この世界の片隅に(ドラマ)第9話(8話)ネタバレ感想とあらすじの紹介【松本穂香主演ドラマ】

2018年7月にドラマ『この世界の片隅に』が『日曜劇場』枠で放送開始されます。

『この世界の片隅に』は、こうの史代さんの作品で、戦中から終戦までの時代を舞台に、貧しくもつつましく、生き抜く力や、家族の愛について描かれた作品です。

2011年にはスペシャルドラマ化、2016年にはアニメ映画化され、映画は2018年3月現在も継続上映される異例のロングランとなりました。

こちらの記事では2018年7月から放映されるドラマ『この世界の片隅に』第8話と第9話のネタバレ感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ「この世界の片隅に」第8話あらすじや感想とネタバレ

 

第8話あらすじ

広島の方角の空には見たこともない巨大なきのこ雲が。新型爆弾が落とされたという。すず(松本穂香)は江波に住む家族が心配で仕方ないが、ひとりでできることはない。やがて帰宅した周作(松坂桃李)に心配されるが気丈に振る舞う。そして、すずはもっと強くなりたいと心に誓うのだった。

数日後、北條家に回覧板が回ってきた。正午から重大発表があるからラジオの前で待機するようにという通達だ。サン(伊藤蘭)径子(尾野真千子)だけでなくタキ(木野花)ら近隣住民も北條家に集まり…。

 

第8話の感想やネタバレ

 

第8話の感想

自分の息子の姿もわからなかったってどんな悲惨な姿だったのか!

 

日本軍は負けました!ここからが大変ですよ!

 

もう戦闘機の音に怯えることもなくなりましたね!良かったのか悪かったのか(>_<)

 

もっと早く終わっていれば晴美も死ななくて良かったのに!

 

ハルさんは広島で何を見てきたのか!

 

 

 

 

 

 

 

戦争が終わったのはいいけど、それによって奪われた命があったことは忘れてはいけません!日本が負けて納得できん連中が反乱を起こしたとかありえないでしょう!むしろ負けてよかったんちゃいます!?

 

第8話のネタバレ

広島に新型爆弾が落とされたよいう情報は入ってきた!

近所のハルが広島に行くと言うので自分も連れて行ってほしいと懇願するが、けが人がいても足手まといになるだけだと言われ断られてしまう!

しかしハルは安否を確認してほしい家族の名前を教えてくれれば見てきてくれると言う!

江波にいる家族の事が心配で仕方のないすずは家族の名前を書いたメモをハルに手渡した!

「行ってみんとどうなっているかわからんけぇ、役に立てんかったらごめんね!」と言うハル!

正しい情報が入ってこないまま北条家では周作は剣道の練習をしていた!

そしてすずに「前にここ出て行くと言うとってたがどうするんね!」

「今それ持ちだしますか」と言うすずに「ここにいることにしたんか?」と!

すずが「ここに居らしてください!」と言うと「心配させてからに!あほが!」と周作が答える!

次の日、隣保の路上でいき倒れになっている人を刈谷タキが見かける!

しかしその人は性別もわからないほどの火傷を負っていた!

昭和20年8月15日、重大発表があるから正午にラジオの前で待機しろと言う国からのお達しが来たので、近所の人たちを集めラジオの前で正座をして待機する北條家の人々!

ラジオからはノイズが入り聞き取りにくかったが、何となくだが日本軍が戦争に負けたことは分かった!

「負けたんか!」とがっかりするみんな!

するとすずは立ち上がり「覚悟の上じゃなかったんかね!最後の一人まで戦うんじゃなかったんかね!」と

まだ戦える!左手も両脚もまだ残っとると言うすず「納得できん!うちはこんなん納得できん!」と

そして径子は晴美に手を合わせ「晴美!晴美!晴美!」と何度も連呼し「もっと早く終わっていれば!」と泣きわめく!

井戸の水を汲みに行ったすずは戦争によって命を落とした要一、晴美、水原の事を思い出していた!

