正義のセ第2話(1話)ネタバレ感想とあらすじの紹介

2018年4月、日本テレビ系列水曜22時水曜ドラマで吉高由里子さん主演の『正義のセ』が始まります。

「東京タラレバ娘」以来1年ぶりの日テレ系ドラマ主演となる吉高由里子さんが演じる新米検事の主人公が、仕事に恋に懸命にぶつかりながら成長する姿を描く、「誰もが共感するお仕事ドラマ」になっています。

そして、160万部を超えるベストセラー『聞く力 心をひらく35のヒント』で知られる阿川佐和子さんのシリーズ小説で、同名タイトルとなる「正義のセ」が原作です。

こちらの記事では『正義のセ』の初回(第1話)と次回の第2話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトで「正義のセ」第2話を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、『正義のセ』の第2話がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して無料視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスの無料期間を利用してくださいね。

 

今すぐ観るなら!Huluで「正義のセ」第2話を無料視聴

 

個人的に推奨したいのはHuluです。

Huluは、現在14日間無料キャンペーンを実施中なので、高画質で無料動画に見られるスパイウェアや著作権侵害の問題に心配することなく安全にドラマ『正義のセ』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

人気ドラマや最近のドラマでは

  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • ブラックリベンジ
  • 過保護のカホコ
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 脳にスマホが埋められた!

などが見放題で配信されています。(2017年10月末現在)

その他にも過去に日本テレビ系列で放送されたドラマや海外のドラマや映画、アニメなど追加料金発生することなくかなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

ドラマ『正義のセ』見逃し動画を無料で見る方法
  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※Huluは14日以内に解約すればお金は一切かかりません!

スポンサーリンク

「正義のセ」初回(第1話)あらすじと感想やネタバレ

 

初回(第1話)のあらすじ

竹村凜々子(吉高由里子)は、この春、横浜地方検察庁港南支部に赴任した2年目の検事。正義感が強く、明るい性格で家族思い。東京の下町で豆腐屋を営む父の浩市(生瀬勝久)、母の芳子(宮崎美子)、妹の温子(広瀬アリス)と暮らしている。検事1年目は大阪赴任だったため、恋人の優希(大野拓朗)とは遠距離恋愛になっていたが、「これからは仕事も恋愛も、両方きっちりやる!」と決意を新たにしていた。

港南支部には、支部長の梅宮(寺脇康文)をはじめ、先輩検事の大塚(三浦翔平)、徳永(塚地武雅)ら個性的なメンバーが揃っていた。そして、凜々子とバディを組む担当事務官に就いたのは、一癖ありそうなベテランの相原(安田顕)。早速、相原と共に取調べに臨む凜々子だったが、喜怒哀楽がすぐに出てしまう性格のため、ついつい被疑者に怒りを表したり、同情したり、乗せられたり……

そのたびに相原から「被疑者にはあまり感情移入しないように」と小言を言われてしまう。
そんな凜々子が、ある傷害事件を担当する。被害者は建設会社に勤める向井(浅利陽介)。向井は上司の恩田(石黒賢)から路地裏で暴行を受けて階段を転げ落ち、全治2か月の重傷を負ったと被害届を出していた。凜々子は「ひどいパワハラ上司」だと憤るが、取調べに現れた恩田は穏やかそうで、暴力を振るうような人間には見えない。

恩田は「暴行なんかしていません」と、容疑を全面的に否認。「向井が嘘をついて自分を貶めようとしている」と主張する。さらに、一緒にいた同僚の田中(六角慎司)も恩田と同じ証言をする。
被害者と被疑者の言い分が、真っ向から対立する中、凜々子は相原とともに、事件の裏に隠された真実を突き止めるために捜査を進める――。

 

初回(第1話)の感想

ネットにあがっている「正義のセ」初回(1話)への感想の声をひろってみました。

正義のために真っしぐら、でも不器用で感情的な検事2年目の凛々子と、ベテラン事務官の相原は、まさしくナイスコンビ。

 

 

凛々子の世話をグチる相原と同僚のアフターファイブです。凛々子には細かく厳しくあたっている相原が、普通にグチる姿は、ある意味、ほっこりシーンかもしれません。

 

凛々子に提言する時は、いつもこの表情。

 

凛々子の父親・竹村浩一の、凛々子への愛情ある言葉に思わず微笑みが浮かんでしまいました。

 

