リーガルV2話(1話)ネタバレ感想やあらすじの紹介【~元弁護士・小鳥遊翔子~米倉涼子主演ドラマ】

2018年秋、木曜ドラマ枠は米倉涼子さん主演の『リーガルV-元弁護士・小鳥遊翔子-』が10月11日スタートです。

スキャンダラスな“元”弁護士が弱者を救う!?この秋注目のヤバいヒロインが誕生します!

こちらの記事ではドラマ『リーガルV-元弁護士・小鳥遊翔子-』の初回(第1話)と次回の第2話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

リーガルV動画を無料で初回(1話)~最終話見逃し配信視聴方法【米倉涼子テレビ朝日ドラマ】

2018.10.11

「リーガルV-元弁護士・小鳥遊翔子-」初回(第1話)あらすじや感想とネタバレ

 

「リーガルV-元弁護士・小鳥遊翔子-」初回(第1話)あらすじ

敗訴が原因で依頼人の母を自殺へ追い込む結果となり、失意の表情で断崖絶壁にたたずむ若手弁護士・青島圭太(林遣都)の腕を、喪服姿の女が突如つかんだ。「死んじゃダメ。勝つまで戦うの」――。女の名は小鳥遊翔子(米倉涼子)。青島をスカウトしに来たという翔子は「弱者を救うための法律事務所で一緒に戦いましょう」と熱く語りかけ、翌朝訪ねてくるよう言い残して去っていく。
 一方、ペーパー弁護士の大学教授・京極雅彦(高橋英樹)は退官の日を迎えていた。実は京極、翔子から「一緒に正義の法律事務所を始めてみませんか?」と誘われ、新たな人生を踏み出そうとしていたのだ。ところが、肝心の翔子とは連絡がつかない状態…。そればかりか、翔子が弁護士資格を剥奪され、大手弁護士事務所「Felix & Temma法律事務所」をクビになっていた事実も判明する! 恩師である京極から事情を聞いたヤメ検弁護士・大鷹高志(勝村政信)は詐欺だとにらみ、翔子の居場所を徹底調査。しかし、ようやく突き止めた住所を訪ねると、そこには「京極法律事務所」と記された表札と看板が! 大鷹はやけに調子のいい翔子を警戒するが、代表弁護士として迎えられた京極はすっかり舞い上がり…。
 その頃、翔子に指定された住所へ向かっていた青島は、駅のホームで痴漢騒動に出くわす。一流企業「君島化学」の社員・安田勉(児嶋一哉)が、若い女性・三島麻央(山谷花純)に「お尻を触られた」と糾弾され、必死で無実を主張していたのだ。見過ごすことができない青島は、安田の弁護を引き受けるのだが…。
 その安田が後日、送検された! しかし、痴漢事件は圧倒的に被害者が有利…。弱者救済を高らかに謳っていたはずの翔子も、青島から話を聞くや「儲けも少ないし、売れない弁護士がやるクズ案件」とバッサリ切り捨てる。ところが、安田がふと発した“ある一言”に、翔子は目の色を変え…!?

 

初回(第1話)の感想やネタバレ

 

第1話の感想

 

 

大鷹さんのツッコミがツボです!

 

 

 

 

多くの人が「あ、リチャード!」って思いましたよね(笑)

 

この人を雇わないなんて・・・!!

 

 

 

高橋英樹さんのキャラが一番驚いたかもしれません(笑)なんかカワイイ。

 

 

 

これから、小鳥遊翔子とぶつかりながらも成長していくんでしょうね!

 

 

面白かったですね!!リーガルドラマなので、堅い感じかなと思っていましたが、コミカルな要素もあり、良かったです。登場人物の思惑とかが複雑なので、しっかり見ないと分からなくなりそうでした!!(笑)1話ゲストの児島さんも良かったです!

