もみ消して冬第9話(8話)ネタバレ感想とあらすじの紹介

2018年1月冬開始の日本テレビ系列土曜ドラマ『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』です。

主演。Hey! Say! JUMPの山田涼介東大卒、警視庁に勤務するエリート警察官で25歳という役柄。

エリート警察官が家族の問題で大モメするコメディ。…今から楽しみです。

そんなドラマ『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』ですが、「忙しくて見逃した!」とか「録画予約を忘れてた!」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ドラマ『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』第8話と次回の第9話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトで「もみ消して冬(もみ冬)」第9話を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』第9話がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して無料視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスの無料期間を利用してくださいね。

 

今すぐ観るなら!Huluで「もみ消して冬(もみ冬)」第9話を無料視聴

 

×無料動画GYAO!
×dTVの無料お試し期間
×ビデオパスの無料お試し期間
×U-NEXTの無料お試し期間
×ビデオマーケットの無料お試し期間

 

『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』は上記のサイトからは残念ながら見ることができません。

公式の見逃し配信でのみ視聴が可能なようです。

視聴は「Hulu」でのみ可能です。

 

個人的に推奨したいのはHuluです。

Huluは、現在14日間無料キャンペーンを実施中なので、高画質で無料動画に見られるスパイウェアや著作権侵害の問題に心配することなく安全にドラマ『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

人気ドラマや最近のドラマでは

  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • ブラックリベンジ
  • 過保護のカホコ
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 脳にスマホが埋められた!

などが見放題で配信されています。(2017年10月末現在)

その他にも過去に日本テレビ系列で放送されたドラマや海外のドラマや映画、アニメなど追加料金発生することなくかなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

ドラマ『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』見逃し動画を無料で見る方法
  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※Huluは14日以内に解約すればお金は一切かかりません!

 

「もみ消して冬(もみ冬)」第8話のあらすじと感想

 

「もみ消して冬(もみ冬)」第8話のあらすじ

里子(恒松祐里)とついに恋人関係になった秀作(山田涼介)が、彼女を北沢家へ招待して泰蔵(中村梅雀)に紹介することになった。
その晩、北沢家には泰蔵しかいないはずだったが、友達の所に泊まりに行っていた知晶(波瑠)が早々に帰宅。遅くなる予定だった博文(小澤征悦)は、尾関(小瀧望)と手毛綱(児嶋一哉)を引き連れて帰ってきた。
嫌な予感しかしない秀作をよそに、北沢家のリビングでは、知晶にキスをした尾関の公開裁判が開かれる。
そんな中、里子が履いてきた靴が玄関から消えていることに気が付く秀作。
誰かが隠したのでは?と有罪判決を受け執事部屋に拘束されている尾関に相談し、 一人ひとり問い詰めていくが、犯人はなかなか見つからない。
そうこうしているうち、秀作に幼い頃の知晶の靴をめぐるとある記憶がよみがえって―。

 

「もみ消して冬(もみ冬)」第8話の期待と反応の声

 

 

 

 

 

 

次回は里子が北沢家に呼ばれるようですね。しかし、なぜか里子の靴がなくなります。果たして誰が盗んだのか。また、秀作と里子、知晶と尾関はどうなるのか、気になるところです。

 

「もみ消して冬(もみ冬)」第8話の展開予想

秀作と里子はとうとう恋人同士になって、北沢家に招待されるようです。また、知晶に対するキスで公開裁判を受けた尾関は北沢家執事室に拘束されてしまいます。そんな中、里子の靴が消えるという事件が。どうも秀作と知晶の幼い頃の記憶に関わりがあるようですね。

秀作と尾関の活躍で、里子の靴が見つかり、知晶が抱えている問題も解決しそうな感じがします。展開が気になるところです。

 

「もみ消して冬(もみ冬)」第8話の感想とネタバレ

 

第8話の感想

 

里子が秀作の恋人として北沢家に招待されます。

 

そこに尾関達がやって来て、尾関の公開裁判が行われることになってしまいます。

 

 

そんな中、里子の靴がなくなっていることが分かります。

 

公開裁判の結果、尾関は金庫1時間の刑に処せられます。

 

禁固刑の尾関に靴が盗まれたことを相談します。

 

 

 

 

家に来ていた手毛綱、そして尾関まで疑われます。

 

