dele(ディーリー)最終回(第8話)(7話)ネタバレ感想とあらすじの紹介【山田孝之・菅田将暉W主演ドラマ】

2018年7月夏ドラマ、「金曜ナイトドラマ」枠は山田孝之さん×菅田将暉さんW主演の、ドラマ『dele(ディーリー)』が2018年7月27日スタートです!

完全オリジナルドラマの原案・脚本に初挑戦するのはベストセラー作家・本多孝好さんです。脚本には、その他、『相棒』シリーズの徳永 富彦さん、『進撃の巨人』や『GANTS』の渡辺 雄介さんなど、名だたる面々が多数参加しています。

デジタル化が浸透してきた現代において、突然死んでしまったら・・・。その後に残された、デジタル遺品・・・見られたくないデータを削除(=dele)する職業を描く、今までにない、そしてタイムリーな物語です。

こちらの記事では2018年4月春ドラマ、金曜ナイトドラマ『dele(ディーリー)』のネタバレ感想とあらすじを第7話と最終回(第8話)まで更新していきます!

スポンサーリンク

「dele(ディーリー)」第7話あらすじや感想とネタバレ

 

第7話あらすじ

依頼人・笹本隆(西ヶ谷帆澄)の死亡確認を取った真柴祐太郎(菅田将暉)が「dele. LIFE」に帰ってきた。死後に削除するよう依頼されていたファイルを、すぐさま消そうとする坂上圭司(山田孝之)。ところが、圭司の姉で弁護士の坂上舞(麻生久美子)は、隆がある男の息子だと察知し、顔色を変える。その男とは死刑囚・笹本清一(塚本晋也)。8年前にバザー会場でジュースに毒物を混入し、死者4名を出した罪で逮捕されるも、無実を主張し続けている男だった! 削除指定ファイルはこの事件に関するものかもしれない――そう考えた舞は、圭司に中身を見せるよう要請。すると、笹本が毒物を入れたとされる日時に、別の男が不審な粉末をウォータークーラーに投入する映像が出てくる!

 この映像があれば死刑判決を覆せるかもしれない、と考える舞。だが、圭司は証拠として提出するのは契約違反だと難色を示す。そんな中、真相を調べてみることを選択した祐太郎は、事件現場近くで洋食店を営む上野兼人(Mummy-D)から、映像に写っていた男が市会議員・宮川新次郎(千葉哲也)だという情報を入手。さらに、その事件で上野の娘が死亡していたことも分かり…。

 やがて、圭司と祐太郎はそれぞれ、宮川にまつわる黒い裏事情を入手する。だが、その内容はまるで異なるものだった! しかも調べれば調べるほど、街に暮らす人々から、犯行動機となりうる“裏の顔”が次々と浮かび上がってきて…!?

 

第7話の感想やネタバレ

 

第7話の感想

 

 

 

かなりの観察力と頭の回転ですね!!

 

 

不完全燃焼過ぎますね・・・。

 

 

このシーンが一番印象的でした。母親は怖いし、怪しい人たちはみんなで集まって、笑ってるし・・・・。

 

このシーンの意味は何なのか・・・

 

分かりませんね・・・。施設の女性も怪しく思えてきたし・・・。もしかしてみんな共犯で不都合な人間を消したとか・・・。こうなったら、笹本だということにしたほうが、収まりつきます。

 

 

 

あると思います。

 

不完全燃焼ですね。祐太朗の言った「気持ち悪い」はみんなの感想かと・・・。しかし、人間の裏側というか、怖さがよく描かれていました。特に最後のバザーのシーンは不気味すぎました。犯人は分からずじまいでしたが、笹本だということにしたほうがいいのかもしれない・・・。

 

第7話のネタバレ

祐太朗は依頼人・笹本隆の死亡確認が終わり、事務所に戻ると、舞がいた。舞は亡くなった隆が死刑囚・笹本清一の息子だと気づき、削除依頼のデータを見ると、笹本が犯人になっている青酸を使った被害者28名、死者4名を出した毒物混入事件の映像だった。この事件の容疑者として逮捕された笹本は、取り調べで自白したものの、裁判では一転、自白は強要されたものだと言い、一審で証拠不十分による無罪判決を受けた。しかし、検察側の控訴により2審では死刑、上告するが棄却され死刑が確定した。隆のデータには誰かがジュースのクーラーに何かを混入させる場面が映るが、それは笹本ではなかった。

