ドロ刑2話(1話)ネタバレ感想やあらすじの紹介【~警視庁捜査三課~中島健人主演ドラマ】

2018年10月期の日テレ系土曜ドラマは、SexyZoneの中島健人さんを主演に迎えての『ドロ刑-警視庁捜査三課-』です。

新米刑事と完全犯罪で証拠一つ残さない幻の大泥棒が異色のコンビを結成!!刑事が泥棒に力を借りて難事件に挑む!子供から大人まで楽しめる、新感覚の刑事ドラマです。

この記事では、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』の初回第1話と第2話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

 

スポンサーリンク

ドロ刑動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【~警視庁捜査三課~中島健人主演ドラマ】

2018.10.13

ドラマ「ドロ刑-警視庁捜査三課-」初回(第1話)あらすじや感想とネタバレ

 

ドラマ「ドロ刑-警視庁捜査三課-」初回(第1話)あらすじ

夜明け前の閑静な住宅街の邸宅に忍び寄る怪しい人影。厳重なセキュリティーをすり抜け、いとも簡単に金庫を破った男は、優雅に煙草をくゆらせていた…。
翌朝、現場でその華麗な手口を目にした捜査三課の刑事・皇子山隆俊(おうじやまたかとし・中村倫也)はある人物の犯行と確信する。その男こそ、煙草の香りの他はどんな証拠も残さず、誰もその姿を見たことがないという伝説の大泥棒・通称:煙鴉(けむりがらす・遠藤憲一)である。

その頃、非番の若手警察官・斑目勉(まだらめつとむ・中島健人)は、電車内で泥棒騒ぎに遭遇。せっかくのオフを台無しにしたくないと見て見ぬ振りを決め込むものの、すられていたのはなんと自分の財布で…。「公務員は安定している」という理由で警察官になった斑目はあらゆる課でお荷物扱い。
本人も自分が警察官に向いていないことは自覚しているのだが、その噂を聞きつけた警視庁の鯨岡千里(くじらおかちさと・稲森いずみ)からなぜか華の刑事部へ引き抜きの声がかかり…!?
刑事部へ異動したものの、花形の捜査一課ではなく、窃盗事件を専門にする地味な三課の泥棒刑事であることをたまたまバーで隣り合わせた男に愚痴る斑目。そのダメっぷりに呆れる男だが、帰り際に斑目にかけられた一言に愕然とする。「煙鴉さん」…と。

翌日、三課の面々は10年に一度の大物空き巣“キツツキのマサ”こと瀬戸正次郎(せとまさじろう・高橋克実)の現場を押さえようと捜査を進めていた。宝塚瑤子(たからづかようこ・江口のりこ)と共に張り込む斑目だが、一人になった途端瀬戸に尾行がばれ、上司から大目玉を食らう。度重なる失敗でうなだれる斑目の前に再び現れた煙鴉は「お前に捕まえさせてやる」と言うと、ある場所に連れて行く。その先に現れたのは、なんとあの“キツツキのマサ”で…!

勢い余って犯行前に瀬戸を捕まえてしまった斑目。しかし、警察に勾留できる48時間のうちに自供がなければ瀬戸は釈放されてしまう…。刻々と迫る制限時間の中、余裕の笑みを浮かべる瀬戸を相手に焦る三課の刑事たち。斑目は煙鴉の助けを借りるが…。二転三転する展開に主導権を握っているのは誰なのか!?先の読めない心理戦が繰り広げられる!

 

初回(第1話)の感想やネタバレ

 

第1話の感想

 

いい脚本ですね!しっかり見ないと分からなくなりそうですが・・・。

 

 

なぜ「一休さん」?(笑)これが一休さんだと知っている人も減ってきたかもしれませんね。

 

辞令が出てこのリアクションしたらゲンコツ落ちます(笑)

 

 

 

ケムさん、コミカルキャラがいいですね!(笑)

 

犯人<脇腹の痛み(笑)

 

 

皇子山はどこまで知ってるんでしょうね・・・。

 

ショムニですね!!ここからミラクルが起こるんですね!!