第1話は、パワハラ上司に怪我を負わされるが、証拠が見つからず、不起訴になるか?というところから始まります。被害者の妻は、怪我を負うまで、夫がパワハラを受けていた事を知りませんでした。会社も上司の言い分を信じており、被害者とその妻は辛い立場に追い込まれます。これはほんと、辛いですよね。

 

熱いハートの持ち主、凛々子のこの台詞は、ドラマ「正義のセ」の初回にふさわしいものですね。

 

必死で証拠を探す凛々子と相原。やっと見つけたそれは、タクシーのドライブレコーダーに録画されていました。

 

 

 

ずっと凛々子に厳しい顔を見せていた相原が、証拠を見つけた嬉しさで凛々子とハイタッチしようとしたシーンは、とってもいい感じでした。

そして、大杉漣さんの主演する『正義のセ』を観たかったとの声もいくつも見られました。

 

融通きかんちんで不器用だけど、正義のために一生懸命な凛々子の姿が印象的だった第1話。

あまりにも感情に走りすぎていて、見ていられないという意見も見られましたが、真っ直ぐに信じる道を進んでいく凛々子に、応援の声もたくさんあがっていました。

そんな凛々子を取り巻く個性的な同僚や先輩、そしてあたたかな家族の様子も「正義のセ」の楽しみを深めていたように思います。

第1話で、パワハラ絡みの難しい傷害事件をなんとか解決した凛々子ですが、第2話では、殺人事件に関わるようです。とても楽しみですね。

 

第1話のネタバレ

検事・竹村凜々子(吉高由里子)は大阪赴任から地元横浜地検へ配属となり、遠距離恋愛だった恋人・中牟田優希(大野拓朗)との久しぶりのデートへ向かう途中バックをひったくられ、デートはできなくなる。

翌日の赴任初日。事務所には昨日ひったくられた凛々子のバッグが届いていた。近くのゴミ箱から見つかったと説明する凛々子付き事務官・相原勉(安田顕)。凛々子はバッグの中に残っていた携帯電話で、バックが見つかったと優希へメールを送る。

やがて、同僚たちが出勤。挨拶も早々に、凛々子は相原から、効率的に仕事を進めるように言われる。

早速、1人目の被疑者がやってきた。罪名は恐喝。強面の被疑者を前にし、内心怖くてたまらない凛々子だったが、被疑者から女は黙って笑っていろなどと言われ、怒りで思わず立ち上がってしまう。

その後も、詐欺や偽ブランド販売、万引などの罪を犯した被疑者と話す凛々子は、被疑者の話にもらい泣きしたり、おだてに乗ったりしてしまう。相原から、喜怒哀楽を抑えて自分を律するようにと注意される。同僚の検事・大塚仁志(三浦翔平)からもそれでは被疑者に舐められると言われてしまう。

凛々子は次の事件の資料を読み始める。

会社員・向井俊哉(浅利陽介)が上司・恩田徹(石黒賢)からパワハラを受けた末に、階段から突き落とされ、全治2ヶ月の怪我を負ったという傷害事件。恩田は暴行の事実はなかったと証言。現場に居合わせた同僚・田中啓介(六角慎司)も、暴行の事実はないと証言していた。

恩田の取り調べが始まる。被害届にある、向井へのパワハラも暴行はすべて否定し、逆に、向井が反抗的であり、暴行を受けそうになったこともあると語った。

取り調べを終え、恩田がパワハラをしているようには見えなかったという感想を持った凛々子。相原にアドバイスを求めるが、相原は恩田と向井、どちらかが嘘をついているとしか答えなかった。

凛々子の実家は下町で豆腐店を営んでいる。父・浩市(生瀬勝久)、母・芳子(宮崎美子)、妹・温子(広瀬アリス)と4人で実家で暮らしている凛々子。

凛々子は事務官の相原が小姑のようで、いくつもダメだしをされたと家族に愚痴る。

同じ頃、居酒屋で相原も、事務官・木村秀樹(平埜生成)と事務官・榎戸修(夙川アトム)に凛々子の愚痴を言っていた。

初日の勤務の疲れを感じている凛々子に恋人の優希から連絡がくる。翌日凛デートをすることになり、気合いがはいる凛々子。

凛々子と優希は付き合って4年。大阪赴任中は遠距離で1年間、疎遠になってしまった。『検事としても、女としても、どっちもきっちりやってやる!』凛々子は決意を新たにする。

