アンナチュラル第9話(8話)ネタバレ感想やあらすじの紹介

2018年1月期の金曜ドラマは、石原さとみさん主演の『アンナチュラル』です。

昨年一大ブームとなったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子とタッグを組み、オリジナル脚本でTBS連ドラ初主演作に挑みます。

日本に約170名しかいない“法医解剖医”という馴染みのない職業の主人公が、個性的な同僚たちと共に、『不自然な死』(アンナチュラル・デス)の解明に挑みます。

こちらの記事では2018年1月12日から放映される『アンナチュラル』の第8話と第9話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトで「アンナチュラル」を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、「アンナチュラル」初回(第1話)から最終回がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して無料視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスの無料期間を利用してくださいね。

 

「アンナチュラル」の第8話あらすじや感想とネタバレ

 

第8話あらすじ

雑居ビルで火災が発生し、UDIに10体もの焼死体が運ばれてくることに。遺体は黒く焼けこげていて、全員が身元不明の状態。ミコト(石原さとみ)、中堂(井浦新)らUDIメンバーは、ヘルプとして来た坂本(飯尾和樹)の手も借りながら次々と解剖を進めていくが、身元判明は困難を極める。

一方で、神倉(松重豊)は将棋の師匠として慕っているごみ屋敷の主人(ミッキー・カーチス)の元を訪ねていた。彼の妻は1年半前に亡くなりUDIで解剖されたが、今も死を受け入れられずにお骨の引き取りを拒否しているのだった…。
解剖の結果、ミコトは9番目の遺体が焼死する前に後頭部を殴られていた可能性があると指摘。腰にはロープで縛られていたような皮下出血も見つかり、単なる火災ではなく殺人を隠すための放火だったのか…?と疑念を抱く。
また火災現場で唯一助かった男がいることも判明。その男が入院していたのは、六郎(窪田正孝)の父・俊哉(伊武雅刀)が勤める病院だった。俊哉はUDIを訪ねてきて、男の病状を伝えるとともに、息子を解雇してほしいと申し出る…!!

 

第8話の感想とネタバレ

 

第8話の感想

ネットにあがっている第8話の感想の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

火事で亡くなった、10体というたくさんの遺体を解剖することになったUD Iラボに、あの男が助っ人に来ました。中堂への「クソ」連呼はおもしろかった!

 

火事で一人生き残った人を収容した病院の院長が、なんと六郎の父親でした。法医学を馬鹿にして、医者になれという父親に、この一言。

 

遺体解剖中の様子。コメディタッチもいいですね。

 

弁護士の仕事でUD Iラボを訪れていたミコト母。会う男、会う男に独身か確かめては、ミコトに勧めます。それには深い愛情が隠されていました。ほのぼのしました。

 

ご遺体を返すべきところに返すのも法医学の仕事…。「法医学」を軸にしたドラマならではの切り口で、東北の震災での問題点を盛り込んであり、考えさせられました。

 

ミコトに亡き恋人の事件の詳細を見せる中堂。

 

 

中堂が徐々に心を開き、このシーンではなんと、笑い声を聞くことができました。感動のツイートがたくさんありました。

 

自分のことを「ろくでなしの六郎」と話した六郎。でも、第8話を観て、六郎をろくでなしと思った人はいないと思います。

 

今回の事件のヒーローは、殺されてそれを隠すために放火されたと思われていた三郎さん。事実は全く違うもので…三郎の優しさ、家族への想い、感動でした。

 

 

父親に自分の意思をはっきり伝えたことで、勘当を言い渡された六郎。その直後のラボで、メンバーからのたくさんの「おかえり」の声。六郎でなくとも泣けます。

 

最後に出た、「赤い金魚」を持つ遺体。それを盗み撮りする宍戸。なぜ、事件現場を張っていることができたのでしょう。

 

第8話の題名『遥かなる我が家』には、さまざまな意味が込められていたようです。登場人物一人ひとりにとっての、『遥かなる我が家』がすべて第8話にはいっていて、あまりにドラマチックな内容に、よくぞ、一話に収めてくれたなと感動しました。

第8話は六郎と三郎が主役。第9話は、中堂のようです。「赤い金魚」の謎に迫る第9話、とても楽しみです。

 

第8話のネタバレ

所長の神倉保夫(松重豊)から頼まれ、ごみ屋敷の主人(ミッキー・カーチス)の家を訪ねた六郎。主人は神倉の将棋の先生で、UDIラボに保管されている主人の妻の遺骨を受け取り拒否しているのだと、神倉は六郎に語る。

