コンフィデンスマンJP最終回(第10話)第9話ネタバレ感想やあらすじの紹介

2018年春4月9日にスタートするフジテレビ系列月曜9時枠で始まるのは、長澤まさみさん主演のドラマ『コンフィデンスマンJP』です。好調だった前作ドラマ「コードブルー3」に続けるかが注目されています。

『コンフィデンスマンJP』の脚本は映画『ALWAYS 三丁目の夕日』、『リーガルハイ』シリーズ等を手掛けた古沢良太さんです。

こちらの記事ではドラマ『コンフィデンスマンJP』の第9話と次回最終回(第10話)のネタバレ感想とあらすじをまで更新していきます!

スポンサーリンク

「コンフィデンスマンJP」第9話あらすじや感想とネタバレ

 

「コンフィデンスマンJP」第9話あらすじ

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、新たな詐欺のターゲットとして、若くして億万長者となったIT企業の社長・桂公彦(小池徹平)に狙いを定める。

桂は、人気アプリ『モスモス』を開発した株式会社モスモスの代表。大のスポーツ好きでもある桂は、さまざまなプロスポーツクラブを買収してきたが、クラブを私物化し、横暴ともいえる現場介入を繰り返してチームを崩壊させては放り出していた。ダー子たちが桂をターゲットにしたのも、応援していた独立リーグの野球チームと、下部リーグに属する地元のサッカーチームを桂によって潰されたちょび髭(瀧川英次)からの要請だった。

ダー子たちは、野球界やサッカー界から締め出されている桂が次に目を付けるのはプロ化目前の卓球だと推測。鴨井ミワ(平野美宇)が所属する東京ジェッツに、ダー子とボクちゃんが扮する元中国ナショナルチームの選手が加入したという設定で、桂に買収話を売り込む。しかし桂は、その話には乗ってこなかった。

情報収集を続けていた五十嵐(小手伸也)によれば、どうやら桂はプロバスケットボールチームを狙っているらしい。そこでダー子は、ホームレス同様の生活を送っていた元日本代表候補の半原敦(和田聰宏)や、街中で見つけた外国人らを巻き込み、架空のバスケチーム『熱海チーターズ』を結成するが……。

 

第9話の反応や期待の声

 

 

 

 

 

最終回まであと少し!息切れせずにここまで来たのはすごいですね!次週も楽しみです!

 

第9話の展開予想

ビューティー編から一気にスポ根ものにチェンジ!ふり幅がすごいですね。最終回も見えてきました。次回ゲストは小池徹平さん。爽やかな役かと思いきや悪い役みたいです!話題も多いのでそろそろ視聴率にも反映されるのではないでしょうか。

 

第9話の感想やネタバレ

 

第9話の感想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第9話のネタバレ

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、知人のちょび髭(瀧川英次)からベンチャー企業社長・桂公彦(小池徹平)を標的にしたいとの相談を受ける。

若くして億万長者となったIT企業の社長・桂は人気アプリ【モスモス】を開発した株式会社モスモス代表。大のスポーツ好きでもある桂は、さまざまなプロスポーツクラブを買収してクラブを私物化した上でチームを崩壊させては放り出していた。自分が応援する独立リーグの野球チームと下部リーグのサッカーチームを桂が買収してボロボロにして放り出したと話すちょび髭は怒りをあらわにする。妻に浮気されて離婚した桂は選手に対する暴言も有名だと話すボクちゃん。

野球界やサッカー界から締め出されている桂が次に目を付けるのはプロ化目前の卓球だと推測するダー子は卓球台を用意。リチャードは強豪選手の鴨井ミワ(平野美宇)が所属する東京ジェッツを推奨する。

ダー子は、さっそく東京ジェッツの売り込みを画策。鴨井の他にさらなる強力な中国人選手の獲得に成功したというプランを思いつくダー子は、元・中国ナショナルチームの楊珊珊(やん・しゃんしゃん)、ボクちゃんは張彬彬(ちゃん・びんびん)に扮する。桂に買収話を売り込むちょび髭は練習場を案内。その間にリチャードは、東京ジェッツの社長をうなぎ屋へと連れ出し、ダー子とボクちゃんは、写真をすり替えることに成功。ダー子たちは準備万全だったがなぜかこの話に乗ってこない桂は立ち去った。

