シグナル第6話(5話)ネタバレ感想やあらすじの紹介【長期未解決事件捜査班】

2018年フジテレビ春ドラマ21時枠は坂口健太郎さん主演の、『シグナル長期未解決事件捜査班』が4月10日スタートです!

ドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』の原作はキム・ウニの作品で、韓国のケーブルテレビで視聴率2%で成功と言われる中、驚異の視聴率13%を叩き出した『シグナル』です。第52回百想芸術大賞をはじめとする権威ある賞を数々受賞し、日本でも2016年に再放送されました。

こちらの記事では2018年4月春ドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』の第5話と第6話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトでドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」を初回(第1話)から最終話を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、ドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』の初回(第1話)から最終話がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスのお試し期間を利用してくださいね。

 

FODプレミアムで「シグナル長期未解決事件捜査班」を無料視聴

 

フジテレビオンデマンド(FOD)

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、高画質で無料動画に見られるスパイウェアや著作権侵害の問題に心配することなく安全にドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

 

FODプレミアムの初月31日間無料に登録するためには誰でも無料で作れるYahoo!IDが必要になります。

Yahoo!IDを持っていれば、5分くらいで登録できます。

 

Yahoo!IDを使ってFODプレミアムに登録する

 

但し『シグナル長期未解決事件捜査班』は全話見放題ではありません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • コード・ブルー 3rdシーズン
  • 僕たちがやりました
  • パパ活
  • 民衆の敵
  • 刑事ゆがみ
  • セシルのもくろみ
  • きみはペット
  • 昼顔

などが見放題で配信されています。(2017年10月末現在)

その他にも過去にフジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組、アニメなど、追加料金発生することなくかなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

↓31日間無料視聴の登録はこちら↓

※FODは31日以内に解約すればお金は一切かかりません!

 

ドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」を視るならU-NEXTがオススメ

 

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

ドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を今すぐ見ることができます。

無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ(2017)
  • コウノドリ2期(2017)
  • 陸王
  • 監獄のお姫さま
  • わろてんか
  • 重要参考人探偵
  • 科捜研の女17シーズン
  • 奥様は、取扱い注意

など見放題ではないですが国内ドラマの種類が一番豊富で多数配信されています。(2017年10月末現在)

 

ドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」第5話あらすじや感想とネタバレ

 

第5話あらすじ

 

大山(北村一輝)の行方を追う健人(坂口健太郎)に光る監視の目!
大山の過去に隠された真実とは!?
1998年では連続窃盗事件が発生!20年経っても解決しない事件を前に、大山と再び無線でつながった健人が選んだ道は…!?
過去とつながる不思議な無線を通じて、大山(北村一輝)と事件の捜査をともにした健人(坂口健太郎)は、現在の大山を探し出そうと、かつて同僚だった岩田(甲本雅裕)に話を聞くことに。すると、大山が18年前に失踪し、その後、収賄で懲戒免職になったことが分かる。にわかには信じられず、健人は当時大山に金を渡した男を訪ねるが、そこで見たのは両者の間で金銭の授受があったという確かな証拠。健人は少なからずショックを受けるが、一方で、大山が消息を絶った日付が2度目に無線のつながった日、無線の先で銃声が響いた日であることが気にかかる。警視庁では、そんな健人の動向をある人物が注意深く監視していた――。

その頃、1998年の大山は、高級住宅地で起きた連続窃盗事件を追っていた。犯人は同じ地区で1カ月の間に3件、いずれも厳重なセキュリティーを破って被害者宅に侵入し、金品を盗んで逃走。警察は、窃盗の前歴者による犯行も視野に入れ、犯人の特定を急ぐ。前歴者リストには、かつて大山が逮捕した元窃盗犯・工藤雅之(平田満)の名前もあった。工藤は娘の和美(吉川愛)のために、今は真面目に働いていて、和美もまた父を信じてほしいと、大山に懇願するが……。

 

 

第5話の反応と期待の声

 

 

 

 

 

 

第5話の展開予想

新たな事件に挑むことになる次回ですが、2018年では行方不明の大山のことが、少し分かってきそうですね。

収賄は、おそらく濡れ衣で、それに健人が気づけるかどうか・・・。

今、目の前の事件を解決したい大山と、過去を変えることの危険性に気付いた健人の微妙な意思の違いが、事件の結末を多きく変えていくでしょう。

見ている側は、気の抜けない展開になってきますね!次回も期待しましょう!

