特捜9の第4話(第3話)のネタバレ感想やあらすじの紹介

2018年4月期のテレビ朝日の水曜21時枠は、井ノ原快彦主演の「特捜9」が放映されます。

「特捜9」の前身シリーズは、12シリーズ続いた渡瀬恒彦主演の「警視庁捜査一課9係」でした。

渡瀬の死去により、井ノ原が主演に昇格し、「警視庁捜査一課特別捜査班」として9係のメンバーが帰ってきます。

こちらの記事では、『特捜9』の第3話や次回第4話のあらすじやネタバレ、感想をご紹介します!

スポンサーリンク

動画共有サイトで「特捜9」を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、『特捜9』の初回(第1話)から最終話(第12話)がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して無料視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスの無料期間を利用してくださいね。

 

「特捜9」をみるならU-NEXTで無料視聴

 

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

『特捜9』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を今すぐ見ることができます。

無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ(2017)
  • コウノドリ2期(2017)
  • 陸王
  • アンナチュラル
  • わろてんか
  • ホリデイラブ
  • 科捜研の女17シーズン
  • 奥様は、取扱い注意

など見放題ではないですが国内ドラマの種類が一番豊富で多数配信されています。(2018年3月末現在)

 

 

 

「特捜9」第3話のあらすじや感想

 

第3話あらすじ

 自然と共生する設計で人気の建築家・森田亜紀子(冨樫真)の刺殺体が仕事部屋で発見された。第一発見者でアシスタントの北原里香(長尾純子)によると、亜紀子はとある町の設計コンペに参加しており、その設計模型が、何者かによって破壊されていた。コンペには近未来的なデザインで有名な建築家・大屋源治(下條アトム)も参加していた事が判明する。

 青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)はその建築家・大屋の自宅へ。志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は、コンペを持ちかけた不動産会社の担当・中岡孝(中野剛)、江波太門(伊嵜充則)の元へ聞き込みに向かう。

 一方の直樹(井ノ原快彦)は、真澄(原沙知絵)から、被害者は傷口の形状から工作用のカッターナイフで刺された可能性が高いと聞く。

 そんな中、大屋の靴が現場に残された足跡と一致!直樹らは住居侵入の容疑で大屋家の家宅捜索を行う。その様子を心配そうに見守る大屋の妻・千鶴(洞口依子)の動きが不審である事に新藤(山田裕貴)が気付き、単独で尾行を開始するが、そこで意外な事実が判明し―。

 更に、今回のコンペはデキレースだったという話しを聞いた志保らは、関係者を洗い直し、新たな事実に辿り着くが…。

 

第3話に対する期待の声

 

 

 

 

 

第3話感想

ネットにあがっている第3話の感想の声をひろってみました。

 

 

 

 

 

 

 

第3話ネタバレ

建築設計士の森田亜紀子が殺害されます。凶器は、犯人が持ち去ったと見られました。

窓の外には、26cmのスニーカーの足跡があり、室内では設計模型が壊されていました。設計模型は、第一発見者でもあるアシスタントの北原が前日帰った時には完成していました。

クリエイトレジデンスが開発する四十雀町に作られる保育園の建物のコンペに参加するための模型で、コンペの相手は著名な建築家・大屋源治でした。

クリエイトレジデンスを訪ねた小宮山と村瀬は、中岡孝と江波太門に会います。

留守番をしている娘とオンラインのオセロで対戦しているという宗方を見て、以前会った琴美が宗方を父親ではない、と言ったことが気になっていました。

アシスタントの北原によると、模型作りに使っていたペーパーナイフがなくなっており、これが凶器と思われました。また、壊れた模型からは、部分指紋しか検出されません。

大屋のスニーカーが、現場にあった足跡と一致し、大屋は森田宅への住居侵入容疑で連行されます。家宅捜索中、新藤は大屋の妻・千鶴がエプロンのポケットで何かを触っていることに気づきます。浅輪も、千鶴の様子がおかしいことに気づきますが、凶器らしいものは発見できません。

小宮山と村瀬は、森田が死んだのに、中岡が、設計図が完成していることを知っていたのを不審に思いますが、中岡は、先週会った時にあとは模型を完成させるだけだと言っていたのだと答えます。

江波がコンペではないと言い出します。実は、最初から森田に決まっていたというのですが、そのことを、大屋は知りませんでした。

村瀬と小宮山は、出来レースだと気づいた大屋が、森田を殺害したのではないかと考えます。

千鶴のポケットにはコインロッカーのカギがありました。千鶴をつけた新藤は、コインロッカーからペーパーナイフを取り出すのを見ます。

ペーパーナイフが、凶器と断定されます。千鶴は、事件の夜のことが思い出せないのだと言いますが、防犯カメラにも、コインロッカーに凶器を隠す千鶴が写っていました。

しかし森田のペーパーナイフであるにもかかわらず、千鶴の指紋しか発見されません。

近所での聞き込みで、千鶴が五歳であることが分かります。大屋と千鶴は、30年前知り合ったのですが、その頃大屋は結婚しており、太門と言う息子もいたのでした。

村瀬は、江波が太門と言う名前であることに気づきます。

浅輪が江波に、なぜ大屋の息子であることを隠していたのかと尋ねると、別に隠してはいない、と答えます。小学生の時、母が理不尽な理由で追い出されたことを知り、二十歳の時に母方の江波と言う姓に変えたと言います。

