【Heaven?/ご苦楽レストラン】ネタバレ感想!最終回まで初回(第1話)から随時更新【石原さとみ主演ドラマ】

2019年TBS系列7月期火曜ドラマは、石原さとみさん主演の『Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)』です。

原作は漫画「Heaven? ご苦楽レストラン」で、作家は人気ドラマ「おたんこナース」の作家としても有名な佐々木倫子さん。

「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、石原さとみさんが演じる風変わりなオーナー・黒須仮名子と個性的な従業員たちとの間で繰り広げられる、“至極のフレンチレストランコメディー”になっています。

こちらの記事ではドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)』のネタバレ感想とあらすじを第1話から最終回まで更新していきます!

スポンサーリンク

【Heaven?/ご苦楽レストラン】動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【 石原さとみ主演ドラマ】

2019.07.09

Contents

原作「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」のネタバレ感想やあらすじ

 

原作「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」のあらすじ

 

原作漫画の「Heaven? ご苦楽レストラン」は、『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて1999年40号から2003年29号まで断続的に全45話が連載されていました。単行本は全6巻(小学館ビッグコミックス)、小学館文庫版は全4巻で、完結しています。

ここでは、原作漫画のネタバレと感想あらすじを紹介します。

フレンチレストランで働いている伊賀観は、ある日ふとした事件がきっかけで黒須仮名子と出会う。黒須は新たにフレンチレストランを開業するために従業員を探しており、伊賀は黒須の語る理想のレストラン像に惹かれて黒須の店で働くことを決める。翌日、集合時間の24時に店を訪れる伊賀だが、地図に書いてあったその場所は見渡す限りの墓地。牡丹畑の遥か向こうに辛うじて建物を見つけると、そこには伊賀と同じく黒須にスカウトされた6人の従業員がいた。最悪の立地、4日後に控えたオープン、フレンチの経験のないサービス陣、黒須の存在など幾多もの課題を抱えながらも「ロワン ディシー」はオープンする。

 

原作「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」の感想

 

 

 

 

 

 

個性的な登場人物と佐々木倫子ワールドがツボるようです。何度も読み返したくなる漫画です!

 

原作「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」のネタバレ

1巻ネタバレ

主人公・伊賀観(いがかん)はとあるフレンチレストランでウエイターをしていた。
真面目に働いていた伊賀だが、笑顔をつくることが出来ないうえに融通も利かず態度もぶっきらぼうで、お客お怒らせ、上司にも注意されていた。
しかしある時、お客に媚をうらない伊賀の姿を見た黒須仮名子(くろすかなこ)が自分の店「ロワンディシー」にスカウト。黒須は、「レストランで一番大事なことは、お役様との距離感。あなたはいいサービスマンになる」と声をかけたのだ。自分は接客業に向いていないと自信を失っていた伊賀はこの言葉に心を動かされ、3年間勤めた店を辞めて黒須のお店で働くことを決意する。

黒須に言われた地図の場所に行くと、そこは墓地。騙されたと思った伊賀が引き返そうかと迷っていると、遠くに光を見つける。それは立派な洋館「ロワンディシー」で、伊賀と同じく黒須にスカウトされたレストランのスタッフが総出で出迎えてくれた。ロワンディシーは墓地の中のやすらぎ会館の隣に以前飲食店が入っていた場所で、じつは怪しくなかったことはあとからわかることになる。伊賀は迷った末にロワンディシーで働くことを決めた。

その後、ロワンディシーのオープンが4日後だと聞かされたスタッフ達は大慌てに。まだ何も準備ができておらず、オーナーの黒須以外は徹夜で作業を始める。

《ロワンディシーのスタッフ》

伊賀観:笑顔が出来ず真面目なシェフドラン【上級ウエイター】
川合太一:前職は美容師見習いのコミドラン【ウエイターアシスタント】
堤計太郎:元牛丼屋の店長でフレンチの経験はない【店長】
小澤幸應:以前は三ツ星レストランで働いていたが、働く店がすべて潰れていくという不運な天才シェフ。弱気になると味が薄くなってしまう
山縣重臣:資格マニアで前職は銀行員の【ソムリエ】

伊賀は黒須から、オープンまでにフレンチの基本をスタッフに教えるよう命令される。伊賀以外はフレンチ経験ゼロで、それはとんでもない無茶ぶり。前のお店では1年目は掃除、2年目はオーダー通し、料理を運べるようになったのが3年目・・・。伊賀はそれをたった数日で教えなければならず、必死で教えたのだった。

オープン前日、トイレが付いていなくて保健所許可が下りないことがわかるが、やすらぎ会館のトイレを使うことで許可が下り、着席と思い準備していたが、立食で招待客へのDMも想定より多い500通出していたことが判明し、皿やグラスが足りず、やすらぎ会館から借りるなどトラブルが続出。

そしてむかえたオープン当日の朝、エアコンが壊れていることが判明。あわてて大きな氷を置いて窓をあけるが風なし。なんとか準備が整うが、お客様がひとりも来ない。すると、DMに電話番号記載し忘れたこと、オープン日、4月30日をまちがえて4月31日と記載したことがわかる。しかも、すべてはオーナーのミスだった…。

こんな状態だったがロワンディシーは、なんとかオープンにこぎつけた。

***

ランチで満足したことがないからランチはしない!と言い張る黒須だったが、オープンしたものの、お客様が入らない日々が続き、自分のせいと悩むシェフの料理もどんどん薄味に・・・

そこで、伊賀は「ミッドナイトランチ」を提案。夜のコースで料理とワインのセットで価格をリーズナブルに設定し味を知ってもらい、また来店してもらおうという計画だった。黒須のOKも出た「ミッドナイトランチ」は大成功する。自身を失い料理の塩加減が減っていたシェフも、復活を遂げる。

***

同じ日に、三組の「山田様」から予約が入る。予約の電話をうけたのは、ウエイター見習いの川合太一。お客様の威圧感に心が折れてしまい、三組とも電話番号を聞けていなかった。
スタッフは本当に三組の山田様がくるのか?と疑問に思ったが、念のため三席分準備。当日予約通りお役様が来店し、ほっとしたのもつかの間、帰りにトラブルが発生してしまう。お客様の大切にしている息子の形見の傘を、別のお客様に渡してしまったのだ。

山田様三組、他にも二組電話番号が分からないお客様がおり、その五組の誰かと傘を間違えていることまでわかるが、それ以上どうしようもない。
皆でどのお客様か推理をしていた時に、傘が違うと自ら持ってきてくださり一件落着した。
ちなみに、ロワンディシーでは、番号札で傘を管理しており渡し間違えることがないはずだった。
その日渡し間違えがおきたのは、たくさんの傘につまずいて転んだ人物がいたから。オーナー黒須が元凶だった・・・

***

次にスタッフが困ったことは、誕生日のサービスについて。

予約の時点で誕生日と言われたため、デザートに一工夫することになったのだが、それを見ていた他のお客様が、『自分たちも誕生日』と言い出したのだ。

誕生日のお祝いムードの中、悲しそうに座ってるひとりの女性。その女性もその日誕生日で、彼が誕生日に連れてきてくれると言ってくれていたが、やすらぎ会館の地下【納骨堂】にいると聞き、スタッフは悲しい気持ちになる。暗い女性の為に、誕生日プレートと歌(下手な)を歌ってあげていると、慌ててお店に入ってくる男性の姿が。
実はやすらぎ会館の地下で水道工事をしていたのだった。
やすらぎ会館の地下と聞き、彼が亡くなっていると勘違いしたスタッフ一同は、誕生日のお祝いをすることにすっかり疲れてしまった。

