モンテクリスト伯キャストとロケ地!相関図や主題歌の紹介

2018年春にスタートするフジテレビ系列木曜22時「木曜劇場」は、ディーン・フジオカさん主演のドラマ『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』が4月19日スタートです。

ドラマ『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』の原作はフランスのアレクサンドル・デュマの小説『モンテ・クリスト伯』で、日本では『巌窟王』として知られています。信頼する人たちの裏切りにより、一度は絶望の淵に立たされた主人公が、知識と財を得て、緻密で華麗な復讐を果たしていく物語です。

この記事ではドラマ『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』の気になるキャストやロケ地を調べてみました!

スポンサーリンク

ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」の基本情報やあらすじ

 

ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」の基本情報

放送開始日 2018年4月19日
放送時間 毎週木曜日夜10:00~10:54
放送局(制作著作) フジテレビ
脚本 黒岩 勉(『僕のヤバイ妻』『ようこそ、わが家へ』『ストロベリーナイト』)
音楽  
プロデューサー 太田 大(『名前をなくした女神』『息もできない夏』『ファースト・クラス』)
荒井俊雄(『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』)
演出 西谷 弘(『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』『ガリレオ』『刑事ゆがみ』)
髙野 舞(『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』)
野田悠介(『超限定能力』『突然ですが、明日結婚します』)
主題歌

DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)/『Echo』

 

ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」のあらすじ

物語の舞台は、小さな漁師町。柴門暖(ディーン・フジオカ)は、愛する女性・目黒すみれ(山本美月)との結婚が決まり、幸せの絶頂にいた。そんな中、婚約者を奪おうとする恋敵・南条幸男(大倉忠義)、出世を妬む同僚・神楽清(新井浩文)、ある事情を抱えた警察官・入間公平(高橋克典)の保身によって、異国の地の監獄に送られてしまう─。無実の罪で15年間異国の地の牢獄に閉じ込められ、婚約者と自らの未来を奪われた主人公は、思わぬ幸運で獄中生活から逃れ、巨万の富を手に入れた別人となって舞い戻る。
人生を地獄の底へと葬られた2003年から2018年の“空白の15年間”という復讐に満ちた過去と現代のタイムラグをもって描かれていく。その知力と絶大の財力を駆使し、かつて自分を陥れ人生を狂わせた3人の男たちに対して、大胆かつ緻密で華麗な復讐劇を魅せていく─

 

ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」に対する反応や期待の声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原作を知っていて、今からワクワクしている人や、ドラマに備えて今から原作を読む人、放送開始の待ち方は様々ですが、一様に皆さん期待値が高いようですね。特に男性キャスト人気がものすごい女性人気を呼んでいます。

原作は面白い作品なので、それをどのように演じてくれるか楽しみです!脚本の黒岩さんは今までヒット作を多数生み出してきた人なので、安心して待ちましょう!

 

ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」の登場人物・キャスト

 

☆柴門暖 ・・・ ディーン・フジオカ

柴門暖(さいもん だん)

無実の罪で15年間異国の地の牢獄に閉じ込められ、婚約者と自らの未来を奪われる。幸運で獄中生活から逃れ、巨万の富を手に入れた別人となった後、自らを陥れた3人の男たちに復讐をしかけていく。

 

ディーン・フジオカ

1980年8月19日生まれ。アミューズ所属の俳優、ミュージシャン、モデル、映画監督。5か国語を話すマルチリンガル。

2004年、香港のクラブで飛び入りでラップを披露していたところ、客席にいたファッション雑誌編集者にスカウトされる。香港を拠点に雑誌や広告、ファッションショーなどでモデルとして芸能活動を開始。2005年、ヤンヤン・マク監督の香港映画『八月の物語』の主演に抜擢された。その映画作品が各国の映画祭に出品されたことにより俳優としての注目が高まる。俳優業とは別にクリエイターとして独自のネットワークと言語を駆使し、アートとエンターテイメントを融合する表現活動の可能性を模索していたところ、2011年に現所属事務所・アミューズと出会いGMT+7〜+9の時間軸の中で、アジアを中心とした縦移動のライフスタイル/ワークスタイルに双方共感し所属契約を交わす。アジアを中心にマルチに活躍する。

 

