未解決の女第5話(4話)ネタバレ感想とあらすじの紹介【警視庁文書捜査官】

2018年4月期の木曜ドラマ枠は、波瑠さん主演のドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』です。

初共演となる波瑠さんと鈴木京香さんが、肉体派刑事と頭脳派刑事に扮し、強力タッグを組み、難事件に挑みます!一見、正反対の凸凹コンビが、厳しい環境の中、次々と未解決事件を解決していく様が見所です!

こちらの記事では、ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の第4話や次回第5話のあらすじやネタバレ、感想をご紹介します!

スポンサーリンク

動画共有サイトでドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」を初回(第1話)から最終話を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、『未解決の女 警視庁文書捜査官』の初回(第1話)から最終話がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスのお試し期間を利用してくださいね。

 

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」を視るならU-NEXTがオススメ

 

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

『未解決の女 警視庁文書捜査官』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を今すぐ見ることができます。

無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ(2017)
  • コウノドリ2期(2017)
  • 陸王
  • 監獄のお姫さま
  • わろてんか
  • 重要参考人探偵
  • 科捜研の女17シーズン
  • 奥様は、取扱い注意

など見放題ではないですが国内ドラマの種類が一番豊富で多数配信されています。(2017年10月末現在)

 

「未解決の女 警視庁文書捜査官」第4話あらすじや感想とネタバレ

 

第4話あらすじ

ショップ店員・長瀬真智(吉井怜)が山中の橋から転落し、全身打撲で意識不明の重体に陥った。この事件が発端となり、ひとつの未解決事件の捜査が再び動き出す。真智が乗っていた車から採取された毛髪のDNAが、ある失踪者のものと一致したからだ。失踪者は近所でも“理想の主婦”と評判だった藤田里美(真飛聖)。里美は15年前、代議士の夫・藤田晃一(堀部圭亮)と息子2人と共に祭りに来ていたが、まるで神隠しのように突如姿を消してしまっていた――。

真智の車からは、毛髪だけでなく、9桁の数字が羅列された“謎の文書”も見つかっていた。妙に張り切る「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)から“捜査の脇役”扱いをされながらも、「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)は文書を解読して捜査に貢献しようと奮起。やがて証拠文書の紙が移動図書館のチラシだと突き止めた朋は、9桁の数字が蔵書の資料コードだとにらみ、番号から割り出した蔵書と資料をかき集める。すると、それらはすべて失踪事件に関する書籍や、里美が失踪した事件に関する記事で…!

やがて、真智と15年前の事件現場との間に“ある接点”があったことが判明。そんな中、里美が息子たちに託した手書きレシピを見た第6係の文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は「字が泣いている」と言い出す! さらに、息子たちへの直筆メッセージにもぬぐえない違和感を覚え…!?

 

第4話の感想やネタバレ

 

第4話の感想

 

 

間違ってないです!その点、悪い人という設定を確実にしていますよね。

 

最後の感動のシーンにいつも涙を誘われます

 

 

 

 

 

面白くて感動的なものはなかなか無いですよね。

 

母として見ていたいという気持ち。分かりますよね。

 

はっきり待っているからという言葉に感動しました。

 

 

 

 

 

第4話のネタバレ

15年前、品川区在住の主婦・藤田さとみが行方不明になる。警察の必死の捜査も空しく手掛かりも見つからないままとなった。

古賀はつり橋の下に来ていた。そこで起こった事件の被害者・長瀬まちは全身打撲、意識不明の重体。被害者の車の中にあった髪のDNAが15年前の失踪者の主婦のものと一致したと報告された。
古賀は6係に訪れて、資料を持っていく。目撃者の証言から殺人未遂であると推測される。
矢代は強行班から被害者の車の中にあった数字の羅列された紙を1枚預かり、倉庫へと戻った。
鳴海はその紙が裏紙であることと8の書き方に特徴があることを確認した。
財津によると、15年前の事件では大人の失踪にしては珍しく150人態勢の捜索が行われた。
藤田の夫は議員の第一秘書であることも知る。
矢代が裏紙に書かれていた草見公園を訪れ、そこで話しかけられた子供たちから裏紙が移動図書館のチラシであることが分かった。
そこから紙に書かれていた数字が図書館の蔵書資料コードであることが判明。
その蔵書を全て借りた。それは全て15年前の事件の資料であった。
そして紙に書かれた数字が長瀬のものと一致した。

