相棒17第2話(1話)ネタバレ感想やあらすじの紹介【水谷豊・反町隆史主演ドラマ】

2018年10月期のテレビ朝日の水曜21時枠は、水谷豊さん主演の『相棒シーズン17』が帰ってきます!!

水谷さんの相棒を務めるのは異例の4年目突入となる反町隆史さんです。また、このシーズンから3人目の男が加わり、相棒はさらなる進化を遂げます!

こちらの記事ではドラマ『相棒シーズン17』の初回(第1話)と次回の第2話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

相棒シーズン17動画を見逃し配信視聴!PandoraとDailymotionも【水谷豊・反町隆史主演ドラマ】

2018.10.17

「相棒シーズン17」初回(第1話)あらすじや感想とネタバレ

 

初回(第1話)あらすじ

国家公安委員を務める大学教授・三上冨貴江(とよた真帆)の自宅で殺人事件が発生した。殺害されたのは、鬼束学園の理事長・鬼束鐵太郎(中田博久)。副理事長を務める鬼束鋼太郎(利重剛)が、妻である冨貴江のために父を殺したというのだ。というのも、冨貴江の不貞の証拠を掴んだ鐵太郎が、冨貴江を鬼束家から追い出す算段を進めていたので、それを阻止するためだったという。冨貴江は、自身の社会的立場を守るため、鋼太郎に促されるまま事件の隠蔽を手伝うことに。数日後、殺害の裏事情を知る鐵太郎の若い後妻・祥(谷村美月)によって失踪届が出されるが、写真誌「週刊フォトス」の記者・風間楓子(芦名星)が、鐵太郎の失踪と祥の放蕩を面白おかしく書き立てたことで世間が注目。記事を読んだ右京(水谷豊)と亘(反町隆史)、そして特命係に“左遷”された青木(浅利陽介)は、失踪に端を発する一連の経緯に興味を持ち、独自に調べ始める。国家公安委員長の鑓鞍兵衛(柄本明)にまで事情聴取の網を広げた右京は、鐵太郎がすでに殺害されていると確信し、自身のクビを懸けて鬼束家を捜索するが…!?

隠蔽に走る知謀の公安委員vs特命係の3人 事件解決の鍵になるのは消えた遺体の発見!? 右京が自身のクビを担保に危険な賭けに出る!

 

初回(第1話)の感想やネタバレ

 

第1話の感想

 

ここで素直にカイト君を思い浮かべるとは思いませんでした!回想で出してくれて嬉しいですね!

 

 

4年目になると、勝手に首をかけられても、あ・うんの呼吸で合わせられるんですね!コンビ仲が深まっててジーンとしました。

 

最後に右京さんが遺体を見つけられなくて、色んなことわざで例えてるところが楽しいシーンなのにウルっときました。

 

 

2時間ドラマか映画のワンシーンみたいな豪華な並びですね!新シーズンは今まで以上の気合を感じる!

 

 

 

ホントまさかですよね!しかも乗っかってるよ、右京さん!らしくない展開にドキドキの連続です!

 

さすが青木って思いませんか?入ってきた理由もあって、机並べて仕事できないですもんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話のネタバレ

6月7日に行われた国家公安委員会・定例会の席で、三上冨貴江の携帯に義父・鬼束鐵太郎からの着信が入り、バイブの音が何度も繰り返した。委員長の鑓鞍兵衛はそのしつこさに見兼ねて出るように言う。鑓鞍に注意を受け電話に出ると、鐵太郎からではなかった。着信は夫の鋼太郎で、父・鐵太郎を殺したと言った。冨貴江は驚いてすぐに帰宅。自宅の大広間に鋼太郎と、鐵太郎の妻・祥がいて、鐵太はが血を流して倒れていた。鐵太郎は探偵を使い、冨貴江の不貞の証拠を押さえていて、それを使い冨貴江を家から追い出そうとしていたのだと、鋼太郎が説明。冨貴江の為に父を殺したが、おせっかいだったのなら自首するからどうしたらいいのか冨貴江が選ぶことになる。義父の遺体を前に冨貴江は動揺していたが、夫が殺人を犯したという事実がスキャンダルとなり、公安委員会の立場を追われることになるのを恐れた。悩んだ末に鬼束鐵太郎は行方不明として祥が警察に届けを出す。一方、特命係は青木を迎えの3人の新体制となっていた。けれど青木は部屋の隅にのれんをかけ、そこをサイバーセキュリティ対策本部・分室として杉下右京と冠城亘からは距離を置く。