☆南条幸男 ・・・ 大倉忠義(関ジャニ∞)

南条幸男(なんじょう ゆきお)

仲の良い先輩である暖と暖の愛する女性・目黒すみれ(山本美月)との婚約を祝福しながらも、すみれに秘かな恋心を抱き暖に嫉妬の念を抱いている。暖の最大の復讐の相手である。愛する女性も出世も手にした暖に憎悪を抱き、暖を葬る最後のボタンを押す人物。

 

大倉忠義(関ジャニ∞)

1985年5月16日生まれ。ジャニーズ事務所所属の歌手、俳優、タレント。関ジャニ∞のドラマー。

2004年、「浪花いろは節」で関ジャニ∞としてCDデビュー。2009年1月、ドラマ『必殺仕事人2009』に出演。東山紀之、松岡昌宏とともに「The SHIGOTONIN」として主題歌「鏡花水月」を歌いCDを発売した。2013年公開の『100回泣くこと』で映画単独初主演を果たす。

 

☆目黒すみれ ・・・ 山本美月

目黒すみれ(めぐろ すみれ)

暖が無実の罪により投獄されたことをきっかけにそれまでの幸せな生活が一変、地獄の苦しみを味わう暖の最愛の婚約者。必死に、暖を救おう・帰りを信じて待ち続けようとするが、次なる人生を歩み出す決断をしてしまうという重要な鍵を握る人物。

 

山本美月

1991年7月18日生まれ。インセント所属のモデル、女優。

2009年に第1回「東京スーパーモデルコンテスト」に出場。『CanCam』、『PS』、『AneCan』、『Oggi』の4女性誌合同開催であったこの大会でグランプリを獲得し、“CanCam賞”を受けたことから『CanCam』の人気モデルであった西山茉希、徳澤直子と並んで同誌の同年12月号の表紙に登場し、専属モデルとなる。2011年、ドラマ『幸せになろうよ』に出演し、女優活動を開始した。以後、ドラマ、CM、映画、モデルと幅広く活躍している。

 

☆守尾信一朗・・・高杉真宙

守尾信一朗(もりお・しんいちろう)

柴門暖の恩人の漁業会社社長の跡取り息子。職員全員からかわいがられ、後に会社を継ぐこととなる真面目で心優しく、明るく素直な人物。孤独に自らの復讐へと突き進む柴門が、同じく孤独の中で戦う信一朗が健気に生きていこうとする姿を遠くからそっと見守るという、柴門にとって唯一心を許し、守るべき対象となる。

 

高杉真宙

1996年7月4日生まれ。スパイスパワー所属の俳優。

小学6年生の時に熊本県で行われた花火大会で女の子に間違われスカウトされたことがきっかけで事務所に所属し、芸能界デビュー。2009年、舞台『エブリ リトル シング’09』で役者デビュー。2010年には、『半次郎』で映画初出演。中学2年生の時に上京。2012年の映画『カルテット!』で初主演を務める。

 

☆安堂完治・・・葉山奨之

安堂完治(あんどう・かんじ)

入間公平(高橋克典)と大きな接点を持ち、過去に隠された重大な真実に翻弄されていく青年。アパレルブランドを立ち上げたいという夢に燃え、出資者を募っている若き実業家という表の顔を持つ一方、誰にも言えない暗い過去を隠しながら、人を惹きつける魅力的な処世術で富裕層に近づき、人を欺く黒い裏の顔も持ち合わせた人物。柴門が、仇敵を破滅へと追い込む“切り札”として利用する中、ある女性を絡めて禁断の蛇の道に進むことになり、結末に近づくに連れ、明らかになる自身の壮絶な生い立ちが物語全体を大きく動かしていくことになるという、深い業を背負った重要な役どころ。

 

葉山奨之

1995年12月19日生まれ。トライストーン・エンターテインメント所属の俳優。

中学3年生の時にオーディションを受け同じ事務所に入る。2011年にテレビドラマ『鈴木先生』でデビュー。以後、映画、ドラマ、CMと活躍する注目若手俳優。

 

☆寺角類・・・渋川清彦

寺角類(てらかど・るい)

