SUITS/スーツ(日本)第10話(9話)ネタバレ感想やあらすじの紹介【12月10日・3日/織田裕二主演ドラマ】

2018年秋のフジテレビ系列月曜9時枠は、織田裕二さん主演のドラマ『SUITS/スーツ』が10月スタートです。

2011年より放送され全米で大ヒットした『SUITS』をリメイクしたドラマ。

主人公は敏腕弁護士・甲斐正午(かいしょうご)で、昇格のために渋々パートナーを取ることになり、そこへ現れたのが鈴木大貴(すずきだいき)。2人の天才が様々な訴訟に立ち向かい、勝利を勝ち取る痛快エンターテイメント!

こちらの記事ではドラマ『SUITS/スーツ(日本版)』の第9話と次回の第10話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

SUITS/スーツ(日本)動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【織田裕二主演ドラマ】

2018.10.08

 

ドラマ「SUITS/スーツ(日本版)」第9話あらすじや感想とネタバレ

 

第9話あらすじ

甲斐(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』の経営にも参画するシニアパートナーへと昇格する。そのお披露目パーティーの席上で、チカ(鈴木保奈美)は、『YURI綜合会計事務所』所長の華村百合(石田ひかり)と、同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)を甲斐に紹介する。

百合の事務所は、『幸村・上杉法律事務所』の顧問会計事務所であり、クライアントでもあった。しかも百合は、チカの大親友なのだという。そこで百合は、チカと甲斐に、大河原を解雇したいから助けてほしい、と頼む。

甲斐は、大輔(中島裕翔)を連れてファームに戻ると、百合の事務所の定款と雇用契約書を頭に叩き込めと指示する。実は大河原は、出身大学を偽り、無資格にも関わらず会計士として働いていたのだ。それを知った大輔は、大河原と自分の境遇を重ねてしまい、なかなか仕事に集中できない。

あくる日、甲斐は、大河原を呼び出し、解雇を告げる。百合の事務所は大河原を訴えず、十分な額の退職金も用意するという条件だった。しかし、25年も事務所に尽くしてきた大河原は突然の解雇に納得できない。そのやり取りを聴いていて我慢できなくなった大輔は、これまでの功績を考えればこんな解雇の仕方なんておかしい、一度百合と話し合うべきだ、とつい口をはさんだ。すると大河原は、大輔に同調して百合を批判し、不当解雇で訴えると言い残して席を立ってしまう

 

第9話の展開予想

チカの親友が所長を務める会計事務所から解雇したい人材(大河原)がいるから手を貸してほしいと依頼を受ける。

しかし、大河原の境遇を知った大輔は自分と大河原を重ね合わせ徐々に情がうつってしまう。

そして、大河原に解雇を言い渡した甲斐に大輔が意見をしたことによって、大輔の素性も分かってしまった。

大輔を守るのかファームを守るのか究極の選択を迫られる甲斐は思いもよらない行動に出た。

 

第9話の感想やネタバレ

 

第9話の感想

けなげな沙里がかわいそう~!

 

ドキッとするわ!

 

蟹江先生ダメダメじゃん!

 

ビールうまそう(^^♪

 

ちょっと蟹江先生可愛いかも!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も内容を把握するのに少し時間がかかってしまいました!

弁護士のドラマって難しいですよね(>_<)

大輔の記憶力には毎回驚かされます!

遊星、頼むからこれ以上引っかきまわさないでぇ~!

 

