものだった。

次の日、汐里とわかばが練習のために登校していた。振り付け考えて来たという汐里に、「早く踊りたい!!」と言うわかば。

しかし、わかばは先生に呼び止められ、強制的に補修に参加しなければいけなくなった。

練習初日、時間に遅れてきた橘 穂華(箭内夢菜)と蓮見琴(志田彩良)が、見た光景は、汐里と柴田茉希(山本舞香)の二人しかいない光景だった。「他のメンバーは?」と問うふたりに、わかばは補修、桜沢麻子(佐久間由衣)は塾、栗原 渚(朝比奈 彩)は陸上の練習、榎木妙子(大友花恋)は店の手伝い。と、汐里はこたえた。

一方、職員室にいる太郎先生は、それぞれのメンバーの夢ノートを作っていた。

補修が終わったわかばが部室に行くと、汐里と渚が言い合いをしていた。「初日から時間通りに来ないなら全米は絶対無理!」と憤る汐里。

わかばが何とかなだめていると、太郎が夢ノートを持ってやって来た。

夢ノートの説明をするが、JETSがやっていたと知ったメンバーは受け入れようとしない。
太郎はそっと、部室の棚に夢ノートを置いたのだった。

相変わらず補修を受けるわかば。60点以上で合格だが、この日のわかばの点数は24点。その帰り、麻子が「私が特別講義してあげる」と言い、英語を教えてもらう事となった。

麻子の家で英語を習うわかば。その時、麻子が「汐里は全て一人でやってるから、余裕がなく空回りしている。わかばが部長をやったら?」と言う。

次の日、わかばは麻子のおかげで61点を取り、無事英語の補修も終了した。

部室のメンバーの元に、柳沢勇記(八木莉可子)がRocketsのTシャツを作って持ってきた。大喜びしたメンバーは、、新しいTシャツを着て練習をはじめる。

しかし、汐里の言い方が厳しい為にメンバーが喧嘩がはじまり、つかみ合いに。止めに入ろうとしたわかばは押されて倒れてしまう。その時わかばの、「あーーー!!」という大声に、けんかしていたメンバーが一斉に振り向く。
わかばは「お腹すいたーーーーーーーー」と一言。

その夜メンバーで妙子の中華料理店でご飯を食べていた。その席で、わかばが部長になる事が決まった。これからも頑張ろうと決意を新たにするメンバー。

そして、チアダンス福井県大会当日。他の高校の演技のレベルの高さに緊張が高まるメンバー達。麻子は緊張のあまりトイレへ駆け込んでいた。そして、JETSの圧巻の演技を見たRocketsのメンバーはあっけにとられるのだった。

その次がRocketsの番。緊張の中、いよいよステージが始まった。演技を間違えたり、体系が乱れたりで、ぶつかりまくるメンバー達。
会場にはそのたびに笑いが起きる。見るも無残な散々なステージだった。

大会終了後、落ち込む8人。「全米制覇なんて全然無理や」「めっちゃ恥かいた」「私らがJETSに勝つなんて絶対無理だったんだ」と言って、立ち上がり帰ろうとするメンバー。

汐里とわかばは、太郎に「先生いままで付き合ってくれてありがとう。無駄な時間使わせて悪かったの」と頭を下げ去ろうとする。

「本当にそれで良いんか?」太郎はメンバーに問いかけた。初めて太郎が、本音の言葉でメンバーに向き合った瞬間だった。太郎は、チアダンス部顧問として、一人ひとりにアドバイスの言葉をかける。実は、黙ってメンバー一人一人の事を見ていたのだった。

「俺は、私なんかという言葉がどうしても許せない。お前たち、本当にあきらめていいのか?失敗してもいいじゃないか。そんなこと気にするな。夢にたどり着くにはどん底から這い上がればいい。だから目の前の失敗から逃げちゃだめだ。」と言い、余計な事を言ったか?悪かったのと続けると、太郎は涙をぬぐいながら立ち去った。

