ラブリラン最終回(第10話)(9話)ネタバレ感想とあらすじの紹介

ドラマ『ラブリラン』は、日本テレビ系列で、2018年4月5日(木)23時59分から放送されます。

主演は女優でタレントの中村アン。脚本は永田優子と大林利江子、監督は藤村恭平が手掛けます。             

中村アンは、このドラマへの意気込みを「すごくすごく興味が湧きました。周りの友だちに話しても、え!? っという反応がたくさん返ってきてインパクトのある役ができて嬉しいなぁと思いました。男性に対して、すごくピュアだったり少し怖さもあるのかなと思い、その距離感を大切に演じられるようにしたいです。」と語っています。

ストーリーは、幼馴染に片思いしている30歳にして男性経験のない主人公「さやか」が、記憶を失ってしまうところから始まります。目を覚ますと目の前には見知らぬ男がいて、自分と付き合っていると言う。女性にとって、一番大切な部分の記憶を失ってしまったこじらせ女子の何とも切ないラブストーリーです。

原作にないエピソードやキャラも追加しているということなので、どんな話に仕上がってくるのか楽しみですね。

こちらの記事ではドラマ『ラブリラン』の第9話と次回の最終回(第10話)のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ「ラブリラン」第9話あらすじや感想とネタバレ

 

第9話のあらすじ

町田翔平(古川雄輝)とやり直すことを諦めた南さやか(中村アン)は、以前のひっつめ髪にすっぴんメガネの地味系女子に戻る。そんなさやかは、鷺沢亮介(大谷亮平)と故郷の広島に泊りがけの取材に出かけることに。一方、町田は、小笠原杏子(大政絢)の薦めで、前からやりたかったロンドン行きの仕事について考え始める。さやかと町田は、互いを忘れてそれぞれの「正しい場所」に戻ろうとするが、二人の間で決めた“ある約束”を思い出して…

 
 

第9話の反応や期待の声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよクライマックスですね!みんなハッピーエンドで終わるのでしょうか‼誰と誰がくっつのか、はたまた全員一人になつてしまうのか。さやかが地味系女子に戻ってしまうみたいですが、さやかは恋愛することを放棄してしまったのでしょうか!これからの展開を見逃せませんね!(^^)!

 

第9話の展開予想

さやかは町田の事を諦め元の地味系女子に戻る。

鷺沢と泊りがけの取材に出かけたさやかは鷺沢の猛烈なアプローチもあり鷺沢と付き合うことを考え始める。

一方、町田は杏子の勧めで前からやりたかったロンドン行きを考えはじめる。

互いにすれ違っていく心。そしてさやかは2人で決めたある約束を思い出し、その約束を果たそうとするがロンドン行きを決めた町田に「今更もう遅い!」と言われ、町田はロンドンに旅立ち2人は離れ離れに・・・

 

第9話の感想やネタバレ

 

第9話の感想 

この流暢な英語まじで感動する!

 

自分の夢が叶いそうなときに女より仕事でしょ‼

 

自分たちの原点、初心を忘れないためのに必要ですよね。

 

家の奥さんも好きみたい!(^^)!

 

今回このシーンが一番好きでした。町田君にリスペクト!かっこいい!

 

 

 

 

 

 

 

さやかが追いかければ町田はそっぽ向くし、町田がさやかに電話した時はさやかは町田から身を引く感じだし、この2人はすれ違ってばっかりですね。町田の夢が叶って泣いて喜ぶ杏子に惚れてまいました!

 

第9話のネタバレ

地味系女子に戻ってしまったさやか!会社のみんなびっくりする。

そして智美に町田と終わったこと報告すし、もうすべて忘れたいと愚痴をこぼす。

そんな時さやかの会社に鷺沢が訪れ、地域活性化プロジェクトの取材に広島に泊まりで行くことに!仕事とプライベートはちゃんと線引きするからと言う鷺沢。

そこへ瑞希が打ち合わせに訪れた。複雑な表情の2人。

オフィスに戻ったさやかは社長に「青山さんが打ち合わせに来るはずなんだけど、」と言われ、探していると屋上にいた。

瑞希は「町田君と何かあった?」とさやかに聞く。

するとさやかは「ふられちゃって!恋愛なんて身の丈に合わないことをするものじゃないですね!」と。

「勝手な事言わないでよ!」と瑞希に言われるさやか。

一方町田は杏子とロンドン行きについて話していた。「2度目のチャンスたけどどうする?」と言う杏子。

取材当日、鷺沢とさやかは待ち合わせて広島へ。杏子と町田はロンドン行きの件を前向きに話していた。

広島に着いた2人は地元の広島を堪能し、思い出話に花を咲かせる。そして思い出の神社に足を運んだ時、自分の願い事を書いた札を見つける。

それは鷺沢への恋心を書いた札だった。急いで隠すさやかだったがしっかり見られていて「また好きになれよ!俺の事!」と鷺沢。

その夜町田は行きつけのバーでマスターにロンドン行きの件を話していた。そこへ隼人がやってきて町田の誕生日が間近に迫っていたのでサプライズてケーキを用意してもらっていた。

