【グッドワイフ(日本)】ロケ地の紹介【常盤貴子主演ドラマ 日曜劇場】

2019年1月のTBS日曜9時枠は、常盤貴子さん主演のドラマ『グッドワイフ』が1月13日スタートです。

夫が逮捕され、16年ぶりに弁護士に復帰した女性が様々な困難に立ち向かっていきます!

本記事では『グッドワイフ』の気になるロケ地を調べてみました!

 

メインロケ地

 

CROSS DOCK HARUMI(住所:東京都中央区晴海4-7-4)

こちらは、杏子が勤めることになった神山多田法律事務所のロケ地です。

 

プラザ唐木田(住所:東京都多摩市唐木田1-1)

こちらは、蓮見家のロケ地です。

 

栃木県庁舎(住所:栃木県宇都宮市塙田1-1-20)

こちらは、東京地検特捜部の内部のロケ地です。

 

栃木県議会議事堂(住所:栃木県宇都宮市塙田1-1)

 

 

こちらは、裁判所の法廷入口の階段シーンのロケ地です。

 

クロスドック晴海の屋上(住所:東京都中央区晴海4-7-4)

こちらは、法律事務所の屋上です。

 

第1話のロケ地

 

第1話あらすじ

蓮見杏子 (常盤貴子) は、かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退。
専業主婦として、2人の子供と夫である東京地方検察庁・特捜部長の壮一郎 (唐沢寿明) と共に、幸せな日々を送っていた。

だが、その幸せな生活は一瞬にして崩れたのだった。壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルまで発覚。記者会見で壮一郎は、汚職は否定したが、女性との関係については認めて謝罪する。しかし、壮一郎は逮捕されてしまうのだった。杏子は夫の裏切りに深いショックを受けるが、家族のために16年振りの弁護士復帰を決意する。

そんな杏子に手を差し延べたのが神山多田法律事務所の代表・多田征大 (小泉孝太郎) だった。二人は司法修習生時代の同期で、かつて多田は杏子に好意を持っていたが、その気持ちとは別に杏子の弁護士としての能力を高く評価し、杏子の採用を反対する事務所の共同経営者・神山佳恵 (賀来千香子) を何とか説き伏せた。ただ、それはあくまでも仮採用。杏子は、半年後までにたった一席の本採用を賭けて、若手弁護士の朝飛光太郎 (北村匠海) と競うことになる。

 

ガストロノミー・ジョエル・ロブション(住所:東京都目黒区三田1-13-1 恵比寿ガーデンプレイス内)

こちらは、回想で、杏子と壮一郎が子供の誕生日を祝っていたレストランです。

 

横浜駅西口第2バス乗り場(住所:神奈川県横浜市西区北幸1-7)

こちらは、みちるが男と書類を交換し、バスに乗ったシーンのロケ地です。

 

食品館あおば川崎初山店(住所:神奈川県川崎市宮前区初山1-24-4)

 

 

こちらは、杏子とみちるが捜査に来た事件現場のスーパーです。

 

café 1886 at Bosch(住所:東京都渋谷区渋谷3-6-7)

こちらは、杏子がヒアリングしていたカフェです。

 

FUTSALPOINT SALU川口校(住所:埼玉県川口市栄町3-4-9)

こちらは、多田がフットサルをしていたコートです。ここは第4話でも登場します。

 

セントポールの隣り(住所:東京都豊島区西池袋3-33-17)

こちらは、杏子と林が話していた喫茶店です。

 

熟成和牛焼肉エイジングビーフTOKYO(住所:東京都新宿区新宿3-5-4 レインボービレッジ6F)

こちらは、杏子たちが8000万円の和解金を勝ち取った後、訪れたダイニングバーです。

 

第2話のロケ地

 

第2話あらすじ

事務所の名誉顧問であり神山佳恵(賀来千香子)の父、神山大輔(橋爪功)が事務所を尋ねてくる。大輔は、酒酔い運転を起こし、さらに警官に抵抗し公務執行妨害を起こした罪で起訴されたのだ。
大輔は無罪を主張するが、状況証拠からは、どうみてもクロ(有罪)。