第9話のネタバレ

甲斐はスーツに身をまとい自身のシニアパートナーの昇格祝いに出席する。

そこでチカは親友の『YURI綜合会計事務所』所長の華村百合と、同事務所のエース会計士・大河原忠を甲斐に紹介する。

昇格したか甲斐の事が面白くない蟹江は一人端っこの方で腐っていた。

ボーイに難癖付けている蟹江に美女が接触してきた。

百合は大河原に席を外させチカと甲斐に大河原を解雇したいと告げる。

大河原は経歴を詐称し会計士資格がないのだ。

ファームに戻った甲斐は百合の事務所の定款と雇用契約書を頭に叩き込めと大輔に指示を出す。

しかし自分と似たような道を歩んでいる大河原の事を考えると気が進まない大輔。

次の日甲斐は大河原をファームに呼び出す。

そこで甲斐が田中将大やイニエスタも顧問をしていることを知った大河原は2人の経歴から趣味に至るまで事細かく説明を始める。

彼もまた驚異的な記憶力を持っていた。

余計に大河原の事を他人事と思えない大輔。

大河原に解雇を告げる甲斐を見てそんな一方的に決めないで一度話し合いの場を設けてはどうかと提案する。

すると大河原もそれに同調し不当解雇で訴えると言って席を立つ。

大輔は大河原を追いかけ仲を取り持ちたいともちかけるが「あんたに何がわかるんだ」と言われてしまう。

25年も働いてきた人間をなんで今更解雇するのだ!と疑問に思った大輔は単独でYURI会計事務所の内部調査をすることに。

そして百合は10年ほど前に大河原の身辺調査をして経歴詐称事実を知っていたことを突き止めた。

その事を甲斐に報告すると自分の立場を考えて行動しろと言われてしまう。

甲斐は大河原のもとに向かい事務所側が提訴する前にサインしたほうが得だと説得する。すると裁判になった時のリスクを考えサインすることに同意した。

納得のいかない大輔は独自で調べた事実を百合に突き付け、どういうことだと追及すると

機密情報の漏洩だと百合を怒らせてしまった。

お互いの信頼関係が崩れてしまい、チカも監督不行き届きだと甲斐を責める。

しかし大輔は諦めなかった。

百合は他にも何か隠しているはずだと。

甲斐に頭を冷やせといわれるが、そんな簡単に割り切れるわけがないという。

さらに大輔は3年前にも同じように解雇された会計士がいたことを突き止めた。

その会計士に逢いに行くがもう関わり合いになりたくないからと話を聞くことはできなかった。

大河原にも会いに行き、考えなおすように説得するが、もう同意書にもサインしたんだからほっといてくれと言われる。

その頃甲斐もワイアールコンサルティングという会社に、うちからコンサル料が支払われていることを突き止めた。

チカに呼ばれ余計な詮索はするなと言われるが責任はシニアパートナーである自分が取るからと甲斐が答えた。

自分の記憶を頼りに3年前の裁判での弁護士を務めたのが、蟹江に近づいてきたリゲル法律事務所の女弁護士だと思い出した大輔は弁護士に接触!

そして沙里の手伝いもあり、弁護士のICチップを手に入れた。

リゲル法律事務所に忍び込んだ大輔は会計報告書をすべて頭に叩き込んだ。

それに気が付いた百合は架空の会社を作り水増し請求をしていた証拠の書類をすべて処分してしまった。

頭を抱える大輔のもとに真琴が現れ、大輔の頭に入っている情報をすべて復元できればそれが本物になるといい自分がタイプするからと。

そして大輔の記憶の中の書類を一字一句余すところなく書面にして見せた。

その事実を百合に突き付けると驚きを隠せない様子を見せた。

「これが本物だと認めてもらえますか?」と聞く甲斐に「認めない!」という百合。

ならばと甲斐は大河原を招き入れ、裁判になれば証人として証言台に立ってくれるという。

大輔同様に大河原の頭の中にもすべて詰め込まれている情報と大輔の作った書類を照らし合わせれば証拠として十分成り立つ!

百合はチカに助けを求めるが自分も騙されていたことを知ったチカは裏切り者は許さないと切り捨てた!

YURI会計事務所の名声は音を立てて崩れ落ちたのだ・・・。

スポンサーリンク

ドラマ「SUITS/スーツ(日本版)」第10話あらすじや感想とネタバレ

 

第10話あらすじ

甲斐(織田裕二)のもとに、最高検次長検事の柳慎次(國村隼)が現れる。柳は、検事時代の甲斐の上司だが、汚職疑惑で週刊誌を賑わせている渦中の人物でもあった。柳は、食事の誘いを断る甲斐に、「もし私が有罪になったら君だって困るだろう?」と告げ……。

