花のち晴れ第8話(7話)ネタバレ感想とあらすじの紹介【花男 Next Season】

2018年4月春ドラマ、TBS火曜夜10時は杉咲花さん主演の、『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』が2018年4月17日スタートです!

ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』の原作は少年ジャンプ+にて大好評連載中の漫画です。2005年放送の「花より男子」、2007年放送の「花より男子2」の続編です。

こちらの記事では2018年4月春ドラマ、『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』の第7話と次回の第8話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」第7話あらすじや感想

 

第7話あらすじ

音(杉咲花)は天馬(中川大志)から桃乃園学院への転校を勧められる。 「音を守りたい」という天馬の言葉がうれしい一方で、晴(平野紫耀)からの情熱的な告白が忘れられない音は、心の中にモヤモヤを抱えていた。 そんな中、海斗(濱田龍臣)が突如、庶民狩りの再開を宣言!!冷酷なまでに庶民狩りをする晴を見た音は、「自分が原因では?」と思い、晴を追う。 しかし音を待ち受けていたのは、一茶(鈴木仁)と杉丸(中田圭祐)だった。二人は、C5が庶民狩りを始めたきっかけを話し始め…。

 

第7話の感想やネタバレ

 

第7話の感想

 

ハルトも昔はオドオド、ビクビクしてたのね。歩く感じからして今と違う

 

伝説の女、牧野つくし。音も同じようになれたら良いなぁ

 

懐かしいぃ。道明寺のこのシーン。キューンとしてたの覚えてるよ。ハルトも同じ事するなんて。

 

 

神楽木パパ・・・ハルトを期待させて喜ばせてしまって。可哀想なハルト

 

 

 

 

 

歩きながらも同じ事考えてるなんて、切ないよーー

 

 

 

 

 

 

音に振られたハルトがまた庶民狩りをし始めたり、ハルトパパがめぐみに目をつけてお見合いをさせようと画策したり、花男を見た事がある人なら「あるある」場面でしたね。一度は桃乃園学園に行こうと決めた音でしたが、やっぱり英徳に残る事にした音を天馬は不安に思うんでしょうね。

 

第7話のネタバレ

デートの終わりに、天馬は音に、「利恵さんは説得する」と「自分が音を守りたいんだ」と言い、音を桃乃園学園への転入を勧めた。音は、家の前で、天馬のことを思い出し、天馬の気持ちも笑顔も嬉しかったけど、ただ一つ、心にモヤモヤしたものを抱いていた。 その原因は、ハルトだった。

次の日、英徳学園では、めぐみの効果で転入生がたくさん押し寄せていた。C5の集合場所では、海斗が「今こそ、C5の出番だ。ハルト」と声をかけた。「我々C 5は庶民狩りを再開する」と生徒の前で言う。愛梨は、ハルトの態度にも、いきなり庶民狩りを始めた海斗にも腹が立っていた。「全部線を引いたのは私だから。私神楽木の告白断ったの。だからいいの。」 そう愛梨に告げた。愛梨はハルトに「このまま音を諦めていいの?」と言うがハルトは「もう終わった事だ、それに英徳を守るためだ」と呟いた。音が教室で座っていると、C5と、ある男子学生が入って来た。 その男子学生が「2年D組神田麻美!あいつです!」と指をさす。 音は驚いた。麻美は泣きながら、教室を出て行った。

父・巌が来て、ハルトに付き合うよう誘って来た。連れて行かれた先はオーダーメイドのスーツの店だった。 巌は、 「私も先代にスーツを作ってもらったことがある。先代はこう言った。 一流の服を身につけろ。服で妥協するものは人生でも妥協する。神楽木家にふさわしいものを身につけろ」とハルトは「それって」ハルトは思わず笑みがこぼれる。 そして、出来上がったスーツを着て、来週食事に行くという。 ハルトは英徳が立ち直ってきたからそのお祝いだと思い心から喜んだ。

その頃、音は、天馬と利恵と3人で食事をしていた。 音の桃乃園学園の転入祝いとこれまでのお詫びだと。利恵は、音と天馬の婚約に反対だったため、いつかお金が払えなくなって退学すると思っていたからだった。 でも今は、天馬と音が深く想い合っているから応援していると告げた。音は、桃乃園に見学しに行った。 天馬は 「これからは、僕が音を守るから」と言う。

一方、ハルトはオーダーメイドのスーツを着ていた。 そのとき、巌が来て、ハルトのネクタイを直してくれた。そして 「今日はいい日にいい日になりそうだ。」 と言われ、ハルトはほんとに嬉しそうだった。 食事の場所に行くと、巌が「今日は、大事な話がある。神楽木家の将来に関わることだ。是非、お前に同席して欲しくてな。驚いたか。」 ハルト 「いえ、嬉しいです。」 そこに来たのは、めぐみの父親と、めぐみだった。