暖と神楽の先輩で地元のチンピラ。頭の良さと口の鋭さでは神楽にかなわず、使われてしまう小心者。暖が復讐開始のゴングを鳴らす際の重要なピースを担い、衝撃的な局面をもたらす重要な人物。

 

渋川清彦

1974年7月2日生まれ。デイケイド所属の俳優・モデル。

新宿のジャズバーで写真家・ホンマタカシと出会ったことをきっかけに、「KEE」という芸名でファッションモデルとしてデビュー。『MEN’S NON-NO』や『smart』などの雑誌で活躍。1998年、『ポルノスター』で映画デビュー。以降、同作の監督である豊田利晃の監督作品には欠かさず出演している

 

☆神楽清 ・・・ 新井浩文

神楽清(かぐら きよし)

暖が勤める漁業会社の先輩社員で学歴はないが地頭が良い。あらゆることへの損得勘定が働き、愛情の観念が欠落している。表向きは暖の良き先輩を演じているが、自分の出世の邪魔となる暖を陥れるため、暖への嫉妬を抱える南条を利用。暖のことを誰よりも心配しているようだが、実は暖を亡き者にしたい最も恐ろしい策略家である。

 

新井浩文

1979年1月18日生まれ。アノレ所属の俳優。

2001年、映画『GO』でデビュー。2002年、映画『青い春』で映画初主演(松田龍平とのW主演)で情緒障害高校生の青木を演じる。同作の演技で高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞した。2005年に映画『ゲルマニウムの夜』で単独初主演を果たす。強面で目が鋭い風貌から、犯罪者や不良役を多く演じてきたが、近年は刑事役、教師役、エンジニア役まで幅広く演じている。

 

☆神楽留美・・・稲森いずみ

神楽留美(かぐら・るみ)

神楽清の妻。暖の描く復讐のシナリオの幕開けともいえる大きなピースを担う人物。ホステスや愛人などを経験し、酸いも甘いも知り尽くしてきた女性。美しく知的ながらも、哀しい運命に翻弄され、不幸な結婚生活を送り、金と権力にしか興味のない夫・清からは愛情を注いでもらえず、孤独な日々を送る。その虚無感を埋めるべく、金で男をはべらせるが、心は全く満たされない。そして、暖の出現で、かつて葬り去った“ある暗い過去”が徐々に暴かれ、運命の歯車がさらに狂っていく。

 

稲森いずみ

1972年3月19日生まれ。バーニングプロダクション所属の女優。

1989年(平成元年)高校3年生の時にモデルデビュー。1990年(平成2年)3月、高校生活の最後に日本テレビ系『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』でバラエティ番組に初出演。1996年(平成8年)、フジテレビ系月9ドラマ『ロングバケーション』でヒロイン葉山南の後輩役、小石川桃子を演じる。1997年(平成9年)、フジテレビ系月9ドラマ『ビーチボーイズ』でスナック「渚」のマドンナ役、前田春子を演じる。1998年(平成10年)、『ハッピーマニア』で地上波ドラマ初主演。以後多くの作品に主演。

 

☆入間瑛理奈役・・・山口紗弥加

入間瑛理奈役(いるま・えりな)

入間公平の後妻で、表向きは警察官僚の“良妻”だが、実は、自身の欲のためにとんでもないもくろみを持った恐ろしき悪女。

 

山口紗弥加

1980年2月14日生まれ。FLaMme所属の女優・タレント。

1994年、14歳の時に日清食品「どん兵衛」でテレビCMデビュー。フジテレビ系テレビドラマ『若者のすべて』でドラマデビュー。その後、女優業の他にフジテレビ系バラエティ番組『笑っていいとも!』などバラエティーにも進出し、1998年には歌手デビューも果たす。

 

☆江田愛梨・・・桜井ユキ

江田愛莉(えだ あいり)

大倉忠義さんが演じる俳優・南条幸男のマネジャー。美しく謎めいた彼女が持つ暗い過去が暖の復讐に大きく絡んでいきます。

 

桜井ユキ

1987年2月10日生まれ。ユマニテ所属の女優。

映画「寄生獣」「新宿スワン」やドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」などに出演。注目の若手女優。

 

☆土屋慈・・・三浦誠己

土屋慈(つちや しげる)

忠実な秘書。土屋の持つ衝撃的な過去も物語の重要なピースとなる。

 