 

第5話の感想やネタバレ

 

第5話の感想

 

 

なるほど・・・。そんな気もしてきましたが・・・。初回、消してしまいました。しかし、配信ならまだ見れますね!

 

ここで、犯人取り逃がしたために、工藤親子に悲劇が・・・。

 

何か意味があるんですかね?それともただ似てるから?(笑)

 

 

 

だいたい予想しましたけど、効果音もあって、ビクッてなりました・・・。

 

ある意味、健人を守ったんですよね!蹴ったけど。

 

 

大山の空回りが切ないですね。毎回かわいそうな結末ばかり。

 

 

 

 

カセットテープを渡したあたりで、かずみちゃん、、、って思ってしまいました。しかし、謎が多い・・・。

 

またまた、謎だらけの第5話でした!かずみちゃんの死と矢部はどうかかわっているのか・・・。なぜ、大山は自分のせいだと言ったのか・・・。無線を始めなければよかったと言っていましたが、だとすると健人にもかかわりがありますよね。

大山の過去については、中本と岩田が限りなく怪しい・・・。

今回は内容が濃くて、観るのみ必死でした!

 

第5話のネタバレ

健人は岩田が元城西署勤務だったことから、2000年に城西署にいた大山剛志を探していると言い出す。岩田は微妙な反応を見せ、大山を探す理由を尋ねる。健人は詳しいことは話さず、個人的な理由だと言う。すると岩田は、大山は2000年に失踪し、その後に暴力団関係者との汚職で懲戒処分となっていると答えた。

1998年4月、美咲は強行犯係へ配属となり、その時の係長は岩田だった。岩田は係初の女性だった美咲を歓迎し、教育係に大山をつけた。当時美咲は運転が下手で、教育に手を焼いていた大山だったが、美咲のことを「半人前」と言いながらも根気強く教えていた。

ある日、美咲は遺体を初めて見て泣いていた。それを見て、大山は、一番つらいのは遺族だから、俺たちは犯人逮捕に全力を尽くすが、辛い時は泣けばいいと励ました。

美咲が大山の机に、感謝のメッセージを添えたコーヒーを置くと、そこにあった無線機に気付く。他の署員から、その無線機が大山のお守り代わりだと聞くと、美咲は笑顔のマークを書いたシールを無線機に貼った。

2000年5月、美咲は、大山時計店に来ていた。ここは大山の実家で、大山の父がいた。美咲は大山の汚職を無実だと信じて、大山を探し出すという決意を父親に話すと、父親は1998年の城ケ丘連続窃盗事件の資料を美咲に見せた。そして、大山が付けていたと思われる腕時計を美咲に渡した。

2018年、美咲はこの腕時計の修理に、大山時計店を訪れていた。時が経ったことを年老いた大山の父も美咲も強く噛みしめていた。

健人はあるキャバクラを訪れ、過去に大山の汚職に関係があったとされる男と会う。男は今は暴力団から足を洗い、過去の汚職事件に関して自分は被害者だと言う。その男が言うには、大山は金の亡者で、キャバクラの違法営業をネタに賄賂を要求してきたらしい。その額は全部で300万くらいで、大山に渡したと思われる金額と日付の書いたメモを健人に見せる。そして、大山の足取りについては口をつむぎ、健人を追い返した。

その後、電話で中本刑事部長は、岡本という男と話していた。この岡本こそ、健人が会っていた男であり、中本は岡本に何を話したのか聞いていた。岡本は、話した内容を伝えると、今さら何故と聞いたが、そこで中本と一緒にいた岩田が電話を一方的に切る。中本と岩田は、なぜ健人が大山のことを嗅ぎまわっているのか見当が付かず、イライラしていた。大山の失踪当時、健人は11歳で接点もあるはずがなかったが、岩田は探りを入れてみると言い残し、中本の部屋を出た。

