コンフィデンスマンJP第9話(第8話)ネタバレ感想やあらすじの紹介

2018年春4月9日にスタートするフジテレビ系列月曜9時枠で始まるのは、長澤まさみさん主演のドラマ『コンフィデンスマンJP』です。好調だった前作ドラマ「コードブルー3」に続けるかが注目されています。

『コンフィデンスマンJP』の脚本は映画『ALWAYS 三丁目の夕日』、『リーガルハイ』シリーズ等を手掛けた古沢良太さんです。

こちらの記事ではドラマ『コンフィデンスマンJP』の第8話と次回第9話のネタバレ感想とあらすじをまで更新していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトで「コンフィデンスマンJP」を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、『コンフィデンスマンJP』がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して無料視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスの無料期間を利用してくださいね。

 

今すぐ観るなら!FODプレミアムで「コンフィデンスマンJP」を無料視聴

 

×無料動画GYAO!
×dTVの無料お試し期間
×ビデオパスの無料お試し期間
×U-NEXTの無料お試し期間
×ビデオマーケットの無料お試し期間

 

『コンフィデンスマンJP』は上記のサイトからは残念ながら見ることができません。

公式の見逃し配信でのみ視聴が可能なようです。

視聴は「FODプレミアム」Tverでのみ可能です。

 

個人的に推奨したいのはフジテレビオンデマンド(FOD)です。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、高画質で無料動画に見られるスパイウェアや著作権侵害の問題に心配することなく安全に『コンフィデンスマンJP』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

人気ドラマや最近のドラマでは

  • コード・ブルー 3rdシーズン
  • 僕たちがやりました
  • パパ活
  • 民衆の敵
  • 刑事ゆがみ
  • セシルのもくろみ
  • きみはペット
  • 昼顔

などが見放題で配信されています。(2017年10月末現在)

その他にも過去にフジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組、アニメなど、追加料金発生することなくかなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』見逃し動画を無料で見る方法
  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので他の人気ドラマも無料視聴
  3. 『コンフィデンスマンJP』はプレミアム会員の見放題対象の作品なので追加料金無しで見放題!

※FODは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

スポンサーリンク

 

「コンフィデンスマンJP」第8話あらすじや感想とネタバレ

 

「コンフィデンスマンJP」第8話あらすじ

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は、リチャード(小日向文世)からの頼みを引き受け、元モデルで女医の美濃部ミカ(りょう)をターゲットにする。

以前リチャードは、福田ほのか(堀川杏美)が経営しているメンズエステ店に通っていた。だが、店を畳んでミカの会社に転職したほのかは、ミカから酷いパワハラを受け続けたことが原因で心身ともに病み、退職に追い込まれてしまったのだ。ほのかは、弁護士を名乗っていたリチャードに、ミカの暴言を録音したボイスレコーダーを託し、謝罪と慰謝料を求めていた。

ミカは、美容整形クリニックを開業後、『ミカアスレチック』『ミカフーズ』『ミカサロン』などさまざまな事業を立ち上げて成功を収めた総合商社『ミカブランド』の代表。その旗艦店は『ミカクリニック』だ。ミカはモデル時代に結婚、二児を設けるも離婚。事業で成功してからは育児もシッター任せにしていた。毎年、ミス・ミカブランドコンテストを主催していたが、一番目立っているのは優勝者ではなく審査委員長のミカ自身という出たがりぶりで、激高しやすい性格も社内では有名らしい。

リチャードは、ダー子のデリカシーのない発言に憤慨し、ボクちゃんとふたりだけでミカを騙そうとした。しかしミカは、ボクちゃんが考えた作戦には興味を示さなかった。そこでダー子は、フランスの老舗高級ブランドのお家騒動を利用してミカに近づこうとするが……。

 

第8話の反応や期待の声

 

 

 

 

 

 

第8話の展開予想

7話はまさかの人情ドラマ!ほっこりした展開でした。そろそろボクちゃんだけでなく、ダー子も騙されそうな気がします。2転3転しすぎて視聴者がついてこれるかどうかですが…。

 

第8話の感想やネタバレ

 

第8話の感想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回はスポ根もの!より勢いのある回になりそうですね!