三浦誠己

1975年11月16日生まれ。デイケイド所属の俳優。

1994年にお笑いコンビ「トライアンフ」を結成。2003年より俳優に転向し、2012年公開の映画『彼女について知ることのすべて』で、笹峯愛と共演したことがきっかけとなり、その年の1月に結婚、8月には長男を授かった。映画「岸和田少年愚連隊」「容疑者Xの献身」などに出演

 

☆入間未蘭・・・岸井ゆきの

入間未蘭(いるま・みらん)

公平と前妻との間の娘。最愛の実母に死の間際に言われた「お父さんは本当は弱い人だから、あなたが支えてあげて」という言葉に囚われている。厳格ながらも子離れできない父親のため「従順な娘」であろうとして、継母となった瑛理奈や義理の弟に気を遣い自己犠牲の人生を送り続けている。そんな未蘭が、守尾信一朗(高杉真宙)との運命的な出会いを経て、自身の運命を大きく変えていく様が、暖の復讐に大きく絡んでいきます。

 

岸井ゆきの

1992年2月11日生まれ。ユマニテ所属の女優。

ドラマ『小公女セイラ』でデビュー後、ドラマ『Q10』、映画『ランウェイ☆ビート』などに出演。2017年、映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』で映画初主演。注目の若手女優。

 

☆柴門 恵・・・風吹ジュン

柴門 恵(さいもん・めぐみ)

暖の母親。彼女は夫の死後、愛する暖を女手一人で育てあげてきた芯のある心やさしい母親。夫と旧知の仲だった守尾漁業の社長・守尾英一朗に頼み込み、暖を雇ってもらうなど、恵にとって唯一の生きる希望である暖を献身的に支え続けていく。

 

風吹ジュン

1952年5月12日生まれ。パパドゥ所属の女優。

18歳で上京し、銀座の高級クラブに勤務、1971年クラブに在籍中にスカウトされる。1973年に初代ユニチカマスコットガールに選ばれデイヴィッド・ハミルトン撮影によるポスター写真でマスメディアに浮上。1974年には歌手デビュー、1975年に女優デビューする。1981年には川添象郎と結婚し、1男1女を儲けるが、1992年に離婚。長年、大正製薬のCM(頭痛にナロンエース)に出演していた。セーラー服と機関銃、ひとつ屋根の下、フリーター、家を買うなど、主演作品多数。

 

☆ファリア真海・・・田中泯

ファリア真海(ファリア・しんかい)

この人物がいなければ物語が始まることがなかったと言っても過言ではない最重要人物で、暖が無実の罪で投獄された独房の隣の地下牢に収監されていた謎多き人物。十数年に渡る獄中生活の中で自身の持てるすべての知恵を授け、「復讐」へと向かう暖を第二の人生を導くことに。暖にとって“師”であり“父”でもある。

 

田中泯

1945年3月10日生まれ。ダンサー・舞踏家。

1974年より従来のダンスと呼ばれるもの、またはダンス芸術界そのものに反発し、独自のダンスを開始する。個性を表現するような全身の体毛、髪の毛や眉毛に至るまでの全てを剃り落とし、ペニスには包帯を巻いて、体を土色に着色し、ほぼ裸体に近い状態で、劇場、ライブハウス、美術展覧会場、そして、即存の設えられた場所だけでなく、日常的な場所、または野外などの、ありとあらゆる場所で自身の信じるダンスとしての「ハイパーダンス」を展開した。1978年に、海外での最初のデビューとして、パリ秋季芸術祭「日本の間」展に招待参加。

 

☆守尾英一朗・・・木下ほうか

守尾英一朗(もりお・えいいちろう)

守尾漁業の社長。暖や神楽、そして外国人船員など、社員たちを実の家族のように愛する情に厚い人物。暖にとっては自分を雇い育ててくれ、どんな時も自分を信じてくれた恩人である存在。

 

木下ほうか

1964年1月24日生まれ。キャストパワー所属の俳優。吉本新喜劇座員を経て、マツ・カンパニーに在籍していた。

1989年、Vシネマを中心に活動していたが、近年はテレビドラマやバラエティ番組への出演も増えており、人気バイプレイヤーの一人。

 

