【中学聖日記】第10話(9話)ネタバレ感想やあらすじの紹介【12月11日・4日/有村架純主演ドラマ】

2018年10月秋ドラマ、TBS火曜夜10時は有村架純さん主演の、『中学聖日記』が2018年10月スタートです!

有村架純さん演じる主人公は、教師で婚約者がある身ながら、10歳下のある生徒に惹かれていく・・・。禁断の純愛ストーリーが、胸の奥をチクチク、ヒリヒリさせます。

原作はマンガ雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で人気連載中の「中学聖日記」で、脚本は映画「ボクの妻と結婚してください。」、「羊と鋼の森」などを手掛けた金子ありささんです。

こちらの記事ではドラマ『中学聖日記』の第9話と次回の第10話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

中学聖日記動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【有村架純主演ドラマ】

2018.10.09

ドラマ「中学聖日記」第9話あらすじや感想とネタバレ

 

第9話あらすじ

父・康介(岸谷五朗)からの手紙に書かれた「山江島」という言葉を頼りに、父を探すため家を出て一人フェリーに乗り込んだ晶(岡田健史)。二度と晶とは会わないと決めていた聖(有村架純)だったが、晶の言動を放っておけずフェリーに飛び乗る。そして、翌日二人は山江島に到着して…。一方で、息子を失う不安に駆られた愛子(夏川結衣)は、思い余って勝太郎(町田啓太)の会社を訪ねていた。周囲を顧みない、まるで逃避行のような二人の行動に苛立ち、聖に何度も電話をかける勝太郎。そんな彼の様子を、心配して見守る原口(吉田羊)。そんな中、聖と晶は山江島で非日常なひとときを過ごし、気持ちの変化を感じていた。今までの自分に起きたこと、そして胸の内を話す聖を見て、晶の中に聖を思う気持ちが再び込み上げてくるが…。

 

第9話の感想やネタバレ

 

第9話の感想

 

 

 

 

いいパパ

 

ほっこりするなあ〜

 

 

 

黒岩はまだ子どもだったんだと感じる発言笑

 

 

 

 

タメ口は本気で心配した気持ちの表れですね、、

 

 

ついに、思いが通じ合いましたね!!

 

第9話のネタバレ

船が出航して帰れなくなった聖は諦めた。黒岩は、日本に帰って来た父・島崎 康介(岸谷 五朗)に会いに行くという目的を伝えた。
島に到着し、康介が材木店にいるという情報を掴んだ2人は、材木店を訪れた。康介は正体を隠そうとしたが、黒岩が父だと見抜き、久しぶりの再会を喜んだ。
聖は無事再会できた為帰ろうとするが、翌日まで帰りの船がなかった。また、島の祭りでホテルが空いておらず、聖は康介が暮らす家に泊まる事になった。
聖と黒岩は、康介の釣り仲間の家族と食事をした。黒岩は愛子に連絡していない事を康介に伝えるが、康介は黒岩の気持ちを受け入れ、愛子には連絡しなかった。
黒岩が聖の元にいると考えた愛子は、勝太郎を訪ねた。勝太郎は聖に電話をかけるが、繋がらなかった。
愛子との離婚の理由を聞いた黒岩に、康介は愛を知ったら教えるとはぐらかした。しかし、黒岩は聖が好きな事、これ以上はないほど好きな事を打ち明けた。

携帯を置いて出かけた聖は、黒岩と自転車で2人乗りをして、商店街を目指した。必要な物を買った聖と黒岩は、寄り道をし、浜辺で夕日を眺めていた。聖は、3年前の事を小学校で打ち明けた事、それによって副担任を外された事、それでも諦めずに続けたい事を不安そうに話した。咄嗟に聖を抱きしめた黒岩は、「守ります、この先ずっと」と言う。そして進学せずに就職するという黒岩の考えに驚いた聖は、黒岩を冷たくあしらうのだった。