 

第8話のネタバレ

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)にメンズエステ店に通っていたと話すリチャード(小日向文世)は元モデルで女医の美濃部ミカ(りょう)をターゲットにしたいと相談する。

1年前にリチャードは、福田ほのか(堀川杏美/Chubbiness)が経営するメンズエステ店に通っていたが店は閉店。リチャードから理由を尋ねられたほのかは、憧れる美濃部ミカの【ミカクリニック】に就職が決まったからだと喜んでいた。

ミカは、美容整形クリニックを開業後、【ミカアスレチック】【ミカフーズ】【ミカサロン】などさまざまな事業を立ち上げて成功を収めた総合商社【ミカブランド】の代表。

彼女の知名度は年々上がる一方で、【ミカブランド】の旗艦店のミカクリニックは今や憧れの聖地となっている。ところが、ミカに憧れを抱いていたほのかの幸せはつかの間だった。

ミカは、ぽっちゃり体形のほのかに『私の勘違いだったらゴメンナサイね。痩せなさいって言わなかったっけ?言わなかったっけ?って聞いてんの。見れば見るほど醜いブタ!ブタ田ブー子』などと、罵声の嵐。

ミカから1年間もひどいパワハラを受け、心身共に病み、退職を余儀なくされたほのかは、草刈弁護士を名乗っていたリチャードに、ミカの暴言を録音したボイスレコーダーを託し、謝罪と慰謝料を求めていたのだった。

ほのかから相談を受けたリチャードは、ダー子とボクちゃんに協力を仰ぎ、ミカに仕返しをすることを決意するが、『ちょいブス』と言うダー子のデリカシーのない発言に憤慨。

ボクちゃんとふたりだけでミカを騙そうと作戦会議を練るリチャードはミカの経歴を語り出す。ミカはモデル時代に結婚、二児を設けるも離婚。事業で成功してからは育児もシッター任せにしていた。

毎年、ミス・ミカブランドコンテストを主催していたが、一番目立っているのは優勝者ではなく審査委員長のミカ自身で、しかも激高しやすい性格は社内でも有名だ。

さっそく、韓国のヒップホップグループ防弾少年団のパクジミンを思わせるボクちゃんが扮したのは“パクジロウ”男性用コスメ事業を立ち上げたと話すボクちゃんはミカに出資を持ちかけるが、興味がないミカは断る。

撃沈したボクちゃんに顔がばれたから今回は出番がないと言うダー子は、フランスの老舗高級ブランド【シャルパンティエ】のお家騒動を利用してミカに接近しようとする。セリーヌに扮するダー子はミカの会社まで足を運ぶがなぜだか会わずにアジトへと戻ってくる。

ミカの本質を理解するダー子は、山形弁を話す大沼秀子(おおぬま・ひでこ)に七変化。街中でスカウトされる秀子(ダー子)はミカが主催する化粧品通販番組のモデルとして出演する。

今年で40歳だと言う秀子(ダー子)の美肌を見て目が輝くミカは本気でメイク。番組終了後に秀子は控室に【弁天水】を置いて帰る。

それを見つけて興味を示すミカはネットで【弁天水 山形県】と検索。そこでミカは山形県に伝わる美人村という都市伝説の本を発見する。同じ頃、ダー子はアジトで大勢の子猫ちゃんを面接していた。

弁天水に食いついたミカは都市伝説の本の【ヤモリ出版】を訪れる。すると本を書いたという五十嵐(小手伸也)が猫の目八郎に扮して現れた。弁天水のことを尋ねるミカに美人村は【来名田村】だと答える五十嵐はミカを連れて山形県へと向かう。

来名田村のお茶屋さんに入る五十嵐は都市伝説のことを語り始める。その昔、村にはおくに(ダー子)という美人がいた。殿様がおくにを嫁にとやって来たが、村の男たちは使者を殺してしまい、打首になってしまう。おくには自分の美しさを呪うがあまり、井戸に身を投げた。それ以来、その井戸の水を使えば綺麗になれると語り終えた。

すると、役場の職員・吉宮に扮するリチャードが現れる。そして、お茶屋にはダー子が雇った美肌の子猫ちゃんたちで溢れていた。

その光景を目の当たりにしたミカは秀子に会わしてほしいと吉宮に申し出る。そしてお金の入った封筒を差し出す。店を出た吉宮がミカを連れて秀子を待っていると、秀子が帰ってきた。

ミカから弁天水の作り方を尋ねられた秀子は甕つぼから水を汲んで渡す。母が死んでから祖母に教えてもらったと言う秀子は売ってほしいと申し出るミカに村から出してはいけない掟があると告げる。

