アンナチュラル第3話(2話)ネタバレ感想とあらすじの紹介

2018年1月期の金曜ドラマは、石原さとみさん主演の『アンナチュラル』です。

昨年一大ブームとなったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子とタッグを組み、オリジナル脚本でTBS連ドラ初主演作に挑みます。

日本に約170名しかいない“法医解剖医”という馴染みのない職業の主人公が、個性的な同僚たちと共に、『不自然な死』(アンナチュラル・デス)の解明に挑みます。

こちらの記事では2018年1月12日から放映される『アンナチュラル』の第2話と第3話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトで「アンナチュラル」を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、「アンナチュラル」初回(第1話)から最終回がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して無料視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスの無料期間を利用してくださいね。

 

「アンナチュラル」の第2話あらすじや感想とネタバレ

 

第2話あらすじ

ミコト(石原さとみ)らUDIメンバーは警察の依頼により、集団練炭自殺の現場に出向く。
そこには4人の遺体があり、刑事の毛利(大倉孝二)は事件性がないと主張するが、ミコトは解剖することを決める。
解剖の結果、3人は一酸化炭素中毒で自殺と断定された。ところが、ひとりの少女の死因は“凍死”であることが判明。さらにその少女の胃の中から、解読不可能なダイイングメッセージが発見される。間違いなく事件であると確信したミコト、六郎(窪田正孝)らUDIメンバーは、所長の神倉(松重豊)に止められながらも、身元不明の少女が残したメッセージの意味を必死で解読しようとする。そんな中、ある理由から突然ミコトは六郎を温泉に誘う。温泉地へと向かったミコトと六郎は、驚くべき事実を突き止める。
だが、そんな2人を絶対絶命のピンチが襲う!!
集団自殺に見せかけた事件の真相とは一体?

 

第2話の感想とネタバレ

 

第2話の感想

ネットにあがっている第2話の感想の声をひろってみました。

第2話は無理心中に見せかけた殺人事件です。解剖した遺体の胃から”ユキオトコ…”のメモが。

 

本格ミステリー的なストーリーの中で、ミコトに想いを寄せていそうな素振りをみると癒されます。

 

 

ミコトが六郎を温泉に誘います。残念ながらデートではありませんでした。

 

第1話でも登場したミコトと六郎のバイクの二人乗りシーン。ほんと、うらやましい!

 

 

 

犯人は本気で二人を葬ろうとしてきました。ギリギリの状態で中堂に助けを求めます。助かるとおもっていても、ドキドキでした。

 

ミコトの凄惨な過去が少しずつ出てきました。その過去を背負っているからこそ、死を意識する時でも冷静でいられたのでしょうか。

 

第2話も、最初から目の離せない展開でしたね。ミステリーの要素は強いものの、犯人探しや犯人像にスポットを当てずに、あくまでも法医学の観点からドラマがつくられているところに脚本家の力量を感じました。

最後のさいごで六郎が出版社からの回し者であることがわかります。1話完結のドラマですが、メイン出演陣の問題発覚は楽しみ度があがりますね。一週間後が待ち遠しい!

 

第2話のネタバレ

三澄ミコトは東海林夕子、久部六郎と現場へ向かいながら。恋人・関谷聡史と別れた旨を夕子に明かす。夕子はガラケーをスマホに変え、連絡先を消せと笑う。

練炭を使った一家心中の現場に到着し、先に到着していた刑事、毛利忠治が状況を説明。ポストに練炭自殺をする旨をしたためた遺書があったが、調べにより、亡くなったのは家族ではないことがわかり、解剖する事となる。

亡くなっていた4人は自殺の直前、自殺サイトにアクセスしており、サイト内で知り合った関係であることが推測された。3人の死因は一酸化中毒だったが、1人だけ身元の分からない少女の死因が凍死だと判明。少女の毛髪には塩が付着していた。ミコトは少女の胃から『ユキオトコノイ タスケテ花』と書かれたダイイングメッセージと思われるメモが見つかり、少女を花と呼ぶことになる。