そんな中、オーナーの黒須だけは誕生日ビジネスはお金になる!とテンションが高い・・・。

 

2巻ネタバレ

ロワンディシーで働きだして数カ月、伊賀はオーナーの黒須にこき使われていた。ある日、人気店のコロッケ屋の列に並びながら、オーナーに似ている母親のことを思い出した。

伊賀は母親が原因で大学受験を失敗していた。
大学受験当日、伊賀についてきた母親の目的はディズニーランドだった。母親はディズニーランドへ先に出発したが、ディズニーランドのチケットを受験票を間違えて持っていってしまった。そして、渋滞や自転車との接触事故に巻き込まれ3分前に大学へ到着したものの、結局試験には間に合わなかった。母親は自分の失態を棚に上げ、「土下座すれば受験できたはず」と逆ギレ。
遅刻によって受験を諦めた伊賀は、フランス料理店へ就職することになった・・・。

この時、コロッケは伊賀の直前で売り切れ買えず。激怒した黒須に「土下座すれば買えたはず!!」と責められた伊賀は、身勝手な母親と黒須がとても似ていると思い、実はオーナーは自分の親戚か?と見当違いの妄想にとらわれたのだった。

***

ある真夏の暑い日、黒須はまかないの料理の献立に文句をつけ、シェフの小澤と喧嘩になってしまう。結果、1週間まかない料理を黒須が作ることに。はじめこそまともに作っていたのだが、3日目からの材料は自宅の冷蔵庫にあった残り物を使いはじめる。そして最終日。まかないを食べた後、体調を崩すスタッフたち。西京漬けの魚を刺身として食べ、その後、気が付き焼いたものの期限切れだったのだ。スタッフはてっきり食中毒と思っていたが、診断は夏バテだった。

そしてシェフは目が覚め、賄いはまたすぐスタッフが作ることになった・・・。

***

ロワンディシーにはさまざまなお客様が来店する。
赤ワインが冷えすぎていて怒るお客がいたり、50年前の大女優が食事をしていることに気が付いたお客が、隠し撮り専門の知り合いパパラッチを呼んだりとスタッフは大慌て。スタッフは知恵を絞り写真を撮らせないように奮闘するが、最後は大女優の演技で撃退する。

お店で食事をしたことがあり美味しかったからと、接待でロワンディシーを予約したお客様。
このお店は接待には不向き。案の定、上司に怒られている部下。それを見たスタッフはこの接待を成功するよう、おもてなしに奮闘する。
スタッフの失敗、上司の悪態などあったものの、部下の一生懸命さを理解した先方は企画を提出するように言って帰っていき、この接待はなんとか成功に終わった。

***

ある日、オーナー黒須の元に借金取りがやってきて、スタッフはお店がつぶれるのではと不安に。黒須が書いたメモに、【+7、クビ】と書いてあるのを見て、自分たちにも相談するよう黒須に話す。しかし、黒須は「どんな死に方が好き?」と聞いてくるので皆は恐怖を感じる。

そんな中、レストランに1本の電話がかかってくる。金子ローンの根元さんが、逃げないようにオーナーを見ておくように言ってくる。保険もかけているから逃げられないと。黒須が自殺すると思ったスタッフは皆で止めに入るが、黒須はいつもと変わらない。

実は黒須はミステリー作家として活動しており、金子ローンは河音公論(かわねこうろん)、保険というのは間に合わなかったときの為の他の原稿
そして+7は【ナワ】で縄のトリックを考えていたのだった・・・。

***

伊賀の両親がロワンディシーにやってきた。母親が「お世話になりました」とお菓子を持って。
母の独断で、実家へ連れ返そうとする勝手な姿を見て、他のスタッフはオーナーに似ている!と思う。

親戚の葬式と嘘をついて、両親(ほぼ母親)の観光に付き合う伊賀。黒須は嘘に気が付き、伊賀に会いに行く。そして、伊賀の母親と黒須は言い争いになる。お互いに伊賀がいないと不便だと言い、一歩も譲らない。母親は実家へ帰らせたい、黒須は店を辞めさせたくない。2人とも言い返さない伊賀を便利屋さんと思っているようす。

そのヒートアップした言い争いを止めることが出来たのは、伊賀の父親だった。ずっと一緒に観光していたが、母親がつよすぎて父親の存在が消えている。そんなおとなしい父親だが、母親をかわす方法は「先延ばし」すればいいのだと分かっていた。そして、伊賀は地元に戻らなくてすみ、父親は母親を連れて帰っていった。

***

ロワンディシーにはいろいろなお客様が来店する。騒がしいお客もいれば、気を使いすぎるお客も。
ある日、来店したのは気を使いすぎる老夫婦。
道に迷ったが連絡が出来ず、1時間遅れたことに気を使い、一番高いコースを注文したものの、量が多すぎて料理を楽しめていない。
苦手な香菜も、伊賀に聞かれ美味しいと答え、満席で忙しそうにしているのを見て料理はゆっくりで良いと声をかけ伊賀に忘れられ30分も料理が来なくても文句を言わない。
伊賀がメイン料理、鳩と鴨を間違えるなどのアクシデントもあり、お客様皆が気を使い出しレストランの雰囲気はどんより・・・
その雰囲気を壊してくれたのは、お客に紛れて食事をしていた黒須だった。

その後は老夫婦も気を使いすぎるのは良くないと思い、お腹がいっぱいなので料理をキャンセルすると言えたのだった。

***

伊賀は、元美容師である川合くんの指導に行き詰っていた。ワインのコルクは開けられない、お皿は割る、オーナーが怒っても気にしていない。黒須は川合が出来ないのは伊賀の指導がなっていないからだと、怒りの矛先は伊賀へ。

そんな時、ロワンディシーで働きたいという峰がやってくる。峰は川合が出来ないことをスマートにこなしていた。伊賀は黒須から、峰が川合、どちらかをクビにするように言われるが、川合をクビにすることが出来なかった。

それは恐いお客さん、クレームの対応は空気の読めない川合にしかできないことだったから。川合は、文句を言われても持ち前の天然でお客の機嫌をなおすことができるので、ロワンディシーに必要な人間だったのだ。

 

3巻ネタバレ

伊賀はお客様の要望に応え、割りばし、ビール、ジュース、煎茶を配膳する。年配のお客様の要望で箸を渡したものの、他の若いカップルや他の人たちも箸を希望。飲み物は食事に合わないのではないかと迷いつつも出していた。

他にも車の移動を頼まれ断らずに引き受けてしまい、スタッフは持ち場以外の仕事をフォローしなければいけなくなりお店は混乱。
そして戻ってきた伊賀が見たロワンディシーは、皆が箸で食事を食べており、いったい何のお店なんだ・・・とショックを受ける光景になっていた。