笹本でなくても犯行には及べるが、笹本は過去に青酸を使った殺人未遂事件の前科があり、町の人間は偏見を持っていたため、不利な証言が集まったという。

祐太朗は早速調べに出かけ、喫茶店に入る。そこで、その男は市議会議員の宮川新次郎だと判明。

祐太朗はそのまま宮川の家に行くが不在だった。そして、八百屋で話を聞いていると、宮川は地元で人気があるようだった。その店主・三原はその事件のバザーには行ってないらしく、詳しくは聞けなかった。そこで痴呆症のおばあさんと出会う。おばあさんは無断で商品を開けたことで八百屋の店主・三原にひどく怒鳴られていた。祐太朗が代金を支払い、おばあさんと公園へ行く。おばあさんは祐太朗を「さっちゃん」と思っているらしい。おばあさんの家まで送ると、先程の喫茶店だった。そこで、「さっちゃん」について聞くと、8年前の事件で亡くなった被害者だった。祐太朗は自分も妹を亡くしていて、その店主・上野の気持ちがよく分かるという。そして、上野に事件について聞くと、宮川を脅していた男がその事件で亡くなっていると言う。

一方、圭司はひとりで調べものをしていた。まずは顔認証システムで、データにあった男の顔を認証する。するとやはり宮川だった。次に、会場に止まっていた車について調べた。その車はドアミラーがキーレスに連動し自動で開閉するもので、ミラーが開いていたことと、シートが倒れていたことから、誰かが中にいたかもしれないと思った。陸運局のシステムに入り、持ち主を探る。その持ち主は喫茶店を経営する上野兼人だった。

圭司は宮川に会いに行き、証拠があると切り出す。しかし宮川は確かに粉末を入れたが、ジュースの粉だったという。圭司は宮川の娘・茜と話した際、茜は宮川を毛嫌いしているようだった。その理由は、宮川が不倫しているのを見つけてしまったからだという。しかし圭司は宮川は犯人でないと言う。なぜなら、映像には粉末を入れる際、鼻を近づけ匂いを嗅いでいるからだった。青酸は微量でも吸い込むのは危険な毒物のため、宮川が犯人ではないと考えた。事務所に戻り、上野のスマホをハッキングすると、妻と宮川の不倫現場が多数出てきた。

一方、祐太朗は隆の生い立ちを探っていると、ある施設で働く女性・若菜に出会う。若菜は隆と同じ施設で育ち、親が犯罪者だという共通点があった。そして隆が出所した父に引き取られてからもたまに連絡を取っていた。そのメールには世間の自分を見る目への悲痛な思いが綴られていた。そしてたくさんの動画もあった。祐太朗はそれをコピーさせてもらい、事務所に帰った。

事務所でそれらを見る。すると、町のいたる所を撮ったものだった。その中に、茜が売人からドラッグを買っているところが映っていた。その売人は事件で亡くなったひとりだった。そして、八百屋の三原は病気の母にDVをはたらいていた。その母親も被害者だった。そして、撮影者である隆が何やら薬の瓶を持っているところも映る。

これを見た舞は、笹本に面会に行く。するとはやり無罪だと言う。舞は息子の死を伝え、庇っているのではないかと聞くが、犯人は自分でも息子の隆でもないと激昂する。映っていた瓶は医者に処方された薬だという。笹本はそのまま刑務官に連れていかれた。

こうして、容疑者が次々と浮かび上がる。喫茶店店主・上野、宮川の娘・茜、八百屋の男・三原、そして隆本人。しかしどれも決定的な証拠はないまま、笹本の死刑が執行された。圭司と祐太朗は、笹本の刑が執行されたことで、何を調べてももう遅いと、データを削除した。

 

「dele(ディーリー)」最終回(第8話)あらすじや感想とネタバレ

 

最終回(第8話)あらすじ

「dele. LIFE」にデータの死後削除を依頼していた辰巳仁志(大塚明夫)が死亡。パソコンの動作停止を知らせる信号が、「dele. LIFE」の社長・坂上圭司(山田孝之)の端末に送られてきた。その報告を受けた相棒・真柴祐太郎(菅田将暉)は怒りを抑えた表情を浮かべ、依頼人は弁護士の辰巳仁志なのかと確認する。いつもは朗らかな祐太郎の豹変ぶりに、驚きを隠せない圭司。その矢先、さらに想定外の出来事が起こる。何者かが「dele. LIFE」のシステムにクラッキングを仕掛けてきたのだ!

 まもなく圭司は、辰巳が祐太郎の妹・真柴鈴(田畑志真)の死をめぐり、入院先の弁護を担当していた人物だと突き止める。当時、鈴の死には不審な点があったが、病院側の主張が通り、祐太郎ら遺族は筆舌に尽くしがたい心の傷を負っていたのだ…。身を切り裂く過去に共鳴した圭司は、祐太郎に促されるまま、辰巳が遺した音声データを再生。そこには“祐太郎の無念を晴らす真実”を示唆する、大物政治家・仲村毅(麿赤兒)との黒い会話が記録されていた…!