その頃、火災で亡くなった10体の遺体がUDIラボに運び込まれ、助っ人を頼まれた坂本誠(飯尾和樹)もやってくる。中堂に対し、会話の端々に「クソ」をつける坂本。

翌日。9番目の遺体を解剖したミコトは、焼死の前に頭部を殴られた可能性があるとつぶやいた。

9番の直接的な死因は焼死だが、腰部の皮下出血痕から、誰かが縛って、殴って、焼死したと推測。駆けつけた西武蔵野署刑事・毛利忠治(大倉孝二)から11番目の火災の生存者が見つかり、搬送先の病院の医師が直接UDIに説明に来ることになったと言う。

そこに六郎の父で、帝日大学病院の医師・俊哉(伊武雅刀)がやってきた。三流医大を休学しながらUDIでバイトをしている六郎に、愛想をつかしている様子の俊哉は、息子をクビにしてほしいと言い出す。解剖医を見下し、さっさと復学して医師になれと言って帰っていく。

六郎と飲みに行ったミコトは、父・俊哉の偏った考え方を六郎から聞いた。火災現場の遺体の死因をすべて解明し、俊哉に六郎のことを見直させてやろうというミコト。

翌日もUDIでは身元確認が続き、デンタルデータなどから、10人中9人の身元が判明した。残すところ殴られた痕があった9番の遺体のみとなる。

全国の歯科カルテのデータベース化ができていれば・・・と漏らすミコト達に、神倉はかつてはそれを自分が進めていたが、実現には至らなかったと漏らす。直後、六郎は中堂から、神倉がかつて歯科カルテのデータベース化に尽力していたが叶わなかったという話を聞いた。きっかけは東北大震災。身元が分からないたくさんの遺体や、遺体の取り違えが相次いだことが神倉を動かしたのだという中堂。

身元不明の遺骨管理室で神倉は、ゴミ屋敷の主人の妻のミヨ子の遺骨を六郎に見せた。ゴミの分別で言い争いになった直後に外出先で突然死したというミヨ子。そんなミヨ子の遺骨を、主人は、バチが当たったと言い、未だ引き取ろうとしない。遺骨を早く返してあげなければ・・・と神倉は呟いた。

遺体9番の胃の傷跡が手術痕ではなく、銃痕であることがわかる。9番は前科一犯の町田という男性と判明。

連絡を受けた9番・町田三郎の両親がUDIにやってきた。両親はろくでなしだった息子が、何か事件を起こした末にその証拠隠滅のため放火したのではと疑っていた。

その夜、中堂が亡き恋人・ユキコの事件について、ミコトに明かし始めた。遺体はスクラップ置き場に遺棄されており、致死量以上のニコチンを注射されていたという。当時、捜査線上に上がったのは中堂とユキコが働いていた定食屋の周辺人物、ユキコが絵本を出版した文永館の人間だと語る中堂。ユキコは次は『ピンクのカバ』という絵本を出版する予定にしていたらしい。

『会いたいって思いが死者に合わせるなら、俺は思いが足りないんだろうな?』という中堂に、ミコトは『会いたいですか?』と尋ねる。『会って聞く。お前を殺したクソ野郎は誰なんだって』と中堂は言った。

一方、帝日大学病院の生存者11番のもとを訪れた六郎。11番にも町田と同じく縛られた痕があり、それがやけどの後からついたものだということがわかる。町田と11番の縛り方を再現した結果、背負い搬送縛りというものだとわかった。火傷を負い、動けなくなった11番を町田が現場から救出しようとしていた可能性が出てきた。

六郎は、消防から火災時の写真を借りたいと、ゴミ屋敷の主人と将棋をしている神倉に頼みに行く。六郎が事情を説明するのを聞いた主人は、一年前に妻の遺骨を持参してくれた神倉も同じようなことを言っていたと懐かしそうな顔をする。そして、将棋で神倉が勝ったら遺骨を受け取るつもりだと語るのを聞いた六郎は、神倉が消防への電話中、神倉のかわりに将棋を指し、勝ち直前で戻った神倉と交代して、消防へ向かった。

六郎が借りてきた写真をみたミコトは、町田の頭部の殴られたような痕が、階段の手すりであることに気づく。毛利に頼み、現場に入らせてもらった六郎は、それが火災のビル内にあったスナックの扉の前にある階段の手すりであることに気づいた。

町田の両親をUDIのラボに呼んだミコトと六郎。町田は頭部を殴られたのではなく、スナックのドアを開けた時に吹き飛ばされ、階段の手すりに頭部を強打していたことがわかったと説明した。

