【家売るオンナの逆襲】第4話ネタバレ感想やあらすじ:佐野史郎/北原里英/田村健太郎【北川景子主演ドラマ】

2019年冬の日本テレビ系列水曜22時枠は、北川景子さん主演のドラマ『家売るオンナの逆襲』が1月9日スタートです。

前作の『家売るオンナ』より2年、あの売って売って売りまくる女が帰ってきます!!

この記事では、『家売るオンナの逆襲』の第3話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【家売るオンナの逆襲】動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【北川景子主演ドラマ】

2019.01.09

「家売るオンナの逆襲」第4話あらすじや感想とネタバレ

 

第4話あらすじ

4月に始まる働き方改革に向け新宿営業所では労働時間の見直しをすることに。残業を減らすことと売り上げを上げることの板挟みに苦しむ屋代(仲村トオル)はなんとか鍵村(草川拓弥)を成長させたいと思い庭野(工藤阿須加)を頼るが…。

一方、万智(北川景子)は定年を間近に控えた企業戦士・山路功夫(佐野史郎)から資金援助する娘夫婦の家を相談される。勤労を美徳とする功夫とは対照的に、娘婿の健太郎(田村健太郎)は会社で責任あるポストにつくことを拒む上昇志向のない若者。さらに娘の花(北原里英)は功夫の進める資産価値のある家がダサいと気に入らず、家探しは難航の予感。

勉強のために万智の接客に同席していた鍵村はその夜花と健太郎に遭遇し、もっとオシャレな家を探してほしいと頼まれて…。一方、万智に勝ちたい足立(千葉雄大)は労働時間を縛られることで頑張ることを許されない会社での働き方に不満を感じ、留守堂(松田翔太)のようなフリーランスの働き方に憧れる。そんな中、なんと鍵村が万智ではなく自分が花と健太郎に家を売ったと宣言する!

突然豹変した鍵村に驚く一同だが、万智は顔色も変えずにどこかへ出かけ…。そして、水面下で怪しく動き出した留守堂が、家売るオンナ史上最大の事件を引き起こすべく、怪しく万智に近づいて来ていた…!!

 

第4話のゲスト

ゲスト:佐野史郎、北原里英、田村健太郎

 

第4話の反応と期待の声

 

 

 

 

 

 

次週は団塊の世代の堅物親父登場ですね。

このITの時代に古い考えを持ち込むのは賛成できませんね!

もう50歳過ぎたら次世代の考え方を学ぶべきですよね!

次週はサンチーからどんな名言が飛び出すのでしょうか!(^o^)

 

第4話の展開予想

団塊の世代を生き抜いてきた山路 功夫は娘の満島 花を連れ、テーコー不動産にやってきた。

旦那は父親とは対象的に上昇志向のかけらもない若者。

父親の決めた家が気に入らない花は、鍵村に別の家を探すように話をする。

勘違いした鍵村は自分が売ったとみんなに言いふらす。

その場に万智もいたのだが無言で会社をあとにし、ある場所に向かった。

しかしその物件には留守道の思惑があり、すんでのところで留守堂に持っていかれる。

今度こそ留守堂に負けた万智だった・・・っと思いきや万智には秘策があった。

それは功夫と花の過去の出来事に対して万智がとった行動。

それが功を奏し7000万円でお買い上げいただけたのだった・・・。

 

第4話の感想やネタバレ

 

第4話の感想

客を取られても余裕のサンチー!

 

スモーくんてかわいいよね(^o^)

 

留守道は何者?

 

喜んだのもつかの間!サンチーのリサーチ不足ですね!

 

確かに!錦織圭は努力の人です!

 

永ちゃん!サイコー!

 

 

 

 

最後のオチは笑った。

まさか永ちゃんの熱狂的なファンだったとは(^o^)

345(みよこ)と830(やざわ)僕も間違いなく830ですね!

