義母と娘のブルース第2話(1話)ネタバレ感想とあらすじの紹介【綾瀬はるか主演ドラマ】

2018年7月夏ドラマ、TBS火曜夜10時は綾瀬はるかさん主演の、『義母と娘のブルース』が2018年7月10日スタートです!

今や入手困難と言われる幻の4コマ漫画『義母と娘のブルース』がついにドラマ化します!笑いあり涙ありのヒューマンドラマです。

脚本は『世界の中心で愛を叫ぶ』や『JIN-仁-』、『天皇の料理番』など数々のヒット作を手掛けた森下佳子さんが担当します。

こちらの記事では2018年7月夏ドラマ、『義母と娘のブルース』の初回(第1話)と第2話のネタバレ感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトでドラマ「義母と娘のブルース」を初回(第1話)から最終話を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、ドラマ『義母と娘のブルース』の初回(第1話)から最終話がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスのお試し期間を利用してくださいね。

 

ドラマ「義母と娘のブルース」初回(第1話)あらすじや感想とネタバレ

 

初回(第1話)あらすじ

資産家の子女が集まる名門校・英徳学園。伝説の4人組“F4エフフォー”が卒業して10年、学園はかつての輝きを失いかけていた。
2018年春。英徳学園の高等部2年生・江戸川音(杉咲花)は、父が経営する大手化粧品メーカー「エド・クオリティ化粧品」が倒産し、生活が一変。母・由紀恵(菊池桃子)と二人、貧乏生活を送りながら、“隠れ庶民”として英徳学園に通っていた。
一方、その英徳学園でカリスマとして崇められているのが、神楽木ホールディングスの御曹司である神楽木晴(平野紫耀)。父・巌(滝藤賢一)は、道明寺財閥と肩を並べる日本三大財閥の一つを束ねる若き会長だ。F4エフフォーの道明寺司に憧れる晴は、英徳学園に栄光を取り戻すため、幼馴染の平海斗(濱田龍臣)らと“C5シーファイブ”を結成。「学園に寄付金を払えない庶民は英徳にふさわしくない」として生徒を退学させる“庶民狩り”を行っている。
 “隠れ庶民”の音は“庶民狩り”におびえながらも英徳学園に通い続けていたが、それにはある理由が・・・。音には馳天馬(中川大志)という婚約者がいて、天馬の継母・利恵(高岡早紀)から「音が18歳になるまで英徳学園に通うこと」を結婚の条件にされているのだ。

そんなある日、音と晴は最悪の出会いを果たし…。

 

初回(第1話)の感想やネタバレ

 

初回(第1話)の感想

 

これを学校でされるとキツいかもーーー自分的には爆笑したけど。

 

大樹はみゆきの事が好きって一瞬でわかった!このやり取りが可愛い過ぎた。

 

超可愛いーー!!そうそう、このくらいの男子って好きな子に素直に言えないからブスブス言うんですよねーそれがちゃんとブスじゃねーよ!と言った大樹は偉い!!

 

予想を裏切って原作とは違うシナリオにして欲しいです。ハッピーエンドが良いよ。

 

初回(第1話)のネタバレ

公園で自転車に乗る練習をしている宮本みゆき(横溝菜帆)。そこにスーツを着た1人の女性が現れました。株式会社・光友金属の営業部長、岩木亜希子(綾瀬はるか)です。みゆきの父・良一(竹野内豊)はみゆきに、「新しいママになる人だ」と亜希子を紹介しました。自己紹介をしながら名刺と封筒を差し出す亜希子。しかしみゆきは亜希子に怯え、良一の後ろに隠れてしまいます。自宅に帰った良一は、亜希子のことを受け入れてほしいとみゆきに頼みました。しかしみゆきは3年前に亡くなった母親・愛(奥山佳恵)のことが忘れられず、亜希子のことを拒絶します。ある日、亜希子は良一に「プランを考えてみました」と言い、アスレチックパークにみゆきを連れてくるようお願いしました。亜希子は吊り橋効果を利用し、怖がっているみゆきを助ければ打ち解けられるのではないかと考えたのです。数日後、みゆきは大はしゃぎでアスレチックパークへ良一とやって来ます。並んでいる時に良一がトイレへ行くと相変わらずのパンツスーツ姿で亜希子がみゆきの前へ現れます。みゆきは途端に不機嫌になりますが結局亜希子と一緒にアスレチックをする事に。命綱を着けながら丸太を進むみゆきだったが高さもあり怯えるが亜希子は「前を見ないといけません。下を見てはいけません。」と言うがそれを無視し丸太にまたがりながら前へ進もうとする、みゆき。その時、突風が吹き2人はバランスを崩し丸太から落ちぶら下がってる。みゆきが大泣きし係員の部屋で服を乾かしてもらっている時、亜希子と良一は外で話をしている。「もう嫌になっちゃいません?そもそも亜希子さんにメリットのない話だし」と良一。亜希子は「私なりに大きなメリットとなると思いこの結婚に取り組んでおります。」と亜希子が言うとホッとした感じで笑う良一。