 

第1話のネタバレ

元弁護士・小鳥遊翔子

暴力団との繋がりなどで弁護士資格を剥奪された小鳥遊翔子は海外逃亡したと思われていた。しかし、翔子は新聞の訃報を頼りに大物とされる人物の葬儀を回っていた。そこで、遺産相続問題や後継者問題を抱える家を調査していたのだった。マッキンリー証券のスミス社長の葬儀で小鳥遊翔子らしき後姿をFelix&Temma法律相談所の海崎勇人と白鳥美奈子が目撃するが、にわかには信じられない様子。その頃、自らの敗訴が依頼人家族の自殺を引き起こしたことで悩む弁護士・青島圭太は自殺場所となった崖に立っていた。そこへ現れた翔子は「死んじゃダメ。勝つまで戦うの」と熱く語る。帰りに京王線から伊予鉄道に払い下げられ、銚子電鉄で走る電車に乗り、鉄道ファンの翔子は上機嫌。

一方、大学教授・京極雅彦はFelix&Temma法律相談所を訪れ、翔子を呼び出そうとするが、1年も前に辞めていると言われ唖然。実は京極はペーパー弁護士で、講義を聞きに来ていた翔子に持ち上げられ、法律事務所を開くべく大学に辞表を出していた。翔子に事務所開設費の500万円と実印を渡していたが、翔子と連絡がつかない。その上翔子は、住まいも家賃滞納で追い出されていた。それを知った京極の教え子でヤメ検弁護士・大鷹高志は詐欺だと睨む。

仲間

鉄道バーで飲んでいた翔子と青島。青島は過去にFelix&Temma法律相談所の面接を受けていて、その時の面接官が翔子だった。青島は面接を落ちたが、翔子は改めてスカウトしたいと言う。青島はFelix&Temmaで雇ってもらえると勘違いしたまま、翌日に行く場所の住所を受け取った。翌朝、青島は言われた場所へ向かっていたが、電車で痴漢の現場に遭遇。放っておけず、そのまま弁護を引き受けた。

新しく事務所を開くはずの住所を突き止めると、本当に京極法律相談所があった。そこへ現れた翔子は若い男・明を連れていて、そのまま京極を中へ案内する。しっかり構えられた事務所に代表弁護士の名刺をもらった京極はご満悦。油断するには早いという大鷹は過去検事時代に翔子にこっ酷くやられていたようだ。そんな大鷹を翔子は「小鳥」と呼んだ。

その頃、痴漢で捕まった安田勉の家族や会社に連絡をしていた青島。会社は一流企業の君島化学で、電話を受けたのは同僚で友人の富樫博之だった。富樫は安田の仕事を引き継ぐ約束をし、常務の相原に安田の件を伝える。

弁護士資格の無い翔子は、京極法律相談所に管理人として居座るつもりで、自分の趣味である鉄道関連グッズを運び、刑事ドラマ「現場百回-刑事鎧塚平八-」のDVDを見ていた。すると、遅れてきた青島は翔子に弁護士資格がないことを知り抗議するが、大きなファームに繋がれるのではなく、弱者を救う事務所で活躍しなさいと説得する。そしてパラリーガルの面接を始める。面接に来た伊藤理恵は元銀行員で、1億円の横領の罪で服役していた。そしてもうひとり、馬場雄一は元警備会社社員で、ストーカー行為で服役していた。周りの反応をよそに、伊藤理恵と馬場裕一を雇った。

初仕事

Felix&Temma法律相談所には、相原が相談に来ていた。経理不祥事の風評が収まりかけた矢先の安田の逮捕に頭を抱えていた。しかも安田はメインプロジェクトの代表者だったためなおさらだった。この件は海原が担当することになる。海原のちょっと違う雰囲気を感じ取ったFelix&Temmaの代表弁護士・天馬壮一郎は小鳥遊翔子の名を聞くと、微妙な反応を見せた。

そんな中、痴漢で捕まった安田勉が勾留される。痴漢冤罪事件はほぼ有罪がセオリー。裁判官は初めから検事の味方だと、元検事の大鷹も理恵も口を揃える。難しく利益も薄いと諦める翔子だが、青島は被疑者が認めれば一般面会人となれると翔子が接見することを提案する。しかし、翔子はブランド物の限定品があると、買い物に出かけようとする。そこで青島が全国の人気駅弁(高崎駅・だるま弁当、西明石駅・ひっぱりだこ飯、森駅・いかめし)を付けると言うと、接見に同行する。