翌日、凛々子は入院中の向井の病室を訪れた。向井の病室には妻・美織(森矢カンナ)と、男ふたりの姿があった。男たちが、このまま訴えを続ければ名誉毀損で訴えると語っているのを病室の前で聞いた凜々子はすぐに入室。凜々子が検事と知ると、男たちはそそくさと帰って行った。

早速、取り調べが始まる。きっかけは昨年、恩田が建築資材の大口発注先を変えたことだったと向井は語る。向井は発注先を変更することに意見した。すると恩田は『生意気なんだよ!下っ端のくせに』と声を荒げ、その日から向井へのいじめが始まった。

向井は恩田からのいじめについて、人事へ何度も意見していた。しかし、恩田は他の人間には理想の上司で通っており、誰も向井の話を聞いてくれる者はいなかったという。

事件当日、会食していた恩田、田中、向井。機嫌が悪い恩田は、酒をこぼした向井にグラスを投げつける。顔に負傷した向井は、告発すると宣言し店を出た。しかし、追いかけてきた恩田と田中に捕まり、路上で殴る蹴るの暴行を受ける。その末に階段から転落。恩田と田中は逃げて行った。

被害届を事件後すぐではなく、1週間後に出した理由を相原が尋ねると、迷っていたと向井は明かす。そんな向井の背中を押したのは、妻・美織だった。

同僚の田中は恩田のいいなりで、口裏を合わせているが、全てを目撃していたという向井。信じてもらえませんかとうつむく向井に、私は信じます、と言う凛々子。そんな凛々子を促して病室を出た相原は、感情に任せて信じると発言した凛々子をたしなめた。

事務所に帰って残りの仕事を片付けようという相原を押し切り、凛々子はその足で同僚の田中に話を聞きに向かった。

枝野建設にて、田中に会った凛々子と相原。警察に話したことで間違いないと語る田中に、恩田のことかばっているのではないかと質問を続けようとすると、恩田が割って入ってきた。

恩田は暴行はしていないと言い放つと、田中を連れて、去っていく。凛々子たちから離れながら、恩田は田中に『余計なことは言ってないだろうな?忌々しい女検事だ』とつぶやいた。

事務所に帰った凛々子は、恩田を起訴すると宣言。しかし、大塚からは『お前はただ被害者の話を信じてるだけだ。そんなの検事じゃなくてもできる』と言われてしまう。また、恩田は向井が上司である恩田を陥れようとした可能性も0ではないと主張。検事・徳永太一(塚地武雅)も証拠がなければ、起訴することはできないと言う。『じゃあ、正義って何ですか?』とつぶやく凛々子。

『君はわかってるのか?』支部長・梅宮(寺脇康文)が入ってきた。もしも無罪の恩田を起訴すれば、恩田の人生は変わってしまう。恩田が有罪であるという確実な証拠がなければ、起訴することは許すことはできないと梅宮は言った。

その夜、優希との待ち合わせ場所で待つ凛々子に、急な接待が入り、行けなくなったとメールが入る。仕事で落ち込んでいる今、会うことは辛いと感じていた凛々子は内心ホッとする。仕事も恋愛もうまくいかないことに落ち込む凛々子。

帰宅した凛々子が1人飲んでいると、父・浩市が話しかけてきた。検事に向いてないかもと話す凛々子に、子供の頃に正義の味方になりたいと言っていた話をしてきた。検事は正義の味方じゃなかったと悲しそうにつぶやく凛々子。

凛々子の融通がきかないところが、家族にとっては迷惑だが、諦めない性格が検事には向いていると言う浩市。

翌日、被害届を取り下げることにしたと、向井の妻・美織が凛々子のもとにやってきた。病院に恩田が現れ、証拠不十分で不起訴になるだろうから、今被害届を取り下げれば、名誉毀損で訴えることもしないし、会社にも残れるようにしてやると告げたのだという。

事務所に戻った凛々子は同僚たちに頭を下げ、恩田が有罪であるという証拠を今日1日かけて探したいため、今日の自分の分の仕事を大塚たちに引き受けて欲しいと申し出た。苦しんでいる人たちを助けられなければ、検事をやっている意味がないという凛々子に、大塚は、それは自己満足だろうと返す。しかし、凛々子は諦めたくないと聞かない。大塚は今日1日と約束し、許した。