鐵太郎は行方不明として処理されると思っていた鬼束家の面々だったが、所轄が捜査を始め、鋼太郎は焦った。たまらず冨貴江に連絡すると、警察署長の元へ向かう冨貴江。公安委員という立場だが、特別扱いはしないでほしいと申し出て、捜査を辞退するような形をとった。その直後、鬼束低では離れの増築と大広間のリフォームが行われた。
週刊フォトスの編集長・八津崎はネットサーフィンをしていて、鐵太郎の事件に目をつける。そして風間楓子に事件を追うよう指示を出す。
そのフォトスに掲載された鐵太郎の妻の特集が特命で話題になっていた。楓子と冨貴江は青木にとって因縁の関係があり、青木は恨み節を語りながら、調べた冨貴江の情報を話した。夫は鋼太郎で、学校法人鬼束学園の理事長・鐵太郎の息子。息子は鬼束学園の副理事長で、成林大学の学長。妻の冨貴江もまた成林大学の副学長の地位にある。冨貴江が鐵太郎の身内だと知り、事件に興味が沸いた杉下。初めに捜査をした所轄に出向き話しを聞くのだった。そして身内の一大事に便宜を受けることを拒否した冨貴江の行動に違和感を感じていた。

鐵太郎が行方不明になって2か月経った頃、離れの増築と大広間のリフォーム、そして祥の浪費がフォトスの記事になった。冨貴江は世間から疑いの目を向けられ始めていた。冨貴江が所轄の捜査も断り、鐵太郎の行方が分からず終い。心配した警視監・甲斐峯秋から特命の二人と話をするように言われ、しぶしぶ受け入れる。甲斐の命を受け、杉下と冠城は成林大学に挨拶へ行った。その後鬼束低に行き、冨貴江の土器のコレクションルームにしている離れを見学。失踪当時の話を聞いた。鐵太郎は夕食後に散歩するのが日課で、その日も血圧の薬を飲んだ後に散歩に出たと言う。しかしそれきり戻らず、散歩コースを探しても見つからなかった。しかし鐵太郎の旅行鞄といくつかの衣類がなくなっていて、家出の可能性があった。しかし2か月経った今も理由は分からない。伊丹・芹沢は特命の動きを気にかけていた。杉下・冠城がただの人探しはしないと言い、青木に詰め寄った。青木は若い後妻をもらうと早死にするという持論に杉下が「なるほど」と返答したのを良い事に、鐵太郎は死んでいると杉下が断言しているかのように話した。それは警視正・中園と警視長・内村の耳にも届いた。

甲斐警視監報から情報を得て、定例会議の日の話を鑓鞍に聞きに行く。当日、冨貴江の携帯に鐵太郎からの着信が繰り返しあり、出たときに「あなたなの?」と話す冨貴江の態度が義父に対しての口ぶりとは思えず、電話口の相手は鐵太郎ではなさそうだと言う鑓鞍。伊丹・芹沢の調べでは金に糸目もつけず、増築の予定に無理やり食い込ませ大広間をリフォームした鬼束低。疑惑が深まり、青木の言った鐵太郎の死亡説が濃くなってきた。そこで杉下・冠城は鬼束低に行き、大広間のリフォームの理由を鋼太郎に聞いた。鋼太郎は予想外の質問に動揺し、しどろもどろの理解不能な回答をする。疑惑が確信へと変わっていく杉下。鐵太郎の消えた日の前、二日の様子を祥に確認すると、風邪で臥せっていたと言う。仕事やプライベートの予定のキャンセルはどのようにしたのか杉下が聞くと、自分でやったのではないかと祥は言った。伊丹たちが確認を取ると、予定のキャンセルは全て鐵太郎の携帯からメールで行われていた。いよいよ鬼束鐵太郎は殺された可能性が出てきた。家宅捜索の令状を取るべく動き出す。