泣きじゃくるすずに誰かが手を差し伸べてくれたような気がした!

そこは周作が現れ「腹減ったわ!」と

笑い合う2人!

昭和20年9月、診療所の先生がすずの右腕の様子を見に来てくれた!

帰り際周作が先生に広島の様子を聞くと「広島の人は見ん方がええ!」と

広島から帰ってきたハルは様子がおかしい!

そして荒れた天気の日に女の郵便配達の人がすず宛ての手紙を届けてくれた!

その手紙の送り主はすみだった!

しかしそれ以外は手紙が濡れていて文字がかすれていてわからなかった!

住所は草津になっていたがすみが無事だということが分かってほっとするすず!

天気が回復したあくる日、刈谷タキがみんなを集め「一回で済まそうと思ってね!何べんも話ししたら頭おかしゅうなるけぇ!」と

ハルがいないことに気が付いた径子が「ハルさんは?」と聞くと「寝とる寝とる!広島から帰って来てから具合が悪くてね!」と言い話し始める!

広島に新型爆弾が落とされてすぐ隣保の通りで体も服もただれたようになっていき倒れになっていた人がいたこと!

そしてその人が自分の息子だということがわかったことを話した!

母親なのに気付いてあげれなかったと嘆くタキに成瀬が「昨日の幸子さんとの祝言の話、無しにしてもらえませんか!」と

周作が「おい!」

成瀬は「自分には兄が居りますけぇ!自分がこっちにきますけぇ!息子になりますけぇ!寂しくありませんから!」と

その言葉でタキの気持ちは少し救われた!

昭和20年10月、負けを認めんと反乱を起こしている連中を制圧しに行くため、周作が駆り出さることになる!

すずは周作を送っていき、その帰りにリンの様子を見に行った!

するとそこにはもう建物も跡形もなく壊れていた!

リンに渡したお椀を見つけたすずは、リンとの思い出を胸にしまい込み生かされた人間として懸命に生きて行くことを誓う・・・。

 

ドラマ「この世界の片隅に」最終回(第9話)あらすじや感想とネタバレ

 

最終回(第9話)あらすじ

戦争は終わった。空襲に怯えることもなくなったが、戦時中以上の物不足に悩まされる日々が続いている。北條家では円太郎(田口トモロヲ)の再就職が決まり、径子(尾野真千子)も働きに出るようになった。しかし終戦直後に海平団に招集された周作(松坂桃李)は未だ帰ってこない。すず(松本穂香)は夫の無事を願って前向きに日々を過ごしていた。

そんな秋のある日、実家の様子がわからず気を揉んでいたすずは、意を決して広島に向かう。

 

最終回(第9話)の期待と反応の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

 

 

 

次週いよいよ最終回を迎えます!寂しいですが仕方ありませんね!すずは広島へ行って平気なのでしょうか?そして現代パートとどのようにつながっていくのかも楽しみです(^^♪最終回見逃さないようにしましょうね!

最終回(第9話)の展開予想

戦争が終わったのはいいが、日々食べるものもままならない状態が続く!

円太郎の就職も決まり径子も働きに出るようになる!

広島の家族の事が気になっていたすずだったが、こっちの家族に気を使いなかなか言い出せずにいた!

しかしそれを察した径子は「行ってきんさい」と!

そして広島へ向かうすずだったが、すずが目にした光景はすさまじいものだった!

 

最終回(第9話)の感想やネタバレ

 

最終回(第9話)の感想

拗ねてる周作も可愛いですね。

 

できることは生き抜くことだけじゃ!心に染みました( ;∀;)

 

最後にこのカープとの関係がわからなかったのでググって見たらわかりました!(^^)!

 

頑張りんさいっていい言葉ですね!