警察署を訪れた凛々子は、現場近くに監視カメラや目撃情報がなかったかと刑事に食い下がる。しかし、有力な情報は得られない。

その頃、事務所の大塚は凛々子のデスクに放り出されたままになっている恩田の写真を見て、表情を変えた。

その後も凛々子は病院や居酒屋を訪ねて回る。しかし、恩田の有罪を立証する証拠は見つからなかった。

最後に、凛々子と相原は現場の階段にやってきた。暴行の様子を想像していた凛々子は、田中が恩田をかばうのには理由がある、何かあるのでは?とひらめく。

その後も階段を通る通行人に目撃証言がないかを尋ねて回る凛々子。しかし、目撃情報はない。

やがて、居酒屋の前に来た凛々子。近くに停車しているタクシーに気づき、ドライブレコーダーを見せてもらう事を思いつく。

早速、凛々子と相原はタクシー会社へ。ひとつひとつしらみつぶしに事件当日、同じ時間に現場付近に停車していたタクシーを当たる。やがて、ひとつのタクシーを突き止めた。

レコーダーには居酒屋を出てくる向井と向井を追いかける恩田と田中の姿が映っていた。

事務所に戻ってきた凛々子は、『甘いんだよ!お前は』と大塚から書類を突きつけられる。書類を確認した凛々子はあることを発見し、『あ!』と声を上げた。

翌日、恩田を呼び出した凛々子は、居酒屋近くに停車していたタクシーのドライブレコーダーを再生した。恩田の表情が変わる。

また、凛々子は昨年資材の発注先を変えた件について追求する。相原が恩田の妻の銀行口座の記録を差し出す。そこには恩田が変えた新しい発注先からの1000万円が振り込まれていた。また、田中の妻の口座にも同じ日に300万円が振り込まれていて、その件を追求すると、田中は罪を認めた。

恩田は全てが発覚し、自分の人生が台無しになったことを罵った。向井への暴行の有無を確認する凛々子に、恩田は『そんなことどうでもいいだろう?!』と声を荒げた。

『どうでもいいことじゃないです!!』凛々子は立ち上がり、恩田が向井やその家族を深く傷つけたことを思い知らせた。向井への暴行罪で起訴すると宣告された恩田は、力なく椅子に座り込んだ。

その後、向井は会社に復帰した。『検事さんは私たちの正義の味方です』という妻・美織は、これから生まれてくるお腹の子にも正義の味方はちゃんといるんだということを教えると笑った。

第1話終わり

 

「正義のセ」第2話あらすじと感想やネタバレ

 

第2話のあらすじ

ある日曜日、凜々子(吉高由里子)優希(大野拓朗)と3ヵ月ぶりのデートをしていた。
しかし、徳永(塚地武雅)から「日直の仕事を変わってほしい」と連絡が。凛々子はすぐ仕事に行かなければならなくなり、またしてもデートはお預けになってしまう。

そんな中、凜々子は梅宮支部長(寺脇康文)から初めて殺人事件を任され、「頑張ります!」と大張り切り。相原(安田顕)は、張り切り過ぎると空回りする凜々子を心配して「常に冷静に落ち着いて」と釘を刺すのだった。

殺人事件の被疑者は、夫の義之(大澄賢也)を殴って死亡させた主婦・町田かれん(財前直見)。「夫の暴力から身を守るためだった」と殺意を否認するかれんの話を聞き、思わず同情する凜々子だったが、相原は、かれんに疑いを抱く。かれんには19歳になるまりあ(矢作穂香)という一人娘がいたが、娘がどこに住んでいるのか知らないと供述しており、「母親が、19歳の娘の居場所が分からないなんて」と、娘への態度に違和感を覚えるのだった。

その後、かれんが夫以外の男性と頻繁に会っていたという情報がもたらされる。さらに司法解剖によって新事実も明らかになり、殺意があった疑いが強まっていく。凜々子は供述の矛盾をかれんに突き付け、自白に追い込もうとするが……。

 

第2話の反応や期待の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

凛々子と相原のコンビは最強ですね。凛々子のグチをこぼしまくっている相原ですが、凛々子と行動するようになって生き生きしてると言われており、すでに凛々子のペースにはまっているようです。そんなふたりが、困難な事件を紐解いていくところが、まさに痛快だったと思います。