康介の家へ戻り、勝太郎からの着信に気付いた聖は、勝太郎に黒岩と一緒にいる事を話した。勝太郎は聖の話を聞かずに、聖に怒鳴った。見かねた原口が電話を切り、勝太郎に頭を冷やすよう伝えた。黒岩が愛子に連絡していな事を知った聖は、誤解される事を恐れ、康介の家を後にした。
愛子に連絡しようとする勝太郎に、原口は聖への未練がないのであれば放っておくよう訴えた。しかし、原口の思いに沿わず、勝太郎は愛子に聖と黒岩が一緒にいる事を伝えるのだった。
翌日、乗船所で朝を迎えた聖は、暴風雨の為フェリーに乗れず、キャンプ場のバンガローでもう一泊する事になった。
一方、勝太郎は、原口に昨晩の事を謝罪するが、原口は聖に嫉妬している事を打ち明け、仕事に専念すると決めた。そして、勝太郎の海外赴任を推薦する事を決断し、別れを告げるのだった。

黒岩は康介に、愛子が理解してくれないと愚痴を言った。康介は愛子との過去を話し始めた。黒岩が幼い頃、康介は酒癖が悪かったり、赤ん坊の黒岩が泣き始めると愛子を責めたり、最終的には喚き散らして家から逃げたという。愛子は康介の悪事を黒岩には伏せ、一人で黒岩を守り続けていたのだ。そして、こうすけは、聖が本当にすきなら愛子にわかってもらえるよう努力する事、立派な大人になる事を促すのだった。

その頃、バンガローへ向かう聖は、斜面から滑り落ちてしまう。黒岩と康介の元に、聖がバンガローの受付に来ていないという知らせが入り、黒岩は家を飛び出した。豪雨が降る中、怪我をして立ち上がれない聖は、助けを求めて叫んだ。その声が、近くを通った黒岩の耳に入り、聖を見つける。黒岩は「何で連絡しないんだよ!」と聖を叱った。そして、聖をおぶって近くの小屋へ避難した。

聖はタオルで体を拭くよう促すが、黒岩は聖に近づくのを拒んだ。そして、黒岩はこの状況はすべて自分のせいだと言った。聖は、学校を辞める事になったのもすべて黒岩のせいだと責めたが、黒岩への気持ちが混乱し、今は何のせいにしたらいいのかわからなくて苦しいと伝えた。そして、聖も黒岩とキスをした日のままだと正直に話し、涙を流しながら「黒岩くんが好き」と言った。黒岩は優しく聖を抱きしめ、2人はキスをした。 その頃、黒岩を取り返したい愛子は、聖の実家を訪れていたのだった。

スポンサーリンク

中学聖日記動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【有村架純主演ドラマ】

2018.10.09

ドラマ「中学聖日記」第10話あらすじや感想とネタバレ

 

第10話あらすじ

キャンプ場で一晩二人きりの時間を過ごし、ついに想いが通じ合った聖(有村架純)と晶(岡田健史)。島を出る日、晶は愛子(夏川結衣)に連絡を取るが、メッセージを受け取った愛子の表情は何かを感じたのか曇ったままだった。東京の港へ戻ると、聖を迎えたのは聖の母・里美(中嶋朋子)だった。里美が聖の言葉に耳を傾けることなく、聖と晶は再び引き離されてしまう。翌日、改めて二人は愛子を訪ね、里美は娘のしたことについて謝ろうとするが、意を決した聖は晶に対する想いを愛子に正直に告げるも、愛子から思わぬ言葉を投げかけられる…。一方、晶は将来的に自立し聖との関係を認めてもらうため、進学することを決める。そんな中、晶の元にある人物が訪ねてきて…。一度は想いが通じ合った晶と聖、それぞれの立場で新たな決断を下すことになる…。

 

第10話の反応や期待の声

 

もう〜どうなっちゃうのー?勝太郎どうゆう事ー?

 

引いた冷めたはきっと聖を守るためだよね?