練炭に詳しいミコトは、以前^_^練炭に関する論文を書いていた。六郎が調べた結果、その論文に書かれていたのは、ミコト自身の家族が起こした練炭自殺に関するものだった。とある病院の院長である父親が練炭自殺を企て、両親と弟が死亡。ミコトだけが隣の部屋にいたため助かったという内容だった。

ミコトは母、三澄夏代としゃぶしゃぶ店を訪れ彼氏と別れた旨を報告した。会話の中で「私も三澄の家で暮らせて良かった」というミコト。三澄は育ての親だったのだ。

不自然死究明研究所で、花が残したメッセージの解読を進めるなか、家出少女だった花の捜索願を出していた両親が見つかった。研究所を訪れた両親は、遺体を一目見るなり、『娘じゃありません』と言う。

現状では、亡くなったうちのひとりが冷凍倉庫で花を凍死させたのちに、他2人と自殺を企てたとみられていた。しかし、ミコトは現場の一酸化濃度が極端に低かったことから、3人が自殺をした後に、何者かが花の遺体を現場に運び込んだと予想する。

毛利は花が勤めていたガールズバーを訪れ、『死んでも誰も気づかない』とノートに綴っていたことがわかる。また、寝泊まりしていたらしいネットカフェの利用者名簿には、「三毛猫」と偽名と思われる名前が記されていた。

花の死は自殺と処理されつつあったが、納得がいかないミコトは『生きてた時も助けられずに、死んでからも見なかったことにするんですか?』と所長に訴える。

そんなある日、ミコトは突然六郎を温泉へと誘う。ミコトは足湯につかりながら、花の毛髪に付着していた塩の成分がここの温泉の成分に近いことがわかったこと、胃の内容物であった鹿肉がここの温泉の名物であることを明かす。2人は花が食べたと思われる鹿肉おにぎりを突き止める。また、ここから2キロ先に冷凍倉庫があることがわかった。

ミコトは冷凍倉庫に到着したが、警備の面から考えて、この倉庫で誰にも見つからないよう、花を凍死させ、遺体を運び出すことは不可能と思われた。『さっきの道戻って』というミコト。

道すがら、ミコトは冷凍保存トラックが停まっていたのを見逃さなかった。トラックの内部には拘束に使用したと思われる結束バンドが・・・

また花が残したメモ『タスケテ花』の先のメッセージと思われる『イル』と書かれたメモが見つかった。メッセージは、『タスケテ、花イル』と読み取れるようになり、ミコトたちは花は凍死した少女ではなく、監禁されているもう1人の少女であることに気づいた。凍死した少女は、監禁されている花の存在を外部に知らせようとしたらしい。

その時、突然トラックの荷台のドアが閉められた。冷凍のスイッチが入れられ、トラックが走り出した。

その頃、毛利たちは最近閉鎖された自殺サイトの管理人の男を訪ねていた。男は、雪と名乗るやばいネカマ(女性を騙る男性)が自殺志願者の女性を漁っていたことが理由だと言う。

『ユキオトコノイ タスケテ花』の意味は『雪(男)の家、タスケテ花イル』だったのだ。

ミコトの電話が中堂系につながり、助けを求めていると、犯人はミコトと六郎を乗せたトラックを池に転落させ、電話は切れた。

水没したトラックの中で、『論文の女の子はどうして助かったんですか?』と六郎が尋ねると、ミコトは母親が練炭を炊くのを手伝わされ、ラムネだと言って睡眠薬を飲まされたが、女の子(ミコト)は睡眠薬がまずかったため吐き出して、ひとりだけ助かることになったことを明かす。

水かさが増してくる車中で、『巻き込んでごめんね』とミコトはいい、お詫びに明日美味しいものをご馳走すると約束する。その時、荷台を叩く音が聞こえた。

ミコトたちは無事救助され、犯人の男は捕まった。救出された花は三毛とはネットで知り合い、そこに雪が入り込んできて、2人とも監禁されてしまったと明かす。

『行こう!肉!』先に歩き出したミコトと夕子。六郎の携帯に六郎の知り合い末次康介から電話がかかる。今話せないと電話を切る六郎。

週刊誌の編集部にいる末次が、六郎に電話を一方的に切られ、『ツレないよ〜久部ちゃん!』と呟くと、フリー記者・宍戸理一が『あ〜UDIのネズミか』とほくそ笑む。

 