☆入間貞吉・・・伊武雅刀

入間貞吉(いるま・ていきち)

入間公平の父・貞吉は世界的な巨大ファンドを設立して運用していて、ある取引事件の疑いをかけられたことで息子・公平を捨て単身海外へ。暖を無実の罪で投獄するきっかけを作る重要な人物。

 

伊武雅刀

1949年3月28日生まれ。俳優・声優・ナレーター。

NHK名古屋放送局制作のテレビドラマ『高校生時代』(後の『中学生日記』)のオーディションを受け、同ドラマの1967年度放送分に森本レオと共に出演した。これが転機となり、現代演劇協会付属現代演劇研究所「劇団雲」に入団。1年で同劇団をドロップアウトし、仲間と新たに旗揚げした劇団に移る。そんな折、渡辺貞夫のラジオ番組のパーソナリティのオーディションを受けたところ、声の良さを買われて合格、ラジオ出演とともにCMの仕事なども入るようになった。以後、白い巨塔や、のだめカンタービレ、BGなど多数の作品に出演する、実力派。

 

☆入間公平 ・・・高橋克典

入間公平(いるま こうへい)

暖が復讐をしかけていく第三の男。将来有望でキレ者だが、過去に暖を無実の罪で牢獄へと送り込んだことを隠しながら生きる、警視庁公安部外事第三課の警察官。

 

高橋克典

1964年12月15日生まれ。ケイダッシュ所属の歌手、俳優。

1993年『抱きしめたい』で歌手デビュー。のちに俳優業もはじめ、『サラリーマン金太郎』や『特命係長 只野仁』などのヒットを得る。その後、『竜二Forever』(細野辰興監督作品)で、伝説の俳優・金子正次役に挑むなど、野心的な作品にも出演し、評価を得ている。

 

ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」の相関図

 

ドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐ー」の相関図はまだ発表されていません。

そこで、劇場版「モンテ・クリスト伯」の相関図を見てみましょう。こちらは登場人物が原作のままです。☆印は主要人物です。2幕あります。

第一幕

 

第二幕

 

 

ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」の相関図!!

 

 

スポンサーリンク

ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」ロケ地は?

 

ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐」のロケ地についてまとめました。

 

エキストラ募集より

 

撮影日:3月11日(日)
撮影地:静岡県伊東市宇佐美
現地集合時刻:11:30 ※渋谷からの送迎バス便あり 9:45出発
 終了予定:21:00
撮影シーン:喫茶店・漁港

 

撮影日:3月14日(水)
撮影地:静岡県伊東市
現地集合時刻:7:30
 ※渋谷からの送迎バス便あり (A)5:45出発 (B)6:00出発
 終了予定:18:00頃
撮影シーン:漁港

 

撮影日:3月17日(土)
撮影地:小田原?[未確定] 現地集合時刻:7:30 終了予定:8:30
撮影シーン:会見場・病院

 

撮影日:3月18日(日)
撮影地:静岡県三島市
現地集合時刻:12:30 終了予定:19:00頃
撮影シーン:居酒屋

 

撮影日:3月20日(火)
撮影地:静岡県伊東市宇佐美
現地集合時刻:未定 終了予定:未定
撮影シーン:漁港・通行

 

撮影日:3月21日(水祝)
撮影地:静岡県伊東市川奈
現地集合時刻:未定 終了予定:未定
撮影シーン:結婚式

 

撮影日:3月25日(日)
撮影地:茨城県守谷市
現地集合時刻:未定 終了予定:未定
撮影シーン:ターミナル駅

 

府中警察署(住所:東京都府中市府中町1丁目10番地の5)

エキストラ募集によると、府中での募集があり、「警視庁」のシーンでした。もちろん府中市に警視庁はありませんので、何か代わりの施設を使用したのでしょう。だとすると・・・府中警察署あたりでしょうか?

