ホリデイラブ(ドラマ)最終回第8話(7話)ネタバレ感想やあらすじの紹介

2018年1月冬ドラマ、「金曜ナイトドラマ」枠は仲里依紗さん主演の、『ホリデイラブ』が2017年1月26日スタートです!

ドラマ『ホリデイラブ』の原作はDeNAマンガボックスで連載中の、原作:こやま ゆかり、作画:草壁エリザによる「ホリデイラブ~夫婦間恋愛」です。

こちらの記事では2018年1月冬ドラマ、「金曜ナイトドラマ」『ホリデイラブ』の第7話と最終回(第8話)のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

ホリデイラブ動画を無料視聴!PandoraとDailymotionも【仲里依紗主演ドラマ】

2018.01.24

ドラマ「ホリデイラブ」第7話あらすじや感想とネタバレ

 

第7話あらすじ

会社内で純平と里奈の関係が噂される中、里奈が「すべて話す」と言い、予想に反して、疑惑を全否定。命拾いした純平だったが、里奈に借りができたことを懸念する。社員たちは、里奈の演技に騙され、不倫関係にはなかったと信じ込んだ。
そして里奈は、子供たちに会いたい一心で、自宅に忍び込むが・・・。
一方杏寿は、仲間外れにされる娘を目の当たりにし、七香のために強く前に進もうと決意する。里奈の策略により立ち行かなくなったネイルサロンを畳み、他のネイルサロンに就職する。しかし、そこでとんでもない事件が待ち受けている・・・。

 

第7話の反応や期待の声

 

 

 

 

 

 

最終章に突入ですが、やはり壇蜜の存在が気になりますね。味方になってくれたら心強い気がします。

とにかく、早く純平に異動になってほしい。そんなことではあの里奈は、かわせないか・・。

 

第7話の展開予想

里奈が手紙を捨てたことで、完全に歯車が狂った杏寿と純平。杏寿はそんなこととは知らず、強く歩みだします。
一方、里奈は、会社での疑惑を否定したことで、純平に貸しを作ったつもりで、また何か言いよってくるでしょう。そんなことより、七香の行方が気になります。まさか、里奈・・・。それは犯罪ですし、ないですよね。しかし、七香の行方不明事件をきっかけに、杏寿と純平はぐっと近づくような気がします。まさに、子は鎹ですね。
いよいよ、最終章です。里奈の最後の足掻きを楽しみにしましょう。

 

第7話の感想やネタバレ

 

第7話の感想

 

 

子供の力で、渡さんが素直になれるといいですね・・・。

 

 

電話越しの土下座→無意味。土下座の時の座布団→無意味。

 

 

こんな人が黒幕なわけない・・そんなはずはない・・。

 

 

 

 

もうここで最終回で良いよ・・と思ってしまった。

 

思いつめて、何企むかわからないから、こわい!!

 

 

 

 

 

やけにしおらしい里奈に違和感一杯でしたが、最後にやっぱりやらかしましたね。

本当に一回は諦めたのでしょうか?杏寿からの手紙を純平に見せたわけですし。

で、冷静になってみて「やっぱり無理」と・・・。

まだ今なら渡のところには戻れるのに、そうしないのは、やっぱり次がありますね。

何と言っても、杏寿と純平が戻ってよかったですね。はるちゃんも言ってましたが「雨降って地固まる」。固まった地が強いことを祈っています。

 

第7話のネタバレ

里奈は会社のみんなの前で「疑惑の件」について「全て話します」と言い、万事休すの純平。しかし「全て誤解です」と弁明する。里奈がそういった事で誤解は解け、一件落着するが、純平は里奈に借りを作ったことを懸念する。

一方、卒園式を間近に控えた杏寿は、送った手紙を純平が読んでいるものと思っていて、卒園式に来てくれると信じている。そんな中、先日面接を受けたネイルサロンからの採用の連絡が入る。

里奈は、子供に会いたい一心で、家へ向かい、鍵が替えられていてやむなく窓から侵入するが、渡に見つかってしまう。そこで改めて、子供を引き取りたいと懇願するが、渡は認めず調停に持ち込むと言い出す。経済力や不貞をはたらいたことを踏まえると、それは里奈にとっては不利でしかなかった・・・。

