精霊の守り人シーズン3(最終章)のキャストやロケ地!相関図やあらすじの紹介

2016年3月~4月にシーズン1が、2017年1月~3月にシーズン2が放映され、好評を博した『精霊の守り人』が、ついにシーズン3で最終章を迎えます。

原作は、上橋菜穂子による異世界ファンタジー。舞台は中央アジア風であり、その多様性や大自然を表現するべく、北海道から九州、韓国まで広域でロケが行われました。

そこで、本記事では、『精霊の守り人』シーズン3(最終章)のキャストや相関図、ロケ地とあらすじをご紹介します。

スポンサーリンク

精霊の守り人シーズン3(最終章)の基本情報

 

放送開始日 2017年11月25日
放送時間 毎週土曜日夜21:00~21:58
放送局(制作著作) NHK (NHK)
原作 上橋菜穂子
(『闇の守り人』『天と地の守り人〈第二部・第三部〉』他)
脚本 大森寿美男
音楽 佐藤直紀
制作統括 内藤慎介、中村高志
演出 片岡敬司、一色隆司、樋口真嗣
人物デザイン監修 柘植伊佐夫

 

精霊の守り人シーズン1・2のあらすじ

まずは、これまでの『精霊の守り人』のあらすじを振り返ります。

 

精霊の守り人シーズン1のあらすじ

精霊の守り人シーズン1は、2016年3月19日~4月9日に全4回で放映されました。

女用心棒のバルサは新ヨゴ国の王子チャグムが川に転落したところへ通りがかり、命を救った。宮殿に連れて行かれたバルサは、妃から「王子を連れて逃げてほしい」と頼まれる。

チャグムには精霊の卵が宿ったが、その精霊は悪しき魔物と言われており、帝から暗殺されようとしていると言うのだ。

やむなくチャグムを連れて逃亡するバルサ。王宮からは刺客が放たれ、異界の魔物が王子に宿る卵を狙っていた。バルサは闘い、生きる厳しさと身を守る術をチャグムに教えていく。

やがて、精霊と交信できる呪術師たちの協力を得て、精霊の真の姿が分かってくる。

卵が孵化する時期が迫っていた。いつまでも逃げているわけにはいかない。バルサたちはついに、刺客と魔物との決戦の時を迎える…!

 

精霊の守り人シーズン2のあらすじ

精霊の守り人シーズン2は、2017年1月21日~3月25日に全9回で放映されました。

チャグムと精霊の卵を守り通したバルサ。自分の父、そして育て親・ジグロの敵であるカンバル国王・ログサムを暗殺しようとしたが叶わなかった。それから4年。チャグムは新ヨゴ国の皇太子となり、バルサは暗殺未遂のためお尋ね者に。バルサは隣国のロタ王国に身を潜め、用心棒稼業を続けていた。

そんな中、バルサは一人の少女を人身売買から救う。少女の名はアスラ。アスラは、彼女の民族が崇める破壊神・タルハマヤをその身に宿していた。アスラが怒り、その神を召喚すれば、彼女の周りには無残な死体しか残らない。その存在を危険視するロタ王国の呪術師親子・シハナとスファルが、アスラを殺そうと迫り来る。再び、バルサの死闘の旅が始まる。かつて、守り抜いたチャグムの面影をアスラに重ねるかのように。

一方、チャグムは南方の大国・タルシュ帝国が、海の国・サンガル王国に侵攻するという状況を受け、救援の為に航海へ出るが、サンガルは既にタルシュの軍門に下っていた。チャグムは囚われの身となってしまう。バルサとチャグムの命運は、果たして

 

もうすぐ「精霊の守り人~最終章~」みどころ満載SP

 

「精霊の守り人~最終章~」の放映前に、「精霊の守り人~最終章~」の見どころを紹介するスペシャル番組が放映されます。

放送日時:2017年11月18日(土)午後20時15分~20時43分、午後21時00分~21時48分

※ニュースを挟んでの放送です。

 

精霊の守り人シーズン3(最終章)のあらすじと期待の声

 

精霊の守り人シーズン3(最終章)のあらすじ

再び共に旅することになった女用心棒バルサと皇太子チャグム。かつてバルサに守られて生き延びた幼い少年は、苦難の旅の中、立派な皇太子に育つ。二人は、バルサの故郷であるカンバル王国に入る。美しくも厳しい大自然をバックに、王国の奥深く潜んでいた陰謀を暴いていくバルサ。