千鶴は、江波のことを自分の子供ではない、ちっとも可愛くなかった、と言います。

小宮山と村瀬は北原から、四十雀町から届いた「ご依頼の写真在中」と書かれた封筒を渡されますが、写真はありませんでした。

宗方は浅輪に、一緒にいるうちに他人同士でも愛情が芽生えるんだ、と言います。実の子供じゃなくても、可愛いと思える瞬間が必ずある、というのです。

一方、復元された模型からは、身元不明の第三者の指紋が発見されていました。大屋が模型を壊した後に、模型に触れた人間がいるということでした。

森田が取り寄せた写真は保育園の建設予定地のもので、宗方は、アジサイの花の色から土壌がアルカリ性であることに気づきます。小宮山は、江波が土壌調査の結果を受け取っていたことを思い出します。

江波は、森谷に、保育園の建設予定地の土壌を弱酸性、汚染物質ナシと偽っていたのでした。

大屋は、森田と勝負しても勝てないのが分かっていて、締め切りに間に合わないよう模型を壊したのでした。大屋が立ち去った後、江波がやってきました。大屋の後をつけていた千鶴は、江波が訪ねてきたのを見ていました。

四十雀町の人にもクリエイトレジデンスに開発を任せるのはやめた方がいいと言う、と言われた江波は、森田を殺してしまったのでした。

千鶴は、江波が捨てた凶器を拾って、コインロッカーに隠したのです。新藤が見張っているのに気付き、警察の目を自分に向けさせようと、ロッカーの凶器を取り出したのでした。

千鶴が、自分の身代わりになろうとしていたことを知らされた江波は、お弁当の歌は母ではなく千鶴が教えてくれた、と涙を流すのでした。

 

「特捜9」第4話のあらすじや感想

 

第4話あらすじ

 フリーライター・三好加奈子(松岡由美)の自宅床下から白骨遺体が見つかり、直樹(井ノ原快彦)らは現場に駆けつけた。加奈子は自宅を改装中で、遺体を発見したのはリフォーム工事を請け負っていた業者・村田肇(伊東孝明)たちだった。鑑識課の猪狩(伊東四朗)によると、遺体は男性で、死後5年以上が経過しているという。

 加奈子は母を1年前に亡くし、父はグループホームに入居中で、現在ひとり暮らし。そんな加奈子の父・泰三(小松政夫)の名を聞いて、猪狩は驚く。なんと泰三は猪狩とかつて同じ所轄署にいた、元警視庁交通機動隊の副隊長だったのだ。

 直樹は猪狩と共にグループホームで暮らす泰三を訪ねるが、泰三は認知症を患っており、猪狩のことを思い出せないばかりか、亡き妻の幻影に話しかけていた。ところが、リフォーム工事中に白骨遺体が見つかったことを知らせるとなぜか突然、リフォームだけはダメだと激しく取り乱す。

 監察医・真澄(原沙知絵)の鑑定の結果、白骨遺体の死因は撲殺と判明。志保(羽田美智子)、村瀬(津田寛治)、青柳(吹越満)、矢沢(田口浩正)は遺体とともに見つかった遺留品から身元を探るべく捜査を進める。

 そんな中、加奈子の家には7年前、シロアリ駆除業者が入ったことが判明。直樹や新藤(山田裕貴)がその駆除業者を当たったところ、意外な事実が浮かび上がる…!

 その矢先、泰三が突然、猪狩を呼び出した。先日と違ってしっかりとした様子の泰三は一時的に記憶を取り戻したのか、猪狩と宗方班長(寺尾聰)の前で、「自分がやった」と殺人を告白するのだが…!?

 

第4話に対する期待の声

 

 

 

 

第4話感想

ネットにあがっている第4話の感想の声をひろってみました。

 

 

 

 

 

第4話ネタバレ

リフォーム工事をしていた三好家の床下で白骨死体が発見されました。猪狩によると、死後5年は経っているということでした。死体は男性と見られましたが、DNAは採取できません。腕時計やベルトのバックルなどと蝋が一緒に見つかっていました。

三好家では、昨年母親・節子が亡くなり、父親の泰三はグループホームに入っていて、今は加奈子が1人で暮らしています。加奈子は、泰三が家を売ることに反対するので、内緒で和室を仕事場にリフォームしようとしていたのでした。

泰三は、猪狩と若いころ同じ所轄にいた元警察官でした。三好は交通整理などをやらせるとピカイチで、退職後は交通安全センターで講習をしていたというのです。

しかし、三好はレビー小体型認知症で、床下から白骨死体が出てきたことを告げると、「リフォームはだめだと言ったじゃないか」と興奮します。

リフォーム業者の村田は、床下に入ったのは10年前節子が倒れたときに、段差をなくす工事をしたのが最後だったと言い、7、8年前にシロアリ駆除をしたと聞いていると言いました。

