忘却のサチコ第6話(5話)ネタバレ感想やあらすじの紹介【11月17日・高畑充希主演ドラマ】

高畑充希が主演を務め、阿部潤氏の人気グルメ漫画をスペシャルドラマ化した『忘却のサチコ』(1月2日放送)が、テレビ東京の「ドラマ24」枠で連続ドラマ化することが決定しました!

こちらの記事ではドラマ『忘却のサチコ』の第5話と次回の第6話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

忘却のサチコ動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【高畑充希主演ドラマ】

2018.10.19

ドラマ「忘却のサチコ」第5話あらすじや感想とネタバレ

 

第5話あらすじ

姿を消した婚約者・俊吾(早乙女太一)を忘れられない幸子(高畑充希)を見かねた後輩・橋本(逢沢りな)は「過去の恋愛を忘却するには新たな恋!」と合コンに誘われる。幸子は橋本の熱心な誘いに、俊吾を忘れるために合コンに初参戦することに!
橋本が合コンでの「モテる技術」を伝授するも空回りしてしまう幸子。そして、ついには大暴走してしまい…!?そんな中、合コンで幼馴染・梶(清原 翔)と再会することに!梶から「佐々木は俺の初恋の人や」と打ち明けられた幸子。偶然の再会と告白に戸惑いながらも、新たな恋に踏み出すべく、梶とのデートに挑む幸子だったが…
幼馴染の登場と共に“なつかしさ”を呼び起こす給食の定番が登場!さらに、誰もが知るなつかしの昭和グルメ・ナポリタン!
一味違う「大人ナポリタン」とは!?

 

第5話の感想やネタバレ

 

第5話の感想

 

 

アントニオ猪木の顔真似が最高(笑)

 

 

 

 

 

 

今回はこのお店でした~!梶くんありがとう~!

 

元婚約者を忘れる為のデートとか言われたら泣く

 

 

 

 

 

第5話のネタバレ

恋は上書きだと主張する橋本から、合コンに誘われる幸子。慣れていない幸子は、橋本に振る舞い方の指導を頼んだ。]

合コン当日、自己紹介の内容を覚えておく事という橋本の指導を、議事録を取るなど過度に行い、周囲から浮いていた。また、同調行動で好感を得るという教えから、全ての注文に同調し、飲み過ぎてしまう。幸子がベロベロに酔っぱらった頃、小学校の同級生・梶 幸聖(清原 翔)が遅れて参加する。

眠って俊吾の夢を見た幸子が起きると、梶以外は二次会に行っていた。梶は自分の事を覚えていないかと尋ねるが、全く見当が付かない幸子。梶は無理に思い出させようとはせず、何か食べに行こうと幸子を誘う。

梶は、屋台の揚げパンをご馳走しようとするが、奢りはだめだとお金を払う幸子に、「変わらんな~」と呟いた。幸子は、ふわふわでもちもちのパン生地にきな粉の甘味が溶け込む優しい味を懐かしむ。昔を思い出した幸子は、隣にいるのは、小学生時代牛乳で周りを笑わせていた梶だと気付く。幸子は、16年も経つのに梶がすぐに自分だと気付いた事に驚く。梶は、幸子が昔と変わらない事、初恋の人だった事を告白し、幸子をデートに誘った。

次の日、幸子は橋本にデートの事を相談し、心得の伝授をお願いした。

まずは服装からと教わった幸子は、デート当日、白いロリータ系の洋服で臨んだ。幸子の服装を見て、イメージと違うが可愛いと言った梶に、先を越されたと感じる幸子。何故なら、心得①『とにかく褒めまくる』を、梶にやられたと思ったのだ。幸子は、咄嗟に「可愛いのは梶君です。」と不自然に褒め、心得①を達成したと勘違いする。心得②『ボディータッチ』、さりげなく触るよう心がけた幸子は、毛繕いする猿と同じように、そっと梶の背中に触れる。しかし、気付かれない程さりげなく、効力は無かった。梶が、昔は猿に似ていたが、今は背が伸びすぎたと自虐した事に対し、心得③『相手の言う事を全て肯定する事』の通りに、そのまま肯定してしまう。そして、心得④『上目遣い』を実行するが、顔が強張って不気味になってしまう。その後、ヤマアラシを見た梶が、幸子に似ていると言う。幸子は、昔俊吾に、亀に似ていると言われた事、亀のキーホルダーをプレゼントされた事を思い出す。そのキーホルダーを眺めながら歩いていると、落としてしまう。幸子が拾おうとした時、取ろうとした梶と手が触れる。動揺した幸子は、梶に今日は様子がおかしいと言われ、結婚式当日に逃げられた事、その人を忘れる為に梶とデートした事を話してしまう。それを聞いて落ち込んだ梶は、今日はもう帰ろうと言って歩き出す。しかし、「もうちょっとだけええか」と幸子を喫茶店『泥人形』へ誘った。