そして、チャグムが新ヨゴ国を狙うタルシュ帝国の攻撃を受け、瀕死の新ヨゴ国を助けるため、ロタ王国とカンバル王国との同盟を結び帰還し形勢は逆転。北の諸国のうねりを背に、チャグムに父との対決の時が迫る。一方、緒戦の犠牲となったタンダの行方を必死に探すバルサは、重症のタンダと出会うが、共にタルシュ軍に捕まってしまう。そんな中、タルシュ軍の陣屋にチャグムが来る。タルシュ帝国のラウル王子とチャグム、バルサが向き合い刃を交わす。

その時、大地が揺れ天変地異が起こる。金の鳥が空を舞う―。

 

第1話のあらすじ

巨大な勢力を持つタルシュ帝国の第二王子・ラウル(高良健吾)は、今にも海を渡り新ヨゴ国に攻め入ろうとしていた。短槍使いの女用心棒・バルサ(綾瀬はるか)は、祖国である新ヨゴ国を守るために、隣国のカンバル王国、そしてロタ王国と同盟を結ぶべく動くチャグム皇太子(板垣瑞生)と共にカンバル王の元へ向かう。バルサにとってそのことは、封印された過去の秘密の扉を開ける旅でもあった。

 

精霊の守り人シーズン3(最終章)の反応と期待の声

 

精霊の守り人シーズン3(最終章)の登場人物・キャスト

 

バルサ/綾瀬はるか

バルサ

カンバル王国出身。6歳の時、王室の陰謀に巻き込まれ、父親の親友ジグロとともに祖国を脱出。ジグロに叩き込まれ短槍を武器に用心棒をなりわいとしている。

詳細はコチラをクリックすると開きます

綾瀬はるか

1985年3月24日生れ。広島県出身。2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。翌2001年、日テレ系『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。2007年の『ホタルノヒカリ』で初の連続ドラマ単独主演を果たす。2013年『八重の桜』で大河ドラマに初出演し、初主演を務めた。ドラマ・映画を中心にドキュメンタリーでも活躍。第64回、第66回紅白歌合戦で司会も務める

 

チャグム/板垣瑞生

チャグム

新ヨゴ国の皇太子。かつて精霊の卵を宿し精霊の世界“ナユグ” を見る力に目覚める。

詳細はコチラをクリックすると開きます

板垣瑞生

2000年10月25日生れ。東京都出身。若手男性アーティスト集団EBiDANの5人組ボーカルダンスユニットM!LKのメンバー。10歳のとき渋谷でスカウトされ、11歳でEBiDANに加入。2014年、映画『闇金ウシジマくんPart2』で映画デビュー。2015年『ソロモンの偽証』の準主役・神原和彦役で注目を集め、第25回日本映画批評家大賞の新人男優賞を受賞。

 

タンダ/東出昌大

タンダ

先住民ヤクーの血を引く新ヨゴ国の薬草師。バルサとは幼なじみ。

詳細はコチラをクリックすると開きます

東出昌大

1988年2月1日生れ。埼玉県出身。第19回メンズノンノ専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、デビュー。2006年から2011年までパリ・コレクションにも出演した。2012年、映画『桐島、部活やめるってよ』で俳優に転身。同映画で、第67回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞、第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、以後受賞歴多数。ドラマ・映画を中心にドキュメンタリーなどでも活躍中。

 

カンバル王国

 

ログサム/中村獅童

ログサム

カンバル王国の君主。力のあるものが王にならなければ、国は強くならない」との持論のもと、病弱な兄のナグルを暗殺し王位に就く。

詳細はコチラをクリックすると開きます

中村獅童

1972年9月14日生れ。東京都出身。1981年8歳で、二代目中村獅童として初舞台を踏む。長く下積みを続けた後、2002年公開の映画『ピンポン』で準主役を射止め、日本アカデミー賞、ゴールデン・アロー賞、ブルーリボン賞、日本映画批評家大賞、毎日映画コンクールの各新人賞5冠を受賞する。以後、多数の映画やドラマ、また歌舞伎でも活躍する。