初めは示談を進めていた翔子だが、安田の人生観を聞き、さらに安田が一部上場企業・君島化学の社員だと知り、特許申請を控えていると分かると翔子はやる気になる。安田の希望で富樫が面会に来る。富樫は信じて待っていると言った。その帰り、翔子が狙っていたバッグを見に行くと、1分前に売り切れていた。

青島が調べると、安田の関わる特許のプロジェクトの見込み利益は300億円だと判明し、俄然やる気に満ちる翔子。早速、目撃証人の存否、被害者供述の信用性の精査、検察側立証の予測、弁護側立証の構築をするよう命じた。

絶望的な裁判

その頃、相原と海崎は安田の面会に訪れる。そして、世間体を気にし、安田が裁判で争うならクビだと言う。それを聞いて自暴自棄になる安田を奮い立たせる翔子。海崎と会った翔子は、海崎を「大企業の番犬」と呼んだ。そして青島を「ぽち」と呼んだ。

京極法律相談所は、全員で情報を集めていた。馬場の調査力はすごかった。翔子はホストクラブにいて、そこには芽野明がいた。理恵は状況を精査していた。そして翔子は25歳と無理なサバを読み、クラブで働こうとしていた。そこで働いていたのが被害者・三島麻央。麻央は翔子が買えなかったバッグを持っていた。面接は落ちた。

初公判は散々なものだった。麻央は被害後、外出も怖くなったと訴える。青島は痴漢のあった時間に安田がメールをしていて、痴漢しながらメールをするか、また、安田が右利きだという点を持ち出すが、相手にされない。

そこで翔子は大鷹に元検事の経験を生かして協力するよう要請した。大鷹は教授のためならと弁護を引き受けた。

この痴漢冤罪事件担当検事は有罪率100%の大鷹の先輩・片山、さらに判事も大鷹の先輩で、片山の同郷の榎本だった。これを受けて、大鷹は降りると言った。そこで青島に再び白羽の矢が立つ。絶望かと思われたが、裁判所の廊下で翔子は麻央にバッグを自分で買いに行ったことを突きつけ、偽証罪は立派な罪だと印象づける。

逆転無罪

そして翔子は鉄道専門家として証言台に立つ。実は翔子は「カリスマ鉄子」として鉄道関連の雑誌などに取材されるほどの人物で、鉄道検定一級も持っていたのだ。そこで被害者・三島麻央の不自然な行動を指摘し始める。まずは、麻央が乗っていた車両の位置の不自然さ。降りる西神田駅の階段に近い車両に乗らなかったことを指摘。次に、満員電車のドア近くに乗っていた麻央は、被害に遭った後、一度お茶の橋駅でホームに押し出されたにもかかわらず、再び同じ場所に乗車した点を指摘。外出が怖くなるほどの精神的ショックなら、そんなことはしないと言った。最後に、麻央が見たと話す窓に映った安田の顔について、翔子はあり得ないと言う。当時その車両には成人の顔の位置にポスターが貼られていて、顔など映らなかったと指摘した。すると、傍聴席の麻央は泣き崩れた。麻央は被害届けを引き下げ、安田は無罪となる。

さらなる制裁

安田を厄介払いし、新しくその地位に就いた富樫の元に、安田の無罪の連絡が入る。そして京極法律相談所の青島より君島化学に不当解雇と慰謝料で100億円の損害賠償請求を通知した。痴漢をでっち上げたのは、富樫だった。翔子はある動画を富樫と安田に見せる。そこにはホストクラブで遊ぶ麻央と接客する明。麻央は富樫にお金をもらい、痴漢を訴えたと言う。このことは会社に告発した。富樫は優秀な安田を妬んでの犯行だったと言う。

海崎は損害賠償は支払う必要はないと言うが、そこへ京極が現れ、君島化学の特許に関する内紛の告発会見を行うと言う。この告発は会社のあり方を世間に問うものだと言い、お知らせだけして帰った。相原は100億払わなければ告発すると脅していると、逆に訴えようと言う。海崎は、損害賠償請求と、告発会見はその理由が別々で、巧妙に法の網を抜けていると察知し、君島化学は損害賠償を支払うしかなかった。