火事の原因はスナックのプロジェクターの発火だった。店内にいた客のほとんどを、ロープで身体に縛り付け、往復し上階に運んだ町田。目を覚ました11番の被害者も、町田に救われたことを覚えていた。『火事があった場所が大切な場所だったからです』という六郎。

両親と疎遠で、正月も帰る家がなかった町田。そんな町田にとって、この雑居ビルは実家のような存在だった。ミコトが町田は両親を気にかけていたと伝えると、母親が涙する。

消防士だったという父親が、ロープは私が教えたと語り、やはり涙を流した。

町田の遺体は、両親引き取られていった。見送るミコトは『生きてるうちしか話せないんだよね』とつぶやく。

その言葉を聞いた六郎は、父・俊哉のもとへ。医師になりたいかどうかもわからなくなり、こんな状態で命を扱っていいのかと迷っていたと伝え、『いま少しだけど死ぬこととか、生きることとか考えられそうなんだ。UDIで考えたい。これからのこと』六郎は言う。俊哉は小さく『よかった』とつぶやいたあと、『好きにしろ。ただし二度とうちの敷居をまたぐな』と言い捨て、去っていった。

UDIラボに帰ってきた六郎は、ラボメンバーから口々に『おかえり』の声を聞き、涙ぐむ。

その後、遺骨管理室から、ゴミ屋敷の主人の妻ミヨ子の遺骨がなくなっているのを発見。帰れてよかったと涙した。

その足で編集部に向かった六郎は、辞めたいとと末次康介(池田鉄洋)に申し出た。すんなり六郎を辞めさせた末次。UDIラボの不正献金に関する原稿をちらつかせ、気兼ねなくだせる…とつぶやいた。

その時デスクに置かれていた(六郎くんへ)と書かれた茶封筒を見つけた末次は、フリー記者・宍戸理一(北村有起哉)からの預かり物とわかると中身を見てしまう。封筒の中には、ピンクのカバの絵が入っていた。

新たな現場で、スーツケース中には若い女性の遺体が入っていた。ミコトは、遺体の口の中に『赤い金魚』を発見する。それを隣のビルから盗み撮りする宍戸がいた…。

 

「アンナチュラル」の第9話あらすじや感想とネタバレ

 

第9話あらすじ

空き家に置かれたスーツケースの中から若い女性の遺体が発見された。
ミコト(石原さとみ)が遺体を確認すると、中堂(井浦新)の死んだ恋人・夕希子(橋本真実)と同じ“赤い金魚”の印が口内から見つかったーー!
“赤い金魚”が口の中に残されていたご遺体は、夕希子を含め過去に3体。
UDIは“赤い金魚”のあるご遺体は、同じ犯人によって殺された可能性が高いと毛利刑事(大倉孝二)に訴えるが、正式な証拠がないと訴えを却下される。
それでもミコトたちは犯人に繋がるヒントを見つけるため、スーツケースの中から見つかった女性を解剖し死因究明を進める。
ミコトは胃の内容物が、強烈な腐敗臭を放っていることに違和感を覚える。果たして女性の死因とは何なのか…?

その一方で、神倉(松重豊)は過去に週刊ジャーナルに掲載されたUDI関連の記事を見て、ある疑念を抱く…。
さらに警察庁を訪れた神倉は、驚くべき記事を目にすることに…!

そしてミコトと中堂は、とある証拠を発見し事件は急展開を迎える!
中堂の恋人を殺した犯人はいったい誰なのか!?

 

第9話の反応や期待の声

ネットにあがっている第9話の期待の声をひろってみました。

 

 

 

あと2回で終わりを迎える「アンナチュラル」への残念だ、シーズン2は?という声がたくさんあがっていました。もちろん、第9話への期待も。

9話では、中堂の恋人を殺した犯人につながる何かがわかってきそうです。とうとう、赤い金魚の謎が解けるのでしょうか。楽しみですね。

 

第9話の展開予想

第9話は、中堂主役の回になりそうです。新たな事件の現場でスーツケースの中に押し込められた遺体が見つかり、その遺体の口に『赤い金魚』を発見します。その死因の究明をミコト達が行うことになるので、それが、中堂の恋人・ユキコの犯人へつながる糸口になるのではないでしょうか。

第8話の最後で、スーツケースにはいった遺体を盗撮している宍戸の姿がありました。宍戸は、ユキコの絵本「ピンクのかば」のコピーを六郎に渡そうとしていましたし、彼がユキコ殺しの事件にも関わっているのは間違いなさそうです。今までよりも犯人に近づく展開を見られるでしょう。