チカ(鈴木保奈美)は、遊星(磯村勇斗)からの密告により大輔(中島裕翔)の素性を知る。甲斐を責め、警察に突き出すべきだと主張するチカ。しかし甲斐は、すでに実務をこなしている大輔のことが表沙汰になればファームは終わりだと言い放つ。その際、甲斐は、柳の件をチカに報告した。柳は、10年前に裁判を有利に進めるために証拠隠しをしていたのだという。甲斐が検察を辞めたのもそれが原因だった。チカは、柳の件は責任を持って処理するよう命じると、大輔のことは自分が預かる、と甲斐に告げる。

チカは、蟹江(小手伸也)と大輔を呼び出し、ある案件を任せる。病に倒れ、寝たきりの状態になった与謝野ホールディングス社長から、ふたりの娘に資産を分配してほしいと頼まれたのだという。だが、姉の藤代(町田マリー)と、妹の雛子(本仮屋ユイカ)は犬猿の仲だった。チカは、蟹江に藤代の、大輔に雛子の相談役を任せる。

そんな折、甲斐のもとに、柳のことを調査している最高検監察指導部の澤田仁志(市川海老蔵)がやってくる。澤田は、何も知らないと主張する甲斐に、黙っていると同罪だと思われる、と返すが……。

 

第10話の反応や期待の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

 

 

いよいよ最終章!

大輔の経歴を遊星がばらしてしまいました!

余計な事を!とか思いましたが、それがまた面白くする演出なのかな?

次週は蟹江君に頑張ってほしいですね!

今の所良い所ないので(>_<)

 

第10話の展開予想

遊星の密告により大輔の素性がバレてしまった。

警察に突き出すべきか否かでもめる中甲斐の元上司の柳慎次が現れる。

甲斐が検事をやめた理由にも柳の汚職事件が関係していた。

一方大輔は蟹江と共に与謝野ホールディングスの財産分与に関する案件を任された。

この別々の問題が複雑に絡み合いとんでもない事実を浮き彫りにする。

 

第10話の感想やネタバレ

 

第10話の感想

ファンにはたまりませんな!

 

ひよっこでもいいじゃんね(>_<)

 

やばい!かわいそすぎる!

 

いいコンビだね~!(^^)!

 

この人相当もてないだろうな!

 

こいつ最低だな!!

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかすすごい展開になってきちゃいましたね!

大輔が可哀想!

蟹江の方が1枚上手だったのは仕方ないにしても蟹江は憎たらしい野郎ですね!

あ~腹が立つ!!

 

第10話のネタバレ

 

遊星がチカに大輔の素性をばらしてしまった。

甲斐のオフィスに行き、どういう事なんだと問いただすチカ。

甲斐は、事実だが大輔はもうここで十分実務をこなし、それなしの実績がある、今更警察に突き出してもこっちが不利になるだけだと言い、元上司で最高検事の柳慎次が甲斐に接触してきたことを明かした。

それを聞いたチカは柳の事は甲斐に任せ、大輔の処遇は自分が預かると言った。

そして、自分のオフィスに蟹江と大輔を呼びつけ与謝野ホールディングスの社長が病気で倒れたために相続問題でもめている姉妹の担当を任せることに。

蟹江に姉の藤代、大輔に妹のひなこの相続希望の聴取役を命じる。

しかし、それは大輔の力量を試すためのもので、大輔が負けたら事務所を解雇する腹づもりなのだ。

甲斐は絶対勝てと言うが、蟹江はチームで仲良くやろうじゃないかと。

そんな時、甲斐の前に検事時代の後輩、澤田仁志が現れた。

澤田の目的は柳の過去(証拠隠しをしていた事実)を知っている甲斐に柳を最高検事から引きずり下ろすために証言してほしいのだ。

しかし、柳に少なからず恩がある甲斐は知らないとしらを切る。

その頃大輔と蟹江はそれぞれのクライアントに逢いに行っていた。

姉妹は血がつながっていない、いわゆる腹違いの姉妹で藤代は自分の母親が後妻にそそのかされて作ったアパレル部門を売却すると言い、妹はそれだけはさせたくないと。

その夜甲斐は柳に夕食に誘われる。

柳は余計な事はしゃべるなと念を押すが、甲斐は裏切ることはないが味方でもないと言う。

そして大輔は売り上げの65%を藤代の取り分にすることで売却は逃れようとするが蟹江の答えはNO!