 

ラダール/中川晃教

ラダール

カンバル王国の王・ログサムの息子。

詳細はコチラをクリックすると開きます

中川晃教

1982年11月5日生れ。宮城県仙台市出身。2001年、自身が作詞作曲した『I WILL GET YOUR KISS』(TBS系『マリア』主題歌)でデビュー。2002年ミュージカル『モーツァルト!』の主演に抜擢される。2004年First Album『中川晃教』が台湾でリリースされCDデビュー。以後、数々のミュージカル・舞台で主役を務める。2009年NHK『コンカツ・リカツ』でドラマ初出演を果たす。

 

ジグロ/吉川晃司

ジグロ

故人。カンバル王国で百年にひとりと言われた天才的な短槍使い。

詳細はコチラをクリックすると開きます

吉川晃司

1965年8月18日生れ。広島県出身。1984年、『モニカ』で歌手デビュー、映画『すかんぴんウォーク』で主演し俳優デビュー。以後、「LA VIE EN ROSE」、「KISSに撃たれて眠りたい」などのヒットシングルを立て続けにリリース。布袋寅泰とのユニット、COMPLEXでの「BE MY BABY」などのヒット曲で知られる。

 

ナグル/黄川田将也

ナグル

カンバル王国の先代の王。バルサの父が主治医として使えたが、心やさしいナグルを、カンバル王国の王として認めない弟で現君主・ログサムの陰謀によって暗殺される。

黄川田将也

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

妃/村川絵梨

カンバル王国の先代の王・ナグルの妃。王の座を狙うログサムの陰謀により暗殺された夫の後を追うように死亡。

村川絵梨

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

カグロ/渡辺いっけい

カグロ

厳格なムサ氏族長。先代の氏族長の長男で人格者。天才的な短槍使いのジグロの兄。

詳細はコチラをクリックすると開きます

渡辺いっけい

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

カーム/降谷建志

カーム

カンバル王国、ムサ氏族。ムサ氏族長カグロの長男で従者を務める。

詳細はコチラをクリックすると開きます

降谷建志

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

カルナ/上地雄輔

カルナ

カンバル王国、ヨンサ氏族。バルサの実父。カンバル王国の先代の王・ナグルの主治医。

詳細はコチラをクリックすると開きます

上地雄輔

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

ユーカ/花總まり

ユーカ

バルサの叔母。

詳細はコチラをクリックすると開きます

花總まり

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

トト/米良美一

トト

カンバル王国、全牧童の最長老。

詳細はコチラをクリックすると開きます

米良美一

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

ラルーグ/武田鉄矢

ラルーグ

カンバル王国、ヨンサ氏族の長老。

詳細はコチラをクリックすると開きます

武田鉄矢

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

新ヨゴ国

 

帝/藤原竜也

新ヨゴ国の君主でチャグムの父。民からは神の子孫と信じられ畏怖されている。

詳細はコチラをクリックすると開きます

藤原竜也

1982年5月15日生れ。埼玉県秩父市出身。1997年、蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』主役オーディションでグランプリを獲得、俳優デビュー。2000年、映画『バトル・ロワイアル』の主演に抜擢。2001年『新・星の金貨』で連続ドラマ初主演を務める。2003年、日本演劇史上最年少21歳でタイトル・ロールを演じた舞台『ハムレット』で、主な演劇賞を総嘗めに。2004年、『新撰組!』にて大河ドラマ初出演。舞台を中心に、映画・ドラマに出演多数。

 

二ノ妃/木村文乃

二ノ妃

新ヨゴ国の帝の第二夫人でチャグムの母。帝がチャグムの命を狙った際、息子をバルサに託し逃がす。

詳細はコチラをクリックすると開きます

木村文乃

1987年10月19日生れ。東京都出身。2004年映画『アダン』のヒロインオーディションに合格、2006年同作品にて女優デビュー。2006年『風のダドゥ』で映画初主演、ドラマ『功名が辻』でドラマ初出演を果たす。芸能活動を一時休止後、2011年ちふれ化粧品のCMで注目を浴び、多数のCMに出演、同年『蜜の味~A Taste Of Honey~』で再び、連続ドラマのレギュラーとなる。以後、テレビドラマ・映画の話題作やCMなどへの出演が続く。