要望にすべて答えてしまっていたらお店のスタイルがなくなってしまうことに気がついた伊賀やスタッフ一同。そんな時メニューにないジュースのオーダーが入る。「ない」と断らなければいけない状況だったが、なかなか言えない伊賀。
そんな時役にたつのが川合だった。「果物ないですー」と、一言いうだけで、そっか!と引き下がるお客様を見て、伊賀はそんな感じでいいのかと、気が抜けるのだった。

黒須はレストランに必要なサービスとスタイルの必要性に気が付いていた。だから、行き詰った時に言うオーナーの一言が適確。その後、ずっこけるような事も言って、やっぱりオーナーだ・・・となるのだ。

***

山縣さんは元銀行員の資格マニア。銀行員時代は資格を取ることで上司に嫌われながらも20年間頑張り、定年退職。

その後も気になる資格を取っていたが、実務経験が必要な資格がある。ソムリエもそのひとつ。ソムリエの資格は実務経験5年間が必須なのだ。
誰になんと言われようが、退職後の暇つぶしと言われようが、5年間はロワンディシーを辞める気はない山縣。

レストランの中でも癒し的な存在の山縣は、仕事ぶりは優秀で、趣味の資格に没頭して楽しんでいるのだった・・・

***

毎月一軒ずつ紹介されるレストラン評。黒須が、アルファベット順にきているので次はこのお店だ!といいきり、覆面記者がいなかったかを皆で考えることに。そしてメモをしているお客様がいたことを思い出したスタッフは、ミスをしていなかったか話し合う。

忙しかったその日、皆はさまざまなミスをしていた。記者の後ろに黒須が座っており、ワインをこぼしたときにすぐに拭きにいかなかったことを思い出した伊賀。記者から見たら、わがままでめんどくさいお客様をないがしろにしていると見えただろう。

ロワンディシーがオープンして半年、これまでか・・・と思った一同だったが、発売された雑誌には違うお店が紹介されていた。ホッと力が抜け、いつものロワンディシーに戻ったが、その女の人は皆の予想通り本当に覆面記者だった。覆面記者は一度の来店では記事を書かず、何度か来店することもあるのだ、、、、

その後も黒須は懲りずに客席で食事していた・・・

***

3組のお客様が来店しているロワンディシーや周辺で吹雪になり停電。タクシーもすぐ来るはずがなく、暖房も入らないため凍えるように寒い。そこで皆で知恵を絞り寒さ対策やどうやって帰るかなどを話しあった。

そんなとき、北海道から帰ってきたばかりの黒須が役に立つ。靴の裏に滑り止めをつけていたため、一人で大通りにでてそのまま家に帰ろうとするが、やはりオーナーの考えることはすごかった。長靴を借り、焼き芋をすべて買い取ると約束し車ごとお店へ。
他のお客様とも遭遇し、灯油を運ぶなどして無事に大雪の夜を超すことができた。

***

伊賀が初めてレストランに来た時、墓地で道に迷った。その時カエルが現れて、レストランまでの道を教えてくれた。

ある日、カラスに襲われそうになっているカエルを見つけ助けてあげた伊賀。その後、レストランには不思議な現象が起こる。

団体の予約が入っているロワンディシー、主役の方は到着したが、他の方は全員道に迷っている。送ったお店の地図に不備があったのは確かだったが、墓地のどこで迷っているのか分からないため探しにいくこともできない。その後全員がカエルに道案内されたとお店に着くことができた。

伊賀が助けたカエルの恩返しか!?と盛り上がるスタッフ一同。

実際はお店の隣にある池が、カエルの繁殖場所になっていただけだった・・・

***

墓地でお花見をしていて、ロワンディシーはお弁当を配達していた。伊賀がお弁当を持っていくと、お酒や食事を勧められる。伊賀は断っていたが、黒須からは臨機応変に対応するようにと注意を受ける。

そしてお酒をもらったあとは、話しかけられ仕事に戻れない。無理やりその場を立ち去ろうとして場の雰囲気を悪くするなど、どうもうまくいかない。
酔っぱらったお客の相手をすることも出来ず、他のスタッフが助けてくれる。

そして、ある男の人と出会った伊賀は、その性格はずっと治らないし一生苦労すると言われる。その男性は若くして亡くなった伊賀の祖父だった。
祖父も融通が利かなかったことを知り、治したいけど治らないことで葛藤していた伊賀は、治らないと知り安堵したのだった。

***

堤が前職を辞めた理由は、毎日まかないで並の牛丼を食べ、牛丼が人生の定量に達したため転職を決意したのだった。久しぶりに前の職場に顔を出すと、スタッフは素晴らしい働きぶりをしており、堤は刺激を受ける。
ロワンディシーに戻った堤は、二日酔いのオーナーの黒須や、だらだらしているスタッフの姿をみて、このままではダメだと思い、厳しかった昔の自分を思い出す。

ロワンディシーの「店長」として、スタッフから猛反対を受けながらも経費の管理も厳しくした。そして黒須に、店のコンセプトやターゲットなどしっかり決めて何を優先するのかを問う。

元の職場に戻ってこないかという誘いも受け、迷っている堤は、黒須がしっかり方向性を決めてくれたらこのレストランで働けると考えるが・・・
黒須のいう事は毎回違い、ターゲットも熟年サラリーマンと言っていたのに、次の瞬間若年サラリーマンと言ったりする。

一度は辞めようと決意した堤だったが、フランス料理の定量がくるまではここで働こうと心に決めたのだった。

ちなみに、まかないにフランス料理はでないので定量に達することはない・・・

 

4巻ネタバレ

「ロワンディシー」でおこなわれることになった結婚式。人前式を希望する新郎新婦はロワンディシーで式を挙げることに。
指輪交換の時に新婦の指輪がないことに気が付いた伊賀やスタッフは、なんとか時間を稼ごうとあの手この手と使う。そしてオーナー黒須が出たとき、参列者の皆は「貴子に似ている」と口々に話はじめる。

新郎は以前、貴子という人物と付き合っており、貴子は3か月前から行方不明になっていたのだ。新婦の父親はこの結婚には反対。理由は新郎が前の彼女の失踪に何か関わっていると感じているからだった。

新婦の指輪は黒須が持っていた。しかし、指輪をつけていることを忘れている。黒須の指に指輪があることに気が付いたスタッフ。そして指輪交換の時間、黒須は新婦の父親の話を聞いたうえで、わざと黒いウエディングドレスを着て新郎新婦の元へ指輪を運んだ。貴子に似ている黒須を見て、新郎は貴子と勘違いしボロがでる。

実は、貴子は崖から落ちて亡くなっていた。新郎はその場に居合わせたが、怖くなり警察にも届けにいかなかったとのこと。

結婚式・披露宴は中断し、新郎は警察へ行った。

***

開店から1年が経過したロワンディシーは、お客様が減っていた。来店したお客様もなんだか居心地が悪そうな様子。
伊賀やスタッフは何がいけないのか、どのサービスが良くなかったのかと頭を悩ませるが、理由がわからず、困り果ててしまう。

そんなときやすらぎ会館の管理人と話をすることがあり、レストランの欠点を知ることができる。

・食卓花に季節感がなくずっと同じ
・草の手入れや雑草を抜いておらず、蚊が大量発生し痒くて食事に集中できずどんよりしている
・真上からの照明は女性にとって綺麗に見えず、席がよくない
・オーナーの好みの音楽をかけているため、同じ曲が流れるとお客は長く居すぎたと勘違いして帰ってしまう