岩田は美咲を「半人前」と呼び、まだ大山を探しているのかと聞く。どうしてそんなことを聞くのかと言う美咲に、岩田は健人も熱心に大山を探していることを伝える。美咲にはその理由は分かるはずもなかったが、岩田は部下の行動をしっかり管理しろと美咲に言いつけた。

健人は、大山の汚職について考えていた。収賄の証拠は完璧に揃っていたが、失踪からの汚職発覚の流れに違和感を覚える健人。そして、失踪も収賄も仕組まれたものだとしたらという仮説を立て、そうすると、ここまで完璧な証拠の偽造ができるのは警察内部の人間しかいないと考えた。資料には、大山は2000年4月15日に谷原記念病院附近で消息を絶っている。この日に何があったのか・・・。なぜ谷原記念病院にいたのか・・・。なぜ無線は繋がるのか・・・。謎は深まるばかりだった。

1998年5月7日、新聞には城ケ丘地区連続窃盗事件の三件目事件が載っていた。新聞配達のバイトを終えた「お兄ちゃん」を外で待っていた少年・健人。お兄ちゃんに負ぶわれた健人はたくさんの質問をした。眠くなる理由、働かないといけない理由、自分の家族だけ皆で出かけられない理由・・・。好奇心旺盛な健人は質問をしながら寝てしまった。

そのことを目を閉じて思い出していた健人は、23時23分に設定していたアラームで、目を開け、無線の繋がるのを待った。しかし、24分になっても無線は繋がらなかった・・・。

1998年5月6日、2人で豪邸を張り込み中の大山。そこへ、侵入者の通報を受けた本部から無線が入り、そこは自分が今いる付近だったため、車を降り走って相方と二手に分かれ、現場付近を捜索する大山。しかし、犯人確保には至らなかった。翌日、この失態を取り戻すべく、岩田は捜査員に窃盗の前歴者のリストを渡し、手口の似た人物を徹底的に探すよう命令した。

大山は、窃盗の前歴のある工藤雅之のもとを訪れた。立派な車を掃除していた工藤に、疑いをかけるが、工藤は借金して買ったと言う。大山は昨夜のアリバイを聞こうとするが、工藤はニュースで事件を知っていて、自分ではないと言う。そこへ、工藤の娘・かずみが学校から帰宅。久しぶりの再会に嬉しそうな大山とかずみ。大山はその日の夕食を工藤の家でごちそうになった。うまいうまいと食べていると、急にかずみが、連続窃盗事件について話し出す。大山はその事件のことで来たんじゃないと嘘をつくが、かずみは続けた。犯人は近所の家ばかりを連続で狙っているため、素人だと言う。そして、盗品は出たのかと聞くかずみに、捜査情報だから教えられないと言う大山。さらにかずみは、犯人は素人だから換金ルートをしらないのだと言った。続いて工藤も、手口は素人なのに、セキュリティーのしっかりした家ばかりに入っていることが不思議だと言う。

食事を終えて帰る大山をかずみが追ってきて、父親の服役中に大山が世話をしてくれたことを感謝していると伝えたうえで、父親は犯人ではないと訴える。その真剣な眼差しを大山は信じるしかなかった。そしてかずみは自分がダビングしたというカセットテープを大山にプレゼントし、家へ戻った。カセットテープには「心が落ち込んだときにオススメの20曲」と書かれてあった。

家に帰った大山はカセットテープと工藤の資料を見つめ、繋がっていない無線機に「応答せよ、犯人は誰だ」と言ってみた。

時は現在に戻り、健人は帰宅した途端に23時23分のアラームが鳴る。そして無線機が繋がった。連絡が無かったことを気に掛ける健人に、大山はこの一年何をしていたのかと聞く。健人は一年ということに驚きながら、スマホにメモしていた大山との通信の記録を見ながら、大山がいるのが1998年ですかと聞く。大山はそうだと答え、「そちらは?」と聞くと、健人は2018年で、通信が途絶えて一週間しか経っていないことを告げる。どうなっているのか分からない2人は大いに戸惑った。