 

トゥグム/高橋幸之介

トゥグム

チャグムの弟で、帝と二ノ妃の息子。帝から溺愛されている。

高橋幸之介

2012年6月生れ。クラージュキッズ所属の子役。2016年のドラマ『営業部長 吉良奈津子』で、松島菜々子と原田泰造が演じる夫妻の息子役としてデビュー。

 

聖導師/鹿賀丈史

聖導師

星読博士の最高位で、帝を補佐し新ヨゴ国の政治をつかさどる。

詳細はコチラをクリックすると開きます

鹿賀丈史

1950年10月12日生れ。石川県金沢市出身。1972年劇団四季入団。「ジーザス・クライスト=スーパースター」で主演としてデビュー、注目を集める。1980年退団後は、舞台だけでなく、映画・テレビドラマなどで活躍。第6回日本アカデミー賞助演男優賞を皮切りに、受賞歴多数。

 

シュガ/林遣都

シュガ

若き天才星読博士。

詳細はコチラをクリックすると開きます

林遣都

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

ガカイ/吹越満

ガカイ

星読博士でシュガの兄弟子。

詳細はコチラをクリックすると開きます

吹越満

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

モン/神尾佑

モン

帝の意を受けて暗殺や捜索などを行う部隊狩人のリーダー。

神尾佑

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

ジン/松田悟志

ジン

狩人で一番の腕前。

詳細はコチラをクリックすると開きます

松田悟志

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

マーサ/渡辺えり

マーサ

新ヨゴ国とロタ王国の国境の街 四路街(しろがい)で衣装店を営む女主人。

詳細はコチラをクリックすると開きます

渡辺えり

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

トウノ/岩崎う大

トウノ

マーサの息子。

詳細はコチラをクリックすると開きます

岩崎う大

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

ヨーナ/マギー

ヨーナ

新ヨゴ国のオッカ村に住む、コチャの姉。

詳細はコチラをクリックすると開きます

マギー

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

コチャ/とまん

コチャ

ヨーナの弟。

詳細はコチラをクリックすると開きます

とまん

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

ヤクー

 

トロガイ/高島礼子

トロガイ

新ヨゴ国の先住民ヤクーの呪術師でタンダの師匠。バルサも深い敬意を抱いている。

詳細はコチラをクリックすると開きます

高島礼子

1964年7月25日生れ。神奈川県横浜市出身。高校卒業後、OLとして働きながらアマチュアレーザーとして活動する。1987年レースクイーンとしての活動開始。1988年とらばーゆのCMでデビュー。25歳のとき、『暴れん坊将軍Ⅲ』で本格的に女優デビューを果たす。2001年、映画『長崎ぶらぶら節』で、第24回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した。

 

ノシル/林家正蔵

ノシル

タンダの気弱な兄。

詳細はコチラをクリックすると開きます

林家正蔵

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

タルシュ帝国

 

ラウル/高良健吾

ラウル

タルシュ帝国の第二王子。合理的かつ明晰な頭脳を駆使して他国を侵略していく。

詳細はコチラをクリックすると開きます

高良健吾

1987年11 月12日生れ。熊本県出身。熊本のタウン誌『クマモト』の素人スタッフ兼モデルの一員に。高校卒業後、芸能界入り。2005年、ドラマ『ごくせん』で俳優デビューを果たす。2006年『ハリヨの夏』で映画デビュー。以降、映画出演が続く。2011年『時計じかけのオレンジ』で初舞台を踏む。2013年、主演映画『横道世之介』で第56回ブルーリボン賞主演男優賞受賞。

 

ヒュウゴ/鈴木亮平

ヒュウゴ

タルシュ帝国の軍人で密偵。

詳細はコチラをクリックすると開きます

鈴木亮平

1983年3月29日生れ。兵庫県西宮市出身。かつては友近亮平の名でモデルをしていた。2006年テレビドラマ「レガッタ~君といた永遠」で俳優デビュー。2007年公開「椿三十郎」で映画デビュー。2014年度上半期NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」では、ヒロインの夫を演じるなど、多数のドラマ・映画で活躍。

 

 