杏寿は七香に新しい会社の事を説明し、庭にあった自分のネイルサロンの看板(純平手作り)を見つめ、失ったものの大きさに落胆するも、気を取り直し、前に進もうとする。そんな杏寿を、杏寿の姉や友人・はるちゃんが明るく支えてくれていた。

行く場所のない里奈は漫画喫茶に寝泊まりし、金銭的にも追い詰められていく中、純平に対しては手のひらを返したように他人行儀にふるまう・・・。

その頃、渡の家に、結婚当初に書いた「七年後の自分たちへ」の手紙が届き、渡は幸せだった日々を思い出し、切ない思いにやりきれなくなる。

杏寿は新しい職場で、はるちゃんの紹介でお客さんが来てくれるなど、順調に仕事を始めた矢先、麗華が杏寿の元にやってくる。

そこで、「志賀君から杏寿さんとどうしても会わせてほしいと頼まれた」と告白する。そして、志賀の過去を話す。

志賀は傷害事件を起こし、逃げている身だった。そもそも正当防衛ではあったが、事情聴取になれば、志賀が面倒を見ていた弟の学費を稼げなくなるため逃亡したという。それを知った里奈が、志賀を脅し、杏寿に近づくように仕向けたというのが真相だった。

里奈のことは知らなかった麗華だが、騙す形になったことを謝罪し、二度と杏寿の前に現れないと約束し、「あの女(里奈)まだ諦めてないと思う」と忠告していく。

純平の引っ越し当日、里奈が現れ、あっさりと別れを告げ、小さな花を渡す。

杏寿は麗華に言われたことを気にしつつも、過去に決着をつけるべく、里奈に電話をかける。これまでのことはもういいと、しかし、これからは関わらないでほしいと伝える杏寿に、里奈も「もう過去の事です。」と謝罪をする。こうして過去を清算する電話が切られた・・・。

杏寿は偶然街中で志賀を見つける。「黒井さん」と声をかけると、志賀は深く反省している様子で「申し訳ありませんでした」と謝罪する。そして、杏寿が本当に魅力的であることを伝え、力になれることがあるなら・・と申し出る。志賀の過去のことを麗華から聞いていた杏寿は「逃げてたら幸せになれない」とだけ言い残し、その場を去る。「逃げてたら幸せになれない」この言葉は杏寿自身にも響いた。

純平は迷いながらも、東京の自宅に戻るが、まだ家に誰もおらず、そのままどこかへ行ってしまう。そして車の中で、里奈が破った手紙を発見する。そしてそれを読みながら、杏寿への想いを確認し、家に再び戻り、家族は再会する。二人は泣きながら抱きしめ合い、「ごめん」と言い続ける純平にキスをし「分かったよ」と言葉なく伝える。

翌日、七香の卒園式のため、はるちゃんが家を訪れ、純平が戻っていることに驚きつつも、純平から「ありがとう」と感謝され、ほっとする。

一方里奈は、相変わらず漫画喫茶にいて、ボソッと「やっぱり無理・・・」とつぶやく・・・。

卒園式の最中、今までのことを思い出し、幸せが戻ってきたことに涙する杏寿と、その手をギュッと握る純平だった。

しかし、卒園式が終わり、七香の姿がないことに気付く・・・。

スポンサーリンク

ホリデイラブ動画を無料視聴!PandoraとDailymotionも【仲里依紗主演ドラマ】

2018.01.24

ドラマ「ホリデイラブ」最終回(第8話)あらすじや感想とネタバレ

 