メカニズムは分からないままだが、大山は健人に城ケ丘地区の連続窃盗事件の犯人を知りたいと言う。すると、健人は捜査資料からその事件は未解決だと伝えるとがっかりする大山。しかし、健人はこの事件の犯人をプロファイリングしたことがあると言う。大山は何か情報がないかと言うが、健人はもし知っていても教えられないと言う。何故かと聞く大山に過去を変える危険性を伝える。再びがっかりする大山だが、せめて次の犯行が起こる日を教えて欲しいと言った。

健人は、外部の人間の犯行だと仮定して話し出す。警備の厳重な家での犯行を繰り返していることから、犯人は、セキュリティシステムや鍵、車庫や裏口といった場所を入念に下調べをしていると思われる。そして、住人の情報を得るために、郵便物を盗った可能性も考えられる。真剣に聞く大山に、健人はくれぐれも慎重にしてほしいと言い、無線のせいで亡くなった人もいると付け加えた。そして、無線は切れる。

寝ている健人の横で、捜査資料に変化が起こった。文字が全て消えたのだった。目覚めた健人はそれを見てまた、過去が変わったのだと確信し、ネットで城ケ丘地区連続窃盗事件を調べると、逮捕されていたのは工藤だった。

そしてちょうど2018年、工藤が懲役を終え、出所してきた。

一方、美咲はこの3年間で関東一帯で見つかった白骨遺体の資料を、慶明大学医学部の安西から受け取った。そこには大山らしい白骨遺体はないと伝える安西。

長期未解決事件捜査班では、どの事件の捜査に取り掛かるかの会議をしていた。そこへ健人が現れ、唐突に城ケ丘地区連続窃盗事件について誰か知っているかと聞く。すると、未解決事件の中にはなく、美咲は1998年に容疑者が逮捕されていると言う。犯人逮捕の決め手は目撃証言と、現場の郵便受けの指紋だった聞いた健人は、自分が大山にしたアドバイスが犯人逮捕に繋がったのだと確信する。美咲は解決した事件になぜ興味を示すのかと聞くと、健人は被告は無実を主張し続けていて、誤認逮捕の可能性があり、そうなれば未解決事件だと言った。捜査班一同は健人の言っている意味が理解できず、怪訝な顔をしていた。

美咲は健人に城ケ丘地区連続窃盗事件の犯人逮捕の資料を見せていた。そして、工藤は窃盗犯としては伝説的な存在だったと言い出した。それは、工藤が現場に指紋一つ残さないことに由来した。工藤は慎重な性格で、性格はそうは変わらないと言う健人。ますます工藤の冤罪の可能性が出てきた。その時、見ていた資料の片隅に「OHYAMA」という文字を見つける。そこで美咲が、この資料から分かることは以上だと、資料を引き上げた。そしてもう一度、何故この事件を調べるのかと聞く美咲。だんまりの健人に、秘密を持っている人とは働けないと言い放つ。

その時、城西署の管轄で誘拐事件が起こり、健人らも応援に入るよう指示があったと、山田が呼びに来た。捜査本部へ合流した健人らが目にしたのは、スクリーンに映し出された工藤雅之だった。

捜査会議が始まり、中本が入室する。進行は岩田。

被害者は矢部かおり35歳、大学の研究員で父は大学教授の矢部えいすけ。午後8時ごろ両親が帰宅した時、かおりの姿がなく、家には何者かが侵入した形跡があったため警察に通報。防犯カメラの映像に不審者が映っていて、洗面所の鏡からも指紋を検出。その指紋と防犯カメラの映像から3日前に出所した工藤雅之の犯行と断定した。工藤がかおりを乗せたと思われる車は発見されたが、2人の行方は分かっておらず、身代金などの要求もまだない。

中本は、金目当てに侵入したものの、娘に見つかり、誘拐に切り替えたのだろうと言った。すると健人が、「何か変です」と一言。「なんだ」と聞く中本。工藤の過去の犯行は、窃盗のみで人に危害を加えていないのに対し、今回の犯行はあまりに杜撰で、別の意図を感じ、防犯カメラの映像も指紋もわざと残したのではないかと言う。

