高嶺の花第5話(4話)ネタバレ感想とあらすじの紹介

2018年7月、日本テレビ系列水曜22時水曜ドラマで石原さとみさん主演の『高嶺の花』が7月11日に始まります。

原作はなくオリジナルで脚本家が野島伸司さんです。

大きな格差のある恋に落ち、立ちはだかる壁に立ち向かう、怒涛の純愛エンターテインメントです!

こちらの記事では『高嶺の花』の第4話と次回の第5話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトで「高嶺の花」第5話を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、『高嶺の花』の第5話がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して無料視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスの無料期間を利用してくださいね。

 

今すぐ観るなら!Huluで「高嶺の花」第5話を無料視聴

 

個人的に推奨したいのはHuluです。

Huluは、現在14日間無料キャンペーンを実施中なので、高画質で無料動画に見られるスパイウェアや著作権侵害の問題に心配することなく安全にドラマ『高嶺の花』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

人気ドラマや最近のドラマでは

  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • ブラックリベンジ
  • 過保護のカホコ
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 脳にスマホが埋められた!

などが見放題で配信されています。(2017年10月末現在)

その他にも過去に日本テレビ系列で放送されたドラマや海外のドラマや映画、アニメなど追加料金発生することなくかなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

ドラマ『高嶺の花』見逃し動画を無料で見る方法
  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※Huluは14日以内に解約すればお金は一切かかりません!

スポンサーリンク

「高嶺の花」第4話あらすじと感想やネタバレ

 

第4話のあらすじ

もも(石原さとみ)は直人(峯田和伸)を恋の相手と意識していたが、直人はももとキスしてからというもの、目も合わせられず挙動不審になる。一方、なな(芳根京子)は龍一(千葉雄大)への思いから、市松(小日向文世)に、自分にも家元を継ぐチャンスが欲しいと訴える。市松はななの申し出を認めた。ななはももに、自分も家元候補になったと伝え、さらに、ももに対して長年抱えてきたコンプレックスを激しくぶつける。そんな中、直人は幸平(袴田吉彦)、太郎(吉田ウーロン太)とともにキャバクラへ。幸平たちは、ももと直人に二度目のキスをさせようとはやし立てる。ももはノリでOKしたが、直人は飛び出していってしまう。その直後、ももは直人の自転車店を訪ね、再び直人にキスをして……。
そしてついに、華道家「月島もも」が特集された雑誌が発売された。

 

第4話の感想

ネットにあがっている「高嶺の花」第4話への感想の声をひろってみました。

第4話の冒頭で、吉池の妻・真由美が月島流師範だったことを吉池に話すもも。ももは自分が直人に惹かれている気持ちに気づきながらも、複雑に心が揺れているようでした。こちらまで複雑な心境に。

 

はじめてのキスの後、ももと話せなくなっていた直人でしたが、いつもと全く変わらないももといるうちに、元に戻ったようです。そして、この和みシーン。いい感じです。

 

 

直人のステキな台詞と、ふたりの二度目のキス。恋っていいですね。

 

 

ももとの二度目のキスのあとの直人・・・ももからキスされたら、腰も砕けるでしょ。

 

普通に笑っているように見えますが、ももの正体を知り、本当に「高嶺の花」だとわかった時の直人です。

 

ほんと、エロいと思いきや、龍一はこの状態で花を活けるように言いました。このふたりの行く末が気になります。

 

 

ももが「月島もも」だとはっきりと名乗りました。しかも、素敵なお着物で、生け花のたくさん飾られた部屋で。そのシチュエーションから、ふたりで大笑いするという展開で、ふたりの恋の行方がはっきり見えた気がしました。

 

 

 

第4話は、ももと直人の関係が一歩どころか、二歩も三歩も進みましたね。ももからのキス、そして、ももから押し倒しての・・・。深窓の令嬢でも、肉食系ならこうなるのだなと、変なところで感心してしまいました。いかにもお嬢様で、もも大好きといった感じだった妹・なながいきなり、ももへのコンプレックスを爆発させたことにも驚きました。令嬢といえどもやはり人は人なんですね。

