【グッドワイフ(日本)】キャストやゲスト!相関図や主題歌の紹介【常盤貴子主演 ドラマ日曜劇場】

2019年1月のTBS日曜9時枠は、常盤貴子さん主演のドラマ『グッドワイフ』が1月13日スタートです。

夫が逮捕され、16年ぶりに弁護士に復帰した女性が様々な困難に立ち向かっていきます!

本記事では、ドラマ『グッドワイフ』のキャストや相関図、ロケ地や主題歌を紹介していきますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ「グッドワイフ」の基本情報とあらすじ

 

ドラマ「グッドワイフ」の基本情報

放送開始日 2019年1月13日
放送時間 毎週日曜日夜9:00~9:54
放送局(制作著作) TBS(TBS)
原作 『The Good Wife』
脚本 篠﨑絵里子
チーフプロデュース 瀬戸口克陽
プロデュース 東仲恵吾
演出

塚原あゆ子

山本剛義

松木 彩

主題歌  

 

ドラマ「グッドワイフ」のあらすじ

蓮見杏子 (常盤貴子) は、かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退。
専業主婦として、2人の子供と夫である東京地方検察庁・特捜部長の壮一郎 (唐沢寿明) と共に、幸せな日々を送っていた。

だが、その幸せな生活は一瞬にして崩れたのだった。壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルまで発覚。

法曹界を揺るがす大スキャンダルにマスコミ報道は過熱していく。記者会見で壮一郎は、汚職は否定したが、女性との関係については認めて謝罪する。しかし、壮一郎は逮捕されてしまうのだった。杏子は夫の裏切りに深いショックを受けるが、家族のために16年振りの弁護士復帰を決意する。

 

ドラマ「グッドワイフ」に対する期待の声

ツイッターには期待の声が続々と上がっています。

 

 

 

 

 

 

原作の人気も去ることながら、キャストの豪華さにみなさん喜びの声をあげていますね!ココ最近はリーガルドラマが多いですが、今回はまた違ったテイストのドラマになるのではないでしょうか。

 

ドラマ「グッドワイフ」の登場人物・キャスト

 

☆蓮見 杏子(はすみきょうこ) … 常盤貴子

蓮見杏子

『神山多田法律事務所』 で仮雇用の弁護士。
エリート検事の夫・壮一郎のスキャンダルにより、16年ぶりに主婦から弁護士に復帰。真面目な性格で、行動力があり明るく社交的。完璧主義者ゆえに、人を頼ることが苦手で、自分だけで抱えてしまうことが多々ある。
大学を卒業後、現役で司法試験に合格し、司法修習時代をトップで卒業。若手弁護士として高い評価を受けている中、壮一郎と知り合い結婚。長男が病弱だったこともあり専業主婦になる。幸せな生活の最中に、夫のスキャンダルが発覚。弁護費用と、息子と娘を守るため、16年ぶりに弁護士復帰を決意。しかし、長いブランクもあり、雇い先が見つからない中、司法修習時代の同期の多田の誘いもあり、『神山多田法律事務所』 で働くことに。
妻として、母として、弁護士として、そしてひとりの女として――
杏子の大いなる戦いが始まる。

常盤貴子

1972年4月30日生まれ、神奈川県出身。1990年代から多くのテレビドラマに主演し、1996年春から1997年夏までは5作の連続ドラマにおいて主役級を務めた。コメディーからシリアスまで様々な役柄を演じ出演作の全てがヒットしたため、この当時には「連ドラの女王」と呼ばれた。また、世界の映画俳優との共演や連ドラの世界各国でのテレビ放送により、中国や東南アジアでも知られている。出演作は『愛していると言ってくれ』、『みにくいアヒルの子』、『タブロイド』、『ビューティフルライフ』、『まれ』など多数。

 

☆多田 征大(ただまさひろ) … 小泉孝太郎

多田 征大

『神山多田法律事務所』 の共同代表。
頭脳明晰で頼りになる性格。端正なルックスと誠実な立ち振る舞いから女性に好かれ、依頼人からの信頼も非常に厚い。だが自分の弱い部分を見せることができず、真の友人、真の恋人を作ったことがない。司法修習時代に杏子と出会い、彼女の美しさと人柄に惹かれるが、成績優秀だった杏子に見合う男になってから想いを伝えようと気持ちを胸にしまっていた。将来有望な若手弁護士として、法曹界で注目されるようになった頃、杏子の結婚の話を聞き、落ち込む。杏子の結婚後は、弁護士としてこれまで以上に仕事に打ち込むように。
時は過ぎ、杏子の夫・壮一郎のスキャンダルを知り、10数年ぶりに彼女と会い、事務所に誘う…