最終回(第8話)あらすじ

晴れの卒園式の日に、娘・七香(渋谷南那)が姿を消した! 激しく取り乱しながら園内を探す高森杏寿(仲里依紗)。だが、まもなく七香は見つかり、何事もなかったことが判明。杏寿はホッと胸をなでおろす。
その夜、杏寿は紆余曲折を経て家に戻ってきた夫・純平(塚本高史)を交え、久々に家族3人で食卓を囲む。その幸せを噛みしめ、二度と手放さないと誓う杏寿。だがその直後、七香が不穏な言葉を口にする。「“未来のママ”ってどういう意味?」。詳しく聞くと、七香は卒園式終了後、声を掛けてきた女性にそう名乗られたというではないか! 杏寿と純平は、その女性が純平の浮気相手だった井筒里奈(松本まりか)だと確信。もしもこの先、七香の身に何かあったら…――言い知れぬ不安と恐怖に包まれた杏寿は、この一件を里奈の夫・井筒渡(中村倫也)に報告する。だが、浮気した里奈にあれほど嫌悪感を示し、歪んだ愛を爆発させていたはずの渡からは、意外な言葉が返ってきて…!
一方、里奈はもう一度純平を振り向かせようと、懲りずにあざとい計画を練っていた。その新たな一歩として、またも志賀拓巳(山田裕貴)に杏寿を誘惑させようとする。そんな中、杏寿は愛する家族を守るため、里奈と真正面から向き合うが…!?

 

最終回(第8話)の反応や期待の声

 

 

 

 

いよいよ最終話ですね。みなさん「はるちゃんが黒幕はいやだ~」と言っていますが、実はちょっと期待していたり・・・?

泣いても笑ってもこれが杏寿と里奈の最終決戦!!

できれば、みんながハッピーエンドならいいですが、それは難しいかな・・・

 

最終回(第8話)の展開予想

いよいよ、最終決戦です。

最後まで里奈は、純平を奪い取ろうと必死ですが、杏寿は一度幸せを失い、その大切さに気付き、取り戻したわけですから、もう負けないでしょう。

今まで策を凝らしてきた里奈も最後は感情のままに大暴れしそうですね。渡も含めて、ハッピーエンドを期待しましょう。あ、はるちゃんも・・・。

 

最終回(第8話)の感想やネタバレ

 

最終回(第8話)の感想

 

 

母親としての里奈はいいですよね。まるで2重人格。

 

 

渡の変化だけを追っても、一つドラマができそうですね。

 

 

とてもじゃないけど、まともに話し合える相手ではないですね・・・

 

 

 

とことん追い詰められてるんですね。しかし後味悪い・・・

 

 

 

この2人の演技力で、ドラマの魅力がグッと増しましたね。

 

 

まずは、ハッピーエンドということでホッとしました。

登場人物それぞれの感情が忙しいドラマでしたね。やはり、杏寿に感情移入する人が多かったですが、例えば里奈や、渡、もしくははるちゃんなんかの視点で見ても、面白いかもしれません。

一度失われた信用は取り戻せないわけではないんですね。もちろんそれには、信用を回復しようとする人皆が努力しなければいけませんが、大切なのは、冷静に、自分にとって大事なものを見極めることですかね。

色々考えさせられ、ハラハラする良いドラマでした。お疲れさまでした。

 

最終回(第8話)のネタバレ

卒園式が終わり、姿が見えない七香を必死に探す杏寿の前に、無事七香は戻ってくる。

そして、今までよりも穏やかな気持ちで食卓を囲む杏寿と純平。そこで、七香が「未来のママってどういう意味?」と聞く。七香は保育園で卒園式の後“知らないおばちゃん”に好きな食べ物など色々聞かれ、最後に「未来のママ」だと言われたと話す。杏寿と純平は里奈の仕業だと感づき、そのことを渡に電話で報告する。それを聞いた渡は「いまさら私に言われても何もできない」と素っ気なく電話を切る。不安になった杏寿と純平は警察に相談しようかと考える・・・。

後日、渡が家を訪ねてくる。杏寿と純平が振り込んだ慰謝料を「痛み分けです」と返しに来たのである。そこで、渡は杏寿に今の状況と自分の子供への気持ち、そして母親としての里奈への感謝の気持ちを口にする。そして、それまでの自分について「失格だった」と反省し、傲慢だった自分を後悔する。そして里奈が起こした行動の責任は自分にあると話し、「(気づくのが)もう遅いかもしれないが・・・」と言った。それを聞いて杏寿は「気付いた時がスタートだと思うようにしている」と穏やかに励ます。