亜希子はみゆきのことを知るため、みゆきが心を許している女性・下山和子(麻生祐未)のところに行きました。和子は「みゆきちゃん、いじめられてるかもしれないよ」とみゆきの情報を提供します。その後、亜希子は下校中のみゆきを尾行し始めました。みゆきが同級生の男の子たちにいじめられているのを目撃した亜希子は、みゆきに声をかけます。「私をいじめるのをやめてほしいと交渉してきなさい」と言う亜希子。みゆきは亜希子の助言通り、いじめの主犯格である大樹に話しかけます。みゆき「大樹君!どうして私だけいじめるの!?」大樹「ブスだからだよ!」みゆき「私なにかしたのかな?!」大樹「お前のブスはムカつくブスなんだよ!」みゆき「私のブスは何でムカつくの!!」大樹「ほんとはブスじゃねーからだよ!!お前のママ死んじゃってキツいのはわかるけどいっつも下向いて声かけても返事もしねーし」みゆき「ブスって言うからじゃん!!」そのやり取りを見て微笑む亜希子。その時、良一から電話があり「あの後からみゆきが困ってる事を考えてみたけど、どうもなくて・・・」と言うと亜希子は「その件ならもうクローズしました。もっともこれでみゆきちゃんがメリットを感じてくれたのかはわかりませんが」と言うが良一はピンとこない。

会社から電話が入り急いで会社へ行く亜希子。みゆきは家へ帰り亜希子の似顔絵を描いているが良一に「あの人に電話して」と言う。だが亜希子は部下のミスで中国へ発っていた。そしてみゆきは亜希子から受け取った封筒を開けます。中には亜希子の履歴書が入っていました。亜希子のことを受け入れることにしたみゆきは、良一に教えてもらいながら作った合格採用通知を亜希子に送ります。 中国から戻った亜希子はみゆきの手紙を見てすぐに部下の田淵に電話をする。亜希子はみゆきが通っている児童園を訪れました。「このたびは私をご採用いただき心より御礼申し上げます、感謝の意を表したいと思います」と言い、いきなり腹踊りを始めた亜希子。それを見たみゆきは血相を変え、「こんな人知りません」と叫ぶのでした。

 

ドラマ「義母と娘のブルース」第2話あらすじや感想とネタバレ

 

第2話あらすじ

宮本家に引っ越してきた 岩木亜希子 (綾瀬はるか) と 良一 (竹野内豊) ・宮本みゆき (横溝菜帆) 3人の生活がスタートする。亜希子は、良い母親になろうと奮闘するが、逆にその行動がみゆきの反感を買ってしまっていた。一度は採用を決めたものの、義母になることに再び反旗を翻すみゆきは、亜希子を追い出そうと、クラスメイトの ヒロキ (大智) と一緒にある作戦を考える。 一方、会社の女性社員を集めて、なにやらリサーチをかける亜希子。女性社員たちに子持ちの男性と結婚したことを公開すると、すぐに会社中に広まってしまう。その事実をまったく知らなかった部下の 田口 (浅利陽介) は、亜希子に自分の想いを伝えようと花束を持って颯爽と出社する…。仕事をこなしながらも変わらず母親になろうと努力を惜しまない亜希子。 だが、亜希子には自分の中に母親像がない。そこで、みゆきの母親・愛 (奥山佳恵) をコピーすることを思いつき、みゆきが母親とよく行った場所・作っていた料理など、一生懸命に研究する亜希子の姿を見て、拒んでいたみゆきも心が揺れ動き、複雑な気持ちになっていく…

 