その後

翔子は100億はハッタリで、実際は3億ほどだろうと読んでいた。青島はホストクラブでの動画をなぜ裁判で使わなかったのかと聞くと、痴漢裁判なんかでこの動画を使うと、会社からお金が引き出せないと言った。海崎は裏に小鳥遊がいると天馬に報告する。笑顔のまま、動揺が隠せない天馬だった。

事務所にはまたひとり前科持ちのパラリーガルが増えていた。ホストの芽野明だった。そしてなぜかまた大鷹もいた。

スポンサーリンク

リーガルV動画を無料で初回(1話)~最終話見逃し配信視聴方法【米倉涼子テレビ朝日ドラマ】

2018.10.11

「リーガルV-元弁護士・小鳥遊翔子-」第2話あらすじや感想とネタバレ

 

第2話あらすじ

「京極法律事務所」に、世界的企業「太陽製紙」の元取締役・永島美鈴(斉藤由貴)が弁護を依頼してきた。女性初の役員として活躍していた美鈴だが、立て続けに3人の部下からパワーハラスメントを受けたと告発され、不当解任の憂き目に…。納得がいかず、会社に損害賠償を請求する民事訴訟を起こしたものの、口頭弁論直前に担当弁護士が辞任してしまったのだという。知的で奥ゆかしく、とてもパワハラをするようには見えない美鈴だが、管理人として事務所を裏で仕切る元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)は懐疑的。そもそも弁護士が降りたということは勝ち目のない案件だとにらみ、弁護を断ろうとする。
 ところが…美鈴が要求している損害賠償額が3億円を上回ると知った翔子は、多額の成功報酬に目がくらみ、弁護を引き受けることに。美鈴の指名で担当弁護士になった青島圭太(林遣都)と、事務所の代表弁護士・京極雅彦(高橋英樹)は、さっそく「太陽製紙」を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」を訪れる。ところが、被告代理人の白鳥美奈子(菜々緒)が2人に手渡した音声データを聴いた「京極法律事務所」の面々は、早くも敗訴を確信してしまうことに…。そこにはほかでもない、美鈴が部下にビルから飛び降りるよう迫り、暴力を振るっている様子が録音されていたからだ!
 しかし、ただひとり、どうにも釈然としない翔子は、事務所のメンバーに調査を続行するよう指示。やがて、美鈴と一番親しかった「太陽製紙」の生産事業部長・城野優(平山浩行)を、証人として確保する。ところが、美鈴はなぜか城野の出廷を拒み…!?

 

第2話の反応や期待の声

 

 

 

 

 

第2話の展開予想

次回予告ではそんなに内容は分かりませんでしたが・・・。波乱は間違いなしです!!原作も無いので、全く予測不可能です!

 

第2話の感想やネタバレ

 

第2話の感想

 

 

 

これ、毎回言うんでしょうね(笑)

 

資格がないことをもはや盾にしている・・・。

 

だれでも、京極があんなにポンコツだとは思いませんよね(笑)

 

翔子のどっしり感と青島のソワソワ感が面白いですよね!

 

 

 

 

 

 

怖い怖い!!

 

その選択を読んでいたであろう翔子。恐るべし!!

 

第2話が終わり、感じたのですが、このドラマは最後の最後まで何があるか分からないですね!!今回の最後はまさかの天馬弁護士ご乱心!!サイコなシーンにショックでした!けど、元々天馬弁護士の目は一回も笑っていませんけどね!(笑)

 

第2話のネタバレ

新たな依頼

翔子はSLもおか号に乗り、上機嫌。伸ばした手が乗り合わせた女性に当たるほど、周りが見えていない。さらに現場百回のエキストラ募集があり、鎧塚に会えると浮かれていると、乗り合わせたおばさんにロケは昨日だったと言われ、日程を間違えた青島を弁護士失格、人間失格と蔑んだ。