アジトのホテルで頭を悩ますダー子たちに桂が買収したがっているのは、プロバスケットボールチームだと告げる五十嵐(小手伸也)。熱海がホームタウンだと気合いを入れるダー子は、街中で見つけた不良たちに試合を挑むが、ボクちゃんがボコボコにされてしまう。

一方、リチャードはホームレス同様の生活を送っていた元日本代表候補の半原敦(和田聰宏)を発見する。その後、外国人らをスカウトしたダー子は架空のバスケチーム【熱海チーターズ】を結成。『全員、今日から特訓じゃ!』社長に扮するダー子は自信のないメンバーを一喝!チーターズのチラシを持って街中に出向いて桂とぶつかる。ダー子がわざと置き忘れたチラシを見て検索する桂は興味を抱く。

ダー子はチームの実績を作るために試合相手の選手たちに高額金での八百長作戦を実行。五十嵐は編集とCGを使ってチームを強豪にし、社長に扮するダー子は桂に出資を持ち込む。1年契約で2億5000万円を提示するダー子に3年契約でもいいと告げる桂。7億5000万円を目指すダー子は張り切る。

その後、熱海チーターズは全戦連敗するが、なぜか桂はメンバーを高級焼肉に連れていく。上機嫌な桂がおかしいと言うボクちゃんはダー子に理由を尋ねる。桂はダメチームが欲しかったと切り出すダー子は、節税対策できる赤字部門の事業部が欲しかった。負け続ければ、7億5000万円が入る。このまま、いい感じで負け続けてほしいと告げて立ち去る。

しかし3週間後、状況は変化。チーターズのメンバーはそれぞれが成長していた。ダー子の前にやって来て秘密兵器を使えと命じる桂。ダー子から指名された五十嵐は自信満々に登場するが、あっという間にへたばってしまう。だが、その後も試合に出場する五十嵐はなぜかファンが増加。他のメンバーたちもスポーツ新聞に掲載されるようになっていた。

ダー子にマスコミからの取材が殺到していると言うリチャードは、ボクちゃんたちは朝の6時から練習に励んでいると話す。勝つなと言い放つダー子に勝たせてやりたいと譲らないリチャード。すると、桂から電話が入った。呼びつけたダー子にピックアップした選手で行くよう命じる桂。

承諾せざるを得ないダー子はメンバーたちにほとんどが首になったと報告。その上で7億5000万円はパアになったが2億5000万円で手を打つと宣言する。しかし、お金はいらないと言う半原に賛同するメンバーたちはバスケがしたいと訴える。ボクちゃんはあと1試合させてやりたいとダー子に申し出た。

最後の試合はサンノーVSチーターズ。円陣を組んで気合いを入れるメンバーたちが試合へと向かうと、桂が現れた。全員クビだと声を上げる桂は契約違反から2億5000万円の返却を求める。すると姿を現したちょび髭が桂の前に2億5000万円を差し出した。

子供の頃からスポーツ音痴だった桂はいじめを受けて登校拒否になったことがあった。好きになる女性をスポーツマンに取られてしまう桂は結婚するも、妻がサッカー選手と浮気して離婚。

ちょび髭に調査させていた桂の過去を語るダー子はお金で支配してることで自分の人生を支配してきたスポーツに復讐していると言い放つ。

桂は単細胞の下等動物にえさを与えてやってるだけだと認めないが、ダー子とともに試合を見に行く。それぞれのメンバーたちの良さを語りながらいろんな人の希望になっていると言うダー子は本当はスポーツが大好きだと桂に告げる。

スポーツが大好きだった子供の頃を脳裏に巡らせる桂。素晴らしいチームの契約をあげると言うダー子は3年契約か、2億5000万円を持ち帰るかの選択を迫る。桂とダー子が見守る中、試合はボクちゃんのシュートで勝利。ダー子は胴上げされ、桂はオーナー契約を続行した。