古賀は藤田晃一の事務所に訪れていた。晃一は15年前の事件よりも今回の事件の捜査に力を注ぐように言った。
矢代は藤田の家を訪れた。捜査一課は長瀬と藤田とかかわりがある可能性を導き出した。
矢代は藤田家の前で子供である二人と遭遇。話を聞いていた。その時、自慢の母だったことを聞いた。
今では父も祖父も諦めてしまったとも。鳴海は15年前の事件の資料の絵馬の文字を見ていた。
さらに写真を見て、何かに気付く。矢代が借りてきた雑誌の中に藤田の文字があり、一文字滲んでいた。
その文字を見て鳴海は、文字が泣いていると表現。そして矢代に15年前の事件の写真を見せた。
その絵馬に書かれた文字がまるで自分がいなくなることを予期しているような感じだと言った。
そして兄弟の間で母性に差があると考えていた。

矢代がこじつけだと馬鹿にしたが、鳴海は藤田家の戸籍を見せ、弟は藤田の姉の子だと判明。さらに藤田夫妻は養子縁組で我が子とすることを決めていた。
そして古賀の話から姉は15年前から行方をつかめないままだと知った。鳴海は科捜研からの結果を持って古賀と矢代のもとに来た。
結果によると、料理本のペンはすべて同じ、そして本のしわから蛋白質が出てきたことから涙であると推定。一気に書いた可能性が高いと鳴海は言う。
古賀は失踪することが分かっていたのかと問うと、鳴海は強く肯定した。
聞き込みに出ていた草加の話によると、温厚な晃一が一度だけ父の出ていた国会中継を見てグラスを投げた。それは2009年、時効廃止案が出た年であった。
長瀬の携帯の履歴に藤田の姉の河村の勤務先が多く残っていたという。
矢代たちは15年前の神社を訪れていた。矢代のもとに写真が送られてきた。それは藤田の姉・河村の字であった。
それをみた鳴海はこれまでのことからあることに気付いた。
晃一が時効廃止を待っていた可能性。

矢代は、河村を訪ね、任意同行を求めた。
鳴海は河村に対し、矢代に送られた写真の字を見せ筆跡を隠そうとしているが、最後に出ていることを告げた。
そして、河村が藤田里美ですねと言った。藤田は話し始めた。
姉がお金のために訪れてきて、誤って殺してしまったこと。遺体を山中に埋めて隠したこと。
矢代は晃一に推理を聞かせ、晃一は認めた。
夫婦で遺体を隠し、15年待てばいいと言ったが、里美が自首しようとしていたこと。
そんな里美に河村として生きることを提案したこと。藤田は時効廃止に伴って、夫に捨てられたことを話した。
良い妻に、母になろうとしていたのに。
そして今回の事件で被害者からゆすりを受け、とっさに殺したこと。夫から完全に切り捨てられたこと。
全てを認めた。矢代たちは晃一を逮捕。藤田は兄弟に呼び止められた。背中を向けた母に、生きていてくれてありがとう。待ってるから。と。藤田里美は涙を流した。

 

「未解決の女 警視庁文書捜査官」第5話あらすじや感想とネタバレ

 

第5話あらすじ

厚生労働省の官僚・須賀勇蔵(児玉頼信)が突然、腹部大動脈りゅう破裂で死亡した! 原因は体内から見つかった「モスキートペアン」と呼ばれる小型鉗子。実は、須賀は5年前に「松河総合病院」で大腸がん手術を受けており、モスキートペアンはその際に放置されてしまったものだとみなされる。

 思わぬ形であぶり出された5年前の医療ミス疑惑…。しかも、この疑惑がある未解決事件にも光を当てることになる。実は、手術の1週間後には、同院の放射線技師・中尾勲(町井祥真)が刺殺される事件も起こっていたのだ! 当時、警察が手掛かりにしたのは中尾が最期に残した、たった一文字の血文字「も」。だが、捜査は思いのほか難航し、事件解決には至らずにいた――。

