この世界の片隅に(ドラマ)第6話(5話)ネタバレ感想とあらすじの紹介【松本穂香主演ドラマ】

2018年7月にドラマ『この世界の片隅に』が『日曜劇場』枠で放送開始されます。

『この世界の片隅に』は、こうの史代さんの作品で、戦中から終戦までの時代を舞台に、貧しくもつつましく、生き抜く力や、家族の愛について描かれた作品です。

2011年にはスペシャルドラマ化、2016年にはアニメ映画化され、映画は2018年3月現在も継続上映される異例のロングランとなりました。

こちらの記事では2018年7月から放映されるドラマ『この世界の片隅に』第5話と第6話のネタバレ感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ「この世界の片隅に」第5話あらすじや感想とネタバレ

 

第5話あらすじ

昭和19年12月のある日、すず(松本穂香)が水汲みをしていると、軍艦に乗っているはずの水原哲(村上虹郎)が現れた。水原はすずに会いに来たと言う。すずは水原を北條家に連れて行くが、水原は今晩泊めて欲しいと言い出す。 サン(伊藤蘭)径子(尾野真千子)は突然の客にびっくりするものの、やがて状況を楽しみ始める。

帰宅した周作(松坂桃李)は水原の顔を見て以前会ったことを思い出す。しかし周作が知らないすずの過去を水原が話すのを聞き不機嫌に。水原は周作の気持ちも知らずひたすら笑顔ではしゃぎ続ける。二人に挟まれすずは気が気でない…。

やがて夕食も終わり、居間には水原と周作の2人だけに。水原は戦艦での様子や思いを吐露する。それを聞いた周作は水原に納屋で寝てくれと言い渡し、母屋から追い出してしまう。そしてすずにも2人で昔話をして来いと水を向ける。

 

第5話の感想やネタバレ

 

第5話の感想

戦地で張ってると普通の事が普通ではなくなるのでしょう!

 

すずも周作も困っちゃってますね!

 

すずもやっと本音をぶつけられてすっきりしたみたいですね(^^♪

 

すずと周作も仲直り出来てよかったですね!

 

要一も不死身ではなかったみたいです!現実は厳しいです!

 

 

 

 

 

 

 

戦場では普通の事が普通ではなくなる!戦争の怖い所ですね!水原の言葉には重みを感じました!戦争って殺し合いですからね!今まで普通に生活していた人たちがある日突然殺し合いを始める!正気でいられるはずもないですよね!水原死ぬなよ!

 

第5話のネタバレ

すずの前に現れた水原哲は北條家に挨拶に行き「今晩厄介になってもよろしいでしょうか!」と言いそのまま家に上がり込む!

晴美だけは船の話が聞けると大喜びだったが、他の家族はあまり歓迎していない様子だった!

すずは北条家の人々に申し訳なさそうにしている!

サンと径子が水原の事を話していると周作が帰ってきた!

その後、水くみに行っていたすずと水原が帰ってきて周作と顔を合わせた。すると水原が周作と以前会っていたことを思い出し「あ!あの時はどうも!」と言うと周作も思い出す!だが2人はなんでここに?と言うように顔を見合わす!

夕食時に水原は晴美に船の話を聞かせると晴美は大喜びではしゃいでいる。そしてすずの昔話になると「すず!すず!」と呼び捨てにする水原に不満げな周作!

そして周作は水原を納屋で寝てもらうことにするのだがすずにあんかを渡して「もう最後になるかもしれないから、持って行って昔話でもしてきなさい!」と。

納屋にあんかを持って行ったすずは水原と昔話で盛り上がり2人目が合った瞬間に水原がすずを抱きよせ「あったかいの~すずは!」と言いキスをしようとするが拒まれる!

すずの気持ちを知った水原は「甘えてた!」と、今まで普通じゃない事ばかりだったから普通に生活しているすずに甘えていたと素直に詫びる!しかしすずは自分を納屋に行かせた周作に腹が立っているようだった!それを知った水原は「好きなんじゃの~あの人が!」そして「わしが死んでも普通に笑~ててくれ、それができんようなら忘れてくれ!」と

そして次の日みんなが寝静まっているうちに「ご家族によろしくの!」とすずに言い帰っていく!

昭和20年2月浦野家にすずの兄要一が戦地で亡くなったという知らせが届き、すずも周作を連れ浦野家に里帰りした!

しかし遺骨は入っておらず、キセノは「要一は生きている」と希望を持っているが、周作によるとおそらく要一の部隊が全滅したと言う情報だけが入ってきて遺骨を集められなかったのではないかと!キセノの希望もたたれてしまった!

その帰りの列車の中、すずは今まで不満がたまっていた思いを周作にぶつけ、なんじゃかんじゃで2人は仲直りするころができた!それも亡くなった要一が仲直りさせてくれたんだと思うすずだった!

ある日すず以外の家族のみんなが風邪で寝込んでしまった!

ザボンが食べたいと径子に言われ町まで買いに行き、ザボンを美味しそうに食べるみんなを見て「皆さん、ずっと風邪じゃったらいいのに!」と!