小泉孝太郎

1978年7月10日生まれ、神奈川県出身。実父は第87・88・89代内閣総理大臣・小泉純一郎、3歳年下の実弟は政治家・小泉進次郎。総理の息子ということもあり、話題沸騰でデビュー。当初はCMの出演依頼は15社にものぼった。出演作は『ナースマン』、『スローダンス』、『不信のとき〜ウーマン・ウォーズ〜』、『ごくせん』 第3シリーズ、『リアル・クローズ』、『ブラックペアン』など。

 

☆円香みちる(まどかみちる) … 水原希子

円香みちる

『神山多田法律事務所』 のパラリーガル。
訴訟に勝つ上で重要な証言を取ってくるために、幅広い交友関係を駆使して、手段を一切選ばない。あらゆることに精通しており、弁護士たちのまさに右腕的存在。その仕事ぶりから多田や神山からも絶大な信頼を得ている。一方でプライベートは謎に包まれていて、どこに住んでいるのかさえ知られていない。唯一わかっていることは、前職が検察事務官で、壮一郎によって、その職を辞したということだけである。

水原希子

1990年10月15日、アメリカ生まれ、兵庫県育ち。アメリカ人の父と日本生まれの韓国人の母を持つ。2003年、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディションに応募し、「ミスセブンティーン2003」に選ばれ、3年間専属モデルとして活動。一旦芸能活動を休業するも、2007年に再びモデルとして活動を始め、『ViVi』の専属モデルとなる。2010年、美容雑誌『MAQUIA』の専属モデル契約を結ぶ。女優としては2009年、映画『ノルウェイの森』(2010年公開)の主人公の恋人役に抜擢され、女優デビュー。以降、出演作は『八重の桜』、『信長協奏曲』、『嘘の戦争』など。

 

☆朝飛 光太郎(あさひこうたろう) … 北村匠海

朝飛 光太郎

『神山多田法律事務所』 で仮雇用の若手弁護士。
勤勉タイプで知識も豊富。ロースクール時代は成績優秀だった。上司に物おじせずにズバズバ意見するため、一見生意気に見られるが、抑えるべきところは抑え、自然と人の懐に入り込んでくる子犬のような性格。事務所でも、神山と多田に可愛がられている。イケメンであり、本来ならモテるのだが、本命の円香には全く相手にされていない。しかし、めげない。

北村匠海

1997年11月3日生まれ、東京都出身。EBiDANのメンバーであり、音楽ユニットDISH//のリーダー。2006年にスカウトされ、スターダストプロモーションに所属。2008年、NHK『みんなのうた』で放送された「リスに恋した少年」で歌手デビュー。そして、『DIVE!!』にて映画初出演を果たす。2009年には雑誌『小学六年生』で読者モデル特別賞を受賞。出演作は『鈴木先生』、『仰げば尊し』、『隣の家族は青く見える』、映画では『君の膵臓をたべたい』、『春待つ僕ら』など。

 

☆小宮 竹生(こみやたけお) … 野間口徹

野間口徹

1973年10月11日生まれ、福岡県出身。信州大学農学部在学中に演劇サークルで演劇活動を開始。1999年、嶋村太一、竹井亮介とともにコントユニット「親族代表」を結成し、年に1 、2回の公演を行う。2007年の34歳の時、フジテレビ系のテレビドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』にレギュラー出演したのをきっかけに多くの作品に出るようになる。出演作は『ブラッディ・マンデイ』、『ゲゲゲの女房』、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第2シリーズ』、『隣の家族は青く見える』、『ドロ刑』など。

 

☆戸梶 涼太(とかじりょうた) … 中林大樹

中林大樹

1985年1月6日生まれ、奈良県出身。2007年より、俳優として活動。出演作は『めぞん一刻』、『ゴッドハンド輝』、『ストロベリーナイト』、『明日の約束』、『ハゲタカ(2018)』など。

 

☆佐竹 凛子(さたけりんこ )… 末永みゆ

末永みゆ

1995年11月4日生まれ、東京都出身。アイドルグループ「DokiDoki☆ドリームキャンパス(DDDC)」のメンバー。DokiDoki☆ドリームキャンパスでの自己紹介口上は「くるるん、くるるん、くるるんぽん!ちょっとブリっ子な魔法使い(見習い)のみゆゆこと末永みゆです。」である。

 