その頃、音はバイト先で紺野と話をしていた。紺野に、英徳を辞め、桃乃園に転入することを報告した。紺野はハルトに会えないのを残念がり音に本当にそれでいいのかと聞く。めぐみが大慌てでやって来て「ハルト君が行きそうな場所知らない?」と。音は知らないと答えるがバイトの帰りにふと思い出す。

道明寺邸へ向かうとそこに佇むハルト。そこへ秘書・西田が現れタマさんがお茶にお誘いしたいと。中へ入る2人。ハルトは子供の頃の話をした。 子供の頃、父親に見放されたことを。唯一心の支えだったのが道明寺。西田が道明寺が荒ぶっていた頃「赤札」という遊びをやっていて1人の女性つくしに出会って道明寺は変わったと言う。道明寺は、つくしを、仲間を、学園の1人1人を思いやるようになった。そこから生徒も変わっていった。 品格はあとから磨かれたことを聞いた。ハルトは分かってはいたが、「父親も、学園も待ってくれない!」と心に余裕がなかった。 西田とたまに見送られ、ハルトと音は帰った。 西田は、ハルトと音を、司とつくしに似ていると感じていた。それはたまも同じだった。

次の日、音は退学届を持って歩いていた。愛梨に言うと怒るだろうな、と考えてる時、麻美が「話を聞いてください!」と麻美は、「C5が森口を追い出したときからC5に憧れ、英徳学園が好きだった。辞めたくない」と必死で懇願した。 ハルトは 「庶民狩りに、例外はない」と言う。男子生徒が麻美に瓶を振り下ろした、その時、音は咄嗟に麻美を庇い更にハルトが音たちをかばった。そしてハルト 「もうやめた。」 そう言うと、退学届を破り捨てた。音は感動しながらハルトを見た。涙が滲むほどすごく嬉しかった。 ハルトは音が歩いて行く姿を見て、 (最後までありがとな。江戸川) そう思った。 音は、桃乃園へ行き、天馬に 「天馬くん。私、桃乃園には転入出来ません!」

スポンサーリンク

ドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」第8話あらすじや感想

 

第8話あらすじ

音(杉咲花)と晴(平野紫耀)は友達として向き合って行く事を決める。そして晴はメグリン(飯豊まりえ)を「彼女(仮)」とし、音と晴は、それぞれ素敵なカップルになろうと誓い合う。 ある日、音と天馬(中川大志)の映画館デートに合流する事になった晴とメグリン。 そこで音と晴の仲の良さを見て、不安になってしまうメグリンだが、晴のために英徳学園を盛り上げようと自分の誕生パーティーを企画する。しかし、同じ日に馳&江戸川両家で食事会が開かれる事になってしまう…。その食事会は桃乃園への転入を延期した音が、果たして天馬の婚約者として相応しいのかどうか見極める場だった。 音はメグリンの招待を断り、食事会に向かおうとするが…。

 

第8話の反応と期待の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

天馬が謝ってるけど・・・まさかの婚約解消じゃないよね??

 

ハルトにはずっと音を好きでいて欲しいわ。

 

音は何で急に桃乃園には行けないなんて言ったんだろう。

 

天馬は音をかばうだろうけど問題は天馬ママ。また一波乱ありそう

 

何故か可哀想な感じの方を応援したくなるのわかるーー

 

第8話の展開予想

恋から友情へ?ってめっちゃ引っかかるけど、めぐりんとハルトが付き合ってしまうの??天馬が音親子に謝ってるのも気になりますね。まさかの婚約解消とかはないよねー?音が桃乃園へ行かないって言ったから天馬母は益々ハルトとの関係を疑って天馬と別れるように言いそう・・・次回も胸キュンが止まらなさそうですね。

 

第8話の感想やネタバレ

 

第8話の感想

 

このシーンの音ちゃん絶対、素で笑ってるよね〜音晴見てるとめっちゃ和むわぁ。

 

 

 

 

好き→から友達に本当になれるのかしら。晴は必死にめぐみを好きになろうとするのかな。

 

 

 

 

大切な友達と思ってるけど本当の気持ちは今更言えないよね。晴ーー切ないわ。

 

見てる方が辛いっ。不安ばかりで天馬もめぐみも幸せそうではなさそうだ。

 

 

 

 

完全に同意だわ。忘れよう忘れようとすると余計に気になるもんだし。

 

 

第8話のネタバレ

音は、天馬に桃乃園へ転入できない理由を伝えた。 「自分らしく生きることから逃げたくない。」 と。 音は、英徳を好きになってから桃乃園に胸を張って転入し、天馬の後ろではなく、隣を歩けるような人間になりたいと思った。 天馬は、「転入は急ぐことはないから。」と音に微笑んだ。

その頃、C5のプライベートスペースでめぐみはハルトに差し入れを持ってきた。愛莉は「近すぎ!!」とめぐみに言うが、めぐみは「ハルトの彼女(仮)になったから」という言葉を聞き愛莉の怒りはヒートアップ。ハルトはめぐみに「いいのか?俺、ちゃんとするまで時間かかるかもしんねぇけど。」と言うとめぐみはハルトに抱きついて喜んだ。