太郎の言葉を噛み締め、無言のまま悔しさをにじませる8人。

その日の夜、夜ご飯を食べながら、悔しさが込み上げ涙を流すわかば。いてもたってもいられなくなったわかばは、食事の途中で急に立ち上がり、学校へと走り出した。

部室に着くと、太郎が置いてくれてた、夢ノートを取り出し、そこに、「打倒JETS!全米制覇!」とマジックででかでかと書いた。

そこに汐里も現れた。同じく汐里も夢ノートに書き始めた。次々と集まるメンバー達。結局全員悔しくて、夢ノートを書く。

メンバー8人は、絶対こんな所で終わらないと誓いあうのだった。

第3話おわり

 

ドラマ「チアダン」第4話あらすじや感想とネタバレ

 

第4話あらすじ

部長になったわかば(土屋太鳳)率いる西高校チアダンス部ROCKETS。初大会となるチアダンス福井大会は散々な結果だったが、顧問・太郎(オダギリジョー)の一喝で心が一つになったわかばたちチアダンス部の8人。新学期を迎え、さらに勇往邁進!と思った矢先、わかばが所属していた望(堀田真由)率いるチアリーダー部たちによる嫌がらせで学校の壁中にROCKETSに対する悪意ある張り紙が貼られていた。今は無理でも、いつかは分かってくれるという思いで黙々と張り紙をはがすわかばだったが…。
 その一方で、自分たちのダメさに気付き始めたROCKETSの8人。校長・駒子(阿川佐和子)の配慮もあり、中央高校チアダンス部JETSの見学をさせてもらえることに。覇気のある挨拶で出迎えたのは現JETSのセンターであり、わかばの姉・あおい(新木優子)の後輩・月子(小倉優香)ほかJETSメンバーたち。JETSの練習に圧倒されたROCKETSは、JETSのまねをする“JETSごっこ”をしてみることに!そんな中、ROCKETSに福井商店街からゲスト出演の依頼が――。
 さらに、対立しているチアリーダー部に所属している1年生の芙美(伊原六花)がベンチに一人でいるところを見つけたわかばは、自分たちが踊る商店街のお祭りを見に来てほしいと伝える。

 

第4話の反応や期待の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

ドラマ「チアダン 」第3話も、チアダンス部員たちがいろいろな問題にぶつかりながら、少しずつ、でも確実に前に進んでいくところが素敵でしたね。

4話では、伊原六花さんが登場し、チアダンス部に今までとはちがう問題もでてくるようです。また、新たな感動とハラハラ感を感じさせてもらえそうです。楽しみですね。

 

第4話の展開予想

「チアダン 」第4話は、新学期が始まり、部長・藤谷わかば(土屋太鳳)率いるチアダンス部が、本格的に始動するようです。いちばん始めに努力するのは、チアリーダー部員たちのいやがらせに耐えること。辛い中でもチアダンスへの情熱を持ち続ける部員たちに、次に起こる出来事が、JETSの練習見学。もうひとつが、福井商店街からのお祭りのゲスト出演の依頼です。

この展開を見ただけで、ROCKETSの成長がみえるようですね。しかも、チアリーダー部の芙美(伊原六花)に、わかばが商店街のお祭りを見に来てくれるよう話すとありますので、間違いなく、次のROCKETSメンバーは芙美で、JETSの練習見学したことで、ますますやる気に火がついた部員たちと共に、チアダンスを頑張ることになると予想します。またまた、ますます、青春ドラマ感満載の回になることでしょう。

 

第4話の感想とネタバレ

 

第4話の感想

ネットには「チアダン」第4話への感想の声がたくさんあがっていました。

チアリーダー部員たちから、嫌がらせを受けたわかばたち。怒らずに「いつかはわかってもらえる」というわかばはとても大人でした。

 

JETSの練習を見学に行くわかばたちチアダンス部員。大きな声でのあいさつ、きびきびとした動き、工夫された練習方法、すべてに圧倒されます。この事がきっかけで、わかばたちのJETSごっこがはじまり、部として成長していくのです。

 

芙美の心の支えの曲がブルーハーツの「人にやさしく」でした。本当に素敵な曲ですよね。

 

チアリーダー部にもう来なくていいと言われ、落ち込む芙美の話を聞くわかば。チアダンス部の9人目の部員になるか!?

