高嶺の花第6話(5話)ネタバレ感想とあらすじの紹介

2018年7月、日本テレビ系列水曜22時水曜ドラマで石原さとみさん主演の『高嶺の花』が7月11日に始まります。

原作はなくオリジナルで脚本家が野島伸司さんです。

大きな格差のある恋に落ち、立ちはだかる壁に立ち向かう、怒涛の純愛エンターテインメントです!

こちらの記事では『高嶺の花』の第6話と次回の第5話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトで「高嶺の花」第6話を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、『高嶺の花』の第6話がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して無料視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスの無料期間を利用してくださいね。

 

今すぐ観るなら!Huluで「高嶺の花」第6話を無料視聴

 

個人的に推奨したいのはHuluです。

Huluは、現在14日間無料キャンペーンを実施中なので、高画質で無料動画に見られるスパイウェアや著作権侵害の問題に心配することなく安全にドラマ『高嶺の花』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

人気ドラマや最近のドラマでは

  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • ブラックリベンジ
  • 過保護のカホコ
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 脳にスマホが埋められた!

などが見放題で配信されています。(2017年10月末現在)

その他にも過去に日本テレビ系列で放送されたドラマや海外のドラマや映画、アニメなど追加料金発生することなくかなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

ドラマ『高嶺の花』見逃し動画を無料で見る方法
  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※Huluは14日以内に解約すればお金は一切かかりません!

スポンサーリンク

「高嶺の花」第5話あらすじと感想やネタバレ

 

第5話のあらすじ

もも(石原さとみ)と直人(峯田和伸)は一夜を共にし、恋人関係を深める。家族に紹介するため直人を月島家に招いたももは、市松(小日向文世)に、直人と結婚するのでなな(芳根京子)を次の家元にしてほしい、と告げた。直人は唐突な結婚話に戸惑いながらも、ももの意を汲んで話を合わせる。市松は、自分に背くなら破門にするとももに言い渡した。一方、ななは、龍一(千葉雄大)が自らの母・ルリ子(戸田菜穂)と密会を重ねているとは露知らず、龍一への思いを深めていく。ももは龍一に会いにいき、家元になるななを守ってあげてほしいと頼んだ。そんな中、吉池(三浦貴大)が月島家に現れ、市松に大ケガを負わせて逃亡する。慌てて病院に駆けつけたももに、市松は、ももの知らない母親の話を始めた…。

 

第5話の感想

ネットにあがっている「高嶺の花」第5話への感想をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

とうとう一夜を過ごしたふたり。色っぽさ満点の場面から第5話スタートです。

 

ももが作った朝食を食べる、めずらしくイチャイチャしているももと直人。この時はまだ普通に幸せなふたりですが、このあと、様々な展開が訪れ・・・。

 

 

「高嶺の花」を積み損ねて崖から落ちた宗太を助けたのはこの後ろ姿の人、華丸大吉さんでした。元美術の先生という、自称「イルカ」さん。ちょっと変人ぽい登場もよかったです。

 

龍一にななを家元にするための話をしているルリ子。龍一のルリ子への態度で、完全にふたりの関係性が見えていました。もちろん、龍一が上です。

 

月島家に挨拶に行く直人。これは、緊張半端ないでしょうね。

 

ももは何の相談もしていないのに自分の思いを組んだ返事をしてくれた直人に、いたずらっ子のような笑顔を見せます。本当に直人は優しいのです。

 

龍一相手にきっちりと意見するもも。男前すぎて惚れてしまう!

 

犯人はまさかの人物です。こんなことになったのに、すべて隠し通すことにした市松。一体どうなってしまうのか?

