シグナル第3話(2話)ネタバレ感想やあらすじの紹介【長期未解決事件捜査班】

2018年フジテレビ春ドラマ21時枠は坂口健太郎さん主演の、『シグナル長期未解決事件捜査班』が4月10日スタートです!

ドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』の原作はキム・ウニの作品で、韓国のケーブルテレビで視聴率2%で成功と言われる中、驚異の視聴率13%を叩き出した『シグナル』です。第52回百想芸術大賞をはじめとする権威ある賞を数々受賞し、日本でも2016年に再放送されました。

こちらの記事では2018年4月春ドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』の第2話と第3話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトでドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」を初回(第1話)から最終話を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、ドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』の初回(第1話)から最終話がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスのお試し期間を利用してくださいね。

 

FODプレミアムで「シグナル長期未解決事件捜査班」を無料視聴

 

フジテレビオンデマンド(FOD)

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、高画質で無料動画に見られるスパイウェアや著作権侵害の問題に心配することなく安全にドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

 

FODプレミアムの初月31日間無料に登録するためには誰でも無料で作れるYahoo!IDが必要になります。

Yahoo!IDを持っていれば、5分くらいで登録できます。

 

Yahoo!IDを使ってFODプレミアムに登録する

 

但し『シグナル長期未解決事件捜査班』は全話見放題ではありません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • コード・ブルー 3rdシーズン
  • 僕たちがやりました
  • パパ活
  • 民衆の敵
  • 刑事ゆがみ
  • セシルのもくろみ
  • きみはペット
  • 昼顔

などが見放題で配信されています。(2017年10月末現在)

その他にも過去にフジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組、アニメなど、追加料金発生することなくかなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

↓31日間無料視聴の登録はこちら↓

※FODは31日以内に解約すればお金は一切かかりません!

 

ドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」を視るならU-NEXTがオススメ

 

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

ドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を今すぐ見ることができます。

無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ(2017)
  • コウノドリ2期(2017)
  • 陸王
  • 監獄のお姫さま
  • わろてんか
  • 重要参考人探偵
  • 科捜研の女17シーズン
  • 奥様は、取扱い注意

など見放題ではないですが国内ドラマの種類が一番豊富で多数配信されています。(2017年10月末現在)

 

ドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」第2話あらすじや感想とネタバレ

 

第2話あらすじ

三枝健人(坂口健太郎)は、幼い頃に起きた女児誘拐殺人事件で、被害者の女子児童を連れ去った謎の女を目撃。そのことを警察に訴えるものの相手にされず、15年後、事件は間もなく時効を迎えようとしていた。

警察官になった健人は、ある日、廃棄予定の無線機から声がすることに気付く。
声の主は刑事の大山剛志(北村一輝)。大山は、15年前の事件で指名手配された男の遺体を発見したと話し、半信半疑の健人が現場へ向かうと、そこには確かに男の白骨遺体があった。時効成立を前に、事件は犯人の自殺で終わるかに見えた。

しかし、犯人が女だと断言する健人は、刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)とともに、犯人逮捕に向けて捜査を再開。すると、吉本圭子(長谷川京子)という看護師が捜査線上に浮上し、その風貌から、健人は彼女こそが真犯人だと確信する。

やがて、圭子は警察で取り調べを受けるが、美咲の尋問に淡々と答えるだけで、なかなか口を割らない。

時効成立が刻一刻と迫るなか、健人たちには焦りの色が見え始めて……。
やがて、日本で時効の撤廃が決まり、警視庁内には長期未解決事件捜査班が発足された。美咲は班長に任命され、刑事の山田勉(木村祐一)と鑑識官の小島信也(池田鉄洋)が配属される。

一方、健人は女児誘拐殺人事件の後、一度だけ無線機で大山と交信していた。「また無線はつながる。その相手は3年前の私です」と、謎の言葉を残す大山――。

8年後、アメリカでプロファイリングを学んだ健人は、プロファイラーとして長期未解決事件捜査班に配属される。
そして早速、未解決のまま捜査が終了した過去の連続女性殺人事件と対峙することになり…。

 

第2話の反応と期待の声

 

 

 

 

 

 