鐵太郎はすでに死んでいるという確信はあるものの証拠を掴めない特命係。伊丹たち経由で中園警視正と内村警視長に令状を取ってもらえるよう話すことになった杉下・冠城。しかしただの捜査ではなく、離れ家の基礎に遺体が埋められた可能性が高く、国家公安委員の新築の離れ家を壊すことになると言う。遺体が出ればいいが、出なければ大問題になるとしり込みする上司に、杉下の首をかけて遺体は出ると切り出す冠城。一瞬驚いた杉下もすぐに同意し、その言葉で警視副総監・衣笠の心も動かした。そして令状を取れる変わりに杉下は、遺体が出なければ辞職すると書かれた誓約書にサインをした。それを持ち特命係、一課、鑑識のメンバーが鬼束低へ行く。鋼太郎の連絡を受け、急いで家に戻る冨貴江だったが、すでに捜査は始まっていた。

離れ家の土器を運び出し、捜索を続ける警察。冨貴江は死んでいると思っているのかと杉下に聞いた。しかし証拠がないので、遺体を探していると言う杉下。鋼太郎が何とかごまかそうとしたが、リフォームの理由を聞いた時の鋼太郎のしどろもどろな態度で決め手となり、鐵太郎が亡くなっていると確信したと杉下が言った。しかし冨貴江はこれ以上探しても土器しか出ないからやめるように言ったが、特命の二人は引き下がらない。重機を使い建物を壊し、基礎が見える所まで来ると、遺体が出るまで徹底的に探した。とうとう基礎も全て掘り起こしたが、ついに鐵太郎の遺体は出てこなかった。その頃、鐵太郎の件を追いかけていたフォトスの編集者・楓子が冨貴江の写真を見ていた。そこには不審な動きをする中迫の姿があった。 大がかりな家宅捜査が終わり、遺体が出なかったので約束通り、雑務が終わり次第警察をやめると言う杉下。青木が冠城の責任を問うと、特命係を杉下の代わりに盛り上げるのが自分の役目だとし、辞めないと言った。

スポンサーリンク

相棒17第2話(1話)ネタバレ感想やあらすじの紹介【水谷豊・反町隆史主演ドラマ】

2018.10.19

「相棒シーズン17」第2話あらすじや感想とネタバレ

 

第2話あらすじ

右京(水谷豊)が進退を懸けて臨んだ鬼束家の離れ家の捜索が空振りに終わり、退職はもはや既定路線になっていた。しかし、右京は“残務処理”という名目のもと、亘(反町隆史)と共に捜査を続行。鋼太郎(利重剛)がいまだ手放せないでいる鐵太郎(中田博久)の携帯電話を足掛かりに、隠蔽に荷担している祥(谷村美月)ら鬼束家の面々に心理的な圧力を掛けていく。ところが、「週刊フォトス」の楓子(芦名星)が、警察の横暴な捜査で家一軒が破壊されたというセンセーショナルな記事を掲載したことで風向きが変化。「それでも国家公安委員として警察への信頼は揺るがない」という冨貴江(とよた真帆)のしたたかなコメントにより、警察は動きを封じられる。それと共に、右京は正式に辞表の提出を求められ、絶体絶命の窮地に。いっぽう、国家公安委員長である鑓鞍(柄本明)は、委員の一人である冨貴江の動向を静観していたが…!? 週刊誌の記事を受け右京の辞職が確定的に… 国家公安委員による完全犯罪がついに成立!? 策謀渦巻く難事件が驚きの結末に向けて加速する!