 

なんでこんなに説得力あるの〜

 

第10話の展開予想

終盤に近づき、やっとの思いで心が通った2人。母にも、千鶴にも反対されてどんどん孤独になっていく聖に、更なる試練が待ち受けていますね。社会的に認められない苦しさに、聖と黒岩はどう立ち向かうのか、、、。そして、聖の思いは大切な人たちに受け入れてもらえるのか!?勝太郎のバックハグ、やっぱりまだ引きずってるのか!?そして、黒岩の「引いた」「冷めた」発言は一体何を意味しているのか、、、。負けるな聖!!!

 

第10話の感想やネタバレ

 

第10話の感想

 

第10話のネタバレ

待ってください 今 行きます
大丈夫ですか?
あそこで休みましょう
(聖)黒岩君のせいよ
全部
黒岩君のせい
もし
黒岩君に会わなかったら
学校 辞めることもなかった
ずっと先生 続けられた
でも もう分からない
どんな理由つけたらいいのか
何のせいにしたらいいのか
黒岩君が好き
好き
今のままじゃ分かってもらえない
先生だけが責められて
何もかも しょわせるのは嫌だから
ありがとう
(寝息)
(ドアが開く)
(梶尾)アッハハ
ああ やっぱり ここにいた
よかった 生きてたか~
《守ります この先ずっと》
《(勝太郎)今 自分がやってる
ことが どれだけ騒ぎになるか》
《分かってやってんのか!
下手すりゃ犯罪だぞ》
お世話になりました
(島崎)おう
それだけ?
(島崎)これな 蜜ろうっていって
蜜蜂の巣からできる
こうやって
ヒビ割れを修復する
たぶん俺は
愛子さんに
手紙を送り続けることで
昔 つくっちまったヒビを
少しでも
埋めようとしたんだと思う
まあ 木と違って
人にできたヒビは
なかなか埋まらんけどな
でも
お前は まだ間に合う
ありがとう
また ここに来るよ
父さんに会いに
島崎さん
あっ これ よかったら
あっ すみません
あの 色々 助けていただいて
ホントにお世話になりました
いえ
晶… あっ…
晶を
よろしく
先生
(愛子)来た 晶から
(上布)えっ? ちょっと
(上布)はあ~ ついに
これで プチ家出も終了か
はあ~ よかった
(愛子)帰ってくるのね あの人と
(船の汽笛)
(携帯着信)
今度こそ かけてくれますか?
また先生と会いたいです
黒岩君のお母さんに
ちゃんと話さないと
僕も進路 決めます
認めてもらえるように努力して
先生と
これからのこと考えたい
ありがとう
心配かけました
お母さん…
(里美)何やってるの 聖
あなた 一体 何やってるの?
違います
晶君
ちょっと待って お母さん 話…
いいから来なさい
先生!
先生!
(里美)そもそも最初
向こうから電話があって
様子が変で それで心配になって
追いかけたのね?
そう それで…
フェリーが たまたま欠航になって
帰れなかった
黒岩君は お父さんの家に
そう でも…
先生だから心配だった
それだけね?
最初は本当に…
何だ
あ~ ビックリした
私はもう てっきり
あんた達がバカなことを…
黒岩君のお母さんも
ホントに心配されて
《娘さんのことで
お話があります》
《息子が帰ってきません》
《方々捜して ようやく》
《末永先生と
一緒にいると分かりました》
《今すぐ》
《連絡とっていただけますか?》
(里美)でも あなたの携帯
つながらなくて
雨で濡れて 壊れて
ますます心配になって
だから…
ごめんね
叩いたりして
でも お母さん 私…
大丈夫
明日
黒岩さんのところに行って
今の話 しましょう
説明すれば
きっと分かってくださる
大丈夫
さあ
あっ ネクタイ
もう今日 学校行かなくても
いいんじゃない?
あっ 携帯
あの ちゃんと
明日からは行ってほしいけどさ
一体 何があったのか
親父さんとの話も
聞けてないし
ひとまずさ
今日のところはさ
二人で一緒に
スーパー銭湯に行って語り合うとか
帰ってきたら ゆっくり
そうですか
自分のしたことは?
ちゃんと反省してんの?
してる