 

ももは、市松から驚くべき真実を聞かされます。このタイミングでこの話を聞かせる市松・・・ひどい。

 

 

 

市松から実の母親の話を聞いて自分が家元になることを決意したももが、その直後におばあちゃんから受け継いでいるという指輪を直人からもらい、ものすごく複雑な表情を見せたところで、涙腺が崩壊しました。第5話のイチオシの場面は、いちばん最期のシーンです。

他にも、市松に怪我を負わせた吉池と抱き合うももの真意や、ななを家元にするために賛成票を集めだしたルリ子の動きなど、気になることはたくさんあるのですが、やはり、ももと直人の恋愛からは目が離せません。

第6話では、ふたりの結婚式が行われますが、そこにはももの驚くべき真意が隠されているようです。早く続きが観たいですね。

 

第5話のネタバレ

一夜を共にした月島もも(石原さとみ)と風間直人(峯田和伸)。2人は朝食を共にする。

『私の正体知ってもビビらなかった。何?鈍感力?』と尋ねるももに、家柄とかそういうものではなく、『違うものが見えてるんですよね?高い場所に咲いてるから。摘んではいけないものです』と返す。『でもぷーさんが摘んだ。いいーけないんだ、いけないんだ、先生に言ってやろ』ももが茶化し、直人は笑った。

高い場所にある花を摘もうとして、足を踏み外したひきこもり中学生・堀江宗太(舘秀々輝)はとある小屋で目を覚ました。助けてくれたのは小屋の主・坂東(博多華丸)。『イルカさんって呼んでくれ。バンドウイルカさん』とイルカは笑った。

宇都宮龍一(千葉雄大)と月島ルリ子(戸田菜穂)はプールで密会していた。龍一からななの指名票がどのくらい集められるかと尋ねられたルリ子。それは、夫・月島市松(小日向文世)への裏切り。自分にはできないというルリ子を龍一はプールに投げ落とした。なな(芳根京子)が現れたのが見えたのだ。龍一はななを促してプールから出て行く。ななはルリ子の存在に気づくことはなかった。

スナック喫茶ママ・今村佳代子(笛木優子)の店を訪れたももは、商店街の仲間たちに直人と結ばれたことを報告。今まで正体を隠していたことを謝った。皆は快くももを受け入れてくれたのだった。

ももの自宅。ももはななに直人のことを紹介しようとしている。すると、ななも龍一をももに紹介しようとしていて、ももの自宅に呼んでいた。やがて、直人と龍一がやってきた。ももとななは、お互いの交際相手をこの日初めて知ったのだった。

別の日、運転手・高井雄一(升毅)が直人を迎えに来た。その車中で、皇室関係者以外は家元は上座に座ること、目線を家元よりも高くしてはいけないことなどの注意を受ける。

直人が月島家に到着した。ルリ子とももとなな、そして市松が揃う座敷で自己紹介をする。市松が、ももとの結婚を前提に考えているのかと直人に尋ねた。すると、前提というよりも、早々に籍を入れるつもりだとももが答えた。

『月島家の籍に入ってもらえると考えてよいかな?』という市松に、直人は祖父の代から続く自転車屋を潰したくないため、直人はそれはできかねると答えた。『月島の名を捨てるのか?』とももに尋ねる市松。ももはそうだと認め、『月島ななを次の家元にお願いします』と頭を下げる。『それはお前が決めることじゃない』という市松にももは『いえ、私たち夫婦が決めることです』と返した。そうなれば、月島家を破門せざるを得ないという市松に、ももはそれは覚悟していると答えた。

龍一のもとを尋ねたももは、月島を破門になったことを明かした。『次の家元はなな一択。ななを泣かせたら、あんたも泣かすよ。それと月島市松を舐めないほうがいいよ。ななを守ってあげて』とももは龍一にお願いした。

その頃、ルリ子は奥座敷にこもっている市松に次期家元をななにしてくれるよう頼んでいた。前妻が忘れられないから、ももを家元にさせたいのでしょうというルリ子を市松は突き飛ばす。『宇都宮さんとななはお付き合いしています!』というルリ子の言葉を聞いた市松は驚き、『なんと愚かな女だ・・・』と罵るのだった。

直人の自転車屋に高井が現れた。ももは破談になり、心に傷を負ったと話しはじめた高井。『だから君との結婚という馬鹿な逃避をしようとしているんだ。君はもも様に愛されていない』高井はそう言い、もし直人が金銭的な解決を望んでいるようならば手切れ金を支払ってもいいと申し出た。それを聞いていた秋保(高橋ひかる)は、直人の良いところを並べ、高井を追い払った。

ももは元婚約者・古池拓真(三浦貴大)の妻・古池真由美(西原亜希)から連絡を受けた。拓真は携帯を置いたまま、家に帰ってきていないという。真由美は、家元からの命令とはいえ、申し訳なかったと、涙ながらに謝罪した。