 

第2話の反応と期待の声

 

 

 

 

第2話の展開予想

特命の反撃と予告があったので、右京さんが即クビになる訳ではなさそうです。残務処理という名目で捜査を再会するようで、青木は協力するのか。青木の言動にも注目ですね。家宅捜査が行われた時に鋼太郎は鐵太郎の携帯を使って冨貴江に連絡を取っていました。どうして捨てずに持っているのかも気になるところで、その携帯の履歴などから鬼束家の面々を追い詰められそうです。1話の最後の方でフォトスの編集者・楓子が中迫の写真を見て笑っていました。第二弾の記事の内容が右京さんの動きを抑えることになりそうです。あらゆるピンチをどう乗り越えるのか。冠城・青木は一丸となって右京さんのピンチを救えるのか。来週も見どころ満載の予感ですね。

 

第2話の感想やネタバレ

 

第2話の感想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2話のネタバレ

杉下のクビをかけて遺体の発掘に乗り込んだが思うような成果は上がらず、甲斐は特命係を冨貴江の元へ送り込んだことを謝った。話の最中に冨貴江のスマートフォンが鳴り、甲斐は鐵太郎の名前が表示されていることに気がついた。電話は綱太郎からで、杉下・冠城が謝罪に来ているとのことだった。甲斐は鐵太郎の名で冨貴江に着信があったことを杉下・冠城に知らせる。杉下と冠城はそれぞれ鐵太郎の携帯電話に電話をかけるが、鐵太郎の携帯電話を持ち歩いている綱太郎は、未登録の番号からの着信に怖がり、電話に出ない。祥は早く電源を切るように言う。いつ辞職するのか青木が尋ねると、杉下は残務整理が終わってからだと答える。冨貴江は2件の電話番号が杉下・冠城のものだと突き止め、自分たちへの挑発だと予想する。携帯電話の処分に悩む綱太郎は、冨貴江に言われて遺体を安全な場所に移す時に、遺体の側に隠すことにした。綱太郎は遺体を移すことをためらったが、冨貴江は行方不明者が死亡扱いになるまでの7年間、遺体がいつ発見されるかわからない不安を抱えたまま生活するのを嫌がったのだ。

そんな中、楓子は冨貴江と中迫の不倫の証拠写真を見せてきたが、冨貴江の不倫をフォトスの記事にしない代わりに、特命の二人が鬼束邸に出入りしている理由を聞かせるように交渉してきた。その後発売された週刊フォトスには、警察によって家が一軒破壊される家宅捜索が行われたが、国家公安委員の冨貴江は警察を恨むことなく理解を示しているという記事が掲載されていた。警視正・大河内は記者会見で警察の捜査に落ち度はないことを主張し、家宅捜索の当該捜査員は懲戒免職にならないと話すが、それは建前であり、当該捜査員の杉下には辞表を書くように勧めてきた。副総監・衣笠は、冨貴江と杉下のどちらが失脚しても都合がいいと考えていたが、この状況は冨貴江に軍配が上がったと話す。警視・角田は杉下が判断を見誤るとは思えずにいたが、当の杉下は余裕の笑みを浮かべているのだった。

鬼束邸では離れを立て直すため、基礎にコンクリートを流し込もうとしていた。杉下・冠城がこのタイミングを狙ってやってきたのは、犯人は一度捜査したところが再び捜査されるとは思えず、コンクリートを流してしまえば半永久的に見つかることがないという理由から、基礎の下に遺体を移したのではないかと予想したからだった。そして、地面を掘り起こすと、鐵太郎の携帯電話と袋に入れられた鐵太郎の遺体が発見された。司法解剖によると、死後2ヵ月経っていることが明らかになった。事情聴取に応じる冨貴江は、綱太郎が縄文土器で鐵太郎の頭を撲殺したのだと主張するが、綱太郎と祥は、富貴江が鐵太郎の顔にクッションを押し当て窒息死させたと主張する。双方の主張は完全に食い違っていた。死因は窒息死と断定され、鐵太郎の頭には外傷もなく、冨貴江はでたらめな証言をしていると思われてしまう。鐵太郎の携帯電話の指紋は、一切残っていなかった。鬼束学園の顧問弁護士・善波が弁護にやってくるが、冨貴江と綱太郎・祥で意見が対立していて双方を弁護することはできないと頭を抱えている。
拘置所で一晩過ごすことをプライドが許さなかった冨貴江は、事情聴取に素直に応じ証拠隠滅をしない約束で拘束を解いてもらい、善波には鑓鞍への伝言を頼んだ。鑓鞍が用意したホテルの一室で、鑓鞍は冨貴江に国家公安委員を辞任するように勧めた。冨貴江はおとなしく書類にサインした。鑓鞍は書類を受け取り、足早にその場を立ち去ろうとする。すると、甲斐の指示で特命の二人がやってきた。この部屋は、鑓鞍と甲斐が冨貴江を思い、相談して借りたのだと言う。冨貴江は仕方なく杉下・冠城を招き入れ、はじめはだんまりを決め込んでいたが、ついに洗いざらい話すのだった。