そして、福山雅治の歌う主題歌の失敗学は、いいですね!口笛からはじまる感じも素敵で、賞賛の声がたくさんあがっていました。

そんなドラマ「正義のセ」第2話は、はじめて殺人事件を任されることになる凜々子の奮闘が見られます。事件は一筋縄ではない様相です。放送が楽しみですね。

 

第2話の展開予想

第2話では、夫の暴力から身を守るために殺してしまった妻・かれんの取り調べをする凜々子が、かれんの話を信じすぎて同情してしまうようです。ここは、相原がうまく取りなすところと、凜々子にダメ出しするシーンが見られるでしょう。

かれんに男の影が見え、19歳になる娘の所在を知らないと供述するとありますので、これは、好きな男ができたかれんが、正当防衛と見せかけて邪魔な夫を殺したという展開になる・・と言いたいところですが、この予想は、ワイドショーの見過ぎですね。

かれんが夫を殺したことには深い理由があり、それには、どこにいるかわからないという娘の存在が絡んでくるかもしれません。

司法解剖の結果で新事実が判明するというのが気になりますね。ここが、事件の真実を解く鍵になっていそうです。

そして、はじめての殺人事件を担当する凜々子の奮闘と、小姑事務官の相原の活躍が見られると思います。第2話の放送を楽しみに待ちましょう。

 

第2話の感想

ネットにあがっていた第2話の感想の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

第2話では、難しい殺人罪を担当することになる凛々子。そんな凛々子に相原が語る「老婆心ながらーー」は、第1話に続き、いい味出してました。

 

 

夫殺しの加害者、かれん役の財前直美さん。さすがの演技力で魅せてくれました。

 

第1話でも和みシーンとして登場した、事務官仲間の飲み会場面です。今回は、凛々子のグチだけではありませんでした。

 

かれんの言葉に複雑な表情を浮かべる相原と凛々子。相原がバツイチということも発覚しました。

 

凛々子の実家のお豆腐屋さんを継ぐという、妹の温子と、苦労させたくなくてそれに反対する父親。昭和の香りのするような喧嘩シーンでしたが、やはり、心温まる感じがありました。

 

 

かれんの娘まりあから、町田家の本当の姿が語られました。かれんの優しさや弱さ、まりあの苦しみと成長。ここから事件は大きく進むことになりました。

 

相原役の安田顕さんへのツイートは本当にたくさんあがっています。相原事務官のキャラの良さは素晴らしい!

 

事件の全容が見えた時の凛々子と相原の会話で、事件の起訴のためではなく、「(かれんが)前に進むために真実を話してもらわなきゃ」という場面がありました。凛々子の人間性がよく現れているステキなシーンだったと思います。

そして、娘のためにDV夫に耐え続けた妻かれんと、そんなかれんの気持ちがわからず、家を出てしまう娘まりあが、わかり合えたところでは感動し、辛い生活を送っていたかれんに同情も湧きました。

第1話に続き、検事という職業の難しさを見せつけられた回だったように思います。

第3話は、結婚詐欺の事件です。またまた凛々子の熱い検事ぶりが見られることでしょう。楽しみですね。

 

第2話のネタバレ

恋人・中牟田優希(大野拓朗)との3ヶ月ぶりのデート中、検事・徳永太一(塚地武雅)から、家族が熱を出したので日直を変わってほしいと連絡を受け、職場である横浜地検へ向かう、検事・竹村凜々子(吉高由里子)。

地検へ到着すると、同じく徳永から呼び出された事務官・相原勉(安田顕)が来ていた。凛々子の服装を見て、デートですかと聞いてきた相原に、家族とお出かけだったのでは?と質問を返したが、相原はそれには答えず、たまった仕事の資料を凛々子の前に積み上げた。

翌日。皆で徳永からの差し入れのプリンを食べていると、夫・義之(大澄賢也)殺害の罪で町田かれん(財前直見)が逮捕されたとのニュースが流れる。直後、支部長・梅宮(寺脇康文)から呼び出された凛々子は、かれんの事件の担当を命じられた。はじめての殺人事件の担当に張り切る凛々子。