 

部員とケンカして練習に来なくなった茉希と話す汐里。茉希の過去を聞いた汐里は、あたたかい言葉をかけていました。こんなふうに言われたら、かたくなっていた心も解けると思います。

 

 

ブルーハーツの名曲に合わせて踊るRockets。歌詞の内容とチアダンススピリットが完全にマッチしていて、感動しました。

 

 

 

ゲスト出演した町内のお祭りで、部員同士のケンカなどを乗り越え、いつの間にこんなに上達したの!!と、驚くほどのダンスを見せたRocketsメンバー。このダンスを観ただけでも涙してしまったのですが、茉希が徐々に心を開いていくところや、Rocketsのダンスをみて何かを感じ、前向きな行動をし始めた春馬や芙美の姿に、青春ドラマの王道とはいえ、やっぱり感動しました。

第5話では、4話でもはじまっていたチアリーダー部からの嫌がらせがエスカレートするようです。犯人のところへ、わかばはひとり乗り込んでいくのですが・・・。また感動するに違いない第5話、早く観たいですね。

 

第4話のネタバレ

 

スポンサーリンク

ドラマ「チアダン」第4話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

ドラマ『チアダン』第4話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、第4話の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • Paravi (パラビ)のお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る
  • dTVのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

TBSオンデマンド 動画はコチラ
Tver  動画はコチラ

 

まずは、ドラマ『チアダン』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、ドラマ『チアダン』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

ドラマ『チアダン』の第4話を公式で無料視聴できるのは、2018年8月10日21:59までとなっています。

 

TVer

無料動画配信で有名な、主に民法のTV番組を扱うTVerでもドラマ『チアダン』の見逃し配信が行われています。

こちらも、ドラマ『チアダン』の配信は最新話に限られております。

無料動画TVerでのドラマ『チアダン』の見逃し配信は、コチラから。

 

Paravi (パラビ)

2018年4月1日スタートしたTBS×日経×テレビ東京×WOWOWが共同運営する新しい動画配信サービスです。

TBS・テレビ東京の新作ドラマ・バラエティ・アニメ・経済ニュース・ドキュメンタリーなどのキャッチアップ配信(見逃し配信)しています。

月額925円(税込999円)のベーシックプランは一部レンタル配信していますが見放題となっており

特にTBS作品の最新作の見放題(準最新作)はここでしか行われておらず見放題独占配信となっています。

月額925円(税込999円)のベーシックプランは、入会時と月に一度、お好きなコンテンツのレンタル対象の動画を視聴するのに必要な「Paravi優待チケット」を300円分貰えます。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

無料体験期間中は「Paravi優待チケット」は付与されません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

ドラマ『チアダン』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、第4話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

dTV

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

もともとは、docomoユーザーのためのサービスでしたが、2014年4月からは誰でも契約できるようになっています。

月額500円と見放題サービスの中で圧倒的な安さを誇り、動画数も12万本と充実しているのが魅力です。

dTVには、31日間の無料お試し期間があり、期間内に解約した場合、一切料金がかかりません。

 

ドラマ「チアダン」第4話ネタバレ感想とあらすじまとめ

 

2018年7月の金曜ドラマ『チアダン』。どこにでもいる平凡な女子高生が「打倒JETS!全米制覇」という、できるわけないような夢に向かって、教師に支えられながら、共に成長していくという、すべての人たちへ本気のエールを送る内容となっています。

主演の土屋太鳳をはじめ、若手注目女優もたくさん出演している『チアダン』は、この夏最も熱いドラマと言えるでしょう。

本記事では、ドラマ『チアダン』のネタバレと感想を各話数ごとに詳細に最終回まで追いかけていきますので、ぜひ、ご期待ください。

チアダン視聴率速報と一覧!初回(1話)最終回まで随時更新

2018.07.14

チアダン(ドラマ)と映画ネタバレ感想!最終回まで随時更新【土屋太鳳主演ドラマ】

2018.07.13

チアダン(ドラマ)動画を無料で見逃し視聴!PandoraとDailymotionも【土屋太鳳主演ドラマ】

2018.07.13

「チア☆ダン」のキャストやロケ地!相関図や主題歌の紹介

2018.01.30

スポンサーリンク