ミカは相応しい金額で買うと食い下がるが、簡単に売れないと言う秀子は譲らない。すると、リチャードは東京に行って戻って来ない息子のあきおのことを持ち出した。

たちまち泣き出す秀子は『帰ってけろ』と言い放ち、部屋を出て行ってしまう。しかし隣の蔵の中に飛び込む秀子は上から覗き込むボクちゃんを見てケロッとする。

弁天水には歴史があると言うミカに土地も山も大沼家のものだが、固定資産税を滞納していると話す吉宮。五十嵐は滞納額が3億円くらいだと吹き込む。

ダー子にミカの本質を教えてほしいと言うボクちゃん。女にとって美は呪いみたいなものだと話すダー子は『現実と心中する覚悟を決めたのがミカ。美のアスリートのミカは山ごと3億円で買うと申し出てくる』と自信満々に答える。

するとダー子の予想通りミカはやって来たが、来週に開催される【ミス・ミカブランドコンテスト】への出場を促すだけで、買収の詰めの話しはなかった。

拍子抜けするダー子はコンテストに出場。秀子のキャラクターとは違い、テンションを上げてしまうが優勝する。

ダー子に全員一致だった言うミカはあの化粧水で世界中の人を綺麗にしてあげたいと話す。そして、理由を尋ねるダー子に美に対する思いを語り始める。

ミカは6歳の時に母親が事故に遭い、顔に大やけどを負ってしまった。やがて、母の見た目を恥じるようになった父は外に女を作った。それ以来、人付き合いをしなくなった母は仕事も見つからず、苦労して亡くなったのだった。

世界中の母みたいな人を救いたかったと言うミカは、ダー子に同じ思いになったら電話をほしい。お金はいくらでも出すと告げて立ち去る。ダー子は釣り上げたと喜ぶが、ミカの話しを聞いていたボクちゃんとリチャードはテンションが下がっていた。

アジトに戻ったダー子に五十嵐が週刊誌を持ってきた。そこにはミカの暴言をはじめとする告発に暴力や男を寝取ったことなどを盛ったスキャンダル記事が一面に掲載されていた。

週刊誌にミカのことを売ったのは他でもないほのかだった。他の弁護士に依頼して出版社から50万円、土下座をさせたミカから100万円の慰謝料を取ったほのかは大喜び。

ミカはスキャンダルで辞任することになる。ダー子は新社長に弁天水を売り込もうとするが、価値がないと判断され、弁天水の話は白紙になってしまう。

半年後、とある団地にミカの様子を見に行ったダー子たち。すると、2人の息子に弁当を手渡すミカは生えているよもぎを採取。ミカは近所の奥さんたちによもぎでいいサプリができると微笑んでいた。

 

「コンフィデンスマンJP」第9話あらすじや感想とネタバレ

 

「コンフィデンスマンJP」第9話あらすじ

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、新たな詐欺のターゲットとして、若くして億万長者となったIT企業の社長・桂公彦(小池徹平)に狙いを定める。

桂は、人気アプリ『モスモス』を開発した株式会社モスモスの代表。大のスポーツ好きでもある桂は、さまざまなプロスポーツクラブを買収してきたが、クラブを私物化し、横暴ともいえる現場介入を繰り返してチームを崩壊させては放り出していた。ダー子たちが桂をターゲットにしたのも、応援していた独立リーグの野球チームと、下部リーグに属する地元のサッカーチームを桂によって潰されたちょび髭(瀧川英次)からの要請だった。

ダー子たちは、野球界やサッカー界から締め出されている桂が次に目を付けるのはプロ化目前の卓球だと推測。鴨井ミワ(平野美宇)が所属する東京ジェッツに、ダー子とボクちゃんが扮する元中国ナショナルチームの選手が加入したという設定で、桂に買収話を売り込む。しかし桂は、その話には乗ってこなかった。

情報収集を続けていた五十嵐(小手伸也)によれば、どうやら桂はプロバスケットボールチームを狙っているらしい。そこでダー子は、ホームレス同様の生活を送っていた元日本代表候補の半原敦(和田聰宏)や、街中で見つけた外国人らを巻き込み、架空のバスケチーム『熱海チーターズ』を結成するが……。

 

第9話の反応や期待の声

 

 

 

 

 

最終回まであと少し!息切れせずにここまで来たのはすごいですね!次週も楽しみです!