 

最初は毛嫌いしていた径子が・・いい絵ですね!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

戦争は終わっても戦時中より物がなくなると言う悲惨な状況を皆さんどう感じただろうか!僕は戦争を知らない世代ですけど、怖さは知ってるつもりです。国公認の殺し合いですからね!そんなもの憎しみしか残りません!戦争なんて絶対するべきではないです。このドラマは本当に色々な事を考えさせられるドラマでした。

またこういうドラマを作って戦争をしようとしている愚かな人達に訴えかけましょう!

 

最終回(第9話)のネタバレ

戦争も終わり空襲に怯えることも亡くなったが、戦時中よりもものがなく、海兵団に召集された周作も未だ帰ってこない!

アメリカ兵にチョコレートをもらって喜ぶ子供たち!

すずと径子はみんなが並んでいる行列に一緒に並び雑炊を配給してもらうが「何だ残飯雑炊か!」と言いながら口にする、しかしその雑炊は意外に美味しかった!

そしての横では男同どおしの喧嘩が始まった!

家に帰ったすずと径子はサンと一緒にぶつぶつ交換をするため、家にある晴れ着をかき集めていた!

そして幸子と成瀬にそれを託し送りだす!

しかしもらえた食べ物は微々たるものだった!

「え!これだけ!」とみんながっかりする中、径子が「より!今日は贅沢しよう!」と言い、いつもより塩気の多い鍋を作った!

するとみんなで「やっぱり塩じゃね~!」と言って笑い合う!

次の日すずは幸子と志野の3人で畑仕事をしていた!すると志野の旦那が帰ってきた!

急いで駆け寄る志野!喜びのあまり足がもつれて転んでしまう!

優しく抱き寄せる旦那さんに周作への思いを重ね合わせるすず!

家に帰ったすずに一通の手紙が届いた!

その手紙を読んだすずはがっくり肩を落とし、その場にしゃがみ込む!

そっとすずに近づき「泣きたければきんさい!ここはあんたの家なんじゃけぇ!」とサンが言う!

するとサンにしがみつき泣きじゃくるすず!

手紙には原爆が落とされた日からキセノは行方不明、すみは寝たきりだと書いてあった!

すずは「皆さんにお願いがあります」と言う!

するとみんなはすずが広島に行きたがっていると勘違いした!

本当は醤油がなくなったことを知らせたかったらしいのだが、その勘違いのおかげですずは広島に帰れることに!

広島に帰ったすずにばあちゃんは「よう来たね~ほんっまによう来た!」と言って「早くすみの寝ている部屋に行ってあげなさい」と!

すみの部屋に入ったすずは、すみの横に寝転がり「この方が話しやすいじゃろ」と!

すみはキセノは見つからず十郎は死んだことをすずに告げた!

自分にもこんなシミができてしまったと手のシミをすずに見せ、自分も死んでしまうのかと・・・

一方北條家では周作が帰ってきた!

すずが広島に帰ったことを知り、ふてくされる周作!

すずはすみに「また来るね!」と言ってばあちゃんに送ってもまいながら話をする!

ばあちゃんは戦争で負けたことも悔しいけど、自分だけが助かったことも悔しいと言い「今できることは生きることだけじゃ!一生懸命生き抜くことだけじゃ!」とすずに訴えかける!

ばあちゃんと別れたすずが古民家の破れた障子の隙間から家の中を覗くと、子供たちが部屋の隅で怯えながら固まっていた!

広島で見る光景は呉の物とは全く違っていた!

必死になって身内を探している人たちを見ながら、複雑な思いに駆られるすず!

すずを追いかけてきた周作はいったん浦野家に顔を出し、すずを追いかける!

周作に声をかけられたすずは安心したような表情を見せた!

そして「世界の片隅でうちの事を見つけてくれてありがとう!」と!生かされた自分たちは必死に生き抜くことを誓った!

ベンチに座って電車を待つ2人に母親を亡くした一人の子供が寄ってきた!

すずはその子に「お腹空いとるんじゃろ!」とチョコレートを手渡した。

するとその子は「お母ちゃん・・・!」と言ってすずにしがみつく!

母親を亡くしたことを悟ったすずは「生きとってくれてありがとう!」と言い頭をなでる!