しばらくするとナポリタンが運ばれてくる。そのナポリタンは、ケチャップだけでなく、トマトを入れたソースでコクと旨味が増していた。懐かしい味ながら、大人の口に合う味、『大人ナポリタン』と称した。ベーコンとソーセージ、椎茸やイカ、どんな具材でも合うナポリタンに感動する幸子。タバスコのピリ辛が絶妙にトマト味に合い、タバスコを日本に持ち込んだアントニオ猪木に感謝した。そして、日本人のDNAに組み込まれているであろうナポリタンの味に、まるで三丁目の夕日のようだと、「おかあさああん」と叫んだ。母の作るナポリタンを思い出し笑顔になる幸子を見た梶は、去り際に、俊吾を忘れるまで待っていると言い残し、店を出た。

後日、デートの結果を知った橋本は、梶の格好良さに、今すぐ梶に連絡しようと言う。しかし、幸子は、まだ整理がつかないと引き止めた。デートの話を盗み聞きした小林は、逃げられた幸子も前に進めるのかとしょんぼり言う。小林もデートするのかと聞いた幸子に、小林は「気になる人がいるんで」と意味深に否定した。しかし、小林の言葉の意味に気付かず、仕事に戻る幸子だった。

スポンサーリンク

忘却のサチコ動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【高畑充希主演ドラマ】

2018.10.19

ドラマ「忘却のサチコ」第6話あらすじや感想とネタバレ

 

第6話あらすじ

ある日、幸子(高畑充希)の元に宮崎で暮らす従姉妹から結婚式の招待状が届くが、結婚式当日に婚約者・俊吾(早乙女太一)に逃げられた幸子を気にかけ、母・初代(ふせえり)は幸子を引き留めようとする。しかし、従姉妹をお祝いしてあげたい一心で宮崎へ向かうことを決意した幸子だったが、“ある症状”を抱えていて…。幸子は結婚式までに“ある症状”を克服するため、宮崎の美食で忘却を試みようと観光タクシーの運転手(温水洋一)に宮崎のおいしいもの巡りを頼むことに!そこで幸子が出会ったのは宮崎名物の数々だった!さらに観光地・青島ではある言い伝えを聞いた幸子は…隠れた美食の宝庫・宮崎編!俊吾とまさかの再会!?

 

第6話の反応と期待の声

 

 

 

 

第6話の展開予想

来週はは宮崎グルメか~!海鮮からご当地グルメまで、美味しそうな物がたんまり出てくるなあ~!次回も飯テロ確定、心して見よう!ゲストは温水さん!宮崎弁?の温水さんと幸子の掛け合いで、ますます笑える回になりそうwwすでに笑ってます(笑)そしてそして、またもや俊吾さん!?またもや、幻のフラグ立ちまくってますが、本物の俊吾さんである事を願ってます!予告では、幸子のコスプレないから、来週は見れないのか!?

 

第6話の感想やネタバレ

 

第6話の感想

 

甘いお醤油で食べたいです!

 

旨すぎて頷くしかない幸子(笑)

 

 

温水さん宮崎出身なんだ!知らなかった!

 

 

結婚が言えない結果こうなりました笑

 

 

 

 

 

 

 

 

温水洋一さん演じる日高の、あったかい人柄と宮崎弁でより宮崎紀行感増してたね(笑)幸子、「結婚」が言えないくらいダメージ残ってたけど、必死の結末が「けこす」はわろた(笑)結果的に、悟り開いて「結婚」言えて良かったね。そして、俊吾さん登場!!また幻じゃないかと疑ってるよ(笑)今回は、アゴユズスープに始まり、マンゴー、海鮮まで、これまでで一番グルメな回だったね!!個人的には、マンゴーのみずみずしい絵面が最高に飯テロだった(笑)

 

第6話のネタバレ

従姉妹のあゆみの結婚式の招待状を眺める幸子。傷が癒えていない事を気遣う母に、幸子は出席する旨を伝える。しかし、「結婚」と言おうとすると、どもってしまう程、結婚式がトラウマになっていた。それでも頑張ると決意した幸子だったが、ストレスをぶつけるように、何度もおりんを鳴らすのだった。