食事や空間を楽しむためのサービスがロワンディシーには欠けていたことがわかる。

***

シェフはオーナー黒須に秋の新作メニューを試食してもらう。いつもどおり即OK!と思っていたが、この日は違っていた。メニューを考えなおしても「意外性がない」「季節感がない」「これ以外にない!というシェフの実感」が見えてこないと、ダメ出しをくらってしまうのです。いつも温厚なシェフも何度も言われるダメ出しに爆発、そしてふたりは対立してしまう。

黒須はシェフがメニューを決めていいと言い、その日から4日間もレストランを休む。その間、料理を残すお客様がどんどん増え、シェフはどんどん自信をなくしていく。こんなとき黒須ならビシッと言ってくれるのに・・・とスタッフはどうしていいかわからなくなっていた。
やがてシェフはスランプに陥り、ロワンディシーを休み心の整理に向かう。

フランス料理の秋の食材は山にあると考えたシェフは、無になって食材と向きあうことにした。
木の実や果実、自然薯、野生の茸などを見つけ、その場で料理をしているとどんどん料理のイメージが湧いてくるシェフ。
やはり料理は料理人のものだ!と自信を取り戻していく。

その頃、黒須は作家の仕事の取材で、川でイワナを釣っていた。山の中なのでスタッフからの電話は繋がらない。
ロワンディシーでは黒須とシェフがいない中、できるメニューでなんとか1日を終えることができた。しかし、それは予約が入っていなかったから。
次の日は団体の予約が入っているため、シェフがいなくてはどうにもならない。

その頃、帰る予定だったシェフは、山で遭難。秋で食材は豊富にあるから命は繋ぐことができると料理を作りだしていた。
その時、音がして大きな動物がきた・・・・と焦るシェフ。そこに現れたのは、なんとオーナーの黒須。そして自分でとった肉や魚を見せ、ディナーを作るようシェフに言う。シェフが山で自分でとったのは木の実や自然薯、オーナーは肉と魚。

山で肉を獲れる人間、またレストランでも山でも気にせず同じクオリティーのものを要求する黒須のバイタリティに自分は勝てないとシェフは実感したのだった。

2人は無事に山から降り、揃ってロワンディシーに戻った。

***

お客様が牡蠣が食べれないのに牡蠣をオーダーし、伊賀がシェフに謝りにいって怒られる

95年のワインを注文をとり、お店には96年しかなくお客様に謝りに行き伊賀が怒られる

どんなときにも伊賀は怒らずに対応しています。

ランチに32名の団体の予約が入りロワンディシーは大忙し。
そんな中、ワインが足りなかったり、子供がいることを伊賀に伝え忘れていたり、ワインを落として割ってしまったり・・・とわざとではなくミスを連発するスタッフ。

伊賀は怒りもせず淡々と仕事をこなしていくが、いつもより【無】になっているためスタッフは伊賀が怒っていると思いショックを受ける。伊賀は大ピンチの状況でスタッフに気をつかうことができず、ただサービスに集中していたのです。

レストランの営業も無事に終わり伊賀は最後まで怒ることはなかったが、手伝いに駆り出されたオーナー黒須がカンカンに怒っていたのだった。

***

カニを食べたいから明日の定休日は北海道へ皆で行く!と無理やり飛行機を手配したオーナー黒須。
夕方に着き、カニを食べると言うものの予約していないため、どこも満席。そして宿もとっていないため宿泊場所もあいていない。

じつは、その日は雪まつり。

未完成の雪像作りを夜通し手伝うことになったスタッフ、そしてカニを食べたい黒須。
最終的にはイメージと違う毛蟹を食べることができたが、帰りのチケットをとっていなかったことに早朝気がつき青ざめる。

スタッフ一同は、今日は休業だと思うが、オーナーは帰ってすぐに働くよう言う。全員分のチケットがとれるはずもなく、シェフと伊賀が第一弾として先にもどることに。

計画性のないオーナーに最初から最後まで振り回される一同なのでした。

 

5巻ネタバレ

シェフの元に1人料理5万円のコースの団体の予約が入る。念願だった高い食材を自由に使えることになったシェフだが、高くても2万円のコースしか最近作っていなかったシェフは5万円コース内容が思い浮かばない。原価率30%までOKなのだが、頑張っても20%の内容にしかならず悩む。

そんな時にオーナー黒須が、「シェフの才能を5万円で買ったということ、お金でなく自由に今まで作りたくても作れなかったものを作ればいい。
高級食材を贅沢に使い、端は余っても良いじゃないか!」と言うのです。それが5万円の自由だと気が付いたシェフは、無事にコースメニューを決め当日を迎える。

けれどシェフは悩んでいた。お客様の顔が見えない自由は、シェフにとって料理に納得がいくものではなかったから。
お客様は苦手な食材のみレストランに伝え、あとはすべてお任せだった。シェフは再度苦手な食材のリストをチェックしていると、10年前のあるお客様のことを思い出した。
なんとこのお客様は一度シェフのレストランで食事をしたことがある方だったのだ。そしてシェフも【きゅうりが嫌いなお客様】を思い出し、その時の内容からヒントを得てお客様の納得のいくコースを提供することができた。

このお客様は洋服メーカーの社長で、部下を連れ30周年記念の会をロワンディシーで開いたのです。
会社の進む道を迷っていた社長は、昔頑張っていたころに食べたシェフの料理のことを思い出しロワンディシーを予約。
そしてロワンディシーの素晴らしいシェフの料理を食べ、悩んでいた【パリコレ撤退】を決心したのです。

直前に料理を変えたこともあり、原価率が70%になってしまい店長に注意され焦るシェフですが、明日からのコースに使うから大丈夫!と返答していると、厨房から良いにおいが。

黒須が高級食材を焼いて食べていたのです。素晴らしい助言をした黒須の狙いは余った高級食材だった・・・

***

お客としてロワンディシーに来店、お店の状況を確認する中聖人。
お店の欠点として、食前酒の遅さや看板の暗さ、そしてお店の雰囲気を壊す常連客(オーナーです)などをチェックし、閉店後面談を始めた。

経営コンサルトなど必要ないというオーナー黒須と、なぜか嬉しそうにしている従業員を見て、少し不思議な気持ちになる中聖人。
経営コンサルタントとは嫌われる仕事なので、従業員の態度が今までと違うのです。

利益を出すための提案をしても、黒須が上手く言いくるめてられてしまう。中でも一番大きな問題は従業員の人数。ホールの人数を4人から2人に減らすべきだと断言するが、オーナーは絶対に減らさないと言い切る。
中聖人のいう事は正しいとスタッフ一同分かっているが、黒須は従業員を守ろうと必死になっている。
説得を試みようとする中聖人ですが、ずぶずぶと【オーナー黒須】の世界へ呑み込まれ、自分が間違っていて黒須が正しいのではないか?という気持になってしまい・・・
逃げるようにロワンディシーを後にした。

1カ月後、ロワンディシーの売り上げはUPしていた。
経営者がダメな為、従業員が頑張るレストランがまれにあるのだ。そんなレストランにはダメな経営者が必要なんだということを、中聖人は理解するのだった。