その事件を凛々子が担当すると知った相原は、気合を入れると空回りする凛々子に、『老婆心ながら・・』と、常に冷静でいるよう忠告した。

帰宅した凛々子は、初めて殺人事件の担当をすることになったことを家族に明かした。妹・温子(広瀬アリス)にかれん役を頼み、尋問の練習をする凛々子。凛々子は、加害者の動機などが罪の判断に重要だと明かし、殺人罪と傷害致死罪の違いと、罪の重さの違いを説明した。

翌日。凛々子は事件の資料を読み、事件当日、酔って帰宅した夫・義之から暴力を受けそうになったかれんが花瓶で義之を殴打。かれんが警察に連絡し、義之の死亡が確認された。かれんは殺すつもりはなかったと証言している事を知る。相原は凛々子に『殺人か、傷害致死か、検事が判断しなければならないということです』と告げた。

やがて、凛々子により、送検されてきたかれんの取り調べが始まる。かれんは夫の暴力から身を守るために、咄嗟に花瓶で一度殴った、咄嗟にとった行動だったと主張。凛々子が暴力の元になった口論の理由を尋ねると、義之が酔って帰った時いつも食べていたお茶漬けの用意をし忘れたせいだと答え、夫の暴力は結婚して25年、今回が初めてだったと言う。

取り調べの後、凛々子は相原に、かれんが気の毒だと言うが、相原はかれんに不信感を持っていた。かれんは19歳になる娘・まりあ(矢作穂香)の居所を、知らないと答えていて、母親としてそれはどうなのか?と相原は引っかかっていたのだった。

警察から、凛々子にかれんに男がいた可能性があるとの情報が入った。自宅付近で40代と思われる男性と、かれんが親しげにしている様子が多数目撃されているらしい。不倫を疑う凛々子に、相原はかれんが嘘をついている可能性が高いと答える。

早速、凛々子はかれんの自宅へ。寝室にはまくらが一つしかなく、別室にかれんが寝ていたと思われる布団があった。夫婦の不仲を立証する証拠になるのでは?という凛々子だったが、相原は、夫婦円満でも寝室を分けている夫婦は3割に至ると説明。相原がバツイチで、離婚理由が相原の小姑的な性格だったことが明らかになった。

凛々子たちが外に出ると、近所の主婦らしき女性のひとりが、昨日の朝、ゴミ出しの時間前にかれんの自宅のゴミが出されていて、中に離婚届が入っていたと証言した。

不倫相手の男性と一緒になりたくて、かれんから夫に離婚を切り出した可能性が高くなる。

続けて、凛々子は義之の司法解剖に立ち会う。解剖医は義之が少なくとも、5回は殴られていると説明した。傷害致死ではなく、殺人の可能性も高くなってきた。

早速、かれんに話を聞く。『私、1回だけとは言ってません』と答えるかれん。かれんは一度殴った後の記憶はないと説明した。5回も殴ったことから、殺意があったのではないかと尋ねる凛々子に、『どうして、私が主人を殺さないといけないんですか・』というかれん。

他の男性と頻繁に会っていた証拠を見せるが、かれんはシラを切り、離婚届をゴミに出したことについても、知らないと答えた。

凛々子に、『結婚してないでしょう?』というかれんは、夫婦はそんな簡単なものじゃない、夫婦にはいろいろあり、仮に自分が不倫をしていて、離婚届を持っていたとしても、それが夫殺しを裏付ける証拠にはならないと言った。

『ダメだ、ダメだ、負けた!!悔しい!!』凛々子がトイレのドアに頭を打ち付けていると、検事・大塚仁志(三浦翔平)が出てきた。『どうせ自白させてやろうとか意気込んでたんだろう。やっぱりお前にはまだ荷が重すぎたか』と凛々子は大塚に言われてしまう。

事務官・木村秀樹(平埜生成)、事務官・榎戸修(夙川アトム)と仕事帰りに酒を飲む相原。相原は『あの被疑者は誰が相手でも大変だ』と漏らす。

凛々子が帰宅すると、豆腐屋を継ぎたいという温子に、父・浩市(生瀬勝久)が、継がせないと口論をしていた。

芳子は、浩市が温子に店を継がせたくないのは、温子に苦労をさせたくないからだと凛々子に語る。部屋にいた温子に凛々子は、自分が検事になったせいで、気苦労をかけていることを謝罪した。温子は、それは関係ないと言い、検事として頑張ってほしいと語った。