2年後、半原が監督を務めるチーターズは大活躍。オーナーとして挨拶する桂は初期メンバーに感謝をしたいと答えていた。テレビで見ていたボクちゃんとリチャードは歓喜の涙を流すが寝起きのダー子はチーターズのことを忘れている。

ダー子に呆れながらも好きなスポーツを尋ねるボクちゃん。すると、ダー子の脳裏にあるスポーツが浮上!ムエタイの選手に扮するダー子は対戦相手のボクちゃんをKOして喜んでいた。

スポンサーリンク

「コンフィデンスマンJP」最終回(第10話)あらすじや感想とネタバレ

 

「コンフィデンスマンJP」最終回(第10話)あらすじ

ボクちゃん(東出昌大)は、ダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)に、もう十分稼いだのだから詐欺師稼業から足を洗うべきだと忠告し、ふたりのもとを離れる。

それから1年後、引っ越し業の仕事に就いていたボクちゃんは、新人の鉢巻秀男(佐藤隆太)と親しくなる。体が弱かった鉢巻は、親が残してくれた資産を切り崩しながら暮らしており、いままでまともに働いたことがなかったという。だが、結婚詐欺の被害に遭い、すべてを失ってしまったらしい。

6カ月前、結婚相談所に登録した鉢巻は、紹介された早苗という女性と意気投合し、結婚の約束をした。だが早苗は、両親の借金を理由に結婚できなくなったと言い出したらしい。鉢巻は、迷わず全財産の3000万円を早苗に貸したが、その直後から彼女と連絡が取れなくなり、結婚相談所もなくなっていたのだという。

鉢巻が描いた早苗と結婚相談所の所長の似顔絵を見たボクちゃんは、それがダー子とリチャードであると確信する。 ボクちゃんは、鉢巻を引き連れてダー子のスイートルームを訪れ、真相を確かめようとする。すると、鉢巻の態度が急変し……。

 

最終回(第10話)の反応や期待の声

 

 

 

 

 

 

最終回(第10話)の展開予想

ついに最終回!今度こそだー子が騙されるんじゃないかと期待しています。むしろ全員騙されるかもしれませんね!最後まで湿っぽくならない展開を期待します!

最終回(第10話)の感想やネタバレ

 

最終回(第10話)の感想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終回(第10話)のネタバレ

ボクちゃん(東出昌大)はもうこの仕事をやめたいと言い出した。
そして、引っ越し会社に就職し1年が経過。
そこで、主任を任されたがそこで出会った鉢巻という男性(佐藤隆太)
鉢巻は結婚詐欺に遭い3000万円を失っていた。
そのことでボクちゃんは親身になって相談に乗った。
すると鉢巻が騙されたという女性とその女性を紹介した結婚相談所の所長がダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)にそっくりだった。
そこで二人の仕業に違いないと確信し、1年ぶりにダー子部屋を訪れた。

そこにはあえて鉢巻も連れてきた。 ボクちゃんはダー子とリチャードを責めるが二人は鉢巻のことを全く知らなかった。

そして、鉢巻合図で悪そうな連中が部屋になだれ込んできた。
あっという間に3人は拘束された。
どうやら、ボクちゃんは騙されたようだ。

鉢巻(佐藤隆太)は「子犬」という詐欺師を探しているという。

鉢巻は中国名「孫秀男」と言いかつて新宿を仕切っていた父から15億円をだまし取ったのが「子犬」だという。
結局、その15億円を失ったせいで父は力を無くし最期は一人だったという。

その「子犬」に復讐するために情報を集めていたとこダー子達3人のことを知ったという。
ダー子が自分たちの情報をどこから仕入れたのかと聞くが鉢巻は中国マフィアとして世界中にあらゆるコネクションがあると言い、五十嵐(小手伸也)もその一人だと言った。
その証拠に電話で五十嵐が3人に「すまない」と謝った。

そして、鉢巻(佐藤隆太)は子犬の正体を更に追求するがそれでも3人は自分たちではないと言った。
鉢巻は詐欺師は嘘だらけ、どれが本当の自分かもわからない。
それなら思い出させてあげるよと3人の本名「フジサワヒナコ」「ニシザキナオト」「カマタキヨシ」を口にした。

