やけに弁の立つ弁護士第4話(3話)のネタバレ感想やあらすじの紹介【やけ弁】

2018年4月期のNHK土曜ドラマは、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)』です。

連ドラ初主演となる神木隆之介が、スクールロイヤー(学校弁護士)として、崩壊寸前の教育現場に立ち向かいます。

新人弁護士・田口章太郎が傷つきながら成長していくドラマでもあります。

 こちらの記事では2018年4月期のNHK土曜ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)』の第3話と次回の第4話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

動画共有サイトでドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)」を初回(第1話)から最終話を見るリスク

 

YouTubeやDailymotionなどの動画共有サイトにも、ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)』の初回(第1話)から最終話がアップロードされており、無料で視聴することが可能です。

しかし、これらのサイトには、著作権侵害の問題があります。

違法アップロードした投稿者が逮捕された事案もあり、これらのサイトで視聴することは不適切だと思われます。

安心して視聴するためには、上述の公式配信または動画配信サービスのお試し期間を利用してくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)」第3話あらすじや感想とネタバレ

 

第3話あらすじ

理科教師の宇野(佐藤隆太)が顧問を務めるバドミントン部の練習中に事故が発生。被害者生徒の保護者は弁護士を雇い、学校側の過失を追及する。田口(神木隆之介)はスクールロイヤーとして対応にあたるが、過去の判例では学校側に圧倒的に不利な判決が多いことを知り愕然とする。教務主任の三浦(田辺誠一)は事故が起こったときの新たな事実を知り、校長の倉守(小堺一機)に報告。事態を収束させたい倉守は事故の責任を宇野一人に押し付けようとする。納得のいかない田口がとった意外な行動とは!?

 

第3話の反応や期待の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

 

 

 

第3話の感想やネタバレ

 

第3話の感想

 

 

 

 

 

第3話のネタバレ

バドミントン部の練習中に事故が起きてしまいました。1年生の早川が振ったラケットが磯村の右目に当たってしまい、病院に運ばれました。診断では、大幅な視力の低下は避けられず、また右目の傷も残るというのです。保護者は、学校に落ち度があったのではないかと抗議してきました。宇野は必要な指導を行っていたと言います。田口は、必要な指導が行われていても突発的な事故が起きてしまったので、危険回避は難しかったと判断します。
事故の件で弁護士・五十嵐がやってきて、田口が対応をすることになります。五十嵐は、田口の報告書も見ずに、安全配慮義務に欠けていたのではないか、と言います。さらに、保護者は訴えると言っているというのです。
田口は、事務所に戻り判例などを調べますが、過去の判例では教諭の過失が認められていることがほとんどでした。
田口は、校長らに学校の管理責任の重さが想像以上であることを伝えます。安全配慮義務違反で訴えられたら、負ける可能性もあると言い、示談に持ち込むことを提案します。五十嵐は、示談が狙いでありながら裁判をちらつかせて示談金を上げるのが常套手段なのです。
そこへ、三浦がやってきて、バドミントン部の生徒たちからもう一度話を聞いたら、事故が起きたとき、宇野は居眠りをしていたのです。宇野は、事実を認めました。
校長は、教員の責任が最重要視されることを強調した対応を取ると言います。田口は、「トカゲのしっぽ切り」だと反発しますが、校長は切って済むなら万々歳だと答えます。三浦もまた、それを認めます。
高城は、この案件から手を引けと言います。スクールロイヤーは学校で起きたトラブルを仲裁するのが本来の役目なので、訴訟の可能性が出た以上、高城自身が対応するというのです。
宇野は、教師を辞める覚悟をしていると言います。居眠りしていたのは事実で、それによって生徒がケガをした責任は自分にあるというのです。が、田口は、過重労働を強いられていたから仕方ないのだと言います。そして、宇野に学校を訴えることを提案します。宇野に責任があるなら、学校も管理責任を問われるべきだと考えているのです。
過失が認められれば、正規教員への道は閉ざされてしまいます。田口は、教師への夢を手放してはだめだと、宇野に言います。
田口と宇野は、1ヶ月分の労働時間を医師に見せて、過重労働であったという診断書を書いてもらいます。
一方、早川は事故のことでずっと部活を休んでいました。三浦は、事故は早川のせいではないと言います。そして、磯村の見舞いに誘うのでした。
宇野は、訴えることはできないと言います。三浦に言われるまで、早川のことを考えることができなかった自分は、教師失格だと言います。裁判をすれば2年くらいかかる、その間早川はこの件を引きずることになる、そんな十字架を背負わせたくないのです。宇野は、これが自分が最後に生徒にできることかもしれない、教師の夢はあきらめると言います。
高城は、田口が調べた宇野の過重労働の資料を使って、穏便に示談にすることがベストだと主張することにし、それがスクールロイヤーとしての田口の仕事だと言います。
磯村の保護者との示談が成立しますが、宇野は「一身上の都合」として学校を辞めていきます。
その夜お別れ会をすることになりますが、教師たちは時間になっても仕事が終わりません。そこに、生徒が万引きしたという連絡が入ります。
宇野は、校舎を見つめて、「教師になりたかったな」と呟くのでした。
田口は、今回の件は宇野一人の責任ではないと三浦に詰め寄りますが、三浦はそれでも生徒がそこにいる限り寝てはだめだったのだと言います。
誰もいない家に帰った三浦に、万引きした生徒の保護者が怒っており、今すぐ責任者を呼べと言っていると電話が入ります。出かけようとする三浦は、テーブルの上の離婚届を見つめるのでした。