翌日。かれんが会っていた男は不倫相手ではなく、就職を斡旋する会社の社長・片山佑介(石橋保)とわかった。片山の話から、かれんが熱心に仕事を探していて、スーパーの内定をもらったことを知った。かれんは住宅補助制度のある職場を探しており、夫・義之と別れ、1人暮らしを考えていた可能性が浮上した。

警察署からかれんのスマホのデータが送られてくる。電話帳の登録は21件。通話記録は片山とだけ、メールもほとんど誰ともやりとりしてなかった。かれんは友人がほぼいなかったようだ。

かれんのインスタアカウントを確認すると、1人だけフォローしている人物がいた。それは、一年前に家を出た娘・まりあであり、かれんが他人のふりをしながら、やりとりしていたことがわかった。

まりあのインスタ投稿から、まりあが働いているらしい活魚センターを発見した凛々子。凛々子は相原と三浦活魚センターへ向かい、まりあと会うことができた。

まりあは、ずっとあの家が嫌いだったと話し始めた。父親は外面はいいが、かれんに日常的に暴力を振るっていたことを明かす。父と別れるよう、勧めていたまりあだったが、かれんは義之をかばい、暴力に耐えていた。そんな母にも我慢できなくなったまりあは家出。この1年、連絡は取っていないと言った。

かれんが仕事を探していたことを凛々子が伝えると、まりあは、母にそんな勇気はないと反論。相原が、かれんが他人を装って、まりあのインスタをフォローし、ずっと見守っていたことを明かし、凛々子が、かれんはまりあが家出したことで勇気をもらい、自分も変わろうと思ったのではと言うと、まりあは涙を流した。

事件の真相が徐々にわかってきた凛々子と相原。凛々子はかれんが前に進むためにも、自分のしたことを認めて欲しいと願う。『これ、母に渡してもらえませんか?』凛々子は手紙をまりあから預かった。

地検にて、凛々子はまりあに会い、かれんが日常的に夫から暴力を受けていたことを聞いたことを明かした。凛々子はまりあからの手紙をかれんに差し出す。

(すごくお母さんに会いたい。でもすぐには行けないので、手紙を書くね)ニュースで事件を知ってから、自分が家出したことを後悔していたというまりあ。まりあは自立してから、かれんの気持ちが少しわかった気がするという。自立し、生活していくことがとても大変だということ、子供がいたら、もっと大変だということ・・・(お母さんは私のために、ずっとずっと我慢してくれてたんだよね?本当にごめんなさい。お母さん、待ってるよ。お母さんを1人ぼっちなんかにしないから。罪を償って出てきたら一緒に暮らそう、ずっと待ってるからね)と手紙には綴られていた。

涙を抑えきれないかれんは、自らが母子家庭に育ち、仕事に必死な母親にかまってもらえなかった過去があり、同じ思いを娘にさせたくないという思いがあった。『あの子のためにしていたことが、実はあの子を傷つけていたんだって、やっと気が付きました。なんてバカな母親だろうって・・・』まりあの消息がつかめず、落ち込んでいた時に偶然見つけた娘のSNS。1人頑張るまりあの姿に勇気をもらったかれんは、勇気を持って自分の人生を歩もうと一歩を踏み出した。

しかし、あの晩、用意していた離婚届が見つかってしまったかれん。『お前みたいな女が1人で生きていけるわけないだろう!?』と怒鳴りつける義之に、仕事の内定をもらったと言うと、義之に断るよう強要、さらに暴力を振るわれ、気がつけばかれんは義之を花瓶で殴っていた。

夫を殺したことを認めたかれん。号泣しながら、頭を下げた。

こうして、凛々子は殺人罪でかれんを起訴することに。すごく悩んだと打ち明けた凛々子に、梅宮は、これからも悩んでくださいと言った。

被疑者のことをうわべでしか見ていなかったことを反省する凛々子に、大塚は『お前ごときにわかるか』と厳しい一言。そして、検事は人の心に向き合う仕事だと、語った。

凛々子は屋上で娘の画像を見つめる相原の姿を見つけた。元妻が再婚したため、会うことが難しくなったと相原は語る。相原のそんな姿から、我が家の跡取り問題を思い出した凛々子。帰宅した凛々子は、温子に、思ってることをちゃんと言わないと伝わらないとアドバイス。温子は、浩市に、『大変なのはわかってる。だけどうちの豆腐、日本一だから。だからお願いします!』と頭をさげた。『俺の指導は厳しいぞ』と応えた浩市。