 

 

 

面白かったですね!コミカルなセリフとかも良いですし、なにより予想し難たい展開が良いです!煙鴉が捕まった時に「え?そっち?」っと思わせて、いやいや嘘だったと・・・。これからの相棒がいきなり逮捕はありませんね。これから、寄せ集められたメンバーで13係となって活動しますが、問題ありのメンバー・・・いや、個性的なメンバーで楽しみです!!

 

第1話のネタバレ

出会い

完璧なまでの窃盗現場があった。一切の痕跡はなく、あるのは残りがのみ。その犯人は煙鴉。稀代の大泥棒だった。この日も盗みを働き、捜査員に紛れて現場をウロウロしていた煙鴉は悠然と去っていく。

一方、全くやる気のない警察官・斑目勉は電車でスリにあう。しかし非番のためかヘラヘラしている。それを見ている煙鴉。スリの現場に居合わせながら、見て見ぬふりをしようとした斑目は犯人にまで呆れられる始末。刑事にそれを責められても、映画の時間を気にするなど、プライベート重視の姿勢を崩さない。斑目は普通の高校を普通に卒業し、警察採用試験を合格後、警察官となったが、その志望理由は「公務員で安定しているから」とバカ正直な回答をしていた。

そんな斑目がなぜか刑事への辞令を受ける。配属は捜査三課、つまりドロ刑と呼ばれる窃盗専門の部署だった。普通なら刑事になるという喜ばしい状況だが、斑目は違った。あるバーに入った斑目はこれ見よがしにため息をつき、そこで出会った見ず知らずの男に相談をする。次の捜査の情報などをベラベラと喋る斑目に戸惑う男。その男はタバコに火を付け、捜査一課なら花形だが、ドロ刑なんて…と、ドロ刑を馬鹿にする斑目に「全ての捜査はドロ刑に始まりドロ刑に終わる」と言った。ドロ刑の仕事は全てを網羅しているという意味だったが、相変わらず、定時に帰れないとボヤく斑目。そして男が帰り際斑目は「おつかれっす、煙鴉さん」と呼んだ。なぜかと聞く煙鴉に、斑目は以前の窃盗現場に残っていた匂いと煙鴉のタバコの臭いが同じだったと答える。煙鴉は帰ろうとしたのをやめ、仮にも煙鴉を目の前にしても逮捕しようとさえしない斑目に呆れ返った煙鴉。斑目は「オフだから」とマイペース。一旦は帰った煙鴉だが、何かを思いたちバーに戻る。しかし斑目はいなかった。その頃斑目は一人カラオケで「一休さん」を歌っていた。

キツツキのマサ

捜査三課が追いかけることになったのは伝説の空き巣、キツツキのマサこと、瀬戸正次郎。半年前に出所した大物だった。泥棒捜査の初めは手口捜査と言い、犯行の手口を見極め、その手口を得意とする犯人を割り出す。マサは「突き破り」という手法を用いることで有名だった。次に尾行しヤサ(=住居)を突き止め、向かいの住人の協力で張り込む。張り込み中、マサは斑目に気付いていた。斑目は外出するマサを尾行するが、逆に接触され、ドロ刑の質もおちたなぁとあっさり逃げられる。その様子をみていた煙鴉。斑目は書類整理に回される。

煙鴉の暗躍

バーに行き、また煙鴉と会った斑目は煙鴉を「ケムさん」と呼んだ。逃げられたことで叱られ、いい加減に謝罪しさらに怒られたと話す。次はどうするのかと聞かれた斑目は、「書類整理でいいかな」と相変わらずの無気力ぶり。煙鴉が「捕まえたくないのか?」と聞くと捕まえれば仕事が終わるから、捕まえたいと言う斑目。「俺が捕まえさせてやる」と言って斑目を連れ出す煙鴉。煙鴉は住宅街に行き、マサを発見。しかし斑目は早々に「泥棒!」と声を発してしまう。逃げるマサを追う斑目だが、横腹が痛いと諦める。それを尻目に逃げていくマサだが、行く先々に煙鴉が。一箇所だけ煙鴉が現れなかった塀を乗り越えると、そこはちょうど斑目が立っていた場所で、斑目は煙鴉のおかげでマサを確保した。斑目の不慣れな手錠扱いに心配になりながらも煙鴉は良かったなと言った。

しかしマサはまだ何も盗ってなく、証拠が全く無い段階だったため、上からは叱られる。証拠がなければマサが余罪も自白する以外ないのだ。起訴猶予なんかになれば警視庁は笑いものだと48時間が勝負となった。「なんなら落としましょうか?」と軽く言う斑目は殴られ、珍しく落ち込む。斑目は煙鴉に会い、自分のダメなところを話す。何をやっても中途半端だったという斑目に煙鴉は「刑事に向いている」と言った。煙鴉は自分が小さいことに気付いているのは良いところだと言う。そして、マサの落とし方を教えると言った。キツツキのマサは何度か煙鴉のシゴトを邪魔したことがあるらしく、協力すると言う。そして煙鴉は斑目を「最強のドロ刑にしてやるよ」と言い切った。

取り調べ

煙鴉は泥棒について斑目に教える。泥棒は孤独で、自分を理解して欲しいと思っていること、そしてプライドだけは高いことを伝えた。

取り調べ中はやはり難攻していた。そこでパイ(=釈放)しようかと悩む皇子山と鯨岡の元に斑目が到着する。そして自分に調べさせて欲しいと、作戦を伝える。斑目はスマホを煙鴉につないだまま、取り調べに入る。勝手田はなぜ斑目なんかに任せたのかと聞く、すると鯨岡はトカゲのシッポにはもってこいだと言った。斑目は何もかも中途半端な経歴の斑目が切られても誰も悲しまないと言う。このままマサが釈放されれば、誰かが責任を取らなければいけないため、斑目が調べることになったのだ。次々と証拠を出すが、全て状況証拠だと一蹴される。マサは自分を超一流だと言うが、斑目は上には上がいますよねと煙鴉の名前を出す。煙鴉のシゴトを褒め称える。するとマサは「俺の技術は誰にも負けない」と言い切った。それを聞いて煙鴉は斑目に「行け」と指示する。すると斑目は本格的に捜査が始まる前のマサの犯行現場の写真を見せた。「畳みかけろ」という煙鴉。そして被害届の出ていない現場のことまで出してきた。この写真は煙鴉が自分の邪魔になるマサを張り込んでいた時の写真だった。黙り込むマサだが、斑目はマサの突き破りの方法を聞いた。警察が知らないと分かったマサは再び調子に乗り出す。侵入方法が分かってないなら、自分が犯人かどうか分からないと言い、「別の犯人がいる」と言う。

するとその言葉をきっかけに何やら合図が出され、なんと煙鴉が確保された。実は2回めにバーで会った時から全て計画で、相談にのる煙鴉は知らず知らず、自分の犯罪を自白していたのだ。その言葉を録音していた斑目は煙鴉確保に一役買ったということだ。マサは帰っていいと言われ、マサの突き破りの現場も煙鴉のシゴトになると聞かされる。「俺にしかできない突き破りはどうする?」と言うマサに斑目は「焼き破り(窓を焼いて冷やし割る方法)にすればいい」と答える。自分より煙鴉が大物だと言われたことに苛立ち、自分のシゴトを斑目に見せ「俺のヤマだ」と自白した。そしてそれによって煙鴉は開放された。煙鴉逮捕も嘘だったのだ。手錠を解きながら、煙鴉は演技とは言えどきっとしたと皇子山に言うと、なにやら不敵に笑う皇子山。鯨岡は煙鴉役の人は何者かと皇子山に聞くと、自称犯罪専門ジャーナリストでマサを追っていて、前科もないと報告した。

その後、斑目は煙鴉と会い、お礼を言った。斑目は新しく作られる精鋭ばかりの13係に配属されると決まった。13係には個性豊かな面々が揃うことになる。斑目は「なんで協力してくれたの?」と聞くと年上には警護を使えと言いつつ「お前が俺を見つけた」と言った。

スポンサーリンク

ドロ刑動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【~警視庁捜査三課~中島健人主演ドラマ】

2018.10.13

ドラマ「ドロ刑-警視庁捜査三課-」第2話あらすじや感想とネタバレ

 

第2話あらすじ

異動早々大物の泥棒を捕まえたことで、精鋭を集めた捜査三課の新設部署『13係』に選ばれたと張り切る斑目(中島健人)。しかしその実体は、お荷物刑事の寄せ集めだと知り出鼻をくじかれる。そんな中、係長・鯨岡(稲森いずみ)によって発表された最初の事件は、住人が寝静まった家で盗みを働く“ノビ”という忍び込みの泥棒による事件。手口捜査のプロだが極度の人見知りの細面(野間口徹)は、わざと痕跡を残す独特の犯行手口から、ノビの大物・通称“黒蛇”こと大堂吾郎(笹野高史)の犯行と推測。大堂という名前を聞いた勝手田(丸山智己)はなぜか怒りに震えて…。

一同は早速大堂の“ヤサ”(=家)を見つけ出そうと手分けして捜査を始める。斑目は大堂がかつてよく現れた沿線で皇子山(中村倫也)と共に張り込むが、元捜査一課でプライドの高い皇子山は「こんなの俺がやる仕事じゃねえ」と帰ってしまい…。諦めモードで駅前に張り込んでいた斑目の前に煙鴉(遠藤憲一)が現れ、13係の面々のやる気のなさを愚痴る斑目に、煙鴉は行き交う人の中で必死に大堂を捜している勝手田の姿を見せる。

勝手田に合流する斑目だが、斑目が目を離した隙に勝手田の前に大堂が自ら姿を現わして…!急遽、大堂を尾行することになる斑目だったが、凡ミスにより大堂を追えず大目玉をくらう。煙鴉のサポートで、13係の捜査は急展開。全員総出で行動確認のための張り込みが行われる。しかし、いよいよ大堂が次の犯行に動き出したその時、13係の前に立ちはだかったのは意外な相手!!捜査はまさかの中止の危機に!?追う者と追われる者、執念のバトルを前に煙鴉が斑目にかけたのは「俺が……お前を悪にしてやる」という言葉だった…。

 

第2話の反応と期待の声

 

 

 

 

 

 

第2話の展開予想

新しく作られた13係の中で、精鋭ぞろいと来ていた斑目は絶望しそうですね(笑)しかし、また煙鴉の力を借りて巧妙に解決してほしいです!!早々に煙鴉の正体がバレたりしませんかね??皇子山は何やら気付いているような気がしましたが・・・。

 

第2話の感想やネタバレ

 

第2話の感想

 

個人的には一回目の「ケム」が好きでした!

 

 

ゴールデンボンバーの??初めは気付かなかった~!!

 

怒られる→愚痴る→ケムさん力貸す!

 

こういう人本当にいますよね(笑)

 

細面さん、人見知り以外はデキる奴みたいですね!

 

 

 

ケムさんの情報で防犯に努めましょう!

 

 

 

 

今回もミラクルな展開でしたね!いよいよ皇子山が何か気づきそうでハラハラしました!だんだん斑目とケムさんがお笑いコンビみたいになってきましたね!おそらく、ケムさんの外見からかけ離れたツッコミが面白いのでしょう(笑)

 