靴がなくなっていることがバレないように、里子の用事を済ます秀作。

 

 

 

実は知晶のダンス靴を里子の足に合わせるためのサンプルとして靴職人に渡していました。尾関や手毛綱を含め北沢家全員で仕組んだことでした。

 

最後は全員外出し、二人きりになった秀作と里子はダンスを踊ります。

 

前回、里子の家に行った秀作は朝帰りをします。それを知った父から里子を家に招待された秀作ですが、里子の豪快かつ大胆な行動で慌てさせていました。また、尾関や手毛綱が登場したり、尾関による知晶へのキスに対する公開裁判があったりと、とても賑やかでした。

そんな中、里子の靴がなくなって犯人捜しをしましたが、結局、尾関や手毛綱、執事達も巻き込んだ、北沢家による一芝居でした。この中で、知晶と秀作の幼い頃の想い出が語られ、ほろっとさせられました。それにしても今回の事件、秀作を思っての行動だったんですね。秀作は愛されていますね。

 

第8話のネタバレ

秀作が池江里子の部屋に上がるが、里子は寝ている。秀作は、試されている、後戻りは許されないと感じ、朝帰りをする。朝食時だった北沢家、泰蔵に彼女を家に連れてこいと言われる。

病院で博文は、副院長落選した善財をからかう。通っていたメイドカフェが潰れたことの方が痛手だと善財。

秀作は、里子に週末に家に遊びに来ないかと誘う。博文と知晶は家にいない、泰蔵だけだからと言う。里子は了承する。

里子が北沢家にやってくる。そこへ泰蔵が帰宅する。学園では今いじめが問題になっている、靴を隠されていたらしい。里子は小学生のころ、靴を隠されたが隠した男の子をボコボコにしたという。ビックリする一同。里子は柔道黒帯だった。

里子は泰蔵の大ファンで、本は全部読んだと言う。すると泰蔵は、ゴーストライターがいると告白する。

里子は秀作に足を絡ませて来る。そして、手を取って来る。焦る秀作。

友人宅へ泊まるはずだった知晶が帰宅して来る。ドタキャンされた、邪魔はするつもりはないというが、里子と言葉でやりあう。

そこに、博文が手毛綱と尾関を連れて帰ってくる。博文は酔っ払っている。尾関を見た知晶は、その人を3メートル以内に近づけるなという。そこで、「公開裁判」をやろうと手毛綱が言い出す。

里子と秀作がキスしようとしていると、博文が、裁判をするために木製のハンマーを持って来てくれと言ってくる。取りに行った秀作が、玄関にあるはずの里子の靴がなくなっていることに気がつく。これはいじめかと、秀作。

秀作が推理を始める。知晶にわかったら揉め事になると。

そこに、尾関が有罪だと連れ出されてくる。楠木が、尾関が知晶にキスした証言したからだ。

秀作は尾関に、里子の靴がなくなったことを相談する。尾関は博文が怪しいという。

秀作は博文に問いただすが、靴を隠していないと答える。疑うなら知晶だろうという。

秀作は知晶に聞きに行くが否定される。知晶は泰蔵ではないかという。

泰蔵に聞きに行くと、里子の裏表がない性格で気に入っていると。泰蔵は、小岩井が娘の誕生日プレゼントに靴をせがまれていたから小岩井が怪しいという。

小岩井は、私はそんな人間だと思っているのかと憤慨し、靴の写真を撮っていた楠木が怪しいと言う。

楠木は、里子の靴が可愛いから写真を撮っていただけで自分ではない、女装のコスプレをしているが、全て手製だと告白し、手毛綱ではないかという。

手毛綱は、衣服の匂いは好きだが靴は好きではないと答える。犯人は尾関だという。

尾関は、動機がないと答える。里子が自分で隠したのではないかという。

今度は里子の公開裁判が始まるという。

博文が、付き合おうという言葉はあったか?と聞く。里子は、男らしく付き合おうと言われたと答える。知晶は、秀作が男らしいはずがないと。その時秀作は酔っていた。しかし里子は、はっきり言葉にしてくれたのがうれしかったという。