さて、ももの父親が運転手の高井という驚きの事実も明かされ、様々な展開を見せるドラマ「高嶺の花」。第5話でも、直人が月島家に招待されたり、吉池が市松に怪我を負わせたり、ももが新たな事実を知らされたりと気になる内容盛りだくさんになっています。とても楽しみですね。

 

第4話のネタバレ

風間直人(峯田和伸)は図書館を訪れ、モネの画集と恋愛ハウツー本を借りた。

月島もも(石原さとみ)は元婚約者・古池拓真(三浦貴大)と会い、拓真の妻・古池真由美(西原亜希)の月島流師範の免状を返した。事実を知った拓真は、自分の前に真由美が現れたのは誰かの差し金かもという疑念を口にする。しかし、ももはそれをはっきりと否定し、『現実に戻ろう!ようやく抜け出せそうなの。・・・好きな人が・・・』と切り出した。

どんな人かと尋ねる拓真に、ももは『いい人。私の自転車なおしてくれた。私のことも治してくれる気がする・・・バラバラになった私のパーツを一つずつ丁寧に。そういうの恋って呼んでいいのかな?』と語った。

今村佳代子(笛木優子)が営むスナック喫茶に、タクシー運転手・田村幸平(袴田吉彦)、肉屋店主・原田太郎(吉田ウーロン太)、ももや直人がいつものように集った。そこでももは、佳代子と田村が元夫婦であることを知る。皆が夫婦のあり方などを論議を話している中、直人が1人読書をしている。それに気づいた原田が、ももが来てから一言も話していないと指摘。するとももが『もしかして私とキスしたから?!』とバラす。その言葉を聞いた直人は、飲み物を吹き出し、『そういうの普通人前でいいますかね?!』と言うのだった。

月島なな(芳根京子)が、自分にも家元になるチャンスがほしいと父・市松(小日向文世)に申し出た。市松は許可し、蔵にある鏡の間を使ってもいいと言う。母・月島ルリ子(戸田菜穂)もななのその申し出をひどく喜んだ。

直人の自宅を訪れたももは、モネの画集を見つけ、やがて天才は孤独か?幸せか?の論議となる。たくさんの人を感動させ、後世にまで名が残ることはすごいと素直に言う直人。しかし、華道家のももは天才は孤独な人が多く、死んだ後に名が残っても、幸せではないと強く反論した。

『なんか機嫌悪いみたいですね?俺、知らずに地雷を・・・』と申し訳なさそうにする直人に、ももは『いや、私が悪かった。喧嘩ふっかけたみたいになっちゃった。ごめんね』と謝った。すると、直人が突然笑い始め、みんな異性と何を話すのだろうといつも疑問に思っていたと語り始めた。『でも、ももさんは勝手に喋ってくれるから、楽だなって』直人は嬉しそうに微笑んだ。

その時ももが、恋愛ハウツー本を見つけてしまった。『キスはエッチの導火線だって!』本をめくり、面白そうにそう言ったももは部屋から出て行った。1人になった直人も本をめくる。そこには、1度目のキスはまぐれと書いてあり、直人は呆然とするのだった。

自転車で1人旅中のひきこもり中学生・堀江宗太(舘秀々輝)は直人から(君好きな女の子いるの?いると、なんかポカポカするよね?)というメールを受信した。『知るかよ!ブロックするぞ、マジ』メールを読んだ宗太が毒づく。しかし、宗太はちょうどランニング中に通りかかった女子たちをそういう目で見てしまい、首を横に振った。

プールで泳ぐ宇都宮龍一(千葉雄大)の前に、ルリ子が現れた。『お礼を言いに来たの。あなたが何か言ってくれたんでしょう?』ななが家元になりたいと言い始めたことをルリ子は喜んでいた。龍一は、家元は神のように崇められ、泣き言も愚痴もこぼせなくなると語り、『孤独にもほどがある。そんな立場に自分の娘をさせたいんですか?』とルリ子に尋ねる。『ええ、させたいわ』とルリ子は答えた。