シロアリ駆除が入ったのは、領収書から2011年の3月と判明し、シロアリ駆除業者を当り、残されていたものから身元を探ることになります。

残されたものには、天井や床下でしか使えない盗聴器の部品がありました。

領収書が業者のものではないことが判明します。

改めて三好家の床下を調べた結果、シロアリが巣を作っていた形跡もシロアリ駆除をした形跡もなく、宗方が、シロアリ詐欺だと言います。

シロアリ詐欺の前科者の写真を見せられた加奈子は、中原通という男がそうだと言います。

中原の仲間であり、秋葉原の無線専門店の常連でもあった野村堅太に事情聴取をすると、中原は、弱みを見つけたらとことんえぐる男だと証言します。三好家のことは、カモが見つかったと言っていた中原でしたが、すぐに出入りの大工に見つかったと言っていたのです。

中原は、加奈子の恋人でしたが、騙されていたのでした。加奈子は、荷物をまとめて家を出ましたが、中原は現れませんでした。

遺体は、中原に間違いないと思われました。

中原の悪事に気づいた出入りの大工は村田でした。

浅輪は、三好に節子からの手紙を見せてほしいと言いますが、三好は、手紙を食べてしまおうとします。何とか確保できた手紙には、「家のリフォームは絶対しない」と書かれていました。

三好と節子の共犯を疑われますが、節子は脳梗塞で倒れたときに背骨を傷め、1人で立つこともできなくなっていて、犯行は不可能でした。

宗方は、一時的に記憶の戻った三好が、自分がやったと告白したと言います。

事件が起きた2011年3月には、電力不足で誰もが懐中電灯を買っていましたが、品薄で蝋燭を使った人も多かったのです。

計画停電は、3月16日の夜に行われていました。計画停電では信号もつかないため、退職した警官も召集して交通整理をしており、三好にはアリバイがあったのです。つまり、あの夜三好家にいたのは、病気の節子だけということになります。

宗方が第三の人物がいたんだ、と節子からのはがきを持ってきました。三好と将棋仲間だった宗方に対局に来てほしいという一文が入っていました。

宗方は、対局の「対」と手紙の絶対の「対」を比べると何かおかしいので、猪狩に見てほしいと言い、猪狩は、手紙を再鑑定することにします。

浅輪達は、グループホームの三好担当の職員・対馬遥香に会いに行きます。手紙の最後の一文は、何者かが書き加えたものであり、介護記録の「対」という字と手紙の「対」という字がそっくりだったのです。

中原を殺して三好家の床下に埋めたのは、遥香でした。

中原と付き合っていた遥香は、脅されて逃げるように上京し、働きながら介護福祉士の資格を取り、訪問介護の仕事で再出発したところで、三好家で中原に再会してしまったのです。

中原が加奈子を呼び出し、中原に脅された遥香は鍵を開け、節子に睡眠薬を飲ませておいたのです。遥香は、無線機を回収するために床下に潜った中原を殺してしまったのでした。

三好は、遥香が付け加えた一文のために、自分がやったのだと思い込んでいたのでした。

 

スポンサーリンク

「特捜9」第4話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

『特捜9』第4話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、『特捜9』の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • Tverの見逃し配信で見る
  • U-NEXTのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信や無料動画GYAO!

 

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

テレビ朝日オンデマンド 動画はコチラ
Tver 動画はコチラ

 

まずは、ドラマ『特捜9』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、ドラマ『特捜9』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

 

TVer

無料動画配信で有名な、主に民法のTV番組を扱うTVerでも『特捜9』の見逃し配信が行われています。

こちらも、『特捜9』の配信は最新話に限られております。

無料動画TVerでの『特捜9』の見逃し配信は、コチラから。

 

U-NEXT

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

『特捜9』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を今すぐ見ることができます。

無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ(2017)
  • コウノドリ2期(2017)
  • 陸王
  • アンナチュラル
  • わろてんか
  • ホリデイラブ
  • 科捜研の女17シーズン
  • 奥様は、取扱い注意

など見放題ではないですが国内ドラマの種類が一番豊富で多数配信されています。(2018年3月末現在)

 

「特捜9」第4話(第3話)のネタバレ感想やあらすじ紹介のまとめ

主演の渡瀬恒彦を喪い、惜しまれつつも終了した「警視庁捜査一課9係」が、テイストはそのままに「特捜9」として帰ってきます。

井ノ原快彦が主演に昇格し、新たな班長には寺尾聰、新人として山田裕貴という新たなキャストが加わります。

元9係のメンバーと新しいメンバーとが、どのように絡んでいくのか、今後も楽しみですね。

本記事では、『特捜9』の第4話のネタバレ感想やあらすじをご紹介しました。

スポンサーリンク

『特捜9』見逃し動画を無料で今すぐ見る方法その2
  1. U-NEXTの31日間キャンペーンに登録
  2. 登録時に600ポイントもらえるので、それを利用してお試し視聴