そして、あらすじには”神倉が週刊ジャーナルに掲載されたUDI関連の記事を見て、疑念を抱く”とありますので、UDI内に密告者がいると考えるのか、それとも問題児、中堂との絡みと考えるのか、どちらになっても、UDI内の不穏の種になるので、所長としての神倉の行動は見どころになります。

中堂の闇をはらう第一歩となるであろう、第9話の放送が楽しみです。

 

第9話の感想とネタバレ

 

第9話の感想

ネットにあがっている第9話の感想の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

『赤い金魚』を口内に持つ遺体が発見され、その情報のミーティング中に、ものすごい早さで説明書を取り上げる中堂。当たり前かもしれません、8年もの間恋人を殺した犯人を探しているのですから。

 

UD Iラボの不正献金疑惑の記事が六郎がバイトしていた編集部から出されていました。警察がもみ消し、記事は明るみには出ませんでしたが、誰かが情報をリークしているという疑いが出てきます。六郎のバイトの過去がバレるか

 

中堂と亡き恋人・夕希子の出会いから亡くなるまでの回想シーン。2人でいる時の硬派な中堂らしくないかわいい表情と、夕希子の逆プロポーズ、そして、夕希子の遺体を解剖する中堂…を見て、泣かずにはいられませんでした。

 

夢であってほしかった。ドラマとわかっていても、そう思います。

 

犯人しか知り得ないことを口にする宍戸。怪しすぎでしたが、真実はそんなに簡単ではありませんでした。

 

このカバンは未だに見つかっていない夕希子の遺品です。宍戸が六郎に渡したピンクのカバの絵は、犯人しか持っていないはずのもので…。

 

 

 

第8話で火災現場からひとりだけ助けられた男・高瀬が、まさかの真犯人でした。それを知った中堂は犯人を追いますが、驚くべきことに高瀬は、「殺されそうだ」と警察に助けを求めるのです。

しかも、高瀬は遺体破壊だけ認め、殺人は否定するようです。ミコトたちは、どこから切り崩して罪を認めさせていくのでしょうか。

すべての謎が明かされる「アンナチュラル」最終回(10話)、楽しみですね。

 

第9話のネタバレ

 

 

スポンサーリンク

「アンナチュラル」第9話の見逃し配信を無料視聴する方法

 

「アンナチュラル」第9話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、第9話の見逃し配信を安全に無料視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • 公式の見逃し配信で見る
  • dTVのお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信

1週間以内の最新話の無料動画視聴はこちら

TBSオンデマンド 動画はコチラ
GyaO! 動画はコチラ

 

まずは、「アンナチュラル」の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、コチラから。

ただし、「アンナチュラル」の公式の配信は、最新話に限られ、かつ、公開期間は1週間の限定です。

「アンナチュラル」の第9話を公式で無料視聴できるのは、2018年3月16日21:59までとなっています。

 

無料動画GYAO!

無料動画配信で有名な、無料動画GYAO!でも「アンナチュラル」の見逃し配信が行われています。

こちらも、「アンナチュラル」の配信は最新話に限られており、
毎週土曜10:00~毎週金曜21:59までとなっています。

無料動画GYAO!での「アンナチュラル」の見逃し配信は、コチラから。

 

TVer

無料動画配信で有名な、主に民法のTV番組を扱うTVerでも『アンナチュラル』の見逃し配信が行われています。

こちらも、『アンナチュラル』の配信は最新話に限られております。

無料動画TVerでの『アンナチュラル』の見逃し配信は、コチラから。

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

『アンナチュラル』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、第9話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

dTV

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

もともとは、docomoユーザーのためのサービスでしたが、2014年4月からは誰でも契約できるようになっています。

月額500円と見放題サービスの中で圧倒的な安さを誇り、動画数も12万本と充実しているのが魅力です。

dTVには、31日間の無料お試し期間があり、期間内に解約した場合、一切料金がかかりません。

 

「アンナチュラル」の第9話ネタバレ感想とあらすじまとめ

 

「逃げるは恥だが役に立つ」「重版出来!」などヒット作の脚本家・野木亜紀子のオリジナル脚本ということなので、それだけでも楽しみなのですが、石原さとみさん、窪田正孝さんをはじめとする豪華なキャストが揃っていることにも、期待が高まるドラマですね。

日本で170名しかいない“法医解剖医”という馴染みのない職業の女性が主人公の、法医学ミステリーという設定も、いかにも新しいドラマという設定で魅力的です。

本記事では、「アンナチュラル」のあらすじ、ネタバレと感想を追いかけていきますので、ぜひ、ご期待ください。

スポンサーリンク