第2話の期待と反応の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

第2話の展開予想

亜希子が最後の方で部下に電話してたって事は会社を辞めて主婦になるのでしょうか。そして良一も会社でうずくまってたラストだったので、それも気になりますね。亜希子は仕事一筋だったから料理とか家事などが出来るんでしょうか・・・でもバリバリのキャリアウーマンだったから主婦になっても家事を極めそう!!そして1番気になるのはみゆきとの関係がどうなって行くかですね。みゆきは腹芸した亜希子を母親と認めてくれるんでしょうか。

 

第2話の感想やネタバレ

 

第2話の感想

 

亜希子さん声優になれるわ!!凄い!!ちょっと感動した。

 

奇石の花・・・欲しいかも。てか、買いに行きたい。笑笑

 

 

理想の夫でありパパですよね〜!亜希子さんもママをコピーしようとするなんて、想像つかなかった!笑

 

 

 

 

 

 

 

べらぼうに可愛い。笑。本当、胸熱なセリフだった!!

 

 

大樹最高!!めっちゃ可愛い!!圧、凄いって

 

第2話のネタバレ

宮本家に亜希子がやってきた。今日から、亜希子はここで暮らすことになる。亜希子はみゆきの求める母親像と自分の提供する母親像の間にギャップがあることを悩んでいた。亜希子が送ったパンダに、みゆきは見向きもせずにプチキュアを夢中で観ている。亜希子は野球中継にチャンネルを変え、みゆきとチャンネル争いとなる。喧嘩の最中にクライアントからの呼び出しの電話が鳴り亜希子は会社へと向かう。

亜希子が帰ってきたのは朝。みゆき「そんなんでママになる気あるんですか?」と声を荒げる。亜希子「みゆきちゃんのご指摘はもっともです、ちゃんとママになるべく考えますので暫しお時間を」と土下座する。

亜希子は子持ちの女性社員に家事分担についてのリサーチを重ねていた。家事分担をしても、結局はなし崩し的に女性が負担することになってしまうと愚痴大会となってしまう社員たち。亜希子は子連れの男性と結婚することになったと伝えると社員達は驚く。

仕事を終え帰宅すると早速みゆきの予定を確認と明日が創立記念日だと知り亜希子は会社を休むことに。創立記念日に家出をすると企てていたみゆきは大樹に電話をするが出ない。やがて、みゆきから連絡がない為、大樹が家を訪ねてくる。亜希子はみゆきの学校での様子を大樹に聞くと「前より明るくなりました」と答える。

光友金属株式会社にまたしても契約を取られてしまったことから、機嫌が悪い上司・笠原に「辞めてしまえ!」と冗談で言われた良一は閃いた!「そうだ!僕が会社を辞めればいいんだ。会社辞めまーす」と言い、光友金属株式会社の亜希子と結婚することになったと笠原に言うと驚く。

みゆきを誘い、かつてみゆきが愛と一緒によく来ていた店を訪れた亜希子。亜希子は愛がそうしていたように、みゆきが2番目に食べたいものを頼み、少しみゆきに分けてあげようとする。「もしかして、ママの真似しようとしてる?真似してもママになれるわけないじゃん!」と、みゆき。亜希子は情報さえあれば、かなり近い状態までコピーできると思うと答えた。亜希子は早くに母と死に別れ、母親像がわからないことをみゆきに明かす。ハンバーグが食べたいとリクエストしたみゆき。クイズ形式にしながら買い物をしている親子を偶然見かける。愛とも、よくクイズ形式で買い物をしていたみゆきは当時のことを思い出し寂しそうにする。それを察した亜希子は「私たちもあれやりましょう!!」と提案する。宮本家のハンバーグの材料当てを繰り返しながら正解を会社にいる良一に電話して聞く亜希子。結果、みゆきが勝利し、ハンバーグの材料選び対決は幕を閉じた。「やったぁぁ!!」と飛び上がりながら喜ぶ、みゆき。

良一が帰宅すると、まだ夕食はできていなかった。亜希子が愛のハンバーグに1番近いレシピをネット上で検索しているためだった。キッチンでハンバーグを作る良一と亜希子。2人の姿をみゆきが気にしないふりをしながらも気にし、愛の写真に目をやる。ハンバーグを食べている最中、亜希子が愛を完コピすることができても、それはそれで嫌だというみゆき。にんじんが苦手なみゆきにビジネスの経験を生かすと、音頭を取り始める。「見てみたい、見てみたい、にんじん食べるの見てみたい!一気!一気!」と。にんじんを嫌々ながらも食べたみゆきを2人は拍手する。すると、良一が買ってきたもう1輪の花を差し出す。「これ渡そうか?食べられないにんじんを食べられるようにしてくれた。亜希子さんもママだろう?」と言われ、渋々、亜希子に花を渡す。