第2話のネタバレ

13係のメンバー

斑目が配属された13係は精鋭の集まりではなく、問題児の掃き溜めのような係だった。元捜査一課のエリート・皇子山隆俊は一説にはある特殊な趣味が原因で左遷されたと言われている。元スリ専門刑事・左門陽作はスリの件数が減り、仕事がなくやる気もない。無類の酒好きでデスクにも日本酒を入れておくような人物だった(バツ3)。元指名手配犯専門刑事・勝手田利治は喧嘩っ早く、何かと問題児だった。変装の達人・宝塚瑤子は飲む・打つ・買うのいわゆる昔気質の刑事で、趣味はギャンブル。元警視庁音楽隊・小平美希は絶対音感があるとかないとかだが、刑事の経験ゼロで13係へやって来た。手口捜査のスペシャリスト・細面隆一は極度の人見知りで現場に出れず左遷された。そして係長・鯨岡千里は天真爛漫なリーダー。鯨岡は盗犯係に必要なのはチームワークだと言い、みんなにあだ名をつけたと言う。左門はなぜか「ツクダニ」、勝手田はでかいという理由で「デカ」、皇子山は爬虫類ぽいから「ヘンタイ」、宝塚は見たまま「巫女さん」、小平には嫌味っぽく「昔美人」、細面は「ひやむぎ」、斑目は新人だから何も思いつかず「斑目くん」だった。そして自分のことは「千里さん」と呼ぶように言った。あだ名というより悪口のようだ。

初仕事

そんな13係の初めての仕事はノビと言われる忍込みの犯人を捕まえること。ノビは空き巣とは違い、住人が寝静まった頃に侵入する窃盗のことだ。今回の犯人は小さな侵入口から入り、犯行時間わずか5分ほど、盗みを働いた家で、お菓子を食べ、痕跡を残す癖があった。細面はノビの手口から犯人を探し出す。細面は脳内にデータがあり、エアパソコンで検索する。時々フリーズしながらも、ノビの大物で通称”黒蛇”・大堂吾郎を割り出した。大堂吾郎の名前に過剰に反応する勝手田。

早速ヤサ割り(=住居特定)を始めるが、行動を共にした皇子山はプライドが高く、早々に帰ってしまう。宝塚と左門は競馬場にいて、捜査する気はなさそうだった。細面は人混みが無理だとタクシーから降りず、一人になった小平はオカリナを吹く。やる気のない面々に斑目は嫌気がさしていた。そこへ煙鴉が現れ、以前バーで立て替えたお金を請求した。みんなやる気がないとボヤく斑目に煙鴉は勝手田だけは必至で大堂を追っていると知っていて、その姿を斑目に見せる。見当たり捜査(=犯人の特徴を憶えて雑踏の中から探し出す)をする勝手田の元に斑目が行った時、大堂が現れる。勝手田と大堂は顔見知りだったため、斑目が尾行することに。大堂がタクシーに乗ったため、斑目もタクシーで追うが、3000円しか持っておらず、3000円のところで降りて追跡失敗。大目玉を喰らった斑目はバーで煙鴉に愚痴る。煙鴉は三課はチームプレーだと言い、斑目のミスを取戻すために働いている人間がいると言う。しかし、斑目は過去にサッカーをしていて、シュートミスをして以来キーパーをやらされ、一度もシュートを打たせてもらえなかったと悔しさをにじませた。だからチームプレーは嫌いだという斑目。煙鴉は同情したが、それは幼稚園の頃の話だった。バーからの帰り、斑目は見当たり捜査を続ける勝手田を見つけるが、咳をしながら帰って行く。その様子を見ていたのはやはり煙鴉。

