SUITS/スーツ(日本)最終回(第11話)(10話)ネタバレ感想やあらすじの紹介【12月17日・10日/織田裕二主演ドラマ】

2018年秋のフジテレビ系列月曜9時枠は、織田裕二さん主演のドラマ『SUITS/スーツ』が10月スタートです。

2011年より放送され全米で大ヒットした『SUITS』をリメイクしたドラマ。

主人公は敏腕弁護士・甲斐正午(かいしょうご)で、昇格のために渋々パートナーを取ることになり、そこへ現れたのが鈴木大貴(すずきだいき)。2人の天才が様々な訴訟に立ち向かい、勝利を勝ち取る痛快エンターテイメント!

こちらの記事ではドラマ『SUITS/スーツ(日本版)』の第10話と次回の第11話のネタバレや感想とあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

SUITS/スーツ(日本)動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【織田裕二主演ドラマ】

2018.10.08

ドラマ「SUITS/スーツ(日本版)」第10話あらすじや感想とネタバレ

 

第10話あらすじ

甲斐(織田裕二)のもとに、最高検次長検事の柳慎次(國村隼)が現れる。柳は、検事時代の甲斐の上司だが、汚職疑惑で週刊誌を賑わせている渦中の人物でもあった。柳は、食事の誘いを断る甲斐に、「もし私が有罪になったら君だって困るだろう?」と告げ……。

チカ(鈴木保奈美)は、遊星(磯村勇斗)からの密告により大輔(中島裕翔)の素性を知る。甲斐を責め、警察に突き出すべきだと主張するチカ。しかし甲斐は、すでに実務をこなしている大輔のことが表沙汰になればファームは終わりだと言い放つ。その際、甲斐は、柳の件をチカに報告した。柳は、10年前に裁判を有利に進めるために証拠隠しをしていたのだという。甲斐が検察を辞めたのもそれが原因だった。チカは、柳の件は責任を持って処理するよう命じると、大輔のことは自分が預かる、と甲斐に告げる。

チカは、蟹江(小手伸也)と大輔を呼び出し、ある案件を任せる。病に倒れ、寝たきりの状態になった与謝野ホールディングス社長から、ふたりの娘に資産を分配してほしいと頼まれたのだという。だが、姉の藤代(町田マリー)と、妹の雛子(本仮屋ユイカ)は犬猿の仲だった。チカは、蟹江に藤代の、大輔に雛子の相談役を任せる。

そんな折、甲斐のもとに、柳のことを調査している最高検監察指導部の澤田仁志(市川海老蔵)がやってくる。澤田は、何も知らないと主張する甲斐に、黙っていると同罪だと思われる、と返すが……。

 

第10話の反応や期待の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

 

 

いよいよ最終章!

大輔の経歴を遊星がばらしてしまいました!

余計な事を!とか思いましたが、それがまた面白くする演出なのかな?

次週は蟹江君に頑張ってほしいですね!

今の所良い所ないので(>_<)

 

第10話の展開予想

遊星の密告により大輔の素性がバレてしまった。

警察に突き出すべきか否かでもめる中甲斐の元上司の柳慎次が現れる。

甲斐が検事をやめた理由にも柳の汚職事件が関係していた。

一方大輔は蟹江と共に与謝野ホールディングスの財産分与に関する案件を任された。

この別々の問題が複雑に絡み合いとんでもない事実を浮き彫りにする。

 

第10話の感想やネタバレ

 

第10話の感想

ファンにはたまりませんな!

 

ひよっこでもいいじゃんね(>_<)

 

やばい!かわいそすぎる!

 

いいコンビだね~!(^^)!

 

この人相当もてないだろうな!

 

こいつ最低だな!!

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかすすごい展開になってきちゃいましたね!

大輔が可哀想!

蟹江の方が1枚上手だったのは仕方ないにしても蟹江は憎たらしい野郎ですね!

あ~腹が立つ!!