***

香宮様はとても綺麗な女性で、毎月ロワンディシーへ来店している。
見た目だけでなく華もあり香宮様が来たらレストランが明るくなる、そして知識も豊富でどんな話題も対応できスタッフは皆、香宮様のファン。良く食べ良く飲み、シェフの心も掴んでいた。

伊賀はふと、このフレンチレストランは非常時には必要がないもの、生産性がないものだと話すと、それを聞いていたオーナー黒須は必要がないものこそが文化であり芸術だ!と言い切ります。

ロワンディシーの休日、スタッフは男4人で美術館へ行くことに。公園で待ち合わせをしているとお客様にばったり会うことがありちょっと気まずい雰囲気。

そんな時、香宮さんと同じ着信の音楽が近くでなるのですが、持ち主はボロボロの洋服でゴミをあさっている女性。その女性はやはり香宮さんで、じつは彼女は漫画家でした。締め切りが近く編集者ともめている。伊賀は見て見ぬふりをしていたが、遅れてきた川合が香宮さんに気が付きロワンディシーのスタッフ3人が見ていたこともバレてしまう。

編集者と話をした伊賀は、月に2,3日の大切な休日に、香宮さんがロワンディシーに来店していることを知る。普段は持ち帰りのお弁当、けれど眠くなるから食べれない、いくら洋服を購入しても着れるのは2,3日。そんな大切な日、ロワンディシーをやすらぎの場として利用してくれていることに気が付いたが伊賀。そんな時間を提供するこの仕事に誇りを持つことが出来た。

見られたくないであろう姿を見られ、香宮さんはもう来店してくれないと思っていた一同。
しかし、変わらずロワンディシーでの食事を楽しんでくれるのだった。

仕事中の香宮さんは【オーナーと似ている】ことに気が付きがっかりしたことは、スタッフだけの秘密です。

***

オーナー不在時、伊賀は4名のお客さまの中に子供がいることに気が付かず受け入れました。
オーナーに知られたら絶対に怒られます。
そして案の定オーナーが子供を見て怒り出します。
このお店は大人のお店だと!子供は絶対に騒ぐ!と。
騒ぎだしたらお店から出て行ってもらえると考えたオーナーは、子供の近くに座り色々な手を使います。

その4人組は、子役の女の子、母親、業界の人達でした。
そのことを知ったオーナーは、子役の悪口を言ったり、デザートを見せびらかしながら食べたり、大きな声で歌ったりとやりたい放題。
誕生日はハムスターが欲しい!と言っているのを聞き、ハムスターを出すオーナー。
実は川合が飼っているハムスターを職場に連れてきていたのです。
予想通り(?)ハムスターは逃げ店内は大変な状況!
今まで大人しかった女の子も、このハムスターがいいと騒ぎだしました。
そしてオーナーも客様も皆お店から出ることになりました。
オーナーの企み通り追い出すことができたのですが、
その子の行儀はとてもよくデザートまで食べた後だったのです。

オーナーが何もしなかければ、その子供は大人しく場の雰囲気を察知し騒ぐことはなかったんですよ!!!
オーナーは何をしても騒がない子供に対抗意識を燃やしていただけなのです。
子供の方が大人で、オーナー黒須の方が子供のように騒がしい迷惑なお客でした

実はその女の子は、オーナーが追い出される姿をみてわざと騒いだのです。
空気を読んで、子供の自分が悪者になることを選んだのです。
その子が決まっていたCMでは、オーナー黒須がレストランでやっていた姿を参考にしたような演技を披露していました。

***

ソムリエ試験を受けるためには5年間の実務経験が必要です。
山縣は実務経験が足りないためまだ受験できませんが、伊賀と堤は5年の実務経験をクリアしている為受験可能なんです。
ソムリエの金バッチがあると、お店のお客様もワインをさらに開けると読み、皆ソムリエ試験を受けることに賛成します。

伊賀は大学受験のミスから試験という名のものが大の苦手!
けれど今回は母親の邪魔が入らない為、大丈夫!と山縣が背中を押してくれます。
試験前の講習会も参加したほうが良いという山縣ですが、東京は締め切りがすぎていました。
そして唯一受付可能だった沖縄で講習を受ける為、2日間お店を閉めてロワンディシースタッフ全員で沖縄(旅行?笑)に行くことになりました。

伊賀と堤は講習会を受け、そこでお寿司屋さんの店主と出会うのです。
東京で息子と共にお店を切り盛りし、息子にソムリエ試験を受けるように言ったところ、40歳すぎてこんなもの覚えられない!そして板前にはなりたくなかったと言われました。
その言葉に腹が立った為、70歳でソムリエ試験に挑戦することを決めたのです!

堤以外の2人は一時試験の筆記に合格、堤はもう勉強しなくていいので、とても嬉しそう。
二次試験の課題は【シャトー・ラトゥール82の抜栓とデカンタージュ】です。
無事に試験が進むかと思いきや、オーナーの邪魔が入ります。
審査員が家庭のトラブルで帰宅するところに遭遇し、高級ワインを飲めると思い審査員に紛れ込んでいたのです、
受験生6人に試験管4人。
2人は同じグループで試験を受けることになり、すし屋の店主は緊張からこぼしてしまします。
おりがないことから本物じゃない!とオーナー黒須に文句を言われ、すし屋の店主はさらに緊張するのですが、サービスマンとしての精神を思い出しいつものペースを取り戻すのです。
無事に合格し、倅も来年受けると決断しました。残念ながら伊賀は不合格、山縣には来年も調査に行くよう言われるのです(笑)

山縣は堤に、【ソムリエ協会に会費を支払って入会していれば3年でソムリエ試験を受けれる】ことを聞かされショックを受けています、、、。

 

6巻ネタバレ

オーナーは編集部の人と食事がある為ロワンディシーを明日休むと宣言!
オーナーがこないという幸せ、解放感に浸るスタッフ一同。
予約が3組しか入っていなかったのですが、シェフはかなり気合をいれたメニューを考えます。
秋の食材【牡蠣】【カニ】【エゾジカ】立派なものが入り、牡蠣の好きな常連客の予約が当日入るなど順調なすべりだし。

ケーキのろうそくを買い忘れた川合にも、今から買いに行っていいと言える心の余裕。
川合もまたフランス料理店宛の領収書の落とし物を拾い、お店まで届けることができる心の余裕!(川合はオーナーが居ても居なくても変わらなそうですが。)

散らかったオーナーの部屋に、今日の料理が映える黄色いお皿があることを思い出した伊賀は、スタッフと共にゴミの山(?)から探し出します。
他にも緑、花模様のお皿やグラスなど、なぜいままで出していなかったんだ!といいたくなるような素敵なお皿が沢山あり、テーブルコーディネートもいつもより丁寧に行います。
お客様にも好評でスタッフ一同大喜び!