だから まずは学校
行ってきます
(チャイム)
この度はどうも
どうぞ
今度のことは
息子のほうから先生に電話して
巻き込んだ形になった
そういうことなんですね?
いえ 決して
そう言いたいわけでは…
すべては
3年前から始まっています
お母様が心配されるのも当然です
重ね重ね お詫び申し上げます
(里美)聖は息子さんの
付き添いといいますか
元担任として放っておけず
お父様のもとに送り届けただけで
それ以上のことは何も
そうよね? 聖
ごめんなさい お母さん
聖っ
申し訳ありません
黒岩君が好きです
教師としてではなく
黒岩君が好きです
あなた 何言ってるの?
どうしちゃったの?
聖?
自分の言ってること分かってる?
分かってます
どう責められても 何も言えません
でも…
だったら
やめなさい そんな
何度 同じ間違い
繰り返せば気が済むの?
黒岩さんに謝って
もう二度と
息子さんに会わないって
約束しなさい 聖!
それはできません
もう これ以上
嘘をつき続けることは
約束します
黒岩君の生活を
妨げるようなことはしません
黒岩さんに
お許しをいただける日まで
晶をよろしく
そう言えれば どんなにいいか
けれど
とても そうは言えない
今の晶は
先生といると不安定になります
3年前もそうだった
あなた達は
自分達の気持ちを
確かめ合うのに必死で
周りが見えなくなって
色んなものを失って
このままじゃ
二人ともダメになる
今は
それぞれできることを
お互い努力して
時が来るのを待って…
「待つ」って
言ってくださいますけど
どうして信じられるんですか?
晶 まだ18ですよ?
もし途中で 晶が心変わりして
別の人を好きになって
そうなったとき
何もかも なくしてしまうのは
先生のほうなんですよ?
黒岩君を信じています
それに
もし そうなっても
後悔しません
二人が島にいると聞かされたとき
私は これは ある種の
誘拐じゃないかと思いました
晶は まだ高校生
未成年です
ましてや あなたは教師です
責任を問われるのは
当然ですよね?
聖…
(愛子)私も
言いたいことは
すべて言わずにいます
これ以上は
しかるべき措置をとります
どうか それだけは
この子
自分のしてることが
犯罪とか 処罰を受けるとか
そこまで頭が回ってなくて
今は ただ のみ込まれてるだけで
ちゃんと言って聞かせます
ホントは
ホントはいい子なんです
私が風邪をひいたときなんかは
すぐに うちに来て
手伝ってくれて…
家族思いの…
それが今は
何かの栓が抜けて あの…
すぐに 正気に戻ります
ちゃんと言って聞かせます
ですから
どうか…
これ以上は
どうかお願いします!
先生
どうか
私達の気持ちをくんでください
これ以上
ご両親を
悲しませないでください
つらい役回り
させないでください
本当にごめんなさい
あんなことまで言わせて
でも できれば お母さんには
いつか分かってほしい
本当にそこまで覚悟があるの?
あの子をとるってことは
教師はもう続けられない
今まで頑張ってきたことが
すべて無駄になる
本当にそれでいいの?
もし また会ったりしたら
今度こそ訴えられる
どうするの?
そんなことになったら
無理なのよ その恋は
諦めて
会ったよ 父さんに
聞いた さっき電話で
えっ?
今まで
父さんのこと
うまく話せなくて
ごめんね
こっちこそ
勝手なことばっか
でも 先生がいてくれて
色んなこと話せて それで俺…
今日 うちにいらした お母様と
事情は聴いた
あんた達の気持ちも
でも 到底 許すことはできない
それは言っといた
これから進路 決めて
将来のことを考える
そう思わせてくれたのは
先生だから
だから今すぐにじゃなくても
いつか母さんに認めてほしい
帰ってらっしゃい うちに
話は それから
分かった
(携帯着信)
では失礼します
(原口)お疲れ
あの 今日 このあと時間…
ダメですよね 俺達 もう別れたし