その頃、拓真は月島家にいた。市松の頭部を殴りつけた拓真。市松は頭から血を流しその場に倒れこんだ。

ななは自分が次期家元となった暁には、婿養子に入った龍一に家元を譲渡してもいいと切り出した。『その代わりに・・・』というなな。察した龍一は『それはもう約束したよ。君のお姉さんと。全力で君を守ると』と言う。ななは喜び、龍一に抱きついたところに電話が鳴る。ルリ子から市松が病院へ搬送されたとの連絡だった。

市松の病室。市松は今回の件を内密に示談にするよう、高井に命じる。家族には風呂場で倒れ、怪我をしたということにしろという。ななと一緒にいた龍一も駆けつけたが、病室から締め出されてしまった。帰り際、龍一はちょうど駆けつけたももと出会い、その普段とは違う出で立ちについて触れる。『あっちの私よ』と答えたももに聞こえないよう、龍一は『今の俺もあっちの俺だ』とつぶやいた。

宗太からイルカさんという人物と知り合いになったと報告を受けた直人は、樹海の真ん中で会ったイルカがどんな人物なのか?と心配していた。そして、いつもはメールだが電話をかけることに。

すると、電話に出たのはイルカだった。今、宗太は絵を描いているという。以前、美術の教師をしていたというイルカは、宗太に絵の才能があると言った。直人はイルカの人となりを判断するため、お互い顔を見せあわないか?と提案。テレビ電話モードに切り替える。無理していい人そうな表情を取り繕うイルカの顔を見た直人は、この人なら大丈夫だと確信した。

市松の病室。ベッドの傍らのももが『ごめんなさい。まさか拓真が・・・』と言うと、市松は因果応報なため、拓真のことを責めるつもりはないと答えた。ただの1人の父親ならば、ももの結婚も祝福できただろうと市松は言う。『断腸の思いでお前と彼の結婚を壊した。お前の母親との約束だからな』という市松に、ももは表情を変える。

その頃、高井は直人とともに商店街のスナック喫茶で飲んでいた。高井は出産時に問題が起き、母体かももかの選択に迫られたことを直人に明かす。また、高井はももがとてもなく強い一面を持つ反面、もろい一面も持っていると続ける。『だから君には無理だと言ってしまった。言葉が過ぎてしまったが、やはりももさんを受け止めることは無理だろうと・・・』という高井。すると、話を聞いていた佳代子が割って入った。高井の話は男の理屈で、ふさわしい、ふさわしくないの話ではなく、ももと直人は結構お似合いだと言うのだった。

市松の病室でも、市松がももに出生の秘密を明かしていた。『あなたは家元であり、この子は月島を継ぐ子なんだからと。自分の命と引き換えでも生む価値があると・・・』そう母親は言い、どうしてもももを産ませてくれと市松に懇願した。そんな母親の思いがあったからこそ、拓真との結婚を許すことはできなかったと明かした。

衝撃の告白にももは大粒の涙を流す。『わかったから、もう。もう1人の自分を引っ張り出せばいのね?方法はわかってる。罪悪感なのね』というももに、市松は『すまない』と言う。『いいのよ、それが私の宿命なんでしょう?』『お前の母親が望んだ』ももの涙は止まらなくなった。

その頃、ななはたくさんの弟子を前にし、ななが家元になるのを後押ししてくれる人たちだとルリ子から説明を受けた。怖気付くななにルリ子は『お母様はもう覚悟を決めたの』と告げる。弟子たちは一斉に『なな様を次のお家元に!』と言い、頭を下げた。

ももの前に拓真が現れた。真由美のもとへ帰るよう、諭すももに、拓真は声を荒げる。『嫌だ!あの女は僕をはめたんだぞ!あんな女のとこにが帰らない!離婚する。僕を愛して欲しい』拓真はももを抱きしめ、ももは苦悩の表情を浮かべながらも、拓真の背中に手を回すのだった。

