ハゲタカ(2018)第5話(4話)ネタバレ感想とあらすじの紹介【綾野剛テレビ朝日ドラマ】

2018年7月期のテレビ朝日、木曜ドラマ枠は、綾野剛さん主演のドラマ『ハゲタカ』です。

テレビ朝日の連続ドラマ初主演となる綾野剛さんが、累計230万部を突破した大ヒット小説「ハゲタカ」のダークヒーローに扮し、企業の再生に挑む、痛快エンターテインメントです!

本作品は2007年にNHKでドラマ化され、全6話で放送されました。また、2009年には映画化され大きな反響を呼びました。

こちらの記事では、ドラマ『ハゲタカ』の第4話と第5話のあらすじやネタバレ、感想をご紹介します!

スポンサーリンク

動画共有サイトでドラマ「ハゲタカ」を初回(第1話)から最終話を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、『ハゲタカ』の初回(第1話)から最終話がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスのお試し期間を利用してくださいね。

 

ドラマ「ハゲタカ」を視るならU-NEXTがオススメ

 

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

『ハゲタカ』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を今すぐ見ることができます。

無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ(2017)
  • コウノドリ2期(2017)
  • 陸王
  • 監獄のお姫さま
  • わろてんか
  • 重要参考人探偵
  • 科捜研の女17シーズン
  • 奥様は、取扱い注意

など見放題ではないですが国内ドラマの種類が一番豊富で多数配信されています。(2017年10月末現在)

 

ドラマ「ハゲタカ」のあらすじや展開と期待の声

 

ドラマ「ハゲタカ」のあらすじ

バブル崩壊後の1997年、“失われた10年”の渦中にあった日本に突如として現れた外資系投資ファンド代表の鷲津政彦――“ハゲタカ”と激しいバッシングを受けながらも、不良債権を抱えた“大銀行”や経営不振の“名門企業”へ次々と買収劇を仕掛け、鮮やかに勝利していく。

『買収のスペシャリスト』として、対象企業を誰よりも徹底的に調べ上げ、丸裸にし、闘いに挑む――そんな圧倒的なカリスマ性で突き進んでいくダークヒーロー・鷲津の姿は、男性だけでなく、多くの女性たちをも虜にする。

 

ドラマ「ハゲタカ」への期待の声

放送が決定し、期待の声が多く上がっています。

その中から、いくつかご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

さすがに大ヒット小説だけあって、原作を知る人が多いようですね。また、NHKのドラマや映画も人気作だったようで、ハードルがかなり上がっています!

数々の名言や社会現象にもなった仕草など、見逃せないポイントの多いドラマですね!

スポンサーリンク

ドラマ「ハゲタカ」第4話あらすじや感想とネタバレ

 

第4話あらすじ

 鷲津(綾野剛)の策略で三葉銀行の隠し口座の件が公となり、常務取締役の飯島(小林薫)が失脚してから9年――鷲津率いるホライズンジャパン・パートナーズは国内有数の大手電機メーカー『あけぼの』の買収を画策していた。
 その矢先、三葉銀行を辞め、企業再生のスペシャリストとして活躍していた芝野(渡部篤郎)が『あけぼの』の再生担当執行役員に就任。それを知った鷲津は、買収の件を一旦保留にするよう、社員たちに命じる。
 経営状態が良くない企業で容赦ないリストラを断行し“首切り屋”とも揶揄されながらも、いくつもの企業を再生させてきた芝野を警戒する鷲津。佐伯(杉本哲太)、中延(光石研)らは鷲津の指示に従うが、アラン(池内博之)だけは、その判断に反発を示すのだった…。

 そんな中、PCメーカー『ファインTD』の社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)が『あけぼの』買収に動き始める。『ファインTD』を一代で大きく成長させた滝本は、カリスマ経営者として名を馳せていたが、一方で業績拡大のためなら手段を選ばないという強欲な一面も持っていた。
 大手の『あけぼの』を手中に収め、さらなる事業拡大を図ろうとする滝本。『あけぼの』に対し、最初は友好的な救済的買収を提案するが、芝野と社長の諸星恒平(筒井道隆)が拒否すると途端に態度を変え…?