☆蓮見 隼人(はすみはやと )… 小林喜日

 

蓮見 隼人

杏子と壮一郎の息子。高校1年生。
物心ついたときから、平日休日問わず家に父親がいない生活だったが、父・壮一郎を誇りに思っていた。しかし、そんな父が逮捕され、その事実に誰よりも傷つく。母・杏子が働き始めてからは、母を思いやり、家事を率先して手伝う。料理が得意。

小林喜日

2004年3月生まれ、愛知県出身の子役。出演作は『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』、『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』、『A LIFE〜愛しき人〜』、『結婚相手は抽選で』、映画では『青空エール』、『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』など。

 

☆蓮見 綾香(はすみあやか )… 安藤美優

蓮見 綾香

杏子と壮一郎の娘。中学1年生。
母譲りの社交的な明るい性格で、家庭でも両親や兄から可愛がられて育った。
杏子が弁護士復帰してからは、家での話し相手はもっぱら兄の隼人。ただ、学校で起きたことは中学に上がってからは家庭内であまり話さなくなってきている。たまに来るようになった祖母・幸枝は少し苦手で、祖母の対応は母や兄に任せがち。

安藤美優

2007年2月28日生まれの子役。出演作は『きみはペット』、『咲-Saki-』、『渡る世間は鬼ばかり』、映画では『帝一の國』、『セーラー服と機関銃ー卒業ー』など。

 

☆佐々木 達也(ささきたつや) … 滝藤賢一

佐々木 達也

東京地方検察庁特別捜査部員。壮一郎の8期下。
同期内では抜きんでた優秀さで、将来の検察庁幹部候補生として、壮一郎も目をかけていて、若い頃から検察官のイロハを叩き込まれた壮一郎の腹心。
その正義感は壮一郎譲りで、特に検察官として崇高な理想と高い誇りを持ち、検察が日本の正義を守るものだと自負している。
壮一郎が逮捕されて、取り調べを担当することになる。

滝藤賢一

1976年11月2日生まれ。愛知県出身。映画監督を志して上京。放送大学教養学部卒業。映画『バレット・バレエ』のオーディションに合格したことを機に俳優を志し、当初は舞台を中心に活動していた。2009年、『外事警察』が連続ドラマでの初のレギュラー出演となる。以降、『龍馬伝』の小松帯刀役や『踊る大捜査線』シリーズの中国人刑事役、連続テレビ小説『梅ちゃん先生』の食堂の亭主役など、脇役として多数のテレビドラマや映画に出演する。『半沢直樹』に出演したことで「2013年 ブレイク俳優ランキング」で8位にランクインするなど、実力派のバイプレーヤーとして認知度を高める。

 

☆蓮見 幸枝(はすみさちえ)… 高林由紀子

蓮見 幸枝

壮一郎の母。
いつも着物を着ており、人から “ちゃんと” して見えるよう心がけている。
息子の危機を家族で支えながら気丈に乗り越えなければと意気込んでいる。義理の娘の杏子にも、スキャンダルは申し訳なく思うものの、今は検事の妻としてしっかり息子を支えて欲しいと思って、たびたび口うるさく杏子に言う。働き始めた杏子に代わって、孫たちの面倒をみようとお節介を焼く。

高林由紀子

1945年12月10日生まれ、東京都出身。1964年、大映東京撮影所演技研究所に入所。映画『十七才は一度だけ』に林 千鶴の芸名でデビュー。1966年に舞台女優を目指して大映を退社。劇団雲の準団員となり、1969年の『わが命つきるとも』で初舞台を踏む。1975年、演劇集団 円創立に参加している。また、1975年、海外ドラマ『チャーリーズ・エンジェル』では、主人公のひとり・サブリナの吹き替えも担当した。出演作は『美しい隣人』、『科捜研の女 SEASON 12』、『リーガルハイ』、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』、『anone』など多数。

 

☆林 幹夫(はやしみきお)… 博多華丸

林 幹夫

壮一郎の顧問弁護士。
真面目で堅実な性格。知人の紹介で壮一郎の疑惑を晴らすために弁護を務めることになる。人当たりがよく、柔和な雰囲気ではあるが、時折見せる目の奥の鋭さから、優秀さを感じさせる。壮一郎に関して、その後釜についた脇坂との関係や事情もよく把握しており、検察庁内部の人間関係で誰が味方で敵かどうか共に見極めようとする。