 

ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)」第4話あらすじや感想とネタバレ

 

第4話あらすじ

三浦(田辺誠一)が不登校生徒の対応に当たっていると聞いた田口(神木隆之介)は、突然この生徒の家庭を訪問する。スクールロイヤーとして法的対処が必要になるケースだと考えたからだ。理不尽な校則がこの生徒の不登校の原因であることを知った田口は、職員会議でブラック校則の見直しを提案する。全校生徒を巻き込んで新しい校則作りを進める田口と三浦だったが、その裏では新たな問題が芽生えていた・・・

 

第4話の反応や期待の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

 

 

 

第4話の感想やネタバレ

 

第4話の感想

 

 

 

 

 

 

第4話のネタバレ

学校では、囲碁将棋部を含む3つの部の廃部が決まりました。望月は、生徒のことを思うと残念だと思っていますが、一方で教師の仕事が少しでも減ることでもあるのでした。
囲碁将棋部の女生徒・山下は浮かない顔です。
三浦は、教務主任の仕事に加え、宇野の後任が決まるまで担任を引き継いでいます。三浦は、久しぶりに教壇に立ち、生徒と向き合う時間が増えたことを喜んでいました。
さらに、三浦は不登校の小嶋という生徒の対応にも当たっています。
三浦が小嶋の家を訪ねると、先に田口が来ていて、小嶋とオセロをしながら話をしていました。小嶋には笑みも浮かんでいます。
田口は、不登校に正当な理由がなければ保護者には就学義務違反が、学校側に問題があれば学習権の侵害なので、法的対処が必要になると言います。
小嶋は地毛が茶色だが、校則で髪を黒く染めるように注意され、以降は染めて折り合いをつけていましたが、アメリカにホームステイをしてその自由さに刺激されて、髪を染めることに反発を抱いたのでした。
田口は、小嶋は学校のルールの犠牲者だと言います。田口は、校則を変えればいいと言いますが、三浦は、これはきっかけに過ぎず、不登校は複合的な原因で起こるのだと言います。
田口は、とにかくきっかけを取り除けば、何かが変わるかもしれないと言い、職員会議でブラック校則を変えること、少なくとも特例を設けることを提案します。が、教師らは校則は全校生徒に向けられているから意味があるのだと言い、特例を認めることに懐疑的です。望月がおかしいと言い出します。生まれつきの髪の色を否定されるのは、本人は辛いと思うというのです。そこに教師が向き合わなくていいのか、と言います。
特例を認めるべきと主張する望月に、田口は認めるべきだろうか、と疑問を呈します。全体のルールは個別対応していない、だからといって個に対応していくと、全体のルールはおかしくなっていくというのです。
高城は、スクールロイヤーの仕事に入れ込んでいる田口に、学校が嫌いな田口だからこそ導ける答えがあるはずだと言います。
翌朝、三浦が田口に、校則で傷つけられている生徒がいるのは事実なのだから、校則を見直してみないかと提案したのです。田口は、校則を一から見直すことを提案します。生徒たちに要望を聞くことにします。
田口は、三浦に家族はどうなっているのかと訊きます。三浦の反応から、家族に出ていかれたことを見抜いた田口は、離婚調停なら特別価格で引き受けると言います。三浦は、田口にだけは頼まない、と言います。
生徒たちは、校則に対する要望を集め始めました。一方、校長は、田口と三浦の活動に不快感を示します。が、教師たちはだんだんと生徒たちの言うことに耳を傾け始めました。
昼休み、山下は弁当を持って一人教室を出ていきます。
田口と三浦は、小嶋にも要望を書くように勧めますが、小嶋の顔は曇っています。
真帆は、山下が道路に蹲って泣いているのを見ますが、声をかけることができませんでした。
小嶋が部屋に引きこもたことを聞いた田口と三浦は、小嶋を訪ねます。田口は、自分が学校嫌いであることを告白します。田口は、いじめられて不登校になっていたのでした。転校を勧められた田口は、自ら学校に背を向けることを選んだのでした。が、三浦に言わせれば学校にもいいところはたくさんある、とも言います。だから、学校に行くか行かないかを決めるのは小嶋でなけらばならない、小嶋が選んだ道が正解なのだ、と言うのでした。
部屋から出てきた小嶋は、学校に行くかどうか自分で決める、と宣言するのでした。
三浦は、なぜ田口が学校に派遣されてきたのかわかった気がするが、スクールロイヤーには向いていない、と言います。田口は、今の学校問題には三浦のやり方では通用しない、と言います。
その頃学校では、山下が窓から飛び降りてしまっていたのでした。