翌朝、直人が目を覚ますと、台所でももが朝食の用意をしていた。直人は、ご機嫌なももの様子をみて、母・節子の『朝に上機嫌な女なんて前の晩、亭主に抱かれたしかないねえ。そうじゃないなら、普通にしてたらばれそうだから、ごまかしてるのよ。嘘と裏切りを』という言葉を思い出した。

朝食を食べながら、結婚の話もしないうちに月島の家に連れて行ったことを、ももは謝罪した。『どうしてなんでも合わせてくれるの?スピード早すぎて、実感ないから?』と直人に尋ねるもも。

直人は確かに現実感はないと答え、『景気が良かった頃のばあちゃんから父さん、父さんから母さん、母さんから俺』と言いながら、風間家に代々受け継がれた婚約指輪を差し出した。アクアマリンの指輪を見たももは大喜びし、しかし、ほんの少しとまどいを隠すような表情を浮かべ、指輪を自分の指にはめると光にかざしたのだった。

第5話おわり

 

「高嶺の花」第6話あらすじと感想やネタバレ

 

第6話のあらすじ

命に代えて自分を生んでくれた母のためにも、月島流の家元にならなければと決意したもも(石原さとみ)。だがももは、満足のいく作品を創れなくなっていた。
なな(芳根京子)は直人(峯田和伸)との結婚を控えたももを訪ね、ももが逃亡中の吉池(三浦貴大)を匿っていることを知って驚愕する…!そんな中、ももと直人の婚約パーティーが佳代子(笛木優子)の店で開かれる。商店街の人々に祝福され、ももははしゃいでいた。その晩、ももの願いで、直人は酔った彼女をおぶって区役所に行き、婚姻届を提出する。龍一(千葉雄大)がももの驚くべき真意を推察するのを聞き、ななは、二人の結婚を止めなければと直人に会いにいく。しかし、ななの話を聞いた直人の答えは、意外なものだった。
そして、ももと直人は、結婚式の日を迎え…。

 

第6話の反応や期待の声

「高嶺の花」第6話への期待の声をネットからひろってみました。

 

 

 

第5話では、市松から実の母親の話を聞いたももが、次期家元になる事を決意したことで、新たな展開がみえてきましたが、6話では、ももが家元になるために直人と結婚するという、明らかに裏の真意が見える行動をとって、今までとは違う展開になりそうです。ももと直人の恋愛はやはり簡単には進みませんね。ますます、続きが楽しみになりました。

 

第6話の展開予想

第6話では、月島流の家元になることを決意したももが、直人との結婚に絡む、とんでもない"計画"を立てているようです。6話の予告動画のふたりの結婚式の場面で、"ふたりの第1章最終回”となっており、ももの"計画"を予測した龍一の話を聞いたななが直人に会うが、意外な返答をするとあります。

第5話でももは、家元になるために必要なのは罪悪感だと言っていました。

とてつもない大きな罪悪感を作るために、直人との結婚式の時に、ももが自宅に匿っていた吉池が現れてももを連れ去り、結婚式をぶち壊していく計画を立てたというのはどうでしょう。吉池との破局のあと、やっと好きになれた直人を一番ひどい形で裏切れば、一生悔やむことになるに違いありません。

この計画を予測した龍一もすごいのですが、ななからこれを聞いた直人は、きっと、ももの気持ちがすむのならそれでいいと言うのではないでしょうか。心優しい直人は、決してももを責めることはないと思います。

第6話、また涙なくして観れない回になりそうです。

 

第6話の感想

ネットにあがっていた第6話の感想の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

龍一に、なな家元の賛成票リストを渡したルリ子。夫・市松をもう信用していないと言ったルリ子の冷たい表情に、市松からの愛を感じられないルリ子の悲しさを感じました。

 

 

酔っ払ったももは、「今すぐ出しに行く」と言い出し、おんぶと婚姻届の提出をぷーさんにお願いしました。いつも以上にはしゃいでいるもも。普通なら幸せなただのバカップルですが・・・。

 

ななから、ももの"罪悪感を持つための計画”を聞かされた直人は、高井からももとは結婚できないだろうと言われた時も同じような対応をしました。その対応が優しいというか、神というか、一般人でないことは確かです。

 

第6話の最大の見所です。予告を見た時からわかっていたのに、やはり泣いてしまいました。

 

 

 