 

第4話の感想やネタバレ

 

第4話の感想

 

 

何億というお金を動かしながら、庶民の感じがいいですね!多分食事の時間も短縮できるというのも立ち食いの理由でしょうけど。

 

 

9年ぶりで、そんなに驚かないのが面白かったです。

 

 

せっかくならハゲタカと犬ではなく、何か鳥で例えてほしかったと、勝手に思っていました(笑)

 

鷲津にとっては褒め言葉以外の何者でもありませんね。

 

 

 

 

 

アランが裏切るとは・・・。ボスもまんまと鷲津をクビにしてしまうなんて・・・。

 

 

第2章に入り、慌ただしくなってきましたね!敵が多いなぁと思う中で、やはり芝野は鷲津と協力してほしい!!

しかし、瀧本は嫌がらせのしかたが本当にイヤラシイ!!姑息で、陰湿!!必ず、ギャフンと言わせてほしいです!そして、アラン・・・。パソコンで改ざんしていましたよね?一瞬であまり分かりませんでしたが・・・。それでも、鷲津は「かすり傷」ですけどね!

 

第4話のネタバレ

三葉銀行の飯島の失脚から9年の歳月が流れた。飯島失脚後、三葉銀行を辞めた芝野は企業再生のスペシャリストとなり、この度、経営危機に陥った総合電機メーカー「あけぼの」の再生担当執行役員に就任した。あけぼのの社長・諸星は芝野の大学の同期だった。芝野は再生案・フェニックス計画を提示するが、その内容は赤字の部門の売却や大きな規模縮小と人員削減がメインであった。あけぼの会長・新見は芝野を「首切り屋」と揶揄し、再生案を受け入れない。

そして、「あけぼの」を買収しようとしていた鷲津もそのことを知り、買収を一旦保留にすると言うと、アランはそれに反対する。しかし、鷲津はここ数年の芝野の手腕を鑑みて、絶対に勝てる勝負しかしないと保留を決めた。鷲津は芝野が失敗すれば買収はよりスムーズになるとも考えていたのだった。

芝野の娘・あずさも就職し、広告デザイナーとして活躍していた。レストランであった芝野はあずさの成長を嬉しく思う。

その頃、日本ルネサンス機構が立ち上がっていた。これは政府が立ち上げたもので、企業再生を助ける機構だった。いわば、外資とは敵対関係にある。中延はその懇談会の招待状を手に入れてきた。その夜、別件で中延を誘う鷲津に、アランは9時から電話で本社との会議があると言う。会議はアランに任せるというと、度重なる会議欠席で鷲津は職務怠慢と反抗的な態度で目をつけられていると言う。しかし鷲津は会議より現場を大切にしていると言い放ち、アランは腑に落ちない表情を浮かべる。

そしてついに、PCメーカー「ファインTD」の社長・瀧本がフェニックス計画に目を通し、「あけぼの」に接触してくる。瀧本は「あけぼの」を訪れ、救済型の買収案を提示する。瀧本はレーダー開発部をファインに移籍させ、その他の部署の資金援助を約束したものだった。それを見たあけぼの社長・諸星は考えたいと言うが、芝野はあっさり断った。その理由に、ファインは過去に買収した相手に対し、当初の提案を無視したことがあり、友好的提案は信じられないということがあった。すると瀧本は態度を一変し、TOBを仕掛けると言い出す。TOBとは、株の公開買付けのことで、敵対的買収にほかならない。しかし、TOBを仕掛けるとなると1.5兆円必要だが、そのくらいならと余裕の瀧本。一週間の後、買収案を受け入れるかどうかを考えるよう言い残し去っていった。

一方、鷲津は企業の救済を目的とした日本ルネサンス機構のパーティーに潜り込んでいた。この機構のトップは皮肉なことに三葉銀行の総裁だった。そこで、瀧本と出会う。瀧本はホライズンについて調べ上げていた。そして鷲津に、ファインがあけぼのを買収しようとしていると情報が入る。ふたりはまたどこかでと言い別れる。

その頃、アランは鷲津のパソコンをいじり、十分な利益とベストな利益は違うとつぶやいていた・・・。

諸星は縮小対象のレーダー開発部に現れた。そこには部長であり、諸星に仕事を教えた先輩でもある中尾がいた。中尾は自分らの開発が会社の重荷であることを分かりながら、新見会長の温かい思いに応えたいと、縮小をどうにかならないかと頼み込む。

ある日、ホライズン本社があけぼのの買収から撤退するよう通達してくる。ファインについて調べた結果、バックにはアメリカ最大の軍需産業ファンド「プラザ・グループ」が付いていると判明する。鷲津はそのことを芝野に伝えるべく9年ぶりに電話をする。そして、芝野と諸星はホライズンにやってきた。そこで鷲津は、ファインはあけぼのの「レーダー開発部」をプラザグループに渡すことが目的だと言う。あけぼののレーダー技術をミサイルのレーダーに使おうとしているのだ。しかし、プラザグループは表立って日本の企業買収に乗り出せないため、ファインと手を組んだのだ。

