義母と娘のブルース視聴率速報と一覧!初回(1話)~最終回まで随時更新

2018年7月夏ドラマ、TBS火曜夜10時は綾瀬はるかさん主演の、『義母と娘のブルース』が2018年7月10日スタートです!

今や入手困難と言われる幻の4コマ漫画『義母と娘のブルース』がついにドラマ化します!笑いあり涙ありのヒューマンドラマです。

脚本は『世界の中心で愛を叫ぶ』や『JIN-仁-』、『天皇の料理番』など数々のヒット作を手掛けた森下佳子さんが担当します。

こちらの記事ではドラマ『義母と娘のブルース』の視聴率速報と一覧と初回(第1話)から最終話までの視聴率を随時紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ「義母と娘のブルース」あらすじと反応や期待の声

 

ドラマ「義母と娘のブルース」あらすじ

女性の社会進出が進み、晩婚化となっている昨今、家族の形も多様化していくのではないだろうか…。本ドラマは、綾瀬はるかさん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。そこにあるのは、大事件でもハプニングでもなく、当たり前の喜びや、悲しみ、そして時にほっこりとする小さな奇跡である。

親子の愛、友との絆、支えてくれる周囲の人間たちの優しさ、
満ち足りている時には気がつかない。
しかし、欠けてしまうと、どうしようもない淋しさに包まれてしまう。

当たり前の日常に、実は満ち溢れている、こんな温かい気持ちを、義母と娘のありふれた毎日を通してお届けする。

 

ドラマ「義母と娘のブルース」反応や期待の声

 

 

 

 

 

ドラマ「義母と娘のブルース」初回(第1話)あらすじと感想や視聴率速報

 

初回(第1話)あらすじ

資産家の子女が集まる名門校・英徳学園。伝説の4人組“F4エフフォー”が卒業して10年、学園はかつての輝きを失いかけていた。
2018年春。英徳学園の高等部2年生・江戸川音(杉咲花)は、父が経営する大手化粧品メーカー「エド・クオリティ化粧品」が倒産し、生活が一変。母・由紀恵(菊池桃子)と二人、貧乏生活を送りながら、“隠れ庶民”として英徳学園に通っていた。
一方、その英徳学園でカリスマとして崇められているのが、神楽木ホールディングスの御曹司である神楽木晴(平野紫耀)。父・巌(滝藤賢一)は、道明寺財閥と肩を並べる日本三大財閥の一つを束ねる若き会長だ。F4エフフォーの道明寺司に憧れる晴は、英徳学園に栄光を取り戻すため、幼馴染の平海斗(濱田龍臣)らと“C5シーファイブ”を結成。「学園に寄付金を払えない庶民は英徳にふさわしくない」として生徒を退学させる“庶民狩り”を行っている。
 “隠れ庶民”の音は“庶民狩り”におびえながらも英徳学園に通い続けていたが、それにはある理由が・・・。音には馳天馬(中川大志)という婚約者がいて、天馬の継母・利恵(高岡早紀)から「音が18歳になるまで英徳学園に通うこと」を結婚の条件にされているのだ。

そんなある日、音と晴は最悪の出会いを果たし…。

 

初回(第1話)の感想

 

これを学校でされるとキツいかもーーー自分的には爆笑したけど。

 

大樹はみゆきの事が好きって一瞬でわかった!このやり取りが可愛い過ぎた。

 

超可愛いーー!!そうそう、このくらいの男子って好きな子に素直に言えないからブスブス言うんですよねーそれがちゃんとブスじゃねーよ!と言った大樹は偉い!!

 

予想を裏切って原作とは違うシナリオにして欲しいです。ハッピーエンドが良いよ。

 

第1話の視聴率速報

平均視聴率が11.5%

 

ドラマ「義母と娘のブルース」第2話あらすじと感想や視聴率速報

 

第2話あらすじ

宮本家に引っ越してきた 岩木亜希子 (綾瀬はるか) と 良一 (竹野内豊) ・宮本みゆき (横溝菜帆) 3人の生活がスタートする。亜希子は、良い母親になろうと奮闘するが、逆にその行動がみゆきの反感を買ってしまっていた。一度は採用を決めたものの、義母になることに再び反旗を翻すみゆきは、亜希子を追い出そうと、クラスメイトの ヒロキ (大智) と一緒にある作戦を考える。 一方、会社の女性社員を集めて、なにやらリサーチをかける亜希子。女性社員たちに子持ちの男性と結婚したことを公開すると、すぐに会社中に広まってしまう。その事実をまったく知らなかった部下の 田口 (浅利陽介) は、亜希子に自分の想いを伝えようと花束を持って颯爽と出社する…。仕事をこなしながらも変わらず母親になろうと努力を惜しまない亜希子。 だが、亜希子には自分の中に母親像がない。そこで、みゆきの母親・愛 (奥山佳恵) をコピーすることを思いつき、みゆきが母親とよく行った場所・作っていた料理など、一生懸命に研究する亜希子の姿を見て、拒んでいたみゆきも心が揺れ動き、複雑な気持ちになっていく…

 

第2話の感想

 

 

第2話の視聴率速報

平均視聴率が11.3%

 

ドラマ「義母と娘のブルース」第3話あらすじと感想や視聴率速報

 

第3話あらすじ

あらすじ

 

第3話の感想

 

 

第3話の視聴率速報

平均視聴率が%

 

ドラマ「義母と娘のブルース」第4話あらすじと感想や視聴率速報

 

第4話あらすじ

あらすじ

 

第4話の感想

 

 

第4話の視聴率速報

平均視聴率が%

 

ドラマ「義母と娘のブルース」第5話あらすじと感想や視聴率速報

 

第5話あらすじ

あらすじ

 

第5話の感想

 

 