ももの自宅で、ななと一緒に料理をするもも。『お姉ちゃんはなんでも上手くできて、いつも憧れだった。でも、そんなんじゃいけないんだなって・・・』ななは家元になるチャンスを市松からもらったことを明かした。そして、ももの結婚が決まった時も破談になった時も、振り回され傷付いたと語る。『バカにしないで!私だって感情はあるの!みんな大嫌い!お姉ちゃんもお母さんも、あの人も!』ななは声を荒げ、出て行った。

ルリ子が龍一のことを考えながら風呂に入っていると、突然市松が浴室を覗いてきた。『出かけていたのか?』と尋ねる市松。ルリ子が『ええ、ちょっと・・・』と言葉を濁すと、市松は『立って見せてくれ』という。『何をためらってるんだ?』そう市松に言われ、ルリ子は全裸を市松の前に晒した。市松は『お前は美しい。白い肌は何かの抜け殻のようだ。・・・空っぽの』と言い、浴室から出て行った。

駅前のスナック花。控室を片付けていた店長は、ももが月島流の家元の長女であることを、雑誌の特集を見て知った。

その頃、ももは直人や田村、原田たちの接客をしていた。男は浮気する生き物だと主張する田村と原田。しかし、直人は自分は絶対に浮気しないと言う。『だってされたら嫌だから。されたら嫌なことをどうしてできます?愛してるのに』浮気しないことを宣言する直人にスペシャルサービスだとももがポッキーをくわえ、反対側を直人にくわえるように促した。すると、直人は突然『俺、帰るわ!』と帰ってしまう。

その頃、拓真は妻・真由美に『全部わかってる』と免状を差し出した。本当のことを知っても、夫婦としてやっていくことには変わりないこと、真由美の口から真実が聞きたいことを伝える。すると、真由美は涙ながらに『本部から言われて・・・お家元の』と明かした。

直人の自転車屋をキャバクラを早退してきたももが訪れた。『すいません。なんか俺、ダサいっていうか』という直人に、ももは『かっこいいよ。ぷーさんのお父さんも、ぷーさんも』と言い、そっと、直人に口付けた。『二度目のキスは何だろうね?おやすみ』ももはそう言うと、帰って行った。驚きで崩れ落ちる直人。

高井雄一(升毅)が運転する帰りの車中で、ももは嬉しそうに『されたら嫌なことはできない。だって、愛してるから・・・』とつぶやいていた。

図書館で直人がモネの画集を返却しようとしていると、高井が現れた。睡蓮ばかりを描き続けたモネ。晩年のモネの作品はキャンバスに絵の具をぶちまけたような絵になっていった。『凡人には見えない何かが見えてたんですかね?』という直人に、高井は『君・・・』と驚いたような表情を見せた。

市松の元を訪れたももは『あの子には無理よ』と、ななが家元の器を持ち合わせていないことを切り出した。『お前を憎めといったよ』市松は答えた。『私は誰とも争うつもりはない。皆が不幸になる』というももに、不幸になる人間はその人間の根底にある魂の問題であって、誰かのせいではないと言う市松。『神にでもなったつもり?!私はそんな人間になりたくない。もしも、私のママが生きてたら、娘が望まない苦しみを絶対に私に強いるわけがない!』ももは声を荒げた。

今の心が綺麗なままのななを家元にしてほしいとももは頭を下げるが、市松は『綺麗事を言うな』と冷たく答える。ももは華道をやめることを宣言した。しかし、市松はそんなももの言葉を全く本気にしていない様子。なぜなら、ももは耳元で囁かれる色恋の言葉が全て偽物であることを身を以て知ったはずだから・・・