冨貴江は定例会中に電話をかけてきたのは綱太郎だったと認め、綱太郎から「親父を殺した」と聞き、慌てて帰宅した冨貴江が見聞きしたすべてを語り始めた。綱太郎は「不貞を理由に冨貴江を鬼束家から追い出そうする鐵太郎を殺したのは、冨貴江のためだった」と話したとのことだが、その動機は冨貴江が鐵太郎を殺す動機にもなり得る。この点をついた綱太郎は、犯行前日に冨貴江は綱太郎と離婚するように鐵太郎に言われ、翌日、鐵太郎が高血圧で倒れたと連絡を受けた冨貴江はを鎮静剤を注射され椅子で寝ている鐵太郎の顔にクッションを押し当てて殺害したのだと、主張してきた。冨貴江は身に覚えのないでたらめだと言って否定するが、鐵太郎が鎮静剤を投与されたのはまぎれもない事実であり、医師も処方を認めているのだった。祥の証言では、自分は犯行現場におらず綱太郎から話を聞いたとのことだった。冨貴江は血を流して倒れていた鐵太郎と割れた縄文土器を見たと必死に主張するが、鐵太郎の頭にできた傷を自分の目で確認するべきだったと杉下から言われてしまう。犯行現場はリフォームされてしまい、血痕のついた絨毯も、割れた縄文土器も何も残っていないため、冨貴江の供述を証明するものは何も存在しない。大広間のリフォームを提案したのは冨貴江自身であり、これまで最善だと思い選んできた事柄すべてが、冨貴江にとって不利な状況を作り出していた。冨貴江は一度手にした国家公安委員というステータスにしがみつくあまり、他人の落ち度で失うのが我慢できず、死体遺棄に加担してしまったと話す。

杉下は祥に自身の疑問をぶつける。綱太郎を殺した犯人を告発せずに、犯人と結託して死体遺棄したのは何故なのか。祥は、冨貴江をかばう綱太郎に泣いてすがられたからだと話す。祥は綱太郎への愛情もなく、犯人への怒りもなく、綱太郎の冨貴江をかばう強い感情にほだされたのだと、杉下は解釈した。次に、杉下・冠城は綱太郎を事情聴取する。妻に浮気された夫が妻の犯行をかばうのが腑に落ちないという冠城の疑問に、惚れた弱みだと答える綱太郎。今度は杉下が、鐵太郎の死後も、綱太郎が鐵太郎の携帯電話を使用していた理由を尋ねる。すると、またも惚れた弱みだと言い、自分からの電話には出ない冨貴江に出てほしいから、鐵太郎の携帯電話を使っていたのだと答える。しかし、楓子は綱太郎と冨貴江の夫婦仲は冷めきっていて、綱太郎は祥と恋仲にあると暴露した。この話を聞いた杉下は、「惚れた弱み」の意味がようやく理解できたのだった。杉下・冠城が鬼束邸の大広間にいると、善波がやってきて、自分は綱太郎の弁護をすることになったと話す。杉下が、この屋敷に小動物がいなかったか尋ねると、アライグマがいたことを話してくれた。ある日、屋敷に現れたアライグマを駆除するはずがペットとして育てるようになり、祥が餌やりをしていたと言うが、アライグマはいつのまにか姿をくらましていた。納戸を調べるとアライグマを飼っていたと思われるケージが見つかり、首輪に付着した毛はアライグマの毛であることが判明する。