第2話の展開予想

身柄を確保され、取り調べを受けることになる吉本圭子。しかし、1話終わり際の不敵な笑みには、逮捕されないと高を括っているような意味があると思います。賢く計算高い圭子は、時効成立を迎えることができると思っているのでしょう。

しかし、何かのほころびで、それは叶わないと思います。その圭子の誤算が何なのか・・・。おそらくは、女児誘拐殺人は時効を迎えても、橋本殺しの件はその後なので、時効成立にならないのではないでしょうか。

そして、無線機によって次なる事件に取り掛かるようです。

 

第2話の感想やネタバレ

 

第2話の感想

 

 

無線の仕組みが分かりませんね。しかし、2000年の大山は分かっているのではないでしょうか?次に無線が繋がるのは「3年前の私です」と言っていますから…。

 

 

 

 

とても引き込まれる世界観で、感情移入しやすいですね。

 

 

 

だんだん時空のカラクリが分かってきましたが・・・謎がまだまだ・・・。

 

やはり、過去を変えたとしたら、不具合も生じますよね。いいことばかりじゃないでしょうね。

 

そうですよね。一人の人がタイムスリップやタイムループするのはありますが、このパターンは新しい気がします。

 

大山さんは撃たれるはずですが、それを健人は既に知っていますので・・・防げる!・・・かも。

 

 

 

 

一件落着(?)して、次の事件が始まり・・・完結せず終わる。毎回このパターンなのでしょうか?先が気になる・・・。

とにかく、みなさんも無線の仕組みが気になっていますね。誰がどこまで把握してあるのか。

あと、個人的にはラーメン屋のお姉さんが、なんかありそうですね・・・。健人の回想のお兄さんも・・・。まだまだ分からないことだらけですが、面白いことは間違いない!!

 

第2話のネタバレ

健人の同級生の女児誘拐殺人事件の真犯人・吉本圭子を確保し、取り調べが始まる。この時、時効まであと20分。

取り調べるのは美咲。ふてぶてしい態度の吉本。吉本が警察に見せたロッカーは吉本自身のものかを確認すると、吉本はそれを認める。すると吉本は「嘘が見抜けるか、警察を試した」とヒョウヒョウとしている。そこで、美咲はロッカーにあったものと、橋本の遺体現場にあったロープに付着していた血液をDNA鑑定を行うと言う。吉本は橋本と交際していたため、橋本の所持品から吉本圭子のDNAが検出されても、証拠にはならないが、遺体に残された血痕となれば話は別だと追い詰める。15年も前の血痕が出るわけないと高を括っていた吉本だったが、現在の科学捜査の技術を見誤っていたとばかりに、うなだれた・・・・かに見えたが・・・・

ニヤリと笑う吉本。時効まであと6分30秒。

吉本はすぐに逮捕しないことを理由に「証拠はない」と考えていた。そして、「自白なんかしない」と言い捨てる。そして刻々と時間だけが過ぎ、時効まであと1分10秒。

資料を持って入ってきた健人は「DNA鑑定の結果が出た」と取調室に入ってくる。しかし、それはハッタリだった。結果はまだ出ておらず、最終手段の嘘の芝居だった。しかし、吉本は認めない。

・・・そして、時効成立。

その直後、DNA鑑定の結果が出る。DNAは一致した。そしてさらに、橋本の遺体の着衣から復元された駐車券の時刻が0時を過ぎていたため、橋本殺害についてはまだ成立していないことが分かる。(死亡時刻がはっきり分からない場合、死亡推定日で時効が決まる。)そして警察署から悠々と帰ろうとする吉本を、橋本殺害の容疑で逮捕したのだった。