プラザグループの資産8兆円を考えると、TOBを仕掛けられれば、買収はほぼ間違いない。諸星は自分らの技術が軍に利用されるなど納得がいかず、なんとしてもTOBは避けたいところ。そこで、鷲津の提案によりホライズンをホワイトナイトとすることにした。ホワイトナイトとは、敵対的買収に対し、企業を守る買収を行うことだった。しかしこれは、本社からの撤退命令に背く行為であった。

ホライズンはあけぼののレーダー開発部を買い上げ、非公開とする。そうすることで、レーダー開発部が目的のプラザグループはTOBの資金を出さなくなる。結果、瀧本はTOBを断念せざるを得ないのだった。

TOBを邪魔された瀧本は、芝野の娘や妻のことを調べ、嫌がらせをする。あずさは、クライアントのクレームの責任を取り、プロジェクトを外され、出向が決まった。妻・亜希子はアルコール中毒だったが、ここ数年酒をやめていたのに、家に次々と酒が送られてくる。芝野はこの一連の出来事が瀧本の仕業であると気づいたが、為す術がない。

そして、鷲津は本社の意向に背いたとして解雇される。しかし、それは表向きであり、裏ではプラザグループがホライズン本社に講義したためだった。アランは鷲津に書類を渡し、そこにサインすれば7年間の守秘義務があり、敵対会社では働けないが、本来出るはずのない違約金25億を渡すという。鷲津は何も言わずその場を去る。

そして当然、ホワイトナイトの話も白紙に戻った。そのことを知った芝野は鷲津を呼び出す。解雇の裏には瀧本が関わっていると知っていた芝野は鷲津を心配する。しかし、鷲津は「わたしはまだ生きている」と力強く言う。

ホライズンジャパンの後任社長はアランだったが、アランの裏切りとも言える行為に反発した佐伯、中延、女性社員1人が鷲津の元へ行く。その際、鷲津はアランが渡した書類を返却するよう佐伯に渡していた。

鷲津はファインを訪れ、新しくファンドを立ち上げ、あけぼの買収に動くと瀧本に宣戦布告する。

 

ドラマ「ハゲタカ」第5話あらすじや感想とネタバレ

 

第5話あらすじ

総合電機メーカー『あけぼの』の買収を狙う『ファインTD』社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)の策略と、腹心の部下だったアラン(池内博之)の裏切りにより、ホライズンを解雇された鷲津(綾野剛)。しかし、佐伯(杉本哲太)や中延(光石研)ら鷲津を慕って付いてきた仲間たちと新たに『サムライファンド』を立ち上げ、『あけぼの』を守るためにふたたび滝本と対峙する準備を始める。
 一方、『あけぼの』の再生担当執行役員・芝野(渡部篤郎)は、『ファインTD』の買収から会社を守るため、レーダー開発部の売却を検討。その動きを知った鷲津と滝本は、それぞれ方針を水面下での「あけぼの」株の争奪戦に切り替える。

 その頃、ホライズンジャパン・パートナーズの新社長に就任したアランは、これまでに鷲津が手がけてきた企業の株式を次々と売却していた。貴子(沢尻エリカ)が社長を務める『日光みやびホテル』もそのうちの一社に。アランから、2週間の猶予の間に51億円を用意するよう告げられた上、鷲津がホライズンを解雇されたことを聞かされた貴子は、途方に暮れるのだった…。

 そんな中、『あけぼの』製のコンピュータに不具合が生じ、株が大暴落。『ファインTD』の後ろ盾となっているアメリカ大手の軍産ファンド『プラザ・グループ』による先制攻撃と見た鷲津たちは、資金を調達し徹底的に『あけぼの』株を買い集める。こうして『サムライファンド』と『ファインTD』の壮絶な株争奪戦の幕が切って落とされる!