第6話の最後で、家元を継ぐのに必要な”罪悪感”を持つために、もはや好きでもない吉池に結婚式から連れ出されるという、直人にとっての最悪の別れの演出をしたもも。連れられて行くももを見送りながら、笑顔を見せた直人。映画「卒業」を思わせる、この切なすぎる場面で涙した方は多いと思います。さすが、第1章の最終回だけありますね。

そして、ここにも驚いたと思うのは、市松の腹黒ぶりですね。本当にいろんな人を騙しまくりです。もちろん、私も騙されていました。ただ、これは第2章へとつながっていくので、展開が気になります。

第2章初回の第7話では、龍一の素性と、龍一とルリ子との関係が明らかになり、離れ離れになったももと直人には、新たな異性が現れます。今までとは違った展開を見せる第7話、とても楽しみです。

 

第6話のネタバレ

佳代子(笛木優子)が営むスナック喫茶で、いつもの仲間たちを前に月島もも(石原さとみ)は後ろ活けを披露した。それを見た風間直人(峯田和伸)は『きっと俺たちと違うものが見えてるんだよ』と言う。しかし、完成した作品にももは納得がいっていない様子を見せる。

自宅に戻ってきた直人ともも。直人はももの作品を見ながら、どこが不満なのか全くわからないと言う。全部だと答えたももは突然泣き始め、『私、もう見えなくなっちゃった・・・何も見えないの』と言うのだった。

宇都宮龍一(千葉雄大)のもとを、月島ルリ子(戸田菜穂)が訪れた。ルリ子は月島なな(芳根京子)が家元になることを支援してくれる20名程の月島流師範のリストを手渡した。

入院中の月島市松(小日向文世)は高井雄一(升毅)に、ももの母親のことをももに話したと明かした。高井が本当の父親だということは伏せ、事実を脚色して話したと市松は語る。高井は、それは当たり前ですと答え、ルリ子が古参の師範を集めるという怪しい動きをしていることを報告。市松は、ルリ子が自分を裏切るわけがないと言い、相手にしなくていいと答えた。

ももの自宅。ももはななに『後ろ生けに必要な、もう1人の自分が見えなくなった』と明かし、妻と別れると言っている元婚約者・古池拓真(三浦貴大)を匿っていると明かした。ななは驚き、『何やってるの?!だって、ぷーさんと結婚・・・』と声を荒げる。ももは、自分の才能を再び目覚めさせるためには、罪悪感を感じることが必要なのだと語るのだった。

直人の自転車店を訪ねた高井。高井はももが直人との結婚を断りづらいのでは?と切り出す。高井は市松がももの誕生の秘密を明かし、ももが家元を目指すことを決めたことを説明した。『それは良かったです。才能があるなら続けたほうがいい。俺みたいな凡人は特にそう思います』という直人に、高井は『君は物分りがいい。結婚はなしになる。恨まないでくれ』と言う。直人のことを気遣う高井に、直人は『あなたは彼女が泣いたりしないように、彼女のことだけで。俺のことは気にしないでください』というのだった。

直人が佳代子の店を訪れると、ももが婚姻届の証人の欄を、タクシー運転手・田村幸平(袴田吉彦)と肉屋店主・原田太郎(吉田ウーロン太)に書いてもらっていた。その後、ももと直人の婚約パーティーが開かれた。

パーティー終了後、ももは今から婚姻届を出しに行くと言い出す。直人はそれに応じ、さらに、おんぶをねだるももをおぶって区役所へ向かった。婚約届を提出し、これで夫婦ねと微笑み合うふたり。

龍一と会ったななは、ももが華道のために罪悪感が必要だと言っていたことを話した。すると龍一は、かつて自分がされた最もひどいことを、他の人間にする・・・ももが結婚直前で直人との関係を断とうとしているのではないか?と言う。青ざめるなな。

直人とテレビ電話中の坂東基樹(博多華丸)が、脳腫瘍で余命宣告を受け、怖くなって病院を逃げ出してきたことを明かす。その事を受け入れられるようになった頃、手術をしてくれる医者が現れた。しかし、生に対しての諦めがつき始めた坂東は、手術を受けることに猛烈な恐怖を感じ、病院を逃げ出したと語った。『そんな時、空から宗太(舘秀々輝)が降ってきた・・・』という風間に、坂東は『はい・・・』と答えた。