その様子を見ていた、被害者の女児・綾香の母親が、自分の娘の罪で捕まったわけではないことに怒りをあらわにするが、どうすることもできなかった。

健人は、綾香の最後の姿をみたことを想いながら、連れ去られたであろう現場に花を供えていた。「過去は決して変えられない・・・」と思いながら。

そして、ある山中で、健人は「加藤亮太」と書かれた古びた木の板を手に取り、過去の記憶を思い出していた・・・。

連行される青年・・・それを傍らで「お兄ちゃんは犯人じゃない」と叫ぶ少年・・・

そして、そっと手を合わせたのだった。

場所は東京拘置所。美咲は吉本圭子を訪ねてきた。事件当時、ある警官が来なかったかと写真を見せる。その写真は大山のものだった。しかし、吉本は知らないと言う。

2010年、4月27日。刑事訴訟法の見直しで時効撤廃の動きが出てくる。刑事部長の中本は、時効撤廃など無駄だと考えていたが、体裁を守るため、岩田係長に命じ、「長期未解決事件捜査班」を設置した。そこに美咲と山田は配属される。「長期未解決事件捜査班」とは、未解決事件を追うのだが、過去の警察の不手際を扱うのも同然で、解決すれば白い目で見られ、解決しなければ無能呼ばわりされるような部署だった。中本もこの班は世論が収まれば自然消滅するだろうとふんでいた。そのころ鑑識にいた小島(池田鉄洋)にも、同じ辞令が届いた。

中本は岩田に、しっかり部下を管理するよう告げながら、長期未解決事件捜査班にはお荷物ばかりを集めておいたと漏らす。そして、美咲が行方不明になっている大山の行方をまだ追っているのかと気に掛ける・・・。

美咲は大山のことを思い出していた。広報誌に出す写真撮影の時、大山と一緒に撮った写真を見つめていた・・・。

健人が、不思議な無線機のことを考えていると・・・再び無線機が繋がる。無線機の向こうの大山は酷く息が上がっている。そして「これが最後の通信になるかもしれない」と言う。しかし、無線機は再び繋がり、その相手は3年前の自分・大山巡査部長だと言い残す。「過去は変えられます。諦めないでください」息も絶え絶えにそう言う大山。意味の分からない健人は無線機に問いかけるも、無線機の向こうから銃声が聞こえ、通信は途絶える。

それから8年後、2018年、4月2日。

長期未解決事件捜査班の捜査は難航していた。そして、その結果は出ないことを理由に、人員補充として、警部補になった健人が現れる。健人はあの事件以来、渡米しプロファイリングの研修を受け、帰国したばかりだった。かくして、岩田に預けられたこのチームは美咲、山田、小島に健人を加え、新しく20年前の未解決事件、城西地域女性連続殺人事件に着手する。

1997年、1月27日、初めの被害者が出る。死因は首を絞められたことによる窒息。その後も犯行は続き、半年の間に被害者の女性は合計7人に上る。殺害方法と独特の結び方から同一犯の可能性が高い。捜査員延べ1000人を動員しながら、物証が乏しく、犯人逮捕に至っていない。物証がない分、容疑者がいてもDNA鑑定もできない状況だった。

山田は、当時の捜査員に連絡を取り、状況を聞く、言わば身内を疑う損な役回りになり、小島は鑑識結果に不備がないかをチェックし、健人は話を聞けそうな被害者遺族リストを作成するように美咲が指示を出す。しかし健人は資料を洗い直すと、支持を無視。呆れた美咲は「あっそ」とだけいい、出ていく。

美咲が向かったのは慶明大学医学部。大山の行方を捜すため、亡くなった男性の情報を聞きに来ていた。しかし、この日も大山らしき情報はなかった。

健人は、城西地域女性連続殺人事件について、自宅で考えていた。そこへ、また無線機が繋がる。「大山巡査部長!」という呼びかけに、応答する大山。健人は「三枝巡査部長です」と名乗るも、大山はピンと来ていない様子。大山は城西所に勤務していて、この時、失踪者の捜索をしていた。行方不明の届け出があった近藤美香という人を探しているようだった。大山はこの女性が城西地域女性連続殺人事件に巻き込まれた可能性があると言っている。そこで健人は自宅に張り出していたその殺人事件の資料に目を向ける・・・。すると被害者の中に近藤美香という名前があった。そして近藤美香の発見場所を口にする。さらに次々と被害者の発見場所を口にする健人に戸惑う大山。そこで一旦無線が切れ、大山の上司が駆け寄ってくる。女性の遺体が発見されたらしく現場に向かう。

健人は切れた無線機を手に、大山の対応に違和感を覚えていた。まるで初めて話すような、そんな感じだったからだ。そして、以前、息も絶え絶えに言い残した大山の言葉が蘇る。「また無線は繋がります。3年前のわたしです」・・・健人はハッとする。