その弁護を杏子(常盤貴子)は大輔から依頼される。多田(小泉孝太郎)は、新人には無理だと反対するが、杏子は自ら担当することを決意する。しかし、大輔から、新人で自分の言うとおりになるから指名されたと聞かされて愕然とする杏子。自由奔放な大輔に翻弄される。しかも、神山から大輔が妻を殺したという衝撃の告白を聞かされる。

そんな中、特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)が杏子に接触してくる。脇坂から聞かされる話から、壮一郎の疑惑がますます深まっていく。杏子は疑いを持ちながら壮一郎と接見して、壮一郎に核心の部分を問う。そこで衝撃の告白をされる。杏子は壮一郎とのことも、そして担当する大輔の弁護でも窮地に立たされる。絶体絶命な状況の中、杏子は大輔の事件での些細な異変に気づき…

 

喫茶ロマン(住所:東京都新宿区高田馬場2-18-11)

こちらは、杏子が佐々木と話していた喫茶店です。第5話でも登場します。

 

壽堂(住所:東京都中央区日本橋人形町2-1)

こちらは、杏子が大輔の目撃情報の聞き込みに来た和菓子屋さんです。

 

重盛永信堂(住所:東京都中央区日本橋人形町2-1-1)

こちらは、多田と朝飛が聞き込みで訪れた人形焼き店です。

 

玉英堂 彦九郎(住所:東京都中央区日本橋人形町2-3-2)

こちらは、みちるが聞き込みで訪れていた和菓子屋です。

 

鳴門鯛焼本舗 浅草橋店(住所:東京都台東区浅草橋1-9-1)

こちらは、大輔がチーズたい焼きを買っていたたい焼き屋です。

 

ブシュロン銀座(住所:東京都中央区銀座4-6-16)

こちらは、杏子がネックレスの購入者を調べに訪れたジュエリー店です。

 

第3話のロケ地

 

第3話あらすじ

回送列車の脱線事故が発生。死亡した運転士の遺族代理人として、杏子(常盤貴子)、多田(小泉孝太郎)、朝飛(北村匠海)が担当することになった。相手の東神鉄道の代理人を勤めるのは河合映美(江口のりこ)。杏子たちは過重労働による事故で1億円の賠償金を提案するが、映美たちは運転士の居眠りだとして50万円の見舞金を提案。真っ向から主張が対立する。しかも、妊婦である映美は形勢が悪くなると打ち合わせ中でも体調不良を理由に交渉を中断する始末。そんな映美に翻弄され、杏子たちは窮地に追い込まれていく。

 

ラーメン 哲ちゃん(住所:東京都中野区松が丘2-32-18)

こちらは、杏子とみちるがラーメンを食べたお店です。

 

TREX TORANOMON CAFE(住所:東京都港区西新橋2-17-4)

こちらは、杏子と多田が女性から話を聞いたカフェです。

 

第4話のロケ地

 

第4話あらすじ

杏子(常盤貴子)が以前住んでいた家の近所の男子高校生・荻原翔平(佐藤緋美)が傷害致死容疑で逮捕された。翔平の母・奈津子(須藤理彩)は、かつて杏子の親友だったが、壮一郎(唐沢寿明)の逮捕後、真っ先に杏子との連絡を絶った人だった。杏子は、奈津子のことを考えて、この事件を朝飛(北村匠海)にメインでやってもらうようにお願いする。翔平は容疑を否認するが、指紋や目撃証言があり、無実を証明する手がかりが見つからない。朝飛は早々と情状酌量にすべきだと主張。本人が否認している限り、裁判で争うべきだという杏子と対立する。そんな中、朝飛が隠していたある事実が発覚する…

一方勾留中の壮一郎の起訴が決まる。脇坂(吉田鋼太郎)は、壮一郎を何としても有罪にすべく、さらに追い込みをかける。そんな時、壮一郎のもとにある男が会いにやってくる。それは杏子を想う多田(小泉孝太郎)だった…。