話ぐらいは聞くけど 聖ちゃん?
戻ってきたそうです
へえ~ 少年と?
戻って親御さんに堂々と宣言した
そうです 彼のことが好きだって
この先 認めてもらえるまで
待つとか何とか
そう とうとう…
とうとう おかしくなった
まるで別人ですよ あの聖が
とうとう言えたんだ
えっ?
好きだって言えるまで
時間かかったね
幸せになれるといいんだけど
はっ?
なれるわけないじゃないですか
(更紗)
うまくいかないって分かってた
行こう 店 予約してる
マジかよ
今日 もう帰るね
帰るの?
何で?
明日 学校に行って
きちんと話さないと
話すって何を?
3年前の黒岩君とのこと
保護者の方に
説明することになってる
でも 今度のことがあって
もう いられないと思う
じゃ
結局 教師は…
(末永)ごちそうさん
近いうち 今の部屋は引き払って
うちに戻ってきなさい
はい
《(児童達)~きらきら星は…》
《(児童達の笑い声)》
《(英太)先生 ダッサ》
(千鶴)聖
心配したじゃない
二日もいないから
具合でも悪かった?
(千鶴)じゃ あの元生徒と?
すみません
千鶴さんには
もっと早く
話したかったんですけど
この学校も
辞めようと思います
分かった
じゃあ教師
もう二度と
やろうと思わないで
3年前のあれは
過去のこと
もう今後はない
そう信じてたのに
いまだにだなんて
だったら教師 もうやる資格ない
申し訳ありません
見て あんたが捨てたもの
採用試験
受け直すはずだったよね
もう一回 クラスの担任になるのが目標だったよね
結局 あんた
あの黒岩っていう
10も年下の男の子との
ほんのいっときかもしれない
恋愛感情のほうが
大事だったんだよね
未成年に手を出した女教師
その事実は消えない
これから先
人の百倍 頑張ったって
もうスタートラインにすら
立てない
でも それでもいいんだよね?
好きだから
(千鶴)彼のことが好き
それが すべての
言い訳になるんだもんね
おめでとう
お幸せに
≪おはよう
(児童達の楽しそうな話し声)
ねえ ジョフィ 晶は?(上布)はーい
うん?
帰ってきてるのよね?
上に いなかったけどいや 今 コンビニに行くとか言って
出て行きましたよ
ああ
そう
(呼び出し中)
もしもし 黒岩君?
先生?
ホントに先生?
まだ携帯 買ってなくて
聞いた 母さんに
うち来てくれたって
一緒にいられなくて ごめん
大丈夫
それより学校は?
ちゃんと行ってる?
行ってるよ 家から
えっ?
家に戻ったんだ
母さんに言われて
そう
安心されたでしょうね
先生は? 学校
心配しないで ちゃんとやってる
あっ
どうしたの?
あの日と同じ
《(シャッター音)》
教えたいな あのときの自分に
何を?
誰かを好きになるって
やっぱり素晴らしいものだって
(愛子)晶!
ごめん またあとで
うん また
(電話が切れる)
どうしたの?
ちょうどコンビニに
買い忘れたもの あって
明日のパン
勝太郎さん…
えっ どうして?
お母さんが
勝太郎さんに相談してたなんて
聖と一度
話してみてくれないかって
聞いた
教師 辞めることになったって
すぐ別の仕事 探すつもり
自分で決めたことだから
あいつのせいで
はあ~
もっと前に
教師 諦めなきゃいけなかったのに
しがみついてたの
今のままだと迷惑かけるから
なら 一緒に来いよ
離して
海外赴任
シンガポール行き 決まりそうで
聖 一緒に来いよ
原口さんとは別れた
ちょっと
言われたよ
いまだに聖
引きずってるんじゃないかって
そんなはず…
そんなはずない そう思ってたけど
どうしても放っておけない
俺は あのとき
聖を突き放して
追おうともしなかった
《誰のせいで こんな みっともないばかげた状況に》
《ごめんなさい》
あのとき もっと あがいて
必死に聖のそばにいれば
俺と一緒に来れば
もう誰にも何も言われない
あいつと離れれば もう…
勝太郎さん
ごめんなさい
一緒には行けない
やめろよ
もう決めたの