第5話の視聴率速報

平均視聴率が%

 

ドラマ「義母と娘のブルース」第6話あらすじと感想や視聴率速報

 

第6話あらすじ

あらすじ

 

第6話の感想

 

 

第6話の視聴率速報

平均視聴率が%

 

ドラマ「義母と娘のブルース」第7話あらすじと感想や視聴率速報

 

第7話あらすじ

あらすじ

 

第7話の感想

 

 

第7話の視聴率速報

平均視聴率が%

 

ドラマ「義母と娘のブルース」第8話あらすじと感想や視聴率速報

 

第8話あらすじ

あらすじ

 

第8話の感想

 

 

第8話の視聴率速報

平均視聴率が%

 

ドラマ「義母と娘のブルース」第9話あらすじと感想や視聴率速報

 

第9話あらすじ

あらすじ

 

第9話の感想

 

 

第9話の視聴率速報

平均視聴率が%

 

ドラマ「義母と娘のブルース」最終回(第10話)あらすじと感想や視聴率速報

 

最終回(第10話)あらすじ

あらすじ

 

最終回(第10話)の感想

 

 

最終回(第10話)の視聴率速報

平均視聴率が%

 

ドラマ「義母と娘のブルース」の全話視聴率一覧表

 

話数 日時 視聴率
第1話 2018年7月10日 11.5%
第2話 2018年7月17日 11.3%
第3話 2018年7月24日
第4話 2018年7月31日
第5話 2018年8月7日
第6話 2018年8月14日
第7話 2018年8月21日
第8話 2018年8月28日
第9話 2018年9月4日
第10話 2018年9月11日

 

「TBS系22時枠火曜ドラマ」枠の過去作品の視聴率

 

参考として、ドラマ『義母と娘のブルース』が放映される『火曜ドラマ』枠の過去作品の視聴率を見ていきましょう。

 

2017年4月18日-6月20日 】「あなたのことはそれほど」 視聴率

  • 初回〈第1話〉視聴率:11.1%
  • 最終回〈第10話〉視聴率:14.8%
  • 全話平均視聴率:11.2%

朝ドラで一躍注目女優の波瑠(はる)。初回(15分拡大)スタート時は好調。2話以降9%台をキープ。ドラマの急展開する6話からは、2桁に回復、最終回は15分拡大で、最高視聴率を出した。

 

2017年7月18日-9月19日 】「カンナさーん!」視聴率

  • 初回〈第1話〉視聴率:12.6%
  • 最終回〈第10話〉視聴率:10.1%
  • 全話平均視聴率:10.1%

深谷かほるによる漫画をドラマ化。主人公カンナを渡辺直美が演じている。初回(15分拡大)から2桁を3話までキープ。その後は9~7%。主人公カンナが幸せになる展開9話から再び10%台を出し、最終回(15分拡大)でも、キープした。

 

2017年10月17日-12月19日 】「監獄のお姫さま」視聴率

  • 初回〈第1話〉視聴率:9.6%
  • 最終回〈第10話〉視聴率:7.1%
  • 全話平均視聴率:7.7%

オリジナルドラマ。宮藤官九郎が脚本を手がけ、主人公馬場カヨを小泉今日子が演じている。初回(15分拡大)から約10%であるも2桁をギリギリ切ってしまう。その後は9~7%。主人公カンナが幸せになる展開9話から再び10%台を出し、最終回(15分拡大)でも、キープした。

 

【2018年1月16日-3月20日】「きみが心に棲みついた」視聴率

  • 初回〈第1話〉視聴率:9.4%
  • 最終回〈第10話〉視聴率:8.3%
  • 全話平均視聴率:7.7%

天堂きりんによる漫画をドラマ化。主演は吉岡里帆で初回視聴率は9.4%でした。その後は6%から8%を推移して最低視聴率が第7話の6.5%。その後持ち直して最終回で8.3%となり平均視聴率が7.7%となりました。

 

【2017年4月17日-6月19日】「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」視聴率

  • 初回〈第1話〉視聴率:7.4%
  • 最終回〈第11話〉視聴率:9.5%
  • 全話平均視聴率:8.3%

神尾葉子による漫画をドラマ化。主演は杉咲花で初回視聴率は7.4%でした。その後は7%から9%を推移して最低視聴率がW杯と重なった第10話の5.2%。その後最終回で9.5%となり平均視聴率が8.3%となりました。

 

「TBS系22時枠火曜ドラマ」枠過去作品の視聴率一覧表

タイトル 初回視聴率 最終回視聴率 全話平均視聴率
あなたのことはそれほど 11.1% 14.8% 11.2%
カンナさーん! 12.6% 10.1% 10.1%
監獄のお姫さま 9.6% 7.1% 7.7%
きみが心に棲みついた 9.4% 8.3% 7.7%
花のち晴れ〜花男 Next Season〜 7.4% 9.5% 8.3%

名作ぞろいの火曜ドラマ。

『監獄のお姫さま』以降視聴率的には一度も2桁を超えたことはありません。

また『監獄のお姫さま』、『きみが心に棲みついた』は平均視聴率がどちらも7.7%と8%を超えていないです。

ドラマ『義母と娘のブルース』は、原作が漫画になります。そして主役が綾瀬はるかさんで日本テレビ系列の『奥様は取扱い注意』で高視聴率を叩き出したこともあり視聴率も今までよりは期待大です。

 

ドラマ「義母と娘のブルース」全話視聴率速報と一覧随時更新まとめ

 

2018年夏ドラマ7月期は、桜沢鈴原作の『義母と娘のブルース』です。

綾瀬はるかが初の義母役ということもあり期待したい所です。

 

本記事では、ドラマ『義母と娘のブルース』視聴率を最終回まで追いかけていきますので、ぜひ、ご期待ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)