 相手が相手だけに慎重に動き、確実に仲村を追い詰めようとする圭司。だが、データの即時公表を切望する祐太郎は、圭司への不信感をあらわに「dele. LIFE」を飛び出し…!? そんな中、圭司とその姉・坂上舞(麻生久美子)の間にも、これまで互いに語ることのなかった“過去の出来事”をめぐり、不穏な空気が流れ始める――。

 

最終回(第8話)の期待と反応の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

 

 

最終回(第8話)の展開予想

 

いよいよ最終回ですね。祐太朗の妹の死が、dele.LIFEへ来たきっかけのようでしたが、予告では圭司と祐太朗がボロボロでした・・・。祐太朗は何を探りたいのか・・・。全く分かりません。まだ7話の犯人について考えてしまって、モヤモヤ中です。

 

最終回(第8話)の感想やネタバレ

 

最終回(第8話)の感想

 

勝ち目ない!と、思いましたが、意外と強かった!!

 

 

 

ナイスコンビですね!本当にいいドラマでした!

 

 

芸が細かいので、結構過敏になってしまいます!

 

そうなればいいですね!

 

 

 

 

アプリの件は本当に素敵でした!

 

死を扱うドラマなので、暗い感じかなと思いましたが、そうでもなく、どこか映画のような美しさがありました。最終回は、現在に至る祐太朗や圭司、舞の過去が分かり、スッキリしました!

 

最終回(第8話)のネタバレ

依頼人・辰巳仁志の死亡確認を取るよう言われた祐太朗は、その名前に敵意を剥き出しにした。その矢先、dele.LIFEのパソコンにクラッキングが仕掛けられる。祐太朗はデータを消さないように圭司に言い残し事務所を出た。圭司が調べると、辰巳は祐太朗の妹・鈴の死の真相を知っているかもしれない、病院側の弁護士だった。

舞は祐太朗の妹のことを知っていた。圭司は調べた結果、鈴の死は、病気ではなく新薬の治験によるもので、それを隠蔽されたのではないかと考えていると舞に話す。しかし、世論は祐太朗の家族を救うものではなかった。

死亡確認が取れ、事務所に祐太朗が戻ってきた。祐太朗は辰巳の裏切りを圭司に話した。圭司はクラッキングしてきた相手を突き止め、ある会社にたどり着く。そして、圭司は辰巳のデータを開けた。するとそこには大物政治家・仲村毅との黒い会話が。そして他のデータからは鈴がブドウ糖ではなく新薬が投与されていたと判明する。

圭司は亡き父のデータを消した理由を舞に聞かれたが、詳しくは答えない。圭司は舞に祐太朗をつれてきた理由を聞く。すると舞は「圭がどうするのかみたくて」と答えた。

事務所を出た祐太朗はクラッキングした会社で暴れ、わざと警察沙汰にするが、なぜかすぐに釈放される。その会社を調べさせないために何かの力が働いたのは明らかだった。

その間に、事務所に宅配業者を装った輩が押し入り、暴れまわり、圭司は気を失わされ、辰巳のデータを奪われる。しばらくして釈放された祐太朗が戻り、2人は話す。圭司の父が亡くなった時、そのデジタルデータを見たのが、この仕事を始めるきっかけだったという。圭司の父は、贈収賄の証拠を書き換えるような仕事もしていて、それを見た圭司はそのデータを消したという。その贈収賄を行っていたのが仲村だった。圭司は父のデータをコピーして残していた。そこには仲村に指示され、圭司の父がしたデータ改ざんの証拠があった。それを祐太朗に渡し、公表しろと言うが、祐太朗はそうしなかった。それを公表すれば、舞や圭司が想像もつかない言葉で傷つけられると思ったからだ。祐太朗は圭司に「ここに来たのは偶然じゃない」と言い残し、出ていく。

そして圭司は舞の事務所に寄り、「迷惑をかける」と言った。舞は「そう、うれしい」と全てを受け入れた。

そして、辰巳の葬儀にふたりで潜り込む。圭司は仲村に直接会い、バックアップを取っていた辰巳のデータを持っていること言った。そしてそれを買い取る話をしたいと言い、仲村は秘書に話を任せてひとり部屋に戻る。そこで祐太朗は仲村と2人になる。そして思いの丈を話し、その内容を全てスピーカーで会場に流した。9年前に治験で死んだ女の子の死因を偽装したことを白状させようとしたが、全て辰巳になすりつける。そして、「なかったことがあったことになる。あったことがなかったことになる」と発言した仲村。祐太朗は記憶の中にずっと留めておけと「真柴鈴」という名前を言い残した。