その時町田の脳裏にさやかとかわした誕生日の約束が思い起こされた。

今日はおごるからとことん飲もうぜと言う隼人。

宿泊先では鷺沢が線香花火をやろうと南を誘い出し、海岸で線香花火をする。

そして南が笑顔を見せたとき「良かった!やっと笑った!」と鷺沢。

さやかは何か言い出そうとして言い出せずにいる。すると鷺沢は後ろからそっとさやかを抱きしめた。

宿に戻ったさやかが寝ようとしていると町田から電話があり「取材明日までですよね!何時頃に帰ってきます?」

さやかは鷺沢に聞いてみないとをわからないと言い、「落ち着いたらなんかだんだんわかってきた!」と、「もう町田くんのことは諦めるから、部屋が見つかったら出て行くし、もう町田くんを困らせるようなことしたいから!」と言うと少し寂しそうに「わかりました!取材頑張ってください!」と言い電話を切る。

次の日の朝、食事をしながら「今日取材終わったら家来いよ!おふくろも喜ぶし!」と鷺沢に誘われる。

そして天気予報見ていたさやかは町田との約束を思い出す。

それは町田の誕生日に2人が始まった公園で過ごすというものだった。

忘れようと思うさやかだったが、鷺沢の勘違いがきっかけとなり、町田への思いが思い起こされ公園に向かう。

その途中「0時まで公園で待ってます。」とメッセージを送る。

その頃町田は夢を叶えるための最終段階に入っていた。

町田は杏子にロンドン行きが決まったことを報告する。

泣いて喜ぶ杏子。

一方さやかは約束の公園で1人待ちぼうけをくっていた。

実は町田に送ったメッセージは杏子に削除されていたのだった・・・

スポンサーリンク

ドラマ「ラブリラン」最終回(第10話)あらすじや感想とネタバレ

 

最終回(第10話)のあらすじ

約束の場所で町田翔平(古川雄輝)を待ちわびる南さやか(中村アン)のもとに、町田は現われなかった…。さやかは町田の事を諦め、鷺沢亮介(大谷亮平)のもとへと戻り、一方の町田は、小笠原杏子(大政絢)のもとへと戻った。互いに“正しい場所”に収まったかのように見えたが、さやかは町田が会社を辞めロンドンに行くと聞いて動揺する。そしてさやかに、町田のロンドン行きをめぐる記憶が断片的に蘇るが…。そんなさやかと町田を、亮介と杏子は複雑な思いで見守っていて…。

 
 

最終回(第10話)の反応や期待の声

 

 

 

 

いよいよ最終話ですね。あさやかと町田の運命はいかに!杏子にメッセージを消されてしまい待ち合わせ場所にこれなかった町田、そしてさやかの事を心配している鷺沢の思いはさやかに届くのか!6月7日はみんなでさやかの恋の行方を見守りましょう!

 

最終回(第10話)の展開予想

夢に向かって突っ走る町田。

鷺沢はさやかを守るために必死になり、杏子も町田の夢を叶えようと必死になる。

さやかは鷺沢の思い、杏子の町田への思いを知るが、まだ思い出していない記憶がありそうだと思いだそうとする。

そして杏子以上に町田の夢を応援していた自分を思い出し、町田がロンドンに旅立つ日空港で町田にすべてを話し、町田のビジネスパートナーとして一緒にロンドンに旅立つことに・・・

 

最終回(第10話)の感想やネタバレ

 

最終回(第10話)の感想 

マッチーがやっと素直になれましたね。

 

認定‼ありがとうございます。

 

あるあるでもいいじゃないか!(^^)!

 

それわかる!僕も奥さんとやろうかな?

 

マッチーの笑顔可愛いっす!