 

第10話のネタバレ

遊星がチカに大輔の素性をばらしてしまった。

甲斐のオフィスに行き、どういう事なんだと問いただすチカ。

甲斐は、事実だが大輔はもうここで十分実務をこなし、それなしの実績がある、今更警察に突き出してもこっちが不利になるだけだと言い、元上司で最高検事の柳慎次が甲斐に接触してきたことを明かした。

それを聞いたチカは柳の事は甲斐に任せ、大輔の処遇は自分が預かると言った。

そして、自分のオフィスに蟹江と大輔を呼びつけ与謝野ホールディングスの社長が病気で倒れたために相続問題でもめている姉妹の担当を任せることに。

蟹江に姉の藤代、大輔に妹のひなこの相続希望の聴取役を命じる。

しかし、それは大輔の力量を試すためのもので、大輔が負けたら事務所を解雇する腹づもりなのだ。

甲斐は絶対勝てと言うが、蟹江はチームで仲良くやろうじゃないかと。

そんな時、甲斐の前に検事時代の後輩、澤田仁志が現れた。

澤田の目的は柳の過去(証拠隠しをしていた事実)を知っている甲斐に柳を最高検事から引きずり下ろすために証言してほしいのだ。

しかし、柳に少なからず恩がある甲斐は知らないとしらを切る。

その頃大輔と蟹江はそれぞれのクライアントに逢いに行っていた。

姉妹は血がつながっていない、いわゆる腹違いの姉妹で藤代は自分の母親が後妻にそそのかされて作ったアパレル部門を売却すると言い、妹はそれだけはさせたくないと。

その夜甲斐は柳に夕食に誘われる。

柳は余計な事はしゃべるなと念を押すが、甲斐は裏切ることはないが味方でもないと言う。

そして大輔は売り上げの65%を藤代の取り分にすることで売却は逃れようとするが蟹江の答えはNO!

そんな時澤田がファームに乗り込んできた。

甲斐に話をしに来ただけだと言うが、チカも甲斐の顧問弁護士として同席する。

容疑者の聴取なみの聴取をしてくる澤田。

どうしても甲斐の証言が欲しい澤田はこちらに協力しなければ弁護士資格を失うことになると脅迫まがいの事を言ってくる。

そこで甲斐は、検察はたいした証拠もなく柳を失脚させようとしていることを確信する。

しかし、本音を言うと穏やかな心境ではなかった。

沙里からチカが自分の経歴詐称の事実を知ったことを知らされた大輔はすぐさま甲斐のもとへ行き確かめる。

すると甲斐は「代表はお前をやめさせるつもりだ!ファームに残りたかったら蟹江を叩き潰せ」と。

そして甲斐は検察庁に出向き澤田に状況証拠の資料を見せてくれと言う。

機密情報だから見せるわけにはいかないと言っていた澤田だったが、甲斐が覚悟を決めたことを知ると資料を手渡した。

一方大輔はアパレル部門を手放すことに。

しかしそれは罠で売却した直後にひなこを慕っている社員全員を引き抜き新会社を設立するつもりなのだ。

しかし蟹江は社員と雇用契約を結び直したと言ってきた。

常に先手を打たれている大輔。

状況証拠を見ていた甲斐は何かに気が付き、その手は震えていた。

甲斐は柳に会いに行き、13年前の女子高生殺害事件の事について問いただす。

その事件の容疑者が実は無実だったことを知った甲斐。

柳が証拠隠しをしたおかげで無実の青年を13年間も服役させてしまったのだ。

その頃大輔はひなことU&Tにアパレル部門を売却することに同意する。

実はそれも大輔の作戦だった。

U&Tには次期社長にひなこが就任することが決まっていて実質アパレル部門はひなこの物になるはずだった。

しかしその会社は蟹江の差し金で莫大な借金を抱えていたのだ。

借金まみれの会社を買わされたひなこ。

大輔は勝負に負けてしまった。

チカは甲斐に大輔を解雇すると言いに行くが、最後に一仕事だけさせてやってくれないかと甲斐に言われる。

クライアントは誰だとチカが聞くと、甲斐は「自分だ!」と答えた。

13年前の無罪を証明して服役している青年を救い出し、検察の不正を世間に公表することを決意するのだった・・・。

 