里子が帰ると言い出す。DVDを返してクリーニングを取りに行くと言う。靴がないことがバレないように、秀作は、自分が返して来るから、博文たちと話していてくれという。

秀作は、DVDを返してクリーニングを取りに行く。帰宅して小岩井に聞いてみたがまだ靴は見つからない。開かずの間があると。それは、知晶の部屋。

リビングでは里子が寝てしまっている。泰蔵は、泊まっていってもらえばという。里子のことを気に入っていると。

秀作は知晶に、探したいけれど探せない場所があると伝える。知晶は鍵を渡そうとするが、秀作は受け取らない。

秀作が台所に行くと尾関がまだ執事室にいた。尾関は、8:38から8:45の7分間で隠されたと推理する。その時知晶だけが、リビングから消えていた。

秀作は、昔のことを思い出す。秀作は幼い頃、知晶の靴を隠した。知晶が友達の家に遊びに行くのを止めたかった。知晶は気づいていたが、秀作が見つけてくれたと言ってくれた。

知晶が友達の家に泊まりに行くという。秀作は、知晶が隠したと思うというが、知晶はなかなか答えない。知晶がちょっと借りてただけよというと、秀作は怒りだす。どうして靴を隠したのかと。

知晶が、そろそろ準備が整った頃かという。秀作は玄関に行くと、尾関と手毛綱が帰るところだった。泰蔵も温泉に行くという。小岩井と楠木もついて行くと。楠木が、靴は手袋をつけて動かしましたからという。博文も夜勤に、知晶は友達の家に行くと出かける。

リビングには「二人で仲良くやってください」というメッセージと動画が残されている。

動画に博文と泰蔵が出て来る。泰蔵は、ダンスを愉しめと。知晶は、また遊びに来てと。

北沢家に人がやって来る。お届けものだと。見ると里子の靴だ。サイズ直しのためにお借りした靴ですという。そして同じサイズにした靴だと、別の靴を渡される。それは、知晶が母からもらったダンスシューズだった。知晶は母の形見とも言える大事なシューズを里子にくれた。

リビングで里子と踊る秀作。

 

「もみ消して冬(もみ冬)」第9話のあらすじと感想

 

「もみ消して冬(もみ冬)」第9話のあらすじ

里子(恒松祐里)のあとをつけていたストーカーを捕まえた秀作(山田涼介)。
ところがその男、吉田邦夫(加藤諒)の目的は秀作だった。理由を聞く秀作に邦夫は衝撃の事実を口にする。
「ボクたち、赤ちゃんの時に取り違えられたんです」
信じない秀作にDNA鑑定の証拠を見せる邦夫。3歳の時に発覚し、両家で話し合いの上、そのままになったという。
家に帰った秀作は、このことを打ち明けるが、知晶(波瑠)と博文(小澤征悦)は初耳にもかかわらず反応は薄く、弟につらくあたってしまう理由がわかってスッキリした様子。泰蔵(中村梅雀)もずっと同じ思いだったと知りショックを受ける。
邦夫を知るうち、その姿と言動に北沢家のDNAを実感する秀作。
やがて、一週間だけ二人を入れ替えて生活することが両家の間で決まり…。

 

「もみ消して冬(もみ冬)」第9話の期待と反応の声

 

 

 

 

秀作が北沢家の子供ではないかもしれないということで、動揺が走っていますね。真相は一体何なのでしょうか。最終回に向けてスピードアップした展開に注目です。

 

「もみ消して冬(もみ冬)」第9話の展開予想

里子がストーカーにあっていて、しかもそのストーカーが秀作と取り違えられたとされる人物であることが判明します。DNA鑑定の証拠まで揃っているようですが、実際はそれは誤りで、秀作は北沢家の子供であるということで落ち着いて欲しいです。次が最終回なので、前後編として最後まで引っ張るのではないでしょうか。予想がしづらい次回、楽しみです。

 

「もみ消して冬(もみ冬)」第9話の感想とネタバレ

 

第9話の感想

 

秀作は吉田邦夫から、自分達は赤ちゃんの時に取り違えられていたと聞きます。

 

 

 

博文達は、血が繋がってないから秀作に冷たく当たっていたのかと納得。

 

この件を尾関と里子に話す秀作。

 

邦夫が北沢家に来る。喜ぶ北沢家家族。

 

一週間生活を交換することになり、吉田家で生活する秀作。

 

何かをするとお礼を言われ、喜びを感じる秀作。

 

 

秀作は吉田家が自分の居場所だと実感します。

 