結婚式に向かう飛行機内で、幸子はアゴユズスープを注文し、柚の香りとあごだしの旨味を堪能する。宮崎に降り立った幸子は、予約していた観光タクシーの運転手・日高(温水 洋一)に声をかけた。初めて宮崎に訪れた幸子を温かく迎えてくれる日高に、行先を伝えようとするが、「結婚」が言えない。結婚式までにこの症状を治そうと何度も試みるが、言えなかった為、”しかるべきその時”までに宮崎の美味しい物が食べたいと日高に申し出た。「ふるさと料理 杉の子」に案内された幸子は、チキン南蛮と冷汁を注文する。まずはチキン南蛮。タルタルソースと控えめな衣が鶏肉の味を引き出していた。続いて出された冷汁を珍しがる幸子は、店員に教えられた通りに、冷汁を麦飯に入れて一口啜る。想像していた冷たいみそ汁とは異なり、あっさりしているのにコクがある味で、一気に完食した。「これが宮崎」と感動した幸子は、スピーチの練習を始める。しかし、まだ「結婚」が言えず、落胆し、よろけながらタクシーへ戻った。

落ち着くまで停車していた日高は、幸子に冷汁の感想を聞く。美味しかったと応えた幸子に、宮崎の良さはこれからだと乗り気になり、幸子をタクシーの外へ連れ出した。商店街を少し歩き、日高は宮崎名産のマンゴーを勧めた。幸子は、綺麗なオレンジ色のマンゴーを見ながら、『太陽のタマゴ』と呼ばれる宮崎のマンゴーについて話す俊吾を思い出す。一緒に食べてみたいと言った俊吾は、その直後、幸子にプロポーズし、毎日一緒に居たい事を伝えた。料理をしながら聞いていた幸子は、結婚すれば経済的で社会的信用も得られるなど、理論的な賛成をしてしまう。その瞬間、俊吾は寂しい顔をしたのだった。幸子は、こんな冷たい自分に他人を祝福する資格はないと卑下し、東京に帰ると言い出した。しかし、日高に強引に勧められ食べたマンゴーの甘さに驚き、思い留まる。

日高は、幸子を女性に人気の神社へ連れて行った。『縁結び』と書かれた看板や、参拝するカップルに怖気づいた幸子は、急いで日高の所へ逃げ戻った。やはり東京へ帰ると言う幸子を引き止めようと、日高は見つけると願いが叶う貝・宝貝を探しに行くよう提案する。『願いが叶う』に反応した幸子は、砂浜へ走り、砂をかき分けて探した。途中諦めかけたが、近くの人が見つけているのを見て、汗だくになって1つ見つけた。そして、神社の元宮にお供えし、あゆみの幸せを祈った。『縁結び』の文字を見ないよう、必死に戻った幸子は、ハネムーンの聖地と呼ばれた宮崎の話をする日高の前で、「ぎゅるるっ」とお腹を鳴らした。

日高は、地元の人もよく行く安くて美味しい海鮮料理の店『港あおしま』へ連れて行く。青島どれ海鮮定食を注文した幸子は、たくさんの刺身が乗る皿を見て、贅沢に感じた。まずはカンパチ。ぷりぷりの身を味わうと、醤油が甘い事に気付き、驚く。シマアジは程よく脂が乗り、トロトロ。湯引きハモはコリコリの歯ごたえと酢味噌の酸味が良く合う。柔らかくて甘いハガツオは、あぶりの香ばしさが良いアクセントになっている。お刺身には珍しい太刀魚は甘くて柔らかく箸が進む。ほかほかのご飯と新鮮な刺身のコンビネーション、未知なる甘い醤油で「無敵のトライアングルが完成しました」と称賛した。そして、眺める青島の美しさに、お祝いの言葉をちゃんと言わなければと、前を向くのだった。

あゆみの結婚式へ出席した幸子は、来てくれてありがとうと感謝するあゆみに、「結婚おめでとう。」と穏やかな表情で言った。ホテルにチェックインして部屋へ向かう幸子は、何かに引き寄せられるようにロビーを見ると、そこには清掃員姿の俊吾がいたのだった。

 

ドラマ「忘却のサチコ」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

忘却のサチコ動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【高畑充希主演ドラマ】

2018.10.19

 

ドラマ「忘却のサチコ」第5話と第6話のネタバレ感想やあらすじの紹介まとめ

 

高畑充希が主演を務め、阿部潤氏の人気グルメ漫画をスペシャルドラマ化した『忘却のサチコ』(1月2日放送)が、テレビ東京の「ドラマ24」枠で連続ドラマ化することが決定しました!お馴染みのキャスト陣の続投も決まり、また新キャストも加わり、盛り上がっています!

この記事では、ドラマ『忘却のサチコ』を各話ごとに詳細にネタバレとあらすじや感想を更新していきますので、ぜひご覧ください!

忘却のサチコ動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【高畑充希主演ドラマ】

2018.10.19

忘却のサチコ視聴率速報や一覧と推移!初回(1話)から最終回まで随時更新【高畑充希主演ドラマ】

2018.10.16

忘却のサチコ原作ドラマネタバレ感想!初回(第1話)から最終回まで随時更新

2018.10.06

忘却のサチコキャストやロケ地!相関図や主題歌の紹介

2018.10.04

スポンサーリンク