 

第5話に対する期待の声

 

 

 

 

 

 

第5話の展開予想

次回は、瀧本とのバトルより、アランがしでかすことが気になります!日光みやびホテル、大変なことになりますね。きっと鷲津はまた多香子を救ってくれるでしょう!そして、アランは自分の浅はかさに気づけばいい!という、願望です。

新しく「サムライファンド」が立ち上がりますが、そこに集まるメンバーが気になりますね!ホライズンを辞めた3人は確定ですが、、、。

 

第5話の感想やネタバレ

 

第5話の感想

 

あくまでクールな鷲津さん(笑)

 

 

キターって内心思ってるんでしょうねぇ。

 

 

中尾部長や社員のために負けられないと思ったでしょうね。

 

 

 

 

 

口調や表情が分かりにくいですが、本当は優しい人ですね。

 

この株価ありきで、あのうどんの値段だったのでしょうか?偶然ですかね?

 

 

 

いよいよ盛り上がって来ましたね!!新見会長が滝本とマッサージ受けていたときには、あちゃ~っと思いましたが、TOBを仕掛けてくるとは・・・。しかもかなり好戦的な記者会見付きで(笑)

みやびホテルのことは、きっと鷲津がどうにかしてくれそうな予感です。しかし、アランは一気に悪役ぶりが増しましたね!アランは本社の指示を無視してますが、それは大丈夫なんでしょうか??

 

第5話のネタバレ

 

鷲津が立ち上げた新しいファンドは「サムライファンド」と名付けられた。

芝野は亜希子の病院に付き添い、巻き込んでしまったことを謝った。亜希子は銀行時代よりいい顔をしていると芝野を励ました。

あけぼのの会長・新見はファインの買収から守るためにレーダー開発部を売却することは承知したが、売却先がサムライファンドであることは納得せず、他を探すように命じる。サムライファンドを立ち上げた鷲津はホワイトナイトを白紙に戻した張本人だと思っているのだった。芝野は鷲津に責任はないと言うが、新見は意見を変えようとしない。その流れを読んでいた滝本はニンマリ。そしてサムライファンドとファインとの水面下での株の争奪戦に移っていく。もちろん、鷲津もその争奪戦に備えていた。

その頃、アランは鷲津の買収した企業を次々に売却していった。それを受け、鷲津はその企業をまとめて買おうと動き出した。

日光みやびホテルは、借金を返済し、順調に売上を上げていた。そんな日光みやびホテルにホライズンから突然、株式を売却するという通知が届き、貴子はホライズンを訪れるが、そこで鷲津が解雇されたことを知り、動揺する。アランは書面に書いてある8月20日より一週間延ばした8月27日を期日とし、それまでに51億円用意できなければ株を売られるという状況に陥る。猶予は3週間だった。

鷲津はホライズンに売却予定の企業をまとめて1200億円で買うと提案するが、アランは交渉さえしそうにない。そこで鷲津は本社に直接交渉する。

ファインの滝本は新見に会い、レーダー開発部をファインに売ることがいかにいいことかを言葉巧みに言って聞かせた。滝本は新見のトップに経っていたいという欲を見抜き、ファインに売ることでそれが叶うと言うのだった。

その頃、みやびホテルでは、貴子と副支配人となった珠香が話し合っていた。珠香は鷲津に相談してはと言うが、貴子は鷲津からの連絡がないため、二の足を踏んでいた。

そんな中、あけのぼのホストコンピューターがダウンするというアクシデントが起こる。あけぼの株が暴落し、サムライファンドとファインの間であけぼの株の争奪戦が始まる。しかし、プラザグループをバックに持つファインは潤沢な資金で、サムライファンドを少し上回る株を買い占めた。この時点でサムライファンドは1500万株ほど足りなかった。そんな時、サムライファンドに芝野が現れ、レーダー開発部部長の中尾を連れてくる。中尾は社員の保有株20万株をまとめて持ってきた。数としてはあまり多くはないが、あけぼのの社員の気持ちがこもった20万株だった。それを受けた鷲津は「勝つことより負けないこと」が重要と言い、芝野にある提案をする。

鷲津は、日本ルネサンス機構に目をつけ、その顧問となっていた飯島を呼び出した。飯島は鷲津と芝野を見て、少しの嫌味を言いつつ、要件を聞いた。鷲津は日本ルネサンス機構にレーダー開発部を買い取ってほしいと言う。政府がレーダー開発部を保有することでアメリカ企業は用意に手出しができなくなるのだ。鷲津はこの話は飯島にも旨味のあるビジネスだと言うが、飯島は答えを一旦保留にした。

その後、鷲津はホライズンが売却する企業をまとめて1200億円で買い取ることを本社に了承を得たため、書類と小切手を持ってホライズンを訪れるが、アランはすでに日光みやびホテルを売却してしまっていた。目の前で日光みやびホテルに電話をし、貴子にそのことを伝えるアラン。貴子は期日の27日はまだだと言うが、アランはそんな口約束は覚えていないと言い、書面の20日を期日としたのだった。恨むなら鷲津を恨めと貴子に言い、電話を切った。アランは本社の支持を無視し、鷲津を出し抜いたつもりだったのだ。