中本に反論した形をまずいと思い、美咲が止める。中本も健人に意見をまるで無視し、話し続けるが、再びそれを遮ろうとする健人の足を美咲が蹴る。

中本は「誘拐は時間との戦いだ。何としてでも工藤の身柄を押さえろ」と言い残し部屋を出ていく。岩田が、捜査の指示を出し、動く捜査員たちに、話を聞くよう言う健人だが、誰も聞く耳を持たない。その行動を見ていた岩田に、殴られる健人。苛立った健人は「忘れてました、警察に品位なんてないんだった」と暴言を吐くと、またもや美咲に蹴られる。

岩田が退室後、美咲は健人にきつく注意する。プロファイリングが正しくても、そのやり方を変えないと誰も耳を貸さないと釘を刺した。

矢部の家には捜査員が大勢集まっていた。

その頃、健人は工藤が服役していた刑務所の看守に、工藤の人物像について聞いていた。工藤は口数が少なく、いつも一人で、何度か脱走を試みたこともあった。そのせいで刑期が延びたが、それからは電気技術の資格を取るために勉強していたという。そして時々発作を起こしていたらしく、炎を見ると錯乱するのだった。その理由は、娘が事故で焼死したことにあるという。

誘拐されたかおりは、酷く寒い場所に閉じ込められていた。傍にはスマホがあった。

一方、矢部の家で、美咲は洗面所にあった抗不安薬を見つけ、父親に聞くと、かおりは20年ほど前に・・・。

健人はひとり、自分を責めていた。大山に郵便受けの事を伝えたばっかりに冤罪が生まれ、今回の事件に繋がったと考えたのだった。そこへアラームが鳴る。

大山は、逮捕される工藤に詰め寄られていた。かずみが死んだのは大山のせいだと言う。大山はひとり泣きながら、かずみのくれたカセットテープを聞いていた。そこへ、無線が繋がる。

健人は過去が変わったと告げると、大山はみんな俺のせいだと言った。こんな無線機始めなければ良かったと言う大山に、何があったか聞く健人・・・。

 

ドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」第6話あらすじや感想とネタバレ

 

第6話あらすじ

無線によって塗り替えられた現実は真実か、それとも――!?
20年前に逮捕された窃盗犯が、刑務所を出所直後に女性を誘拐!塀の中で無罪を訴え続けた男の悲しい記憶は、いつしか狂気へと変わり・・・。

1998年、高級住宅地で連続窃盗事件が発生。捜査に行き詰まった大山(北村一輝)から無線で助けを求められた健人(坂口健太郎)は、過去を変えることは危険だと感じつつも、プロファイラーとして事件解決の糸口を伝える。すると翌日、事件ファイルから捜査に関する記録が消滅。事件発生から20年経っても未解決だったはずの事件は、1998年に犯人逮捕で幕引きを迎えていた。

逮捕されたのは元窃盗犯の工藤雅之(平田満)。被害者による目撃証言に加え、健人の言葉通り被害者宅の郵便受けを調べたところ、指紋が検出されたらしい。しかし過去の捜査資料によれば、工藤は現場に指紋ひとつ残さない慎重なタイプ。さらに、工藤が逮捕後も犯行を否認し続けたことから、健人はこの一件が誤認逮捕で、自分の言葉が無実の罪を生んだのではないかと動揺する。

その矢先、刑期を終えて出所したばかりの工藤が誘拐事件を起こす。被害者は矢部香織(野崎萌香)という大学の研究員で、両親と暮らす自宅で拉致された後、行方が分からなくなっていた。捜査本部は金銭目当ての誘拐だと断定するが、現場に多くの証拠が残されていることに違和感を覚えた健人は、犯行の動機が怨恨(えんこん)ではないかと推理。その理由を確かめるため無線機を手に取るが、無線から聞こえてきたのは「工藤は犯人じゃありませんでした」という悲痛な声。そして大山は、健人がもっとも恐れていた事態について話し始めて…。

一方、矢部家には香織本人から電話がかかってくる。おかげで監禁場所は特定できたものの、美咲(吉瀬美智子)はなぜ香織が電話できたのか、ふに落ちない。するとそこへ健人から連絡が入る。実は、工藤が連続窃盗犯の容疑者として連行された直後、工藤の娘は事故で焼死。その際、香織とその父・英介(小須田康人)との間にある接点が生まれたという。

そしてそれこそが、工藤が香織を誘拐した本当の理由だった――!