 

 

 

 

 

 

 

やっと2人の思いが届きましたね。さやかが初めて杏子にあった時ビンタされたのにはそんな理由があったんですね、好きすぎて身を引くでも忘れたくないなんか複雑ですね!まー!なにわともあれハッピーエンドで何よりです。

 

最終回(第10話)のネタバレ

ロンドン行きを決めた町田は社長に報告する。

社長は「町田君にやめられるのは痛いけど、頑張ってね!」と応援してくれた。

さやかは町田のアパートを出て、鷺沢のアパートへ。

次の日オリビアラボでは鷺沢を交えさやかと菅野が打ち合わせをしていた。

その時菅野から「マッチーが辞めちゃうからな!」と言われ、さやかは町田のロンドン行きを初めて知る。

そのことを町田に聞くと「前から決まってたんだよ!」と言われショックを受けるさやか。そこへ隼人が町田の荷造りを手伝いにやってきた。

そして町田がロンドン行きを迷っていたことや前の会社でチームの全責任を負わされて辞めたこと、一度はさやかのためにロンドン行きを諦めたことなどを聞かされた。

町田の事を何にもわかってなかった自分が嫌になったさやか。

さやかが帰った後、町田は隼人に本音を話す。

さやかと付き合っていく中で、気が付いたらさやかの笑顔を奪っていた。もうさやかのあんな顔見たくないんだと。

さやかは友美喫茶店で会っていた時、友美がお茶をこぼしてしまった。

その時さやかの脳裏に町田のロンドン行きの話を誰かに聞いている記憶が蘇った。

「私、町田君のロンドン行きを知っていた!?」しかしそれが誰だかわからない。

いよいよ町田のロンドン行きが近づいてきた。

町田が帰ろうとしていると会社に鷺沢がやってきた。

「南さんなら帰りましたよ!」と町田が言うと「今日は君に用があってきた!」「2度も傷つけることが分かっていて、なんでさやかのそばにいたんだ!あいつの中ではまだ終わってないんだよ‼」と言うと「あなたはいつもあいつのためになりふり構わず行動して、いつもあいつの中にはあなたがいた。あいつからあなたの影を消すことができなかった。」と言い、「彼女とあなたとの15年はどうやったって消せるものじゃない!」と弱音を吐く町田に「そんなお前にさやかを幸せにはできない!その程度の思い出しかないならやっぱりさやかは渡せない!」と言って部屋を出て行く。

その会話を杏子が聞いていた。

そして杏子は町田にさやかが記憶をなくす前一度さやかに会いに行ったことを話した。

その頃さやかもそのことを思い出していた。

杏子にロンドン行きの話を聞いて町田との別れを決意したことを。町田と別れるために鷺沢の事が忘れられないと嘘をついたことを。

町田はさやかのもとに走る。

すべてを思い出したさやかは鷺沢のアパートを出て町田と会うが「もう忘れたい!」「辛いからもうあなたの事は思い出したくない!」と別れを告げる。

そして町田がロンドンに旅立つ日、さやかも鷺沢のアパートから出て行くため、引っ越しの準備をしていた。

その時鷺沢に「本当にこのままでいいのか?」と聞かれたさやかは「気持ちならもう伝えた。もう忘れるって決めたから!」と言うと「2度もおんなじことしてんなよ‼忘れたいって気持ちよりあいつを好きだって気持ちの方が勝ったんだろ!2度目はもっとうまくやれよ!」と言われ空港に走るさやか」。

空港に着き町田と会ったさやかは「ごめん!町田君!私、逃げてた!」と言い、町田への思いと「もう忘れないから!」と町田に伝えていると、それを話し終わる前に町田がさやかを抱きしめた。

そして「俺が忘れさせない!ずっと好きだったよ!」と町田。

一年後、鷺沢と瑞希はビジネスパートナーとしていい関係を築き、隼人は副店長に昇格、

さやかは空港で町田をお出迎え、そしてハグ・・・。

 

ドラマ「ラブリラン」見逃し配信を無料視聴する方法

 

ドラマ「ラブリラン」最終回(第10話)と第9話ネタバレ感想とあらすじまとめ

 

「ヤンキー君とメガネちゃん」や「書道ガール」などの人気作品の脚本を担当した永田優子さんの描いた世界を人気モデルの中村アンさんをはじめとする、古川雄輝さんや大谷亮平さんといった、イケメン俳優さん達がどのように演じてくれるのか楽しみですね。

ストーリーも主人公が3か月前からの記憶を失ってしまうところから始まるという斬新なストーリーとなっていて、出演者も美男美女ぞろい!それだけでも見る価値のあるドラマだと思います。

原作者の天沢アキさんも「ドラマ化が決まり、あまりの驚きに夢かもと半信半疑でしたが、キャストの方々が決まっていくにつれて現実感が増し楽しみで仕方ありません。原作にないエピソードやキャラも追加してお話を膨らませてもらえるということで、原作既読の方も新鮮な気持ちで楽しめるのではないかと思います。」と語っています。

今後も「ラブリラン」の展開やネタバレや感想、あらすじを各話ごとに追っていきますので、ぜひご期待ください。

スポンサーリンク