未解決の女第2話(1話)ネタバレ感想とあらすじの紹介【警視庁文書捜査官】

未解決の女動画を無料で初回(1話)~最終話見逃し配信視聴方法【警視庁文書捜査官】

2018.04.19

2018年4月期の木曜ドラマ枠は、波瑠さん主演のドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』です。

初共演となる波瑠さんと鈴木京香さんが、肉体派刑事と頭脳派刑事に扮し、強力タッグを組み、難事件に挑みます!一見、正反対の凸凹コンビが、厳しい環境の中、次々と未解決事件を解決していく様が見所です!

こちらの記事では、ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の第1話(初回)や次回第2話のあらすじやネタバレ、感想をご紹介します!

スポンサーリンク

「未解決の女 警視庁文書捜査官」初回(第1話)あらすじや感想とネタバレ

 

初回(第1話)あらすじ

無鉄砲な熱血捜査で負傷した警視庁捜査一課強行犯係の刑事・矢代朋(波瑠)は復帰早々、異動を命じられる。異動先は薄暗い地下にある窓際部署――「特命捜査対策室」第6係。未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」だった! 朋は戸惑いながらも、文書解読のエキスパートと呼ばれる不愛想な先輩刑事・鳴海理沙(鈴木京香)らとともに、新部署で働き始めることに。だが、その業務内容の実態は、単なる捜査資料の“倉庫番”にすぎず…。
 そんな折、強行犯係の刑事たちが理沙のもとへ、つい先日起こった連続変死事件の被害者である女性2人の遺書を持ち込む。その遺書を読んだ理沙はすぐさま犯人像と犯行動機を解析するが、強行犯係たちは懐疑的…。その矢先、新たな情報が第6係にもたらされる。先の被害女性2人の部屋に、10年前の日付が記されたミステリー作家・嶋野泉水(中山美穂)のサイン入り自著があったというのだ。実は、泉水は10年前に密室状態の自宅で腹部を刺されて死亡! 密室トリックの解明はおろか、犯人の目星さえ付けられないまま、捜査は打ち切りになっていた――。
 事情を聞いた朋はやる気満々で、強行犯係に10年前の事件の合同再捜査を提案。朋の熱血ぶりを冷めた目で見る理沙だが、朋が聞き込み捜査で直感したという推理を聞くや、興味を示しだし…!?

 

初回(第1話)の感想やネタバレ

 

初回(第1話)の感想

 

 

 

 

少ないですよね。見ていて面白い。

 

 

 

私も涙ぐんでしまいました。

 

 

 

真剣に見ていると移入してしまいますよね。

 

 

この先どうなっていくのか楽しみです。

 

 

ぜひほかの役者さんにも目を当ててみてください。面白いですよ。

 

初回(第1話)のネタバレ

10年前。
嶋野はフィクションを書き続けるという。
このあと、ミステリー作家である嶋野は自室で殺されていた。密室であり、本の原稿から出火していた。犯人は特定されなかった。

それから10年後。
矢代は怪我から復帰後すぐに特務捜査室6係に配属された。
そこで今事件が起こっていること、10年前の事件と繋がっていることをを知り、二つの事件についての鳴海の推理を聞いた。
そこで未解決事件の倉庫番だということも。

矢代は憧れである古賀室長に挨拶を交わしに話しかけた際に
被害者の部屋に嶋野の書いた本があることを知る。
古賀室長に捜査に手を出すなと忠告されるも自ら糸口を探すために資料室へ行き、
矢代は資料のなかから嶋野の事件を知る。
鳴海に捜査をしようと持ち掛けるも
鳴海に罵倒された矢代は一人で捜査に出た。

矢代は嶋野の夫の家を訪ねるも跳ね返された。
他に訪ねると嶋野の不倫をしていたという情報があった。

捜査の際に直感で動こうとしている矢代に鳴海は6係のメンバーについて聞き、その直感を試すも的外れだった。

今回の事件で殺された二人はフェイクニュースの書き手であり、そのニュースによって自殺したシェフの妻の看護師が失踪していた。

矢代は鳴海に再度の捜査協力を求めるも拒否される。

矢代は嶋野のゴーストライターについて嶋野の担当編集者に聞いた。
その一人の男がフェイクニュースのサイトを作ろうと持ち掛けてきたことを話した。
その男は被害者の恋人だった。
さらに10年前の事件の犯人であることも発覚。

その男が女と別荘に向かったという報告が入り、女・鈴村に殺されると推測し動き出した。
しかし古賀室長に関わるなと言われてしまい、なすすべがないとき鳴海が自転車で通りかかった。
矢代は鳴海に一緒に解決したいと打診すると、この自転車を使えと言われ、すぐに行動を開始する。