クールズ/小市慢太郎

クールズ

タルシュ帝国の宰相。第二王子ラウルの参謀として北の大陸への侵出に知略を巡らす。

小市慢太郎

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

シュバル/角田信朗

シュバル

タルシュ帝国の補佐官。ラウルの側近。クールズと供にヤズノ砦攻略の指揮をとる。

角田信朗

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

べリス/嶋田久作

べリス

タルシュ帝国の総督。

詳細はコチラをクリックすると開きます

嶋田久作

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

セナ/織田梨沙

セナ

サンガルの海賊。ヒュウゴの情報網の一員。

詳細はコチラをクリックすると開きます

織田梨沙

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

ロタ王国

 

イーハン/ディーン・フジオカ

イーハン

ロタ王国の君主。病死した兄・ヨーサムに代わり王位に就く。

詳細はコチラをクリックすると開きます

ディーン・フジオカ

1980年8月19日生れ。神奈川県横須賀市出身。2004年、香港でスカウトされ、香港を拠点に雑誌・広告・ファッションショーなどでモデルとして活動。2006年、台湾TVドラマ『スクール・ロワイアル~極道学園』に出演、以後、台湾を活動の拠点として、ドラマ・映画に出演多数。2013年、映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』にて、日本の作品で初めて監督・主演・主題歌を務める。以後、日本でも映画・ドラマで活躍。

 

アスラ/鈴木梨央

アスラ

ロタ王国で抑圧される“タルの民”の少女。

詳細はコチラをクリックすると開きます

鈴木梨央

2005年2月10日生れ。埼玉県出身。2010年から芸能活動を開始、2012年、ドラマ『カエルの王女様』で子役としてデビュー。2013年、大河ドラマ『八重の桜』で八重の子供時代を演じて注目を集める。2015年『お兄ちゃん、ガチャ』で岸優太とのW主演で連続ドラマ初主演を果たす。2015年には、劇場アニメ『リトルプリンス星の王子様と私』で声優に初挑戦。ドラマ・CMなどで活躍中。

 

チキサ/福山康平

チキサ

タルの民でアスラの兄。

詳細はコチラをクリックすると開きます

福山康平

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

スーアン/品川徹

スーアン

ロタ王国の南部を束ねる大領主。

詳細はコチラをクリックすると開きます

品川徹

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

アマン/緋田康人

アマン

ロタ王国の南部氏族長。

詳細はコチラをクリックすると開きます

緋田康人

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

オゴン/富澤たけし

オゴン

南部の大領主で長老スーアンの長男。

詳細はコチラをクリックすると開きます

富澤たけし

詳細はコチラをクリックすると開きます

 

精霊の守り人シーズン3(最終章)の相関図

 

 

バルサと皇太子チャグムは、タルシュ帝国と新ヨゴ国、カンバル王国、ロタ王国の連合軍との戦いに巻き込まれていきます。

さらに、チャグムと父王の対決が迫り、バルサとタンダにも危機が迫ります。

タルシュ帝国の侵攻に新ヨゴ国が耐えられるか、またチャグムと父の対決の行方も気になります。

 

精霊の守り人シーズン3(最終章)の気になるロケ地は?

 

まずは参考に、シーズン1、シーズン2のロケ地を振り返ってみます。

 

精霊の守り人シーズン1のロケ地

 

九州ロケ

 
鹿児島県日置市吹上 千本楠

 

聖導師に対して二ノ妃がチャグムを死んだことにしてほしいと懇願した場所(新ヨゴ国の庭園)として、使われた場所です。

 

住宅街の中にある、20数本の楠の木の群落だそうです。見頃の時期は、4月上旬から5月上旬。新緑の美しい季節ですね。

 

http://kagoloca.jp/blog/cat2559/post_8.html

鹿児島県フィルムコミッション事業のスタッフブログでも紹介されています。ここは、王宮の庭としても登場するということなので、シーズン3でも見られるかもしれません。

 

鹿児島県伊佐市 曽木の滝

 

第1話で、川に落ちたチャグムが助け出されるシーンが、曽木の滝周辺で撮影されたそうです。

 

http://kagoloca.jp/blog/cat2559/post_7.html

こちらは、鹿児島県フィルムコミッション事業のスタッフブログに、撮影の様子が掲載されています。

 