 

第6話の反応や期待の声

 

 

 

 

 

 

 

第6話の展開予想

かずみちゃんの死と矢部がどのように関わっているのか・・・。それが誘拐の動機なわけですが、それが分かれば、工藤の連続窃盗事件の容疑がクロかシロか分かるのでしょう。シロだったとしたら、大山は立ち直れない気もしますが・・・。

そして、だんだん本性を出してきた中本と岩田。おそらく岩田は中本に言われるがままでしょうけど、大山の失踪、汚職について何か知っているのは間違いありません!このあたりも次回少し進展するといいですね。

そして、ちょいちょい出てくる「お兄ちゃん」については、、、もう少し先ですかね。

 

第6話の感想やネタバレ

 

第6話の感想

 

いきなり泣いてましたね。大山はもうこの印象が強すぎる・・・。

 

 

 

 

まさかの展開でしたね。誘拐した香織を別の場所に監禁していたということは、工藤はあくまで、娘が死んだ気持ちを分からせたかっただけなのに・・・。

 

 

 

 

内に秘めた思いが、言葉は無くても伝わってきましたね。本当は、岩田係長も警察の体制に疑問を持っているんですね・・・

 

 

 

 

 

 

引き込まれる展開や演出はすごいですね!BGMの使い方もすごいです!

 

一番の衝撃は、美咲の死です!!まさかまさか・・・。

しかし、この美咲の死をきっかけに、岩田係長に変化が見られたような気がしますね!いつも上の言いなりだったイメージですが、いや、まだいいなりですが、その感情を表に出したのを初めて見ました!

工藤の容疑を晴らせば、少なくとも美咲は生き返りますよね・・・?かずみちゃんも助かるかもしれない!というか、かずみちゃんが助からないと、この誘拐は無くならないですよね。

いつも以上に、鬼気迫る回でした!

 

第6話のネタバレ

冒頭、大山は泣いていた。犯行時刻、工藤にはアリバイがあり、窃盗犯は工藤ではなかったと無線機の向こうの健人に訴え、全て自分のせいだと言った・・・。しかし、早く事件を終わらせたい警察は工藤を送検した。大山はこの事件は未解決のままで良かったと続けた。健人は自分がポストのアドバイスをしたばかりにと、自分を責めた。

1998年、被害者宅の長男・白石智弘の目撃証言と健人の言った通りポストの指紋から、工藤が犯人だと目星をつけた。大山は工藤の身柄を確保しに行くが、否認を続ける。仕方なく連行に応じるが、その前に娘・かずみを親戚の家に行かせるため、バスの見送りだけさせてくれと言い、大山と一緒にかずみを見送った。

しかし、このバスが事故に遭う。爆発に巻き込まれ、かずみは命を落とす。それを警察署のテレビ中継で見ていた工藤。重症だが息のあるかずみが、救助を待っていた。先に矢部親子が救出され、ガソリン引火の恐れがあるとして、そこで救助隊は退避し、バスは爆発した。

2018年、誘拐された矢部香織は父親・英介と共にかずみが亡くなったバスに乗っていたことが英介から美咲に話される。そして、誘拐された香織から電話が入り、監禁場所が冷凍車だと判明する。美咲は香織が電話できたことを不審に思った。その時、美咲は健人からの連絡で、工藤はバス事故のことで矢部英介を恨んでいると聞き、現場はバス事故の付近の可能性があると言われ、現場に急行する。

バス事故の現場には工藤と家から姿を消した英介がいた。工藤は自分と同じように娘が目の前で死ぬところを見ろと言った。そしてその近くの冷凍車を指さす。英介は急いで冷凍車に駆け寄るが開かない。そこへ美咲が到着し、必死で開けようとする。

その時、健人が工藤を発見する。健人は刑務所の聞き込みで知った、工藤が電気技師の資格を取ったことが引っかかった。冷凍車の中はガスが充満する。そこで電機のスイッチを入れたら・・・。それに気づいた健人は慌てて、扉を開けようとする美咲を止めに走る。しかし、扉は開き、美咲は暗い冷凍車の中の電気スイッチを入れてしまう。すると、冷凍車は爆発し、美咲は帰らぬ人となる。誘拐された香織は別の冷凍車に監禁されていて、捜査員に保護されていた。