この日は大雨だったのですが、急にお客様が増え満席になります。
川合が落とし物を届けたレストランにオペラ帰りのお客様が殺到し、ロワンディシーを紹介してくれたのです。
仕入れていたカニも牡蠣もすべてなくなり、達成感と幸福を皆で噛みしめているところに、とても機嫌が悪いオーナーが帰ってくるのです。
カニ、牡蠣、エゾジカは!?と。

実はオーナー、打ち合わせと食事会の日程を間違えていました。
お腹がすいても、カニ、牡蠣を絶対食べると他のお店には寄らずにロワンディシーを目指します。
渋滞にはまりレストランに着いた時にはカニも牡蠣も余りはありません!
怒り狂うオーナーですが、心に余裕のあるスタッフとシェフはあるもので御馳走を用意し、無事にオーナーの胃袋を満足させることに成功しました。

***

お客様である海浦様は山縣の知り合いでライバル。
違う銀行に同期入社しライバル関係だった2人は、ワインが好きでソムリエの資格を目指しているという趣味も同じです。
なので山縣の選ぶワインの口を出す海浦様、応戦する山縣との戦いが始まります。

海浦をぎゃふんと言わせようと、隠していたた自分たちと同じ年齢の赤ワインを持ってきます。
価格にして10万以上はするような高級ワインです。
お互いに開けれるはずがない!と開ける気はないのですが意地を張りすぎて開ける方向へ話は進みます。
そんな2人を止めたのはオーナー!
ワインは飲んでこそワインだ!といい無理やり開けようとします。
完全に自分が飲みたいだけ!!!

その姿をみた2人は大慌てで止めに入り、無事にワインを助け出すことに成功。
他のワインを注文する海浦様でした。

***

オーナーはおせちはどっちでも良いと言いますが、店長は経営の立場からおせちのお弁当を作らなければボーナスはでない!と断言します。
その言葉を聞いたスタッフはおせちのお弁当えを作ることを決め、準備に取り掛かります。
1個25000円のおせち料理を50個作ることが決定。

オーナーに小言を言われイライラしながらもシェフはおせちの内容を決めます。
そして12月29日、次々荷物が届く中、足りないものや買い忘れたものが次々でて一同大慌て!
31日の営業終了後、料理が痛まないよう暖房はつけず寒いレストランの中でお重に詰める作業を皆で始めます。
そんなめんどくさいことをオーナーが手伝うわけがないと思ったのですが、お節料理のおこぼれを食べる気満々なオーナーは張り切って手伝いをします☆

なんとか無事に時間内にお客様に渡すことができほっと一安心!
そして1個余分に作っていたおせちを、シェフはオーナーに渡すのです。
そして大変なことが発覚します!
2段重ねのお重、2段とも同じ内容なんです。
慌ててお客様に連絡し自宅までお届けし、ロワンディシーの大晦日は終わったのです。
大晦日、年越し、初詣までもオーナーが一緒に居る一同は、もうオーナーと離れたいと思ったのでした。

***

伊賀の父親は【ジンバブエ】に転勤になりました。
観がいないと不便だ!連れて行かないと!と思った母親はロワンディシーへ乗り込みます。
今までは意地でも連れて帰る!という勢いだったのですが、作戦を練ってきたようで、
【観は来なくていい】と言い、笑顔で去っていきます。
突き放したら向こうから連絡してくると予想しているんのです!

案の定観は母親のことが心配になり、仕事中もぼーっとすることが多くなりました。
その態度にイライラしたオーナーは、同じ作戦を実行するのです。
【心配なら行っていい】と。
オーナーはこんな優しく休んでいいと言ったら、絶対に戻ってくると思っています。
他のスタッフは大丈夫かな?と不安そうですが、オーナーだけは自信満々!

そしてそのタイミングで新しいスタッフがお店にきます。
自分はもう必要ないのか?と思った伊賀は、オーナーにジンバブエに行くといい休みを取ります。
そして向かった先は長崎の実家。
母親からもオーナーからも縛られず自由にしていいと言われたら、どうしていいのか分からない伊賀。
父親と電話を電話し、猛獣使いは猛獣がいてこその猛獣使いだと言われます。
猛獣使いとは、小さなころの観の宿題【将来の夢の作文】に母親が勝手に書いた【夢】。
父親の言うことに80%は疑問を抱きつつも、オーナーからかかってきたすぐに帰ってくるように!!!という電話に嬉しそうな表情をするのです。

伊賀は自分のことを必要としてくれているオーナーのいるレストランの居心地が良いのです。

***

【お客様からプレゼント】をもらっても良いのか?
レストランで働いていたら一度はそのような経験があるでしょう。
川合はその可愛らしい性格から女性に人気で、たくさんのプレゼントをもらっていました。
スタッフはオーナーに確認したところ、自分で考えるようにと一度は言うのですが、川合はOK、けれど伊賀はダメだと返答します。

伊賀はお客様に野球の試合に誘われたり老夫婦からプレゼントを渡され断ったりと、断るのも辛い様子。
そんなときあるお客様が【気が向けば受け取ればいいのではないか】と伊賀に言っているような言葉を発します。
その方は指揮者で有名な日比野毅でした。
【難しいことは考えなくていい】という日比野、
【川合は大丈夫だけど、伊賀はお客様とお友達にはなれない!】というオーナー。

伊賀は日比野様から頂いたクラシックコンサートのチケットを見に行きました。
来店時にお礼を言うと、またチケットを貰うのです。
そしてその次の時も・・・・どんどん気が重くなっていく伊賀。
日比野様に会うのが辛くなっている伊賀を見て、オーナーは忠告を聞かなかったからこうなったと言います。

川合は川合ファンが川合の取り合いでケンカしても上手く場を収めることが出来ます。
伊賀はお客様とスタッフの距離は良いけれど、プライベートまでは距離が近すぎると感じ、その気まずい様子がお客様にも伝わります。
川合のように上手な立ち回りが伊賀にはできません。
オーナーははじめから分かっていたのです。

日比野様からもらったコンサートチケット、いかなかった日から1カ月、日比野様は来店しなくなっていました。
悩む伊賀に対しオーナーは、伊賀はそのままでいい、【美しい距離感を保てるサービスマン】は素晴らしい、そして初めてあったときと同じ言葉【あなたは良いサービスマンになる!】と言われます。
あの頃から成長していないのか、と少し落ち込む伊賀でしたが、
最初に行ったコンサートが楽しかったならいいじゃない!またプライベートでコンサートをみに行きましょう!
と言われ、伊賀のおごりで2人は日比野様のクラシックコンサートを見に行きます。

オーナーは伊賀のことをよく見ており、悩んだときはフォローする。
すばらしい関係を築いていると感じました。

***

出版社である河音公論が倒産、人気作家であれば他の出版社から小説をだすことができますがオーナーは・・・?
わたしにはレストランがある!と豪語するオーナーとスタッフの元に、老舗の和菓子屋【招福堂】の関係者が挨拶に来ます。ロワンディシーの場所に【和風喫茶】を出したいと。なので契約更新時に競合することになること、早めに撤退してもらえるのであれば良い物件を紹介することを約束して帰っていきました。

競合したら絶対に負けるから転移も良いと考えるスタッフ、この場所でなければ嫌だというオーナー。
伊賀や堤はこのロワンディシーで働くことを楽しく感じていた為、寂しい気持ちにもなっています。
そしてオーナーと伊賀以外のスタッフで紹介された物件を見に行くことにしました。
駅から3分の都会、設備も完璧な場所を見て、自分たちに使いこなせるのか・・・とう不安がよぎるスタッフ。