 

伊豆葬祭(静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3021−13)

静岡県の稲取では「葬儀場」のシーンの撮影がありました。伊豆葬祭はセレモニーホールもあるので、おそらくここではないでしょか。

 

 

目撃情報・SNSより

 

 

伊豆箱根鉄道大場駅(住所:静岡県三島市大場300番地)

 

静岡県宇佐美港

 

シーサイド・エス(住所:静岡県 伊東市 宇佐美 159-1)

 

守谷駅(住所:茨城県守谷市中央2-18-3)

 

国立病院機構箱根病院(住所:神奈川県小田原市風祭412)

遭難後、暖が入院していた病院です。

 

居酒屋おかえり(住所:静岡県三島市大場113-4)

神楽と幸男、寺角が三人で飲んでいたお店です。

 

川奈ホテル(住所:静岡県伊東市川奈1459)

暖とすみれの結婚式場です。

 

松本記念音楽迎賓館(住所:東京都世田谷区岡本2-32-15)

すみれと幸男が嘆願書を持って行った「ラデル共和国」の大使館です。

 

味の素スタジオ(住所:東京都調布市西町376-3)

第1話で、すみれと暖の母親らが署名活動をした場所です。

 

 

 まだまだ目撃情報は少ないですが、追ってアップします!

 

ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」気になる主題歌は?

 

キャストに関ジャニ∞の大倉さんがいますので、もしかすると関ジャニ∞になるかもしれませんね。

そこで、木曜劇場枠の5作品の主題歌について振り返ってみたいと思います。

タイトル 歌手名 曲名 放送開始日 主題歌発表日
嫌われる勇気 NEWS EMMA 2017/1/12 2017/1/2
人は見た目が100パーセント JY 女子モドキ 2017/4/13

2017/4/6

セシルのもくろみ 夜の本気ダンス TAKE MY HAND 2017/7/13 2017/6/16
刑事ゆがみ WANIMA ヒューマン 2017/10/12 2017/9/22
隣の家族は青く見える Mr.Children here comes my love 2018/1/18 2017/12/20

 

NEWSの加藤シゲアキさんがキャスティングされている「嫌われる勇気」の主題歌は、NEWSですね。加藤さんは主演ではなかったのですが、やはりキャスティングされている時点で決まりのようです。「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」でも大倉さんは主演ではないですが、キャスティングされているので・・・おそらく関ジャニ∞でしょう。

発表については、約1ヵ月前のものから1週間前のものと様々です。また、発表され次第、アップします!

 

ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」の主題歌発表

 

3月26日、主題歌が発表されました!!

なんと、関ジャニ∞ではないかという予想に反して・・・

DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカのアーティスト表記)が担当します!!

タイトルは「Echo」です!

「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」のためにディーン・フジオカさん自ら書き下ろした楽曲で、歌詞には「過去に囚われ、自分を許せず、その理由すら解らない」など主人公の気持ちを織り込み、また、ドラマの謎を紐解くような内容も含み、英語詞で書かれています。マルチリンガルのディーン・フジオカさんらしいと言えばらしいですね・・・。

2017年頃から世界のクラブミュージックシーンで注目を集めるジャンル「Wave」に影響を受けた世界基準のサウンドになっています。DEANさんの繊細かつ力強い息づかいと声で歌われる叙情的なメロディーは、クラブシーンとポップスを融合させた楽曲となっており、俳優として、ミュージシャンとして世界を舞台に活躍するDEANさんの魅力が詰まった作品です。

 

ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」 気になる主題歌の発売はいつ?

 

DEAN FUJIOKAの歌う『Echo』の発売日は未発表です。

参考として、木曜劇場枠の直近5作品の主題歌の発売日を調べてみました。

タイトル ドラマの初回放送日 主題歌発売日
嫌われる勇気 2017/1/12 2017/2/8
人は見た目が100パーセント 2017/4/13 2017/5/10
セシルのもくろみ 2017/7/13 2017/8/9
刑事ゆがみ 2017/10/12

2017/11/16配信(CDはアルバムに収録され、2018/1/17発売)

隣の家族は青く見える 2018/1/18 2018/1/19配信

 

これらから推測すると、初回放送から約1か月後あたりが有力ではないでしょうか。しかし、ミスチルの様に配信リリースの場合、早まることもあります。

 

ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」のキャストや相関図、ロケ地と主題歌の紹介まとめ

 

原作の知名度やキャストの話題性で、期待の高まるドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」もついにクランクインしました。

是非とも、素晴らしい作品を期待しましょう!

今後もキャストや相関図など、追加情報を追いかけていきますので、チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク