アンナチュラル動画を無料視聴!PandoraとDailymotionも【石原さとみ主演ドラマ】

2018年1月期冬のTBS金曜日のドラマは、『アンナチュラル』が帰ってきます。

日本に約170人しかいない”法医解剖医”という馴染みのない職業の主人公が、個性的な同僚たちと共に『不自然な死』(アンナチュラル・デス)の解明に挑みます。

そんなドラマ『アンナチュラル』ですが、「忙しくて見逃した!」とか「録画予約を忘れてた!」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ドラマ『アンナチュラル』初回(第1話)から最終話までの動画を見逃し配信で無料視聴する方法について調べてみました。

スポンサーリンク

動画共有サイトで「アンナチュラル」を初回(第1話)から最終話を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、『アンナチュラル』の初回(第1話)から最終話がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して無料視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスの無料期間を利用してくださいね。

 

「アンナチュラル」のあらすじや展開と期待の声

 

「アンナチュラル」のあらすじ

主人公・ミコトの職業は、死因究明のスペシャリストである、“法医解剖医”。日本では約170名しか登録がない。

彼女が許せないことは、「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を放置すること。不自然な死の裏側には、必ず突き止めるべき真実がある。偽装殺人・医療ミス・未知の症例…。しかし日本においては、不自然死のほとんどは解剖されることなく荼毘に付されている。その現実に、彼女は個性豊かなメンバーと共に立ち向かうことになる。

新設された「不自然死究明研究所(UDIラボ)」には、死因究明専門のスペシャリストが集まる。彼らは、「死因」を見つけることによって、今を生きる人々の命を救ったり、社会制度を変えることで未来の危機を回避し、少しでもより良い世界に変えていけたら…と連日UDIラボに運び込まれる死体に向かいメスを握る。

彼らは一見、特殊な世界に身をおく人々だが、普通の人と変わらない日常を持っている。恋に悩み、家族関係に苦しみ、合コンにも行けば、おいしい食事も食べる。時にケンカをし、友情を育む。感情を抑えて仕事をしようと思いながらも、遺族に共鳴し涙してしまうこともある…。そんな天才でも変人でもない、普通の人々である彼らの姿を丁寧に描いていく。

“法医解剖医”聞いたこともない方もいらっしゃるのではないでしょうか。馴染みのない職業のうえに、死因究明のスペシャリストとなると、俄然ドラマの内容が楽しみになりますね。

そして、そんな難しい職業の人々の”普通の日常”の悩みや喜びも描かれるのなら、期待度増し増しです。ドラマのはじまりが待ち遠しい!

 

「アンナチュラル」に対する反応や期待の声

石原さとみさん主演で話題の「アンナチュラル」。ネットにもたくさんの期待の声があがっていました。

ユーザーの声はーーー。

ファン心をくすぐるキャスティングに期待が高まっているようです。

 

 

様々な役を演じてきた石原さとみ主演ということで、楽しみにしている方が多いですね。

 

『デスノート』の親子役で共演した二人の再共演も楽しみです。

 

こちらの二人の再共演も楽しみにされている方が多いですね。

 

 

超特急の小笠原海のドラマ初出演に、ファンの方は喜びを隠せないようです。

 

「アンナチュラル」第1話あらすじや感想

 

第1話のあらすじ

法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)=通称UDIラボでは、東京都23区外、西武蔵野市を中心に、全国津々浦々で発見された異状死体や犯罪死体を引き受けている。警察や自治体から依頼されて運ばれてくる遺体は年間約400体。その遺体を解剖し、死因を究明するのが、ミコトたちUDIラボの仕事だ。

UDIラボには、三澄班と中堂班の2チームが存在する。三澄班は執刀医のミコト、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、記録員の久部六郎(窪田正孝)。中堂班は法医解剖医の中堂系(井浦新)、臨床検査技師の坂本誠(飯尾和樹)。そして、それらの個性的なメンバーを束ねるのが所長の神倉保夫(松重豊)だ。

そんなある日、中年夫婦がUDIを訪ねてきた。一人暮らしで突然死した息子・高野島渡の死因に納得がいかないという。警察医の見立ては「虚血性心疾患」(心不全)。しかし息子は、まだまだ若く、山登りが趣味だというぐらい身体も丈夫で元気だった。心不全という死因は、素人目にも、あまりにも不自然だ。なにか、ほかの原因があるのではないか。夫婦はもっときちんと死因を調べてくれるようにと警察に頼んだが、事件性も不審な点もないと、剣もほろろに断られてしまった、という。

ミコトたちは、さっそく、解剖に取り掛かった。すると心臓にはなんの異状もなく、代わりに、急性腎不全の症状が見つかる。
ミコトたちは、薬毒物死を疑い、詳細な検査にかけるが、死因となった毒物が何かがどうしても特定できない。

そんな折、高野島と一緒に仕事をしていた若い女性同僚が、高野島が亡くなった翌日に、原因不明の突然死を遂げていたことが判明する。
死因を究明すべく高野島のアパートでミコト、六郎、東海林が調査をしていると、高野島の遺体の第一発見者でもある婚約者・馬場路子が現れる。
馬場の仕事は、なんと劇薬毒物製品の開発。
馬場が、もしまだ誰も知らない未知の毒物、すなわち「名前のない毒」を開発していたとしたら……。既存の毒物と比較検出するだけの、現在の毒物鑑定システムでは、「名前のない毒」を検出できない。すなわち、完全犯罪が成立する。

「高野島が死んだときの私のアリバイ?いいえ。一人で自宅にいたのでアリバイはありません」
悠然と微笑む馬場路子に、ミコトたちはどう立ち向かうのか?

初回(第1話)からあらすじだけでも引き込まれるストーリーですね。「名前のない毒」というタイトルもミステリアスです。

石原さとみさん演じる主人公ミコトがどのようにこの難しい事件を解決していくのか楽しみです。

 

第1話の感想

不自然な死の究明を誓う”三澄ミコト”ならではの名言です。

 

 

これまた”法医解剖医”ならではの名言ですね。すべての物質は分量次第で毒にも薬にもなる。

 

 

 

 

死亡原因が二転三転して、視聴者はハラハラです。

 

ほんと、なんででしょうか?観入ってしまいます。

 

仕事で恋人の家族との待ち合わせに遅れてしまうミコト。そのことがまさかの展開に…。

 

 

ラストまで一気に駆け抜けるようなスピード感と、思いもよらぬ展開で視聴者を引きつけて離さなかった「アンナチュラル」第1話。1話完結の作品なので、1時間の中に濃い内容が圧縮されています。

ドラマのキャッチコピー「不自然な死は許さない」を主人公ミコトがその行動で見事にみせてくれましたね。

今後の展開もとても楽しみです。

 

「アンナチュラル」の最終話(10話)のあらすじや感想

 

最終話(10話)あらすじ

中堂(井浦新)の恋人・夕希子(橋本真実)をはじめ、複数の女性を殺害した疑いのある高瀬(尾上寛之)が警察に出頭。
しかし、遺体損壊は認めたものの肝心の殺害については否定する。殺人を立証できる証拠もなく、ミコト(石原さとみ)たちは歯がゆさを感じながらも、高瀬を殺人罪で裁くため検証を続ける。

そんな中、六郎(窪田正孝)がUDIの情報を週刊誌にうっていたことがメンバーに知られ、UDIに崩壊の危機が訪れる…!赤い金魚殺人事件の全容がついに明かされる最終話!10分枠大スペシャル!

 

最終話(10話)の感想

ネットにあがっていた「アンナチュラル」最終回への感想をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

高瀬は自ら警察へ出頭しましたが、死体遺棄と損壊しか認めず、殺人は否定し続けます。そんなわけないのに!と、やきもきしました。

 

 

とうとう六郎と週刊ジャーナルのつながりがUDIメンバーにばれてしまいます。後悔し、深く反省する六郎と、信じていた東海林らメンバーのショックの様子は、本当に辛い場面でした。

 

 

高瀬を裁かないことが一番不条理だと言う中堂と、『不条理な死』を解明したい気持ちと、そのためとはいえ、法医解剖の結果を曲げることの狭間で悩むミコト。そんなミコトを励ます母・夏代の言葉はとても温かかった。

 

木林に驚きの依頼をする中堂。誰かを葬ろうとしているとしか思えない発言に、ドキドキが止まりませんでした。

 

所長・神倉が素敵な対応を見せてくれました。ミコトの代わりに、真実のすべてが書かれた鑑定書を提出します。かっこよき!