遺体発見現場に向かった大山は、近藤美香の遺体発見場所が健人が言っていた場所と一致したことを奇妙に思い、困惑していた。

健人は、当時の捜査員を探していた。現在は「大山」という警官は存在しないが、当時の捜査員の資料の中には大山の名前があった。無線の相手はこの大山だと確信する。そこへやってきた美咲は普通の資料のない写真を健人に見せ、意見を求める。それを見た健人は、被害者は全身にアザはあるが着衣に乱れがないので、性的要望ではなく、暴力的な衝動による犯行だと考察する。そして連続しておこる規則性のある犯行から、女性経験はないが、人間として成熟した当時20代前半という犯人像を浮かび上がらせた。

大山はとあるラーメン屋を訪れ、過去に薬で逮捕歴がある女性・北野みどり(佐久間由衣)の近況を気遣っていた。その帰り、5人目の被害者となる女性を発見する。手足を縛られていて、その方法から例の連続殺人事件だと感づき、すぐに警察に応援要請の電話をかける。電話の最中、その女性が生きていることが分かる。

そして、健人は不思議な光景を目にする。被害者の写真から、5番目の女性が消えたのだった。同じく、様々な資料が勝手に書き換えられ、5人目の被害者は「未遂」となる。それを見て健人は過去が変わったのだと、喜びを感じる。

 

ドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」第3話あらすじや感想とネタバレ

 

第3話あらすじ

23時23分、無線機を通して8年ぶりにつながる過去と現在!
「過去を変えれば被害者を救うことができる」!?
事件の闇に一筋の光を見いだした健人(坂口健太郎)は、
大山(北村一輝)に希望を託し、時空を超えた捜査を開始する!
2018年、アメリカでの研修を終え、プロファイラーとして警視庁に戻ってきた三枝健人(坂口健太郎)は、桜井美咲(吉瀬美智子)率いる長期未解決事件捜査班に配属され、1997年に女性7人が被害にあった連続殺人事件を再捜査することに。

するとその直後、かつて事件解決の糸口となった謎の無線が再びつながり、健人は大山剛志(北村一輝)刑事と8年ぶりに言葉を交わす。
しかし、大山はまるで初めて健人と話すかのような口ぶり。その話の内容から、健人は無線が1997年とつながっているのではないかと考える。

健人の予想通り、無線機越しの大山は1997年、女性連続殺人事件の捜査の渦中にいた。
最初こそ、健人の言葉が信じられない大山だったが、無線で聞いた通りの場所で襲われている女性を助け、犯人を逮捕したことから、事件が起きることを予知していた健人の存在が気になり始める。

一方、大山が犯行を未然に防いだことで、2018年にもある変化が起きていた。
殺されるはずだった5人目の被害者に関する捜査資料の文字が、“遺体発見”から“未遂”に変わり、残り2人が殺害された日時や犯行現場もなぜか変わってしまったのだ。

しかも、そのことに気づいているのは健人だけ。「過去が変わった?」真実を確かめるため、健人は再びつながった無線で、大山のいる世界でこれから起きる出来事を伝える。
しかしそれは、大山が警察の信用に関わる重大なミスを犯したことを意味していた。

刑事としての自信を失いかけた大山を救ったのは、行きつけのラーメン店で働く北野みどり(佐久間由衣)だった。
自分を更生させてくれた大山に恩義を感じているみどりは、元気のない大山を励まし、大山もまた、そんなみどりの笑顔に救われるが…。

 

第3話の反応や期待の声

 

 

 

 

 

 

第3話の展開予想

流れから行くと、次回で城西地域女性連続殺人事件は解決しますよね。予告で、大山が犯人を追いかけてましたが・・・。もし捕まえたら、健人らが今追いかけている事件そのものが未解決ではなくなりますので・・・・大山は失敗するのではないでしょうか。捕まえたとしたら、健人らはまた別の事件を追いかけることになるのですよね・・・。難しくて、見てみないと分かりませんね(笑)

 

第3話の感想やネタバレ

 

第3話の感想

 

 

 

健人以外は、過去の変化には気づかないのですね。無線機に触れないといけないのでしょうか・・・

 

 

何か意味はあるでしょうね・・・。それが分かるのはまだまだ先のような気がします。

 

 

ほんとですね!よく気づきましたね!