 

ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)」初回(第1話)から最終話の見逃し配信を視聴する方法

 

ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)』初回(第1話)から最終話を見逃してしまった方、まだ諦める必要はありません。

公式の見逃し配信をはじめとして、ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)』の見逃し配信を安全に視聴する方法があるんです。

その方法とは、

  • U-NEXTのお試し期間で見る
  • ビデオマーケットのお試し期間で見る

です。

以下、それぞれの方法について、ご紹介していきます。

 

公式の見逃し配信について

まずは、ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)』の公式が提供する見逃し配信を利用する方法です。

公式の見逃し配信は、無料では現在ありません。

また有料で視聴するとしても見逃し配信は1話216円、そしてなにより放送分2週間分しか見ることが出来ません。

ですので2週間分のNHK番組を全部視聴したいならまだしもNHKオンデマンド配信は全くおすすめできません。

 

U-NEXT

U-NEXTは、日本最大級の動画サービスの一つです。

見放題の動画が6万本以上、レンタル作品が4万本以上のほか、書籍・漫画・ラノベ合計33万冊以上がラインアップされています。

U-NEXTには、31日間のお試し期間があり、登録時にレンタル作品に使える600ポイントが貰えます。

ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)』は、ポイントレンタル配信されているので、登録時に貰える600ポイントを使って、見逃した回を今すぐ見ることができます。

お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

人気ドラマや最近のドラマでは

  • ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ(2017)
  • コウノドリ2期(2017)
  • 陸王
  • 監獄のお姫さま
  • わろてんか
  • 重要参考人探偵
  • 科捜研の女17シーズン
  • 奥様は、取扱い注意

など見放題ではないですが国内ドラマの種類が一番豊富で多数配信されています。(2017年10月末現在)

 

ビデオマーケット

日本国内で提供されている動画配信サービスの中では、配信動画数が最大(18万本以上)のサービスです。

月額500円のプレミアムコースは、入会時と月に一度、動画を視聴するのに必要なポイントを540ポイント貰えるサービスです。

月額980円のプレミアム&見放題コースは、プレミアムコースのポイント付与に加えて2万本以上の動画が見放題になるコースです。

どちらのコースも、会員登録した月の末日までは無料(初月無料キャンペーン)のお試し期間となります。

無料期間中に解約した場合には、利用料金が一切かかりません。

放送中のドラマの見逃し配信は、第1話~最新話まで全話を配信しています。

ドラマ『デイジーラック』は、1話324ポイントで7日間視聴可能です。

最新話が配信開始になるまでに数日かかるので、最新話が配信されているのを確認してから会員登録すると良いでしょう。

会員登録した月の翌月から自動更新で料金がかかるので、ご注意ください。

 

ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)」第4話(3話)ネタバレ感想とあらすじの紹介まとめ

 

いじめ、体罰、モンスターペアレント、教師のブラック労働など、現代の教育現場が抱える問題に対して、新人スクールロイヤーが立ち向かう「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」。

新人弁護士が法律を武器に学校問題と格闘しながら成長していく様を描く「学園ヒューマンドラマ」です。

神木隆之介の連ドラ初主演作ということでも、期待が高まりますね。

本記事では、ドラマ『デイジーラック』のネタバレや感想、あらすじを各話ごとに追いかけていきますので、ぜひご期待ください。

スポンサーリンク

ドラマ『デイジーラック』見逃し動画を今すぐ見る方法
  1. U-NEXTの31日間キャンペーンに登録
  2. 登録時に600ポイントもらえるので、それを利用してお試し視聴