【いだてん】ロケ地の紹介【東京オリムピック噺大河ドラマ 中村勘九郎・阿部サダヲW主演】

2019年の大河ドラマは、宮藤官九郎オリジナル脚本の「いだてん~東京オリムピック噺」です。

「いだてん」は、1912年のオリンピック初参加から、1964年の「オリンピック」開催までの激動の52年間を、歴史に翻弄されたスポーツマンたちの姿を通して描く「東京&オリンピック」の物語。

2020年の東京オリンピックを目前に控えた2019年の大河ドラマにふさわしい題材ですね。

ここでは、「いだてん~東京オリムピック噺」のロケ地を紹介していきます。

 

 

「いだてん」のロケ地はどこ?

話題の大河ドラマですから、ロケ地が気になりますね。

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』のロケ地は、千葉県、三重県、茨城県、熊本県、栃木県、京都府などです。

 

エキストラ募集より

 

【日時】7月25(水)  *荒天時は7月26(木)に延期

【撮影場所】笠間市・那珂市近郊

【撮影時間】朝6時頃から夕方6時半頃まで

      *役柄によっては支度のため集合時間が早まる場合があります

【募集人員】A.10代後半から60代くらいまでの男性30名、女性20名

      B.小学3、4年生くらいの男の子5名 女の子5名

 

自治体ホームページ、SNSより

 

金栗四三生家(住所:熊本県玉名郡和水町中林546)

4月5日には金栗四三生家で地元のエキストラ15人ほどと一緒に撮影が行われたと和水町公式ホームページから発表がありました。

 

高瀬船着場跡(住所:熊本県玉名市永徳寺414−34)

5月6日、7日、9日の3日間は熊本県玉名市の高瀬船着場跡で明治時代の暮らしのシーン撮影のが行われたと玉名市公式ホームページから発表がありました。

 

大日本報徳社の大講堂(住所:静岡県掛川市掛川1176)

5月22日、静岡県掛川市にある国の重要文化財『大日本報徳社の大講堂』で撮影が行われたと大日本報徳社のブログで発表がありました。『講道館』として登場予定です。

 

芦北町立女島小学校(住所:熊本県葦北郡芦北町女島1042番地)

こちらで、中村勘九郎さんらが他の生徒たちと兵式体操に励むシーンに臨んだようです。

 

つくばみらい市ワープステーション江戸(住所:茨城県つくばみらい市南太田1176)

6月4日、5日、6日、9日に、ワープステーション江戸内の当時を再現したセットで、明治期の新橋駅のシーンの撮影が行われたようです。大河ドラマではお馴染みの場所ですね。もちろん2018年の『西郷どん』でも使われていました。

 

二俣五橋(住所:熊本県下益城郡美里町小筵)

 

こちらは、美里町指定文化財になっています。

 

千頭駅(住所:静岡県榛原郡川根本町千頭1216−5)

 

こちらでは、機関車などの撮影が行われたのでしょうか。

 

メインロケ地

 

ワープステーション江戸(住所:茨城県つくばみらい市南太田1176)

こちらは、1話の冒頭で志ん生と娘・美津子がタクシーで渋滞にはまっているときのシーン(昭和)のロケ地です。また、浅草十二階・凌雲閣の街のシーン(明治)も、ここのようです。毎回、登場すると予測されます。

 

龍谷大学 大宮学舎(住所:京都府京都市下京区125-1)

こちらは、東京高等師範学校のロケ地(明治)です。治五郎が校長を務め、新たに発足した大日本体育協会の部屋でもあるため、頻繁に登場すると思われます。

 

六華苑(住所:三重県桑名市大字桑名663-5)

こちらは、三島邸のロケ地です。ここの庭に天狗倶楽部が登場しましたね。

 

第1話のロケ地

 

開港記念館(住所:神奈川県横浜市中区本町1丁目1-6)

こちらは、平沢和重がオリンピック開催地選考会でスピーチしていた会場のロケ地です。

 

大日本報徳社大講堂(住所:静岡県掛川市掛川1176)

こちらは、治五郎の柔道のシーンのロケ地になりました。

 

清泉女子大学(住所:東京都品川区東五反田3丁目16-21)

こちらは、フランス大使館のロケ地となりました。そして内部は文部省のシーンでも使われました。

 

九十九里 片貝海岸(住所:千葉県山武郡山武郡九十九里町片貝片貝 6928番地付近)

こちらは、オリンピックの予選を行った羽田運動場のロケ地です。

 

第2話のロケ地

 

金栗四三生家(住所:熊本県玉名郡和水町中林546)

4月5日には金栗四三生家で地元のエキストラ15人ほどと一緒に撮影が行われたと和水町公式ホームページから発表がありました。

 

高瀬船着場跡(住所:熊本県玉名市永徳寺414−34)

5月6日、7日、9日の3日間は熊本県玉名市の高瀬船着場跡で明治時代の暮らしのシーン撮影のが行われたと玉名市公式ホームページから発表がありました。

 

芦北町立女島小学校(住所:熊本県葦北郡芦北町女島1042番地)

こちらで、中村勘九郎さんらが他の生徒たちと兵式体操に励みました。

 

二俣五橋(住所:熊本県下益城郡美里町小筵)

 

 

こちらは、海軍の試験に落ちた四三が、スヤと再会した橋です。美里町指定文化財になっています。

 

矢谷渓谷(住所:熊本県山鹿市菊鹿町矢谷)

こちらは、四三が川に入りながら、スヤと話していた場所です。

 

第3話のロケ地

 

白石駅(住所:熊本県葦北郡芦北町白石)

こちらは、四三と美川がSLに乗った駅です。

 

千頭駅(住所:静岡県榛原郡川根本町千頭1216-5)

こちらは、四三と美川が到着した新橋駅のロケ地です。

 

諏訪神社(住所:東京都荒川区西日暮里3丁目4-8)

こちらは、孝蔵が落語の練習をしていた神社です。その後ろを四三が自転車節を歌いながら通りましたね。

 

第5話のロケ地

 

笠間稲荷神社(住所: 茨城県笠間市笠間1番地)

こちらは、四三が参加したマラソンの予選のシーンのロケ地です。

 

蓬莱橋(住所:静岡県島田市南2-22-14)

こちらは、マラソンコースにあった橋です。

 

第6話のロケ地

 

日本橋の麒麟像(住所:東京都中央区日本橋室町1丁目)

こちらは、四三と孝蔵が花火をバックにすれ違った日本橋の麒麟像です。

 

ロケ地は随時、こちらでご紹介しますので、チェックしてくださいね。

 

「いだてん」ロケ地の紹介まとめ

 

2019年の大河ドラマは、33年ぶりに近現代史を扱う「いだてん~東京オリムピック噺」です。

オリンピック初参加から「オリンピック」開催までの激動の52年間を、描く「東京&オリンピック」の物語。

2020年の東京オリンピックを目前に控えた2019年の大河ドラマにふさわしい題材ですね。

この記事では、「いだてん~東京オリムピック噺」のロケ地をご紹介していきますので、是非チェックしてみてくださいね。

【いだてん】モデルの紹介 金栗四三、田畑政治 他【東京オリムピック噺大河ドラマ 中村勘九郎・阿部サダヲW主演】

2018.11.08

【いだてん】のキャストやゲスト、相関図とあらすじの紹介【東京オリムピック噺大河ドラマ 中村勘九郎・阿部サダヲW主演】

2018.10.31