 

ひとことで説明するには難しく、魅力も複雑なドラマですね。

 

 

 

見てるこっちまで手に汗握る感じですね!

 

踏んだり蹴ったりですね・・・。

 

 

第3話のクライマックスシーンでしたね!鬼気迫る感じが凄かったです!

 

 

 

確かに!刑事部長は、怪しい・・・!

 

やっと健人が、過去と繋がっていることを確信しましたね!できたら早く大山にも気づいて欲しい!!きっとみどりちゃんの一件で、次回には受け入れると思いますが・・・。

手錠でつながれて応答できない無線に、話続けてよかった・・・。

来週は、犯人に近づけるか、期待しましょう!!

 

第3話のネタバレ

5番目の被害者・中島亮子が「死亡」ではなく、「未遂」に勝手に書き換えられ、小島や美咲に中島亮子について尋ねるが、二人とももとからそうであったような返答だった。そこで過去が変わった可能性を考え始め、しかもそれを認識しているのは自分だけなのかと、戸惑う。

1997年、中島亮子を発見した大山は背後から犯人に襲われ、格闘の末、逃亡した犯人を追いかけ、犯人を確保。現行犯逮捕となったが、確保された木村直也は「人違い」だと主張する。

健人は、無線での通信のことを考えていた。通信相手が1997年にいるようだったこと、自分が中島亮子のことを伝えたため、未遂へと過去がかわったのかということ・・・。信じられない事態に困惑していると、また無線機が繋がる。

相手は1997年の大山。大山は「三枝警部補」の言った通りだったと、中島亮子の一件を話す。そこで、健人は大山に「あなたは誰なんですか?」と問う。大山は意味が分からないらしく、かみ合わない会話。いたずらならそう言ってくれと、語気を強める健人に、大山はいたずらではないと言い、逆に何故中島亮子の倒れている場所が分かったのかを尋ねる。健人は再度、大山が木村直也を逮捕したのか確認し、そして「そこは、本当に1997年なのですか?」と聞く。すると、何を言っているのかと、呆れた風な大山。続けて健人は「そこが1997年なら、木村は死ぬ」と言う。木村は捜査資料では取り調べ中に死亡しているからだ。それを聞いた大山はますます混乱するが、健人は木村が誤認逮捕で、取り調べ中に死ぬと繰り返す。そして、木村死亡と同時刻に銭湯の裏路地で6人目の犠牲者が出ると、断言する。事態が呑み込めない大山に畳みかけるように「1997年にいるなら、防いでみろ」と叫ぶ。次の事件まで時間がなかったため、焦っていたのだ。そこで、無線は切れる。半信半疑ながら、大山は取調べ室へ向かうと、木村が倒れていた。そして6人目の犠牲者の通報がある。

健人は図書館で木村の誤認逮捕や死亡に関する記事を読んでいた。その中のひとつに、大山の顔写真があった。自分の通信相手はこの人だと確信する。そして、自分の持っている無線機が本当に1997年に繋がっていると分かったのだった。

美咲は聞き込みを続けていた。訪れたのは、連続殺人事件の唯一の生存者で大山の助けた中島亮子のもとだった。しかし、亮子はすでに亡くなってしまっていて、夫が対応したが、協力的ではなく、水までかけられた。妻が早死にしたのは、忘れたい事件のことを入れ代わり立ち代わり警察が聞きに来るからだと思っていたからだ。その様子を見ていた健人は美咲を気遣うが、美咲は気にしていないという。歩いている2人を亮子の娘が追いかけて来て、3人で喫茶店へ行く。娘は父親の非礼を詫び、一枚の写真を手渡す。家族3人の写真だった。中島亮子のは事件当時この娘を妊娠していたため、この写真があるのは大山のおかげだと、いつも母親が言っていたことを伝える。

その帰り、健人は美咲に夢の話として「過去と通信出来たら・・・」と聞く。すると美咲は過去が変えられるなら大事な人を守ると話す。美咲は、大山のことを思い出していた・・・。