凛々子たちは4代目の跡取り決定を祝い乾杯した。

第2話終わり

 

「正義のセ」第2話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

『正義のセ』第2話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、第2話の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • GYAOの見逃し配信で見る
  • TVerの見逃し配信で見る
  • Huluのお試し期間で見る
  • U-NEXTのお試し期間で見る
  • dTVのお試し期間で見る
  • auビデオパスのお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信

まずは、『正義のセ』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、『正義のセ』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

『正義のセ』第2話を公式で無料視聴できるのは、2018年1月24日22:59までとなっています。

 

無料動画GYAO!

無料動画配信で有名な、無料動画GYAO!でも『正義のセ』の見逃し配信が行われています。

こちらも、『正義のセ』の配信は最新話に限られており、
毎週土曜10:00~毎週金曜21:59までとなっています。

公式より59分だけ長く配信されていますので、ギリギリで思い出した方や第1話と第2話を続けて視聴したい方は、こちらを利用してみても良いですね。

無料動画GYAO!での『正義のセ』の見逃し配信は、コチラから。

 

TVer

無料動画配信で有名な、主に民法のTV番組を扱うTVerでも『正義のセ』の見逃し配信が行われています。

こちらも、『正義のセ』の配信は最新話に限られており、

毎週土曜10:00~毎週日曜22:29までとなっています。

無料動画TVerでの『正義のセ』の見逃し配信は、コチラから。

 

Hulu

Huluは、現在14日間無料キャンペーンを実施中なので、高画質で無料動画に見られるスパイウェアや著作権侵害の問題に心配することなく安全にドラマ『正義のセ』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

人気ドラマや最近のドラマでは

奥様は、取り扱い注意

先に生まれただけの僕

今からあなたを脅迫します

ブラックリベンジ

過保護のカホコ

ウチの夫は仕事ができない

脳にスマホが埋められた!

などが見放題で配信されています。(2017年10月末現在)

その他にも過去に日本テレビ系列で放送されたドラマや海外のドラマや映画、アニメなど追加料金発生することなくかなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

 

dTV

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

もともとは、docomoユーザーのためのサービスでしたが、2014年4月からは誰でも契約できるようになっています。

月額500円と見放題サービスの中で圧倒的な安さを誇り、動画数も12万本と充実しているのが魅力です。

dTVには、31日間の無料お試し期間があり、期間内に解約した場合、一切料金がかかりません。

 

auビデオパス

auビデオパスは、auユーザーが利用できるau公式動画配信サービスです。

利用できるのがauユーザーに限られますが、見放題プランは月額562円(税抜き)で、毎月、新作が観られるコイン(540円相当)が貰えるお得なサービスになっています。

auビデオパスでは、初回加入時は30日間無料となります。

つまり、加入して30日以内で退会した場合、料金は一切必要ありません。

『正義のセ』は、第1話から最新話まで、見放題配信されていますので、30日間の無料期間中に視聴すれば、第2話の見逃し配信を無料で視聴できるということです。

auユーザーの方には、断然おススメの無料視聴方法です。

 

U-NEXT

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

『正義のセ』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を見ることができます。

お試し登録期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

『正義のセ』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、第2話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

「正義のセ」第2話ネタバレ感想とあらすじまとめ

 

2018年4月、日本テレビ系列水曜22時、吉高由里子さん主演のドラマ『正義のセ』。

吉高由里子は『正義のセ』について、普通の女の子がたまたま検事になり、仕事に恋に失敗しながらも一生懸命立ち向かっていく、「女性なら誰もが共感できるお仕事ドラマ」と語っています。20代最後を飾るドラマとなっており、力がはいっているようです。

原作は、テレビでもお馴染みで、作家としても有名な阿川佐知子さんの同名小説で、読んだ方からの共感の声がたくさんでています。

主人公凛々子の成長と、物語の展開が楽しみな、ドラマ「正義のセ」のあらすじやネタバレ展開を各話毎に追っていきますので、ぜひご期待ください。

 

スポンサーリンク

ドラマ『正義のセ』見逃し動画を無料で見る方法

Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録

Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※Huluは14日以内に解約すればお金は一切かかりません!