ミランダの家で息子エリックの靴と間違えて帰ってきたという泰蔵のために、邦夫がエリックを呼び出し、その隙に秀作がコッソリ交換します。

 

一家団欒

 

知晶に頼まれ秀作を迎えに行く尾関ですが、秀作の馴染みっぷりに驚きます。

 

 

 

秀作が北沢家の息子ではなかったという、今までで最大の事件が発覚します。一週間という約束だったにも関わらず、それ以上吉田家に滞在する秀作ですが、余程居心地が良かったのでしょう。それに対し邦夫は、北沢家らしいDNAの持ち主のようですね。ただ、知晶は邦夫が気に入らない様子。秀作はこのまま吉田家の息子としての人生を歩んでいくことになるのでしょうか。次回、その決断を見届けることにしましょう。

 

第9話のネタバレ

秀作と里子が一緒に帰ろうとしていると、里子が、誰かにつけられていると言う。何かあったら連絡するよう里子に告げる秀作。

秀作が帰宅すると、学園への融資の件で会食をするため家族達が揃っていた。会食に遅刻するとはなんと言うことだとバカラのグラスを投げる泰蔵。聞いていないという秀作。博文は言ったと言うが忘れていた模様。

秀作は翌日、里子の家に遊びに行くと、怪しい男を見かける。逃げようとする男を追いかける秀作。男は、吉田邦夫ですと名乗る。目的は、里子ではなく秀作だった。そして邦夫から「僕たち、赤ちゃんの時に取り違えられたんです。」と告げられる。邦夫は秀作と同じ平成4年5月3日生まれだという。そして泰蔵とのDNA鑑定書を見せる。泰蔵と邦夫のDNAを鑑定したら、DNAが合っているという。

秀作達が3歳の時にこのことが発覚し、両家で何度も話し合って、取り違えのまま育てられることになったと。

秀作は自宅に帰り、泰蔵に吉田邦夫に会ったと話す。博文と知晶は知らなかったが、執事の小岩井は知っていた。ずっと秘密にして来たが赤ん坊の時に取り違えられたと泰蔵。僕と父さんは血が繋がっていません。と秀作も続ける。すると博文と知晶は納得する。秀作に冷たく当たっていたのはそういう理由だったのかと。

泰蔵は、何度も戻したほうがいいと説得したが母さわ子が譲らなかったと言う。さわ子は、秀作を手放したくないと言ったと。泰蔵は、自分だってグラスを投げたくて投げてんじゃないんだよと話す。

秀作は、庭に出て落ち込む。そこへ博文がやって来て、さっきは言いすぎた、泰蔵も知晶も反省しているから許してやってくれと告げる。秀作が、これからどうしたらいいかと聞くと、博文は、何も変わらないと言う。可愛い弟だと。

翌朝、秀作は尾関が前回の件は何ポイントか気にしていたと知晶に言う。秀作は、職場でハンコを取りに来た尾関に、知晶がマイナス100ポイントだと言っていたと告げる。それよりも話があると尾関を誘う。

秀作は、里子の部屋で、尾関と里子に今回の事件を話す。自分は北沢家と血縁関係になかった、すまんと言うと、里子は「無関係です。家族は眼中にありません。」、尾関も「ここまで来るのは、並大抵の努力ではないはずです。」と秀作を励ます。里子は、邦夫が博文に似ていると言う。

秀作は邦夫と会う。秀作が金持ちの北沢家で生活するのはずるいと言う。うちはいいもんじゃないと秀作。そもそも水が合ってない、淡水魚が海に入ったら死んでしまう、とにかく一度会わせてくれと邦夫。秀作が、邦夫に今何をやっているのかと聞くと、父のケーキ屋を手伝っていると。

そして、邦夫が北沢家にやって来る。「皆さんにお目にかかることが夢でした。」と邦夫。ずっと憧れていたと。秀作が、今何やってるのかと聞くと、邦夫は宇宙飛行士を目指してると答える。先日聞いた話と違う。やり口が博文に似ている。秀作は博文に、逆境に弱いと言われる。

秀作と邦夫は、一週間交換して生活してみることになった。吉田家の両親が秀作に会ってみたいと言う。吉田家に行くと歓迎される秀作。そこには妹みさもいた。

父親は、邦夫にはケーキ屋は継がせないと言う。すると妹が、自分がケーキ屋を継ぎたいと言う。秀作が、ケーキが大好きだ、本当はパティシエになりたかったと言うと、父が喜ぶ。夕食後、父と妹がこたつで寝てしまった。