しかし、ももは市松を見据え、『もう一度、信じてみることにする。お父さん、もう一度だけ・・・』と涙目で語るのだった。

佳代子の店で、ももが特集された雑誌を見た直人は、ももが月島流の家元の長女であることを知り、ショックが隠せない。頭を抱え、『高嶺の花・・・』とつぶやく。

その頃、宗太はある山中の小高いところに咲いたユリの花に手を伸ばしていた。朽ちた木を登り、やっと花の近くに近づいた宗太は、バランスを崩し、落下してしまった。

龍一の自宅をななが訪れた。『振り回されたくない。姉にひどいこと言っちゃったの』そう、切り出すなな。『家元が、お姉さんを憎めと?』そう尋ねる龍一に、ななは実際に声に出して、ももを罵れを市松から命じられたことを明かした。

『ねえ、そんなことしないと家元にはなれないの?!もう1人の自分って何?!私にはわからないの!』というななを座らせ、龍一はななにネクタイで目隠しをする。『さあ、生けてごらん。アシスタントは俺が務めます』ななは花を生け始めた。

直人にももから電話がかかってきた。『ぷーさん、通りに出て』直人が言われたとおりに表に出ると、そこには高井の迎えがきていた。車中で、高井は『雑誌をご覧になりましたか?あの店に置いてきたのは、私です』と明かした。

やがて、ももの自宅に到着した直人。ももの自宅のドアを開けると、玄関には着物姿のももが三つ指をついて、待っていた。

『月島ももにございます』

ももは直人に向かい、深く頭を下げる。直人は笑い始め、ももも笑った。

その頃、直人をももの自宅へ送り届け、月島家に到着した高井が、市松に直人のことを報告していた。『偶然でしょうが、モネの絵を。亡くなられた奥様がお好きだった』という高井に、市松は『高井、辛いか?苦しいか?すぐ近くにいる娘に父親だと名乗れないことが・・・』という。しかし、高井は『私の罰ですから』と答える。市松は『ああ、その通りだ』と表情一つ変えずに言った。

再び、ももの自宅。着物を脱いでいくももを目の当たりにし、直人は亡き母・節子(十朱幸代)の話を思い出していた。女性は世の中に2タイプいると語る節子。それは奪う女と与える女。節子は自身を与える女だと言い、そんな女に巡り合った際には『そりゃあまるで竜宮城だよ』と笑顔で語っていた。

直人がそんなことを考えているとは知らずに、ももは直人に話しかける。『男は最初の男になりたいと思い、女は最後の女になりたいって思うって。でも、私はよくばりだから、あなたの最初で最後の女になりたい。もしも裏切ったら、ちょん切るかも。なーんて』すべてを脱ぎ終えようとしているももに、直人は戸惑いながら『あの・・・部屋暗くしていいですか?』と尋ねる。『女子か!?』そうももは突っ込み、ベッドに座っている直人に向かい倒れこんだ。

第4話おわり

 

「高嶺の花」第5話あらすじと感想やネタバレ

 

第5話のあらすじ

もも(石原さとみ)と直人(峯田和伸)は一夜を共にし、恋人関係を深める。家族に紹介するため直人を月島家に招いたももは、市松(小日向文世)に、直人と結婚するのでなな(芳根京子)を次の家元にしてほしい、と告げた。直人は唐突な結婚話に戸惑いながらも、ももの意を汲んで話を合わせる。市松は、自分に背くなら破門にするとももに言い渡した。一方、ななは、龍一(千葉雄大)が自らの母・ルリ子(戸田菜穂)と密会を重ねているとは露知らず、龍一への思いを深めていく。ももは龍一に会いにいき、家元になるななを守ってあげてほしいと頼んだ。そんな中、吉池(三浦貴大)が月島家に現れ、市松に大ケガを負わせて逃亡する。慌てて病院に駆けつけたももに、市松は、ももの知らない母親の話を始めた…。

 

第5話の反応や期待の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

 

第4話で、ももと直人の関係が一気に進んだり、驚きの事実が判明したりで、5話への期待が高まりましたね。第5話では、一夜を共にした直人をももが月島家に招待することから、ふたりは結婚するという話になっていきます。次期家元をななに任せたいももが龍一にななのことを頼みに行く場面もあり、またまた面白い展開が見られそうです。楽しみですね。

 