京極法律事務所は初仕事の報酬が半年先まで入らず、さらに翔子の経費の浪費で財政難だった。そこへ、永島美鈴から弁護の依頼がある。美鈴は世界的大企業「太陽製紙」の取締役だった。奥ゆかしく、手土産を持参するなど、気配りも完璧な女性だった。美鈴は謂れのないパワハラ疑惑で不当解任されたと損害賠償請求を起こしたいと言う。被害の報告は数ヶ月前で、パワハラを否定したが、被害は3件にも登ると言われ、解任に至った。実は、すでに弁護士を立てていたが、口頭弁論の直前に弁護士が降りたという。翔子は途中で弁護士が降りるということは、勝ち目が無いのだと断ろうとする。しかし賠償額の3億に目がくらんだ翔子はやる気満々。

圧倒的不利な状況

しかし、京極と青島が太陽製紙の顧問弁護を引き受けるFelix&Temma法律事務所に出向くと、担当する白鳥が待っていた。白鳥は翔子と仕事をすることの危険性をほのめかしながら、本題に入る。京極と青島は美鈴のパワハラの音声データを渡される。これは部下の松尾係長が録音したもので、美鈴のパワハラを決定づける証拠だったため、白鳥は200%負けると忠告した。音声を聞きながら、何か引っかかる翔子。馬場と明は太陽製紙の社員に接触し、美鈴の評判を聴き込む。イケメンの明にしか答えない女性2人にモヤモヤする馬場だった。女性社員の話によると、美鈴はパワハラをするような人ではなさそうだった。青島は美鈴の直属の部下・城野に話を聞く。するとやはりパワハラをするような人ではないと言い、城野は証言台に立つと約束した。証人確保に成功し、喜ぶ青島だが、録音データという動かぬ証拠が引っかかる。

そこで翔子はレストランに協力させ、美鈴を試す。美鈴の食事に虫が入っていても、駆けつけた店員がワインをこぼしても、怒らない。さらに店長が、席の移動を申し出て、しかも席は分かれて座るよう頼んできた。そんな無茶な事態でも美鈴は穏やかで神対応。とてもパワハラをするようには思えない。散々飲んだ後、鉄道バーで翔子と美鈴が話していた。翔子は城野が証人になると伝えると、今後の出世に関わると気が進まない様子。それを見て、翔子は億単位の訴訟の難しさを教え、そのために事務所のみんなは必至になっていると言う。そして冷やかしなら辞めて欲しいと言った。

太陽製紙の大垣専務はFelix&Temma法律事務所を訪れ、今回の裁判のことを話し、天馬に心付けを置いて帰って行った。

データを調べたが、改ざん・捏造された形跡はないという。

裁判の日、翔子と青島と顔を合わせた海崎と白鳥。挨拶も早々に中に入る翔子。すると白鳥が海崎に「まだ未練が?」と聞く。海崎は「史上最悪の女だ」とこれを否定した。裁判が始まり、被害者として角野が証言台に立つ。しかし、美鈴の証人として出廷予定の城野が出廷してこない。ざわつく法定に、サングラスをかけた女性がじっと見守っている。焦った翔子は青島はじめ事務所のみんなに働けと言いつける。

巻き返し・・・ならず

青島は出廷してこなかった城野を訪ねるが、取り次いでもらえない。そこで偶然、パワハラ被害を受けたとして証言した人がみな昇進し、大垣専務と社長の間に派閥争いがあったと判明する。美鈴は社長の推薦で役員になっていたため、大垣専務は美鈴が邪魔だったのではないかと予測する。その報告をしようと勢いよく事務所に戻る青島。他のみんなはなぜか現場百回を見せられていた。いよいよ、それぞれが足を使い調査が始まる。馬場と明の調べで、わざと美鈴に大量の仕事を振り多忙を極めさせ、そこで被害者であるという3人がいつもはしないミスをしたと分かった。そして京極が有力な証人を発見する。太陽製紙の下請けで、美鈴が解任されると同時に契約を打ち切られていた大松加工社長・大松だった。

被告側証人尋問が始まる。里崎が被害を次々と証言した。原告側の証人尋問となり、大松が現れるはずが、京極が出廷の日を間違えて伝え、現れない。焦った青島は白鳥の挑発に乗り、手の内を洗いざらい話してしまう。翔子隠蔽される可能性が高く、青島の言動に翔子は呆れたが、証人確保に全力を尽くせと命じた。そこで傍聴していた女性が以前SLで会った女性だと気づいた翔子は、何か知らないかと詰め寄る。すると怯えた様子で去っていった。