おかしいって思われるぞ
聖なりに 本気なのは分かる
でも
聖が真剣になればなるほど
周りは思うんだよ
あの人 おかしいって
誰かと思い合うって ホントはもっと
祝福されて喜ばれることなのに
みんな思うんだよ
バカか あの人 変 狂ってる
それでいいのか? 聖は
そんなの
つらすぎるだろ
分かってもらえる
なんて思ってない
もう帰るね
学校 短期間で辞められてますね
二度も
どんな職種でも構いません
未経験でよければ
一から勉強させていただきます
ふう~
(携帯着信)
「黒岩君 携帯買いました」
「何かあったら 連絡ください」
ただいま
≪この物件ですか?
はい
安くてオススメなんですが
保証人いるんですよ
ですよね
ご家族でも知人でもいいんで
こちらに署名 捺印を
分かりました また改めて
聖ちゃん?
久しぶり 元気?
保証人
これ以上
私のことで
両親に迷惑かけたくないんです
何とか お願いできませんか?
早く部屋と仕事 見つけて
自立しないと
変わったね 聖ちゃん
強くなった
その逆です
もうボロボロです
でも勇気ある
人の目を恐れて
正しく生きる臆病者と
罵詈雑言 浴びながら
何かを得ようと戦う勇者
私は 勇者の味方
聖ちゃん 戦ってる
ありがとうございます
いいよ 保証人 なってあげる
ホントですか?
すみません ずうずうしくて
ご迷惑は
おかけしないようにはしますので
よろしくお願い…ごめんね ちょっと
(流水音)
(バイブレーター着信)
はい
先生
何?
すぐ切るから
うん?
最近 学校戻って
進路のこととか 色々考えて
うん
先生のことも考えて
最初は嬉しかったけど…
何か引いた
冷めた
だから
取り返しのつかなくなる前に
言わないとって
先生とのこと
今は考えられない
どうして?
もう
こういうのやめよう
じゃ
(電話が切れる)
(上布)オープンキャンパス?
うん
何となく ここがいいかなってえっ えっ えっ えっ えっ 何?
説明会行って 話 聞いてくる
(上布)いや
ここ スーパー有名なとこだよね
この前 ノーベル賞とった先生が
いるとこだよね
こんな難しいところ
よく受ける気になったわね
まだ分からない
行ってみて決める
マジで?
何か嬉しい
何か ジョフィ嬉しい ハハハハ…
えっ
ちょっと
ちょっと あっ すいません
フフフフ…
うわ すっごい
いや~
それじゃ
終わったら声かけてください
方位 吉
鬼門に水回り なし
変な邪気も感じないし
ここなら いいんじゃない?
聖ちゃん?
あっ すみません
お休みの日まで付き合わせて
おかげさまで
ここでやっていけそうです
何にもないけど
あるじゃない
聖ちゃんには彼がいる
ゆうべ
黒岩君に言われたんです
もう冷めた
こういうのはやめようって
えっ?
若いって すごいですね
もう気分が乱気流で 何が何だか
でも まあ 確かに
向こうからしたら引きますよね
いい大人が本気で来られても
そんなのも分かんないで
いいよ 泣いて
これからは
泣くのも笑うのも自由
何もないってね
何からも自由ってことよ
おはようございます
昨日 聖ちゃんを抱いた
えっ? えっ!?
保証人になってあげたの
新しい部屋の
かわいそうに
他に誰も頼る人がいないのか
私の胸で泣いて
所詮 その程度ってことですよ
結果は目に見えてた
遅かれ早かれダメになる
想定内です
待て
今 何て言った?
(末永)聖
ハローワークの方が
えっ?
希望に近い職種 見つかったって
知らせに来てくれた
わざわざ?
原口さん…
どうも
ハローワークから
出張してきました
ぜひ お知らせしたい案件が
あの ここは? あっ ちょ…
(原口)ちょっと待っててください
(原口)この中で
待ち合わせしてる 少年と
えっ?
理工学部だって
代わりに行って話してきたら?
でも もう 何も話すことは
何で? 聞かないの?
謎だらけじゃない
何で急に冷めた?
何で もう よそうなの?
何で? おかしくない?