13係VS神奈川県警

翌朝、玄関の内側に煙鴉からのメモが貼られていた。微かに残る香りに、斑目は入られたと気付き唖然。メモには「バーのつけ、もらいすぎた。おつりだ。」とあり、一緒に住所が記されていた。そこへ行ってみると大堂のヤサだった。斑目がヤサの情報をもらったと分かり、鯨岡をはじめみんなが斑目にS(=情報提供者)がいることに驚く。斑目はSが何かわからず、「Sではなくケムです」と言い続ける。そんな斑目を勝手田は見どころがあると言う。そして、行確(=行動確認)が始まる。斑目と張り込んでいた皇子山はキツツキのマサの時に煙鴉の名前を出したことを不思議に思い訪ねたが斑目は「飲み友達」だと言う。これを皇子山は冗談だと思っている。そんな中、いよいよ大堂がノビに入りそうだと推測し、全員で張り込んでいると、管轄である神奈川県警がバンカケ(=職務質問)してくる。13係の面々はそれぞれごまかし、その場を去った。本来は13係が出張連絡を提出しなければならない状況で、文句を言えない。小平はあっちに捕まえてもらえばいいと呑気なことを言うが、手柄を取られるのは納得行かない鯨岡。みなさらにやる気を無くし、勝手田だけが捜査へ向かう。事実上、捜査は中止かと思われたが、斑目は釈然としないとバーで話す。煙鴉は昔勝手田が大堂を追っていて、神奈川県警の管轄に逃げ込まれ、手柄を取られたことを話した。勝手田はシュートを取り上げられた斑目と一緒だと言う。そして煙鴉は大堂が次に入る家を割り出し、現行犯逮捕しかないと言った。そのために煙鴉は斑目に「泥棒の気持ちになれ」「俺がお前を悪にしてやる」と言った。この作戦を13係の面々に伝える。しかし皆、無茶な捜査に尻込みする。鯨岡は斑目の首を賭けて捜査をしようと提案した。こうして斑目と煙鴉は大堂が入りそうな家を探し始める。住宅街をうろつきながら、煙鴉は泥棒が狙う家、狙わない家の特徴を教えた。そして、斑目はある家の変化に気づく。

シュート

いよいよ身柄を抑えないといけない日になり、神奈川県警も動き出す。しかし斑目は風邪で寝込む。そして読みどおり大堂が動き、県警が確保する。しかしそれは大堂ではなかった。悔しい勝手田は結露した車の窓に「シュート」と書かれていることに気づく。その頃、大堂はノビをやっていた。大堂は身代わりを用意し、目をくらましていたのだ。すると「おはようございます」と斑目の声が。斑目は大堂が入る家を予測し、家の人に頼み、先に中にいたのだった。大堂は斑目に「一人か?」と聞き、カッターナイフを取り出す。しかし斑目はひるむことなく、プロのノビは傷害事件など起こさないと断言した。一瞬のスキをつき、一旦逃走されるが、下で勝手田が取り押さえ現行犯逮捕した。一件落着し、斑目は熱で倒れる。それを支えながら、救急車を呼ぶ煙鴉を眉をひそめて見る皇子山だった。

 

ドラマ「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

ドロ刑動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【~警視庁捜査三課~中島健人主演ドラマ】

2018.10.13

 

ドラマ「ドロ刑-警視庁捜査三課-」初回(第1話)と第2話のネタバレ感想やあらすじの紹介まとめ

 

混沌とした現代社会に「何が正義なのか」を問いかける刑事ドラマが、この秋、みなさんの心を捕まえます!原作も大人気連載中で、結末は分かっていませんので、そちらも楽しみにしたいと思います。

第1話では、斑目が煙鴉と出会い、知恵を借り、キツツキのマサを逮捕しましたね。

第2話では、個性的な面々の13係の初仕事でしたね。皇子山が煙鴉のことを不審に感じているようです。

この記事では、ドラマ『ドロ刑-警視庁捜査三課-』を各話ごとに詳細にネタバレとあらすじや感想を更新していきますので、ぜひご覧ください!

ドロ刑動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【~警視庁捜査三課~中島健人主演ドラマ】

2018.10.13

ドロ刑視聴率速報とグラフ推移!初回(1話)から最終回まで随時更新【~警視庁捜査三課~中島健人主演ドラマ】

2018.10.13

ドロ刑キャストとロケ地!相関図や主題歌の紹介【~警視庁捜査三課~中島健人主演ドラマ】

2018.09.19

ドロ刑原作ドラマネタバレ感想!最終回まで初回(第1話)から随時更新【~警視庁捜査三課~中島健人主演ドラマ】

2018.08.26

スポンサーリンク