一方里奈は、また志賀に会いに行っていた。そして「また協力してほしい」と頼む。志賀は杏寿と純平の中は割けないと断るが、里奈は引き下がらず、過去の傷害事件のことをチラつかせ、さらに脅す。しかし、志賀は自首すると言い、里奈の願いを断る。途方に暮れる里奈に、渡から電話がはいり、子供たちに会わせたいと言われ、大いに喜ぶ。

翌日、子供たちと再会した里奈は強く抱きしめ、涙を流す。そこで渡は里奈に戻ってこないかと言う。「ここから第2のスタートだ」と言うが、里奈は「冗談じゃない」と断る。渡は子供たちの幸せを想い、金銭的援助をできるだけすることを約束し、断腸の思いで子供たちを里奈に託す。里奈が子供たちの手を引いて歩きだすと、2人の子供たちは「パパといたい」と渡の元へ駆け出していく。突然のことに驚く渡と、ショックを隠せない里奈であった。

街中で志賀は杏寿に会い、里奈がまだ諦めていないことを伝え、気を付けてと忠告し、去っていく。

その矢先、突然杏寿の前に全てを失った里奈が現れる。そして杏寿に「何故あなただけ何も失わないの?」と詰め寄る。杏寿は里奈に「どうしてそこまで純平に固執するのか」と尋ねる。すると、里奈はずっと前にファミレスで見た杏寿の家族の風景を羨んだことを話し出す。そしてそのファミレスで火災報知機が鳴り、アタフタしていた里奈の元に純平が現れ、里奈の子供2人のうちの1人を抱えて外に逃がしてくれた時から、純平が運命の相手だと思っていると話す。そして、杏寿に純平と別れるように直談判する。しかし、杏寿は当然断る。そして「夫婦」とは何かを里奈に真剣に話す。そこへ、純平が現れ、喜ぶ里奈に冷たく、保育園での事や杏寿の写真をばらまいたことを問い詰め「君と一緒になることはない」と断言する。目の前でハッキリ拒絶された里奈は、放心のまま去っていく。

それから里奈は杏寿や純平の前に現れることはなくなったが、杏寿は嫌な胸騒ぎを覚えていた。

ある日、里奈は会社の一斉メールで、純平とのことを暴露してしまう。そして純平は本社で里奈を見かける。すると里奈は会社の中で純平との不倫関係を暴露し、全て失った自分のことや、純平が何も失っていないことへの不満をぶちまける。大声で叫んでいると警備員がやってきて、建物の外へ追い出され、そのまま道路へ飛び出し、車に轢かれてしまう。命は取り留めた里奈だが、入院生活を送ることとなる。

里奈の一斉メールによって、会社を依願退職することにした純平は家も売り、一家で引っ越すことになった。引っ越しの手伝いに来ていた杏寿の姉とはるちゃんを入れて話していた。そこで、杏寿の姉の婚活についての話題となり、婚活パーティーもアリかなと話す。

後日、姉は麗華が社長を務める会社の婚活パーティーに参加し、そこで渡と出会う。渡と杏寿の姉の姿を見た麗華は結ばれる予感を感じる。

平穏を取り戻した杏寿は、過ちを振り返りながらも、これからの新しい結婚生活への希望を胸に抱え、歩みだすのだった。

 

ドラマ「ホリデイラブ」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

ホリデイラブ動画を無料視聴!PandoraとDailymotionも【仲里依紗主演ドラマ】

2018.01.24

 

ドラマ「ホリデイラブ」最終回(第8話)ネタバレ感想やあらすじまとめ

 

2018年1月冬ドラマ、「金曜ナイトドラマ」枠は仲里依紗さん主演の、ドラマ『ホリデイラブ』が2017年1月26日スタートです!

男女がどう交わり、最終的に夫婦はどうなるのか期待です。

豪華な共演陣にも注目しながら、ストーリーの行方を初回(第1話)から最終回まで追いかけていきたいと思います。

ぜひ、ご期待ください

ホリデイラブ動画を無料視聴!PandoraとDailymotionも【仲里依紗主演ドラマ】

2018.01.24

ホリデイラブ(ドラマ)ネタバレ感想!初回(1話)~最終回まで随時更新

2018.01.24

ホリデイラブの視聴率速報や一覧!初回(1話)最終回まで随時更新

2017.12.04

スポンサーリンク