オーナーがこの場所から転移したくない理由は自宅から近いから!
転移に向けて準備や掃除をしていると、これまでのことを思い出し寂しくなってきます。
オーナーは自分も引っ越しをすればいいことに気が付き、移転OKを出すのですが、
この場所を離れたくなくなった一同はここで和風喫茶をしよう!という方向へ話が進んでいたのです。
オーナーは飲めないお店なんて反対だと声をあげます。
そんな時に招福堂のスタッフがやってきて話し合いがはじまります。
皆せ力を合わせこの場所を守ろうと招福堂のスタッフを追い詰めていた時、事件は起こるのです。
雷がロワンディシー直撃、火事になりました!
ロワンディシーはその日をもって閉店することになったのです。

その後ロワンディシーは伊賀の実家が開いていたので長崎へ移転し営業スタートします!
オーナーはロワンディシーのオーナーではなくなり作家として仕事を再開、小説取材の一環として長崎にあるロワンディシーによく顔をだします。
長崎にお店を構えた2年後、伊賀の両親がジンバブエから戻ってくることが決まり、次は金沢に移転。
その後も移転を繰り返すこと40年、パリにあるレストランに伊賀はいました。
そしてお客様として黒須が来店したところで、このお話は終わります。

1話冒頭で老人が座っているのですが、それが現在の伊賀。
この物語は、伊賀が昔の楽しかったロワンディシー時代のことを思い出していたお話だったのです!

 

【Heaven?/ご苦楽レストラン】動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【 石原さとみ主演ドラマ】

2019.07.09

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」あらすじや展開と期待の声

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」あらすじ

主人公・黒須仮名子は、フレンチレストラン「ロワン・ディシー」オーナー。独特のバイタリティーと魅力を兼ね備え、たまに核心を突くことを言うが、店を繁盛させる気など毛頭なく「心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい」という己の欲求を叶えるためだけに店を開いた“超変わり者”。この店は、お客様のために存在するのではなく、「オーナーの、オーナーによる、オーナーのための店」なのである。

店で働く、伊賀観(いが かん)をはじめとする従業員たちも、オーナーに負けず劣らず個性あふれる面々。それぞれに大きな欠点を抱え、戦力的にはお世辞にも一流とは言えない彼らが、次第にメンバーの中で「その人ならでは」の役割を担うようになる。やがて“居場所”と“やりがい”を見つけた彼らは、いつしか「なくてはならない存在」としてチームに貢献し、仮名子と共に最高のアンサンブルを奏でるようになっていく。

仮名子に翻弄され、様々なトラブルに巻き込まれていく従業員たちが「頼りないオーナーだから、自分たちがしっかりしなくては」と一致団結して必死に問題を解決しようと奮闘する姿が描かれ、極上の笑いと共に、“人生を生きぬくヒント”も込められた至極のコメディーである。

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」に対する期待の声

ドラマ化が決定し、SNSには多数の声が寄せられています。

その一部をご紹介します!

 

 

 

 

 

原作を読んだ方も、そうでない方もドラマに期待いっぱいのようです!

 

スポンサーリンク

【Heaven?/ご苦楽レストラン】動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【 石原さとみ主演ドラマ】

2019.07.09

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」初回(第1話)あらすじや感想とネタバレ

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」初回(第1話)あらすじ

フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)は、真面目な性格で営業スマイルができないため、仲間からも客からもまったく評価されていなかった。
しかしそんな彼を高く評価する女性が現れる。その謎の女性は黒須仮名子(石原さとみ)。彼女は近々オープンするという自分のフレンチレストランに伊賀をスカウトする。
「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ。きっと」
その言葉に心を打たれ、彼女の店で働くことを決意する伊賀。
だがそのレストランは駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中に佇む店で、しかも彼女が集めた従業員は、元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(志尊淳)、牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信)、人に言えない秘密を抱えている不運の天才シェフ・小澤幸應(段田安則)、資格取得が趣味の元・銀行員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)と、小澤以外はフレンチ未経験の素人ばかり。
仮名子はなぜそんな彼らを集めたのか? はたして店は無事にオープンできるのか?
かつてない、“至極のフレンチレストランコメディー”の幕が開く!

 

初回(第1話)の感想やネタバレ

 

第1話の感想

 

『Heaven?』始まったと思ったら、舘さんのお茶シーン。原作ネタバレでこの謎の紳士の正体がわかります。

 

この演出、たしかに斬新!?

 

もはや、すごいとしか言えないレベルの黒須の言動。いい加減なのか、それとも・・・

 

 

ほんと伊賀くんって・・・まじめか!

 

ロワンディシーのトイレ、隣りの葬儀会館のを借りるって!?遺影がサンシャイン池崎さん!?

 

エアコンがやっと使えたと思ったら、ほこりがまき散らかされた!なんてこと!

 

第1話のネタバレ

フレンチレストランで働いていた伊賀観は、真面目な性格で営業スマイルができないため、仲間からも客からもまったく評価されていなかった。
しかしそんな彼を高く評価したのが、たまたま伊賀の務める店に来ていた黒須仮名子だった。彼女は近々オープンするという自分のフレンチレストランに伊賀をスカウト。「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ。きっと」黒須の言葉に心を打たれた伊賀は、彼女の店で働くことを決意する。

黒須に渡されたメモを頼りにそのレストランを訪ねた伊賀はその場所に驚きを隠せない。駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中にあったからだ。しかも彼女が集めた従業員は、元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一、牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎、人に言えない秘密を抱えている不運の天才シェフ・小澤幸應、資格取得が趣味の元・銀行員ソムリエ・山縣重臣と、小澤以外はフレンチ未経験の素人ばかり。聞けば、黒須はそれぞれにうまいことを言って自身の店の従業員にスカウトしていた。伊賀たちは、黒須のいい加減さにあきれながらも3日後だという開店に向けて準備を始めた。

料理の材料の調達で手こずったり、トイレが出来上がっていない状態で保健所の監査員がやってきて、となりの葬儀会館のトイレを借りることになったり、エアコンの故障に気づいたりとてんやわんやの中、なんとか前日に開店準備を終えるというタイミングで、黒須がオープニングパーティーに500人を招待してあると言い出す。伊賀らは開店をあきらめかけたが、葬儀会館から食器を借りて、ある材料で間に合わせてパーティーを開くことを決め、当日を迎える。しかし、招待客が一向に来ない。黒須が招待状に間違った日付を載せたこと、そして、招待状が届いたのがエイプリルフールだったことで、誰も来なかったのだった。その後、黒須からの連絡を受けた招待客が訪れ、パーティーは開催された。そのころ、エアコンの修理をたのまれた山縣がエアコンのブレーカーを見つける。稼働させると、5年間使われていなかったエアコンから大量の埃が吹き出し、客たちは真っ白になってしまう。それでも、「おいしかった」と笑顔で帰っていく客に、スタッフは喜び合う。笑顔が作れなかった伊賀にも笑みが浮かんでいた。

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

【Heaven?/ご苦楽レストラン】初回(第1話)ネタバレ感想:ロワン・ディシーのオープニングパーティーに訪れたのは0人。黒須の日付間違い!ハプニングだらけのオープン【石原さとみ主演ドラマ】

2019.07.09

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第2話あらすじや感想とネタバレ

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第2話あらすじ

「ロワン・ディシー」の開店からおよそ一ケ月。お客といえば、近所の石材屋の鱸(田口浩正)くらいで、店内には閑古鳥が鳴いていた。
ある日、食事を楽しんだ仮名子(石原さとみ)は、シェフ・小澤(段田安則)をテーブルに呼び「最近の料理にはパンチが足りない」と指摘。実は、小澤は弱気になると味が薄くなる性格で、客が来ないのは自分の料理が美味しくないからだ、と思い悩んでいるのだった。そんな小澤の自信を取り戻そうと、仮名子は従業員たちにお店のチラシを配ることを命令!手書きのチラシを作って客を呼ぼうと団結する。ところが数日後、店は予想外の事態に陥ってしまう…。小澤シェフの秘密が明らかに!?仮名子は小澤シェフの自信と塩気を取り戻せるのか?