博多華丸

1970年4月8日生まれ、福岡県出身。お笑いコンビ博多華丸・大吉のボケ担当。2005年より拠点を東京に移し、神奈川県横浜市に在住。R-1ぐらんぷりの予選に初エントリーし、決勝では児玉清のモノマネ芸を披露し「R-1ぐらんぷり 2006」で優勝。2014年には博多華丸・大吉として「THE MANZAI 2014」で優勝。ドラマへの出演は『仮面ライダーエグゼイド』、『高嶺の花』など。

 

☆神山 佳恵(かみやまよしえ)… 賀来千香子

神山 佳恵

『神山多田法律事務所』 の共同代表。
大手法律事務所でやり手弁護士として名をあげ、男性が活躍する業界の中で、女性として肩を張り合ってきた自負があり、プライドが高い。
豪快な性格で、自分の人を見る目に間違いはないと信じ、多田にパートナーとしての絶大な信頼を寄せている。
プライベートもなく、仕事に捧げてきた分、専業主婦から復帰した杏子に対して、懐疑的な態度をとる。

賀来千香子

1961年10月17日生まれ、大阪府出身。甥は俳優の賀来賢人。高校3年生の時、原宿でモデルとしてスカウトされる。短大時代に雑誌『JJ』などでモデルとして活躍した。1982年、TBSドラマ『白き牡丹に』で女優デビュー。1992年の『ずっとあなたが好きだった』は代表作となった。その他出演作は『ダンダリン 労働基準監督官』、『借王<シャッキング>〜華麗なる借金返済作戦〜』、映画『二流小説家 シリアリスト』など。

 

☆脇坂 博道(わきさかひろみち)… 吉田鋼太郎

脇坂 博道

東京地方検察庁特別捜査部の新部長。
検事として優秀ながら、2期下に蓮見壮一郎という自分を上回る優秀な検事がいたことで、2期に一人しか選ばれない検事総長への道は厳しいと目されてきた。やがて、将来の検事総長が座るとされる特捜部長の席を壮一郎がとり、脇坂は横浜地検に異動。壮一郎は、脇坂にとって目の上のたんこぶであり、壮一郎の脱落を心底願っていた。壮一郎の逮捕により後釜として特捜部長に就任。再び手にしたチャンスをなんとしても掴むために、壮一郎の前に立ちはだかる。

吉田鋼太郎

1959年1月14日生まれ。東京都出身。シェイクスピアやギリシア悲劇など、海外古典作品に要求される演技をこなせる役者として重宝され、蜷川幸雄が手がけた作品の常連であった。2010年代以降、テレビドラマへの出演が増加。2013年に『半沢直樹』に出演し、注目を集める。蜷川幸雄の後を引き継いで彩の国さいたま芸術劇場が主催する『彩の国シェイクスピア・シリーズ』の2代目芸術監督に就任することが発表された。

 

☆蓮見 壮一郎(はすみそういちろう)… 唐沢寿明

蓮見 壮一郎

杏子の夫で東京地方検察庁特別捜査部の元部長。
現在は収賄容疑で拘留中。
学生時代から成績優秀で、リーダー気質で後輩思いだった。押しが強く、どんな相手でも決してひるまず、不正や犯罪を絶対に許さないが、その反面、時には強引な手段を使ってでも徹底的に戦う。
ある事件の捜査をしていた壮一郎は、ひとりの女性記者と知り合い、情報提供を通して信頼関係を築いている中である日、酔ってその女性記者と朝を迎えてしまう。この一件でマスコミが壮一郎の汚職疑惑と不倫関係を報じ、壮一郎は職を追われることに。スキャンダル報道後の記者会見で、汚職疑惑は強く否定するものの、女性スキャンダルは認め、杏子の信頼を失ってしまう…。

唐沢寿明

1963年6月3日生まれ、東京都出身。妻は山口智子。デビュー当初は、アルバイトや東映の『仮面ライダーシリーズ』『スーパー戦隊シリーズ』などの特撮番組に脇役やスーツアクターとして出演。オーディションにも全く受からず進退窮まった際、プロデューサーのアドバイスでチノ・パンツとポロシャツという出で立ちに路線変更したところ、その直後のオーディションで1位合格を得る。それ以降、仕事が入るようになった。出演作は『愛という名のもとに』、『白い巨塔』、『ルーズヴェルト・ゲーム』、『ナポレオンの村』、『あまんじゃく』など多数。

 

ドラマ「グッドワイフ」のゲスト

 

ゲストは随時更新していきます!