ももの自宅。自分を匿い、受け入れてくれたももを抱きしめようとする拓真。しかし、ももは『触らないで!』と拒否。『そうだよね、妻と別れてからでないと・・・』と拓真はうつむく。『そんなことより、食べて!』ももは誤魔化すように、食事をすすめた。

ももは婚姻届を提出したことを高井に明かした。驚く高井に、ドライブしたいというもも。海に到着したももは『私が家元にならなかったら、何のためにママは死んだの?!だから必ず家元になる』と宣言。そのために、直人を踏み台として利用することを明かした。『そしたらもう会わないし、会えないけど。私はずっと罪悪感を抱えて生きて行く!』ももは華道のために誰とも結婚せずに、生涯独身を貫くと語った。そして、市松は直人との結婚を認めないため、バージンロードを歩いてくれるよう高井に頼んだ。

見舞いに訪れたルリ子に、姉と妹が家元を争うのは体裁が悪いことから、極秘に数人の月島流師範を呼び、どちらが家元にふさわしいかを投票する形式をとることにしたと、市松が説明する。そこでルリ子は師範20名程の選出を頼まれる。

直人の自宅をななが訪れた。直人から籍を入れたことを聞いたななは、『間に合わなかったのね・・・』と肩を落とした。そして、ももが直人との結婚を直前で破談にするつもりであることを明かした。

さらに、ななはももが華道家としてのもう1人の自分を取り戻すためには、罪悪感が必要だと言っていたことを直人に明かす。直人はななの意に反し、もものやろうとしていることを受け入れる姿勢を見せる。芸術家としてのももが、それをしなければいけないのであれば、仕方ないと直人は答えた。

『結婚式で捨てられるんですよ?それでいいなんて、信じられない』というななに、直人は『俺を選んで、甘えて仕掛けてくるって思えば、それすら可愛らしい・・・』『二度と会えなくなるんですよ!?』というななに、『当然、そうでしょうね。彼女はその罪悪感でスーパーな華道家に・・・』と答えた。

直人はななにももとの婚姻届を差し出した。夜間窓口に提出した婚姻届は翌日受理されるため、朝一で回収したこの婚姻届はまだ受理されていないこと、自分のためにももがバツ2にならなくてもいいことを直人は語る。いつも、最悪の事態を考える癖がついているという直人は、ももの計画を見抜いていた。

旅立つ宗太に、坂東が『このスケッチブックあげるよ』と旅の道すがら、絵を描いてくれと言う。宗太が『手術、受ければいいじゃないか!?』と返した。宗太は坂東の病気のことを直人から聞いたらしい。

『いるかさんは、僕の味方だ!だったらまだ行かない!僕の味方なら、僕もイルカさんの味方だ!馬鹿じゃね?1人でいること怖い癖に、強がって!』声を荒げる宗太。『そうだね・・・』坂東は答えた。

龍一は、ルリ子から受け取ったななを支持する師範のリストを市松に手渡した。『これが謀反人のリストか』と目を通す市松。このまま何もしなければ、家元の血を継ぐななが次期家元となり、それは市松の望み通りだが、あえてそうしない市松の真意がわからないと龍一は語る。『家元の娘が運転手の娘に劣るなど、あってはならん!』市松はそう言い、公正な投票で次期家元を決めることを龍一に告げるのだった。

とある教会で、高井にエスコートされた花嫁姿のももが入場をはじめた。その先にはタキシード姿の直人が待っている。

誓いの言葉を粛々と述べる直人。(姉ともう会えなくなるんですよ!?)直人の脳裏に、ななの言葉が浮かぶ。ももの脳裏には(相手にされたら嫌なことを、どうして自分ができます?)と言う直人の言葉が浮かぶのだった。

直人がももに誓いのキスをしようとしたその時、突然拓真が乱入してきた。『ごめんなさい・・・』ももは涙まじりにそう言うと、拓真と一緒に去っていく。

そんなももを見送りながら、直人の脳裏には、かつて母・節子(十朱幸代)から聞いた話がよみがえっていた。『お父さんと知り合った頃、母さん、親から勧められて縁談があってね。申し訳ないけど、お父さんにはお断りしたの、ごめんなさいって。お父さんは悲しいんだろうなって、勇気出して頭上げて顔見たの。そしたら、信じられない・・・まさか、笑ったのよ!』