 

第2話の感想やネタバレ

 

第2話の感想

 

敵陣視察に訪れたロワンディシーの面々。そのお店のウェイター役が野間口徹さん。視察の目的は、自信と塩気を喪失中の小澤救済!

 

この伝言ゲームの輪にはいりたかった!

 

伊賀くんのヒーロー感ハンパなかった!

 

小澤さん、どんだけ気分上げ下げしてますの・・・(笑)

 

オーナー黒須、いいこと言った!小澤さんは黒須の言葉に救われたようです。

 

黒須は9割自己チュウですが、残りの1割良いこと言います。

 

第2話のネタバレ

ロワン・ディシーは開店からおよそ一ケ月になるが、お客といえば、近所の石材屋の鱸くらいで、店内には閑古鳥が鳴いていた。シェフ・小澤は自分の料理が美味しくないせいと思い悩み、じつは、弱気になると味が薄くなる性格の小澤は、料理の塩気がなくなる一方になっていた。そんな小澤の自信を取り戻そうと考えた策が深夜営業をひろめるチラシを配ることだった。その効果はあって、客は入ったものの、ロワン・ディシーに縁遠そうな人ばかり。しかも、よくじつの予約はゼロ。小澤の自信は全く取り戻せない。そこで、近所にできたライバル店に敵情視察と銘打って来店し、小澤の料理の方がおいしいと言って自信をとり戻す作戦を決行する。しかし、その店の料理はリーズナブルで美味しくさらに自信喪失してしまう。じつは、小澤は過去に勤めた8店すべてが潰れたという悲しい過去があり、それがジンクスになっていたのだ。それを知ったスタッフらは、なんとかロワン・ディシーの情勢を立て直して小澤の自信につなげたいと考えたのが「ミッドナイトランチ」だった。結果、店は繫盛するが、その理由は「味は絶品だが次々と店を潰してしまう伝説のシェフ・小澤」とネットに載ったためだった。小澤はショックを受け、またも自信喪失。そこへ、大会社の社長・オカノからひとり5万円の16名、シェフおまかせでという予約が入る。がぜんやる気を出した小澤は悩みぬいて考えたメニューをだす。予約の日、訪れたオカノは、若き日の小澤の料理をほめ、キュウリが苦手でのこしたという過去があった。そのことを思い出した小澤はキュウリ抜きで過去と同じメニューを提供。オカノの喜ばれたことで、完全復活した。

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

【Heaven?/ご苦楽レストラン】第2話ネタバレ感想:小澤シェフの秘密は勤めた店が全部潰れた事!オカノ社長と黒須オーナーらのおかげで自信と塩気回復。【石原さとみ主演ドラマ】

2019.07.16

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第3話あらすじや感想とネタバレ

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第3話あらすじ

「ロワン・ディシー」では、店長の堤が頭を抱えていた。予約の電話を受けたコミドランの川合が致命的なミスを犯したのだった…。
その夜、店は予約で満席。フロアが大混乱する中、仮名子がアクシデントに見舞われ、伊賀はその対応に追われる。
すると山縣が堤と川合を手招きする。山縣が指さした先には、仮名子の席に座る女性の姿が…。押しの強いその女性は、伊賀をみると「観!!」と親しげに呼ぶ。その女性は観の母・勝代(財前直見)で、観を長崎に連れ戻そうと東京にやってきたのだった。
仮名子と勝代は、似た者同士でそれぞれの都合で観を自分のそばに置いておきたいと必死。「ロワン・ディシー」の”サービスの要”伊賀をめぐる仮名子と勝代の争奪戦が幕を開ける!!

 

第3話の感想やネタバレ

 

第3話の感想

 

第3話のネタバレ

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第4話あらすじや感想とネタバレ

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第4話あらすじ

あらすじ

 

第4話の感想やネタバレ

 

第4話の感想

 

第4話のネタバレ

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第5話あらすじや感想とネタバレ

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第5話あらすじ

あらすじ

 

第5話の感想やネタバレ

 

第5話の感想

 

第5話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第6話あらすじや感想とネタバレ

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第6話あらすじ

あらすじ

 

第6話の感想やネタバレ

 

第6話の感想

 

第6話のネタバレ

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第7話あらすじや感想とネタバレ

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第7話あらすじ

あらすじ

 

第7話の感想やネタバレ

 

第7話の感想

 

 

第7話のネタバレ

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第8話あらすじや感想とネタバレ

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第8話あらすじ

あらすじ

 

第8話の感想やネタバレ

 

第8話の感想

 

第8話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第9話あらすじや感想とネタバレ

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第9話あらすじ

あらすじ

 

第9話の感想やネタバレ

 

第9話の感想

 

 

第9話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第10話(最終回)あらすじや感想とネタバレ

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」第10話(最終回)あらすじ

あらすじ

 

最終話の感想やネタバレ

 

最終話の感想

 

 

最終話のネタバレ

 

 

↓もっと詳しく知りたい方は以下のリンクからどうぞ↓

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

【Heaven?/ご苦楽レストラン】動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【 石原さとみ主演ドラマ】

2019.07.09

 

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)」全話ネタバレ感想とあらすじ最終回まで更新まとめ

 

TBS系列火曜ドラマ22時は、人気の同名漫画が原作の『Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)』です!主演の変わり者オーナーを石原さとみさんが演じ、癖のある店員を福士蒼汰さんや志尊淳さん、勝村政信さんなどが熱演し、出演陣も豪華です!

「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、風変わりなオーナーと個性的な従業員たちとの間で繰り広げられる日常がコメディタッチで描かれ、多くの人気ドラマを手掛けている担当プロデューサー瀬戸口克陽が、“レストランモノ”の常識を覆す、王道でありながら予測不能のコメディー”と称するドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)』が楽しみでなりません。

この記事では、『Heaven?~ご苦楽レストラン~(ヘブン)』を初回から最終回まで随時更新していきますので、ぜひご覧ください!

【Heaven?/ご苦楽レストラン】ネタバレ感想!最終回まで初回(第1話)から随時更新【石原さとみ主演ドラマ】

2019.07.09

【Heaven?/ご苦楽レストラン】動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【 石原さとみ主演ドラマ】

2019.07.09

【Heaven?/ご苦楽レストラン】視聴率速報や一覧と推移!初回(1話)から最終回まで随時更新【 石原さとみ主演ドラマ】

2019.07.08

【Heaven?/ご苦楽レストラン】キャストとゲスト!相関図や主題歌の紹介【石原さとみ主演ドラマ】

2019.07.08

スポンサーリンク