 

第9話の展開予想

ビューティー編から一気にスポ根ものにチェンジ!ふり幅がすごいですね。最終回も見えてきました。次回ゲストは小池徹平さん。爽やかな役かと思いきや悪い役みたいです!話題も多いのでそろそろ視聴率にも反映されるのではないでしょうか。

 

第9話の感想やネタバレ

 

第9話の感想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第9話のネタバレ

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、知人のちょび髭(瀧川英次)からベンチャー企業社長・桂公彦(小池徹平)を標的にしたいとの相談を受ける。

若くして億万長者となったIT企業の社長・桂は人気アプリ【モスモス】を開発した株式会社モスモス代表。大のスポーツ好きでもある桂は、さまざまなプロスポーツクラブを買収してクラブを私物化した上でチームを崩壊させては放り出していた。自分が応援する独立リーグの野球チームと下部リーグのサッカーチームを桂が買収してボロボロにして放り出したと話すちょび髭は怒りをあらわにする。妻に浮気されて離婚した桂は選手に対する暴言も有名だと話すボクちゃん。

野球界やサッカー界から締め出されている桂が次に目を付けるのはプロ化目前の卓球だと推測するダー子は卓球台を用意。リチャードは強豪選手の鴨井ミワ(平野美宇)が所属する東京ジェッツを推奨する。

ダー子は、さっそく東京ジェッツの売り込みを画策。鴨井の他にさらなる強力な中国人選手の獲得に成功したというプランを思いつくダー子は、元・中国ナショナルチームの楊珊珊(やん・しゃんしゃん)、ボクちゃんは張彬彬(ちゃん・びんびん)に扮する。桂に買収話を売り込むちょび髭は練習場を案内。その間にリチャードは、東京ジェッツの社長をうなぎ屋へと連れ出し、ダー子とボクちゃんは、写真をすり替えることに成功。ダー子たちは準備万全だったがなぜかこの話に乗ってこない桂は立ち去った。

アジトのホテルで頭を悩ますダー子たちに桂が買収したがっているのは、プロバスケットボールチームだと告げる五十嵐(小手伸也)。熱海がホームタウンだと気合いを入れるダー子は、街中で見つけた不良たちに試合を挑むが、ボクちゃんがボコボコにされてしまう。

一方、リチャードはホームレス同様の生活を送っていた元日本代表候補の半原敦(和田聰宏)を発見する。その後、外国人らをスカウトしたダー子は架空のバスケチーム【熱海チーターズ】を結成。『全員、今日から特訓じゃ!』社長に扮するダー子は自信のないメンバーを一喝!チーターズのチラシを持って街中に出向いて桂とぶつかる。ダー子がわざと置き忘れたチラシを見て検索する桂は興味を抱く。

ダー子はチームの実績を作るために試合相手の選手たちに高額金での八百長作戦を実行。五十嵐は編集とCGを使ってチームを強豪にし、社長に扮するダー子は桂に出資を持ち込む。1年契約で2億5000万円を提示するダー子に3年契約でもいいと告げる桂。7億5000万円を目指すダー子は張り切る。

その後、熱海チーターズは全戦連敗するが、なぜか桂はメンバーを高級焼肉に連れていく。上機嫌な桂がおかしいと言うボクちゃんはダー子に理由を尋ねる。桂はダメチームが欲しかったと切り出すダー子は、節税対策できる赤字部門の事業部が欲しかった。負け続ければ、7億5000万円が入る。このまま、いい感じで負け続けてほしいと告げて立ち去る。

しかし3週間後、状況は変化。チーターズのメンバーはそれぞれが成長していた。ダー子の前にやって来て秘密兵器を使えと命じる桂。ダー子から指名された五十嵐は自信満々に登場するが、あっという間にへたばってしまう。だが、その後も試合に出場する五十嵐はなぜかファンが増加。他のメンバーたちもスポーツ新聞に掲載されるようになっていた。

ダー子にマスコミからの取材が殺到していると言うリチャードは、ボクちゃんたちは朝の6時から練習に励んでいると話す。勝つなと言い放つダー子に勝たせてやりたいと譲らないリチャード。すると、桂から電話が入った。呼びつけたダー子にピックアップした選手で行くよう命じる桂。