健人は初めの無線で大山が言っていたことを思い出す。「再び無線が繋がったときは、それは3年前の私です」と言い残した大山。健人は無線機を手にし、過去と繋がるメカニズムは分からないが、実際に繋がっているとしたら、犯罪を防げる可能性があると考える。そして、中島亮子の事件以来、本来の犯行より日にちが短縮されていて、場所も河川敷から、路地や公園など別の場所へと移っていることがわかる。その謎について深く考え続ける・・・。

一方、大山は誤認逮捕について責められ「三枝警部補」の存在を口にするが、そんな人間はいないと一喝。挙句、大山の上司は責任を取らされ降格し、大山自身も処分が決まるまで謹慎となった。

落ち込む大山は、ひとり公園にいた。そこへラーメン屋でアルバイトする北野みどりがやって来る。みどりは自分が誕生日だと言い、大山にプレゼントをねだり、無理矢理買い物へ連れ出す。落ち込んでいた大山だが、みどりの無邪気さに救われていた。

長期未解決事件捜査班の部屋で、未だに、事件について考えている健人。犯行が早まった理由、場所が変わった理由・・・。その時、美咲が「バス」とひとこと。被害者は同じ路線バスに乗っていたのではないかという可能性が浮上し、バス会社に当たった結果、定期の購入履歴から被害者・近藤美香と島田やよいが98番線のバスに乗っていたことがわかる。健人が地図上にバス停の場所を印していく。

大山は、単独で、真犯人を探っていた。取り逃がした現場を歩き、なぜ間違えたのかを考え、犯人が消えた理由を考えていると、誤認逮捕した場所にバス停があった。そして、真犯人はバスに乗り込んだのかと考える・・・。

健人が印をつけたことで、犯行現場が98番線の路線付近であることがわかる。そして、犯人は殺害に失敗した後、普通なら次の犯行まで間を置くはずだが、暴走しているには理由がありそうだと話す。そして、中島亮子の殺害に失敗し、警官から逃亡した犯人は、バス停あたりで姿を消したことに気づく。そして、犯人はバスに乗ったと考えられ、そのバスに乗り合わせていた乗客を口封じのために殺したという仮説がたった。それが急いで殺した理由と考えるのが自然だった。

1997年、4月19日。大山は真犯人を取り逃がした日にバスに乗車していた運転手に会い、あの時、あの場所で、誰か乗ってこなかったかを尋ねた。運転手は誰も乗ってきていないと言う。

健人らは、当時の大山と同様、その運転手に話を聞こうということになった。バス会社に行くと、その日の運転手は田中修一という人で、既に退職していて、現在は居場所が分からないと言う。田中と親しかった矢代英子という事務員はまだ在籍しているが、警察から定期の履歴を調べてくれと連絡があったあと、早退したという。

バス会社に矢代の住所を聞き向かっている途中、あれだけの連続殺人がピタッと止まった理由について、健人と美咲は話していた。美咲はもう死んでいるか、他の罪で服役しているかではないかというが、健人は、今でもどこかで息をひそめ、機会をうかがっているのではないかという。そうこうしていると、矢代の家についた。窓が少し開いていて、中の様子がうかがえた。鉢植えが散乱していて、不審に思った2人は玄関に手をかけると、鍵は開いていた。中に入ると、矢代は殺されていた。あの連続殺人事件の独特の縛り方で・・・。

警察内部では、犯行が再会したと分かり、中本刑事部長は、未解決捜査班をこの事件から手を引かせるよう、岩田に指示する。未解決捜査班が嗅ぎまわったせいで事件が再会したと考えているようだ。捜査のせいで犠牲者が出たとマスコミに知れることを嫌ってのことだった。

現場を捜査している健人らに、新しい捜査班が到着し、交代を告げられ、怒りを露わにする未解決捜査班一同。そこへ、美咲の携帯に解剖担当の医師から電話が入る。美咲は矢代の遺体と、連続殺人事件の被害者の遺体の違いがないかを確認し、まずは自分に連絡するよう言って、電話を切る。そして、健人同様、美咲も捜査を諦める気はない意思を健人に伝える。