 

神奈川県横須賀市の民家(住所:神奈川県横須賀市湘南国際村1-17-15)

こちらは、傷害致死で逮捕された翔平の自宅です。

 

第一落合ビル(住所:神奈川県横浜市南区宮元町1-1)

こちらは、翔平と同じ野球部員・中村がタバコを吸っていて、事件が起きたビルです。

 

第5話のロケ地

 

第5話あらすじ

資産20億のロックスター東城数矢(宇崎竜童)の離婚訴訟を巡り、妻のちなみ(銀粉蝶)の代理人として担当することになった杏子(常盤貴子)。数矢は売れない時代を支えてきたちなみと別れ、若い恋人の唯奈(松本まりか)と結婚するつもりだという。杏子は、財産分与などで11億円を請求するが、数矢の代理人弁護士・栗山美咲(芦名星)は、6千万円が妥当だと主張。法律的根拠も相手側にあり、杏子たちは窮地に追い込まれる。しかも美咲は多田(小泉孝太郎)の元彼女。多田を知り尽くした様子から、交渉も難航する。そんな中、突然の事故で数矢は意識不明の重体に陥ってしまう。そんな数矢を前にして、妻と愛人は数矢の命と財産を巡り争い始める。

一方、杏子の元に東京地検特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)の妻・怜子(峯村リエ)が現れる。脇坂との協議離婚を希望しており、杏子に代理人をお願いしたいとやってきたのだ。しかも怜子は、壮一郎に関する脇坂の弱みを握っているようで、脇坂は血相を変えて事務所に怒鳴り込んでくる。難題が山積の二つの離婚協議ははたしてどうなっていくのか…?

 

さいたま市民医療センター(住所:埼玉県さいたま市西区島根299-1)

こちらは、東城が運ばれた病院です。

 

バル リフレイン(住所:東京都新宿区新宿3-20-1)

こちらは、多田と栗山が話していたお店です。

 

第6話のロケ地

 

第6話あらすじ

多田(小泉孝太郎)が賠償金15億円を見込める健康被害に対する集団訴訟の代理人をすることになる。多田が3年かけて無料相談にのり、満を持して臨む案件だった。
杏子(常盤貴子)と共に正式契約を結びに行く日、そこにはもう一人の弁護士が呼ばれていた。車椅子に乗った弁護士・三栗谷剛(春風亭昇太)だ。人づてに聞きつけて、首を突っ込んできたのだ。病気により車椅子生活を送っている立場を巧みに利用して「みなさんの気持ちがわかる」と被害者たちに取り入っていく一方で、次々と用意周到な手を打ち、杏子と多田のペースは乱されていく。結局、どちらが代理人になるかは、被害者たちの多数決で決まることに。しかし、訴える相手企業と三栗谷が繋がっている可能性が浮上する…。

 

第7話のロケ地

 

第7話あらすじ

 

 

第8話のロケ地

 

第8話あらすじ

 

 

第9話のロケ地

 

第9話あらすじ

 

 

最終回第10話のロケ地

 

最終回第10話あらすじ

 

 

 

「グッドワイフ」のロケ地の紹介まとめ

 

TBS系1月期の日曜9時は、ドラマ『グッドワイフ』です!常盤貴子さんを主演に迎え、豪華なキャスト陣も注目を集めています!

夫の逮捕をキッカケに、16年ぶりに弁護士として返り咲いた妻。彼女を待ち受ける困難とは!!??

今後も各話ごとにロケ地を追いかけていきますので、チェックしてみてくださいね。

【グッドワイフ(日本)】キャストやゲスト!相関図や主題歌の紹介【常盤貴子主演 ドラマ日曜劇場】

2018.12.28

【グッドワイフ(日本)】原作ドラマネタバレ感想!最終回まで初回(第1話)から随時更新【常盤貴子主演ドラマ】

2018.12.24