鹿児島県霧島市

http://kagoloca.jp/blog/cat2559/post_7.html

日置市吹上、伊佐市曽木の滝の他にも、霧島市でロケがあったようです。

 

熊本県菊池市 菊池渓谷

菊池市公式HPに撮影の様子が掲載されています。

http://www.city.kikuchi.lg.jp/kankou/q/aview/170/1216.html

菊池渓谷の四十三万滝付近での撮影風景の写真がUPされています。

 

熊本県阿蘇市

 

熊本県阿蘇市でも、ロケが行われたようです。

 

甲信越ロケ

 

長野県松本市 美ヶ原

 

シーズン2の放映を観たと思われる方が、美ヶ原でのロケについてツイートされています。

また「『精霊の守り人』SEASON1完全ドラマガイド」にも、美ヶ原のほか、山梨県北杜市、富士河口湖町の精進湖で、青霧山脈の奥地や水源のいわやまなどのシーンを撮影したことが掲載されています。

 

山梨県富士吉田市

 

映像の中の地形などから、富士吉田でのロケを推測している方もいらっしゃいました。

 

新潟県中魚沼郡津南町 秋山郷

 

秋山郷結東温泉秋山郷かたくりの宿を撮影拠点として、2016年の6月、7月にロケが行われたことが、かたくりの宿のツイッターにUPされています。

 

秋山郷はこんな美しい場所のようです。

 

関東ロケ

 

千葉県安房郡鋸南町

 

クレジットに表記されていたようです。

 

群馬県甘楽郡下仁田町

 

第1話の冒頭のシーンが撮影されたようです。クレジットにも下仁田町が表記されていました。

 

北海道ロケ

 

北海道釧路市阿寒町

 

撮影は、2015年の夏に行われたようです。

 

NHK北海道公式ツイッターが、阿寒町で撮影が行われたことをツイートしています。シーズン1の第3話、第4話で登場しました。

 

韓国ロケ

 

京畿道(キョンギド) 龍仁大長今パーク

 

 

韓国の時代劇でよく使われるドラマセットのある『民俗村』だそうです。

韓流ドラマを見ている方には、見慣れた街並みで、すぐにわかったようですね。

 

精霊の守り人シーズン2のロケ地

 

北海道ロケ

 

北海道根室市

 

2016年4月の北海道新聞に、エキストラ募集の情報が出ていたようです。

 

根室市役所のHPによると、撮影期間は5月9日から18日だったそうです。

 

春国岱で撮影があったようですね。

 

青森ロケ

 

青森県下北郡佐井村 仏ヶ浦

 

2017年2月のORICON STYLEで紹介されています。

https://www.oricon.co.jp/news/2085501/full/

 

朝日新聞デジタルでも紹介されていたようです。

 

福島ロケ

 

福島県 会津若松市

シーズン1とシーズン2を繋ぐ『精霊の守り人 外伝』の撮影が行われたようです。

 

ロケが行われたのは、裏磐梯スキー場、裏磐梯高原ホテル、達沢不動滝だそうです。

会津若松市陽のFacebookでも紹介されていました。

 

 

長野ロケ

 

長野県諏訪郡藤見町

 

立場川キャンプ場というところでロケがあったそうです。

 

諏訪圏フィルムコミッションのツイッターでも紹介されています。

 

エキストラ募集情報によると、撮影は2016年4月26日、28日に行われたようですね。

 

『ロタ王国』のシーンだったようです。

 

群馬ロケ

 

群馬県吾妻郡嬬恋村

 

エキストラ募集情報によると、2016年7月22日に撮影があったようです。

 

静岡ロケ

 

静岡県下田市

 

第4話のクレジットに、エキストラとして表記がありました。

 

静岡県賀茂郡南伊豆町

 

下田市と同じく、第4話に登場したようで、クレジットに入っていたようです。

 

精霊の守り人シーズン3(最終章)のキャストや相関図、ロケ地、あらすじのまとめ

 

精霊の守り人シーズン1、シーズン2は、視聴率はやや振るわなかったようですが、ツイートなどでは、おおむね好評でした。

完結編となる精霊の守り人シーズン3(最終章)は、シーズン2が終了した後、「11月まで待てない」というツイートも多く、楽しみにしている方が多いようです。

11月25日からの放映が、待ち遠しいですね。