ホリデイラブ(ドラマ)第7話(6話)ネタバレ感想やあらすじの紹介

2018年1月冬ドラマ、「金曜ナイトドラマ」枠は仲里依紗さん主演の、『ホリデイラブ』が2017年1月26日スタートです!

ドラマ『ホリデイラブ』の原作はDeNAマンガボックスで連載中の、原作:こやま ゆかり、作画:草壁エリザによる「ホリデイラブ~夫婦間恋愛」です。

こちらの記事では2018年1月冬ドラマ、「金曜ナイトドラマ」『ホリデイラブ』の第6話と第7話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトでドラマ「ホリデイラブ」を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、ドラマ『ホリデイラブ』の初回(第1話)からアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスのお試し期間を利用してくださいね。

 

ドラマ「ホリデイラブ」を視るならU-NEXTがオススメ

 

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

ドラマ『ホリデイラブ』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を今すぐ見ることができます。

無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ(2017)
  • コウノドリ2期(2017)
  • 陸王
  • 監獄のお姫さま
  • わろてんか
  • 重要参考人探偵
  • 科捜研の女17シーズン
  • 奥様は、取扱い注意

など見放題ではないですが国内ドラマの種類が一番豊富で多数配信されています。(2017年10月末現在)

 

ドラマ「ホリデイラブ」第6話あらすじや感想とネタバレ

 

第6話あらすじ

杏寿のホテルでの写真を見せられ、気持ちに整理がつかない純平。自分も浮気をしており、杏寿を許そうと頭では思うが、心がそれをさせない。
家出をした里奈が、アパートへやってきて、猛アピールをするが、純平はこれを拒否し、里奈は泣く泣く純平のアパートを去る。しかし、それから純平の同僚までも巻き込んだ、杏寿の作戦が開始される。

一方、杏寿の経営するネイルサロンにキャンセルの相次ぐ原因となったSNSの投稿は、罪のない娘・七香が保育園で仲間外れにされるという事態を招き、杏寿はそれに耐えられず、ある決心をする。

その頃、杏寿の友人・春田は、偽の黒井(志賀)の居場所を突き止め、会いに行くと、驚くべき真実が明らかとなる。

 

第6話の反応や期待の声

 

 

 

 

 

 

あまりのドロドロさ加減に、登場人物みんなが怪しく見えてきますね。杏寿の姉とはるちゃんには味方のままでいてほしいものです。次回、いよいよ陰謀の内容が見えてきそうです。

 

第6話の展開予想

里奈を拒否した純平ですが、過ぎなる里奈の策略は同僚を巻き込むものなので、優しい純平は参ってしまうでしょう。しかし、どうにか踏みとどまってほしいものです。

杏寿はネイルサロンのキャンセルと、娘の問題で大変な立場に立たされて、子供のためにその土地を離れるなどの決断が必要になるでしょう。

そして、第6話の関心は、偽の黒井(志賀)と春田の直接会った時の会話で、陰謀が明らかになりそうだということです。だれがどう関わっているのか、第5話での春田の不穏な笑みはどういう意味だったのか・・・。

家を出ていかれた渡は、子育てに戸惑い、また抑えきれない里奈への執着がどういう形にせよ、爆発するでしょう。

 

第6話の感想やネタバレ

 

第6話の感想

 

 

 

切ない。渡の不器用さが・・・。

 

里奈がやることに麻痺してきたのか「そうなるよね」と思ってしまう・・・

 

 

 

志賀はなぜ里奈に逆らえないのか・・・?元恋人とか・・・?

 

 

斎藤さんにとっては渡りに船ですもんね・・・。

 

決意の涙・・・。こわい。

 

 

見つけてほしいですね。けど、ビリビリですからね・・・。

 

里奈のしぶとさにある意味感心しました。よくもあの手この手をかんがえますね・・・。前に渡がバカだと言っていましたが、とんでもない!!よく回る頭ですよ。

あの手紙、どうにか発見されてほしいですね。

そして、志賀さん、そこまで悪い人ではなかったんですね。しかも麗華に至っては、里奈とは無関係。やっぱり里奈ですね!!