そんな時澤田がファームに乗り込んできた。

甲斐に話をしに来ただけだと言うが、チカも甲斐の顧問弁護士として同席する。

容疑者の聴取なみの聴取をしてくる澤田。

どうしても甲斐の証言が欲しい澤田はこちらに協力しなければ弁護士資格を失うことになると脅迫まがいの事を言ってくる。

そこで甲斐は、検察はたいした証拠もなく柳を失脚させようとしていることを確信する。

しかし、本音を言うと穏やかな心境ではなかった。

沙里からチカが自分の経歴詐称の事実を知ったことを知らされた大輔はすぐさま甲斐のもとへ行き確かめる。

すると甲斐は「代表はお前をやめさせるつもりだ!ファームに残りたかったら蟹江を叩き潰せ」と。

そして甲斐は検察庁に出向き澤田に状況証拠の資料を見せてくれと言う。

機密情報だから見せるわけにはいかないと言っていた澤田だったが、甲斐が覚悟を決めたことを知ると資料を手渡した。

一方大輔はアパレル部門を手放すことに。

しかしそれは罠で売却した直後にひなこを慕っている社員全員を引き抜き新会社を設立するつもりなのだ。

しかし蟹江は社員と雇用契約を結び直したと言ってきた。

常に先手を打たれている大輔。

状況証拠を見ていた甲斐は何かに気が付き、その手は震えていた。

甲斐は柳に会いに行き、13年前の女子高生殺害事件の事について問いただす。

その事件の容疑者が実は無実だったことを知った甲斐。

柳が証拠隠しをしたおかげで無実の青年を13年間も服役させてしまったのだ。

その頃大輔はひなことU&Tにアパレル部門を売却することに同意する。

実はそれも大輔の作戦だった。

U&Tには次期社長にひなこが就任することが決まっていて実質アパレル部門はひなこの物になるはずだった。

しかしその会社は蟹江の差し金で莫大な借金を抱えていたのだ。

借金まみれの会社を買わされたひなこ。

大輔は勝負に負けてしまった。

チカは甲斐に大輔を解雇すると言いに行くが、最後に一仕事だけさせてやってくれないかと甲斐に言われる。

クライアントは誰だとチカが聞くと、甲斐は「自分だ!」と答えた。

13年前の無罪を証明して服役している青年を救い出し、検察の不正を世間に公表することを決意するのだった・・・。

 

 

ドラマ「SUITS/スーツ(日本版)」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

SUITS/スーツ(日本)動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【織田裕二主演ドラマ】

2018.10.08

 

ドラマ「SUITS/スーツ(日本版)」第9話と第10話のネタバレ感想やあらすじの紹介まとめ

 

フジテレビ系10月期の月曜9時は、全米メガヒットドラマのリメイクドラマ『SUITS/スーツ』です!織田裕二さんを主演に迎え、中島裕翔さん(HeySayJUMP)とのタッグも話題となっています。

織田裕二さんが10年ぶりに敏腕弁護士となって月9に登場します!勝ちにこだわる主人公が、有能なパートナーと様々な訴訟に挑みます!スピーディーかつユーモラスなエンターテイメント弁護士ドラマから、目が離せません!!

この記事では、ドラマ『SUITS/スーツ(日本版)』を各話ごとに詳細にネタバレとあらすじや感想を更新していきますので、ぜひご覧ください!

SUITS/スーツ原作アメリカドラマのネタバレ感想やあらすじの紹介

2018.10.10

SUITS/スーツ(日本)視聴率速報や一覧!初回(1話)から最終回まで随時更新【織田裕二主演ドラマ】

2018.10.09

SUITS/スーツ(日本)動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【織田裕二主演ドラマ】

2018.10.08

SUITS/スーツ(日本)原作ドラマネタバレ感想!最終回まで初回(第1話)から随時更新【織田裕二✕中島裕翔】

2018.08.12

SUITS/スーツ(日本)キャストとロケ地!相関図や主題歌の紹介【織田裕二✕中島裕翔】

2018.08.09

スポンサーリンク