「特命捜査対策室」第6係の熱血刑事・矢代朋(波瑠)と文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は、この未解決事件に注目。中尾が殺されたのは「術後のレントゲン撮影で体内のモスキートペアンに気づいたため」で、ダイイングメッセージの「も」はモスキートペアンを示唆していたのでは…と推察する。だが、執刀医を務めた現院長・松河正一(植草克秀)をはじめ、手術関係者にはアリバイがあり…。

 そんな中、今は別の病院に移っている手術関係者のリストを見た朋は、目を見張る。そこに記された第一助手の名前は松河森次(宮迫博之)――数カ月前、捜査中に重傷を負った朋を、死の淵から救ってくれた恩人だったのだ! 朋はさっそく森次に捜査協力を依頼。「松河総合病院」が頑なに開示拒否する須賀のカルテを手に入れようとする。ちょうどその頃、第6係の係長・財津喜延(高田純次)は、驚愕の新事実をもたらす文書を入手。その筆跡と“ある一文字”に、理沙が鋭く反応し…!?

 

第5話に対する反応や期待の声

 

放射線技師に注目しているところに感動しています。

 

何が起こるのか楽しみです。

 

第5話の展開予想

次回は医療ミスから起こる事件のようです。

関係者全員にアリバイがあるということが捜査を難航させるが、ダイイングメッセージの一文字がカギになるということに鳴海はどのように答えを導き出すのか、気になって仕方がありません。そこに注目していきたいですね。

 

第5話の感想やネタバレ

 

第5話の感想

 

 

 

 

 

 

 

弟を庇っていることが分かるとさらに感動しました。

 

 

すこしこみあげてくるものがありました。

 

 

あのシーンは笑ってしまいました。

 

実際にありそうで怖いですよね。

 

変化が見えて楽しくなりますよね。

 

第5話のネタバレ

5年前、ある患者の手術から一週間後、放射線技師・中尾が刺殺される。中尾が死の間際に血で書いたと思われる「も」という文字があった。警察は中尾が金を借りていた闇金業者・茂木を捜査するも証拠不十分として、未解決となった。

厚労官僚・須賀が腹部大動脈瘤破裂によって死亡した。手術用のモスキートペアンが残っていたという。
捜査一課は松河総合病院を訪れ、医院長松河正一に話を聞いていた。

矢代と鳴海は病院が手術後、医療ミスが無いか確認のためにレントゲンを撮ることから放射線技師である中尾を口封じのために殺した可能性があると推測。

矢代からの捜査をさせてくれという願いを断る古賀だが、財津の入れ知恵によって捜査することを決める。
捜査資料に目を通しているとき、矢代は5年前の手術の助手であり、その後転勤となった医師・松河森次のことを思い出した。森次は矢代の手術の執刀医であった。

矢代と草加は森次の勤務している病院を訪ねた。森次は中尾とは仕事上だけの関係だったという。
一課は茂木に話を聞きに行くも、何も得られなかった。
鳴海は5年前、松河正一と森次が対立していたという。そして当時、学生運動のようなことが起こっていたという情報もあった。

矢代たちは抗議用のチラシを作った松河総合病院の元経理担当の寺井に話を聞いていた。
須賀と当時の委員長が癒着していたことが判明。矢代は森次に手術のことについて聞いていた。

正一は事情聴取を受けていた。須賀を殺したのではないかという質問に対し、否定し、「だって私は」と口走る。
その言葉に鳴海は聴取室に入り、須賀の手術をしなかったからだと断言し、イップスについて言及した。
正一は話し始めた。手術を弟に任せた。これ以上メスを握るなという弟に病院の後継者は俺だ、出て行け。と言ったと。
結果、ミスを犯したのは森次であると結論付けた。

矢代は森次から預かった手術の資料を見せ、恩人である森次を擁護する。そして正一はなにか隠しているといった。鳴海は森次も隠していると断言。中尾にあった刺し傷の特徴から犯人は左利き、そして5年前のダイイングメッセージ「も」の横線は左手で書くときの特有のものであるとした。さらに器具の数が変わっていないことからだれが持ち込んだのかに焦点が行く。
体内に残されたモスキートペアンの器具番号から、持ち込んだのは中国人。犯行動機は妹の復讐。