 

第4話のネタバレ

4月に始まる働き方改革に向け新宿営業所では労働時間の見直しをすることになる。

一ヶ月190時間、一日1.5時間までしか残業してはいけない決まりの中、残業を減らすことと売り上げを上げることの板挟みに苦しむ屋代。

万智は定年を間近に控えた企業戦士・山路功夫から資金援助をする娘夫婦の家を探してくれないかと相談される。

資金は5000万まで、頭金の3000万は自分で出し、残りの2000万は娘夫婦にローンを組ませるという。

場所は高円寺あたりの一等地で。

その日から就業時間には音楽がなるようになり、足立と万智以外は帰っていく。

足立は万智になんでフリーにならないのか理由を尋ねる。

すると「夫を愛しているから!」と、思いもよらない答えが帰ってきた。

愛するものと仕事をする大切さを知った足立はスキップしながら帰っていった。

その頃「ちちんぷいぷい」に立ち寄った屋代は残業時間を削って売上を伸ばすには使えないものを使えるようにするしかないんだといい、庭野に鍵村の指導をするように言いつけた。

次の日、庭野は鍵村を連れて内見の準備に行くが、自分と鍵村の考え方の違いに愕然として会社に戻ってきた。

万智は娘夫婦と連れてテーコー不動産にやってきた山路夫婦との打ち合わせ中。

屋代はそこに鍵村も同席させた。

双方の意見の違いに花と功夫は口論となり、鍵村は花と意見があったことで余計に功夫を怒られてしまう。

団塊の世代を生き抜いてきた功夫は勤労を美徳とするが、健太郎は会社でも責任あるポストに就くことを拒む上昇志向のない若者なのだ。

「金を出すのは自分だ」という功夫に「住むのは私達だ」と意見は噛み合わない。

その頃留守堂は万智の行動を探っていた。

残業している足立に程々にするように屋代が言うと「労働時間を削られ頑張ることを許されない会社での働き方はおかしい!」「自分はもっと頑張って成果を出したいんだ!」と不満を漏らす。

しかし、留守堂からフェンシングの誘いがあるとあっさり帰って行った。

ふてくされた屋代は帰りしな「ちちんぷいぷい」に立ち寄り「本部も国の方針に従っているだけなんだよな~」などと愚痴をこぼしていたが、こころのちちんぷいぷいのおまじないで癒やされる。

その夜床嶋と飲みに行った先で花と健太郎に会う鍵村。

そこで意気投合し、もっとおしゃれな家を探してほしいと花がいうと、鍵村はいい物件があるからと二人を内見に誘う。

鍵村が帰ったあと留守堂が二人に近づき同じカクテル「カクテル830」を頼み、やっぱり「カクテル830ですよね!」というと二人の食付きは半端ではなく一緒に飲み始めることに。

次の日屋代に鍵村から朝礼には出られないという連絡が入る。

理由は内見をしているからだと。

驚く屋代だったがどうやら本当のようである。

鍵村が紹介したおしゃれな豊洲の物件を花と健太郎は気に入った様子で購入を決めた。

意気揚々と会社に戻ってきた鍵村。

その日は終始ごきげんな鍵村だったが、功夫が花と健太郎を連れて怒鳴り込んできた。

そして豊洲にするなら金は出さないと。

屋代は功夫を「ちちんぷいぷい」につれていき一杯引っ掛けることに。

功夫は自分が現役時代の働き方や考え方に戸惑いながら、今まで身を粉にして働いて来たのは何だったんだと愚痴をこぼした。

次の日万智は山路夫婦と娘夫婦を内見に連れて行く。

今までは嫌がっていた万智だったがその日は鍵村と庭野も連れて行った。

そこでまたも花がこんなダサい家には住みたくないと言う。

すると万智はこの家は山路夫婦のための家だといい、住替えを提案してきた。

一階には功夫の奥さんのかねてからの夢だった喫茶店が営業できるようになってた。

万智は今まで勤労を美徳とする功夫と、それを影で支える良き妻を美徳とする奥さんに定年になってまで、こんな娘に尊いお金を使うのではなく、今まで家庭を顧みず一心不乱に働いてきた功夫を支えてくれていた奥様にプレゼントしてみてはどうかと提案する。

そしてその言葉に動かされた功夫は購入を決めた。

花が「私達に家を買ってくれないなら縁を切るから」とふてくされていると 花と健太郎を別の物件に案内した。

フルリノベーションした1500万の北イタリアみたいなおしゃれな家を見て興奮気味の花と健太郎。

そして健太郎1500万ならローンを組んでも払えると功夫から自立する意味も込めて購入を決めた。

しかしそこへ留守堂が現れ「ここは345号室ですよ!」と。

一瞬考えた花は「みよこ・・いや~!いやだ!いやだ!縁起が悪すぎる!」と。

実は以前に健太郎はみよこと言う女性と花に二股かけていたことがあったのだ。

家に帰ってくる度にみよこの影に付きまとわれるのは嫌だと購入を断った。

そこで留守堂が新たに830号室の部屋に案内する。

830・・・ヤザワ・・早に入ると矢沢永吉一色の部屋に大興奮。

永ちゃんの熱狂的なファンの二人は迷わず購入を決めた。 帰り際「秘策はあるんですよね」と慌てた様子できいてくる庭野に万智は「ない!!!」と答えた・・・。

 