第5話の展開予想

第5話で、直人が月島家で市松とルリ子に会うことになり、その場でももが、直人と結婚して家を出ると勝手に言ってしまいます。優しい直人は、驚きながらもももの話に合わせるようですが、もちろん、恋人関係になって間もないふたりの間には、そんな話は出ていません。ももの申し出を聞いた市松が、ももに破門を言い渡す事もあり、このことがきっかけとなって、本当に結婚への階段を登るようになると予想します。

それに伴って、龍一に恋して、月島流の家元に立候補したななも、次期家元への階段を登ることになるのではないでしょうか。5話のあらすじに、龍一が、ルリ子にななを家元にする賛成票集めを迫るとありますので、ななが自分に気があると気づいた龍一が、ななを妻にして、月島家を乗っ取ることを画策することは、想像に難くありません。

ただ、この予想通りだとすると、あまりに簡単に話が進んでしまいます。そこで、問題として出てくるのが、吉池に襲われて怪我をした市松がももに打ち明ける"ももの本当の母親との約束"です。市松は、ももと吉池の結婚を壊したのは、その約束があったからと予告で言っていましたので、約束の内容次第で、直人との関係も、今までのようには進んでいかなくなるかもしれません。

第5話のいちばんの"ツボ"は、市松がももの母親としたという約束の内容ではないでしょうか。早く知りたいですね。

 

第5話の感想

ネットにあがっている「高嶺の花」第5話への感想をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

とうとう一夜を過ごしたふたり。色っぽさ満点の場面から第5話スタートです。

 

ももが作った朝食を食べる、めずらしくイチャイチャしているももと直人。この時はまだ普通に幸せなふたりですが、このあと、様々な展開が訪れ・・・。

 

 

「高嶺の花」を積み損ねて崖から落ちた宗太を助けたのはこの後ろ姿の人、華丸大吉さんでした。元美術の先生という、自称「イルカ」さん。ちょっと変人ぽい登場も、よかったです。

 

龍一に、ななを家元にするための話をしているルリ子。龍一のルリ子への態度で、完全にふたりの関係性が見えていました。もちろん、龍一が上です。

 

月島家に挨拶に行く直人。これは、緊張半端ないでしょうね。

 

ももは何の相談もしていないのに自分の思いを組んだ返事をしてくれた直人に、いたずらっ子のような笑顔を見せます。本当に直人は優しいのです。

 

龍一相手にきっちりと意見するもも。男前すぎで惚れてしまう!

 

犯人はまさかの人物です。こんなことになったのに、すべて隠し通すことにした市松。一体どうなってしまうのか?

 

ももは、市松から驚くべき真実を聞かされます。このタイミングでこの話を聞かせる市松・・・ひどい。

 

 

 

市松から実の母親の話を聞いて自分が家元になることを決意したももが、その直後におばあちゃんから受け継いでいるという指輪を直人からもらい、ものすごく複雑な表情を見せたところで、涙腺が崩壊しました。第5話のイチオシの場面は、この、いちばん最期のシーンです。

他にも、市松に怪我を負わせた吉池と抱き合うももの真意や、ななを家元にするために賛成票を集めだしたルリ子の動きなど、気になることはたくさんあるのですが、やはり、ももと直人の恋愛からは目が離せません。

第6話では、ふたりの結婚式が行われますが、そこにはももの驚くべき真意が隠されているようです。早く続きが観たいですね。

 

第5話のネタバレ

一夜を共にした月島もも(石原さとみ)と風間直人(峯田和伸)。2人は朝食を共にする。

『私の正体知ってもビビらなかった。何?鈍感力?』と尋ねるももに、家柄とかそういうものではなく、『違うものが見えてるんですよね?高い場所に咲いてるから。摘んではいけないものです』と返す。『でもぷーさんが摘んだ。いいーけないんだ、いけないんだ、先生に言ってやろ』ももが茶化し、直人は笑った。

高い場所にある花を摘もうとして、足を踏み外したひきこもり中学生・堀江宗太(舘秀々輝)はとある小屋で目を覚ました。助けてくれたのは小屋の主・坂東(博多華丸)。『イルカさんって呼んでくれ。バンドウイルカさん』とイルカは笑った。

