やけに弁の立つ弁護士第3話(2話)のネタバレ感想やあらすじの紹介【やけ弁】

2018年4月期のNHK土曜ドラマは、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)』です。

連ドラ初主演となる神木隆之介が、スクールロイヤー(学校弁護士)として、崩壊寸前の教育現場に立ち向かいます。

新人弁護士・田口章太郎が傷つきながら成長していくドラマでもあります。

 こちらの記事では2018年4月期のNHK土曜ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)』の初回(第1話)と次回の第3話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトでドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)」を初回(第1話)から最終話を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)』の初回(第1話)から最終話がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスのお試し期間を利用してくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)」第2話あらすじや感想とネタバレ

 

第2話あらすじ

青葉第一中学の職員室に新たなクレームの電話が入る。近隣の住民・長沼(渡辺哲)は吹奏楽部の練習音がうるさいせいで体調を崩したと主張。騒音被害で訴えると言い張る。倉守校長(小堺一機)の要請で現場に赴いた田口(神木隆之介)はスクールロイヤーとしてこのトラブルに対処するが、その過程で教師たちのブラック労働の実態を目の当たりにする。深夜におよぶ残業を当たり前のようにこなす教師たち。その中には突然バドミントン部の顧問を任されることになった理科教師・宇野(佐藤隆太)の姿もあった。教師の異常な勤務実態に、スクールロイヤー田口が立ち向かう。

 

第2話の反応や期待の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

 

 

第2話の感想やネタバレ

 

第2話の感想

 

 

 

 

 

 

第2話のネタバレ

田口は、国選弁護の抽選に外れてしまいます。宇野は、くじ引きでバドミントン部の顧問を押しつけられました。そこに、吹奏楽部の音に対して、近隣住人・長沼からクレームが入ります。騒音被害で訴えるという長沼を、田口は法律論を振りかざし追い返します。三浦に、事を荒立てずに事を収めるのもスクールロイヤーの役割だと言われますが、田口は、自分は鞭、飴は三浦だ、と言い返します。宇野と望月を夕食に誘う田口でしたが、今からが仕事だと断られてしまいます。職員室には、ほとんどの教師が残り仕事をしていました。田口は、望月の話す教師の仕事のブラックぶりに唖然とします。バドミントンの基礎を勉強している宇野を見かけ、声をかけます。宇野に、残業代はどうなっているのか聞くと、あくまで自主的な活動だから、と言われます。教師たちの労働時間を調べていた田口は、宇野が非正規教員であることを知り、さらに驚愕するのでした。学校だからと何でも許されるのはおかしいと憤る田口。
田口は、三浦に教師の労働環境がおかしいこと、三浦自身が過労死ラインを超えた残業をしていることを指摘しますが、三浦は学校には学校のルールがあると言います。田口は、そのルールがおかしいことを三浦も分かっているだろう、と言います。三浦は、教師の数を増やしてほしい、教師はそれだけを望んでいる、と言います。
長沼が、他の住人を連れてねじ込んできます。田口は、受忍限度を持ち出します。宇野は、長沼に吹奏楽部の練習を見学することを提案して頭を下げ、その場を収めます。田口は、教師の仕事が楽しいかと宇野に尋ねます。宇野は、教育実習で教えたことを忘れられず、転職したのだと言います。そこに、田口の自宅から電話が入ります。母親が老人ホームに入所する引っ越しを今週中にしなくてはならないのだと言います。ですが、有休を取ることを校長に拒否されてしまいます。田口は、時季変更権を主張する校長に、労働基準法違反だと言い募ります。見かねた三浦が、代わりに授業をするからと宇野に有休を取らせます。田口は、有休を勝ち取った自分へのご褒美に、寿司を食べるのでした。
田口が学校に行くと、有休を取ったはずの宇野が出勤していました。宇野は、施設に無理を言って夜中に引っ越しを済ませたのだと言います。放課後、体育館では疲れた様子の宇野があくびを噛み殺しながら、バドミントン部の練習を見ていました。田口は、三浦に学校はまるでおとぎ話の桃太郎のようだと言います。教師は、犬、サル、キジで三浦が桃太郎だと。桃太郎が働きすぎると、キジらは休めない、だから三浦には教務主任を辞めてほしい、と言うのでした。それに対し、三浦は学校は泥船なのだと言います。泥船であっても生徒が乗っている以上、沈めるわけにはいかないのだと言うのです。
その時、女子生徒・磯村がケガを負う事故が起きてしまいました。

 

ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)」第3話あらすじや感想とネタバレ

 

第3話あらすじ

理科教師の宇野(佐藤隆太)が顧問を務めるバドミントン部の練習中に事故が発生。被害者生徒の保護者は弁護士を雇い、学校側の過失を追及する。田口(神木隆之介)はスクールロイヤーとして対応にあたるが、過去の判例では学校側に圧倒的に不利な判決が多いことを知り愕然とする。教務主任の三浦(田辺誠一)は事故が起こったときの新たな事実を知り、校長の倉守(小堺一機)に報告。事態を収束させたい倉守は事故の責任を宇野一人に押し付けようとする。納得のいかない田口がとった意外な行動とは!?