そしてすずが晴美と野草を取りに出かけたときの事、戦闘機の大群が空を覆いつくさんばかりに迫ってきた・・・。

 

ドラマ「この世界の片隅に」第6話あらすじや感想とネタバレ

 

第6話あらすじ

昭和20年春。呉にも空襲がやってきた。北條家に被害はなかったが、戦争の陰が日に日に濃くなっていく。そんなある日、北條家ではこんなご時勢だからと花見が企画される。その花見は幸子(伊藤沙莉)周作(松坂桃李)の同僚・成瀬(篠原篤)を紹介するという重大な会でもあった。

一行が公園に向かうと大勢の市民が桜を楽しんでいる。いつ空襲に遭うかわからない非常時だが、考えることは一緒らしい。サン(伊藤蘭)径子(尾野真千子)は満開の桜に心が和む。しかし、すずは人ごみの中にリン(二階堂ふみ)を見つけてしまい、逆に心乱れる。初対面の幸子と成瀬を皆で盛りたてる中、すずは家族の輪から離れリンと接触する。お互いに言いたいことはあるのだが、すずとリンの会話は噛み合わない。しかし、すずはリンに全てを見透かされている気がして…。

花見からしばらく経ったある日、ラジオから工場が爆撃されたというニュースが。その工場には円太郎(田口トモロヲ)が勤めている。被害は軽微だと報道されているが、帰宅した周作は職場で壊滅的だと聞いたという。さらに、文官だった周作が武官になることになり、教練のため三ヶ月ほど家に帰れないという。突然の報告にすずは絶句する。

 

第6話の期待と反応の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

 

 

皆さんとうとうあのシーンか!と盛り上がっていますが、あのシーンとはどのシーンなのでしょうか!もしかして原作では有名なシーンがあるのでしょうか?また一週間楽しみが増えましたね!

 

第6話展開予想

戦争の色が濃くなる中、北条家ではこんなご時世だからとお花見を企画し、そこで幸子と周作の同僚の成瀬をひきあわせることに!

みんな盛り上がる中、リンを見つけて話をするすずだったが、すべてを見透かされているような気がしてやきもきしていた!

そんな時円太郎の勤めている工場が爆撃され、周作も文官から武官からになったことで3か月は家に帰れないと言う!

途方もなく不安に駆られるすずだったが、そんな事考えている暇もなく呉の町に空襲警報が!

逃げ惑う人々!

みんな防空壕に逃げ込んだと思っていたら晴美がいない!

径子は晴美を探しに行くのだが・・・。

 

第6話の感想やネタバレ

 

第6話の感想

 

第6話のネタバレ

 

 

ドラマ「この世界の片隅に」初回(第1話)から最終話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

ドラマ『この世界の片隅に』初回(第1話)から最終話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、ドラマ『この世界の片隅に』の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • Paravi (パラビ)のお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る
  • dTVのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

TBSオンデマンド 動画はコチラ
Tver  動画はコチラ

 

まずは、ドラマ『この世界の片隅に』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、ドラマ『この世界の片隅に』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

 

TVer

無料動画配信で有名な、主に民法のTV番組を扱うTVerでもドラマ『この世界の片隅に』の見逃し配信が行われています。

こちらも、ドラマ『この世界の片隅に』の配信は最新話に限られております。

無料動画TVerでのドラマ『この世界の片隅に』の見逃し配信は、コチラから。

 

Paravi (パラビ)

2018年4月1日スタートしたTBS×日経×テレビ東京×WOWOWが共同運営する新しい動画配信サービスです。

TBS・テレビ東京の新作ドラマ・バラエティ・アニメ・経済ニュース・ドキュメンタリーなどのキャッチアップ配信(見逃し配信)しています。

月額925円(税込999円)のベーシックプランは一部レンタル配信していますが見放題となっており

特にTBS作品の最新作の見放題(準最新作)はここでしか行われておらず見放題独占配信となっています。

月額925円(税込999円)のベーシックプランは、入会時と月に一度、お好きなコンテンツのレンタル対象の動画を視聴するのに必要な「Paravi優待チケット」を300円分貰えます。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

無料体験期間中は「Paravi優待チケット」は付与されません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

ドラマ『この世界の片隅に』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、第6話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

dTV

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

もともとは、docomoユーザーのためのサービスでしたが、2014年4月からは誰でも契約できるようになっています。

月額500円と見放題サービスの中で圧倒的な安さを誇り、動画数も12万本と充実しているのが魅力です。

dTVには、31日間の無料お試し期間があり、期間内に解約した場合、一切料金がかかりません。

 

ドラマ「この世界の片隅に」の第6話(5話)ネタバレ感想とあらすじの紹介まとめ

 

2018年7月、日曜9時『この世界の片隅に』がはじまります。

原作をはじめ、アニメーション映画や2011年のSPドラマなど、多くの反響を呼んできた物語が連続ドラマ化され、話題になっています!

第2次世界大戦末期を時代背景とし、厳しい環境の中でも、明るくたくましく生きる主人公を通じて、家族愛、人間愛に触れるドラマになっています。

本記事では、ドラマ『この世界の片隅に』のネタバレや感想、あらすじを最終回まで追いかけていきますので、ぜひ、ご期待ください。

スポンサーリンク