みゆきが寝た後、良一は今日会社を辞めてきたことを亜希子に明かした。亜希子の方が年収が高いし、自分が辞める方が効率的だという良一。それは意味がない事だと言う亜希子。「それなら私が会社を辞めるのはどうでしょうか」良一「亜希子さんにとって仕事は全てでしょう?!それを犠牲にするのは・・・」と反対する良一に「今日1日があったことで、私は後ほど仕事を辞めることを悔やんだりしないだろうと思うのです」と言う亜希子。

翌日、上司に辞表を出した亜希子は年俸を上げるからと引き止められるが10億なら考えるが上司は冗談だと思い笑い飛ばす。「私の娘はべらぼうに可愛いのです!その価値は1000万円に値します。私が年に10回笑わせれば10億に値します!」と言います。亜希子は寿退社し、専業主婦となった。一方の良一は、オフィスでめまいを起こし、倒れてしまう。

スポンサーリンク

ドラマ「義母と娘のブルース」初回(第1話)から最終話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

ドラマ『義母と娘のブルース』初回(第1話)から最終話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、ドラマ『義母と娘のブルース』の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • Paravi (パラビ)のお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る
  • dTVのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

TBSオンデマンド 動画はコチラ
Tver  動画はコチラ

 

まずは、ドラマ『義母と娘のブルース』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、ドラマ『義母と娘のブルース』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

 

TVer

無料動画配信で有名な、主に民法のTV番組を扱うTVerでもドラマ『義母と娘のブルース』の見逃し配信が行われています。

こちらも、ドラマ『義母と娘のブルース』の配信は最新話に限られております。

無料動画TVerでのドラマ『義母と娘のブルース』の見逃し配信は、コチラから。

 

Paravi (パラビ)

2018年4月1日スタートしたTBS×日経×テレビ東京×WOWOWが共同運営する新しい動画配信サービスです。

TBS・テレビ東京の新作ドラマ・バラエティ・アニメ・経済ニュース・ドキュメンタリーなどのキャッチアップ配信(見逃し配信)しています。

月額925円(税込999円)のベーシックプランは一部レンタル配信していますが見放題となっており

特にTBS作品の最新作の見放題(準最新作)はここでしか行われておらず見放題独占配信となっています。

月額925円(税込999円)のベーシックプランは、入会時と月に一度、お好きなコンテンツのレンタル対象の動画を視聴するのに必要な「Paravi優待チケット」を300円分貰えます。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

無料体験期間中は「Paravi優待チケット」は付与されません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

ドラマ『義母と娘のブルース』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、第5話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

dTV

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

もともとは、docomoユーザーのためのサービスでしたが、2014年4月からは誰でも契約できるようになっています。

月額500円と見放題サービスの中で圧倒的な安さを誇り、動画数も12万本と充実しているのが魅力です。

dTVには、31日間の無料お試し期間があり、期間内に解約した場合、一切料金がかかりません。

 

ドラマ「義母と娘のブルース」初回(第1話)と第2話のネタバレ感想とあらすじまとめ

 

2018年夏ドラマ、TBS火曜夜10時枠は綾瀬はるかさん主演の、ドラマ『義母と娘のブルース』が2018年7月スタートです!

幻と呼ばれるまでになった人気4コマ漫画のドラマ化で、注目度も高い作品です。義母と娘の関わりの中で互いに成長していくハートフルコメディーです。

初の母役の綾瀬はるかさんとそのお相手を務める竹野内豊さんの豪華共演も見逃せません!

本記事では、ドラマ『義母と娘のブルース』のネタバレや感想、あらすじを最終回まで追いかけていきますので、ぜひ、ご期待ください。

義母と娘のブルースを無料で初回から最終回まで見逃し視聴!pandoraとdailymotionも

2018.07.17

義母と娘のブルースキャストとロケ地!相関図や主題歌の紹介

2018.06.14

義母と娘のブルース原作ドラマネタバレ感想!最終回まで初回(第1話)から随時更新

2018.05.13

義母と娘のブルース視聴率速報と一覧!初回(1話)~最終回まで随時更新

2018.05.01

スポンサーリンク