一方、新見と滝本は再び会っていた。新見は滝本の言うことに賛同してしまった。そして、新見は諸星の社長解任を要求した。その席で、あけぼのがファインと統合することを発表したのだった。当然、芝野も解任された。

鷲津は貴子に電話をし、今回のことを謝罪する。貴子は解雇されたという鷲津を気遣う。何か力になれないかと聞く鷲津に、貴子はもう十分ですと力なく答えた。

そんな中、あけぼのとフィンの統合の動きが発表され、その直後、ことの真相を知る中尾が脳梗塞で倒れる。病院に集まった芝野と諸星に鷲津はここからが本当の戦いだと言った。

そして、サムライファンドがあけぼのに対してTOBを仕掛けると発表した。記者会見で鷲津は、1株990円で買い付けると公表し、現在750円前後のあけぼの株に対してのプレミアム買付けとなった。このTOBはファインとの統合を決めたあけぼのの経営陣に対するNOを突きつけるものだと言い切った。

 

ドラマ「ハゲタカ」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

『ハゲタカ』第4話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、『ハゲタカ』の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • U-NEXTのお試し期間で見る
  • dTVのお試し期間で見る
  • auビデオパスのお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信や無料動画Tver

 

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

テレビ朝日オンデマンド 動画はコチラ
Tver 動画はコチラ

 

まずは、『ハゲタカ』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、『ハゲタカ』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

無料動画配信で有名な、Tverでも『ハゲタカ』の見逃し配信が行われています。

こちらも、『ハゲタカ』の配信は最新話に限られております。

Tverでの『ハゲタカ』の見逃し配信は、コチラから。

 

U-NEXT

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

『ハゲタカ』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を今すぐ見ることができます。

お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ(2017)
  • コウノドリ2期(2017)
  • 陸王
  • 監獄のお姫さま
  • わろてんか
  • 重要参考人探偵
  • 科捜研の女17シーズン
  • 奥様は、取扱い注意

など見放題ではないですが国内ドラマの種類が一番豊富で多数配信されています。(2017年10月末現在)

 

dTV

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

もともとは、docomoユーザーのためのサービスでしたが、2014年4月からは誰でも契約できるようになっています。

月額500円と見放題サービスの中で圧倒的な安さを誇り、動画数も12万本と充実しているのが魅力です。

dTVには、31日間の無料お試し期間があり、期間内に解約した場合、一切料金がかかりません。

『ハゲタカ』の見逃し配信は、毎週木曜の12時に更新されます。

 

auビデオパス

auビデオパスは、auユーザーが利用できるau公式動画配信サービスです。

利用できるのがauユーザーに限られますが、見放題プランは月額562円(税抜き)で、毎月、新作が観られるコイン(540円相当)が貰えるお得なサービスになっています。

auビデオパスでは、初回加入時は30日間無料となります。

つまり、加入して30日以内で退会した場合、料金は一切必要ありません。

『ハゲタカ』は、第1話から最新話まで、見放題配信されていますので、30日間の無料期間中に視聴すれば、第2話の見逃し配信を無料で視聴できるということです。

auユーザーの方には、断然おススメの無料視聴方法です。

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

『ハゲタカ』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、第3話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

ドラマ「ハゲタカ」第4話と第5話のネタバレ感想とあらすじ紹介まとめ

 

累計230万部の大ヒット小説「ハゲタカ」が連続ドラマ化されます!ドラマオリジナルのエピソードもあり、過去のSPドラマや映画とはまた一味違う作品です!

バブル崩壊後の1997年に突如現れた、最強の企業買収者・鷲津。彼は企業再生のため圧倒的な知性とカリスマ性で、権力に立ち向かっていきます!

謎に満ちた鷲津を演じるのは、ミステリアスな実力派俳優・綾野剛。その痛快な手腕に期待しましょう!

本記事では、ドラマ『ハゲタカ』のネタバレや感想、あらすじを各話ごとに追いかけていきますので、ぜひご期待ください。

スポンサーリンク

『ハゲタカ』見逃し動画を今すぐ見る方法
  1. U-NEXTの31日間キャンペーンに登録
  2. 登録時に600ポイントもらえるので、それを利用してお試し視聴