何で? って思ったら
追求するのよ 聖ちゃん
だから ブラックホールもニュートリノも
クローン技術も発見されたの
はい?
ああ もう
すべてを捨てて
彼だって決めたんでしょ?
なのに
このまま終わっていいの?
せめて 顔見て
最後 話すべきなんじゃないの?
今 逃したら
二度と会えないよ
戦え 聖
青春
すみません
理工学部 こちらですよね?
はい 特設会場はあちらになります
はい
ごめんね 急に 待って!
黒岩君 最後に教えて
行きたい学部
何に興味持ったか
どんな将来 見つけたか
それだけ
最後に教えて
先生は?
えっ?
教師 諦めるんですか?
また学校
俺のせいで辞めて
もうこの先ずっと
先生 やらないつもりですか?
何で そのこと…
よく考えてくれって
言われたんです
《聖 退職したのは知ってる?》
《君のせいで》
《君は いいかもしれない
まだまだこれからで》
《夢 目標?》
《何でも手に入る》
《でも 聖は?》
《聖には何が残る?》
だから急に あんなふうに
何で辞めたこと黙ってたんですか
今は心配かけ…
先生のそういうところ すっごく
くだらないなって思います
でも あの人の言うとおり
僕には何もできない
離れることぐらいしか
先生 辞めてほしくないんです
楽しいよって笑ってましたよね
《生徒達 みんな
かわいくて好きだし》
教室で おはようって言うだけで
元気が出る
クラスで食べる給食 おいしいって
あれだけ好きだった仕事
諦めていいんですか?
後悔してほしくないんです
私は…
母さん
(愛子)理工学部は どこですか?
ブース あちらになります
ありがとうございます
今 見られたら…
黒岩君の言うとおり
先生って仕事
大好きだった
でも 前に話したこと覚えてる?
なりたい自分があって
その前の前に
今いるって思ったら
行きたい学校
見えてこない? って
だから
私も考えたの
どんな自分になりたいか
嘘のない
そのままの自分でいたい
何が どうなっても
自分の責任だって受け入れたい
黒岩君の
隣にいたい
僕もです
先生の隣にいたいです
この先ずっと
≪末永聖さんですか?
黒岩晶君?
はい
身分証明書か何か
見せてもらえませんか?
失礼します
先ほど
未成年者の連れ去りがあったと
110番通報がありました
話を聞かせていただきたいので
署まで ご同行願えますか?
次の者 女性一名
免確総合願いたい
氏名 末永聖

 

ドラマ「中学聖日記」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

中学聖日記動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【有村架純主演ドラマ】

2018.10.09

 

ドラマ「中学聖日記」第9話と第10話のネタバレ感想やあらすじの紹介まとめ

 

2018年秋ドラマ、TBS火曜夜10時枠は有村架純さん主演の、ドラマ『中学聖日記』が2018年10月スタートです!

中学校の女教師と10歳年下の生徒の禁断の恋を淡く、純粋に描きます!胸の奥がチクリと痛くなる、ヒューマンラブストーリーから、目が離せません!いつからか忘れていた純粋な気持ちを思い出すかもしれませんね!

この記事では、ドラマ『中学聖日記』を各話ごとに詳細にネタバレとあらすじや感想を更新していきますので、ぜひご覧ください!

中学聖日記視聴率速報や一覧!初回(1話)から最終回まで随時更新【有村架純ドラマ】

2018.10.09

中学聖日記動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【有村架純主演ドラマ】

2018.10.09

中学聖日記キャストとロケ地!相関図や主題歌の紹介

2018.08.31

中学聖日記原作ドラマネタバレ感想!最終回まで初回(第1話)から随時更新

2018.08.13

スポンサーリンク