 

「家売るオンナの逆襲」第5話あらすじや感想とネタバレ

 

第5話あらすじ

留守堂(松田翔太)に衝撃の敗北を喫した万智(北川景子)は突然休暇を取り、屋代(仲村トオル)の前からも姿を消す。

そんな中、庭野(工藤阿須加)は残念な容姿の客・田部竜司(柄本時生)とその婚約者で奥ゆかしい美人・宮寺奈々(知英)を担当。見栄えのいい家が欲しいという竜司は、チラシに載っていた万智の似顔絵を見て小学校の同級生『マンチッチ』だと言い出す。マンチッチが陽気な人気者だったと聞き人違いだと思う屋代と庭野だが、マンチッチの口癖は「GO!」だと言われ…。

その夜、庭野と屋代は留守堂の正体をつきとめるため、フェンシングに向かう足立(千葉雄大)を尾行。しかし、一人になった留守堂に尾行がバレて…!!万智との関係を尋ねる屋代に、留守堂は同級生だった万智に「愛情を抱いている」のだと話す!万智の同級生・竜司が留守堂のことも知っていると思った庭野と屋代は竜司の家へ。そこで二人が見たのは卒業アルバムに写った衝撃的な万智の姿!しかし、留守堂の手がかりは得られず…。翌日、竜司と奈々に内見案内をしていた庭野は、シャワーの誤作動で奈々をびしょ濡れにしてしまう。

化粧が落ちた奈々はさっきとは別人のようなブスで…!!実は奈々は神がかった化粧で素顔を隠していた偽装美人。その正体を知った竜司は婚約を破棄すると言い出し、全てはオジャンに!そこに、姿を消していた万智が現れ家を売ると宣言するが…!?修復不可能な二人に万智が提案する起死回生の家とは!?そして、ついに謎の男・留守堂の正体とその目的が明らかになる!!

 

第5話のゲスト

ゲスト:柄本 時生、知英

 

第5話の反応と期待の声

 

 

 

 

 

次週から留守堂の正体が徐々に明らかになりそうですね!

しかも竜司は自分の顔を鏡で見たことがあるんですかね!

結婚してくれるだけありがたいと思いなさい!

 

第5話の展開予想

留守堂に敗北した万智は長期休暇を取り姿を消した。

そんな時万智のことをマンチッチと呼ぶ男、田部竜司が客として現れる。

竜司は婚約者の宮寺奈々と住む見栄えのいい家を探していた。

自分はブ男のくせに相手の容姿をやたらと気にする竜司。

一方留守堂も万智の過去を知っており、ヤキモキする屋代。

奈々が偽りの美人だと分かった竜司は婚約を解消しようとするが、突如万智が現れ思わぬ方法で家を売る・・・。

 

「家売るオンナの逆襲」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

【家売るオンナの逆襲】動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【北川景子主演ドラマ】

2019.01.09

 

「家売るオンナの逆襲」第4話のネタバレ感想やあらすじの紹介まとめ

 

日本テレビ系1月期の水曜22時は、『家売るオンナ』の続編『家売るオンナの逆襲』です!

強烈な「デキる女」が2年ぶりに復活です!しかも今回は「逆襲」ということで、刺激的なストーリーを期待してしまいますね!懐かしのメンバーが再集結しているようで、ファンは大喜びですね!万智のさらなる活躍にも期待が膨らみます!

この記事では、『家売るオンナの逆襲』を各話ごとに詳細ネタバレとあらすじや感想を更新していきますので、ぜひご覧ください!

 

【家売るオンナの逆襲】動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【北川景子主演ドラマ】

2019.01.09

【家売るオンナの逆襲】キャストやゲスト!相関図や主題歌の紹介【北川景子主演ドラマ】

2018.12.27

【家売るオンナの逆襲】ネタバレ感想!最終回まで初回(第1話)から随時更新【北川景子主演ドラマ】

2018.12.15

スポンサーリンク