慶明大学の准教授・安西は美咲とよく会っていた。そして健人に話しかけ、生前美咲がよく、健人のことを変わり者だが、刑事として大切なものを持っていると言っていたことを聞く。

そして、健人は過去の連続窃盗事件を洗い直す。真犯人が捕まれば、未来の工藤の犯行は防げると考えたのだった。被害者宅には同じような年齢の息子がいて、一見接点はなさそうだが、みな同じヨットクラブに入っていた。

一方、1998年では、工藤は送検されたものの、大山は聞き込みを続けていた。そして被害者宅の長男であり、工藤を目撃したと証言した智弘にたどり着く。しかし、上からの圧力でこれ以上捜査するなと言われる。車の中でひとり考えていると、無線が繋がる。

健人は、工藤が殺人を犯したこと、捜査員が犠牲になったことを伝え、白石智弘ら息子のヨットクラブの接点についても伝えた。智弘が工藤を知っていた可能性があることから、健人は2018年の工藤に直接聞くと言う。大山は自分に何ができるかと聞き、健人は盗んだもののありかを探ってほしいと言う。それが見つかれば、証拠となるからだった。

こうして、1998年の大山と2018年の健人が、連続窃盗事件の真犯人を追い詰めていく・・・。

 

スポンサーリンク

ドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」初回(第1話)から最終話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

ドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』初回(第1話)から最終話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • U-NEXTのお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信

まずは、『シグナル長期未解決事件捜査班』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

 

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

カンテレドーガ 動画はコチラ
GyaO! 動画はコチラ

 

まずは、『シグナル長期未解決事件捜査班』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

カンテレドーガとGYAO!で配信されています。

カンテレドーガの公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、『シグナル長期未解決事件捜査班』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

無料動画配信で有名な、無料動画GYAO!でも、『シグナル長期未解決事件捜査班』の見逃し配信が行われています。

こちらも、、『シグナル長期未解決事件捜査班』の配信は最新話に限られており、
毎週火曜日19:59までとなっています。

また本編に繋がるチェインストーリーも独占配信されています。

無料動画GYAO!での、「シグナル未解決事件捜査班」の見逃し配信は、コチラから。

 

フジテレビオンデマンド(FOD)

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、高画質で無料動画に見られるスパイウェアや著作権侵害の問題に心配することなく安全にドラマ『シグナル長期未解決捜査班』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

 

FODプレミアムの初月31日間無料に登録するためには誰でも無料で作れるYahoo!IDが必要になります。

Yahoo!IDを持っていれば、5分くらいで登録できます。

 

Yahoo!IDを使ってFODプレミアムに登録する

 

但し『シグナル長期未解決事件捜査班』は全話見放題ではありません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • コード・ブルー 3rdシーズン
  • 僕たちがやりました
  • パパ活
  • 民衆の敵
  • 刑事ゆがみ
  • セシルのもくろみ
  • きみはペット
  • 昼顔

などが見放題で配信されています。(2017年10月末現在)

その他にも過去にフジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組、アニメなど、追加料金発生することなくかなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

↓31日間無料視聴の登録はこちら↓

※FODは31日以内に解約すればお金は一切かかりません!

 

U-NEXT

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

「シグナル長期未解決事件捜査班」は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を今すぐ見ることができます。

お試し登録期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

ドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」第6話(5話)ネタバレ感想やあらすじまとめ

 

2018年4月春ドラマ、フジテレビ系火曜21時は坂口健太郎さん主演の、ドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』が2018年4月10日スタートしました!

韓国での大ヒットドラマのリメイクで、時空を超えた2人の刑事が交信しつつ、難事件に挑むヒューマンミステリードラマです。

あるようでなかった設定に引き込まれること間違いなしです!!

 

スポンサーリンク

『シグナル長期未解決事件捜査班』見逃し動画を無料で見る方法
  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので他の人気ドラマも無料視聴

 

『シグナル長期未解決事件捜査班』見逃し動画を無料で今すぐ見る方法その2
  1. U-NEXTの31日間キャンペーンに登録
  2. 登録時に600ポイントもらえるので、それを利用してお試し視聴