健人はあの無線を使おうと思い、いつも繋がるのは23時23分であることから、その時を待った。

大山は謹慎中でありながら、勝手にバス会社に行ったことを上司に責め立てられていた。上司たちは会議があり、その場を離れるのだが、その時、部屋の一角に大山を手錠で固定した。そこで繋がる無線。大山は、繋がれているため、応答できない。しかし、ひとりで話し出す健人。自分のいる2018年で、犯人が捕まっていないこと、再び被害者が出たこと、そして捜査資料上もうひとりいる被害者を救い、犯人を捕まえて、未来を変えて欲しいと訴える。そして、健人が口にした次の犠牲者は「北野みどり」だった。4月19日の21時に大沢6丁目で殺されると言う健人の言葉を茫然と聞く、大山。時計を見ると、殺害されるまで2時間を切っていた。応答のない無線に必死に叫ぶ健人。北野みどりの名前が出たことで動揺を隠せない大山。「あなたしか救えない」と悲痛に訴え続ける健人・・・。手錠を外させようともがく大山・・・。そこで無線は切れる。

大山は、繋がれた取手ごと壁から外すことに成功する。

健人は急いで、捜査班のホワイトボードを確認しに行く。そこにはまだ、「北野みどり遺体で発見」の文字が・・・。

大山はラーメン屋に向かい、もう帰ったというみどりに電話をするが、電話に出ない。そこで、健人の言葉通り、大沢6丁目へ向かい・・・。

 

スポンサーリンク

ドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」初回(第1話)から最終話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

ドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』初回(第1話)から最終話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • U-NEXTのお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信

まずは、『シグナル長期未解決事件捜査班』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

 

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

カンテレドーガ 動画はコチラ
GyaO! 動画はコチラ

 

まずは、『シグナル長期未解決事件捜査班』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

カンテレドーガとGYAO!で配信されています。

カンテレドーガの公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、『シグナル長期未解決事件捜査班』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

無料動画配信で有名な、無料動画GYAO!でも、『シグナル長期未解決事件捜査班』の見逃し配信が行われています。

こちらも、、『シグナル長期未解決事件捜査班』の配信は最新話に限られており、
毎週火曜日19:59までとなっています。

また本編に繋がるチェインストーリーも独占配信されています。

無料動画GYAO!での、「シグナル未解決事件捜査班」の見逃し配信は、コチラから。

 

フジテレビオンデマンド(FOD)

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、高画質で無料動画に見られるスパイウェアや著作権侵害の問題に心配することなく安全にドラマ『シグナル長期未解決捜査班』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

 

FODプレミアムの初月31日間無料に登録するためには誰でも無料で作れるYahoo!IDが必要になります。

Yahoo!IDを持っていれば、5分くらいで登録できます。

 

Yahoo!IDを使ってFODプレミアムに登録する

 

但し『シグナル長期未解決事件捜査班』は全話見放題ではありません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • コード・ブルー 3rdシーズン
  • 僕たちがやりました
  • パパ活
  • 民衆の敵
  • 刑事ゆがみ
  • セシルのもくろみ
  • きみはペット
  • 昼顔

などが見放題で配信されています。(2017年10月末現在)

その他にも過去にフジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組、アニメなど、追加料金発生することなくかなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

↓31日間無料視聴の登録はこちら↓

※FODは31日以内に解約すればお金は一切かかりません!

 

U-NEXT

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

「シグナル長期未解決事件捜査班」は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を今すぐ見ることができます。

お試し登録期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

ドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」第3話(2話)ネタバレ感想やあらすじまとめ

 

2018年4月春ドラマ、フジテレビ系火曜21時は坂口健太郎さん主演の、ドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』が2018年4月10日スタートしました!

韓国での大ヒットドラマのリメイクで、時空を超えた2人の刑事が交信しつつ、難事件に挑むヒューマンミステリードラマです。

あるようでなかった設定に引き込まれること間違いなしです!!

段々と、現在と過去の2人が動き始めましたね。

 

スポンサーリンク

『シグナル長期未解決事件捜査班』見逃し動画を無料で見る方法
  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので他の人気ドラマも無料視聴

 

『シグナル長期未解決事件捜査班』見逃し動画を無料で今すぐ見る方法その2
  1. U-NEXTの31日間キャンペーンに登録
  2. 登録時に600ポイントもらえるので、それを利用してお試し視聴