中国語で「馬鹿」と「250」は同じ発音であるとして。犯人は認めた。そして、中尾を殺したことも。しかし鳴海はだれを庇っているのか尋ねる。答えは返ってこなかった。

矢代は森次になぜペアンに気付かなかったのか聞く。鳴海は森次が見て見ぬふりしていたんじゃないかと言い、森次は反論するもうまく返されてしまう。しかし鳴海は森次が殺したとは思っていなかった。鳴海は、正一が書いたカルテの字について聞いた。

矢代は5年前の事件現場に正一を呼び、矢代の手を使って「も」という文字を書いてほしいといった。正一は手が震えていた。
矢代は鳴海の言葉を話した。ペアンが残っていることを隠す代わりに金を払うように言われ、約束の場所で殺した。
闇金の茂木に着せようと右手で「もぎ」と書こうとしたが手が震えて、仕方なく左手で書いた。

連行される正一に鳴海は、森次はペアンが残っていることを知っていたと思いますかと聞いた。

矢代は、森次のもとを訪ねた。そして聞いた。兄は犯人ではないかと思っていたんじゃないかと。兄からの言葉を伝えた。
院長には弟がなるべきだと。外に出したのは、父の言葉があったからだと。森次を守るためだと。自首をすすめ、病院を後にした。

 

「未解決の女 警視庁文書捜査官」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

『未解決の女 警視庁文書捜査官』第5話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、『未解決の女 警視庁文書捜査官』の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • U-NEXTのお試し期間で見る
  • dTVのお試し期間で見る
  • auビデオパスのお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信や無料動画Tver

 

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

テレビ朝日オンデマンド 動画はコチラ
Tver 動画はコチラ

 

まずは、『未解決の女 警視庁文書捜査官』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、『未解決の女 警視庁文書捜査官』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

無料動画配信で有名な、Tverでも『未解決の女 警視庁文書捜査官』の見逃し配信が行われています。

こちらも、『未解決の女 警視庁文書捜査官』の配信は最新話に限られております。

Tverでの『未解決の女 警視庁文書捜査官』の見逃し配信は、コチラから。

 

U-NEXT

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

『未解決の女 警視庁文書捜査官』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を今すぐ見ることができます。

お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ(2017)
  • コウノドリ2期(2017)
  • 陸王
  • 監獄のお姫さま
  • わろてんか
  • 重要参考人探偵
  • 科捜研の女17シーズン
  • 奥様は、取扱い注意

など見放題ではないですが国内ドラマの種類が一番豊富で多数配信されています。(2017年10月末現在)

 

dTV

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

もともとは、docomoユーザーのためのサービスでしたが、2014年4月からは誰でも契約できるようになっています。

月額500円と見放題サービスの中で圧倒的な安さを誇り、動画数も12万本と充実しているのが魅力です。

dTVには、31日間の無料お試し期間があり、期間内に解約した場合、一切料金がかかりません。

『未解決の女 警視庁文書捜査官』の見逃し配信は、毎週木曜の12時に更新されます。

 

auビデオパス

auビデオパスは、auユーザーが利用できるau公式動画配信サービスです。

利用できるのがauユーザーに限られますが、見放題プランは月額562円(税抜き)で、毎月、新作が観られるコイン(540円相当)が貰えるお得なサービスになっています。

auビデオパスでは、初回加入時は30日間無料となります。

つまり、加入して30日以内で退会した場合、料金は一切必要ありません。

『未解決の女 警視庁文書捜査官』は、第1話から最新話まで、見放題配信されていますので、30日間の無料期間中に視聴すれば、第5話の見逃し配信を無料で視聴できるということです。

auユーザーの方には、断然おススメの無料視聴方法です。

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

『未解決の女 警視庁文書捜査官』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、第5話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

「未解決の女 警視庁文書捜査官」第4話と第5話のネタバレ感想とあらすじ紹介まとめ

 

パワフルな波瑠さんと、冷静な鈴木京香さんのタッグは頼もしい限りですね!

本記事では、ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』のネタバレや感想、あらすじを各話ごとに追いかけていきますので、ぜひご期待ください。

スポンサーリンク

『未解決の女 警視庁文書捜査官』見逃し動画を今すぐ見る方法
  1. U-NEXTの31日間キャンペーンに登録
  2. 登録時に600ポイントもらえるので、それを利用してお試し視聴