古賀は鳴海に手を貸すなんてと言うと、鳴海は皮肉で反論。二人の因縁が垣間見えた。

矢代は別荘近くに着き、捜査一課の二人と合流、別荘へ急ぐ。

矢代が到着した時、鈴村は男を殺そうとしていた。しかし、麻酔が効いておらず反撃され殺されそうになる。
その時、矢代と捜査一課が突入。間一髪のところで逮捕。
鈴村は自白。

しかし、男は黙秘を続けていた。
矢代は鳴海にイヤホンで言われたとおりに発言するように求められ渋々承諾し、誘導尋問を開始した。
その男が佐々木みずきであることを確認し、殺害の手口を推測し問いただす。
すると、佐々木は一般に公開されていないはずの原稿用紙が燃やされていたことを言ってしまう。

密室のトリックも暴いた。その真相は嶋野本人が作ったものだということを。
鳴海は文字の特徴から佐々木の旧姓を調べたという。
そこで佐々木と嶋野は親子の関係であったことを矢代は知る。
嶋野と佐々木には共通するものがあると言った。

佐々木は嶋野と接触し、嶋野の気持ちを聞いて、殺した。と推測を述べた。
佐々木はそれを聞いてすべてを認めた。
矢代は嶋野が最初から気付いていたんじゃないかと言った。
そして佐々木の原稿の才能を評価していたことを告げた。
それを聞いた佐々木は力が抜け、座り込んだ。
鳴海は嶋野の最後に書いていた作品の内容を伝える。
その内容は一人の作家の人生であった。主人公は佐々木と酷似していて、本当は息子のことを思っていたことの証明でもあった。
佐々木は涙を流していた。

未解決の女動画を無料で初回(1話)~最終話見逃し配信視聴方法【警視庁文書捜査官】

2018.04.19

スポンサーリンク

「未解決の女 警視庁文書捜査官」第2話あらすじや感想とネタバレ

 

第2話あらすじ

大手IT企業の社長令嬢が連れ去られ、1億円もの身代金を要求される誘拐事件が発生する。早期解決を目指す捜査本部は、各部署から人員をかき集め体制を強化。「特命捜査対策室」からも第6係の刑事・矢代朋(波瑠)が招集される。誘拐されたのは中学生の幸田遥花(畑芽育)。犯人が電話で、父親・幸田雅也(戸次重幸)に遥花の声を聞かせたとき、遥花は「かもめ」とだけ口にしたという。まるで意味が分からない朋だが、その一言は文字フェチの同僚・鳴海理沙(鈴木京香)に12年前のある未解決事件を思い出させることに…! それは主婦・坂下菜々美(高岡早紀)の娘・芽以が誘拐された事件。実は当時、芽以も今回と同様に「かもめ」という言葉を発していた――。

 まもなく身代金の受け渡し役に任命された朋は、雅也の秘書に扮し、指定場所に赴く。ところが犯人の指示で方々を走らされた結果、自慢の体力があだとなり、本物の秘書でないことが犯人に露見! 身代金はまんまと誘拐犯の手に渡り、人質も解放されないという最悪の事態を招き…。

 一方、理沙は「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹)から、犯人と雅也の通話解析を命じられる。そんな中、朋は先輩刑事・草加慎司(遠藤憲一)から、12年前の未解決事件の詳細を聞くことに。その事件は、今回の誘拐事件と奇妙な共通点を持っていただけでなく、理沙を人嫌いにさせる原因にもなっていて…!?

 

第2話に対する期待の声

 

確かに情報量が多かったですね。次回はどんな事件になるのか楽しみです。

 

面白いこと間違いなしですね。ぜひ見てほしいです。

 

最後に笑いました。次の終わり方にも期待してしまいます。

 

第2話の展開予想

第2話では、誘拐事件が起こるようです。
犯人も頭が回り、秘書でないことがばれたり身代金を奪われたりと大変なことが起きるようですが、はたしてどのように解決するのでしょうか。
また、鳴海の過去にも少し踏み込んでいくようです。
この辺にも注目してみていきたいですね。

 

第2話の感想やネタバレ

 

第2話の感想

 

 

 

娘を突然失うと思うと耐えきれないです。。。

 

 

きっと熱心だったと思いますね。

 

 

20歳を超えていても泣けちゃいましたよ。

 

 

 

 

 

第2話のネタバレ

12年前
3歳の女の子・めいがいなくなってしまった。
警察が必死に探すも見つからなかった。

12年後
新たな誘拐事件が発生。
犯人による身代金要求の電話があった。その時、誘拐された少女・幸田遥花の父・幸田雅也は娘の声を聴かせて、安全の確認を求めた。
その要求に応じた犯人の電話口から遥花は、「カモメ」と一言発した。

矢代は今回の事件の捜査本部に参加することになった。
誘拐事件は母のお見舞いに行く途中に起こったものだった。
古賀は倉庫番の矢代を参加させることに反対していた。

矢代は早く行こうとしたとき、鳴海に罵倒され反論する。
しかし、財津から本当は鳴海が召集されていたことを伝えられる。
そして「カモメ」と言われたとき、鳴海は12年前の事件を思い出した。