承諾せざるを得ないダー子はメンバーたちにほとんどが首になったと報告。その上で7億5000万円はパアになったが2億5000万円で手を打つと宣言する。しかし、お金はいらないと言う半原に賛同するメンバーたちはバスケがしたいと訴える。ボクちゃんはあと1試合させてやりたいとダー子に申し出た。

最後の試合はサンノーVSチーターズ。円陣を組んで気合いを入れるメンバーたちが試合へと向かうと、桂が現れた。全員クビだと声を上げる桂は契約違反から2億5000万円の返却を求める。すると姿を現したちょび髭が桂の前に2億5000万円を差し出した。

子供の頃からスポーツ音痴だった桂はいじめを受けて登校拒否になったことがあった。好きになる女性をスポーツマンに取られてしまう桂は結婚するも、妻がサッカー選手と浮気して離婚。

ちょび髭に調査させていた桂の過去を語るダー子はお金で支配してることで自分の人生を支配してきたスポーツに復讐していると言い放つ。

桂は単細胞の下等動物にえさを与えてやってるだけだと認めないが、ダー子とともに試合を見に行く。それぞれのメンバーたちの良さを語りながらいろんな人の希望になっていると言うダー子は本当はスポーツが大好きだと桂に告げる。

スポーツが大好きだった子供の頃を脳裏に巡らせる桂。素晴らしいチームの契約をあげると言うダー子は3年契約か、2億5000万円を持ち帰るかの選択を迫る。桂とダー子が見守る中、試合はボクちゃんのシュートで勝利。ダー子は胴上げされ、桂はオーナー契約を続行した。

2年後、半原が監督を務めるチーターズは大活躍。オーナーとして挨拶する桂は初期メンバーに感謝をしたいと答えていた。テレビで見ていたボクちゃんとリチャードは歓喜の涙を流すが寝起きのダー子はチーターズのことを忘れている。

ダー子に呆れながらも好きなスポーツを尋ねるボクちゃん。すると、ダー子の脳裏にあるスポーツが浮上!ムエタイの選手に扮するダー子は対戦相手のボクちゃんをKOして喜んでいた。

 

「コンフィデンスマンJP」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

『コンフィデンスマンJP』を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

最新話の放送から次回の放送日までの1週間以内ならTverやFOD(フジテレビオンデマンド)で誰でも完全無料で視聴できます!

 

公式の見逃し配信

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

FODプレミアム 動画はコチラ
Tver 動画はコチラ

 

『コンフィデンスマンJP』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式のひとつはFODプレミアムです。

ただし、ドラマ『コンフィデンスマンJP』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

 

FODプレミアムにYahoo!IDを使って登録

個人的に推奨したいのはフジテレビオンデマンド(FOD)です。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、高画質で無料動画に見られるスパイウェアや著作権侵害の問題に心配することなく安全に『コンフィデンスマンJP』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

 

こちらからFODプレミアムにYahoo!IDを使って登録する。
⇒ FODプレミアムに無料登録

 

31日間、『コンフィデンスマンJP』全話を無料視聴することができるようになります!

人気ドラマや最近のドラマでは

  • コード・ブルー 3rdシーズン
  • 僕たちがやりました
  • パパ活
  • 民衆の敵
  • 刑事ゆがみ
  • セシルのもくろみ
  • きみはペット
  • 昼顔

などが見放題で配信されています。(2017年10月末現在)

その他にも過去にフジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組、アニメなど、追加料金発生することなくかなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

↓31日間無料視聴の登録はこちら↓

※FODは31日以内に解約すればお金は一切かかりません!

 

「コンフィデンスマンJP」第9話(第8話)ネタバレ感想やあらすじの紹介まとめ

 

長澤まさみさんは11年ぶりの月9主演、東出昌大さんは月9初出演です。

大ヒット作『リーガルハイ』を手掛けた脚本家・古沢良太さんの世界観に期待しましょう!

そんな『コンフィデンスマンJP』の物語の展開を最終話まで追っていきますので、ぜひご期待ください。

スポンサーリンク

ドラマ『コンフィデンスマンJP』見逃し動画を無料で見る方法
  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので他の人気ドラマも無料視聴
  3. 『コンフィデンスマンJP』はプレミアム会員の見放題対象の作品なので追加料金無しで見放題!

※FODは31日以内に解約すればお金は一切かかりません