宇都宮龍一(千葉雄大)と月島ルリ子(戸田菜穂)はプールで密会していた。龍一からななの指名票がどのくらい集められるかと尋ねられたルリ子。それは、夫・月島市松(小日向文世)への裏切り。自分にはできないというルリ子を龍一はプールに投げ落とした。なな(芳根京子)が現れたのが見えたのだ。龍一はななを促してプールから出て行く。ななはルリ子の存在に気づくことはなかった。

スナック喫茶ママ・今村佳代子(笛木優子)の店を訪れたももは、商店街の仲間たちに直人と結ばれたことを報告。今まで正体を隠していたことを謝った。皆は快くももを受け入れてくれたのだった。

ももの自宅。ももはななに直人のことを紹介しようとしている。すると、ななも龍一をももに紹介しようとしていて、ももの自宅に呼んでいた。やがて、直人と龍一がやってきた。ももとななは、お互いの交際相手をこの日初めて知ったのだった。

別の日、運転手・高井雄一(升毅)が直人を迎えに来た。その車中で、皇室関係者以外は家元は上座に座ること、目線を家元よりも高くしてはいけないことなどの注意を受ける。

直人が月島家に到着した。ルリ子とももとなな、そして市松が揃う座敷で自己紹介をする。市松が、ももとの結婚を前提に考えているのかと直人に尋ねた。すると、前提というよりも、早々に籍を入れるつもりだとももが答えた。

『月島家の籍に入ってもらえると考えてよいかな?』という市松に、直人は祖父の代から続く自転車屋を潰したくないため、直人はそれはできかねると答えた。『月島の名を捨てるのか?』とももに尋ねる市松。ももはそうだと認め、『月島ななを次の家元にお願いします』と頭を下げる。『それはお前が決めることじゃない』という市松にももは『いえ、私たち夫婦が決めることです』と返した。そうなれば、月島家を破門せざるを得ないという市松に、ももはそれは覚悟していると答えた。

龍一のもとを尋ねたももは、月島を破門になったことを明かした。『次の家元はなな一択。ななを泣かせたら、あんたも泣かすよ。それと月島市松を舐めないほうがいいよ。ななを守ってあげて』とももは龍一にお願いした。

その頃、ルリ子は奥座敷にこもっている市松に次期家元をななにしてくれるよう頼んでいた。前妻が忘れられないから、ももを家元にさせたいのでしょうというルリ子を市松は突き飛ばす。『宇都宮さんとななはお付き合いしています!』というルリ子の言葉を聞いた市松は驚き、『なんと愚かな女だ・・・』と罵るのだった。

直人の自転車屋に高井が現れた。ももは破談になり、心に傷を負ったと話しはじめた高井。『だから君との結婚という馬鹿な逃避をしようとしているんだ。君はもも様に愛されていない』高井はそう言い、もし直人が金銭的な解決を望んでいるようならば手切れ金を支払ってもいいと申し出た。それを聞いていた秋保(高橋ひかる)は、直人の良いところを並べ、高井を追い払った。

ももは元婚約者・古池拓真(三浦貴大)の妻・古池真由美(西原亜希)から連絡を受けた。拓真は携帯を置いたまま、家に帰ってきていないという。真由美は、家元からの命令とはいえ、申し訳なかったと、涙ながらに謝罪した。

その頃、拓真は月島家にいた。市松の頭部を殴りつけた拓真。市松は頭から血を流しその場に倒れこんだ。

ななは自分が次期家元となった暁には、婿養子に入った龍一に家元を譲渡してもいいと切り出した。『その代わりに・・・』というなな。察した龍一は『それはもう約束したよ。君のお姉さんと。全力で君を守ると』と言う。ななは喜び、龍一に抱きついたところに電話が鳴る。ルリ子から市松が病院へ搬送されたとの連絡だった。