「アンナチュラル」の第3話あらすじや感想とネタバレ

 

第3話あらすじ

ミコト(石原さとみ)は半年前に発生した“主婦ブロガー殺人事件”の裁判に、代理証人として出廷することになる。被告は被害者の夫の要一(温水洋一)。殺害の動機は、妻からの精神的DVによるものだと罪を認めていた。しかし裁判で証拠として提出された包丁が本当の凶器ではないことに気づいたミコトは、凶器の矛盾を指摘。それを聞いた被告の要一も、一転して無実を主張する。
裁判は大混乱になり、検事の烏田(吹越満)はミコトに激怒。検察を敵に回すと警察庁からUDIへの補助金にも影響があるのではと所長の神倉(松重豊)が心配する中、ミコトは事件の真実を明らかにするため再び法廷に立つことを決意する。白いものをも黒くするという異名をとる有罪率99.9%のやり手検事とミコトの法廷バトルが始まる!

 

第3話の反応や期待の声

ネットにあがっている第 3話への期待の声をひろってみました。

 

 

明日早起きでも観たくなるドラマです。

 

目を離したらドラマの早い展開についていけなくなってしまいます。六郎の秘密もほんの少しだけ見えてきました。

見続けるしかないドラマ「アンナチュラル」、第3話も楽しみですね。

 

第3話の感想とネタバレ

 

第3話の感想

ネットだけあがっている第 3話への声をひろってみました。

 

飯尾さん演じる坂本さんは、中堂の暴言で退職してました。しかもまさかの3日で。

 

 

女性軽視など、ひどい挑発にあうミコト。観ているこちらまでイライラしてしまいました。

 

坂本さんが中堂の暴言で退職したことで、訴訟を起こそうとしてました。暴言の内容、「クソ野朗」「クソが!」クソばかりで108個!

 

ムーミンがお気に入りなのは、じつは坂本さんです。

 

0.1%の勝率の裁判をひっくり返そうと、必死に証拠を探すミコトたち。見つかったかーと、思わず力が入りました。

 

 

女性軽視などで攻めてくる相手側の検事烏田に対抗するために、ラボメンバーみんなで協力することになります。天下り(笑)の所長も、暴言番長の中堂も。

 

ミコトのかわりに法廷に立つ中堂、期待を裏切らない態度の悪さでした。そしてミコトは中堂の代わりに坂本の元へ。

 

まさかの真犯人。誰だったかは、ネタバレ記事をご覧くださいね!

 

法廷での最後のシーンで、烏田検事と会話を交わしていました。中堂の過去についてのようでしたが、謎です。

第3話もスピード感のあるストーリー展開の面白さと、中堂の態度極悪にも負けない格好良さに釘付けになりました。

第4話はある家族の父親の事故の原因を究明していきますが、中堂の秘密も見えてくるようです。楽しみですね。

 

第3話のネタバレ

アンナチュラル第三話では、主婦ブロガーの殺人事件の検察側の代理証人としてミコト(石原さとみ)は裁判に出廷する。

事件の被告は被害者の夫の要一(温水洋一)。妻を殺めた罪で、被告として出廷。ミコトは検事の烏田(吹越満)との打ち合わせ通りに、事件の殺害方法が左利き用のセラミックの包丁であると証言するつもりだった。

しかしミコトは裁判中に傷跡の3D鑑定を見て、あることの不自然さに気づく。

検察からは刃物の傷跡は左利きの刃物によるものと思われていたが、ミコトは傷のつき方が右利き用の刃物によるものと気づき、一度は凶器は左利き用のセラミック包丁と証言したが、検察に不利になる状況であるに関わらず、すぐに、被害者の傷は右利き用の刃物によるものと訂正する。