 

第1話のゲスト

 

☆武田鉄矢

1949年4月11日生れ。福岡県出身。1972年に海援隊でデビュー。1973年、武田が母・イクに向けた詫び状を歌にした「母に捧げるバラード」がヒットし、翌年の第25回NHK紅白歌合戦に出場。1977年、『幸福の黄色いハンカチ』での青年役が高評価を得て、俳優活動へ。海援隊としても再び注目され、1979年のドラマ『3年B組金八先生』のヒットとともに主題歌の「贈る言葉」も大ヒット。1982年の海援隊解散以後は、ソロ歌手・俳優・作家として活躍。

 

☆泉澤祐希

1993年6月11日生まれ、千葉県出身。5歳の時、子役としてデビュー。2006年、『功名が辻』で大河ドラマ初出演。2009年、『よるのくちぶえ』で映画初主演を果たす。2014年には、『東京が戦場になった日』でテレビドラマ初主演。その他出演作は『マッサン』、『さよならが言えなくて』、『西郷どん』など。

 

☆古山憲太郎

1976年1月20日生まれ、東京都出身。舞台芸術学院の同期生・蓬莱竜太(作、演出)と西條義将(主宰)が劇団モダンスイマーズを1999年に設立したのに伴い、旗揚げから参加。2003年頃からはテレビドラマにも出演するようになった。出演作は『モンスターペアレント V』、『オモクリ監督 〜O-Creator’s TV show〜』、映画『交渉人 真下正義』など。

 

☆横田栄司

1971年10月11日生まれ、東京都出身。1996年 『特ダネ協奏曲』文学座公演で初舞台を踏む。1999年 文学座座員、演技部所属し、舞台を中心に活躍中。出演作は『下町ロケット』、『真田丸』、『逃げるは恥だが役に立つ』、『dele』など。

 

☆伊藤さおり

1974年4月9日生まれ、埼玉県出身。お笑いコンビ・北陽のツッコミ担当。埼玉県立久喜北陽高等学校で、相方の虻川美穂子と出逢い、1995年、北陽を結成。数々のバラエティ番組で活躍中。

 

☆井本貴史

1978年1月27日生まれ、奈良県出身。お笑いコンビ・ライセンスのツッコミ担当。1996年に高校の同級生・藤原一裕とコンビ結成。サッカーのインターハイ出場経験者で、サッカー番組の解説としてゲスト出演することもあり、2014年3月(J3リーグ開幕)より「J3リーグハイライト」(スカパー!)でMCを務める。

 

ドラマ「グッドワイフ」の相関図

 

 

ドラマ「グッドワイフ」の主題歌は?

 

気になる主題歌は?

主題歌はまだ発表されていません。

そこで参考に『日曜劇場』の過去5作品の主題歌発表日を見ていきましょう。

タイトル 歌手名 曲名 放送開始日 主題歌発表日
陸王 主題歌なし   2017/10/15  
99,9-刑事専門弁護士-2 Find The Answer 2018/1/14 2018/1/7
ブラックペアン 小田和正 この道を 2018/4/22 2018/3/27
この世界の片隅に 主題歌なし   2018/7/15  
下町ロケット2 主題歌なし   2018/10/14  

 

主題歌、発表!

主題歌が発表されましたら、こちらでお知らせします。

 

主題歌の発売日はいつ?

発売日も追ってお知らせします。

 

参考に、『日曜劇場』の過去5作品の主題歌発売日を調べてみました。

タイトル ドラマの初回放送日 主題歌発売日
陸王 2017/10/15 主題歌なし
99,9-刑事専門弁護士-2 2018/1/14 2018/2/21
ブラックペアン 2018/4/22 2018/5/2
この世界の片隅に 2018/7/15 主題歌なし
下町ロケット2 2018/10/14 主題歌なし

 

ドラマ「グッドワイフ」のキャストやゲスト!相関図と主題歌の紹介まとめ

 

TBS系1月期の日曜9時は、ドラマ『グッドワイフ』です!常盤貴子さんを主演に迎え、豪華なキャスト陣も注目を集めています!

夫の逮捕をキッカケに、16年ぶりに弁護士として返り咲いた妻。彼女を待ち受ける困難とは!!??

本記事では、キャスト、ゲスト、相関図や主題歌について、追加情報も追いかけていきますので、チェックしてみてくださいね。

【グッドワイフ(日本)】ロケ地の紹介【常盤貴子主演ドラマ 日曜劇場】

2018.12.28

【グッドワイフ(日本)】原作ドラマネタバレ感想!最終回まで初回(第1話)から随時更新【常盤貴子主演ドラマ】

2018.12.24