一方、利恵は天馬に音が桃乃園に転入しない訳を問いただしていた。「天馬さん。本当に大丈夫なんでしょうね?ずっと天馬さんと傍にいたいと言ったのは音さんなのよ。」と。天馬は、少し延期するだけだと、利恵に言うも利恵は 「いいえ。今回ばかりは黙っていられないわ。天馬さんを散々振り回して、婚約者に相応しいか、考えさせてもらうわ。」 そう言い放ち部屋を出て行った。

ハルトが学校へ着くと生徒たちがザワザワしていた。行ってみると英徳の楽章に×が書かれていて「英徳に未来はない」と落書きがあった。騒つく生徒たちを一喝し音はバケツを持って汚れを消してる時、めぐみもやってきてC 5も他の生徒も一緒に消そうと手伝いだした。音が片付けをし雑巾を絞ってる時にハルトは声をかけ雑巾の絞り方を教えて貰う。音は、英徳を好きになるまで残ることを決めたことをハルトに伝えた。そして、ハルトもめぐみの彼氏(仮)になったことを報告し、天馬と音を超えるカップルになると宣言。 ハルトは立ち上がり、音に手を差し出した。 ハルト 「友達として、これからもよろしく。」 音 「うん。友達として」と握手する。

天馬が家に帰ると、父親も音に振り回されていると天馬に伝えた。そして、音の気持ちを聞き、天馬の婚約者に相応しいかどうか、由紀恵も含めて、今度食事会を開こうということになった。 天馬は 「構いません。僕は音を信じています」 と答えた。食事会の予定は6月2日。ちょうど、めぐみの誕生日パーティーの日、音の友人のパーティに呼ばれていると言うと利恵は「いつも音さんに合わせてばかり」と嫌味を言う。

音は、由紀恵に天馬と映画に行った話をしていた。そこへドアを叩く音が。 「音」 そう呼ぶ声は天馬だった。 天馬 「6月2日は、西留さんのパーティーはお断りして、僕の両親と食事をしてほしいんだ。」 由紀恵は、天馬の父親にお詫びをしに行くと立ち上がるも、もう家にはいないと言われ、踏みとどまる。 音は天馬に謝ると 天馬 「ごめん。僕がきちんと親を説得できれば良かったんだけど・・・。ごめん」 と。音はめぐみに連絡した。 めぐみは了承しハルトにも音が来れない事を伝える。音はハルトに会った時にパーティーに行けない事を謝るとハルトは「おまえ何だか変だぞ。何かあれば言え友達だろ」と言う。そしてめぐみが誕生日のロウソクを消した時に付き合ってくれというつもりだとも音に言った。

音は由紀恵と食事の場所へ向かっていると、めぐみの番組で誕生パーティーが中継されており落書きをした犯人らしき人物を見つけてしまう。由紀恵に先に行っててと言い学校にかけつける音、ケーキが爆発したがめぐみは機転を利かせて「サプライズ!!」と言う。

一方由紀恵は天馬の両親に頭を下げ食事会がお開きになろうとした時、音が駆けつけてきハルトもやって来て謝ります。利恵は「一体なんのかしら。あなたと音さんの関係って」と嫌味を言う。ハルトは「僕にとって、江戸川さんは、大切な友人です。彼女は、世界中の誰よりも馳天馬くんを愛してます。江戸川さんは、ずっと心配していました。完璧な馳くんに自分は釣り合わないんじゃないか。自分のせいで、無理させてるんじゃないかって。けど、馳くんが変わらず江戸川さんを愛してるって知って馳くんの傍にいたいって、彼を、笑顔にしたいって、思ってるからです。 だから、今日の食事会を江戸川さんはとても大切にしていました。だから、僕が全部ぶち壊しにした。本当に江戸川さんは悪くないです!許してやってください!!」と頭を下げた。天馬の父はそのハルトの姿を見て許し、音ちゃんにも素敵な友達が出来て良かったと喜ぶ。複雑な気持ちの天馬。

ハルトが学園に戻ると、めぐみが野菜炒めを作っていた。 ハルトはめぐみを抱き寄せ、 「一人にして悪かった。誕生日おめでとう。めぐみ」 めぐみは嬉しくて涙がこぼれる。音は天馬に今日はごめんと謝ると天馬は音を抱きしめる。

 

ドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」初回(第1話)から最終話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

ドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」第8話(7話)ネタバレ感想とあらすじの紹介まとめ

 

2018年春ドラマ、TBS火曜夜10時枠は杉咲花さん主演の、ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』が2018年4月17日スタートです!

2005年放送の「花より男子」の10年後の英徳学園。登場人物一新で、新たな学園ラブコメディーを展開します!「花より男子」の人気キャラの登場にも期待しましょう!

待望の続編に期待は高まるばかりです!

本記事では、ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』のネタバレや感想、あらすじを最終回まで追いかけていきますので、ぜひ、ご期待ください。

スポンサーリンク