今回は、最終章へ向かっての助走といった感じでしたね。

 

第6話のネタバレ

家出をして純平のアパートに押し掛けた里奈。「今日は帰らない」と強引に詰め寄るが、その気がないことをはっきりと告げる純平。里奈は諦めず、すがるように純平への想いを伝え続ける。

しかし、純平は揺れることなく、里奈を拒否する。恨めしい捨て台詞を吐き、純平のアパートを出た里奈は、寮の隣に住む純平の同僚に自分の存在を気づかせようと、物音をたて、自分と純平の関係をちらっと同僚の脳裏に植え付ける。

杏寿が七香を保育園に送っていくと、杏寿と志賀(偽の黒井)のSNSの話題で持ち切り。他の園児の母親から避けられる。ネイルサロンの方は相変わらずお客はないままだった。

純平は東京へ異動するため、後任の斎藤に引継ぎをしていると、不自然な人事に苛立つ斎藤は純平の同僚にも悪態をくつ。それを見て純平は改めて、自分の起こした過ちを深く後悔する。

一方、里奈を失った渡は、子供たちを母親に預け、一人、荒んだ生活を送るが、渡の母親も子供を見きれないと、苦情の電話が入り、ますます追い詰められる。

渡の元に子供たちが戻り、母親がいないことを責められ、ジュースをこぼされ、慣れない育児にあたふたする。

里奈は自分の子供の状況など露知らず、所長に直談判し、会社に復帰し出社してきたのである。

杏寿は、保育園で七香が仲間外れにされているのを、目撃してしまう。

心を痛めた杏寿は、全力で七香を守ろうと決意する。

本物の黒井から連絡を受けた杏寿の友人・はるちゃんは、志賀のいるバーに会いに行く。丁度、麗華が席を立つ時で不穏な空気を察した麗華は陰から盗み見る。

「メニエールの黒井さん!・・・の偽物ですよね?」と切り出し、杏寿との写真が流出していることを問い詰める。すると、志賀は弱みを握られている里奈の言うがまま杏寿に近づき、ホテルへ行くが、撮った写真をどうすることもできずにいた。杏寿が去った後のホテルで「失敗しました。僕には無理です」と里奈に電話をかけた志賀のもとに、里奈が現れる。志賀はホテルには言っていないと嘘をついたが、すでに里奈は志賀のスマホの中の杏寿のホテルでの写真を自分に転送した後だったと全てを告白した。

それを聞いていた麗華は、志賀と杏寿を引き合わせたのは自分だが、里奈の存在は知らなかったらしく、「変な事に私を巻き込まないで」と志賀を一喝する。

純平の送別会と後任の斎藤の歓迎会で、先に席を立った純平は、やはり杏寿のことを考えていた。純平の帰った後の会で、里奈は人事に不満を持つ斎藤に近づき、純平と自分の関係に気付かせるような口ぶりで話す。少し前に里奈が「離婚することになった」と言っていたこともあり、斎藤は自分が東京へ戻れるチャンスかもしれないと、思いを巡らす。

志賀に全てを聞いたはるちゃんは、そのことを伝えるため、杏寿を訪ねる。

事実を知った杏寿は、それでも自分のした過ちと向き合い、七香を笑顔にすることだけを考えると、決意を新たにする。

ある日、純平は所長に呼ばれ「里奈ちゃんと不倫しているのか」と聞かれる。それは斎藤の疑いからのものだった。純平はきっぱり否定したが、斎藤は同僚にも言いふらし、アパートで里奈を目撃した同僚の間には動揺が広がる・・・。

そんな折り、杏寿が純平に宛てた手紙を里奈が手にし、読んでしまう。そこには、杏寿と七香の辛い現状、杏寿が犯した過ちの謝罪、今の気持ちが素直に綴られていた。七香への想いを綴った手紙に里奈はふと自分の子供を思い出すが、「強くなる」という杏寿の言葉に子供に会えない悲しみより、女としての嫉妬が勝り、泣きながら手紙を破り捨てる。

そして、会社の大勢の前で「(純平との)疑惑の件、全てお話します」とついに、自分の置いた布石を回収にかかる。

杏寿は、七香を笑顔にすると決め、新しい職場を求め、面接に向かう。

 

ドラマ「ホリデイラブ」第7話あらすじや感想とネタバレ

 

第7話あらすじ

会社内で純平と里奈の関係が噂される中、里奈が「すべて話す」と言い、予想に反して、疑惑を全否定。命拾いした純平だったが、里奈に借りができたことを懸念する。社員たちは、里奈の演技に騙され、不倫関係にはなかったと信じ込んだ。
そして里奈は、子供たちに会いたい一心で、自宅に忍び込むが・・・。
一方杏寿は、仲間外れにされる娘を目の当たりにし、七香のために強く前に進もうと決意する。里奈の策略により立ち行かなくなったネイルサロンを畳み、他のネイルサロンに就職する。しかし、そこでとんでもない事件が待ち受けている・・・。