そして鉢巻はリチャードが「子犬」ではないかと思っている様子。
リチャードだけを別室に連れて行った。

鉢巻はリチャードの家族の写真を見せた。
そこには元妻、娘の様子が写されていた。

そして、ちゃんと素直に話せば命は助けると言った。
リチャードは3人の資産を集めれば15億ある、それで今回は勘弁にしてほしいというが鉢巻は「金の問題じゃない、メンツの問題だ」とリチャードの頭に銃を突き立てた。
そして、いよいよリチャードは「子犬は…..」と言った。

そして、リチャードは部屋から開放された。
次はボクちゃん(東出昌大)の番
ボクちゃんには母親がいるがかつて詐欺を働いていた母とは縁を切っていた。
しかし、鉢巻に母親は今は札幌でスナックを営んでいると教えられた。
そして ボクちゃんも「子犬は……」と言った。

最期はダー子(長澤まさみ)の番
鉢巻は「リチャードとボクちゃんが子犬はダー子だと証言した」と言った。

ダー子は親に捨てられ児童養護施設で育った。
そのことを鉢巻から追求されダー子は涙を流した。
そして、「子犬は君だね?」と聞かれるが違うと答えた。

ダー子は逆にどうして3人を殺してしまわないのかと尋ねた。
想像だけどと前置きをして「子犬がどうやって父に心を掴んだのか気になっているんじゃない?」と言った。
鉢巻は父に愛されず捨てられ、母と香港にいたが父はこの世界に妻や子供のことを愛しているがゆえに近づけさせたくないと思っていたに違いないと言った。
父は妻と息子だけを愛していた、と言った。

父の意志に反し、中国マフィア?それは父の望んだものではないと強い口調でいった。
鉢巻はその言葉に取り乱した。

そして、メモを出し「その口座に今すぐ有り金、全部振り込め」
「そうすれば手打ちにしてやる」と言った。

ボクちゃんは3億、リチャードは7億、ダー子は5億を振り込んだ。
しかし、鉢巻は手打ちにする気はなかった。
金ももらうし、命ももらうと喜んでいる。
最初からそのつもりだと言った。

そして、3人を撃った。

意気揚々と引き上げる鉢巻(佐藤隆太)たち
しかし、その途中で鉢巻の口座から全額がどこかに振り込まれたという。
口座にはダー子たちから巻き上げた金をあわせて30億あった。

実はこの騒動はダー子たちが仕組んだもの。
5年前に鉢巻の父から15億を奪ったのは確かにダー子だった。 そして、1年前にその息子が復讐を企てているという情報を得て、全てダー子達が仕組んだのだ。
引っ越し屋で会ったのも予定通り、五十嵐が引込まれたのも予定通り、3人の過去を暴かれたのも実はコチラ側が仕組んだもの。
更に鉢巻が撃った銃は五十嵐がすり替えていて銃弾の代わりに血糊がでるものだった。

結局、3人を撃って金を盗んだつもりになっていた鉢巻は自分の銀行口座を3人にばらしてしまったことになる。 そしてその銀行のパスワードは5年前にダー子が鉢巻の父に言われた「母親の誕生日」と「生まれた家の住所」ではないかと推測したが鉢巻は忠実に父の言葉を守っておりそのとおりになっていた。
そのことで3人は鉢巻の口座に入りすべての金を引き出したのだった。

そして、気がついた鉢巻たちは引き返してきたがそこにはダー子達が通報した本物の警察が来ており、鉢巻たちはそのまま逮捕された。

3人は次の仕事の相談をした。 次のターゲットは「中古車自動車チェーンの社長とホストクラブの女社長」。

第1話に戻る。

 

「コンフィデンスマンJP」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

「コンフィデンスマンJP」最終回(第10話)と第9話ネタバレ感想やあらすじの紹介まとめ

 

長澤まさみさんは11年ぶりの月9主演、東出昌大さんは月9初出演です。

大ヒット作『リーガルハイ』を手掛けた脚本家・古沢良太さんの世界観に期待しましょう!

そんな『コンフィデンスマンJP』の物語の展開を最終話まで追っていきますので、ぜひご期待ください。

スポンサーリンク