矢代は「カモメ」に引っ掛かっていた。
捜査本部から秘書の役を与えられた矢代は、喫茶店で犯人からの電話に応対。

携帯を持たされ、喫茶店を転々とした後、秘書は全員持病持ちであることから体力がそんなにあることは可笑しいと言われ、警官だとバレてしまった。
そして言われるまま、川に携帯と身代金のバッグを投げ捨てた。

下流8kmの位置でバッグが発見されるも手掛かりは無し。
身代金は持ち逃げられてしまった。

古賀は一日で捜査本部から外された矢代をあざ笑っていた。
鳴海は犯人からの電話の会話を元に犯人を洗い出すように依頼された。

矢代は「カモメ」の意味を草加に聞くと、12年前の事件のときの被害者の両親のもとに掛けられた電話で被害者が発した言葉と一致していたことを教えてくれた。
その時に鳴海は捜査本部に所属していた。その捜査の過程で被害者両親の離婚。
母は警察に文句を言っていた。
矢代はそのせいで鳴海が人間嫌いになったことを悟った。

財津は鳴海に犯人が秘書のことを知っていたことを伝えた。

矢代は12年前の被害者の母に会いに行ったが何も得られなかった。

鳴海は矢代に犯人との電話を書き出すために内容を求め、草加に書き留めさせた。
その中で鳴海は娘という言葉に引っ掛かる。父親との会話で娘ではなく子供と表現していたから。
また写真からあることに気が付きそうになっていた。
矢代は鳴海を無理やり連れだした。

矢代たちは今回の被害者の父・雅也の家に訪れていた。
そこで鳴海は神が下りたといった。矢代は雅也に犯人が娘と呼んでいないことを伝える。
それがどうしたという雅也に鳴海は、遥花が雅也の本当の娘でないことを言った。
そして、12年前に起きた事件の鍵・カモメがあることを伝えた。
矢代は12年前の事件の捜査資料から被害者・めいの身体的特徴をの左腕のハート形のほくろがあると言い、今回の事件の被害者・遥花の写真はほとんどが長袖であることを伝える。
捜査一課は雅也のお絵に飾られた写真を見て一枚を除いて長袖であることに気付く。
そのことから、12年前の犯人が雅也であることを突き詰めた。

雅也は12年前のことを話し出した。
12年前、自分の娘は乳幼児症候群により亡くなってしまった。
その二日後、妻が女の子を連れてきた。
その女の子はめいだった。
雅也は罪を認め、罰は受ける。ただし、妻の容態も悪く、遥花こと坂下めいが戻るまで待ってほしいと頭を下げた。

矢代はなぜカモメと言ったのか気になっていた。
捜査一課の調査から雅也の友人の医師・榊原に動悸があることが分かった。

草加から電話の音声解析の結果を伝えられ、犯人が女であることを知る。
鳴海はそれに対し、やっぱりねと言った。
しかし、矢代の電話相手は男だと言われ、犯人は二人いることが分かった。

捜査一課の報告から榊原はアリバイがあり白だと判明。
そしてバッグの発見された場所を管理している人から、そこはよくごみが流れ着くから清掃業者に依頼していたことや清掃業者の一人が急に退職していたことが分かった。

その人物の名前は坂下菜々美。めいの母親だった。

捜査一課は坂下の家を訪ねる。押し入れの中から大量の札束と包丁で刺され血まみれになり拘束された男が出てきた。
男はその女から話を持ち掛けられ、子供を殺したのか聞くと刺されたと供述。

菜々美の家にあった手紙にはすべてが書かれていた。
その手紙から菜々美が娘と心中しようとしていることを推測する。

鳴海と矢代は菜々美の過去の勤務地から廃工場に向かうと心中しようとしている菜々美を発見。

矢代は「カモメ」の真相を伝えた。そして説得を始めた。
菜々美は矢代の言葉に涙を流した。
そして意識の戻っためいを抱き寄せた。

めいは鳴海に一度おかしいと思ったことがあったというと、鳴海はすこしだけ語った。

 

「未解決の女 警視庁文書捜査官」初回(第1話)と第2話のネタバレ感想とあらすじ紹介まとめ

 

パワフルな波瑠さんと、冷静な鈴木京香さんのタッグは頼もしい限りですね!

本記事では、ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』のネタバレや感想、あらすじを各話ごとに追いかけていきますので、ぜひご期待ください。

未解決の女動画を無料で初回(1話)~最終話見逃し配信視聴方法【警視庁文書捜査官】

2018.04.19

未解決の女最終回ネタバレ感想!初回(第1話)から随時更新【警視庁文書捜査官】

2018.04.14

未解決の女キャストやロケ地、相関図や主題歌まとめ

2018.04.14

未解決の女視聴率速報と一覧!初回(第1話)から最終回まで随時更新

2018.03.09

スポンサーリンク