証人奪還

証人が全て断ってきたため、証人を奪い返すために奔走する京極事務所。しかし城野は会社側の証人として出廷すると分かる。そこで、女癖の悪い松尾の弱みを握るため、馬場に尾行を命じる翔子。弱みがなければ作ればいいと、明は以前話を聞いた女子社員2人をホストクラブに招待し、あれこれ聞く。その情報を元に松尾をハニートラップにかけ、写真に収める馬場。京極が松尾を呼び出し、協力を要請するが、もちろん断られる。そこで偶然翔子と松尾がぶつかり、松尾が女性とホテル街を歩く写真が落ちる。それには触れず帰ろうとする京極を引き止める松尾だが、気にしないでと言い残し去っていく翔子。

翔子は次に城野と接触し、寝返ったことを責め、城野が初めから美鈴の証言に立つ気はなかったと言い当てる。城野は美鈴に恨みを持っていたのだ。

次の公判で決着を付けるという白鳥。「あの女は手強いぞ」という海崎に、白鳥はキスをして「あの女はもう終わった女よ」と言った。

決着

次の裁判で、相手側証人として出廷した城野が急に証言を変えた。美鈴はパワハラ行為を行っていないと証言したのだ。元々、会社側の証人として立っていた理由として、城野は大垣に会社での進退をちらつかされていたと、大垣のパワハラを明らかにした。さらに、録音データをとった松尾が美鈴の証人として出廷。松尾は大垣の指示で過激な発言を煽り、美鈴だけが一方的に暴言を吐いているように、音声を切り取ったと言う。その録音データの全てが法定で公開され、形勢は一気に逆転した。分が悪くなった大垣は憤怒し退廷して行った。こうして大垣は飛ばされ、和解金1億2千万円で和解交渉を進めることとなった。天馬は2度も京極事務所に負けたことが引っかかる。

隠されたパワハラ

裁判を終えた美鈴と翔子は電車でどこかへ向かう。その先には、美鈴が本当にパワハラで辞めさせた城野の恋人・あかねが城野と共にいた。このあかねがずっと裁判を傍聴していた女性だった。翔子は過去のことを精算したらどうかと言う。あかねは苦しかった胸の内を話し、謝罪を求めた。しかし美鈴は謝らないと言い、お金で解決すると示談を申し出て、その担当は京極事務所が受け持った。結果、京極事務所は2件分の報酬を手にすることとなった。

天馬は秘書・敦美に翔子の調査を依頼していたが、思うような結果ではなく、敦美にワインをかけていた。

 

「リーガルV-元弁護士・小鳥遊翔子-」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

リーガルV動画を無料で初回(1話)~最終話見逃し配信視聴方法【米倉涼子テレビ朝日ドラマ】

2018.10.11

 

「リーガルV-元弁護士・小鳥遊翔子-」初回(第1話)と第2話のネタバレ感想やあらすじの紹介まとめ

 

米倉涼子が大ヒットシリーズ『ドクターX』を生んだ木曜9時枠に帰ってきますね!

スキャンダラスなヒロイン・小鳥遊翔子を中心に豪華キャストで彩る新感覚のリーガルドラマです。

第1話では…随分個性的な仲間が揃い、初仕事をこなしました!!

第2話では…京極事務所vsFelix&Temma法律事務所の第2弾でした!

リーガルV動画を無料で初回(1話)~最終話見逃し配信視聴方法【米倉涼子テレビ朝日ドラマ】

2018.10.11

リーガルVドラマネタバレ感想!最終回まで初回(第1話)から随時更新【米倉涼子主演ドラマ】

2018.10.11

リーガルV視聴率速報や一覧!初回(1話)から最終回まで随時更新【米倉涼子主演ドラマ】

2018.10.11

リーガルVキャストやロケ地、相関図や主題歌まとめ【米倉涼子主演ドラマ】

2018.09.22

スポンサーリンク