関係者を集めた杉下は「鐵太郎さんを殺したのはあなたですね?」と祥に詰め寄った。そして、綱太郎と冨貴江の供述で最も異なるのは「血」であり、絨毯に赤い染みを作るほどの血液をどうやって調達したのか…冠城が、遺体にはアライグマの血が付着していた事実を伝えた。血のりを用意する必要があったが、鐵太郎の遺体から血を抜くわけにもいかず、ペットとして飼っていたアライグマが犠牲になったのだ。とはいえ、祥が殺したと断言する理由を求める冨貴江に、杉下が「惚れた弱み」だと話すと、冨貴江はすぐに状況を理解した。綱太郎は祥をかばおうとするが、祥が犯人だと鐵太郎の遺産相続上は冨貴江に好都合であり、これでは冨貴江の協力は得られないと判断し、自分が殺したことにすればいいのだと思いついた。綱太郎が犯人だと綱太郎は遺産の相続権を失い祥が全遺産を相続することになり、富貴江は簡単には告発できないと考えてのことだった。冨貴江はお金を理由に自分が加担したと思われたことに腹を立てるが、夫婦の利害が一致し鐵太郎の遺体を遺棄したことには違いない。さらに綱太郎は遺体が見つかった時を想定して遺体に偽装工作を施したため、冨貴江と綱太郎の供述は食い違っていたのだ。あの日、祥が鐵太郎の顔にクッションを押し当てて殺そうとしているのを綱太郎が必死で止めるが、鐵太郎は絶命していた。取り乱す綱太郎が祥を責めるのに対し、祥は気丈な一面を見せたかと思えば「お金を自由にさせてくれない鐵太郎が悪いのよ」と言い、気弱な面を見せた。綱太郎は祥を抱きしめ、罪から逃れる方法を考えようと祥に声をかけるが、祥は微笑んでいた。まずは3人を死体遺棄の容疑で逮捕することになり、その場に同席した伊丹・芹沢が3人を連行する。杉下は一行を呼び止め、冨貴江が遺体を土の中に埋めてくれたおかげで腐敗を防げたのだと感謝を示すが、冨貴江は苦笑する。後日、甲斐は冨貴江に面会し、冨貴江に再挑戦を勧めるのだった。以前の甲斐は失敗する人間はそこで終わりだと思っていたが、息子・亨が罪を犯したことを機に考えを改めていた。衣笠が特命係を訪ねてやってきて、杉下がサインした誓約書は目の前で破棄されたが、杉下の辞表は衣笠が持ったまま。衣笠は、これまでと変わらぬ態度で杉下に宣戦布告をするのだった。

 

「相棒シーズン17」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

相棒シーズン17動画を見逃し配信視聴!PandoraとDailymotionも【水谷豊・反町隆史主演ドラマ】

2018.10.17

 

「相棒シーズン17」初回(第1話)と第2話のネタバレ感想やあらすじの紹介まとめ

 

このシーズンから新しい第三の男が杉下右京と冠城亘の特命係に加わるようですね!この男の出現で、ドラマはどのような展開を見せるのか、注目です!

異例の4年目に突入した冠城亘(反町隆史さん)は、ドラマと共に新境地へと足を踏み入れると宣言されています!こちらも併せて、楽しみにしたいと思います!

本記事では、『相棒season17』の各話数の詳細のネタバレと感想やあらすじを紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

相棒17視聴率速報や一覧と推移!初回(1話)から最終回まで随時更新【水谷豊・反町隆史主演ドラマ】

2018.10.18

相棒シーズン17動画を見逃し配信視聴!PandoraとDailymotionも【水谷豊・反町隆史主演ドラマ】

2018.10.17

【相棒17】ネタバレ感想!あらすじも最終回まで随時更新【水谷豊・反町隆史主演ドラマ】

2018.09.25

【相棒17】のキャストとロケ地まとめ!相関図や主題歌情報も紹介【水谷豊・反町隆史主演ドラマ】

2018.09.24

スポンサーリンク