ドラマ「SUITS/スーツ(日本版)」最終回(第11話)あらすじや感想とネタバレ

 

最終回(第11話)あらすじ

甲斐(織田裕二)は、澤田和志(市川海老蔵)から提供された資料から、自らが検事時代に担当した殺人事件が冤罪だったことを知る。上司だった柳慎次(國村隼)が重要な証拠を隠蔽していたのだ。

13年前、世田谷で名門私立高校に通う女子高生が惨殺された。強姦目的の殺人として逮捕されたのは、前科がある無職の男・栗林紡(淵上泰史)だったが、本来検証されるべき新証拠が柳によって甲斐の目に触れないところに置かれていた。
甲斐は栗林の再審請求することを決意する。
自ら起訴した事件を、自らが再審請求、弁護する前代未聞の事態に法曹界は騒然となる。

この件で甲斐が検察を敵に回すことになると、澤田が忠告しにくる。再審を諦めることを迫り、またもし甲斐が言うことを聞かなかった場合は「検察は本気で甲斐を潰しにかかる」とはっきりと脅される。
柳や澤田の手引きなのか、警察の邪魔さえも度々入り、窮地に陥る。

四面楚歌の中、甲斐は、大輔(中島裕翔)と共に再審請求に向けて苦闘する。甲斐はもしこの再審請求が失敗すれば弁護士をやめる覚悟で、また大輔は無資格であることがチカ(鈴木保奈美)にバレたため最後の案件であるという覚悟で、共に臨む。
果たして2人の結末は……。

 

最終回(第11話)の反応や期待の声

ネットにあがっている感想や期待の声をひろってみました。

ユーザーの声はーーー。

 

 

 

 

 

寂しいですね!甲斐の担当弁護士に大輔を指名しました!

最高のバティがどんな大逆転をしてくれるのか楽しみですね!

検事と警察を敵に回して、なんかワクワクしますね!

皆さん、スーツ最終話見て良い年を迎えましょうね!(^^)!

 

最終回(第11話)の展開予想

13年前の冤罪事件の再審請求をする甲斐。

担当弁護士に大輔を指名し、自分の担当した事件の再審請求をするという前代未聞の裁判が始まる。

検察の差し金で警察も動き出す中、八方ふさがりの状況で蟹江が思わぬ助け船を出す。

一時は敵に回っていた蟹江や玉井、真琴、チカなどの協力もあり検察を追い詰めていく。

しかし、検察側もあらゆる手を使って妨害。

そこで大輔がある検察のミスに気が付き見事勝利する。

 

最終回(第11話)の感想やネタバレ

 

最終回(第11話)の感想

この2人もお似合いでいたね!(^^)!

 

鈴木先生!最後の仕事だ!

 

寂しいけど、ちょうどよかったのかな!腹八分目くらいで。

 

何!この年の差を感じさせない感じ(>_<)

 

男っていいな~!ってことだよね!きっと!

 

 

 

 

 

 

いいドラマでした。

男の友情っていいですね。

今後も続編がで出るのを楽しみにしていますね!(^^)!

 

最終回(第11話)のネタバレ

 