 

 

中堂が追いつめたい相手は宍戸でした。彼が持っていた高瀬の犯行を裏付ける物を見つけるために。その方法がすごかった。この場面、息が止まっていたかもしれません。

 

 

中堂の恋人・夕希子の遺体が土葬されていることがわかり、高瀬の犯行の証拠を見つけるために解剖することになります。こんな解決への道が隠されていたとは!

 

ミコトは法廷で、法医解剖の結果を述べ、高瀬へある言葉を投げかけます。その言葉を聞いて、高瀬の表情が変わり、自供へつながっていきました。心から、よかったと思いました。

 

夕希子の父親は、ずっと中堂を犯人と思っていましたが、8年越しで真実が明らかになり、夕希子の亡くなる前の話と、「あなたは生きてください」という言葉をかけました。中堂の心の傷が癒えるきっかけになることを祈ってしまいますね。

 

ドラマ「アンナチュラル」は、最終回も驚きの仕掛けがいっぱいでしたね。犯人にしか見えない高瀬が自供せず、犯行の証拠を握る宍戸を、とんでもない方法で追いつめる中堂。そして、夕希子の死の真相を、夕希子の遺体から発見できるという展開。いったい誰が想像できるでしょうか。

裏切りがばれた六郎のとった行動は、思わず頷きながら「許す」と言ってしまうものだったし、宍戸を殺してしまいそうな中堂をミコトが必死になってとめる場面では感動ももらえましたね。

『赤い金魚』事件のすべてが明かされた最終回で、中堂の気持ちが軽くなるところと、六郎と坂本を再度迎えた、元どおりのUDIラボが見られ、めでたしという気持ちでフィニッシュを迎えることができました。

現実でも、日々、不自然な遺体と向き合っている法医解剖の世界を垣間見せてもらえたドラマ「アンナチュラル」、是非とも続編につながって欲しいものです。

 

スポンサーリンク

「アンナチュラル」初回(第1話)から最終話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

『アンナチュラル』初回(第1話)から最終話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、『アンナチュラル』の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • GYAOの見逃し配信で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る
  • dTVのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信や無料動画GYAO!

 

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

TBSオンデマンド 動画はコチラ
TVer 動画はコチラ

 

まずは、『アンナチュラル』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、『アンナチュラル』の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

 

TVer

無料動画配信で有名な、主に民法のTV番組を扱うTVerでも『アンナチュラル』の見逃し配信が行われています。

こちらも、『アンナチュラル』の配信は最新話に限られております。

無料動画TVerでの『アンナチュラル』の見逃し配信は、コチラから。

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

『アンナチュラル』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、第1話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

dTV

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

もともとは、docomoユーザーのためのサービスでしたが、2014年4月からは誰でも契約できるようになっています。

月額500円と見放題サービスの中で圧倒的な安さを誇り、動画数も12万本と充実しているのが魅力です。

dTVには、31日間の無料お試し期間があり、期間内に解約した場合、一切料金がかかりません。

 

「アンナチュラル」初回(第1話)から最終回の動画を無料視聴する方法まとめ

 

『アンナチュラル』の動画を初回(第1話)から最終回まで配信しているサービスは、複数あります。

次回放映までにキャッチアップするためなら、公式や無料動画GYAO!でご覧になるのがおススメです。

公式や無料動画GYAO!での最新話配信が終わった後に視聴したい場合は、動画配信サービスの無料お試し期間の利用をおススメします。

安心して無料視聴できるサービスを利用して、『アンナチュラル』を楽しんでくださいね。

 

スポンサーリンク