 

第3話の反応や期待の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

 

 

 

第3話の感想やネタバレ

 

第3話の感想

 

 

 

 

 

第3話のネタバレ

バドミントン部の練習中に事故が起きてしまいました。1年生の早川が振ったラケットが磯村の右目に当たってしまい、病院に運ばれました。診断では、大幅な視力の低下は避けられず、また右目の傷も残るというのです。保護者は、学校に落ち度があったのではないかと抗議してきました。宇野は必要な指導を行っていたと言います。田口は、必要な指導が行われていても突発的な事故が起きてしまったので、危険回避は難しかったと判断します。
事故の件で弁護士・五十嵐がやってきて、田口が対応をすることになります。五十嵐は、田口の報告書も見ずに、安全配慮義務に欠けていたのではないか、と言います。さらに、保護者は訴えると言っているというのです。
田口は、事務所に戻り判例などを調べますが、過去の判例では教諭の過失が認められていることがほとんどでした。
田口は、校長らに学校の管理責任の重さが想像以上であることを伝えます。安全配慮義務違反で訴えられたら、負ける可能性もあると言い、示談に持ち込むことを提案します。五十嵐は、示談が狙いでありながら裁判をちらつかせて示談金を上げるのが常套手段なのです。
そこへ、三浦がやってきて、バドミントン部の生徒たちからもう一度話を聞いたら、事故が起きたとき、宇野は居眠りをしていたのです。宇野は、事実を認めました。
校長は、教員の責任が最重要視されることを強調した対応を取ると言います。田口は、「トカゲのしっぽ切り」だと反発しますが、校長は切って済むなら万々歳だと答えます。三浦もまた、それを認めます。
高城は、この案件から手を引けと言います。スクールロイヤーは学校で起きたトラブルを仲裁するのが本来の役目なので、訴訟の可能性が出た以上、高城自身が対応するというのです。
宇野は、教師を辞める覚悟をしていると言います。居眠りしていたのは事実で、それによって生徒がケガをした責任は自分にあるというのです。が、田口は、過重労働を強いられていたから仕方ないのだと言います。そして、宇野に学校を訴えることを提案します。宇野に責任があるなら、学校も管理責任を問われるべきだと考えているのです。
過失が認められれば、正規教員への道は閉ざされてしまいます。田口は、教師への夢を手放してはだめだと、宇野に言います。
田口と宇野は、1ヶ月分の労働時間を医師に見せて、過重労働であったという診断書を書いてもらいます。
一方、早川は事故のことでずっと部活を休んでいました。三浦は、事故は早川のせいではないと言います。そして、磯村の見舞いに誘うのでした。
宇野は、訴えることはできないと言います。三浦に言われるまで、早川のことを考えることができなかった自分は、教師失格だと言います。裁判をすれば2年くらいかかる、その間早川はこの件を引きずることになる、そんな十字架を背負わせたくないのです。宇野は、これが自分が最後に生徒にできることかもしれない、教師の夢はあきらめると言います。
高城は、田口が調べた宇野の過重労働の資料を使って、穏便に示談にすることがベストだと主張することにし、それがスクールロイヤーとしての田口の仕事だと言います。
磯村の保護者との示談が成立しますが、宇野は「一身上の都合」として学校を辞めていきます。
その夜お別れ会をすることになりますが、教師たちは時間になっても仕事が終わりません。そこに、生徒が万引きしたという連絡が入ります。
宇野は、校舎を見つめて、「教師になりたかったな」と呟くのでした。
田口は、今回の件は宇野一人の責任ではないと三浦に詰め寄りますが、三浦はそれでも生徒がそこにいる限り寝てはだめだったのだと言います。
誰もいない家に帰った三浦に、万引きした生徒の保護者が怒っており、今すぐ責任者を呼べと言っていると電話が入ります。出かけようとする三浦は、テーブルの上の離婚届を見つめるのでした。

 

ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)」初回(第1話)から最終話の見逃し配信を視聴する方法

 

ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)』初回(第1話)から最終話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)』の見逃し配信を安全に視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • U-NEXTのお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信について

まずは、ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、無料では現在ありません。

また有料で視聴するとしても見逃し配信は1話216円、そしてなにより放送分2週間分しか見ることが出来ません。

ですので2週間分のNHK番組を全部視聴したいならまだしもNHKオンデマンド配信は全くおすすめできません。

 

U-NEXT

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を今すぐ見ることができます。

お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ(2017)
  • コウノドリ2期(2017)
  • 陸王
  • 監獄のお姫さま
  • わろてんか
  • 重要参考人探偵
  • 科捜研の女17シーズン
  • 奥様は、取扱い注意

など見放題ではないですが国内ドラマの種類が一番豊富で多数配信されています。(2017年10月末現在)

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

ドラマ『デイジーラック』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、最新話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)」第3話(2話)ネタバレ感想とあらすじの紹介まとめ

 

いじめ、体罰、モンスターペアレント、教師のブラック労働など、現代の教育現場が抱える問題に対して、新人スクールロイヤーが立ち向かう「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」。

新人弁護士が法律を武器に学校問題と格闘しながら成長していく様を描く「学園ヒューマンドラマ」です。

神木隆之介の連ドラ初主演作ということでも、期待が高まりますね。

本記事では、ドラマ『デイジーラック』のネタバレや感想、あらすじを各話ごとに追いかけていきますので、ぜひご期待ください。

スポンサーリンク

ドラマ『デイジーラック』見逃し動画を今すぐ見る方法
  1. U-NEXTの31日間キャンペーンに登録
  2. 登録時に600ポイントもらえるので、それを利用してお試し視聴