甲斐は13年間も無実の罪で服役させてしまった栗林紡に面会に行く。

しかし「何しに来たんだ!あんただけはぜったいに許さない!」と栗林は言う。

甲斐は証拠が俺のところまで上がってこなかっただけだと言い、栗林の無実を証明できるかもしれない証拠を見せた。

栗林と被害者の東朱里が付き合っていた証拠の手紙。

それと東の着ていたキャミソールの鑑定資料。

栗林は「あと2年我慢すれば出れるんだ!今更ほっといてくれ!」と言うが「本当にそれでいいのか?」と。

そして甲斐は栗林の弁護をすることになり大輔を向かいに行く。

大輔に「最後の仕事だ!」としたうえで協力を依頼した。

被害者は殺害された日に同級生の男2人とカラオケに行っていて、送ってもらった直後に殺害されたらしい。

甲斐はこの2人、曽我部和也と蜂谷祐樹が真犯人だと睨んでいた。

2人は事件当時、校内で違法薬物を売りさばいていたという噂があったので大輔に裏を取るように指示を出した。

大輔はその足で遊星のもとに向かい力を貸してくれるように言うが「ふざけるな!2度と顔出すなと言ったのは誰だ!」と怒鳴られる。

遊星に頭を下げる大輔。

担当検事が到着したと連絡を受け検察庁に出向く甲斐。

応接室に入るとスマホをいじっている若い女性がいた。

「藤島検事と待ち合わせなんですが」と甲斐が言うと「私が藤島です」とその女性が答える。

そして、証拠を一通り提出しキャミソールについた血痕のDNA鑑定を要請した。

淡々と業務をこなす検事に「かなりお若く見えますが、検事になって何年目ですか?」と聞く。

すると「これがデビュー戦なんですぅ~」と答えた。

検察はまともに取り合う気もないらしい。

冤罪の重みを理解していない検察の出方に代表のチカも「絶対勝って!」とケツを押す。

次の日再度検察に出向いた甲斐と大輔は曽我部と蜂谷に出くわした。

「検事と作戦会議でもしてたのか?」と聞き、犯人扱いする甲斐に、どう頑張っても裁判にはならないと余裕を見せる曽我部。

検事の藤島は証拠の手紙は付き合っていた証拠にはなるが、無罪を立証するような証拠にはならず、DNA鑑定も拒否されたと言う。

食い下がる甲斐に対して、なんにしても当の本人が再審を希望してないらしいじゃないかと。

急いで栗林のもとに向かう甲斐と大輔。

すると「栗林はこのままおとなしくしていれば模範囚扱いであと半年で出れるようにしてやると看守に言われた」と。

しかし甲斐は模範囚で出所しても犯罪者扱い、裁判で無罪を勝ち取って出所すれば可哀想な人だと世間は同情してくれると雲泥の差があることを説得するが「うるせぇ!」と跳ね返される。

甲斐は3日後また来ると言い残し刑務所を後にした。

そして後日、甲斐は栗林に面会した当時この事件の担当をしていた刑事に会いに行き、大輔も単独で栗林に面会に行く。

甲斐の方は「もう過ぎたことだ!俺を説得したかったら真犯人を連れてこい」と言われ、大輔の話を聞いた栗林はもう一度再審請求をすることに同意した。

「どんな魔法を使ったんだ?」と甲斐が聞くと「別に、ただ世間話をしただけですよ!先生が聞いても退屈かと。」と答える大輔。

その夜大輔に遊星から電話が入る。

遊星から2人の連絡先を聞き警察を装って2人をとあるバーに呼び出した。

蜂谷はビビっているが、曽我部は警察にも面子があるかだ大丈夫だと。

そこへ甲斐と大輔が現れる。

事件当時2人にアリバイ作りを頼まれたという人物に話を聞くことができたと甲斐が言うと、蜂谷はしゃべりそうになるが、それを遮るように曽我部が「何の事ですか!」と。

そして警察でもないあなたたちにしゃべる義務はないからと帰っていく。

「残念でしたね!もう少しで蜂谷は落ちそうでしたけど!」と言う大輔に「いや!これでいい!」と言って2人が飲んでいたドリンクの空瓶を持ち帰る甲斐。

蟹江の甥っ子がDNAの鑑定士をしていることを知っていた甲斐は玉井を使い色仕掛けで蟹江をうまいこと使おうとするがうまくいかなかった。

しかしチカに言われた蟹江はしぶしぶ鑑定に出すことに。

DNA結果は一致。

これで堂々と裁判に持ち込める。

意気揚々と藤島検事のもとに鑑定結果を届ける甲斐と大輔。

しかし検事はキャミソール自体が被害者の物かどうか怪しいと言い出した。

キャミソールを所轄署から検査施設に運んだ際の記録がないと言うのだ。

「いい加減にしてくれ!」と声を荒げるが「文句があるなら警察に行ってくれ」と言われてしまう。

八方ふさがり!四面楚歌もう打つ手がなくなった甲斐は大輔と共に栗林のもとへ行きそのことを伝える。

すると桐林は感情を露わにし「俺は刑期の短縮を諦めてあんたに賭けたんだぞ!俺はあんたたちの正義ごっこの道具じゃねーんだぞ!!」と罵声を浴びせられる!