 

第7話の反応や期待の声

 

 

 

 

 

 

最終章に突入ですが、やはり壇蜜の存在が気になりますね。味方になってくれたら心強い気がします。

とにかく、早く純平に異動になってほしい。そんなことではあの里奈は、かわせないか・・。

 

第7話の展開予想

里奈が手紙を捨てたことで、完全に歯車が狂った杏寿と純平。杏寿はそんなこととは知らず、強く歩みだします。
一方、里奈は、会社での疑惑を否定したことで、純平に貸しを作ったつもりで、また何か言いよってくるでしょう。そんなことより、七香の行方が気になります。まさか、里奈・・・。それは犯罪ですし、ないですよね。しかし、七香の行方不明事件をきっかけに、杏寿と純平はぐっと近づくような気がします。まさに、子は鎹ですね。
いよいよ、最終章です。里奈の最後の足掻きを楽しみにしましょう。

 

第7話の感想やネタバレ

 

第7話の感想

 

 

子供の力で、渡さんが素直になれるといいですね・・・。

 

 

電話越しの土下座→無意味。土下座の時の座布団→無意味。

 

 

こんな人が黒幕なわけない・・そんなはずはない・・。

 

 

 

 

もうここで最終回で良いよ・・と思ってしまった。

 

思いつめて、何企むかわからないから、こわい!!

 

 

 

 

 

やけにしおらしい里奈に違和感一杯でしたが、最後にやっぱりやらかしましたね。

本当に一回は諦めたのでしょうか?杏寿からの手紙を純平に見せたわけですし。

で、冷静になってみて「やっぱり無理」と・・・。

まだ今なら渡のところには戻れるのに、そうしないのは、やっぱり次がありますね。

何と言っても、杏寿と純平が戻ってよかったですね。はるちゃんも言ってましたが「雨降って地固まる」。固まった地が強いことを祈っています。

 

第7話のネタバレ

里奈は会社のみんなの前で「疑惑の件」について「全て話します」と言い、万事休すの純平。しかし「全て誤解です」と弁明する。里奈がそういった事で誤解は解け、一件落着するが、純平は里奈に借りを作ったことを懸念する。

一方、卒園式を間近に控えた杏寿は、送った手紙を純平が読んでいるものと思っていて、卒園式に来てくれると信じている。そんな中、先日面接を受けたネイルサロンからの採用の連絡が入る。

里奈は、子供に会いたい一心で、家へ向かい、鍵が替えられていてやむなく窓から侵入するが、渡に見つかってしまう。そこで改めて、子供を引き取りたいと懇願するが、渡は認めず調停に持ち込むと言い出す。経済力や不貞をはたらいたことを踏まえると、それは里奈にとっては不利でしかなかった・・・。

杏寿は七香に新しい会社の事を説明し、庭にあった自分のネイルサロンの看板(純平手作り)を見つめ、失ったものの大きさに落胆するも、気を取り直し、前に進もうとする。そんな杏寿を、杏寿の姉や友人・はるちゃんが明るく支えてくれていた。

行く場所のない里奈は漫画喫茶に寝泊まりし、金銭的にも追い詰められていく中、純平に対しては手のひらを返したように他人行儀にふるまう・・・。

その頃、渡の家に、結婚当初に書いた「七年後の自分たちへ」の手紙が届き、渡は幸せだった日々を思い出し、切ない思いにやりきれなくなる。

杏寿は新しい職場で、はるちゃんの紹介でお客さんが来てくれるなど、順調に仕事を始めた矢先、麗華が杏寿の元にやってくる。

そこで、「志賀君から杏寿さんとどうしても会わせてほしいと頼まれた」と告白する。そして、志賀の過去を話す。

志賀は傷害事件を起こし、逃げている身だった。そもそも正当防衛ではあったが、事情聴取になれば、志賀が面倒を見ていた弟の学費を稼げなくなるため逃亡したという。それを知った里奈が、志賀を脅し、杏寿に近づくように仕向けたというのが真相だった。

里奈のことは知らなかった麗華だが、騙す形になったことを謝罪し、二度と杏寿の前に現れないと約束し、「あの女(里奈)まだ諦めてないと思う」と忠告していく。

純平の引っ越し当日、里奈が現れ、あっさりと別れを告げ、小さな花を渡す。

杏寿は麗華に言われたことを気にしつつも、過去に決着をつけるべく、里奈に電話をかける。これまでのことはもういいと、しかし、これからは関わらないでほしいと伝える杏寿に、里奈も「もう過去の事です。」と謝罪をする。こうして過去を清算する電話が切られた・・・。