帰ろうとする祐太朗に声を掛けたのが、辰巳の息子だった。辰巳は祐太朗にデータを託したと思うと頭を下げた。

外に出た祐太朗は圭司と少し話し、どこかへ行った。仲村は報道陣に囲まれる事態になっっていた。

dele.LIFEでは、祐太朗が退職届を置いていた。舞は事務所が叩かれ大変な様子。圭司は父のデータの中に、自分に有効な新薬のものがあると知るが真相は分からないままだった。仕事が減った圭司は、あるアプリを作っていた。死んだ時にどこかへデータを送り残すアプリだった。圭司は、祐太朗とはもう会わないだろうと言ったが、その直後祐太朗が事務所に入ってくる。退職届を出したので、しばらく給料はいらないが、落ち着いたらまた雇ってほしいと言い、立て直す方法を考え始める。

妹は帰ってこないが、少しスッキリした祐太朗は再び新しい死亡確認を取りに行く。

スポンサーリンク

「dele(ディーリー)」最終回(第8話)の見逃し配信を無料視聴する方法

 

『dele(ディーリー)』最終回(第8話)を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、dele(ディーリー)の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • Tverの見逃し配信で見る
  • U-NEXTのお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る
  • dTVのお試し期間で見る
  • auビデオパスのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信や無料動画Tver

 

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

テレ朝キャッチアップ 動画はコチラ
Tver 動画はコチラ

 

まずは、『dele(ディーリー)』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、『dele(ディーリー)』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

無料動画配信で有名な、Tverでも『dele(ディーリー)』の見逃し配信が行われています。

こちらも、『dele(ディーリー)』の配信は最新話に限られております。

Tverでのドラマ『dele(ディーリー)』の見逃し配信は、コチラから。

 

U-NEXT

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

『dele(ディーリー)』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を今すぐ見ることができます。

お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ(2017)
  • コウノドリ2期(2017)
  • 陸王
  • アンナチュラル
  • わろてんか
  • ホリデイラブ
  • 科捜研の女17シーズン
  • 奥様は、取扱い注意

など見放題ではないですが国内ドラマの種類が一番豊富で多数配信されています。(2017年10月末現在)

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

『dele(ディーリー)』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、第9話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

dTV

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

もともとは、docomoユーザーのためのサービスでしたが、2014年4月からは誰でも契約できるようになっています。

月額500円と見放題サービスの中で圧倒的な安さを誇り、動画数も12万本と充実しているのが魅力です。

dTVには、31日間の無料お試し期間があり、期間内に解約した場合、一切料金がかかりません。

『dele(ディーリー)』の見逃し配信は、毎週木曜の12時に更新されます。

 

auビデオパス

auビデオパスは、auユーザーが利用できるau公式動画配信サービスです。

利用できるのがauユーザーに限られますが、見放題プランは月額562円(税抜き)で、毎月、新作が観られるコイン(540円相当)が貰えるお得なサービスになっています。

auビデオパスでは、初回加入時は30日間無料となります。

つまり、加入して30日以内で退会した場合、料金は一切必要ありません。

『dele(ディーリー)』は、第1話から最新話まで、見放題配信されていますので、30日間の無料期間中に視聴すれば、第2話の見逃し配信を無料で視聴できるということです。

auユーザーの方には、断然おススメの無料視聴方法です。

 

「dele(ディーリー)」第7話と最終回(第8話)のネタバレ感想とあらすじ紹介まとめ

 

山田孝之さんと菅田将暉さんのW主演がかなりの話題を呼んでいるドラマ『dele(ディーリー)』!

本記事では、ドラマ『dele(ディーリー)』のネタバレと感想を各話数ごとに詳細に最終回まで追いかけていきますので、ぜひ、ご期待ください。

dele(ディーリー)ネタバレ感想!最終回まで初回(第1話)から随時更新【山田孝之・菅田将暉W主演ドラマ】

2018.07.28

dele(ディーリー)動画を無料視聴!pandoraとdailymotionも【山田孝之・菅田将暉W主演ドラマ】

2018.07.28

dele(ディーリー)キャストやロケ地!相関図や主題歌の紹介【山田孝之×菅田将暉W主演ドラマ】

2018.07.12

dele(ディーリー)視聴率速報や一覧とグラフ推移!初回(1話)最終回まで更新【山田孝之×菅田将暉W主演ドラマ】

2018.05.26

スポンサーリンク

『dele(ディーリー)』見逃し動画を無料で今すぐ見る方法
  1. U-NEXTの31日間キャンペーンに登録
  2. 登録時に600ポイントもらえるので、それを利用してお試し視聴