しかし2人に返す言葉はなかった。

帰り道甲斐がある方法を思いつく。

しかしそれは絶対に許されることのない違法行為。

大輔に意見を求めると「2人とも逮捕されちゃうんじゃないですか!」と。

甲斐が「慣れてるだろ?」と聞くと大輔はニヤリと笑った。

そして大輔はチカのもとに行き、裁判所が求める容疑者の自白をとるために動くが、何かあった時には自分一人の判断でやったことにしてほしいと甲斐をかばう姿勢を見せた。

「僕はどうなっても構いません!ですが、甲斐先生だけは守って下さい!」と。

その夜、蜂谷の背後からサンタのお面をかぶった男が「臆病者のお前の口封じを曽我部に頼まれた!」と言い蜂谷を縛りあげる!

連れ去られそうになる蜂谷はビビりながら「朱里を殺したことは神に誓っても俺はじゃべべらないと曽我部に伝えてくれ!」と。

すると、それを聞いていた刑事が現れ蜂谷の自白が取れた。

蜂谷は警察に連れていかれ容疑者の自白も取れ裁判に持ち込むことに成功する。

後日、甲斐は栗林を迎えに行ってくれと大輔に指示をだした。

「僕がですか?」と聞く大輔に「頼むよ!仕事でどうしても外せないんだ!それが君の最後の仕事だ!」と。

そして甲斐はファームでみんなを会議室に集め事務所の過去の資料を出させた。

そして「うちのファームでも過去に不正が行われていないか調べ直す必要が出てきた!」と言い、過去の資料すべてを調べ直すよう指示を出した。

甲斐はその資料を代表のチカのもとに持って行き「過去にもうちでも不正を働いていた事実がある」とすると。

チカはこれは交渉を有利に進めるためのテクニックだと言うが「すべての冤罪にそいった言い訳が成り立ちます」と。

そして自分が不正に目をつぶる代わりに代表にも目をつぶってほしいことがあると。

それは大輔をファームに迎え入れる甲斐のやさしさであった。

大輔を迎えに行きボストンへの出向を命じた。

大輔を弁護士として迎え入れるために!

「2年やるから一生分遊んで来い」と・・・。

 

 

ドラマ「SUITS/スーツ(日本版)」の見逃し配信を無料視聴する方法

 

SUITS/スーツ(日本)動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【織田裕二主演ドラマ】

2018.10.08

 

ドラマ「SUITS/スーツ(日本版)」第10話と最終回(第11話)のネタバレ感想やあらすじの紹介まとめ

 

フジテレビ系10月期の月曜9時は、全米メガヒットドラマのリメイクドラマ『SUITS/スーツ』です!織田裕二さんを主演に迎え、中島裕翔さん(HeySayJUMP)とのタッグも話題となっています。

織田裕二さんが10年ぶりに敏腕弁護士となって月9に登場します!勝ちにこだわる主人公が、有能なパートナーと様々な訴訟に挑みます!スピーディーかつユーモラスなエンターテイメント弁護士ドラマから、目が離せません!!

この記事では、ドラマ『SUITS/スーツ(日本版)』を各話ごとに詳細にネタバレとあらすじや感想を更新していきますので、ぜひご覧ください!

SUITS/スーツ原作アメリカドラマのネタバレ感想やあらすじの紹介

2018.10.10

SUITS/スーツ(日本)視聴率速報や一覧!初回(1話)から最終回まで随時更新【織田裕二主演ドラマ】

2018.10.09

SUITS/スーツ(日本)動画を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【織田裕二主演ドラマ】

2018.10.08

SUITS/スーツ(日本)原作ドラマネタバレ感想!最終回まで初回(第1話)から随時更新【織田裕二✕中島裕翔】

2018.08.12

SUITS/スーツ(日本)キャストとロケ地!相関図や主題歌の紹介【織田裕二✕中島裕翔】

2018.08.09

スポンサーリンク