ミコトは検察側として出廷していたのだが、証拠の間違いに気づいたことから、弁護側の立場になり、被告人の証人として協力することになる。

法廷では、検察側の解剖をしたベテラン解剖医(斉藤洋介)が、自分の鑑定には間違いがないと言う。ミコトとの経験数のちがいは圧倒的で、鑑定結果よりも、解剖医としての実績を全面に押し出す検事の烏田。女性の検察官としてのミコトに難癖をつけ挑発してきて、ミコトは挑発にのり、感情的になってしまう。

なんとかして、証拠の凶器の素材を知りたいミコトたちは、被害者のご遺体のホルマリン漬けから、凶器の成分がステンレスであることを割り出すことに成功する。

しかし被害者の要一(温水洋一)は女性に対する不信感から、ミコトの出廷を拒否し、自分がやったと言うとまで言い出す。それに対してミコトは、同じくUDIの同僚の中堂系(井浦新)に、中堂が関わっている坂本との裁判沙汰(坂本は中堂の暴言で3日で退職し、訴訟を起こそうとしていた)の回避をミコトが受け持つことの代わりに、中堂が出廷して、事件の証拠がセラミックの包丁ではないこと、そして真の証拠の素材がステンレスであることを証言するよう依頼した。

ミコトの代わりに出廷した中堂。口や態度の悪さは相変わらずだったが、事件の凶器が検察の提示したセラミックではなく、ステンレスの包丁であることを完璧に説明する。それでも食い下がってくる検事の烏田だったが、中堂の追い込みに感情的になってしまう。

裁判は弁護側(ミコト側)が勝利し、事件の犯人は被害者の弟で和食の料理人だということがわかる。

検事の烏田が裁判後、中堂に詰め寄り、「こんなところで会うとは思わなかった。逃げおおせると思うなよ!」という意味深な台詞を言い、去っていく。

スポンサーリンク

「アンナチュラル」第3話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

「アンナチュラル」第3話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、第3話の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • dTVのお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

TBSオンデマンド 動画はコチラ
GyaO! 動画はコチラ

 

まずは、「アンナチュラル」の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、「アンナチュラル」の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

「アンナチュラル」の第3話を公式で無料視聴できるのは、2018年2月2日21:59までとなっています。

 

無料動画GYAO!

無料動画配信で有名な、無料動画GYAO!でも「アンナチュラル」の見逃し配信が行われています。

こちらも、「アンナチュラル」の配信は最新話に限られており、
毎週土曜10:00~毎週金曜21:59までとなっています。

無料動画GYAO!での「アンナチュラル」の見逃し配信は、コチラから。

 

TVer

無料動画配信で有名な、主に民法のTV番組を扱うTVerでも『アンナチュラル』の見逃し配信が行われています。

こちらも、『アンナチュラル』の配信は最新話に限られております。

無料動画TVerでの『アンナチュラル』の見逃し配信は、コチラから。

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

『アンナチュラル』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、第5話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

dTV

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

もともとは、docomoユーザーのためのサービスでしたが、2014年4月からは誰でも契約できるようになっています。

月額500円と見放題サービスの中で圧倒的な安さを誇り、動画数も12万本と充実しているのが魅力です。

dTVには、31日間の無料お試し期間があり、期間内に解約した場合、一切料金がかかりません。

 

「アンナチュラル」の第3話ネタバレ感想とあらすじまとめ

 

「逃げるは恥だが役に立つ」「重版出来!」などヒット作の脚本家・野木亜紀子のオリジナル脚本ということなので、それだけでも楽しみなのですが、石原さとみさん、窪田正孝さんをはじめとする豪華なキャストが揃っていることにも、期待が高まるドラマですね。

日本で170名しかいない“法医解剖医”という馴染みのない職業の女性が主人公の、法医学ミステリーという設定も、いかにも新しいドラマという設定で魅力的です。

本記事では、「アンナチュラル」のあらすじ、ネタバレと感想を各話数ごとに詳細に最終回まで追いかけていきます。ぜひご期待ください。

スポンサーリンク