市松の病室。市松は今回の件を内密に示談にするよう、高井に命じる。家族には風呂場で倒れ、怪我をしたということにしろという。ななと一緒にいた龍一も駆けつけたが、病室から締め出されてしまった。帰り際、龍一はちょうど駆けつけたももと出会い、その普段とは違う出で立ちについて触れる。『あっちの私よ』と答えたももに聞こえないよう、龍一は『今の俺もあっちの俺だ』とつぶやいた。

宗太からイルカさんという人物と知り合いになったと報告を受けた直人は、樹海の真ん中で会ったイルカがどんな人物なのか?と心配していた。そして、いつもはメールだが電話をかけることに。

すると、電話に出たのはイルカだった。今、宗太は絵を描いているという。かつて美術の教師をしていたというイルカは、宗太に絵の才能があると言った。直人はイルカの人となりを判断するため、お互い顔を見せあわないか?と提案。テレビ電話モードに切り替える。無理していい人そうな表情を取り繕うイルカの顔を見た直人は、この人なら大丈夫だと確信した。

市松の病室。ベッドの傍らのももが『ごめんなさい。まさか拓真が・・・』と言うと、市松は因果応報なため、拓真のことを責めるつもりはないと答えた。ただの1人の父親ならば、ももの結婚も祝福できただろうと市松は言う。『断腸の思いでお前と彼の結婚を壊した。お前の母親との約束だからな』という市松に、ももは表情を変える。

その頃、高井は直人とともに商店街のスナック喫茶で飲んでいた。高井は出産時に問題が起き、母体かももかの選択に迫られたことを直人に明かす。また、高井はももがとてもなく強い一面を持つ反面、もろい一面も持っていると続ける。『だから君には無理だと言ってしまった。言葉が過ぎてしまったが、やはりももさんを受け止めることは無理だろうと・・・』という高井。すると、話を聞いていた佳代子が割って入った。高井の話は男の理屈で、ふさわしい、ふさわしくないの話ではなく、ももと直人は結構お似合いだと言うのだった。

市松の病室でも、市松がももに出生の秘密を明かしていた。『あなたは家元であり、この子は月島を継ぐ子なんだからと。自分の命と引き換えでも生む価値があると・・・』そう母親は言い、どうしてもももを産ませてくれと市松に懇願した。そんな母親の思いがあったからこそ、拓真との結婚を許すことはできなかったと明かした。

衝撃の告白にももは大粒の涙を流す。『わかったから、もう。もう1人の自分を引っ張り出せばいのね?方法はわかってる。罪悪感なのね』というももに、市松は『すまない』と言う。『いいのよ、それが私の宿命なんでしょう?』『お前の母親が望んだ』ももの涙は止まらなくなった。

その頃、ななはたくさんの弟子を前にし、ななが家元になるのを後押ししてくれる人たちだとルリ子から説明を受けた。怖気付くななにルリ子は『お母様はもう覚悟を決めたの』と告げる。弟子たちは一斉に『なな様を次のお家元に!』と言い、頭を下げた。

ももの前に拓真が現れた。真由美のもとへ帰るよう、諭すももに、拓真は声を荒げる。『嫌だ!あの女は僕をはめたんだぞ!あんな女のとこにが帰らない!離婚する。僕を愛して欲しい』拓真はももを抱きしめ、ももは苦悩の表情を浮かべながらも、拓真の背中に手を回すのだった。

翌朝、直人が目を覚ますと、台所でももが朝食の用意をしていた。直人は、ご機嫌なももの様子をみて、母・節子の『朝に上機嫌な女なんて前の晩、亭主に抱かれたしかないねえ。そうじゃないなら、普通にしてたらばれそうだから、ごまかしてるのよ。嘘と裏切りを』という言葉を思い出した。

朝食を食べながら、結婚の話もしないうちに月島の家に連れて行ったことを、ももは謝罪した。『どうしてなんでも合わせてくれるの?スピード早すぎて、実感ないから?』と直人に尋ねるもも。

直人は確かに現実感はないと答え、『景気が良かった頃のばあちゃんから父さん、父さんから母さん、母さんから俺』と言いながら、風間家に代々受け継がれた婚約指輪を差し出した。アクアマリンの指輪を見たももは大喜びし、しかし、ほんの少しとまどいを隠すような表情を浮かべ、指輪を自分の指にはめると光にかざしたのだった。