杏寿は偶然街中で志賀を見つける。「黒井さん」と声をかけると、志賀は深く反省している様子で「申し訳ありませんでした」と謝罪する。そして、杏寿が本当に魅力的であることを伝え、力になれることがあるなら・・と申し出る。志賀の過去のことを麗華から聞いていた杏寿は「逃げてたら幸せになれない」とだけ言い残し、その場を去る。「逃げてたら幸せになれない」この言葉は杏寿自身にも響いた。

純平は迷いながらも、東京の自宅に戻るが、まだ家に誰もおらず、そのままどこかへ行ってしまう。そして車の中で、里奈が破った手紙を発見する。そしてそれを読みながら、杏寿への想いを確認し、家に再び戻り、家族は再会する。二人は泣きながら抱きしめ合い、「ごめん」と言い続ける純平にキスをし「分かったよ」と言葉なく伝える。

翌日、七香の卒園式のため、はるちゃんが家を訪れ、純平が戻っていることに驚きつつも、純平から「ありがとう」と感謝され、ほっとする。

一方里奈は、相変わらず漫画喫茶にいて、ボソッと「やっぱり無理・・・」とつぶやく・・・。

卒園式の最中、今までのことを思い出し、幸せが戻ってきたことに涙する杏寿と、その手をギュッと握る純平だった。

しかし、卒園式が終わり、七香の姿がないことに気付く・・・。

スポンサーリンク

ドラマ「ホリデイラブ」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

ドラマ『ホリデイラブ』を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、ドラマ『ホリデイラブ』の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • Tverの見逃し配信で見る
  • U-NEXTのお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る
  • dTVのお試し期間で見る
  • auビデオパスのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信やTver

 

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

テレ朝キャッチアップ 動画はコチラ
Tver 動画はコチラ

 

まずは、ドラマ『ホリデイラブ』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、ドラマ『ホリデイラブ』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

無料動画配信で有名な、Tverでもドラマ『ホリデイラブ』の見逃し配信が行われています。

こちらも、ドラマ『ホリデイラブ』の配信は最新話に限られております。

Tverでのドラマ『ホリデイラブ』見逃し配信は、コチラから。

 

U-NEXT

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間の無料お試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

ドラマ『ホリデイラブ』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を無料で今すぐ見ることができます。

無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ(2017)
  • コウノドリ2期(2017)
  • 陸王
  • 監獄のお姫さま
  • わろてんか
  • 重要参考人探偵
  • 科捜研の女17シーズン
  • 奥様は、取扱い注意

など見放題ではないですが国内ドラマの種類が一番豊富で多数配信されています。(2017年10月末現在)

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

ドラマ『ホリデイラブ』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、最新話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

dTV

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

もともとは、docomoユーザーのためのサービスでしたが、2014年4月からは誰でも契約できるようになっています。

月額500円と見放題サービスの中で圧倒的な安さを誇り、動画数も12万本と充実しているのが魅力です。

dTVには、31日間の無料お試し期間があり、期間内に解約した場合、一切料金がかかりません。

ドラマ『ホリデイラブ』の見逃し配信は、毎週木曜の12時に更新されます。

 

auビデオパス

auビデオパスは、auユーザーが利用できるau公式動画配信サービスです。

利用できるのがauユーザーに限られますが、見放題プランは月額562円(税抜き)で、毎月、新作が観られるコイン(540円相当)が貰えるお得なサービスになっています。

auビデオパスでは、初回加入時は30日間無料となります。

つまり、加入して30日以内で退会した場合、料金は一切必要ありません。

ドラマ『ホリデイラブ』は、第1話から最新話まで、見放題配信されていますので、30日間の無料期間中に視聴すれば、第7話の見逃し配信を無料で視聴できるということです。

auユーザーの方には、断然おススメの無料視聴方法です。

 

ドラマ「ホリデイラブ」第7話ネタバレ感想やあらすじまとめ

 

2018年1月冬ドラマ、「金曜ナイトドラマ」枠は仲里依紗さん主演の、ドラマ『ホリデイラブ』が2017年1月26日スタートです!

男女がどう交わり、最終的に夫婦はどうなるのか期待です。

豪華な共演陣にも注目しながら、ストーリーの行方を初回(第1話)から最終回まで追いかけていきたいと思います。

ぜひ、ご期待ください。

スポンサーリンク