教会を出る瞬間、振り返ったももの目に、直人が優しい笑顔を浮かべているのが映った。

第6話おわり

 

「高嶺の花」第6話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

『高嶺の花』第6話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、第6話の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • GYAOの見逃し配信で見る
  • TVerの見逃し配信で見る
  • Huluのお試し期間で見る
  • U-NEXTのお試し期間で見る
  • dTVのお試し期間で見る
  • auビデオパスのお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信

まずは、『高嶺の花』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、『高嶺の花』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

『高嶺の花』第6話を公式で無料視聴できるのは、2018年8月22日22:59までとなっています。

 

無料動画GYAO!

無料動画配信で有名な、無料動画GYAO!でも『高嶺の花』の見逃し配信が行われています。

こちらも、『高嶺の花』の配信は最新話に限られており、
毎週土曜10:00~毎週金曜21:59までとなっています。

公式より59分だけ長く配信されていますので、ギリギリで思い出した方や第5話と第6話を続けて視聴したい方は、こちらを利用してみても良いですね。

無料動画GYAO!での『高嶺の花』の見逃し配信は、コチラから。

 

TVer

無料動画配信で有名な、主に民法のTV番組を扱うTVerでも『高嶺の花』の見逃し配信が行われています。

こちらも、『高嶺の花』の配信は最新話に限られており、

毎週土曜10:00~毎週日曜22:29までとなっています。

無料動画TVerでの『高嶺の花』の見逃し配信は、コチラから。

 

Hulu

Huluは、現在14日間無料キャンペーンを実施中なので、高画質で無料動画に見られるスパイウェアや著作権侵害の問題に心配することなく安全にドラマ『高嶺の花』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

人気ドラマや最近のドラマでは

奥様は、取り扱い注意

先に生まれただけの僕

今からあなたを脅迫します

ブラックリベンジ

過保護のカホコ

ウチの夫は仕事ができない

脳にスマホが埋められた!

などが見放題で配信されています。(2017年10月末現在)

その他にも過去に日本テレビ系列で放送されたドラマや海外のドラマや映画、アニメなど追加料金発生することなくかなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

 

dTV

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

もともとは、docomoユーザーのためのサービスでしたが、2014年4月からは誰でも契約できるようになっています。

月額500円と見放題サービスの中で圧倒的な安さを誇り、動画数も12万本と充実しているのが魅力です。

dTVには、31日間の無料お試し期間があり、期間内に解約した場合、一切料金がかかりません。

 

auビデオパス

auビデオパスは、auユーザーが利用できるau公式動画配信サービスです。

利用できるのがauユーザーに限られますが、見放題プランは月額562円(税抜き)で、毎月、新作が観られるコイン(540円相当)が貰えるお得なサービスになっています。

auビデオパスでは、初回加入時は30日間無料となります。

つまり、加入して30日以内で退会した場合、料金は一切必要ありません。

『高嶺の花』は、第1話から最新話まで、見放題配信されていますので、30日間の無料期間中に視聴すれば、第6話の見逃し配信を無料で視聴できるということです。

auユーザーの方には、断然おススメの無料視聴方法です。

 

U-NEXT

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

『高嶺の花』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を見ることができます。

お試し登録期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

『高嶺の花』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、第6話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

「高嶺の花」第6話ネタバレ感想とあらすじまとめ

 

2018年7月、日本テレビ系列水曜22時のドラマは、石原さとみさん主演の『高嶺の花』です。

野島伸司さんの脚本で送る、怒涛の純愛エンターテインメントです。

ベテラン俳優から、人気俳優、期待の新人まで、キャストのみなさんも魅力的な方々が揃い、ますます注目が集まっています!

そんな、ドラマ「高嶺の花」のあらすじやネタバレ展開を各話毎に追っていきますので、ぜひご期待ください。

 

スポンサーリンク

ドラマ『高嶺の花』見逃し動画を無料で見る方法

Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録

Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※Huluは14日以内に解約すればお金は一切かかりま