第5話おわり

 

「高嶺の花」第5話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

『高嶺の花』第5話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、第5話の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • GYAOの見逃し配信で見る
  • TVerの見逃し配信で見る
  • Huluのお試し期間で見る
  • U-NEXTのお試し期間で見る
  • dTVのお試し期間で見る
  • auビデオパスのお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信

まずは、『高嶺の花』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、『高嶺の花』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

『高嶺の花』第5話を公式で無料視聴できるのは、2018年8月15日22:59までとなっています。

 

無料動画GYAO!

無料動画配信で有名な、無料動画GYAO!でも『高嶺の花』の見逃し配信が行われています。

こちらも、『高嶺の花』の配信は最新話に限られており、
毎週土曜10:00~毎週金曜21:59までとなっています。

公式より59分だけ長く配信されていますので、ギリギリで思い出した方や第4話と第5話を続けて視聴したい方は、こちらを利用してみても良いですね。

無料動画GYAO!での『高嶺の花』の見逃し配信は、コチラから。

 

TVer

無料動画配信で有名な、主に民法のTV番組を扱うTVerでも『高嶺の花』の見逃し配信が行われています。

こちらも、『高嶺の花』の配信は最新話に限られており、

毎週土曜10:00~毎週日曜22:29までとなっています。

無料動画TVerでの『高嶺の花』の見逃し配信は、コチラから。

 

Hulu

Huluは、現在14日間無料キャンペーンを実施中なので、高画質で無料動画に見られるスパイウェアや著作権侵害の問題に心配することなく安全にドラマ『高嶺の花』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

人気ドラマや最近のドラマでは

奥様は、取り扱い注意

先に生まれただけの僕

今からあなたを脅迫します

ブラックリベンジ

過保護のカホコ

ウチの夫は仕事ができない

脳にスマホが埋められた!

などが見放題で配信されています。(2017年10月末現在)

その他にも過去に日本テレビ系列で放送されたドラマや海外のドラマや映画、アニメなど追加料金発生することなくかなりの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

 

dTV

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

もともとは、docomoユーザーのためのサービスでしたが、2014年4月からは誰でも契約できるようになっています。

月額500円と見放題サービスの中で圧倒的な安さを誇り、動画数も12万本と充実しているのが魅力です。

dTVには、31日間の無料お試し期間があり、期間内に解約した場合、一切料金がかかりません。

 

auビデオパス

auビデオパスは、auユーザーが利用できるau公式動画配信サービスです。

利用できるのがauユーザーに限られますが、見放題プランは月額562円(税抜き)で、毎月、新作が観られるコイン(540円相当)が貰えるお得なサービスになっています。

auビデオパスでは、初回加入時は30日間無料となります。

つまり、加入して30日以内で退会した場合、料金は一切必要ありません。

『高嶺の花』は、第1話から最新話まで、見放題配信されていますので、30日間の無料期間中に視聴すれば、第5話の見逃し配信を無料で視聴できるということです。

auユーザーの方には、断然おススメの無料視聴方法です。

 

U-NEXT

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

『高嶺の花』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を見ることができます。

お試し登録期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

『高嶺の花』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、第5話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

「高嶺の花」第5話ネタバレ感想とあらすじまとめ

 

2018年7月、日本テレビ系列水曜22時のドラマは、石原さとみさん主演の『高嶺の花』です。

野島伸司さんの脚本で送る、怒涛の純愛エンターテインメントです。

ベテラン俳優から、人気俳優、期待の新人まで、キャストのみなさんも魅力的な方々が揃い、ますます注目が集まっています!

そんな、ドラマ「高嶺の花」のあらすじやネタバレ展開を各話毎に追っていきますので、ぜひご期待ください。

 

スポンサーリンク

ドラマ『高嶺の花』見逃し動画を無料で見る方法

Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録

Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※Huluは14日以内に解約すればお金