呉に帰った周作とすず!

身内のいないその子も呉に連れていき「ま~そういう事じゃ!」と周作が言うが「そう言うことじゃって!」と戸惑う家族!

しかしすぐに快く迎えてくれた!

そしてその子は周作とすずの子になった!

実は現在、佳代の親友の北條のおばあちゃんがその時の子供だったのだ!

そして北條さんは「そろそろ行こうか!すずさんに会いに!」と言って佳代と江口を広島カープの休場へ連れて行った・・・。

 

スポンサーリンク

ドラマ「この世界の片隅に」初回(第1話)から最終話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

ドラマ『この世界の片隅に』初回(第1話)から最終話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、ドラマ『この世界の片隅に』の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • Paravi (パラビ)のお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る
  • dTVのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

TBSオンデマンド 動画はコチラ
Tver  動画はコチラ

 

まずは、ドラマ『この世界の片隅に』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、ドラマ『この世界の片隅に』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

 

TVer

無料動画配信で有名な、主に民法のTV番組を扱うTVerでもドラマ『この世界の片隅に』の見逃し配信が行われています。

こちらも、ドラマ『この世界の片隅に』の配信は最新話に限られております。

無料動画TVerでのドラマ『この世界の片隅に』の見逃し配信は、コチラから。

 

Paravi (パラビ)

2018年4月1日スタートしたTBS×日経×テレビ東京×WOWOWが共同運営する新しい動画配信サービスです。

TBS・テレビ東京の新作ドラマ・バラエティ・アニメ・経済ニュース・ドキュメンタリーなどのキャッチアップ配信(見逃し配信)しています。

月額925円(税込999円)のベーシックプランは一部レンタル配信(テレビ東京系列やジャニーズ出演作品等)していますが見放題となっており

特にTBS作品の最新作の見放題(準最新作)はここでしか行われておらず見放題独占配信となっています。

月額925円(税込999円)のベーシックプランは、入会時と月に一度、お好きなコンテンツのレンタル対象の動画を視聴するのに必要な「Paravi優待チケット」を300円分貰えます。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

無料体験期間中は「Paravi優待チケット」は付与されません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

ドラマ『この世界の片隅に』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、最新話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

dTV

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

もともとは、docomoユーザーのためのサービスでしたが、2014年4月からは誰でも契約できるようになっています。

月額500円と見放題サービスの中で圧倒的な安さを誇り、動画数も12万本と充実しているのが魅力です。

dTVには、31日間の無料お試し期間があり、期間内に解約した場合、一切料金がかかりません。

 

ドラマ「この世界の片隅に」の第9話(8話)ネタバレ感想とあらすじの紹介まとめ

 

2018年7月、日曜9時『この世界の片隅に』がはじまります。

原作をはじめ、アニメーション映画や2011年のSPドラマなど、多くの反響を呼んできた物語が連続ドラマ化され、話題になっています!

第2次世界大戦末期を時代背景とし、厳しい環境の中でも、明るくたくましく生きる主人公を通じて、家族愛、人間愛に触れるドラマになっています。

本記事では、ドラマ『この世界の片隅に』のネタバレや感想、あらすじを最終回まで追いかけていきますので、ぜひ、ご期待ください。

この世界の片隅に(ドラマ)動画を無料で見逃し視聴!PandoraとDailymotionも【松本穂香主演ドラマ】

2018.07.15

この世界の片隅に原作・映画ネタバレ感想やあらすじの紹介【ドラマ日曜劇場】

2018.05.13

この世界の片隅にキャストやロケ地!相関図や主題歌の紹介【ドラマ日曜劇場】

2018.05.10

この世界の片隅にドラマネタバレ感想!最終回まで初回(第1話)から随時更新【ドラマ日曜劇場】

2018.05.06

この世界の片隅に視聴率速報と一覧!初回(1話)最終回まで随時更新【ドラマ日曜劇場】

2018.05.06

スポンサーリンク