翌日、小岩井と楠木がプラトンを吉田家に運んで来てくれる。小岩井は帰りを待つと、楠木は何かあったら連絡をと言う。

夜、妹が数学の勉強をしている。それを秀作が教えてあげる。ありがとうお兄ちゃんと礼を言う妹。秀作は、お兄ちゃんはまずいんじゃないかと言うと、家にいるだけでもと妹。

秀作は、何かするたびに吉田家の家族からありがとうと言われる。秀作は、ありがとうは人生のご褒美だと思った。感謝とは無縁の人生を過ごして来た。これまでも、北沢家では労いの言葉もなかったと。

邦夫は、北沢家の食事に喜んでいる。

吉田家では鶏を飼っていて、父が卵を取って来る。玉子かけご飯を食べた秀作は、これめっちゃ美味しいです、幸せですと言う。

泰蔵が、ミランダの家で息子の靴を履いて帰ってきて来てしまった。息子は気が付いていてSNSに発信していると。そして泰蔵と兄妹は、邦夫に取り替えてこいと命じる。

邦夫は秀作と会う。邦夫は泰蔵の靴の件を話し、お手本を見せてくれと頼んで来る。

ミランダの家に行く秀作と邦夫。邦夫がミランダの息子を、ゴミに成績表が入っていたと表に誘い出す。その隙に、秀作が靴をすり替える。

靴を持って戻った邦夫を、泰蔵と博文が褒める。その様子を、秀作は家の外から見ている。

しかし知晶は、秀作がやったんではないかと疑う。邦夫は、多少の手伝いをしてもらったと言う。もう一週間経っているはずなのに秀作が戻ってこないことが気になる知晶が邦夫に尋ねると、秀作がもうしばらくそのままでいようと言っているという。

知晶の電話に秀作は出ない。知晶は尾関を呼び、秀作を呼び戻して欲しいと依頼する。連れ戻したら何ポイントかと尾関。1ポイントと告げると尾関は、少なすぎると言いつつ必ず連れて帰ると約束する。

尾関が吉田家に行く。秀作はすっかりくつろいでいる。秀作は「俺の顔を見て、すっごい幸せそうだろう。やっと俺がいるべき場所を見つけたんだ。みんなによろしく言っておいて。お前も知晶さんとうまく行くといいな。」と尾関に告げる。

尾関は知晶に、秀作を連れて帰ってこなかったことを詫び、秀作はもう帰ってこないと言う。知晶は500ポイントまで上げるが、尾関は拒否する。

母が秀作にセーターを編んでくれている。幸せをかみしめる秀作。

スポンサーリンク

「もみ消して冬(もみ冬)」第9話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

ドラマ『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』第9話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、第9話の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • Huluの無料お試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信

まずは、ドラマ『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』第9話の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、ドラマ『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』第9話の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

ドラマ『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』第9話を公式で無料視聴できるのは、2018年3月17日20:59までとなっています。

 

Hulu

Huluは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が4万本以上で海外ドラマや映画が豊富にあります。

Huluの特徴として日本テレビ系列のドラマに強いです。

Huluには、14日間の無料お試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

ドラマ『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』を公式日本テレビオンデマンドサービス以外で唯一扱っている配信サイトです。

無料登録期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

↓14日間無料視聴の登録はこちら↓

※Huluは14日以内に解約すればお金は一切かかりません!

 

「もみ消して冬(もみ冬)」第9話ネタバレ感想とあらすじまとめ

 

新たな「華麗なる一族」北沢家のエリート三兄弟が、北沢家の安泰を脅かす事件のみを全力で解決するという、「どコメディ」ホームドラマという「もみ消して冬」。

主演の山田涼介はじめ、豪華なキャストが揃って、どんなコメディ・ホームドラマを見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

土曜の夜22時は、『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』に要注目です。

本記事では、『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』のネタバレと感想を最終回までこちらでは詳細に書いていきますので、ぜひ、ご期待ください。

スポンサーリンク

ドラマ『もみ消して冬(もみ冬)〜わが家の問題なかったことに〜』見逃し動画を無料で見る方法
  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!